検索 - みる会図書館

検索対象: そのとき、エンジニアは何をするべきなのか

そのとき、エンジニアは何をするべきなのかから 268件ヒットしました。

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


60 「 今 回 の 大 変 ひ ど い 事 故 で み な さ ん 打 ち ひ し が れ て い る の は 存 じ 上 げ て い ま す 」 と 、 涙 に 濡 れ た 顔 を 見 回 し な が ら 、 彼 女 は 切 り 出 し た 。 「 し か し 、 仕 事 は 続 け て い か な け れ ば な り ま せ ん 。 現 在 進 行 中 の 契 約 に 対 処 す る こ と も 含 め て で す 。 ク ラ イ ア ン ト は 、 納 期 を 延 ば し て も ら う よ う お 願 い を し た ら 理 解 し て く れ る で し よ う 。 し か し 、 も し 可 能 な ら ば 、 亡 く な っ た 社 員 た ち が 取 り 組 ん で い た 仕 事 を 、 友 人 と 同 僚 の 協 力 を 得 て 、 納 期 ま で に 終 わ ら せ た い と 思 っ て い ま す 。 一 時 的 に 協 力 し て く れ る 人 を 雇 用 す る こ と は で き ま す 。 あ る 最 大 の ラ イ バ ル 会 社 の 社 長 か ら 、 す で に 、 電 話 を も ら っ て い て 、 よ い 人 材 を 何 人 か 出 向 さ せ る 申 し 出 を 受 け て い ま す 。 し か し 、 私 た ち は 皆 、 時 間 外 労 働 を し な け れ ば な り ま せ ん 。 し ば ら く は 、 週 末 と 夜 遅 く ま で 仕 事 を す る こ と に な る の で す 。 そ し て 、 み な さ ん の う ち の 何 名 か は 、 し ば ら く や っ て い な か っ た 、 か な り 基 本 的 な 設 計 の 仕 事 に 時 間 を 費 や す こ と に な る と 思 い ま す 」 「 た と え ど ん な こ と で も 必 要 な ら 」 と 、 あ な た の 同 僚 の 一 人 が 静 か に 言 っ た 。 ま わ り か ら 同 意 の さ さ や き 声 が 聞 こ え た 。 そ の 日 の 残 り は 、 プ ロ ジ ェ ク ト チ ー ム の 再 編 成 と 仕 事 の 割 り 当 て に 費 や さ れ た 。 夕 方 ま で に は 、 す べ て 組 織 化 さ れ 、 暫 定 的 な 援 助 が 手 配 さ れ 、 み ん な 帰 宅 の 途 に つ い た 。 ポ ッ ク ス 4 ー 5 共 に 働 く エ ン ジ ニ ア た ち 工 ン ジ ニ ア リ ン グ ・ プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン ( 技 術 業 専 門 職 ) の リ ー ダ ー た ち は 、 そ の プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン が い か に 目 立 た な い も の で あ る か を し は し ば 嘆 く 。 有 名 な エ ン ジ ニ ア と い う も の が い な い の で あ る 。 建 築 家 、 医 師 、 弁 護 士 、 科 学 者 、 そ の 他 多 く の 人 々 は 、 マ ス コ ミ に 報 道 さ れ 、 『 タ イ ム 』 誌 の 表 紙 に 登 場 す る 。 『 タ イ ム 』 誌 の 表 紙 に 工 ン ジ ニ ア が 最 後 に 掲 載 さ れ た の は い つ の こ と だ ろ う か ? 工 ン ジ ニ ア が 、 一 般 の 人 に 目 立 た な い 理 由 は 二 つ あ る 。 ひ と つ 目 は 、 公 衆 は エ ン ジ ニ ア は 仕 事 を 成 功 さ せ る の が 当 然 だ と 思 っ て い る こ と で あ る 。 ニ ュ ー ス と な る 出 来 事 は 、 何 か が 失 敗 し た 場 合 だ ろ う 。 た と え ば 、 橋 が 崩 壊 し た と か 、 は 、 め っ た に ニ ュ ー ス に は な ら な い だ ろ う と い う こ と で あ る 。 設 計 通 り に 機 能 す る 橋 コ ン ピ ュ ー タ が 壊 れ た 人 々 が そ れ を 用 い る こ と が で き る 、 と い う こ れ ま で に 存 在 し な か っ た 何 か を 作 り だ し 、 な い よ う に 思 わ れ る 。 工 ン ジ ニ ア に と っ て 、 工 ン ジ ニ ア に は あ か ら さ ま な 欲 は ほ と ん ど ン ジ ニ ア リ ン グ も 十 分 な 報 酬 を と も な う が 、 報 わ れ る と 感 じ る た め で あ る 。 も ち ろ ん 工 問 題 を 解 決 す る こ と に よ っ て 、 こ の 上 な く め る こ と は な く 、 技 術 的 な (technical) 理 由 は 、 ほ と ん ど の エ ン ジ ニ ア は 評 判 を 求 工 ン ジ ニ ア が 有 名 人 に な れ な い ニ つ 目 の 目 立 た な い の で あ る 。 し 、 そ れ を 設 計 し た エ ン ジ ニ ア は ま っ た く

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


第 14 章 利 害 の 相 反 を 避 け る 229 言 い 返 し た 。 「 エ ン ジ ニ ア の 世 界 で ま と も に お 金 を 稼 げ る よ う に な る ま で 、 ど れ だ け 時 間 が か か っ た と 思 っ て る ん だ 。 だ か ら 、 不 適 当 と い う 認 識 が あ る か ら と い っ て 仕 事 を 辞 め る つ も り は な い ね 」 ど う 言 っ た ら い い か わ か ら な か っ た 。 彼 は 、 結 局 の と こ ろ 、 あ な た を 招 待 し て く れ た 人 だ し 、 仕 事 上 の 友 人 の 旦 那 さ ん だ っ た か ら 。 し か し 、 PE の 理 念 を 理 解 し て い な い の は 明 ら か だ っ た 。 彼 は さ ら に 続 け て 、 「 い い か い 。 資 格 を と る た め に 頑 張 っ た ん だ 。 工 学 部 卒 の 資 格 が な か っ た か ら 10 年 も か か っ た ん だ よ 。 同 僚 の 多 く よ り 、 エ ン ジ ニ ア と し て の 仕 事 は た く さ ん や っ て い る し 、 よ い 仕 事 を し て き た つ も り だ 。 で も 、 同 僚 た ち は 、 工 学 部 卒 の 資 格 が あ っ た か ら 、 4 年 で PE に な っ た ん だ 。 そ の 一 方 で 、 私 は 10 年 も 待 っ て 、 委 員 会 の む か っ く 年 寄 り 連 中 に 、 私 が 資 格 に 値 す る と 納 得 さ せ な け れ ば な ら な か っ た 。 や っ と 元 を と っ て い る と こ ろ な ん だ 。 あ な た が 言 う 、 い わ ゆ る 『 倫 理 的 』 に な る た め の お 金 や 時 間 の 余 裕 な ん て 、 残 念 な が ら な い ん だ よ 」 ボ ッ ク ス 1 4 ー 5 な ぜ 善 き 工 ン ジ ニ ア で あ る べ き な の か ? 工 ン ジ ニ ア リ ン グ は 、 常 に 人 々 に 関 わ る た め 、 単 に テ ク ノ ロ ジ ー を 適 用 す る こ と 以 上 の も の が 必 要 と さ れ る 。 自 分 に 割 り 当 て ら れ た 技 術 上 の 仕 事 を 成 し 遂 げ ら れ る エ ン ジ 二 ア は 、 能 力 が あ っ て 、 有 能 て あ る 。 し か し 、 私 た ち が 論 し た い の は 、 「 善 い 」 (good) 工 ン ジ ニ ア と は 、 技 術 上 の ス キ ル を も っ こ と に 加 え 、 マ ナ ー を わ き ま え て お り 、 モ ラ ル 上 の 高 い 基 準 を も ち 、 法 律 に 従 う と い う こ と で あ る 。 本 書 を 通 じ て 論 じ て い る よ う に 、 す べ て の 人 は 、 選 択 で き る な ら 、 皆 が 善 い マ ナ ー 高 い モ ラ ル 、 そ し て 法 を 守 る こ と に 同 意 し て い る 社 会 で 暮 ら す こ と を 望 む も の で あ る 。 も し 皆 が こ の 同 意 を 受 け 入 れ る な ら 、 す べ て の 人 が 恩 恵 を 受 け る 。 善 き マ ナ ー 、 モ ラ ル 、 法 律 に お け る 人 間 の 尊 厳 と 相 互 関 係 が 実 践 さ れ て い な い 社 会 ( た と え は 、 ツ チ 族 に よ る フ ツ 族 の 大 虐 殺 、 ア ル ノ ヾ ニ ア 人 を 殺 し 民 族 的 同 質 性 を 獲 得 し よ う と す る セ ル ビ ア 人 、 自 分 た ち か ら 非 ア ー リ ア 人 を 排 除 し た ナ チ ス 、 チ リ で 何 千 人 も の 若 者 を 皆 殺 し に し た 秘 密 警 察 、 死 の 収 容 所 で 3000 万 人 の 自 国 民 を 殺 害 し た ス タ ー リ ン ) に は 、 誰 も 住 み た い と は 思 わ な い 。 礼 儀 正 し さ を 実 践 し 促 進 す る こ と に よ っ て 得 ら れ る も の は 非 常 に 多 い の で あ る 。 こ れ は プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル ・ エ ン ジ ニ ア リ ン グ に も あ て は ま る 。 自 立 的 な エ ン ジ ニ ア リ ン グ ・ プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン を 維 持 す る た め に 、 エ ン ジ ニ ア は 、 善 き プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル と し て の マ ナ ー を 行 動 で 示 し 、 必 要 が あ れ は 、 身 勝 手 に 振 る 舞 う 人 間 を 諭 す べ き で あ る 。 彼 ら は 手 本 に な る よ う な 、 高 い レ ベ ル の モ ラ ル に も と づ い た エ ン ジ ニ ア リ ン グ を 行 い 、 他 者 に も そ う し た 行 動 を 促 す べ き で あ る 。 も ち ろ ん 、 犯 罪 者 に な っ て は な ら な い 。 要 す る に 、 す べ て の エ ン ジ ニ ア に

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


20 特 殊 化 さ れ て い る と か 、 タ テ 社 会 組 織 に 特 徴 的 な 権 威 の 委 任 が あ る か ら と い っ て 、 工 ン ジ ニ ア が 道 徳 的 責 任 を 免 れ た り 、 道 徳 的 勇 気 を 出 さ な く て も よ い と い う こ と に は な ら な い 」 。 言 い 換 え る と 、 状 況 に よ っ て は 、 エ ン ジ ニ ア は 内 部 告 発 を 行 う 義 務 が あ る ( ホ ッ ク ス 5 ー 6 と 5 ー 7 を 参 照 ) 。 ケ リ ー が 、 「 私 は プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル だ し 」 と 言 う と き 、 彼 女 は 、 エ ン ジ ニ ア リ ン グ に お け る 倫 理 上 の 問 題 の こ と を 言 っ て い る の で あ る 。 も し 彼 女 が 道 徳 的 判 断 を 実 行 に 移 す な ら 、 お そ ら く 仕 事 を 失 う だ ろ う 。 彼 女 は 、 自 分 が や っ て い る 仕 事 は 正 し く な い と 思 っ て い る が 、 自 分 の 家 族 に 対 す る 責 務 は も ち ろ ん の こ と 、 自 分 の 仕 事 上 の 責 任 に も 拘 束 さ れ て い る と 感 し て い る の で あ る 。 し か し 、 あ な た は 、 多 く の エ ン ジ ニ ア た ち が 、 ケ リ ー の よ う に 、 エ ン ジ ニ ア た ち が 従 来 も っ て い た 特 権 、 す な わ ち 、 主 体 性 を も っ た プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル と い う 特 権 を も っ て い な い こ と も 理 解 し て い る だ ろ う 。 ア メ リ カ の 工 ン ジ ニ ア た ち が 、 自 分 た ち の 影 響 力 を プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル の ひ と つ の 組 織 に 集 結 さ せ る ほ ど の 賢 明 さ を 持 ち 合 わ せ て お ら ず 、 そ れ ぞ れ の 専 門 領 域 で 別 々 の 組 織 を 作 っ て し ま っ て い る こ と は 残 念 な こ と で あ る 。 ポ ッ ク ス 2 ー 3 プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル ・ エ ン ジ ニ ア リ ン グ と い う 組 織 26 ( 訳 注 ) 数 字 的 な も の に 対 す る 嫌 悪 が あ っ た た め に 建 築 家 と い う プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル が 出 現 す る こ と に つ / な い 26 。 工 ン ジ ニ ア を 社 会 に と っ て 真 に 有 な 社 会 的 地 位 に し か な ら な か っ た か も し れ 事 の よ う な 他 の 手 工 業 の レ ベ ル と 同 じ よ う 嫌 悪 が な け れ ば 、 建 築 家 は 、 石 工 や 大 工 仕 で あ る が 、 も し 建 築 家 に 数 字 的 な も の へ の 昔 の 建 造 者 は 、 古 い タ イ プ の エ ン ジ 二 ア 物 を 批 判 す る 。 え る エ ン ジ ニ ア に よ っ て 設 計 さ れ た 醜 い 建 形 状 が 重 要 で あ り 、 彼 ら は 、 機 能 だ け を 考 は な い 。 建 築 家 に と っ て は 、 機 能 と 同 様 に と に つ い て 、 技 術 的 詳 細 に 深 入 り す る こ と る い は い か に し て 建 て ら れ る の か と い う こ 彼 ら は 、 な せ 建 物 が 持 ち こ た え る の か 、 あ ト で あ る と い う 点 で エ ン ジ ニ ア と は 異 な る 。 と よ ん で お り 、 彼 ら は 何 よ り も ア ー テ ィ ス ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル を 「 建 築 家 」 (a 「 chitect) り を 感 じ た 日 私 た ち は 、 こ れ ら の プ あ る べ き か を 目 に 見 え る 形 に す る こ と に 誇 す こ と よ り は 、 む し ろ 、 事 物 が ど の よ う に シ ョ ナ ル が 現 れ た 。 彼 ら は 、 何 か を 生 み 出 こ れ ら の 製 作 者 の 中 か ら 特 別 な プ ロ フ ェ ッ 人 々 で あ っ た 。 何 か を 生 み 出 す こ と が で き た た め に 特 別 な を 開 発 し た 。 歴 史 を 通 じ て 、 エ ン ジ ニ ア は 、 な い し カ タ バ ル ト の よ う な 戦 争 に 使 う 武 器 も の を 作 っ た 。 他 の エ ン ジ ニ ア は 、 投 石 機 ニ ア は 、 壁 や 城 な ど 、 町 を 守 る 手 段 と な る こ と に 起 源 が あ る 。 歴 史 上 、 初 期 の エ ン ジ ( 専 門 職 技 術 業 ) は 、 人 が 使 う も の を 作 る プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル ・ エ ン ジ ニ ア リ ン グ

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


し な か っ た 。 工 ン ジ ニ ア を ひ と つ に ま と め る 他 の ア プ ロ ー チ が 、 プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン 全 体 を 代 表 す る こ と を 意 図 し た 新 組 織 を 作 る こ と に よ り 行 わ れ た 。 全 米 プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル ・ エ ン ジ ニ ア 協 会 (NSPE) で あ る 。 し か し 、 わ さ わ さ NSPE に 入 る エ ン ジ ニ ア は ほ と ん ど お ら ず 、 NSPE は プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン を 代 表 す る こ と で は 、 ほ と ん ど 影 響 力 を も っ て い な い 。 ASCE 、 IEEE 、 ASME の よ う な よ り 古 い 工 学 組 織 の 保 守 主 義 に 部 分 的 に 対 抗 す る も の と し て 、 NSPE は 全 米 技 術 倫 理 協 会 (N 旧 E) を 作 っ た 。 こ の 組 織 は も と は NSPE の 中 に あ っ た が 、 ] 996 年 に 独 立 し た 。 N 旧 E は 倫 理 規 程 を 公 に し 、 倫 理 の ワ ー ク シ ョ ッ プ を ア メ リ カ や そ の 他 の 国 々 で 開 催 し て い る 。 た と え は 、 1997 年 と 1 998 年 に 、 あ る チ ー ム が 全 米 科 学 財 団 の 援 助 で 、 ロ シ ア の 教 育 者 を 対 象 に 、 ロ シ ア の 技 術 系 学 生 に 倫 理 を 教 え る 方 法 の 開 発 を 援 助 す る ワ ー ク シ ョ ッ プ を 開 催 し た (NIEE の オ ン ラ イ ン の ニ ュ ー ズ し タ ー 『 技 術 倫 理 ア ッ プ テ ー ト 』 、 www.niee.0 「 g/may-98. htm よ り ) 。 ケ リ ー と の 会 話 に 戻 る 。 彼 女 は 次 の よ う に 続 け た 。 「 そ れ に 、 ア ー サ ー は 、 私 が 6 ヶ 月 の 仮 雇 用 期 間 の 半 ば で あ る こ と を ほ の め か す の よ 。 ア ー サ ー は 、 『 君 の 今 ま で の 仕 事 ぶ り に は 満 足 し て い る よ 。 ス ノ ー ・ グ ー ス ・ リ ゾ ー ト 計 画 に 関 し て 、 沿 岸 地 域 検 討 委 員 会 の 公 聴 会 で 州 当 局 を 悠 々 と 打 ち 負 か し た そ う だ ね 。 そ れ も 、 や つ ら が ば か だ と 思 わ せ な い よ う な や り 方 で 。 あ な た に は 感 心 し た 、 と 、 先 日 、 沿 岸 地 域 委 員 会 の 副 委 員 が 電 話 し て き た の に は 驚 い た ね 。 予 算 さ え あ れ ば 、 明 日 に で も 引 き 抜 く の に 、 っ て 言 っ て い た よ 』 っ て 言 う の 」 「 と い う こ と は 、 あ な た の ア レ ゲ ニ ー 社 で の 将 来 っ て い う の は 、 結 局 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 「 そ う な の 。 老 人 施 設 に 母 が 入 っ て い て 、 こ の 仕 事 を 失 っ た ら 、 お 金 を 施 設 に 払 っ て い け な い わ 。 母 は 、 父 と 一 緒 に 、 私 が 10 年 大 学 に 通 う の を 支 え て く れ た し ね 。 本 当 に 両 親 の お か げ な の 。 今 の 時 点 で は 、 倫 理 的 に ど う こ う っ て 考 え ら れ な い わ 」 ポ ッ ク ス 2 ー 4 私 た ち は 倫 理 的 で あ る 余 裕 が あ る か ? 「 私 は 倫 理 を や め た - ー ー 食 べ る た め に ! 」 (Anon ] 957 ) と い う 著 名 な 論 文 の 匿 名 の 筆 者 は 、 高 い 倫 理 基 準 を 方 針 と す る エ ン ジ ニ ア リ ン グ ス ク ー ル を ど の よ う に し て 卒 業 し た か を 語 っ て い る 。 彼 は 定 評 の あ る 技 術 系 会 社 で 長 年 働 き 、 自 分 で 仕 事 を 立 ち 上 げ る た め に 退 職 し た 。 「 確 か に 私 は エ ン ジ ニ ア と し て の 資 格 を も っ て い た 。 ( 中 略 ) 私 の 経 歴 と 仕 事 へ の 意 欲 か ら し て 、 間 も な く 職 を 得 て 豊 か な 生 活 が で き る だ ろ う と 思 っ て い た 。 実 際 に は す ぐ に 貧 し く な っ て い た 」 。 2 年 間 、 無 職 で 過

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


は 、 医 学 に お い て は 、 外 科 医 は 、 他 の 人 に は 許 可 さ れ る こ と の な い ( 外 科 手 術 の よ う な ) 行 為 を 遂 行 す る 権 限 が 与 え ら れ て い る 。 同 様 に 、 薬 剤 師 は 、 薬 物 を 調 剤 す る と い う 行 為 を 、 つ ま り 、 も し 他 の 人 が や っ た ら 捕 ま っ て 刑 務 所 行 き に な る 行 為 を 、 州 に よ っ 第 2 章 工 ン ジ ニ ア リ ン グ ・ プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン 79 て 認 可 さ れ て い る 25 。 同 様 に 、 エ ン ジ ニ ア は 、 独 占 的 に 、 技 術 計 画 と 仕 様 書 に 印 を 押 す こ と に つ い て 州 か ら ラ イ セ ン ス を 与 え ら れ て い る 。 こ れ に つ い て は あ と で さ ら に 述 べ る 。 あ な た は 、 自 分 の 仕 事 で は 、 別 に 雇 用 主 に 恩 義 を 果 た す 必 要 は な い の だ が 、 こ れ が い か に あ り が た い こ と か と 今 ま で に 何 度 も 思 っ た 。 あ な た は 、 顧 問 ェ ン ジ ニ ア と し て 、 主 体 性 を も っ て ク ラ イ ア ン ト の た め に 仕 事 を し て い る 。 少 な く と も 理 論 上 は 、 自 主 性 が あ っ て 、 や り た い 仕 事 を 受 け 、 や り た く な い 仕 事 は 断 る こ と が で き る 。 実 際 、 社 会 で は 、 エ ン ジ ニ ア は 批 判 精 神 を も っ て い て 、 公 衆 へ の 害 に な る よ う な 仕 事 は し な い と 考 え ら れ て い る 。 ポ ッ ク ス 2 ー 2 技 術 的 専 門 知 と 倫 理 的 責 務 工 ン ジ ニ ア は 、 テ ク ノ ロ ジ ー の 専 門 家 で あ り 、 日 々 用 い て い る テ ク ノ ロ ジ ー が ど の よ う に し て 機 能 し て い る の か を 知 る こ と の な い 大 多 数 の 人 々 と は 異 な る 。 た と え は 、 人 々 は 車 を 運 転 し 、 テ レ ビ の チ ャ ン ネ ル を 変 え 、 高 層 の 建 物 で 仕 事 を し 、 コ ン ピ ュ ー タ を 使 い 、 ATM か ら 現 金 を 引 き 出 す 。 し か し 、 ど の よ う に し て こ れ ら の シ ス テ ム が 機 能 し て い る か に つ い て は ま っ た く 知 識 を も っ て お ら す 、 そ れ ら が 機 能 す る こ と の 保 証 は エ ン ジ ニ ア が 全 面 的 に 請 け 負 っ て い る 。 も ち ろ ん 、 エ ン ジ ニ ア も す べ て の こ と に 関 し て 専 門 家 で あ る わ け で は な く 、 エ ン ジ ニ ア 自 身 は 他 の エ ン ジ ニ ア に 頼 っ て い る 。 工 ン ジ ニ ア と 一 般 の 人 々 と の 違 い は 、 エ ン ジ ニ ア に と っ て は 、 テ ク ノ ロ ジ ー は 決 し て 神 秘 的 な も の で は な い と い う こ と て あ る 。 工 ン ジ ニ ア は 、 自 分 の 得 意 分 野 に お け る 高 度 に 技 術 的 な 問 題 を す ば や く 他 の エ ン ジ 二 ア に 説 明 す る こ と が で き る 。 こ れ と 同 じ こ と は 、 法 律 家 、 医 者 、 そ し て 他 の プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル に つ い て も い え る 。 ケ ネ ス ・ ア ル ノ ヾ ー ン は 、 次 の よ う に 論 じ て い る ( 1983 ) 。 工 ン ジ ニ ア は 、 上 記 の よ う な 立 場 に あ る こ と か ら 、 モ ラ ル ヒ ー ロ ー て あ る こ と を 要 求 さ れ る ほ ど に 特 別 の 責 務 が あ り 、 欠 陥 の あ る 設 計 、 問 題 の あ る 試 験 、 危 険 な 製 品 等 々 に 注 意 を 促 す こ と に 、 個 人 的 な 犠 牲 を 払 う 義 務 が あ る の で あ る 。 「 エ ン ジ ニ ア は 特 別 な 道 徳 的 責 務 に よ っ て 拘 束 さ れ る わ け で は な い 。 し か し 、 エ ン ジ ニ ア は 、 一 般 の 人 々 が 、 通 常 要 求 さ れ る 以 上 に 、 大 き な 個 人 的 犠 牲 を 自 ら 進 ん で 払 う こ と を 、 こ く 当 た り 前 の よ う に 要 求 さ れ る 。 つ ま り 、 工 ン ジ ニ ア は 、 あ る 種 の モ ラ ル ヒ ー ロ ー と み な さ れ て い る の で あ る 。 ( 中 略 ) 仕 事 が 25 ( 訳 注 ) ア メ リ カ で は 医 師 免 許 も 薬 剤 師 免 許 も 州 ご と に 発 行 さ れ て い る 。

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


720 ポ ッ ク ス 6 ー 1 工 学 系 大 学 に お け る テ ニ ュ ア ( 終 身 在 職 権 ) 学 間 の 自 由 は 、 教 育 に と っ て 不 可 欠 で あ る 。 し か し 、 学 問 の 自 由 と は 、 あ な た が 望 む ま ま に な ん で も で き る 資 格 が あ る こ と で は な い 。 行 政 や 政 治 家 は 、 大 学 の 諸 問 題 に つ い て 、 少 な く と も 公 立 大 学 の 場 合 に は 、 問 題 や 、 真 実 に つ い て 発 言 し た こ と を 理 由 由 で あ る 。 学 問 の 自 由 は 、 教 員 が 、 重 要 な た り し な い よ う 保 護 す る こ と が 、 学 問 の 自 な い こ と を 言 っ た た め に 、 教 員 が 解 雇 さ れ 最 終 決 定 権 を も っ て い る 。 彼 ら の 気 に 入 ら 法 的 効 力 は な い も の の 、 ほ と ん ど の 大 学 に ニ ュ ア の 定 義 に 関 す る 重 要 な 報 告 書 で あ り 、 た 。 AAU P の こ の 文 書 は 、 今 も な お 、 テ か を 定 義 す る 一 連 の カ イ ド ラ イ ン を 発 行 し は 、 大 学 に お け る テ ニ ュ ア と は 何 で あ る の の 中 で 、 労 働 組 合 に 近 い 組 織 で あ る AAUP た 。 1940 年 代 、 大 学 の 教 授 陣 に よ る 組 織 つ い て の 委 員 会 の 1 91 5 年 宣 言 」 を 発 表 し 彼 ら は 、 ま す 、 「 学 問 の 自 由 と テ ニ ュ ア に 擁 護 す る た め の 活 動 を た だ ち に は じ め た 。 協 会 (AAUP) が 設 立 さ れ 、 学 問 の 自 由 を れ た 教 員 た ち に よ っ て 、 ア メ リ カ 大 学 教 授 1915 年 、 60 機 関 か ら 集 ま っ た 多 く の 優 必 要 で あ る と 考 え た の で あ る 。 思 想 を も っ 教 授 ら が 、 大 学 側 か ら の 保 護 が た ウ イ ス コ ン シ ン 大 学 で は 、 ラ テ ィ カ ル な さ れ た 。 進 歩 的 な 考 え を も つ 人 々 が 多 か っ 初 の テ ニ ュ ア が ウ イ ス コ ン シ ン 大 学 で 確 立 周 知 の よ う に 、 ] 900 年 代 の は じ め 、 最 し 、 つ 。 い 。 こ れ を 「 テ ニ ュ ア 」 ( 終 身 在 職 権 ) と 雇 な し 」 と い う 条 項 を 含 ま な け れ ば な ら な る 。 そ れ ゆ え 、 教 員 と 大 学 と の 契 約 は 、 「 解 れ て い る 場 合 に か き り 成 立 す る 、 と 言 わ れ に 、 大 学 側 に よ っ て 解 雇 さ れ な い と 保 証 さ お い て 尊 重 さ れ て い る 。 優 秀 な 教 員 を 雇 う た め 、 ほ と ん ど の 大 学 は 、 AAUP の 定 義 を 自 主 的 に 受 け 入 れ て 、 教 員 を テ ニ ュ ア に す る た め の 仕 組 み を 取 り 入 れ 、 過 去 60 年 以 上 、 そ の 仕 組 み は ほ と ん ど 変 わ っ て い な い 。 仕 事 を す る こ と ( 授 業 を 担 当 す る こ と ) と 道 徳 的 に 正 し く あ る こ と を 含 む 行 動 規 範 に 教 員 が 従 う か き り は 、 大 学 は 、 基 本 的 に 教 員 に 仕 事 を 与 え る 。 道 徳 と は 、 か っ て は も つ ば ら 性 道 徳 の こ と で あ っ た が 、 こ の 数 年 で は 、 軽 犯 罪 で 逮 捕 さ れ る と い っ た 社 会 的 違 反 行 為 で 職 を 失 う 教 授 も い る 。 実 際 の と こ ろ 、 大 学 側 に は 、 テ 二 ュ ア 資 格 を 有 す る 教 員 を 解 雇 す る 多 く の 方 法 が あ る 。 た と え は 、 最 も 極 端 な 例 は 、 す べ て の テ ニ ュ ア を 取 り 消 す と 盲 言 し て 、 人 員 を 減 ら す こ と で あ る 。 テ ニ ュ ア の 取 り 消 し は 、 学 部 が 廃 止 さ れ る と き に 行 わ れ 、 こ の 場 合 、 教 員 に で き る こ と は ほ と ん ど な い 。 た と え は ジ ェ ー ム ズ ・ マ テ イ ソ ン 大 学 は 、 物 理 の 大 学 院 課 程 を 閉 じ て 、 テ ニ ュ ア を 取 り 消 し 、 べ ニ ン ト ン 大 学 は 、 す べ て の 教 員 の テ ニ ュ ア を 解 消 し た 。 だ か ら 、 テ ニ ュ ア は 終 身 契 約 で は な く 、 教 員 と 大 学 と の 間 の 友 好 関 係 に よ る 純 粋 な 同 意 と 考 え た ほ う が よ い 。 し か し 今 日 で は 、 テ ニ ュ ア は 批 判 を 受 け て お り 、 そ の 有 利 な 条 件 に つ い て さ か ん に 議 論 さ れ て い る 。 テ ニ ュ ア を 批 判 す る も の と し て 、 通 常 、 三 つ の 議 論 が 行 わ れ る 。 第 ー の 議 論 は 、 テ ニ ュ ア が 、 目 的 ( 学 問 の 自 由 を 保 障 す る こ と ) を 達 成 し て い な い と い う も の で あ る 。 AAUP は 、 も し テ 二 ュ ア が 存 在 し な け れ は 、 学 問 の 世 界 が 混 乱 す る と 主 張 す る 。 し か し 、 教 員 の 権 利 が 、 宗 教

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


4 は 、 そ の エ ン ジ ニ ア は 十 分 に 情 報 を 与 え て (info 「 m) 公 平 無 私 な 決 定 を 行 っ た と 当 然 思 っ て い る 。 し か し こ こ で 、 ポ ン プ の 製 造 会 社 を そ の エ ン ジ ニ ア の 義 理 の 兄 弟 が 所 有 し て い る と し て み よ う 。 も し ク ラ イ ア ン ト が そ の こ と に 気 づ い た ら 、 本 当 に そ の エ ン ジ ニ ア が 公 平 無 私 な の か を 疑 う か も し れ な い 。 も し か し た ら 、 ポ ン プ は が ら く た で あ り 、 エ ン ジ ニ ア は 義 理 の 兄 弟 の い い な り で あ る と い う こ と も あ り 得 る 。 し か し 、 ま っ た く 違 う か も し れ な い 。 ポ ン プ は 最 善 か も し れ な い し 、 適 正 な 価 格 で 販 売 さ れ て い る こ と も あ り 得 る 。 だ が 、 そ の エ ン ジ ニ ア が ク ラ イ ア ン ト に そ の こ と を き ち ん と 話 を し な い と き に は 欺 き が 生 じ る 。 ク ラ イ ア ン ト は 、 設 備 の 購 入 に お い て は 利 害 の 相 反 は な い の が 当 然 だ と 考 え て い る の で あ る 。 ク ラ イ ア ン ト が 「 そ の 業 者 は あ な た の 義 理 の 兄 弟 で す か ? 」 と 事 あ る こ と に 尋 ね る 必 要 が あ っ て は な ら な い 。 業 者 は 工 ン ジ ニ ア の 義 理 の 兄 弟 で は な い こ と は 当 然 の 前 提 で あ り 、 だ か ら 、 こ の 情 報 を 隠 す こ と は 欺 き な の で あ る 。 こ こ で の シ ナ リ オ に お い て 、 ク リ ス は 、 野 球 談 義 で 午 後 を 過 こ し た こ と を 話 さ な い こ と に よ っ て ロ ー ズ マ リ ー を 欺 い た 。 ロ ー ズ マ リ ー は 単 純 に 、 そ の 論 議 は 仕 事 に 関 す る も の だ と 考 え た の だ 。 も し ロ ー ズ マ リ ー が ク リ ス に 「 2 時 間 も 野 球 に つ い て 話 を し て い た の ? 」 と 尋 ね て い た ら 、 ク リ ス は 嘘 を つ く か 、 真 実 を 語 ら な け れ ば な ら な か っ た だ ろ う 。 実 際 に 起 こ っ た こ と を 明 確 に し な い こ と に よ っ て 、 ク リ ス は 明 ら か に ロ ー ズ マ リ ー を 欺 い た の で あ る ( そ し て 間 接 的 に は ジ ョ ー と サ ラ を も 欺 い た こ と に な る 。 彼 ら は 技 術 系 の 会 社 の 経 営 者 で あ り 、 ク リ ス が 1 7 時 の 会 議 に は 戻 っ て く る と 思 っ て い た の だ ) 。 あ な た は 、 ア レ ッ ク ス の 仕 事 場 に も 電 話 を か け た が 、 誰 も 電 話 に 出 な か っ た 。 留 守 電 に 、 今 日 は 遅 く な る の で タ 食 は 待 た な く て い い 、 と メ ッ セ ー ジ を 残 し た 。 あ り が た い こ と に 、 理 解 の あ る ア レ ッ ク ス は 、 あ な た の 仕 事 の ス ケ ジ ュ ー ル が ぎ っ し り 詰 ま っ て い る こ と に 我 慢 し 、 家 事 を こ な し 、 2 人 の 子 ど も た ち の 面 倒 も 見 て く れ て い た 。 こ の 聖 人 の よ う な 人 が い な か っ た ら 、 い っ た い あ な た は 今 ご ろ ど う な っ て い た だ ろ う か 。 あ な た の ク ラ イ ア ン ト は 、 バ ー に い っ て 話 の 続 き を し よ う と 言 っ た 。 バ ー で は ア ト ラ ン タ と コ ロ ラ ド の プ レ ー オ フ ・ シ リ ー ズ の 試 合 を TV で や っ て い て 、 グ ラ ビ ン が キ ム ・ リ ー 6 に 投 げ 勝 つ の を 、 あ な た た ち は 夢 中 で 見 て し ま っ た 。 は っ と 気 づ く と も う 19 時 半 で 、 試 合 も 終 わ っ て い た 。 ぎ く っ と し て 、 学 校 の PTA の ペ ア レ ン ツ ナ イ ト に 連 れ て 行 く 、 と 娘 の 6 ( 訳 注 ) そ れ ぞ れ 実 在 の 大 リ ー グ の 投 手 。 グ ラ ビ ン は ア ト ラ ン タ ・ プ レ ー プ ス 、 キ ム ・ リ ー は コ ロ ラ ド ・ に 出 た 。 家 に 戻 れ な い こ と を 説 明 し は じ め た ら 、 ロ ー ラ は 泣 き 出 し て し ま っ ロ ー ラ に 約 束 し て い た こ と を 思 い 出 し た 。 家 に 電 話 を す る と 、 彼 女 が 電 話 キ ー ズ に 所 属 し て い た 。 ロ ッ

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


80 答 え を 見 つ け 出 す こ と も あ る だ ろ う 。 ク ラ イ ア ン ト は 、 実 は 尊 大 で 腐 敗 し た 軍 事 政 権 で あ る こ と が 何 ら か の 形 で わ か っ た と し よ う 。 政 治 的 な 反 体 制 者 、 と く に 立 憲 民 主 制 の 支 持 者 の 情 報 を 手 に 入 れ る た め に 、 そ の シ ス テ ム を 導 入 し た い と 思 っ て い る の で あ る 。 民 主 的 理 想 を 支 持 し て い る と 疑 わ れ た だ け で 、 そ う し た 人 々 は 逮 捕 さ れ 、 拷 問 に か け ら れ 、 刑 務 所 で 長 期 に わ た っ て 、 ひ ど い 扱 い を 受 け る こ と に な る 。 彼 ら の 多 く は 、 痕 跡 を 残 さ す に た だ 消 え て ゆ く の で あ る 。 こ れ は 悪 し き 政 権 て あ る と あ な た が 考 え て い る と し よ う 。 あ な た は 、 今 や 異 な る 問 題 に 直 面 し て い る 。 そ れ は 技 術 的 で は な く 倫 理 的 な 問 題 で あ る 。 こ の 政 府 が 、 政 治 的 立 場 だ け の 理 由 で 敵 対 者 を 抑 圧 し て 、 市 民 を 虐 待 す る こ と を あ な た が 手 助 け す る の は 正 し い こ と だ ろ う か ? あ な た が 関 わ ら な く て も 、 他 の 誰 か が 間 違 い な く 関 わ る だ ろ う か ら 、 あ な た が そ れ に 関 わ る か 関 わ ら な い か は 問 題 に な る だ ろ う か ? そ の 仕 事 の た め に 特 別 に 雇 っ た 人 を 含 め 、 従 業 員 へ の あ な た の 責 務 に つ い て は ど う だ ろ う か ? あ な た の 主 義 主 張 は 、 ど の 程 度 重 要 だ ろ う か ? つ ま り 、 あ な た の 会 社 が 信 頼 で き な い と い う 評 判 を 受 け た り 、 客 足 が 遠 の く リ ス ク を 冒 す 覚 悟 は あ る だ ろ う か ? こ れ ら は 、 専 門 家 た ち が 同 意 す る 最 良 の 答 え が あ る よ う な 問 題 で は な い 。 こ の 倫 理 問 題 に つ い て の 専 門 家 が 「 存 在 す る 」 こ と で さ え 明 確 で は な い 。 私 ( 著 者 の 一 人 ・ ア ラ ス テ ェ ア ) は 倫 理 学 者 で あ り 、 専 門 は 倫 理 学 だ が 、 倫 理 問 題 に 対 し て 「 正 し い 答 え 」 を 提 供 で き る と 主 張 は し な い 。 私 は 組 織 に コ ン サ ル タ ン ト と し て 招 か れ る と き に は 、 私 の 役 割 は 、 彼 ら が 倫 理 的 間 題 を 特 定 し て 、 正 直 で 道 理 に か な っ た や り 方 て 解 決 す る の を 支 援 す る こ と で あ る 、 と い う こ と を は っ き り と 伝 え る 。 そ の や り 方 は 、 彼 ら の 社 会 の 価 値 と 矛 盾 し な い こ と 、 そ し て 、 も し 彼 ら 自 身 の 個 人 的 価 値 が 社 会 の 価 値 以 上 に 「 要 求 の 厳 し い 」 も の で あ る な ら 、 彼 ら 自 身 の 個 人 的 価 値 を 満 た す よ う な や り 方 で あ る 。 こ れ は 、 意 志 決 定 者 が そ れ に 満 足 し て い る か ぎ り は 、 倫 理 問 題 へ の い か な る 「 解 決 」 も OK で あ る と い う 意 味 で は な い 。 私 の ク ラ イ ア ン ト は 、 困 難 な 倫 理 的 問 題 か ら 目 を そ ら す こ と な く 向 き 合 い 、 い く つ か の 困 難 な 選 択 へ の 準 備 を し な け れ は な ら な い と い う こ と で あ る 。 あ る 倫 理 問 題 に は 複 数 の 解 決 策 が あ る か も し れ な い し ( 通 常 、 唯 一 の 最 善 の 道 が あ る 技 術 的 問 題 と は 異 な っ て ) 、 い く つ か は 他 の も の よ り も よ い だ ろ う 。 た と え 倫 理 学 が 「 正 し い 」 答 え を 見 つ け 出 す こ と が で き な く て も 、 倫 理 学 は 「 よ り よ い 」 答 え を 提 供 す る こ と を 期 待 さ れ る し 、 そ う あ る べ き で あ る 。 私 の ク ラ イ ア ン ト は ( こ こ で も ア ラ ス テ ェ ア が 語 っ て い る ) し は し は 私 に 、 倫 理 の 意 志 決 定 の リ ト マ ス 試 験 と な る こ と を 求 め る 。 そ の と き 、 私 は 次 の 四 つ の 可 能 性 を 提 供 す る 。 ・ そ の 決 定 を し た あ と で 、 夕 方 に 丸 1 分 間 、 鏡 で 自 分 を 見 る こ と が で き 、 自 分 の 決 定 を 誇 り に 感 じ る こ と が で き る か ? ( あ る い は 少 な く と も 恥 じ て は い な い か ? れ は 自 分 自 身 に 対 し て 正 直 で な け れ は 効 果 は な い ) 。 ・ も し 、 自 分 の 行 動 に つ い て の 報 告 が 、 明 日 の 新 聞 の 最 初 の 頁 に 掲 載 さ れ る と し て 、 安 心 し て い ら れ る だ ろ う か ? ( そ の 新 聞 が 出 来 事 を 正 確 か っ 誠 実 に し ポ ー ト し て

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


730 の ミ ス と そ れ を 訂 正 し た こ と 認 め る だ ろ う が 、 そ う し た 質 問 を し た と こ ろ で 、 学 生 や ク ラ イ ア ン ト に 利 益 は な い の で あ る 。 た い て い の 技 術 系 会 社 に は 、 図 面 を チ ェ ッ ク す る 能 力 に 秀 で た 人 々 が い る 。 彼 ら は 、 す べ て の 鉄 筋 、 ボ ル ト 、 ピ ン を 、 そ れ が 正 し い か ど う か を 見 直 す 仕 事 を し て い る 。 著 者 ( こ こ で は エ ン ジ ニ ア で あ る ア ー ン ) は 、 最 初 の 仕 事 の と き 、 そ う し た 人 に 図 面 の ひ と つ を チ ェ ッ ク し て も ら っ た が 、 彼 は 、 や は り 数 多 く の エ ラ ー を 見 つ け た 。 著 者 は 気 が 動 転 し 、 頭 に き て 、 怒 っ た が 、 し は ら く し て 、 ど れ ほ ど そ の 人 に 感 謝 す べ き か に 気 が つ い た 。 失 敗 は 、 図 面 が オ フ ィ ス か ら 出 る 「 前 に 」 発 見 さ れ た の で あ り 、 あ と に な っ て か ら 発 見 さ れ た の で は な い 。 も し 、 そ の 施 設 が 建 設 さ れ た そ の 「 あ と で 」 失 敗 が 明 ら か に な っ た な ら 、 著 者 は 、 も っ と ひ ど く 気 が 動 転 し た こ と だ ろ う 。 ホ テ ル の 出 っ 張 り の 設 計 ミ ス を 見 つ け ら れ る 人 が 、 パ イ ン ズ 社 に も い た の で は な い だ ろ う か ? お そ ら く い た は す で あ る 。 し か し 、 そ の 設 計 は 非 常 に 複 雑 な も の だ っ た た め に 、 「 必 要 な 鉄 筋 の 数 を チ ェ ッ ク す る 人 々 」 が い た と し て も 、 設 計 ミ ス が 彼 ら の チ ェ ッ ク を す り 抜 け て し ま っ た 可 能 性 が あ る 。 た と え そ う で あ っ て も 、 最 終 的 に は 、 設 計 へ の 責 任 は 、 図 面 に 押 印 す る エ ン ジ ニ ア に あ る の だ 。 図 面 に 押 印 す る と い う こ と は 、 図 面 が 正 確 で あ り 、 そ の 構 造 が 安 全 で あ る と 証 明 し て い る こ と に な る の だ か ら 。 あ な た と ヴ ィ ー ト は よ い 友 だ ち に な り 、 彼 は 何 回 か 、 自 宅 で の 夕 食 に あ な た を 誘 っ て く れ た 。 あ な た が す ば ら し い 仕 事 を し た 結 果 、 建 物 は 、 予 定 よ り 4 週 間 早 い 2 月 の 下 旬 に 入 居 可 能 な 状 態 に な っ た 。 ヴ ィ ー ト は 喜 ん だ 。 彼 は 、 旅 行 シ ー ズ ン 中 の オ ー プ ン は 無 理 で は な い か と 思 っ て い た の だ 。 ア ン ト ニ ー も 、 仕 事 上 、 多 く の 利 益 が 出 た の で 喜 ん だ 。 ヴ ィ ー ト は 、 ア ン ト ニ ー の 仕 事 ぶ り に と て も 満 足 し た の で 、 ア ン ト ニ ー を こ れ か ら も 使 う 、 と い う 業 務 提 携 を 提 案 し た 。 そ し て 、 ヴ ィ ー ト が 、 彼 が 手 が け る 事 業 の 設 計 関 係 の 仕 事 を す べ て パ イ ン ズ 社 に 任 せ た い と 申 し 出 た の で 、 ジ ョ ー も 喜 ん だ 。 3 月 15 日 土 曜 日 ヴ ィ ー ト か ら 電 話 を も ら っ た 。 ヴ ィ ー ト と ア ン ト ニ ー が 設 立 し た 新 し い 会 社 で あ る マ リ ー ニ 不 動 産 の 会 社 設 立 式 に 、 あ な た と 家 族 を 招 待 し て く れ る と い う の だ 。 驚 い た こ と に 、 ま た 、 う れ し か っ た こ と に 、 あ な た は 主 賓 だ っ た 。 ヴ ィ ー ト は 、 ス ビ ー チ で 、 あ な た が し た 仕 事 と 支 援 を ほ め 称 え た 。 「 ク リ ス 、 あ 襯 ( 訳 注 ) "re-bar guy" を 意 訳 し て い る 。

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


ク ラ イ ア ン ト が 詐 欺 を 認 め た こ と に 気 づ け は 、 弁 護 士 は 、 旅 費 の 請 求 が 合 法 な 仕 事 上 の 出 費 で あ る と い う 弁 護 を 行 う こ と は 禁 じ ら れ る 。 ク ラ イ ア ン ト の 利 益 を 保 護 す る た め に 、 弁 護 士 は 椅 子 か ら 文 字 通 り 飛 び 跳 ね て 、 不 利 な 証 言 を 防 ぐ た め に ク ラ イ ア ン ト の ロ を 手 で 押 さ え 付 け た 。 マ ン の 結 論 は 、 「 私 欲 の な い 正 義 の 追 求 に 従 事 す る ど こ ろ か 、 弁 護 士 た ち は 、 勝 っ こ と だ け し か 頭 の 中 に な か っ た 。 彼 ら の 頭 の 中 で は 、 勝 っ こ と は ク ラ イ ア ン ト へ の 制 裁 を 最 小 化 す る も の と し て 定 義 さ れ る の で あ る 」 と い う も の で あ る 。 明 ら か に 、 こ の よ う な 弁 護 士 た ち は 自 ら の フ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル と し て の 仕 事 を 、 も つ ば ら ク ラ イ ア ン ト に 対 し て サ ー ビ ス を 提 供 す る と い う 観 点 だ け で 考 え て い る の で あ る 。 し か し 、 大 多 数 の 弁 護 士 は 、 自 分 た ち は 、 実 際 に 万 人 の た め に 正 義 を 追 求 し て い て 、 そ れ は 、 文 明 社 会 が 機 能 す る う え で 最 重 要 で あ る と い う だ ろ う 。 こ れ は 、 そ れ そ れ の ク ラ イ ア ン ト の 最 善 の 利 益 の た め に 仕 事 を す る こ と に よ っ て 達 成 で き る の で あ り 、 そ う す る こ と で あ ら ゆ る 争 い に 対 す る 最 善 で 第 4 章 最 優 先 す る 57 公 正 な 解 決 を も た ら す 、 と 彼 ら は い う 。 弁 護 士 た ち は 、 「 法 」 の 維 持 は 、 常 に 公 共 の 利 益 の た め に あ る と 強 く 信 じ て お り 、 法 は 正 義 を 追 及 す る プ ロ セ ス に 関 わ る も の で あ っ て 、 正 義 そ の も の に 関 わ る の で は な い 、 と い う だ ろ う 。 ア メ リ カ の あ ら ゆ る 弁 護 士 の 行 為 を 規 定 し て い る 「 プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル の 行 動 規 則 」 に お け る 「 規 則 1.6 」 は 、 情 報 の 守 秘 義 務 に 関 す る も の で あ り 、 弁 護 士 は 、 ク ラ イ ア ン ト の 擁 護 者 で あ る こ と だ け が 要 求 さ れ て い る 。 こ の 要 求 は 、 い く つ か の 倫 理 的 ジ レ ン マ を 生 じ さ せ る 。 弁 護 士 が 、 有 罪 で あ る こ と を 知 っ て い る ク ラ イ ア ン ト の 弁 護 に 成 功 し て 、 当 人 が 社 会 に 復 帰 し て 、 他 者 に 危 害 を 加 え る こ と を 想 像 し て み よ う 。 行 動 規 則 の も と で は 、 そ う し た 危 害 を 防 ぐ こ と は 、 弁 護 士 の 責 任 で は な い 。 最 も 重 要 な 原 理 は 、 弁 護 士 は 、 ( 行 動 規 則 の 中 で 行 為 し な け れ は な ら な い こ と を 除 い て は ) 社 会 に 対 し て い か な る 責 務 も も た す 、 ク ラ イ ア ン ト に 対 し て の み 責 務 が あ る と い う こ と で あ る 。 の 事 実 は 、 何 よ り も 、 法 曹 倫 理 と 技 術 倫 理 を 区 別 す る も の で あ る 。 あ な た は 、 エ ン ジ ニ ア と エ ン ジ ニ ア リ ン グ ・ プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン に は 何 か 特 別 な も の が あ る こ と を 認 識 し て い る 。 学 生 に 伝 わ る よ う に 、 問 題 点 を 明 確 に 伝 え る こ と が で き る だ ろ う か ? ポ ッ ク ス 4 ー 4 工 ン ジ ニ ア に つ い て の ジ ョ ー ク あ ら ゆ る プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン は 、 社 会 に お け る そ の 特 別 な 地 位 の た め に 、 ユ ー モ ア 作 家 や 冗 談 好 き の タ ー ケ ッ ト に な る 。 た い て い 、 そ う し た ジ ョ ー ク が お も し ろ い の は 、 そ れ ら が 痛 い と こ ろ を つ い て い る か ら で あ る 。 最 初 の プ ロ フ ェ ッ シ ョ ン で あ る 神 学 は 、 す い ぶ ん 長 い 間 ジ ョ ー ク の 対 象 と さ れ て き た 。 そ の 多 く は 、 時 と し て 敬 虔 な ふ り を し て い る だ け の 神 学 者 を 笑 い も の に す る 。 医 師 は 、 そ の 尊 大 さ や 、 思 い 上 が り で 砲 火 を 浴 び る 。 弁 護 士 は 通 常 、 非 常 に 残 酷 な ジ ョ ー