検索 - みる会図書館

全データから 209801件ヒットしました。

「グランド・フリート 1914-1916 第八章から最後まで」


訳 者 参 考 文 献 「 英 国 大 艦 隊 」 水 交 社 大 正 9 ( 1920 ) 年 ( 底 本 と し て 使 用 ) 「 死 闘 の 海 第 一 次 世 界 大 戦 海 戦 史 」 三 浦 正 洋 、 古 清 水 政 夫 光 人 社 平 成 16 ( 2004 ) 年 「 水 中 兵 器 」 新 見 志 郎 潮 書 房 光 人 社 平 成 27 ( 2015 ) 年 「 英 和 海 軍 術 語 辞 彙 」 堀 内 長 雄 博 文 館 明 治 44 ( 1911 ) 年 「 英 海 軍 で の 50 年 」 サ ー ・ パ ー シ ー ・ ス コ ッ ト 1919 年 「 カ プ ラ の 冬 」 藤 原 辰 史 人 文 書 院 平 成 23 ( 2011 ) 年 「 BATTLESHIP WARSPITE 」 V. E. TARRANT 1990 年 「 グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト 1914-1916 第 八 章 か ら 最 後 ま で 」 初 版 : 2016 年 7 月 20 日 原 著 : The Grand FIeet 1914-1916 原 著 者 : ADMIRAL VISCOUNT JELLICOE OF SCAPA 翻 訳 : 八 坂 八 郎 発 行 : Studi0120 Blog : http : //yasaka—studi0120. blogspo セ ・ jp/ 304

「グランド・フリート 1914-1916 第八章から最後まで」


398 こ と が ほ ぼ 確 実 と い う 知 見 で あ っ た 。 こ れ は 大 戦 前 に 当 時 の 第 一 海 軍 卿 と 私 自 身 が 最 も 憂 慮 し た 問 題 で あ っ た 。 駆 逐 艦 の 建 造 計 画 が 検 討 さ れ て い た 時 に は こ の 間 題 を 一 度 な ら ず 議 論 我 々 の 恐 れ は 現 実 と な り 、 特 に 大 戦 の 最 初 の 2 年 間 は 甚 だ し か っ た 。 私 が 知 る 限 り で は 、 こ の 点 に つ い て 各 時 期 に お け る 両 国 の 艦 隊 の 関 係 は 次 の 表 の 通 り で あ る 。 未 艦 編 で 駆 年 洋 時 ヒ ヒ 独 大 随 自 た 齢 で に ロ っ 艦 艦 満 隊 人 あ 逐 隊 思 駆 皿 と 独 洋 属 れ 艦 大 付 わ 逐 ・ 付 駆 雷 導 ド ト 欠 む 英 ノ 嚮 ラ リ の 艦 隊 を グ フ 属 逐 戦 艦 年 月 日 1914 年 8 月 4 日 1914 年 10 月 1 日 1915 年 1 月 1 日 1915 年 4 月 1 日 1915 年 7 月 1 日 1915 年 10 月 1 日 1916 年 1 月 1 日 1916 年 4 月 1 日 1916 年 5 月 31 日 70 〒 1916 年 5 月 末 に グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト に 所 属 し て い た 駆 逐 艦 80 隻 の う ち 5 月 30 日 に 艦 隊 と 共 に 出 動 で き た の は 70 隻 ( 異 例 な ほ ど 多 数 ) で あ っ た 。 ま た 同 日 ハ リ ッ ジ 部 隊 所 属 の 駆 逐 艦 8 隻 が 偶 然 ロ サ イ ス に お り 、 こ れ ら が 巡 洋 戦 艦 に 随 伴 し て 出 動 し た の で 総 計 は 78 隻 と な り 、 う ち 47 隻 が 戦 艦 艦 隊 及 び * ハ リ ッ ジ 部 隊 に 属 す る も の を 含 ま ず 。 同 部 隊 の 駆 逐 艦 は グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト の 戦 闘 に 参 加 す る こ と が 困 難 で あ る と 認 め た た め で あ る 。 〒 ド イ ツ の 駆 逐 艦 の う ち 喪 失 し た も の を 算 入 し て い な い 。 ワ 3 ワ 】 ワ 3 -8 LO LO - ・ 0 4 “ 0 4 人 4 44 LO / 0 ′ 6 ′ 0 【 / 8 ワ 】 ワ 一 8 一 8- 8 8 -8 8 一 -8 】 8 一 8- 8 一 8- 8 一 一 8 -8 -8 -8 】 8 】 8- 50 200

ビジネスマナー・ポイント集


2002 年 用 年 酉 腐 年 齢 明 治 31 昭 和 8 1933 昭 和 43 19 9 1934 10 1935 11 1936 12 1937 1972 13 1938 14 1939 15 1940 16 1941 1976 17 1942 18 1943 19 1944 20 1945 21 1946 22 1947 1982 1912 1913 23 1948 1914 24 1949 1984 25 1950 1985 1915 26 1951 1986 1916 1987 1917 27 1952 1988 1918 28 1953 1989 1919 29 1954 1920 30 1955 1956 1921 32 1957 1922 33 1958 1993 1923 34 1959 1924 35 1960 1925 36 1961 1926 37 1962 1927 38 1963 39 1964 40 1965 1930 41 1966 42 1967 ※ 年 齢 は 誕 生 日 以 降 の 満 年 齢 で す 。 誕 生 日 前 の 年 齢 は 上 記 年 齢 よ り 1 を 引 い て く だ さ い 。 年 齢 早 見 表 四 幻 四 8 行 祐 4 紹 新 加 9 8 7 6 5 4 3 2 1 。

「グランド・フリート 1914-1916 第八章から最後まで」


The Grand Fleet 1914 -16 lts Creation, DeveIopment and Work By ADMIRAL VISCOUNT JELLICOE そ の 創 設 と 発 展 と 行 動 1914 ー 16 グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト G. C. B. , O. M. , G. C. V.O. OF SCAPA 1 底 本 「 英 国 大 艦 隊 」 水 交 社 刊 翻 訳 2016 年 八 坂 八 郎 原 著 初 版 1919 年 2 月 第 八 章 か ら 最 後 ま で パ ス 勲 爵 士 、 メ リ ッ ト 勲 爵 士 、 ビ ク ト リ ア 勲 爵 士 海 軍 大 将 ジ ェ リ コ ー 子 爵 著

「グランド・フリート 1914-1916 第八章から最後まで」


304 こ れ ら の 数 字 を 考 察 す る と 二 つ の 時 期 で 状 況 が 大 き く 異 な る こ と が 明 ら か と な る 。 1805 年 に ト ラ フ ァ ル ガ ー で 戦 っ た 部 隊 は 動 員 可 能 な 英 国 艦 隊 の う ち の 比 較 的 小 さ な 部 分 に 過 ぎ な か っ た が 、 そ れ で も マ ハ ン は こ う 述 べ た 。 「 は る か 遠 く に あ り て 嵐 に 見 舞 わ れ た ネ ル ソ ン の 艦 隊 は 、 こ の 艦 隊 を 一 度 も 見 た こ と が な い グ ラ ン ド ・ ア ー 世 界 の 支 配 権 の 間 に 立 ち は 1916 年 の 場 合 、 グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト は 国 が だ か っ て い た 」 そ の 安 全 を 頼 ら ね ば な ら な い 艦 船 の 大 多 数 を 有 し て い た 。 大 戦 初 期 の 1914 年 10 月 末 に 私 は 海 軍 本 部 に 手 紙 を 書 い て ド イ ツ 軍 が 潜 水 艦 、 機 雷 、 魚 雷 を 抜 け 目 な く 使 用 す る こ と に よ っ て グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト が 艦 隊 戦 闘 前 と 戦 闘 中 に 危 険 に さ ら さ れ る こ と を 指 摘 し 、 私 が 用 い る つ も り の 戦 法 を 述 べ た 。 こ れ は 予 想 さ れ る ド イ ツ 軍 の 動 き に 対 応 し 、 決 定 的 な 勝 利 を 得 る 可 能 性 が 最 大 の 状 態 で 、 実 行 可 能 な 最 短 の 時 間 で 敵 を 戦 闘 に 引 き 込 む た め の も の で あ っ た 。 私 は 新 し く か っ 試 さ れ て な い 戦 争 の 手 段 を 用 い て そ の 手 段 に 対 す る 新 戦 法 を 考 案 せ ね ば な ら な い と 述 べ た 。 そ の 回 答 と し て 、 私 の 意 見 に 対 す る 是 認 と 私 が 提 案 し た 戦 闘 時 の 艦 隊 の 操 り 方 に 対 す る 信 頼 の 言 葉 を 私 は 受 け た 。 1914 年 10 月 に も 1916 年 5 月 に も 、 洋 上 の 艦 隊 の 問 題 を 戦 術 盤 上 で 極 め て 人 念 に 解 析 し た 後 に 導 き 出 さ れ た 確 か な 戦 法 に よ る 場 合 を 除 い て は 、 我 が 艦 隊 の 優 勢 の 程 度 が 私 を し て 敵 の 魚 雷 攻 撃 を 無 視 し た り こ れ に 相 対 し た り す る こ と を 正 当 化 す る こ と は な か っ た 。 グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト 以 外 の 戦 力 が ご く わ ず か で あ る こ と が 考 慮 さ れ た 。 ま た 後 日 グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト が 従 来 よ り も 一 層 広 範 囲 の 状 況 に 対 応 す る こ と を 求 め ら れ る か も し れ な い と い う 可 能 性 も 考 慮 さ れ た 。 ・ 訳 注 : 大 陸 軍 。 フ ラ ン ス 語 で LaGrandeArmeeo フ ラ ン ス 軍 を 中 核 と す る 軍 隊 の 名 称 で 1805 年 に ナ ポ レ オ ン 1 世 が 命 名 。 92

「グランド・フリート 1914-1916 第八章から最後まで」


ン ・ リ ー フ 沖 の 行 動 ( 1916 年 5 月 2 日 か ら 5 日 ) ホ ー を い 0 Å Y お 。 ヤ A 製 . い こ ′ 0 秘 ′ ” 5 し 0 と , 、

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


465 巻 第 十 九 神 祇 歌 1915 1916 つ か ひ す み よ し 0 底 本 に は 、 詞 書 ・ 歌 に 「 \ 」 印 を 付 け 、 奉 幣 の 使 に 住 吉 に 参 り て 、 昔 住 み け る 泊 り の 荒 れ た り 「 イ 本 無 之 」 と 注 記 。 切 り 出 さ れ た 作 。 つ も り の あ り も と め さ け る を よ み 侍 り け る 津 守 有 基 一 勅 命 に よ っ て 、 神 社 に 幣 を 献 ず る 使 い ニ 昔 住 ん で い た 宿 舎 。 三 住 み よ い 。 「 住 吉 」 や ど 住 み よ し と 思 ひ し 宿 は 荒 れ に け り 神 の し る し を 待 っ と せ し を か け た 。 四 神 の 加 護 の し る し 。 五 待 っ て い た 間 に 。 「 待 っ 」 に 「 松 」 を か け 、 「 住 吉 」 の 縁 語 。 住 吉 は 、 松 の 名 所 。 び や う ぶ あ る 所 の 屏 風 の 絵 に 、 十 一 月 、 神 祭 る 家 の 前 に 、 馬 に お ほ な か と み の よ し の ぶ の あ そ ん 乗 り て 人 の ゆ く 所 を 大 中 臣 能 宣 朝 臣 さ か き ば し も み ま へ 榊 葉 の 霜 う ち は ら ひ か れ ず の み 住 め と そ 祈 る 神 の 御 前 に え ん ぎ の お ほ ん と き な っ か ぐ ら ゆ き 延 喜 御 時 、 屏 風 に 、 夏 神 楽 の 心 を よ み 侍 り け る に 貫 之 こ ろ も か は や し ろ 四 Ⅱ 社 し の に を り は ヘ 干 す 衣 い か に 干 せ ば か 七 日 ひ ざ ら ん ほ う へ い し も っ き か み ま っ 六 な め か 一 『 能 宣 集 』 に よ る と 、 正 月 か ら 十 二 月 ま つ き な み で の 月 次 の 屏 風 の 絵 。 ニ 「 枯 れ す 」 と 「 離 れ ず 」 と を か け 、 第 一 ・ 二 句 を 、 そ の 有 意 の 序 詞 と し た 。 三 通 い 住 め 。 一 醍 醐 天 皇 の 御 代 。 「 延 喜 」 は 、 醍 醐 天 皇 時 代 の 年 号 。 『 貫 之 集 』 に は 、 帝 の 仰 せ で な っ 詠 ん だ と 記 し て い る 。 ニ 『 貫 之 集 』 で は 、 「 夏 は ら へ 祓 」 。 「 夏 神 楽 」 は 、 六 月 三 十 日 の 清 め の 神 事 、 夏 越 の 祓 え の 神 楽 。 三 六 月 の 祓 え な ど の 神 さ か き し の だ け 事 に 、 川 の ほ と り に 、 棚 を 設 け 、 楙 ・ 篠 竹 を し ん せ ん 立 て 神 饌 を 供 え 、 神 楽 を 奏 し た 、 そ の 棚 。 四 た く さ ん 広 げ つ ら ね て 。 五 流 れ の 白 波 を 、 「 衣 」 に 見 立 て た 。 六 「 七 日 」 は 、 久 し い 意 。 1914 だ い ご か

「グランド・フリート 1914-1916 第八章から最後まで」


図 版 目 次 見 開 き 頁 英 軍 艦 『 ア イ ア ン ・ デ ュ ー ク 』 上 で 国 王 陛 下 を お 迎 え す る グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト の 各 司 令 官 ( 1916 年 7 月 ) ・ 234 8. グ ラ ン ド 。 フ リ ー ト 諸 艦 の お よ そ の 位 置 9. グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト 諸 艦 の お よ そ の 位 置 ド イ ツ 人 画 家 が 描 い た ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 ・ 336 ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 に お い て 展 開 中 の 英 軍 艦 『 ア イ ア ン ・ デ ュ ー ク 』 と 戦 艦 艦 隊 の 第 3 小 隊 ・ ・ 350 ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 に お け る 英 軍 艦 『 ア イ ア ン ・ デ ュ ー ク 』 の 砲 撃 ・ ・ 354 ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 に お け る 英 軍 艦 『 シ ュ バ ー プ 』 の 砲 撃 図 面 ・ 368 挿 図 目 次 見 開 き 頁 6. ホ ー ン ・ リ ー フ 沖 の 作 戦 ( 1916 年 5 月 2 日 か ら 同 5 日 ) 292 7. 巡 戦 艦 隊 及 び 第 5 戦 艦 隊 の 作 戦 ( 1916 年 5 月 31 日 午 後 2 時 か ら 午 後 6 時 15 分 ) 図 表 ( 添 付 ) 午 後 7 時 15 分 ) ・ 午 後 6 時 45 分 ) ・ ・ ・ ・ 320 ・ ・ ・ 360 ( 1916 年 5 月 31 日 ・ ・ ・ 356 ( 1916 年 5 月 31 日 1. ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 、 戦 艦 艦 隊 の 展 開 前 後 ( 1916 年 5 月 31 日 ) 2. 右 翼 列 に 展 開 し た 場 合 の 想 像 図 3. ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 、 戦 艦 艦 隊 と 巡 洋 戦 艦 の 行 動 4. 1916 年 5 月 31 日 夜 か ら 6 月 1 日 ま で の 作 戦 3

「グランド・フリート 1914-1916 第八章から最後まで」


図 版 目 次 見 開 き 頁 英 軍 艦 『 ア イ ア ン ・ デ ュ ー ク 』 上 で 国 王 陛 下 を お 迎 え す る グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト の 各 司 令 官 ( 1916 年 7 月 ) ・ 234 8. グ ラ ン ド 。 フ リ ー ト 諸 艦 の お よ そ の 位 置 9. グ ラ ン ド ・ フ リ ー ト 諸 艦 の お よ そ の 位 置 ド イ ツ 人 画 家 が 描 い た ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 ・ 336 ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 に お い て 展 開 中 の 英 軍 艦 『 ア イ ア ン ・ デ ュ ー ク 』 と 戦 艦 艦 隊 の 第 3 小 隊 ・ ・ 350 ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 に お け る 英 軍 艦 『 ア イ ア ン ・ デ ュ ー ク 』 の 砲 撃 ・ ・ 354 ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 に お け る 英 軍 艦 『 シ ュ バ ー プ 』 の 砲 撃 図 面 ・ 368 挿 図 目 次 見 開 き 頁 6. ホ ー ン ・ リ ー フ 沖 の 作 戦 ( 1916 年 5 月 2 日 か ら 同 5 日 ) 292 7. 巡 戦 艦 隊 及 び 第 5 戦 艦 隊 の 作 戦 ( 1916 年 5 月 31 日 午 後 2 時 か ら 午 後 6 時 15 分 ) 図 表 ( 添 付 ) 午 後 7 時 15 分 ) ・ 午 後 6 時 45 分 ) ・ ・ ・ ・ 320 ・ ・ ・ 360 ( 1916 年 5 月 31 日 ・ ・ ・ 356 ( 1916 年 5 月 31 日 1. ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 、 戦 艦 艦 隊 の 展 開 前 後 ( 1916 年 5 月 31 日 ) 2. 右 翼 列 に 展 開 し た 場 合 の 想 像 図 3. ジ ュ ッ ト ラ ン ド 海 戦 、 戦 艦 艦 隊 と 巡 洋 戦 艦 の 行 動 4. 1916 年 5 月 31 日 夜 か ら 6 月 1 日 ま で の 作 戦 3

世界最高額の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ! コレクターが追い求める「幻の切手」の数奇な運命


矼 42 , No. 11 , 9June1934 , p. 255 に 引 用 さ れ て い る 。 ウ ォ ー カ ー と プ ラ ッ ト の 逸 話 は 、 Williams の E〃砂dの砒市0, V 矼 1 , 1993 , p. 202 が 唯 一 の 情 報 源 だ ( 出 典 は 示 さ れ て い な い ) 。 Williams 兄 弟 の F2川側S S 地 切 7940 に 収 録 さ れ て い る 。 初 出 は お そ ら く 郵 趣 誌 の ど れ か だ と 思 わ れ る が 、 筆 者 は 見 つ け る こ と が で き な か っ た 。 ェ ド ワ ー ド ・ モ ズ リ ー の モ ー リ シ ャ ス ・ コ レ ク シ ョ ン は 現 在 大 英 図 書 館 に あ る 。 彼 が 書 い た ℃ ombing an lsland for pos ね 1 Treasures' は 、 S 地 川 カ Co 切 g , V01.40 , No. 16 , 15July 1933 , pp. 410 , 413 -15 に 収 録 。 ロ バ ー ト ・ ワ ル サ ー が エ ラ ー ル 社 の 書 庫 を 捜 索 し て い る こ と を 書 い た 手 紙 は 、 'PostOffice MauritiusStamps',in Co 朝 0 CIub 勸 I ⅳ , V 矼 12 , No. 1 , January 1933 , p. 13 に あ る 。 L. N. Williams は E 0d0 加 Vol 1 , 1993 , p. 201 で 、 ワ ル サ ー が 英 国 ・ 海 外 聖 書 協 会 の 書 庫 も 探 し た こ と を 示 唆 し て い る 。 ポ ス ト オ フ ィ ス 以 外 の 切 手 の 発 見 に つ い て は 、 'Finds', S カ Co 朝 切 g , 矼 2 , No. 17 , 11 July 1914 ; 'Extraordinary Find of Rare Stamps', S カ Co 切 g , V01.14 , No. 2 , 17 ApriI 1920 , p. 35 を 参 照 。 1917 年 の 発 見 に つ い て 「 価 値 の な い 切 手 が た く さ ん 入 っ た 古 い 箱 」 と 表 現 し た の は Williams で 、 E cl 市 0 ( V 矼 2 , 1997 , p. 153 ) お よ び そ れ 以 前 の 著 作 に 見 る こ と が で き る 。 切 手 収 集 が 戦 争 の 嵐 を 乗 り き っ た と い う ダ グ ラ ス ・ ア ー ム ス ト ロ ン グ の 所 見 は 、 'Stamp Collecting after the WaF, S カ Co ル 切 g , 矼 6 , No. 18 , 12 August 1916 , p. 667 に あ る 。 第 10 章 大 物 ね ら い の コ レ ク タ ー ・ コ レ ク シ ョ ン の 最 初 の こ ろ の 競 売 に 関 す る 報 告 や 意 見 の 出 典 は 以 フ ェ ラ リ ー 下 の と お り 。 * 。 le Ferrary Sale', S 地 カ Co 切 g , V01.16 , No. 13 , 2 July 1921 , pp. 361 , 363 - 4 * 'Ferrarities', S カ Co 切 g , V 矼 16 , No. 14 , 9 July 1921 , p. 383 * Fred J. MelviIIe, VIhe Fortunes of Ferrary', S カ 切 怩 / , Vol. 14 , Nos. 2-3 , July- August 1921 , pp. 29 - 40 * C. J. Phillips, The Ferrari Sale: lts Probable Effect on the Stamp Market', S 地 G 郷 Mo 厩 ん り C レ No. 25 , September 1921 , pp. 8 -13 , 52 ( 「 税 金 が か か ら ず 、 没 収 も さ れ な い 」 の 引 用 元 ) * Herman Toaspern,The Benefits of the Ferrari Sale', Co c ね 0 励 勸 I , V 矼 1 , No. 4 , October1922 , pp. 151-2 ( 「 そ れ を 見 に い く コ レ ク タ ー は 100 人 に ひ と り ぐ ら い で ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 の 引 用 元 ) * A. J. Séfi, The November Ferrari Sale', P ん な 阨 川 G 砒 B 地 , VOI. 32 , No. 384 , December 1922 , p. 244 リ ク テ ン ス タ イ ン 、 ハ イ ン ド 、 ビ ュ ル ス の 背 景 情 報 は 、 M. Bierman, The ( 1 9 ) 引 0