検索 - みる会図書館

検索対象: ビジネスマナー・ポイント集

ビジネスマナー・ポイント集から 89件ヒットしました。

ビジネスマナー・ポイント集


2002 年 用 年 酉 腐 年 齢 明 治 31 昭 和 8 1933 昭 和 43 19 9 1934 10 1935 11 1936 12 1937 1972 13 1938 14 1939 15 1940 16 1941 1976 17 1942 18 1943 19 1944 20 1945 21 1946 22 1947 1982 1912 1913 23 1948 1914 24 1949 1984 25 1950 1985 1915 26 1951 1986 1916 1987 1917 27 1952 1988 1918 28 1953 1989 1919 29 1954 1920 30 1955 1956 1921 32 1957 1922 33 1958 1993 1923 34 1959 1924 35 1960 1925 36 1961 1926 37 1962 1927 38 1963 39 1964 40 1965 1930 41 1966 42 1967 ※ 年 齢 は 誕 生 日 以 降 の 満 年 齢 で す 。 誕 生 日 前 の 年 齢 は 上 記 年 齢 よ り 1 を 引 い て く だ さ い 。 年 齢 早 見 表 四 幻 四 8 行 祐 4 紹 新 加 9 8 7 6 5 4 3 2 1 。

ビジネスマナー・ポイント集


① 年 月 日 一 一 一 作 成 日 、 ま た は 発 信 の 日 付 を 正 確 に 。 内 容 ・ 種 類 別 に 文 書 の 通 し 番 号 や 記 号 を き め て お く と 便 利 だ 。 ② 宛 名 -- -- 基 本 的 に は 「 営 業 部 長 様 』 の よ う に 役 職 名 だ け 。 氏 名 を な ら べ る 時 は 、 発 信 者 名 も フ ル ネ ー ム に 。 部 課 宛 の 場 合 は 「 御 中 」 を つ け る 。 ③ 本 文 ー ー ー 「 〇 〇 の 件 に つ い て の 報 告 』 な ど 、 内 容 が ひ と 目 で わ か る タ イ ト ル を つ け る 。 前 文 ・ 社 内 文 書 の 基 本 フ ォ ム 1 . 研 修 会 名 称 一 一 〇 〇 研 修 会 2 . 主 催 ー 一 〇 0 〇 セ ミ ナ ー 5. 研 修 ・ 議 題 一 一 一 000 に つ い て 末 文 の 儀 礼 的 な 孑 刻 箋 は 省 略 。 敬 語 は 最 低 限 に し て 、 糸 喆 侖 か ら 先 に 述 べ 、 内 容 を 簡 潔 に ま と め る 。 文 章 吉 び は 「 以 上 』 で ス ッ キ リ と 終 る 。 ④ 発 信 人 一 一 一 所 属 と 氏 名 を 書 き 、 場 合 に よ っ て は 末 尾 に 押 印 を 。 所 属 だ け で 氏 名 を 省 略 す る こ と も あ る 。 ⑤ 発 信 者 と は 別 に 担 当 者 が い る 時 は 、 「 以 上 」 の 下 に 担 当 者 名 、 内 線 番 号 な ど を 記 入 。 ジ ネ ス 文 〇 〇 発 第 〇 〇 〇 号 〇 0 〇 年 0 月 〇 日 0 〇 課 〇 〇 ⑩ 〇 0 研 修 会 に つ い て の 報 告 書 こ の た び 00 に つ い て の 研 修 会 を 受 講 い た し ま し た の で 、 以 下 の よ う に 報 告 い た し ま す 。 〇 0 部 長 様 6. 講 、 師 ー ー 00 大 学 〇 0 教 授 午 前 〇 時 よ り 午 後 0 時 〇 年 〇 月 〇 日 ( 水 ) 7 . 感 想 4 . 場 所 ー 一 〇 0 会 館 3. 開 催 日 時 担 当 者 〇 0 内 線 〇 〇 〇 添 付 書 類 〇 〇 研 修 会 資 料 0 部 文 書 番 号 発 信 、 ま た は 作 成 年 月 日 宛 名 発 信 者 名 タ イ ト ル 添 付 書 類 終 わ り の こ と ば 担 当 者 名 別 記 主 な 社 内 文 書 ① 指 示 文 書 ー ー 叩 書 ・ 指 示 画 書 ・ 企 画 書 申 書 ・ ) 孅 書 ② 報 告 文 書 - ー - 日 報 ・ 月 報 ・ 出 張 報 告 書 ・ 参 加 報 告 書 ・ 調 査 報 告 書 ・ 事 故 報 告 書 ・ 研 究 報 告 書 漣 絡 文 書 ー ー 業 務 連 絡 書 ・ 照 会 文 書 ・ 依 頼 書 ・ 回 覧 文 書 ・ 掲 示 文 書 ・ 通 知 書 ・ 回 答 文 書 ④ 記 録 文 書 ー ー 議 事 録 ・ 社 員 カ ー ド ・ 人 事 記 録 ・ 帳 票 類 57

ビジネスマナー・ポイント集


作 成 の ポ イ ン ト ・ ビ ジ ネ ス と は て 内 容 が わ か る 工 夫 が 大 切 。 ビ ジ ネ ス 文 書 に も い ろ い ろ あ る が 、 シ ③ 事 実 は 正 確 に 自 分 の 感 想 大 き く わ け る と 、 業 務 報 告 書 や 連 ゃ あ い ま い な 表 現 は 使 わ な い 。 ス 文 絡 事 項 な ど を ま と め た 社 内 宛 て の と く に 数 字 や 日 時 、 金 額 、 数 量 「 社 内 文 書 』 、 取 引 先 や お 客 様 な ど な ど は 記 憶 に た よ ら ず 、 デ ー タ 社 外 宛 て の 「 社 外 文 書 』 の 2 通 り を 確 認 し な が ら キ チ ン と 書 く 。 が あ る 。 古 い デ ー タ を う の み に す る の も ・ ビ ジ ネ ス 文 書 の 基 本 ル ー ル 間 違 い の も と 。 社 内 ・ 社 外 を 問 わ ず 、 ビ ジ ネ ス 文 ④ わ か り や す い こ と ば を つ か う 一 書 の 目 的 は 用 件 を 正 確 ・ 明 瞭 ・ 簡 そ の 業 界 に し カ 樋 用 し な い よ う 潔 に 伝 え る こ と 。 そ の た め に は 守 な 略 語 や 専 門 用 語 は と く に 社 外 ら な け れ ば な ら な い ル ー ル が あ る 。 文 書 で は タ ブ ー 。 誤 解 を 招 く よ ① 「 結 論 優 先 』 カ 源 則 う な こ と ば や 敬 語 の 使 い わ け に 糸 喆 侖 ・ 趣 旨 を 述 べ 、 次 に 原 因 ・ も 注 意 す る 。 綣 過 、 最 後 に 意 見 ・ 提 言 の 順 で ⑤ 書 い た ら 読 み 返 す - ー ー ー 公 式 な ま と め る 。 タ イ ト ル を つ け て 、 内 文 書 は 保 存 さ れ る も の 。 書 い た 容 力 と 目 で わ か る よ う に す る 。 ら 必 ず 読 み 返 し 、 上 司 の チ ェ ッ ② 簡 潔 な 文 章 に す る 一 一 一 セ ン テ ク を 受 け る 。 と く に 社 外 文 書 は ン ス は 短 め に 。 用 件 カ 雑 な 時 「 会 社 と し て の 文 書 』 。 く れ ぐ れ は 箇 条 書 き に す る な ど 、 も 注 音 を / 、 ク コ フ ッ 55

ビジネスマナー・ポイント集


携 電 話 E F X の マ ナ ・ 署 名 (Signature) 誰 カ 咄 し た メ ー ル か は っ き り さ せ る た め に 、 メ ー ル の 最 後 に は 所 属 ・ 名 前 ・ メ ー ル ア ド レ ス な ど の 入 っ た サ イ ン ( シ グ ネ チ ャ ー ) を 入 れ る 。 ソ フ ト に よ っ て は 、 自 動 的 に 入 る も の も あ る が 、 あ ま り 長 く な り 過 ぎ な い よ う に 6 行 程 度 に ま と め る 。 画 会 議 の 日 程 が 決 ま り ま し た の で お 知 ・ ら せ い た し ま す 。 よ ろ し く お 原 、 い た し ま す 。 株 式 会 社 △ △ △ △ 第 1 営 業 部 新 橋 太 郎 TEL 〔 宿 ー 1234 ー 5678 FAX 03 ー 1234 ー 1234 s ん n shO △ △ △ △ ℃ 0 jp 〒 1 、 一 0P4 東 京 都 港 区 新 橋 0000 阜 企 画 会 詳 の 日 時 に つ い て メ ー ル ヘ ッ ダ メ ー ル の 頭 の ほ う に つ い て い る 、 そ の メ ー ル に 関 す る 情 報 ( 送 信 者 や 日 付 、 時 間 な ど ) を 言 丕 し た 部 分 。 宛 先 の ほ か に メ ー ル を 書 く 際 に 関 係 の あ る 部 分 は 次 の と お り 。 ・ CC. ( 副 次 的 な 宛 先 ) こ の 欄 に 書 い た ア ド レ ス に も 、 「 宛 先 : ( T 。 ) 」 で 送 っ た 同 じ 内 容 の メ ー ル の コ ピ ー が 送 ら れ る 。 主 な 宛 先 の 人 の ほ か に 、 目 を 通 し て ほ し い 人 の ア ド レ ス を 入 れ る 。 ※ 注 意 : 自 分 宛 に 来 た メ ー ル か 返 事 を 要 す る も の か 、 参 考 ま で に 見 て お け ば よ い も の か 、 間 違 わ な い よ う に 、 「 宛 先 : 」 で 来 た の か 「 CC : 」 な の か 、 す る よ う に す る 。 フ ァ イ 非 0 編 集 表 示 挿 入 当 書 式 0 ツ つ レ 。 祚 成 0 へ ル プ 叫 送 信 匐 ・ ル ま の ツ 也 籌 」 oos齦[email protected]、00ル 司 k砺[email protected]灯x.8ル : し ヨ 咏y。@乙凸凸ムc。ル 企 画 会 議 の 日 時 に プ 、 て 36 よ ろ し く お 原 瓦 、 い た し ま す 。 場 所 : 当 社 第 3 会 議 室 AM9 : 30 ~ 日 時 : 2000 年 6 月 5 日 ( 月 ) ま し た の で お 知 ら せ い た し ま す 。 先 日 お 話 し て お り ま し た 新 商 品 A の 企 画 会 議 の 日 程 が 決 ま り い つ も お 世 話 に な っ て お り ま す 。 ( 株 ) △ △ △ △ の 新 橋 で す 。 0

ビジネスマナー・ポイント集


一 般 手 紙 文 作 成 の ポ イ ン ト 、 、 名 目 た 分 る や こ の い て 宛 枚 わ 配 け 師 う 拝 啓 新 緑 の 候 、 ま す ま す ご 清 栄 の え と → 2 に の つ 医 使 名 か 枚 章 に 。 を 」 こ と と お 慶 び 申 し 上 げ ま す 。 平 素 は 何 か と ご 高 配 を 賜 り ま し て 、 場 不 に 「 厚 く お 礼 申 し 上 げ ま す 。 〕 ~ ー 付 鮒 日 と か 「 の ( く に 、 が こ て こ 」 と 時 さ て 、 く り る し 。 様 る 書 た す 『 対 る , 刀 」 ~ つ は 亠 は 」 ~ の 」 ~ も と 文 件 め 付 順 な の 注 後 の に る に と あ 副 用 短 ⑤ ⑥ ご 多 忙 な 毎 日 と は 存 じ ま す が 、 〔 何 と ぞ ご ト 自 愛 の う え 、 』 お 元 気 で お 過 ご し ン 中 矣 謝 の 相 そ ツ ・ く だ さ い 。 や き ワ 暑 窈 感 ろ は や 候 や こ ま ず は 、 有 ご 挨 拶 申 し 上 げ ま す 0 〕 こ 陳 を 状 。 時 び と 。 し 照 賀 要 に 詫 「 る 様 の ば オ 参 年 不 次 お 入 同 と フ は の → 。 て ら と 舌 こ の る し 五 ロ ロ “ 文 と 入 を が 事 る 手 A 」 -t— し 宀 と の ば 無 終 般 拶 主 敕 ュ 和 え ① ② ③ ④ ビ ジ ネ ス 文 書 追 伸 ー ① 頭 語 ② 前 文 ③ 主 文 ④ 末 文 ① 結 鋙 ⑤ 後 付 ⑥ 副 文 一 = ロ 8 5

ビジネスマナー・ポイント集


ー = ! を E メ ル の マ ナ 国 内 外 を 問 わ ず 、 文 字 ・ 画 像 ・ 音 声 な ど を 即 時 通 信 で き る 電 子 メ ー ル 携 ( E メ ー ル ) 。 簡 単 な 基 本 マ ナ ー を 守 っ て 利 用 し よ う 。 電 舌 る と い っ て も 孑 刻 箋 を お ろ そ か に す ・ 宛 先 (address) る べ か ら ず 。 た だ し 、 一 の 手 紙 ア ド レ ス の ド ッ ト (. ) ひ と つ で も 間 の よ う な 、 時 候 の 孑 な ど の 形 式 ル 違 う と 、 相 手 に 届 か な い ば か り か 、 や 言 い ま わ し は 必 要 な い 。 必 要 事 誤 送 先 の サ ー バ に も 迷 惑 と な る 。 項 を 簡 潔 に 書 く よ う に す る 。 相 手 の 宛 先 は 一 字 一 句 正 確 に ま た 、 相 手 カ 毓 み や す い 文 章 を 心 ・ 件 名 (Subject) が け る 。 文 章 が 長 く な る 場 合 は 、 の マ メ ー ル に は 内 容 が 分 か る よ う に 適 適 宜 改 行 を 入 れ た り 、 段 落 ご と に 切 な 件 名 ( サ プ ジ ェ ク ト ) を つ け 空 行 を 入 れ る よ う に す る 。 る 。 こ れ は 受 信 者 が 多 く の メ ー ル 40 行 ( A4 一 枚 分 ) を 超 え る メ ッ セ か ら 検 索 し た り 、 忙 し い 時 に 後 で ー ジ は " 長 文 " と 考 え ら れ る 。 そ の 読 む べ き か 、 今 す ぐ 読 む か 区 別 し 場 合 、 件 名 の 欄 に 「 Long ( 長 た り す る た め 。 文 ) 」 と い う 言 葉 を 含 め て お く か 、 ・ 本 文 連 絡 文 と 資 料 な ど の 文 書 は 分 け 、 ま ず 名 乗 ろ う 。 差 出 人 の メ ー ル ア 後 者 は 添 付 フ ァ イ ル に し て 送 る と ド レ ス だ け で は 誰 だ か わ か ら な い よ い 。 可 能 性 も あ る 。 手 軽 に 書 い て 出 せ ↓ フ ァ イ ル 0 , 編 郷 厂 表 示 ご 挿 入 。 書 式 0 の 一 ル の セ ラ 、 、 当 黏 り 付 け = こ 戻 す 2 XXX. CO. の X X X. co. ル 田 日 ( む : y △ △ △ 。 。 蜘 0000 様 い つ も 世 話 に な っ て お り ま す 。 ( 株 ) △ △ △ △ の 新 橋 で す 。 商 品 A の 企 画 内 容 が 以 下 の よ う に ま と ま り ま し た の で 、 こ 確 認 の ほ ど 、 よ ろ し く お 瓦 、 い た し ま す 。 特 徴 : 従 来 品 00 の 機 能 も 加 え 、 消 費 者 の ニ ー ズ に 応 え て 新 た に 5 つ の 新 機 育 搭 載 。 サ イ ス も 」 、 型 イ tl ノ 、 さ ら に 、 デ ザ イ ン を 明 る く 一 新 し た 。 イ 各 も 抑 え て あ る 。 一 三 ロ 商 品 A の 企 画 内 容 に ユ ( L ) き 、 ミ 嚇 噬 ~ 、 こ プ 、 て L 35

ビジネスマナー・ポイント集


、 外 国 人 と の つ き あ い 方 国 際 化 社 会 の マ ナ ー ・ 外 国 人 と の つ き あ い ① 相 手 を 理 解 し よ う と 努 め る ー ー ー ー 外 国 人 で あ る 以 上 、 「 日 本 の を 押 し つ け ず 、 積 極 的 に 相 手 を 理 解 し よ う と す る 態 度 が 大 切 。 ② 語 学 力 に 自 信 が な く て も 堂 々 と ー ー ー 外 国 語 に 堪 能 で な い か ら と い っ て 、 必 要 以 上 に 卑 屈 な 態 度 に な ら な い よ う に 。 片 言 の 語 学 力 で も 、 誠 意 を も っ て 接 す る こ と こ そ 、 相 互 理 解 の 第 一 歩 に な る 。 H02 ロ 0 マ 0 じ ワ 0 て 0 ー 魑 ー ー 亂 ■ ・ キ の マ ナ ー 強 く 握 る こ と 。 ペ コ ペ コ と お 辞 ① 相 手 の 目 を 見 て 、 右 手 で 握 手 儀 を し な い 。 目 上 の 人 か ら 先 に 手 を 出 ② 孑 刻 の こ と ば は は っ き り と す の が 一 般 的 。 弱 々 し い 握 手 は 初 対 面 の 相 手 な ら to 優 柔 不 断 な 性 格 と と ら れ て し ま meet you ー dO you う 。 相 手 の 目 を 見 て 、 右 手 で カ do ? 彡 と 孑 箋 を 。 ほ ほ え む だ け の 「 日 本 的 槲 イ A 松 は 通 用 し な い 。 い ③ 紹 介 は ル ー ル を 自 守 っ て 分 の 側 を 相 手 に 紹 介 す る 時 は 、 ま ず 一 番 偉 い 人 を 相 手 の 上 位 の 人 に 紹 介 し て 、 最 後 に 自 分 を 。

ビジネスマナー・ポイント集


社 内 マ ナ ー , チ ェ 。 ッ ク ポ イ ン ト 、 、 社 マ ・ 学 生 こ と ば は す べ し ナ 「 え っ と オ ~ 」 「 ・ ・ ・ つ て ゆ ー か ア ~ 」 い う わ け 。 「 〇 〇 ッ ス 」 な ど 、 学 生 時 代 の お , な ら 今 度 の あ の 一 4 牛 ヨ ・ ロ ・ p ・ り ・ し ゃ べ り な ら 許 さ れ た こ と ば づ か い も 、 社 会 に 出 れ ば 通 用 し な い 。 「 超 OO ! 」 と い う よ う な 口 癖 も 早 △ 手 く な お し て し ま い た い 。 「 で き ま せ ん 」 「 わ か り ま せ ん 」 と 、 シ ラ ッ と 言 い き っ て し ま う の も 、 ビ ジ ネ ス 会 話 で は 常 識 外 。 上 司 や 先 輩 に 対 し て は 、 つ ね に 謙 譲 の 精 神 で 接 ・ 身 だ し な み チ ェ ッ ク も マ ナ ー の う ち 男 性 の 場 合 、 ス ー ツ の ほ こ ろ び や ワ イ シ ャ ツ の 汚 れ 、 ネ ク タ イ の よ じ れ 、 不 精 ヒ ゲ な ど 、 出 勤 前 に 服 装 の チ ェ ッ ク を 。 女 性 の 場 合 、 服 装 や 化 粧 に 注 意 。 出 ・ 退 社 時 も 仕 事 の う ち と 考 え て 行 動 し よ う 。 自 己 紹 介 の 仕 方 自 己 紹 介 は 職 場 で の 第 一 印 象 を 決 定 す る 大 切 な ポ イ ン ト 。 い や 味 に な ら ず 自 分 自 身 を さ り げ な く ア ピ ー ル す る の が コ ツ 。 ・ 配 属 部 署 、 氏 名 は ハ ッ キ リ と 。 ・ ふ だ ん よ り 、 ゆ っ く り 大 き な 声 で 。 う つ む い た り 、 キ ョ ロ キ ョ ロ し た り す る の は 禁 物 。 ・ こ れ ま で の 経 歴 を 簡 略 に 述 べ る 。 苦 労 話 や グ チ は 禁 物 。 ・ 「 英 検 1 級 、 剣 道 3 段 」 な ど な ど 、 た と え 本 当 の こ と で も 自 慢 話 に 聞 こ え て し ま う の で 要 注 意 。 趣 味 の 話 に 片 寄 り す ぎ る の も 考 え も の 。 仕 事 に か け る 夢 や 意 気 込 み を イ キ イ キ と 語 り 、 最 後 に 指 導 や 協 力 を あ お ぐ 言 葉 で し め く く る 。 こ と ば づ か い は 丁 寧 に 0 8

ビジネスマナー・ポイント集


、 指 示 の 受 け 方 と 報 告 の 仕 方 社 内 マ ナ ー ・ 指 示 の 受 け 方 @脂示 は 最 後 ま で さ え ぎ ら ず に 聞 き 、 質 問 は あ と で 一 一 一 一 一 ヒ 司 に 呼 ば れ た ら 「 は い 」 と 返 事 を し て 、 即 、 上 司 の も と へ 。 上 司 の 説 明 カ 鮗 る ま で は ロ に チ ャ ッ ク 。 意 見 や 質 問 は 説 明 カ 鮗 っ た あ と に す る こ と 。 ② 要 点 を メ モ す る 一 一 一 一 指 示 を 受 け る 時 は 必 ず メ モ を と る 。 5W 1 H (WHAT な に を ・ WHY な ぜ ・ WHEN い つ / い つ ま で に ・ WHERE ど こ で ・ WHO だ れ が ・ HOW ど う や っ て ) を 確 実 に 把 握 す る こ と 。 ・ 報 告 士 方 ③ カ ラ 返 事 は し な い で き そ う も な い 時 は 、 状 況 を 説 明 し て ① タ イ ミ ン グ よ く 報 告 ー ー 二 ヒ 司 に 優 先 順 位 な ど 判 断 を 仰 ぐ 。 「 あ れ は ど う な っ た ? 」 と 聞 か ④ 最 後 に 復 唱 し て 確 認 ー ー ー 指 示 れ て か ら で は 遅 す ぎ る 。 指 示 事 の 要 点 は く り か え し て 確 認 を 。 項 が 完 了 し た ら た だ ち に 報 告 と く に 数 字 や 固 有 名 詞 は 正 確 に 。 を 。 た だ し 、 い ま 話 し て よ い か 不 明 な 点 が あ っ た ら あ い ま い に ど う か 、 上 司 の 都 合 を 聞 い て か せ ず 、 必 す 確 認 す る こ と 。 ら 話 し 出 す 。 ② 必 要 と あ れ ば 中 間 報 告 ー ー 丑 事 が 長 引 く 場 合 は 中 間 報 告 が 絶 ・ 悪 い ニ ュ ー ス ほ ど 早 く 伝 え る 対 必 要 。 約 束 の 期 限 ま で に で き 仕 事 で ミ ス し た 時 は 素 直 に 間 違 い そ う に な い 時 も 、 即 刻 上 司 に 報 を 認 め 、 早 め に 上 司 に 報 告 を し て 告 を し て 、 指 示 を 受 け る こ と 。 指 示 を あ お ぐ こ と 。 仕 事 が 遅 れ そ ③ 報 告 は 簡 潔 に ま ず 最 初 に う な 時 も 同 様 。 期 限 直 前 に な っ て 結 論 を 。 次 に 原 因 、 経 過 の 順 に 「 で き ま せ ん 」 と 報 告 す る の で は 、 述 べ る 。 前 も っ て 報 告 事 項 を ま 相 手 は 対 処 の し よ う が な い 。 と め る 習 慣 を つ け よ う 。 / や 2 て け い フ ! ! 2 9

ビジネスマナー・ポイント集


《 そ の 他 の 便 利 な サ ー ビ ス 》 GPS 自 分 の 現 在 位 置 が ど こ で 、 そ の 周 辺 に は な に が あ る の か を 確 認 で き る の が 、 GPS (Global Positioning Systems) 。 こ れ は 、 多 く の カ ー ナ ビ ゲ ー シ ョ ン シ ス テ ム に 使 わ れ て い る も の で 、 米 国 が 保 有 す る 複 数 の 人 工 衛 星 か ら 電 波 を 受 信 し 、 そ の 電 波 の 強 さ や 受 信 し た と き の 時 間 の ず れ な ど か ら 、 現 在 い る 位 置 を 計 測 す る シ ス テ ム の こ と で あ る 。 N 、 ド コ モ で は 、 拡 張 GPS シ ス テ ム を 使 っ た 「 ど こ Na ⅵ 」 と い う 位 置 確 認 の サ ー ピ ス を 行 な っ て い る 。 こ れ は 、 「 拡 張 GPS シ ス テ ム 」 を 使 っ て い る た め 、 従 来 の GPS で は 困 難 だ っ た 、 建 物 の 密 集 し た 場 所 な ど で の 位 置 測 定 力 河 能 。 サ ー ピ ス 内 容 は 、 現 在 位 置 や 目 的 地 周 辺 の 地 図 を 表 示 し て く れ る 地 図 情 報 や タ ウ ン 情 報 の 取 得 、 現 在 位 置 か ら 目 的 地 ま で の 最 短 経 路 の 表 示 な ど で あ る 。 -9tage N ' は ド コ モ で は 2 開 1 年 の 初 め よ り 、 モ バ イ ル 音 楽 、 モ バ イ ル 映 像 の 配 信 サ ー ビ ス 「 M-stage 」 を 開 始 し た 。 こ れ は 、 同 社 の PHS 通 信 網 を 利 用 し た 、 マ ル チ メ デ ィ ア 情 報 配 信 サ ー ピ ス で あ る 。 音 楽 配 信 の 「 M-satage music 」 は 高 音 質 な サ ウ ン ド を 約 1 , 5 側 曲 ダ ウ ン ロ ー ド で き 、 聞 く こ と が で き る 。 ま た 、 映 像 配 信 の 「 M-stage visualJ は 映 画 や ニ ュ ー ス 、 音 楽 、 ス ポ ー ツ な ど 73 チ ャ ン ネ ル 、 約 280 の 番 組 か ら 最 新 情 報 を 見 る こ と が で き る 。 「 M-satage music 」 、 「 M-stage visual] を 利 用 す る に は 、 そ れ に 対 応 し た 端 末 が 必 要 で あ る 。 ド コ モ で は 、 「 FOMA 」 で も 、 「 M-stage ⅵ su 調 に よ る コ ン テ ン ツ 配 信 サ ー ビ ス を 282 年 春 頃 に ス タ ー ト す る 予 定 で あ る 。 ( 1 年 9 月 3 日 現 在 ) 知 つ 得 す る 情 リ ス ト 《 酊 T ド コ モ の 携 帯 ・ 自 動 車 電 話 ・ PHS に 関 す る 問 い 合 わ せ 》 ド コ モ の 携 帯 ・ 自 動 車 電 話 ・ PHS か ら ( 局 番 な し の ) 151 ( 無 料 ) 故 障 に つ い て ク フ リ ー ダ イ ヤ ル 0120-8 開 -0 開 ( 局 番 な し の ) 113 ( 無 料 ・ 24 時 間 受 付 ) 受 付 時 間 午 前 9 : 開 ~ 午 後 7 : 開 ( 土 ・ 日 ・ 祝 日 午 前 9 : 開 ~ 午 後 5 : 開 ) ※ 年 末 年 始 を 除 く ※ 全 国 か ら ご 利 用 に な れ ま す 。 夜 間 の 受 付 ( 盗 難 ・ 紛 失 ・ 故 障 等 ) フ リ ー ダ イ ヤ ル 01 ル 182-3 ※ 携 帯 ・ 自 動 車 電 話 、 p か ら も ご 利 用 に な れ ま す 。 受 付 時 間 午 後 7 : ~ 翌 朝 9 : ( 土 ・ 日 ・ 祝 日 午 後 5 : ~ 翌 朝 9 : ⑩ 《 そ の 他 の 携 帯 電 話 問 い 合 わ せ 先 》 総 合 案 内 au 電 話 か ら ( 局 番 な し ) 157 一 般 電 話 か ら 開 77-7-1 Ⅱ J - フ ォ ン か ら ( 局 番 な し ) 157 J - フ ォ ン 一 般 電 話 か ら 88-240-157 ツ ー カ ー 電 話 か ら ( 局 番 な し ) 151 ツ ー カ ー 一 般 電 話 か ら 開 77-789451 故 障 ( 紛 失 ) な ど au 電 話 か ら ( 局 番 な し ) Ⅱ 3 一 般 電 話 か ら 77-7-113 J - フ ォ ン か ら ( 局 番 な し ) 113 一 般 電 話 か ら 開 88-240-113 ツ ー カ ー 電 話 か ら ( 局 番 な し ) 113 一 般 電 話 か ら 開 77-789413 ( す べ て 無 料 ) ※ au : 関 東 J - フ ォ ン : 東 日 本 関 東 甲 信 地 区 ツ ー カ ー : 東 京 注 : こ こ に 掲 載 さ れ て い る 情 報 は 、 2001 年 10 月 現 在 の も の で す 。