検索 - みる会図書館

検索対象: フリーターズフリー 03号

フリーターズフリー 03号から 3件ヒットしました。

フリーターズフリー 03号


フ リ - タ フ リ - 03

フリーターズフリー 03号


〔 注 〕 ( 1 ) 北 村 ( 2009 ) に よ れ ば 、 「 道 頓 堀 川 ホ ー ム レ ス 殺 人 事 Tsunashima, H. 20 一 2. ゝ 、 ~ ゝ 、 、 、 「 ミ 、 ぎ 、 一 . 一 。 fAg 「 一 ・ 。 ミ き 「 ミ 麦 件 」 の 「 加 害 者 ー が 、 「 ホ ー ム レ ス の 人 を 見 て い る と 、 ま る し き ミ ミ 、 ミ ぼ 、 Koya 0 、 ゝ き ミ P ミ ト 』 h, ln 4 , Rubi 望 で い じ め ら れ て い た こ ろ の 自 分 を 見 る よ う で 、 腹 が 立 っ た 。 」 Enterprise. 希 「 や り 返 し た ら ど う や わ ん 。 ー と い う 言 葉 を 発 し て い た 。 「 や の へ し 」 い , フ り 返 さ な い 」 ク 正 し さ ク に 自 分 は 追 い つ け な い と 感 じ ュ ヌ ス 、 ム ハ ン マ ド 2 0 0 7 、 猪 熊 弘 子 訳 2 0 0 8 「 貧 困 の た 「 加 害 者 」 の 苛 立 ち が 表 現 さ れ て い る 。 若 者 に よ る 襲 撃 と 、 な い 世 界 を 作 る ー ソ ー シ ャ ル ・ ビ ジ ネ ス と 新 し い 資 本 主 義 自 「 大 人 に よ る 排 除 が 同 一 の 論 理 で 行 わ れ て き た こ と は 、 多 ー 」 早 川 書 房 く の 論 者 が 指 摘 し て き た と お り で あ る 。 津 野 幸 人 19 9 5 」 ( 2 ) 前 編 参 照 。 山 漁 村 文 化 協 会 ( 3 ) 『 現 代 農 業 』 2007 年 5 月 増 刊 号 「 貧 乏 で も 楽 し く 遊 柴 谷 篤 弘 1998 『 反 科 学 論 ー ひ と つ の 知 識 ・ ひ と つ の 学 問 べ る 街 を 自 治 と リ サ イ ク ル で つ く る 」 。 を 目 指 し て 」 筑 摩 書 房 ( 4 ) 日 本 学 生 支 援 民 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) の 奨 学 金 返 還 特 別 池 田 清 彦 2006 『 科 学 は ど こ ま で い く の か 』 筑 摩 書 房 返 済 免 除 制 度 。 2 0 03 年 度 ま で に 大 学 院 に 入 学 し た 奨 学 生 に 適 用 さ れ て い る 。 水 月 昭 道 2007 『 高 学 歴 ワ ー キ ン グ プ ア ー 「 フ リ ー タ ー 生 産 工 場 」 と し て の 大 学 院 」 光 文 社 〔 文 献 〕 山 森 亮 2 0 0 9 『 べ ー シ ッ ク ・ イ ン カ ム 入 門 ー 無 条 件 給 付 の 北 村 年 子 2009 『 「 ホ ー ム レ ス 」 襲 撃 事 件 と 子 ど も た ち ー 基 本 所 得 を 考 え る 』 光 文 社 い じ め の 連 鎖 を 断 っ た め に 』 太 郎 次 郎 社 エ デ イ タ ス 『 ハ さ い 農 業 ー 山 間 地 農 村 か ら の 探 究 』 農 147

フリーターズフリー 03号


こ ろ 、 運 動 は 「 や れ ば や れ ほ ど 苦 し く か ど う か が 決 定 的 な 事 な の か も し れ ま そ れ こ そ 暴 力 を 振 る う 人 に は 相 手 は 人 な る . と し か 思 え ず 、 運 動 に 求 め ら れ せ ん 。 と し て 映 ら な い と 、 し い ま す か 。 ホ ー ム る 可 能 性 が ど こ に あ る の か 、 残 念 な が 生 田 武 志 レ ス つ ま り は 「 家 を 失 う 」 経 験 を し た 復 、 ら 一 ほ ′ 、 に ~ 、 も ト 6 ′ \ 、 わ か -6 , 3 せ 「 ル 。 ・ ほ / \ 03 ゝ 3Z20 一 4 人 へ の 、 あ る い は ア ス ベ ス ト 除 去 作 業 往 「 フ リ ー タ ー ズ フ リ 3 号 」 で 栗 田 さ を 行 う 人 へ の 暴 力 と は 、 い わ ば 人 で は の ん よ り も 動 け て い る の は 「 傷 が 浅 い 」 栗 田 で す 。 な い と み な し た か ら こ そ の 、 暴 力 と 一 言 し し J か む し ろ 加 害 者 側 で あ る た け か も し れ っ て い い の で は な い で し よ う か き ま せ ん が 、 た だ 同 時 に 、 こ の 「 3 号 」 生 田 さ ん が 、 「 な せ 人 が 人 に 対 し て し か し 、 私 自 身 、 こ の こ と に そ れ 書 に 意 義 が あ る と い , っ 確 信 も あ る か ら で こ の よ う な ふ る ま い を 平 然 と し て し ま ほ ど 驚 き を 持 ち ま せ ん 。 女 性 は ま た 、 す 。 う か 」 と い う 問 い を す る 際 に 、 そ れ が 独 特 の 仕 方 で 人 間 と み な さ れ な い 事 が シ モ ー ヌ ・ ヴ ェ イ ユ は 「 美 に は 訴 え 「 人 が 人 に 対 し て 」 と い う 言 葉 で い し 多 い か ら で す 。 子 ど も を 産 む 機 械 と 表 か け る 力 が あ る 」 と 言 い 、 そ れ を 「 あ え る の た ろ う か ~ と 思 い ま す 。 す く な 現 し た 大 臣 も か っ て い ま し た 。 電 車 の た か も 一 匹 の 大 が 、 カ 尽 き て 雪 の な か く と も 、 そ の 暴 力 を 振 る っ て い る と き な か で 行 わ れ る 性 犯 罪 は 、 女 性 を 人 間 に 倒 れ た 主 人 の も と へ 人 々 を よ び よ せ に 、 そ の 相 手 を 「 人 」 と し て 思 っ て い と し て で は な く 「 反 応 す る 身 体 」 と し る の で し よ う か る た め に 吠 え 続 け る よ う に 」 と 言 っ て て み な す か ら こ そ 行 わ れ る と い わ れ ま い ま し た 。 唐 突 な 比 喩 で す が 、 そ れ で 「 不 幸 は 何 よ り も 無 名 な も の で 、 捉 す 。 そ し て そ の よ う な 犯 罪 の 被 害 に 私 も そ の 比 喩 に は 「 訴 え か け る 力 が 」 あ え た 人 々 か ら 人 格 性 を 奪 っ て 、 そ の 自 身 も あ っ て ま す 。 つ ま り 、 こ の 日 本 り ま す 。 つ ま り 、 ぼ く た ち は 、 自 分 の 人 々 を 物 に し て し ま う 。 不 幸 は 無 関 心 で 女 性 と し て 生 き る こ と は 、 自 分 の 存 た め で は な く 「 倒 れ た 主 人 」 を 助 け る で あ っ て 、 不 幸 に 触 れ る す べ て の 人 々 在 が 「 物 」 と み な さ れ る 現 実 に 折 々 遭 た め 、 あ わ て ふ た め い て 「 吠 え 続 け る 」 を 魂 の 底 ま で 凍 ら せ る の は 、 こ の 無 関 遇 す る の で す 。 こ と で 一 生 を 費 や し て い る の で は な い 心 の 冷 た さ で あ り 、 こ れ は 金 属 の よ う ま た 、 私 は 派 遣 社 員 と し て 働 い て き か と 思 い ま す 。 そ こ で は 、 「 助 け た い 」 な 冷 た さ た 」 と ヴ ェ イ ユ は 「 神 へ の 愛 ま し た が 、 派 遣 社 員 で 働 く 場 合 、 下 手 と 思 え る 誰 か が こ の 世 界 の な か に い る と 不 幸 」 で 語 っ て い た と 思 い ま す が 、 す る と そ の 賃 金 は 職 場 の 経 理 の な か で 279