検索 - みる会図書館

検索対象: 文藝 2015年 summer

文藝 2015年 summerから 26件ヒットしました。

文藝 2015年 summer


ペ 丁 朝 S 嶐 S 7 0 2 0 0 0 0 S い S OO ワ 月 ( ・ > 03 ( に 斗 化 5 丑 舮 > ー 印 ー 0 洋 ワ こ

文藝 2015年 summer


マ イ ナ ビ 新 書 〇 先 の 見 え な い 時 代 に こ そ 求 め ら れ る 「 知 的 生 産 」 〇 現 代 に 求 め ら れ る 「 考 え て 書 く 」 技 術 〇 Evernote で 作 る 「 発 見 の 手 帳 」 〇 情 報 は 整 理 せ ず に 分 流 す る 〇 変 わ る 紙 の ノ ー ト と 情 報 カ ー ド の 役 割 〇 誰 も が ア ウ ト ブ ッ ト し な け れ ば い け な い 時 代 ・ ・ 元 祖 ラ イ フ ハ ッ ク を - 億 総 メ テ ィ ア 時 代 に 合 わ せ て ア ッ プ デ ー ト ! 梅 産 知 的 生 産 の 技 術 と セ ン ス 知 の 巨 人 ・ 梅 棹 忠 夫 に 学 ぶ 情 報 活 用 術 ぶ と 人 武 器 だ ! 〔 一 定 価 . , 0 0 マ イ ナ ヒ 堀 正 岳 ・ ま つ も と あ っ し 著 小 長 谷 有 紀 監 修 定 価 : 本 体 1 , 080 円 十 税 280 ペ ー シ 5BN978 ー 4-8399-4703-3 株 式 会 社 マ イ ナ ビ ・ 〒 100-0003 東 京 都 千 代 田 区 - ツ 橋 1 -1 -1 バ レ ス サ イ ド ビ ル マ イ ナ ヒ TEL. 03-6267- 66 / 注 文 専 用 TEL ℃ 48-485-2383 / 新 刊 情 報 & オ ン ラ イ ン 通 販 http:〃bOOk.mynavi.jp ビ 新 書 イ 堀 正 岳 + ま つ も と あ っ し 著 H 0 R ー M A S A T A K E 十 M A T M 0 T 0 A T 5 U S H ー 人 間 文 化 研 究 機 構 ・ 理 事 小 長 谷 有 紀 監 修 K 0 N A G A Y A Y U K ー 元 祖 ラ イ プ ク を 、 一 億 総 メ テ ィ ア 時 代 に 合 わ せ て ア ッ プ テ ー ト ! イ マ ド キ の 知 的 生 産 は 「 技 術 セ ン ス ー

文藝 2015年 summer


ワ ー グ ナ ー 生 誕 200 年 記 念 出 版 ! ワ ー グ ナ ー ー ー バ イ ロ イ ト の 魔 術 師 -- - ミ リ ン ト ン = 著 バ リ 三 宅 幸 夫 = 監 訳 / 和 泉 香 = 訳 定 価 : 9 , 500 円 十 税 因 襲 と 偏 見 に み ち た ワ ー グ ナ ー 像 を 排 し 、 そ の 芸 術 の 本 質 を 、 そ の 人 間 性 を 、 そ の 政 治 的 影 響 を 、 最 新 の 研 究 成 果 に も と づ 橋 : 、 き 、 客 観 的 に 提 示 。 300 点 近 い 貴 重 な 図 版 と と も に 、 ワ ー グ ナ ー 像 の 転 換 を 迫 る ! 〒 113 0033 東 京 都 文 京 区 本 郷 2-35-21-302 ィ : 書 食 官 TEL03 ー 3812-6504 FAX()3 ー 3812 ー 7504 http://www.yushokan.co.jp 定 早 乙 女 勝 元 [ 監 修 〕 東 京 大 空 襲 ・ 戦 災 資 料 セ ン タ ー [ 編 ] 東 京 空 襲 毬 写 真 集 ア メ リ カ 軍 の 無 差 別 爆 撃 に よ る 被 害 記 録 70 は 葭 勉 誠 出 版 4 大 名 夫 人 か ら 遊 女 ま で 、 奇 跡 的 に 残 さ れ た 手 紙 か ら 、 江 戸 期 に 生 き た 女 た ち の 暮 ら し と 思 い を 読 み 解 く 。 ま い ら せ そ う ろ う 坂 赤 5 都 谷 京 加 呼 ア 颶 、 手 を 残 ( た 女 た ち ヴ ー .1 山 口 哲 子 著 四 六 判 ・ 二 五 八 ペ ー ジ 定 価 一 六 二 〇 円 ( 税 込 ) 刊 ~ 黒 田 如 水 、 伊 能 忠 敬 、 平 田 篤 胤 、 横 井 小 楠 、 頼 山 陽 、 下 級 武 士 ら の 妻 や 娘 た ち 、 尼 僧 海 音 、 遊 女 : : : 手 紙 か ら 、 様 々 な 家 族 の 情 景 と 女 ク た ち の 喜 び と 悲 し み が 浮 か び 上 が り ま す 。 原 文 と 現 代 語 訳 を 併 記 日 本 体 12 , 開 0 円 ( + 税 ) A4 判 ・ 536 頁 1945 年 5 月 31 日 麹 町 区 三 宅 坂 付 近 、 石 川 光 陽 撮 影 神 田 神 保 町 3-10-2 佃 03-5 幻 5-90 幻 [ 税 抜 価 ] ー ensel. JP— 常 岡 浩 介 著 【 大 反 響 ー ・ 忽 ち 重 版 ! 】 イ ス ラ ム 国 と は 混 迷 を 深 め る 中 東 、 失 敗 を 重 ね る 米 国 : 三 度 の 潜 入 取 材 を 敢 行 し た 唯 一 の ジ ャ ー ナ リ ス ト が 脅 威 の 実 像 に 迫 る ! 常 岡 浩 介 著 聞 さ ー 高 巨 い 一 イ ラ ム 国 と ・ 四 亠 ハ 判 並 製 ・ 一 四 〇 〇 円 バ イ イ ト の 魔 第 ツ こ ク ナ ー ← 刻 ン ト い わ マ を . 物 輩 物 三 度 の 瀞 人 取 材 に を 響 て た た 一 人 の シ ・ 一 ナ リ ス ト る 〒 Ⅱ 2-0015 東 京 都 文 京 区 目 白 台 2-14-13 旬 幸 & ネ 土 TEL()3-3943-9911 FAX()3-3943-8396 www.j unposha.com ( 価 格 税 別 )

文藝 2015年 summer


だ っ た 。 畳 の な い む き だ し の 床 板 に 花 柄 の ビ ニ 1 ル ・ シ ー ト を し い が オ レ ン ジ 色 が か っ て い た 。 く つ き り と 鎖 骨 が 浮 い て い た 快 楽 は て 、 薄 い 布 団 を の べ て い る だ け だ 。 亀 甲 墓 の 森 に 隣 接 す る あ ば ら 屋 乏 し か っ た 。 抱 き あ い な が ら 、 大 赤 木 が さ わ さ わ と 揺 れ る 音 に 耳 を だ っ た 。 ジ ェ 1 ン は 裸 の ま ま 起 き あ が り 、 熱 、 い に ヤ モ リ を さ が し は 澄 ま す こ と も あ っ た 。 葉 ず れ が 静 ま る と 、 ひ そ ひ そ と 言 葉 を 交 わ す 。 じ め る 。 天 井 の 隅 っ こ に 小 さ な 爬 虫 類 を 見 つ け る と 、 く く っ と 、 う 病 ん で は い る が 、 ジ ェ ー ン は 意 外 な ほ ど 知 的 だ っ た 。 れ し そ う に 笑 う 。 ヤ モ リ は 気 配 を 察 し て 、 さ っ と 移 動 し て い く 。 夜 明 け に は 鳥 が 群 ら が り 、 光 り を 水 浴 び す る よ う に 嬉 々 と さ え ず 御 嶽 の 森 で 鳥 の 群 れ に 包 ま れ た 日 か ら 、 た が い に 暗 河 の 竈 の そ ば る 。 雷 鳴 の 夜 も あ っ た 。 蛇 の 舌 そ っ く り に 割 れ た 稲 妻 が 走 る た び 、 で 落 ち 合 う よ う に な っ た 。 有 馬 の 非 番 の 日 だ っ た 。 う る ま 病 院 の 休 夜 空 が 赤 紫 に 変 わ り 、 大 赤 木 の 影 が く つ き り と 浮 か ぶ 。 雨 が け た た 日 は 変 動 的 だ が 、 ほ ば 七 日 に 一 度 の 逢 瀬 だ っ た 。 ま し く 瓦 を た た く 。 床 下 を 水 が 流 れ て い 亀 甲 墓 が ひ し め く 小 さ な ジ ャ ン グ ル に や っ て く る と 、 ジ ェ ー ン は 「 ス 1 族 だ と 言 っ て い た ね 」 有 馬 は 訊 い た お お あ か ぎ う ろ 大 赤 木 の 太 い 幹 に そ っ と 抱 き つ く 。 根 方 の 洞 に も ぐ り 込 む こ と も あ 「 半 分 だ け ね 」 っ た 。 毒 ヘ ビ が い る か も し れ な い と 言 っ て も 、 聞 く 耳 を も た ず 、 洞 「 あ と の 半 分 は ? 」 の 腐 食 土 を つ か ん で 鼻 に あ て が い 、 う っ と り 匂 い を 嗅 ぐ 。 そ れ か ら 「 わ か ら な い 」 「 ヒ ス パ ニ ッ ク か と 思 っ て い た よ 」 柚 子 そ っ く り の 青 い 実 が た わ わ に 実 る 木 の 下 を 通 っ て 、 あ ば ら 屋 に 「 た ぶ ん 、 そ う 見 え る と 思 う け れ ど : : : 」 入 る な り 、 衣 服 を 脱 い で 抱 き つ い て く る 。 だ が ジ ェ 1 ン は 不 感 症 だ つ 、 」 0 、 し く ら 試 み て も 応 え て こ な い 。 た だ 、 な さ れ る ま ま 横 た わ っ 祖 父 は ハ ワ イ 出 身 で 、 カ リ フ ォ ル ニ ア の 農 場 で 働 い て い た ん だ っ ホ ワ イ ト て い る だ け だ 。 ク リ ト リ ス を 刺 戟 す る と 、 ふ う っ と 安 ら か な 息 を 洩 て 。 ハ ワ イ の 先 住 民 や 白 人 や ら 、 い ろ ん な 血 が ご ち や ご ち ゃ に な っ ジ ャ 。 ハ ニ ー ズ ら す ぐ ら い だ っ た 。 首 か ら 上 は 日 焼 け し て い る が 乳 房 は 白 く 、 乳 首 て た み た い も し か す る と 日 系 人 の 血 も 混 じ っ て る か も し れ な い 。 河 出 文 庫 佐 々 木 中 selected lectures 『 ア ナ レ ク タ ・ シ リ ー ズ 』 の 四 冊 か ら 筆 者 が 単 独 で 行 っ た 講 演 の み 再 編 集 文 庫 化 。 2009 、 20 一 4 新 た に 二 〇 一 四 年 秋 に 行 わ れ た 講 演 「 失 敗 せ る 革 命 よ 知 と 熱 狂 を 撒 け 」 を 付 し た 、 文 字 通 り の ヴ ェ リ ー ・ ベ ス ト 。 ・ 900 円 十 税 ISBN 978 ー 4 ー 309 ー 41351 ー 8 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03-3404-1201 www.kawade.co.jp

文藝 2015年 summer


私 は ス テ ル ス 戦 闘 機 の よ う な 大 将 軍 だ っ た 。 頼 朝 さ ん は 無 人 機 の 「 そ う な ん で す 」 よ う な 大 将 軍 だ っ た の だ ろ う か 「 そ れ は 残 念 で し た 。 兵 衛 佐 様 は 一 昨 日 に 進 発 な さ れ ま し た 」 「 マ ジ で す か 。 や つ ば 、 鎌 倉 に 行 か れ る ん で す か ね 」 栃 木 県 に 入 り 喜 連 川 を 越 え 、 栃 木 県 河 内 郡 河 内 町 で 、 さ す が に 死 「 そ れ は 軍 事 機 密 な の で 教 え ら れ ま せ ん ね 。 戦 に 参 加 す る ん だ っ た ら と り あ え ず 、 こ こ で エ ン ト リ ー さ れ た ら い か か で す か あ ち ら に に か け て い た の で 馬 を 少 し だ け 休 ま せ 、 そ れ か ら 鬼 怒 川 を 渡 っ て 、 そ う い う こ と を 怠 る と 当 時 は 実 際 に 神 仏 の 罰 を 受 け た し 、 そ の 霊 カ 受 付 も ご ざ い ま す し 」 が 兵 に 乗 り 移 っ て 兵 の や が 三 割 方 増 し た の で 、 字 都 宮 の 一 一 「 い え 、 ち ょ っ と 私 、 申 し 上 げ た い こ と が あ り ま し て 直 接 、 兵 衛 佐 荒 山 神 社 に 参 っ た 。 そ し て 室 の 八 島 と い う 景 勝 地 を 本 来 で あ れ ば 観 様 に お 目 に 掛 か り た い ん で す よ お 」 光 気 分 で 訪 ね た い と こ ろ だ け れ ど も 、 も ち ろ ん ス ル 1 し て 、 隅 田 川 「 そ う い う こ と で し た ら 追 い か け ら れ た ら い か が で す か ね え 」 を 易 々 と 渡 り 、 武 蔵 国 は 足 立 の 郡 の 川 口 と い う と こ ろ 、 い ま の 埼 玉 「 で も 、 行 き 先 が わ か ら な い か ら 行 け な い ん で す よ 。 困 っ た な あ 。 県 川 口 市 あ た り に 到 着 し た 。 や つ ば 教 え て 貰 え な い ん で す よ ね え 」 蹤 い て こ ら れ た の は 八 十 五 騎 。 と い う と 、 ま あ ま あ 、 歩 留 ま り え 「 ま あ 一 応 、 軍 事 機 密 で す か ら ね え 。 私 の 口 か ら は 言 え ま せ ん ね え え や ん 、 思 う か も 知 れ な い が 、 人 馬 と も に 半 死 半 生 で 尻 か ら 血 を 垂 「 で す よ ね え 。 困 っ た な あ 。 あ っ 、 ち や り ん 、 ち や り ん 、 っ て 、 僕 、 れ 流 し 、 闘 う 前 か ら 敗 残 兵 の よ う で あ っ た 。 い ま 間 違 っ て 、 金 の 粒 と 銀 の 粒 を 間 違 っ て 地 面 に 落 と し ち ゃ っ た 」 頼 朝 さ ん は 板 橋 の 宿 営 に お ら っ し や る 、 と い う 情 報 を 得 て い た の 「 そ れ は 大 変 で す 。 拾 っ た ら ど う で す か で 、 そ こ へ 行 っ て 、 そ こ い ら に 立 っ て い た 人 に 言 っ た 。 「 拾 い た い の は 山 々 な ん で す け ど 、 僕 、 極 度 の 腰 痛 で 屈 む の が 非 常 く ら い 。 な の で 、 「 す み ま せ ん 。 頼 朝 さ ん に お 目 に 掛 か り た い の で す が 」 に 辛 い ん で す 。 地 獄 の 苦 し み 、 と い っ て も い し 「 あ あ 、 頼 朝 軍 に 参 加 を ご 希 望 の 方 で す か 」 い で す 。 も っ た い な い け ど 諦 め ま す 。 腰 が 痛 い の で 」 小 説 神 変 理 層 夢 経 2 猫 文 学 機 械 品 猫 キ ャ ン パ ス 荒 神 ・ 本 体 2300 円 十 税 笙 野 頼 子 ISBN 978 ー 4 ー 309 ー 023592 一 一 〇 一 〇 年 九 月 十 七 日 、 愛 猫 ド ー ラ 逝 く 悲 し み で 「 死 ん だ 」 笙 野 の ワ 1 プ ロ の 中 、 荒 神 様 は 自 力 で 生 き 続 け た 。 「 静 か す ぎ る 」 極 限 ポ リ フ ォ こ こ に は じ ま る ー 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03 ー 3404-1201 www.kawade.co.jp

文藝 2015年 summer


を 得 る と い う 意 味 で は 、 文 化 人 類 斎 藤 中 村 雄 二 郎 は 一 時 期 、 国 語 あ の よ う な 小 説 が で き た と い う ふ ろ が あ り ま し た 。 う に 思 う じ ゃ な い で す か 。 年 代 的 成 田 い わ ゆ る 「 戦 後 思 想 」 の 王 学 な ど の 方 が は る か に 面 白 か っ た 。 の 入 試 問 題 に も の す ご く 多 く 出 題 た と え ば ュ ン グ の 話 を し て い る と 、 さ れ た ん で す よ 。 に そ れ は あ り え な い ん だ け ど 、 で 道 で は な い 方 向 か ら 。 囲 年 代 の 批 評 家 た ち は 、 ユ ン グ と 成 田 そ う 。 中 村 さ ん は 、 硬 い 言 も そ う か な と 思 い ぎ や 、 む し ろ 逆 斎 藤 異 端 で す ね 。 と い う こ と で す ね 。 成 田 異 端 の 方 か ら 、 と い う こ と 聞 い た だ け で 「 へ ? ー み た い な 感 葉 で は な く 、 実 に わ か り や す く 哲 に な り ま す が 、 そ の 異 端 が 、 し か じ だ っ た 。 「 オ カ ル ト 」 と 言 っ て 学 を 語 る 作 法 を 実 践 さ れ て い ま す 。 平 野 僕 は エ リ ア ー デ が 好 き だ っ た し 、 文 化 人 類 学 に も 興 味 が あ っ し 年 代 に は 嫡 流 に な る わ け で す 終 わ り で す 。 で も 中 村 さ ん と 話 し 中 村 さ ん は 、 ヨ ー ロ ッ パ の 知 を 踏 た の で : よ ね 。 そ の 転 換 を 見 な が ら 、 平 野 て い る と 、 「 ユ ン グ の こ の 部 分 は ま え つ つ 、 そ れ を 相 対 化 し 、 全 体 斎 藤 共 鳴 す る と こ ろ が あ っ た と さ ん は 、 「 年 代 の 知 」 を 獲 得 し 面 白 い 」 と い う よ う な 具 体 的 な 話 の 構 図 と い ま 問 題 化 さ れ て い る こ て い っ た と い う こ と に な る で し ょ に な る し 、 「 あ の 辺 に な る と 危 な と 、 そ し て そ の 意 味 付 け を 実 に 明 い う こ と で す よ ね 。 い け ど 」 と 笑 い な が ら 語 っ て い て 、 晰 に 語 り ま す 。 複 雑 な こ と を と て 平 野 あ り ま し た 。 あ と 僕 は 、 そ う か 。 の 前 の 年 代 か ら 年 代 に か け て 平 野 そ う で す ね 。 や つ ば り 僕 は そ う い う 柔 軟 さ が 僕 は 好 き な ん で も 明 快 に 説 明 す る の で す が 、 そ の の 澁 澤 龍 彦 と か 横 尾 忠 則 と か 、 あ 小 説 家 で す か ら 、 イ マ ジ ネ ー シ ョ す 。 ュ ン グ は 、 エ ッ ク ハ ル ト に 影 一 つ の 結 実 が 『 術 語 集 』 ( 198 あ い う 世 界 が 好 き だ っ た ん で す よ ン を 喚 起 し て く れ る も の が 好 き な 響 を 受 け た ド イ ツ 神 秘 主 義 の 末 流 4 年 ) で し よ う 。 キ ー ワ ー ド で 「 知 」 だ と 思 い ま す が 、 そ う い う 面 白 さ の 現 状 を 説 明 す る 。 い ま や 当 た り ね 。 そ れ を 面 白 い と 思 う と こ ろ か ん で す 。 分 析 的 に 厳 密 な も の は 、 ら 、 山 口 さ ん た ち の お 仕 事 に は け 政 治 や 社 会 に つ い て 考 え て い く 時 を わ か っ て く れ る の が 、 あ の 人 た 前 す ぎ る 方 法 で す が 、 で も こ れ が 出 た 時 は と て も 新 鮮 だ っ た 。 に は 役 に は 立 つ ん で す け ど 、 着 想 ち で し た 。 っ こ う す ん な り 入 っ て い け る と こ オ リ ー ブ 少 女 ラ イ フ こ の 雑 誌 の 主 人 公 に な り た い 。 昭 歳 の 時 、 ) 初 め て 「 オ リ ー ブ 」 を 読 ん で 、 そ ん な 風 に 思 っ た 。 女 子 力 ル チ ャ ー 紹 介 の 第 一 人 者 が 、 雑 誌 「 オ リ ー プ 」 と 共 に 過 山 崎 ま ど カ ご し た 少 女 時 代 を 綴 る 、 1980 年 代 メ モ ワ 1 ル 。 「 オ リ 1 プ 」 で 連 載 さ れ た 伝 説 コ ラ ム 「 東 京 プ リ ン セ ス , を 完 全 収 録 ! ・ 本 体 1500 円 十 税 ISBN 978 ー 4 ー 38 ー 02331 ー 1 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03-3404-1201 www.kawade.co.jp

文藝 2015年 summer


憤 死 「 う ん 。 僕 も そ う 思 う 。 け ど ま あ 、 ど う で し よ う 、 み ん な 関 東 の 仲 「 い や 、 さ す が に も う ち ょ っ と は あ り ま す 」 間 で す か ら ね え 、 身 内 で す か ら 。 こ こ は ひ と つ 、 仲 い い 奴 ら に 声 か 「 百 一 「 三 十 で す か け て 江 戸 を 助 け ま せ ん か 、 萬 西 君 。 「 も う 、 ち ょ っ と で す 」 「 い や 、 僕 も そ う 思 っ て た ん だ よ 、 千 葉 介 ち ゃ ん 」 「 え え 、 一 体 何 艘 あ る ん で す か 」 つ う こ と に な っ て 、 葛 西 清 重 と 千 葉 介 常 胤 は 自 己 所 有 の 分 は も ち 「 た っ た の 八 千 艘 し か な い ん で す よ 」 ろ ん 、 そ の 管 理 地 の す べ て の 知 り 合 い 、 業 者 、 そ の 他 の 伝 を た ど っ 「 ぜ ん ぜ ん オ ッ ケ ー じ ゃ ん 」 て 漁 師 の 釣 り 船 な ど 、 墨 田 の 渡 し に 集 合 さ せ た と こ ろ 、 そ の 数 、 数 と い う 訳 で 莫 大 な 財 力 を 惜 し み な く 投 入 し て 人 夫 も 雇 い 、 そ れ か 万 に の ば っ た 。 ら 三 日 で 浮 き 橋 を 組 み 上 げ て 、 頼 朝 軍 は 大 河 を 越 え て 板 橋 に い た る , 」 し J か で た 。 「 舟 は こ れ で い け る と し て 」 「 あ と 、 舟 を 固 定 す る 材 木 が い る ね 」 頼 朝 さ ん も 勿 論 、 こ れ を 渡 っ た 。 そ の 際 、 板 橋 側 に は 江 戸 太 郎 が 「 そ れ も 結 構 大 量 に 」 控 え て い た 。 江 戸 太 郎 は 申 し 訳 な さ そ う に も じ も じ し て い た 。 そ の 「 あ の 」 脇 を 頼 朝 さ ん は 黙 っ て 通 り 過 ぎ 、 ち ょ っ と 行 っ て か ら 振 り 返 り 、 「 江 戸 太 郎 。 此 度 の こ と 神 妙 で あ る 」 と 低 い 声 で 言 っ て そ の 場 を 後 に し 「 石 浜 町 っ て と こ ろ に 私 の 所 有 す る 西 国 船 が 戻 っ て き た ん で す け ど 、 た 。 頼 朝 さ ん が 去 っ た 後 も 江 戸 太 郎 は 平 伏 し た ま ま 地 面 を 見 つ め て こ れ を ば ら し て 材 木 に し た ら ど う で し は う か 地 面 に 付 い た 手 の 、 拳 の う え を 蟻 が 這 っ て い た 。 背 中 が も わ っ と あ た た か か っ た 。 「 何 艘 く ら い あ り ま す か ね 。 結 構 、 数 い り ま す け ど ね 」 「 あ 、 そ う か 。 じ ゃ あ 駄 目 で す ね 」 「 そ う か ー 。 ち な み に ど れ く ら い あ る ん で す か 。 一 「 三 十 艘 で す か 」 さ あ 、 そ の 頃 、 私 は な に を し て い た だ ろ う か 。 私 は ま ず 素 直 に 感 ほ と ん ど 私 の 理 想 そ の も の の ー ー 森 見 登 美 彦 氏 失 恋 し て 自 殺 未 遂 し た と 噂 さ れ る 女 友 達 。 見 舞 い に 行 っ た 私 に 、 彼 女 が 語 っ た 恋 の 真 相 と は ・ 480 円 十 税 綿 矢 り さ 四 つ の 世 に も 奇 妙 な 物 語 。 ISBN 978 ー 4 ー 309 ー 41354 ー 9 河 出 文 庫 「 怖 い 話 」 な の で あ る 。 三 = 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03-3404-1201 www.kawade.co.jp

文藝 2015年 summer


浜 口 を 遮 っ て 、 わ た し は 訊 い た 。 「 は い 」 「 こ う し て 立 派 な ア コ 1 ス テ ィ ッ ク ギ タ 1 を 持 っ て い ま す が : : : 僕 自 分 の 人 生 の 虚 し さ や 貧 し さ を だ け 売 り 物 に し た 、 フ ラ ワ 1 ハ ッ は ギ タ 1 な ん て 本 当 は ま っ た く 弾 け な い ん で す 」 ト で 長 髪 の 無 精 ヒ ゲ の 薄 汚 れ た 風 貌 の フ ォ 1 ク ミ ュ ー ジ シ ャ ン が 、 フ ォ 1 ク ミ ュ 1 ジ シ ャ ン は 、 非 常 に 残 念 そ う な 、 悲 し い 表 情 で 俯 堂 々 と わ た し の 目 の 前 に い た 。 「 ま あ 、 ギ タ 1 を 弾 け る に こ し た こ と は な い け ど さ 、 別 に 上 手 に 弾 「 金 の な い 人 間 だ っ て 、 や れ る 音 楽 は あ る 。 そ れ が フ ォ 1 ク ミ ュ 1 け な ぐ て も 、 や ろ う と 思 え ば 誰 に で も 出 来 る ん じ ゃ な い の 。 教 育 の ジ ッ ク な ん だ 」 な い 赤 ん 坊 か ら 赤 貧 の 労 働 者 で も さ 」 わ た し は 特 に 誰 に 向 け て い る わ け で も な く 、 言 っ た 。 フ ォ 1 ク と い う の は 、 非 常 に 優 れ た 音 楽 で あ る 。 人 類 史 上 最 大 の 「 キ ミ も ア マ チ ュ ア の 音 楽 コ ン テ ス ト に 何 度 か 出 場 し た こ と を き っ レ コ 1 ド 会 社 の プ ロ デ ュ 1 サ ー の 目 に 留 っ て 、 や が て レ コ 発 明 な ん じ ゃ な い か 、 と さ え 思 う 。 友 達 の い な い 人 間 で も 、 急 に 一 人 で で き る か ら 、 激 し い ロ ッ ク を 1 ド デ ビ ュ 1 、 な ん て こ と に な れ ば い い ね 」 わ た し は 満 面 の 笑 み で 、 彼 に 言 っ た 。 演 奏 す る バ ン ド の よ う に 人 数 を 集 め る 必 要 が な い 。 キ ラ キ ラ し た 派 「 え え : : : で も 、 コ ン テ ス ト な ん か に 本 来 参 加 資 格 の な い 僕 の 演 奏 手 な ス テ ー ジ 衣 装 を 着 な く て も 、 や る こ と が で き る 。 ア ン プ も p•-f< も 必 要 と し な い 。 マ イ ク く ら い は 欲 し い が 、 な け れ ば 歌 唱 力 や ば っ 聴 衆 か ら の 抗 議 が 殺 到 す る 、 な ん て 夢 を よ く 見 る ん で す 」 扱 い の 難 し い 高 価 な 機 械 を と し な い 前 口 上 で 苦 心 す る こ と も な い 。 「 そ れ は 不 吉 だ な 」 先 ほ ど ま で 、 若 い フ ォ 1 ク ミ ュ ー ジ シ ャ ン に な ど 、 ま る で 興 味 な 前 に 、 取 り 扱 い 説 明 書 片 手 に 悪 戦 苦 闘 す る 必 要 も な い の が 、 特 に 嬉 し い 。 そ も そ も 電 源 な ど 必 要 な い か ら 、 原 始 人 の 住 む よ う な 洞 穴 と さ げ に し て い た 浜 口 が 、 突 然 口 を 挟 ん だ の で 驚 い た か で も 、 す ぐ で き る 。 と り た て て 大 き な 音 を 出 す 必 要 も な い か ら 、 「 参 加 資 格 が な い と 言 っ た が 、 ど う い う こ と な ん だ ? ア イ ヌ 民 族 否 定 論 に 抗 す る 岡 和 田 晃 / マ ー ク ・ ウ イ ン チ ェ ス タ ー 編 札 幌 市 議 の 「 ア イ ヌ 民 族 、 い ま は も う い な い ー 発 言 。 ネ ッ ト 上 に あ ふ れ 、 街 頭 に も 飛 び 出 し た ア イ ヌ へ の ヘ イ ト ス ビ ー チ 。 こ れ ら に 多 様 な 論 者 が 「 ZO 」 を 突 き つ け る 初 め て の 一 冊 。 , 刀 テ イ メ 長 族 市 定 ド 、 、 = 上 抗 す る ・ 1900 円 十 税 ISBN 978 ー 4 ー 309 ー 226290 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03-3404-1201 www.kawade.co.jp

文藝 2015年 summer


「 ・ : : ・ 電 話 を 、 く れ : : : 僕 の 携 帯 、 右 へ 。 地 下 通 路 を そ の ま ま 進 ん で い く と 、 左 側 に 伊 勢 丹 新 宿 店 地 下 幸 喜 の か ば そ い 声 が そ う 言 っ て い る か と 思 え ば 、 そ の 前 の メ ッ セ 一 階 の 入 り 口 が 出 て 来 る 。 こ こ か ら 閉 店 直 前 の 店 内 に 入 っ た 治 子 は 、 1 ジ で は 、 エ ス カ レ ー タ 1 で 順 番 に フ ロ ア を 上 っ て い っ た 。 。 ヒ ア ス を 見 て み る 「 ど う し た ん だ よ 、 な ん で 、 返 事 し て こ な い ん だ よ ! 家 に も い な つ も り だ っ た 。 髪 を 短 く し た せ い で 、 い ま し て い る 小 ぶ り な リ ン グ い し 、 携 帯 に か け て も 出 な い し ! 」 ピ ア ス で は な く 、 も っ と 存 在 感 が あ る も の を 試 し て み た く な っ た の と 、 拗 ね た 子 供 の よ う に 声 を 荒 ら げ て い る 。 そ し て さ ら に そ の 前 だ 。 し か し 二 階 ま で 来 た と こ ろ で 足 が 止 ま っ た 。 そ こ に ク リ ス チ ャ の 録 音 で は 、 こ う だ っ た 。 ン ・ ル プ タ ン が あ っ た か ら だ 。 「 ク レ ジ ッ ト ・ カ ー ド が 、 使 え な く な っ て い る 。 こ れ は : 朱 塗 り の 椀 の よ う な 真 紅 の ア ウ ト ソ 1 ル に 十 セ ン チ の ピ ン ヒ ー ル 、 う こ と な ん だ ? 怒 ら な い か ら 。 ね 、 僕 が 怒 る こ と は な い か ら 、 だ い ま に も 獲 物 に 襲 い か か ら ん と す る 爬 虫 類 の ご と き 弾 力 性 を 内 部 に か ら 説 明 を だ な 、 ま ず は ー ー , 一 秘 め た 優 美 な カ 1 ヴ を 描 き 出 す バ 1 ガ ン デ ィ の ア ッ パ 1 。 十 七 万 三 新 宿 に 着 い た の で 、 こ こ で メ ッ セ 1 ジ の 再 生 を 止 め て 電 車 か ら 降 千 三 百 円 の レ ザ 1 ハ ン プ ス を 治 子 は 購 入 し た 。 そ し て そ れ に 履 き り る 。 軽 い 咳 が 喉 の 奥 か ら 連 続 し て 湧 い て く る と 思 っ て い た の だ が 、 替 え た 。 さ て 、 こ れ か 、 ら ど , フ す ・ る か そ れ が 笑 い で あ る こ と を 治 子 は 自 覚 す る 。 横 隔 膜 の あ た り か ら 生 じ て く る 、 笑 い の 鼓 動 が 止 ま ら な い き っ と 酒 と 喫 っ た も の の せ い だ 、 明 治 通 り と 新 宿 通 り の 交 差 点 の 角 に 立 っ て 治 子 は 考 え た 。 財 布 の と 治 子 は 思 う 。 ひ と り で 笑 い な が ら 歩 い て い る の も 体 裁 が 悪 い の で 、 な か を 確 認 す る と 、 そ こ に は 二 万 数 千 円 と 小 銭 が 残 っ て い る 。 口 元 に 手 を や っ て 、 笑 い を 押 し 殺 し な が ら 、 新 宿 駅 コ ン コ 1 ス の 雑 ザ ・ リ ツ ツ ・ カ 1 ル ト ン の ス パ で 十 二 万 九 千 二 百 五 十 円 、 べ ー ジ 踏 を 抜 け て い ュ ・ ア ラ ン ・ デ ュ カ ス 東 京 で 一 万 八 千 円 、 銀 座 で の 買 い 物 で 計 一 二 十 西 口 の 改 札 を 出 て 右 に 、 丸 ノ 内 線 の 入 り 口 ま で 来 た ら そ こ で ま た 万 一 千 八 百 円 、 美 容 院 と ネ イ ル ・ サ ロ ン で 計 三 万 五 千 円 、 瑞 希 と の 河 出 文 庫 王 国 中 村 文 則 お 前 は 運 命 を 信 じ る か ? 社 会 的 要 人 の 弱 み を 人 工 的 に 作 る 女 、 ユ リ カ 。 あ る 日 、 彼 女 は 出 会 っ て し ま っ た 、 最 悪 の 男 に 。 世 界 中 で 翻 訳 ・ 絶 賛 さ れ た ベ ス ト セ ラ ー 『 掏 摸 』 の 兄 妹 篇 ! ・ 470 円 十 税 ISBN 978 ー 4 ー 309 ー 413690 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03-3404-1201 www.kawade.co.jp

文藝 2015年 summer


り ま せ ん 少 し く 体 力 を 養 ひ 少 し く 警 戒 の 怠 た る を 待 っ て 献 身 と い を 沸 き 立 た 」 す と い っ た も の で し か な い 。 そ し て 、 「 意 義 あ る 活 動 ふ 文 字 に 少 し く 色 彩 あ る 意 義 あ る 活 動 を し て 終 り た い と 絶 へ ず 其 方 を し て 終 り た い 」 と 願 っ て い る よ う に 、 幸 徳 も 、 管 野 も 、 と も に 健 法 を 考 へ て 居 り ま す 》 康 状 態 が 限 界 に 近 づ い て い た 。 死 に 場 所 を 求 め る よ う な 革 命 。 そ れ は 、 人 び と の 生 き る が た め の 革 命 、 暮 ら し ゃ 働 の 現 場 で の 革 命 か 述 べ ら れ て い る 「 長 沙 の 暴 動 」 は 、 六 年 前 の 長 沙 で 黄 興 、 宋 教 仁 、 ら 、 い っ そ う 遠 の か ず に お れ な い も の だ ろ う 陳 天 華 ら が 計 画 し 、 失 敗 し た 蜂 起 計 画 と は 、 無 関 係 な も の で あ る 。 幸 徳 が 、 湯 河 原 で 大 逆 事 件 の 容 疑 に よ っ て 逮 捕 さ れ る の は 、 同 年 こ の 春 、 湖 南 省 一 帯 の 米 価 が 高 騰 す る な か 、 い わ ば 自 然 発 生 的 に 六 月 一 日 。 そ の と き 、 管 野 は 「 自 由 思 想 」 が 発 禁 処 分 を 受 け た 際 の 長 沙 の 一 万 人 近 い 民 衆 が 巡 撫 衙 門 ( 官 庁 ) を 取 り 巻 い て 、 米 の 安 売 罰 金 を 支 払 え ず 、 み ず か ら 選 ん で 換 金 刑 の た め に 入 獄 し て い た た め り と 逮 捕 者 の 釈 放 を 求 め た 。 軍 隊 が こ れ に 発 砲 し た こ と か ら 、 さ ら 、 獄 中 に あ り な が ら 、 そ の ま ま 検 挙 を 受 け て い た 。 こ の 事 件 は 、 次 々 と 拡 大 さ れ て い く 。 結 局 、 関 東 か ら 九 州 に わ た に 騒 ぎ は 広 が っ て 、 城 内 の 米 屋 百 軒 あ ま り が 打 ち 壊 さ れ ( 四 月 一 三 っ て 二 六 名 が 逮 捕 、 起 訴 さ れ 、 同 年 一 二 月 一 〇 日 に 公 判 開 始 。 同 月 日 ) 、 巡 撫 衙 門 に も 放 火 が な さ れ て 、 い よ い よ 市 内 各 所 に 拡 大 す る 様 相 を 呈 し 、 つ い に 軍 隊 に よ る 徹 底 的 な 鎮 圧 に 至 る 。 そ の 経 過 が 、 二 五 日 、 全 員 に 死 刑 が 求 刑 さ れ る 。 日 本 の 新 聞 で も 報 じ ら れ て い る の で あ る 。 年 が 明 け 、 一 九 一 一 年 一 月 一 八 日 に 、 二 人 の 有 期 刑 、 あ と の 二 四 だ が 、 管 野 に 、 現 地 の 事 態 に 対 す る 、 そ う し た 区 別 は な い 。 情 報 人 へ の 死 刑 判 決 が 下 る 。 翌 日 、 う ち 一 一 一 名 に 、 天 皇 の 恩 赦 に よ る 無 も 、 新 聞 だ け 。 特 に 、 こ の こ ろ 彼 ら は 経 済 的 に も い よ い よ 行 き 詰 ま 期 懲 役 へ の 減 刑 が 言 い 渡 さ れ る 。 そ し て 、 翌 週 、 一 月 二 四 日 、 幸 徳 り 、 湯 河 原 の 旅 館 に 引 き こ も っ て 幸 徳 が 執 筆 に 専 念 し よ う と し て い 秋 水 ら 一 一 名 に 死 刑 執 行 。 あ く る 一 月 二 五 日 に 、 管 野 須 賀 子 の 死 刑 る 状 態 な の で 、 孤 立 は 物 心 両 面 で い っ そ う 深 ま っ て い た 執 行 が な さ れ た 。 そ し て 、 管 野 に と っ て の 「 革 命 」 の イ メ ー ジ は 、 「 暴 動 ー に 「 血 判 決 の 翌 日 ( 同 年 一 月 一 九 日 ) 、 東 京 で 暮 ら す 一 人 の 清 国 人 留 学 生 は 、 悲 し み を 通 じ て 、 我 々 は 生 の 深 み に ふ れ る 文 学 、 哲 学 、 歴 史 、 民 俗 、 法 、 宗 教 : 響 き 合 う 「 悲 し み の 古 層 , を 静 謐 な る 筆 致 で 描 く 死 者 論 の 決 定 版 ・ 1800 円 十 税 ISBN 978 ー 4 ー 309 ー 02252 ー 9 涙 の し ず く に 洗 わ れ て 咲 き い づ る も の 若 松 英 輔 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03-3404-1201 www.kawade.co.jp