検索 - みる会図書館

全データから 200069件ヒットしました。

「呻き」「対話」「社会運動」


「 呻 き 」 「 対 話 」 「 社 会 運 動 」 栗 田 隆 子

「呻き」「対話」「社会運動」


「 呻 き 」 「 対 話 」 「 社 会 運 動 」 2016 年 7 月 2 3 日 初 版 発 行 2016 年 11 月 10 日 2 版 発 行 栗 田 隆 子 mailto•[email protected] ち ょ 古 っ 都 製 本 工 房 64

「呻き」「対話」「社会運動」


の て は な く 、 む し ろ 学 校 や 会 社 の あ り よ う を 問 う よ う な 、 既 存 の 組 織 に 対 し て 呻 き 声 を あ げ る よ う な 場 所 も 存 在 し て い る は ず だ と 思 っ て い た の て し た 。 そ し て そ の 社 会 を 問 う 昜 所 に こ そ 深 く 関 わ り た い と 思 っ て い た の て す が 、 そ れ は も し か し た ら 私 の 夢 想 に 過 ぎ し を 上 げ な い の て は と 今 も た び た び 思 い ま す 。 し か し 他 方 て 、 呻 き 声 を 上 げ る 昜 所 、 問 、 る 昜 所 と い う も の は 、 そ れ は 、 活 動 、 運 動 の 場 て も あ る と 考 え て い ま す 。 と い う か そ う て あ り た い と 考 え る よ う に な り ま し た 。 も ち ろ ん そ の 場 所 が バ ラ ダ イ ス な ど て は な い と い う の は 、 先 ほ ど も 書 い た 通 り て す 。 し か し 、 そ の よ う な 呻 き 声 を 上 げ る い わ ば 「 場 」 を 欲 し て い た 気 持 ち を 考 え る こ と が 、 対 話 の 根 本 に 関 わ る も の と も 思 え る の て 、 、 も う 少 し 深 め て 考 え て い き た い と 思 い ま す 。 う め う め う め 0 ー 2

「呻き」「対話」「社会運動」


か よ い 。 て し よ 、 つ ・ か 最 後 に 堂 々 巡 り と な り ま す が 、 己 の 呻 き 声 に 耳 を 傾 け 、 ま た 対 話 そ の も の か ら も 力 が 得 ら れ る こ と を 信 じ な が ら 、 対 話 に 向 か い 、 そ こ か ら 社 会 を 動 か す エ ネ ル ギ ー を 得 る 。 そ し て そ の エ ネ ル ギ ー が ま た 個 人 へ と 還 元 さ れ る 。 そ の よ う な 循 環 と し て の 社 会 運 動 を こ 乍 リ 上 げ て い く か 。 そ れ に つ い て は 、 こ の 小 冊 子 て は な く 、 ま た 回 を 改 め る こ と に し た い と 思 い ま す 。 う め 6

「呻き」「対話」「社会運動」


別 に 10 0 万 円 を 望 む 声 を 否 定 す る の て も 深 く に 入 り こ ん て い き ま す 。 し か も そ れ は 、 あ り ま せ ん 。 あ く ま て 、 自 分 の 願 い を 呻 き な が ら も 、 自 分 の 心 に 響 い て く る 声 を 聞 き 取 る こ と 。 実 際 に 10 0 万 が 必 要 と い う 状 況 を 生 き る と 同 時 に 、 そ れ だ け て は な い 「 何 か 」 を 聞 き 取 る こ と 。 疑 問 や 門 し 絶 望 感 な ど も 素 直 に 語 る 「 呻 く 声 」 を 聞 き 取 る こ と こ そ カ 社 会 の 矛 盾 に 気 が っ き 、 自 ら と 社 会 の 双 方 を 変 え て い く 力 を 得 ら れ る と い う の が 私 の 経 験 て す 。 ち な み に 私 の 友 人 は 教 会 て 祈 っ て る 人 な ど を 見 て 、 な せ こ ん な に 長 く 祈 っ て る ん だ ろ う と い う 疑 問 を 持 っ た ら し い の て す が 、 そ れ は 願 い ご と を し て い る と い う よ り 、 対 話 を し て い た か ら て は な い か と 推 測 し ま す 。 さ ら に 祈 リ と は 対 話 て あ る と い う 話 を そ の 友 人 に 話 し た と こ ろ 、 友 人 は 祈 リ に つ い て 「 他 者 を 編 み 出 す 知 恵 」 み た い な も の だ ね と 感 想 を 話 し て く れ ま し た 。 こ の 呻 き 声 を 聞 く 他 う め う め う め

「呻き」「対話」「社会運動」


』 霊 … も い 私 た ち を 助 け て く だ さ い ま す 。 私 た ち は ど う 祈 る べ き か を 知 り ま せ ん が 、 霊 , 自 ら が 、 言 葉 に 表 せ な い 呻 き を 持 っ て 執 り 成 し て く だ さ る か ら て す 。 人 の 心 を 見 抜 く 方 は 、 。 重 の 思 い が 何 て あ る か を 知 っ て お ら れ ま す 。 。 霊 。 は 神 の 御 心 に 従 っ て 、 聖 な る も の た ち の た め に 執 り 成 し て く だ さ る か ら て す 」 ( ロ ー マ の 信 徒 へ の 手 紙 8 ・ 2 6 — 2 7 ) 例 え ば 私 と し て は 、 学 校 に 行 き た く な い と い う 感 覚 は 呻 き 声 の よ う な 欲 求 て し た 。 し か し 、 学 校 に 行 か な け れ ば い け な い と い う の は 、 既 存 の 社 会 の 枠 組 み に あ る 規 範 て し た 。 う め そ の 規 範 を 緩 め る に は 、 自 分 の 中 の 言 葉 に な ら な い 呻 き を 聞 く 必 要 が あ っ た の て し た 。 う め そ し て 呻 き に 気 が 付 く に は 、 自 分 だ け の カ て は ど う し よ う も な く 、 大 い な る 力 と い っ た も の に 向 か っ て 祈 る 必 要 が あ っ た の て し た 。 そ れ が 私 に と っ て の い わ ば 対 話 の 原 点 だ っ た と 思 う の て す 。 う め う め 4

現代日本の文学 45 安岡 章太郎 遠藤 周作 集


314 が 醜 悪 だ と 思 う こ と と 苦 し む こ と と は 別 の 問 題 だ 。 ろ し い ほ ど 、 あ た り は 静 か に な っ た 。 か ど す 黒 く よ ご そ れ な ら ば 、 な ぜ こ ん な 手 記 を 今 日 、 ぼ く は 書 い た の だ れ 、 耳 を す ま し て い る と 。 ( チ 、 ・ ( チ と 焼 け る 音 に ま じ っ ろ う 。 不 気 味 だ か ら だ 。 他 人 の 眼 や 社 会 の 罰 だ け に し か 恐 て 、 鈍 い う つ ろ な 反 響 が 聞 え て く る 。 最 初 、 ぼ く は そ の 反 う つ う め れ を 感 ぜ ず 、 そ れ が 除 か れ れ ば 恐 れ も 消 え る 自 分 が 不 気 味 響 に 気 が っ か な か っ た の だ 。 け れ ど も そ の 虚 ろ な 呻 き 声 に に な っ て き た か ら だ 。 似 た も の は 次 第 に は っ き り 聞 き と れ て き た の で あ る 。 不 気 味 と い え ば 誇 張 が あ る 。 ふ し ぎ の ほ う が ま だ ビ ッ タ 「 あ れ は な ん や 」 と ぼ く は 勝 呂 に た ず ね た 。 リ と す る 。 ぼ く は あ な た 達 に も き き た い 。 あ な た 達 も や は 「 建 物 が 崩 れ る 音 や ろ う か 」 勝 呂 も 耳 を す ま し た 。 「 い や 、 り 、 ぼ く と 同 じ よ う に 一 皮 む け ば 、 他 人 の 死 、 他 人 の 苦 し 違 う 。 爆 風 や ろ 」 け れ ど も 建 物 の 崩 れ る 音 な ら ば も っ と 烈 み に 無 感 動 な の だ ろ う か 。 多 少 の 悪 な ら ば 社 会 か ら 罰 せ ら し い 襷 だ 。 爆 風 が 空 襲 の あ と に 聞 え る 筈 は な い 。 そ れ は 確 れ な い 以 上 は そ れ ほ ど の 後 め た さ 、 恥 し さ も な く 今 日 ま で か に 多 く の 人 間 た ち の 呻 き 声 に 似 て い た 。 医 者 で あ る ・ ほ く じ ゅ そ 通 し て き た の だ ろ う か 。 そ し て あ る 日 、 そ ん な 自 分 が ふ し は あ の 呻 き 声 は 知 っ て い る 。 恨 み 悲 し み 、 悲 歎 、 呪 詛 、 そ ぎ だ と 感 じ た こ と が あ る だ ろ う か 。 う し た も の を す べ て こ め て 人 々 が 呻 い て い る な ら ば 、 そ れ こ の 冬 の は じ め の こ と だ 。 ・ ほ く は 病 院 の 屋 上 で 四 が は き っ と 、 こ ん な 音 に な る に ち が い な か っ た 。 な が つ ぶ や 市 を 爆 撃 し て い る の を ぼ ん や り と 眺 め て い た 。 ぼ く と 勝 呂 「 空 襲 で 死 ん で い く 連 中 の 声 か な あ 」 と ば く は 呟 い た 。 勝 と は 対 空 監 視 員 だ っ た か ら 空 襲 の た び ご と に 屋 上 に の ・ ほ る 呂 は 黙 っ た ま ま 眼 を し ば た た い て い た 。 そ し て 、 そ れ つ き の で あ る 。 り 、 ・ ほ く は そ の 声 を 忘 れ て い た 。 だ が そ の 夜 、 ば く は 寝 床 そ の 日 の 爆 撃 は 烈 し か っ た 。 市 の 四 方 か ら ま た た く ま の 中 で ふ た た び 、 長 い 、 虚 ろ な 声 を 耳 に し た 。 は じ め は 下 に 白 い 煙 が た ち ま ち の ・ ほ り 、 炎 が ゆ ら ぐ の が は っ き り と 見 宿 か ら ほ ど 遠 く な い 海 の ざ わ め き か と 思 っ た 。 だ が 海 の ざ え た 。 一 群 の 四 が 半 時 間 ほ ど 上 空 を 旋 回 し て 海 の 方 に 消 わ め き は 別 の 方 角 か ら 聞 え て い た 。 け し つ ぶ え る と 、 次 の 編 隊 が ま た 西 の 空 か ら 芥 子 粒 ほ ど の 姿 を み せ そ の 瞬 間 、 ば く は あ の 六 甲 小 学 校 の 頃 の こ と 、 西 陽 の 当 た 。 そ れ が た ち 去 る と 更 に 第 三 の 群 が あ ら わ れ る 。 県 庁 や っ て い た 標 本 室 、 運 動 場 に た た さ れ て い た 山 口 の 疲 れ た 市 役 所 の 建 物 も 新 聞 社 や デ 。 ハ ー ト も 次 々 に 炎 と 煙 と に 包 ま 姿 、 湖 の ほ と り を 歩 い た 朝 、 従 姉 を だ い た む し 暑 い 夜 、 三 れ て い く の が 、 こ こ か ら も 手 に と る よ う に わ か っ た 。 等 車 に 顔 を 押 し あ て た ミ ツ の 眼 、 そ れ ら す べ て が 心 の 中 に 夕 暮 に な っ て 、 や っ と 敵 機 が 姿 を 消 し た 。 す る と 、 お そ 一 時 に 甦 っ て く る の を 感 じ た 。 な ・ せ か わ か ら な い 。 ぼ く よ み が え に し び

「呻き」「対話」「社会運動」


呻 き が 祈 り の 原 点 て あ り 、 じ ぶ ん の 本 当 の 望 み と 書 き ま し た が 、 じ ゃ あ そ れ な ら ば 1 O O 万 円 を 降 ら せ て く だ さ い と い う こ と が 祈 り な の か と な る と ・ ・ 「 な ぜ 10 0 万 円 が 次 し い の ? 」 と 問 う こ と が こ こ て 語 る 祈 り に 近 い も の が あ り ま す 。 神 様 ( 何 度 も 書 く よ う に 既 存 の 何 か の 宗 教 と い う よ り も 自 分 よ り 大 い な る 力 と 言 い 換 え ら れ る か と 思 い ま す う め が ) か ら の 問 い か け と 、 呻 く よ う な 感 清 を 認 め る と こ ろ か ら 対 話 が 始 ま る の て す 。 10 0 万 円 く だ さ い 正 社 員 に し て く だ さ い 学 校 に 戻 し て く だ さ い 、 病 気 を 冶 し て く だ さ い と 祈 る 。 だ け ど 、 ど う し て そ れ が 欲 し い の か 、 そ れ て 何 を 求 め て い る の か 、 と い う 問 い を む し ろ 「 聞 く 」 こ と 、 い わ ば 願 う と い う こ ち ら か ら の 動 き て は な く 、 声 を 聞 く と い う 転 換 が そ こ て 起 き る の て す 。 そ れ こ そ 10 0 万 て 何 が し た い ん だ ろ う ? 本 当 は ? と ど ん ど ん 質 問 が ・ 具 体 的 な 祈 り と は う め ・ 自 ら の 奥

「呻き」「対話」「社会運動」


て い た 歴 史 が あ リ ま す ) 、 同 時 に 社 会 運 動 を 支 え て も き た と い う ま さ に 矛 盾 し た 歴 史 を は ら ん て い ま す 。 私 自 身 の 矛 盾 は 、 そ の よ う な 歴 史 に も 接 続 さ れ る も の て し よ う 。 祈 り と い う 対 話 か ら 、 社 会 を 問 い 直 し 、 そ の 問 い 直 し か ら 人 々 と の 対 話 に つ な が っ て い っ た と い 、 つ こ と を 、 こ こ て 残 し て い き た い と 思 い こ の 文 章 を 書 い て い ま す 。 ・ も っ と 一 = ロ 、 ん ば ・ 呷 く よ 、 つ に 祈 る と 、 そ し て 社 会 の 中 て 宗 教 が 担 っ て き た 機 能 の 一 部 ・ う こ と が 、 社 会 を 問 う こ と に も つ な が っ て い る の だ と い う こ と を 伝 え て い き た い の て す 。 社 会 を 問 う こ と そ の も の が 社 会 に 深 く 関 わ る こ と て も あ る の て す が 、 同 時 に そ れ は 、 社 会 に べ っ た リ 隙 間 な く 生 き て い く と い う こ と て は な く 、 社 会 へ の 問 い と い う 、 社 会 か ら 少 し 隔 た っ た 距 離 感 も 必 要 に な る と 思 い ま す 。 そ の 社 会 へ の 深 い 関 わ リ と 、 社 会 か ら 距 離 を 保 つ こ と の 両 立 が 、 「 神 」 ( 神 と い う 言 葉 て 足 り な け れ ば 、 「 大 い な る 力 」 と か 「 自 分 と 存 在 し て く れ る 力 」 と か ) へ の 祈 り の 原 点 に な る の て は な い か 、 と 思 え て な ら な い の て す 。

「呻き」「対話」「社会運動」


っ て な い だ け て 、 も し 、 そ の 運 動 の 方 が 社 会 て メ ジ ャ ー に な っ た と す る な ら ば 、 信 頼 感 を 大 事 に し な い て 、 進 め て い く 組 織 て あ る わ け て 、 朱 来 を 感 じ る こ と は て き ま せ ん 。 さ ら に こ の 話 か ら は も う 一 つ 「 既 存 の 枠 組 み か ら 解 放 さ れ る に は ど う し た ら 良 い の か 」 と い う 問 題 提 起 も 生 じ て い ま す 。 そ も そ も 、 既 存 の 権 力 や 、 差 別 な ど を 温 存 し た ま ま て 運 動 を 進 め よ う と す る と い う の は 非 常 に 矛 盾 し た も の て あ る と い う か 、 差 別 を 温 存 し た い の だ っ た ら 運 動 を す る 必 要 は な い て し よ う 。 そ の 信 頼 感 や 対 話 を 作 り 上 げ る こ と に 失 敗 し た 事 例 と し て 、 紹 介 し た い 話 が あ リ ま す 。 問 題 を 認 識 す る こ と て し か 対 話 は 始 ま ら な い こ の 活 動 の 中 て の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン や 対 話 が 「 う ま く い か な か っ た 事 例 」 と し て 数 年 前 に あ る 大 学 て 行 わ れ た 、 シ ン ポ ジ ウ ム を め ぐ る 私 の 参 加 の 仕 方 を 巡 っ た 「 衝 突 」