検索 - みる会図書館

全データから 209074件ヒットしました。

「心理テスト」はウソでした。


と 言 っ て は 礼 を 失 す る 。 し か し 、 思 想 、 信 条 の 自 由 は 憲 法 で ま に 「 馬 鹿 は 死 な な き や 治 ら な い 保 障 さ れ て い る か ら 、 ロ に 出 さ な い か ぎ り い い か も し れ な い 。 心 理 臨 床 家 は 、 特 に 倫 理 問 題 に 神 経 質 な 傾 向 が あ る 。 も ち ろ ん 、 心 理 テ ス ト や カ ウ ン セ リ ン グ の 結 果 、 入 手 し た 個 人 情 報 を み だ り に 公 開 す る こ と は 許 さ れ な い 。 し た が っ て 、 倫 理 問 題 は 重 要 で あ る 。 し か し 、 心 理 臨 床 家 が 用 い る 心 理 テ ス ト は 倫 理 的 に 問 題 が な い の だ ろ う か 実 際 は 逆 で あ る 。 心 理 臨 床 家 は 、 倫 理 的 な 問 題 が 山 積 み の 心 理 テ ス ト を 好 ん で 使 っ て い る し 、 そ の こ と に 気 づ い て も い な い 。 こ れ こ そ 、 最 大 の 倫 理 問 題 で あ る 。 以 下 の 章 で そ の 例 を 示 し て い

コミックでわかるアドラー心理学


ProIogue 人 生 の 悩 み は す べ て 「 人 間 関 係 」 で で き て い る ア ド ラ ー 心 理 学 の 基 本 前 提 ア ド ラ ー 心 理 学 と は 、 ア ル フ レ ッ ド ・ ア ド ラ ー が 最 初 の ア イ デ ア を 提 示 し 、 そ の 後 継 者 と 研 究 者 た ち が 発 展 さ せ て き た 心 理 学 理 論 の ひ と つ で と リ わ け 子 育 て や 学 校 教 育 に 生 か さ れ て き た 。 ア ド ラ ー 心 理 学 を 知 る と 、 人 間 関 係 が 変 わ る 。

論理学がわかる事典


の 反 対 に 違 い な い 。 し か し 、 「 非 論 理 」 と い う 悪 い イ メ ー ジ の 語 以 外 に も 、 「 論 理 」 の 反 対 語 は ? 論 理 に 対 立 す る 、 あ る い は 論 理 か ら は み 出 し た 思 考 や 態 マ 論 理 と 感 情 度 を 表 わ す 言 葉 を 私 た ち は 何 種 類 か 持 っ て い ま す 。 そ れ ら を 列 挙 し て み ま し よ 、 つ 。 あ る 概 念 を 明 ら か に す る た め の 有 効 な 方 法 と し て 、 そ 「 感 情 」 「 直 観 ー 「 発 見 法 ー 「 主 張 ー 「 独 断 」 「 事 実 」 「 経 の 反 対 語 と い う か 、 対 概 念 を 考 え て み る と い う の が あ り 験 」 「 実 践 」 「 神 秘 」 ・ ま す 。 女 と は 何 か を 知 り た け れ ば 、 で は 男 と は 何 だ ろ う あ ま り 考 え ず ざ っ と 並 べ て も 、 こ れ だ け の 反 対 語 も し と 考 え て み る 。 真 理 と は 何 か を 知 り た け れ ば 、 虚 偽 と は く は 対 語 が た ち ど こ ろ に 出 て き ま す 。 つ ま り そ れ だ け 何 か を 考 え て み る 。 「 論 理 」 は 多 く の 側 面 を 持 っ て い る と い う こ と で す 。 今 芸 術 と は 何 か と い う よ う な ち ょ っ と 込 み 入 っ た 概 念 に 列 挙 し た さ ま ざ ま な 「 非 論 理 」 を 一 つ 一 つ 考 え る こ と か な る と 、 そ も そ も 芸 術 の 対 概 念 は 何 な の だ ろ う 、 と い う ら 、 「 論 理 」 の 本 質 を 見 極 め て い き ま し よ う 。 と こ ろ か ら 考 え ね ば な り ま せ ん 。 「 論 理 ー も 同 じ で 、 対 ま ず 第 一 に 、 心 理 的 な 面 か ら 見 る と 、 「 論 理 」 と 対 に に な る 概 念 が 何 な の か 、 よ く 考 え な い と 思 い つ く の が 難 な る の は 「 感 情 」 「 情 緒 ー で あ る と 言 え る で し よ う 。 心 理 は 心 理 で も 知 的 側 面 か ら 見 る と 、 論 理 の 反 対 は 「 直 観 ー さ あ 、 論 理 の 対 概 念 は 何 で し よ う か 。 と い う こ と に な り そ う で す 。 「 頭 で は ( 論 理 で は ) わ か い や も ち ろ ん 、 「 論 理 」 の 対 概 念 は 、 「 非 論 理 」 に 決 ま る が 心 情 的 に は 納 得 で き な い 。 と よ く 言 わ れ ま す し 、 っ て い ま す 。 論 理 を な い が し ろ に す る こ と 、 そ れ が 論 理 「 理 詰 め ( 論 理 ) で 考 え る よ り 直 観 で 考 え た ほ う が 早 い 」 058

仏教入門


論 理 学 と 認 識 論 」 参 照 ) 。 う し , む い ほ 法 に は ま た 有 為 法 ( つ く ら れ た も の ) と 無 為 法 ( つ く ら れ た の で は な い も の ) と い う 二 分 が あ り 、 こ の 二 つ は す で に 初 期 経 典 に も み え る 。 無 為 法 は 永 遠 の 実 在 、 有 為 法 は 要 素 と し て は 実 在 で あ っ て も た え ず 生 滅 変 化 す る 無 常 の 存 在 と さ れ る 。 し き ほ 、 つ 法 の 分 析 は い わ ゆ る 五 位 七 十 五 法 説 に 完 成 さ れ る 。 ま ず モ ノ ( 物 質 的 な も の ) を 色 法 と い も し ん じ 以 下 は す べ て 心 に 関 し て お こ な う 。 心 を 心 地 と 呼 び 、 心 の 種 々 の は た ら き の 基 盤 と す る 。 心 の し ん の う し ん じ よ う ほ う し ん じ ゅ 主 体 を 心 王 、 心 理 作 用 を 心 所 有 法 ( 心 に 所 有 さ れ た 法 、 心 所 と 略 。 古 訳 は 心 数 ) と 称 し 、 心 理 作 用 と し ん ふ そ う お う ぎ よ う ほ う は 相 応 し な い 心 不 相 応 行 法 ( 不 相 応 行 と も い う ) を 立 て る 。 以 上 の 色 法 と 心 王 以 下 の 三 種 と の 計 四 種 は 有 為 法 に 属 し 、 別 に 無 為 法 が あ っ て 、 計 五 位 と な る 。 哽 そ の う ち 色 法 は 十 一 、 心 王 は 一 、 心 所 法 は 四 十 六 、 不 相 応 行 は 十 四 で 、 無 為 法 は 三 と い う 。 ひ ち ゃ く ち ゃ く め っ ち ゃ く り き 思 無 為 法 の 三 は 、 虚 空 ( 絶 対 空 間 ) 、 択 滅 ( 択 力 す な わ ち 智 慧 の 力 に よ る 滅 、 ニ ル ヴ ァ 1 ナ を い う ) 、 非 択 教 減 ( 因 縁 が 欠 け て い て 生 じ 得 な い 法 ) を あ げ る 。 心 所 法 は さ ら に 、 ① あ ら ゆ る 心 理 作 用 に は た ら く 遍 大 地 法 が 十 、 善 心 と 相 伴 な う 大 善 地 法 け が が 十 、 ③ す べ て の 汚 れ た 心 と 相 伴 な う 大 煩 悩 地 法 が 六 、 ④ 悪 心 と 相 伴 な う 大 不 善 地 法 が 二 、 し よ う 二 あ る 種 の 汚 れ た 心 と 相 伴 な う 小 煩 悩 地 法 が 十 、 ⑥ 以 上 の ① ~ か ら は 独 立 の 心 理 作 用 で あ る 不 定 法 の 八 ( 『 倶 舎 論 』 は 四 、 あ と 中 国 の 註 釈 で 四 を 加 え る ) に 区 分 さ れ る 。 一 つ ず つ 例 を あ げ れ ば 、 じ よ う ほ う め つ 119

「心理テスト」はウソでした。


本 書 で は 、 ま ず 血 液 型 人 間 学 を 取 り 上 げ 、 そ の 証 拠 を 探 っ た 。 そ し て 、 バ ー ナ ム 効 果 と い う 、 他 人 を 説 得 す る 原 理 、 自 ら を 欺 く 原 理 を 説 明 し た 。 取 り 上 げ た 心 理 テ ス ト は 、 臨 床 心 理 士 の 定 番 の ロ ー ル シ ャ ツ 、 ノ ・ テ ス ト 、 質 問 紙 法 テ ス ト の や は り 定 番 の テ ス ト 、 そ し て 、 就 職 の 適 性 検 査 の 常 連 の 内 田 ク レ ベ リ ン 検 査 で あ る 。 い ず れ も 非 常 に 有 名 な 心 理 テ ス ト で あ る 。 何 の 役 に 立 っ の か 、 何 が 予 測 で き る の か と 、 改 め て そ の 根 拠 を 探 し た 。 心 理 テ ス ト を 正 し く 理 解 す る に は 、 心 理 測 定 の 知 識 が 必 要 で あ る 。 読 者 に そ れ を 要 求 す る の は 無 理 な の で 、 最 低 限 の 統 計 の 手 法 や 考 え 方 を 、 囲 み 記 事 の 形 で 示 し て お い た 。 数 字 や 統 計 の 苦 手 な 方 は 、 そ れ ら を 読 み 飛 ば し て 、 読 み 進 ん で も ら っ て も 差 し 支 え な い 。 た だ 、 論 理 の す り 替 え や イ ン チ キ は 、 ま さ に そ の 部 分 で 行 わ れ て い る こ と に 注 意 し て も ら い た い 。 こ の 本 を 読 ん で 、 衝 撃 を 受 け る 人 が 多 い か も し れ な い 。 真 実 の 姿 は ま ぶ し く て も 、 知 る こ と に よ っ て 得 る 利 益 は 計 り 知 れ な い は ず で あ る 。 お そ ら く 、 こ の よ う な 本 が 求 め ら れ る 時 代 に な っ た と い 、 つ こ と だ ろ 、 つ 。

マンガ人権弁護士


彼 の 悲 し み や 怒 り や 復 讐 心 は 強 固 な も の 、 . で し よ う た た 、 い つ ま で も そ れ に 拘 泥 す る わ け に は い か な い 。 彼 に は ま だ 大 き な 未 来 が あ る ん で す か ら ね そ れ が 本 当 の 理 由 で す か ?

「心理テスト」はウソでした。


心 理 テ ス ト は ウ ソ で し た 。 受 け た み ん な か 馬 鹿 を 見 た 富 山 大 学 教 育 学 部 教 授 村 上 宣 寛 日 経 BP 社

文學界 平成28年 10月号


こ れ か ら 話 す の は 、 俺 が 学 問 を 少 々 か じ っ て 、 俺 な り に 考 え て 咀 嚼 し た の で あ っ て 、 そ れ が 正 解 か ど う か は わ か ら な い と い う こ と を 前 提 に 聞 い て く れ 。 俺 は 見 て の と お り の ロ け 達 者 な 旗 本 崩 れ で 、 食 う た め に 学 問 の 道 に 進 ん だ が 、 剣 術 が も の に な ら な か っ た 落 ち こ ば れ の に わ か 学 問 で 、 世 に 知 ら れ た あ ま た の 学 者 に は 失 笑 を 買 う 浅 薄 な 解 釈 し か で き な い ま ま な の だ 。 儒 教 は 、 シ ナ の 春 秋 戦 国 の 時 代 に 登 場 し た 孔 子 が 、 人 間 の 道 徳 や 正 し い 生 き 方 、 心 の 機 微 、 為 政 者 の 心 構 え 、 国 家 の 秩 序 と 安 寧 の 策 な ど を 多 く の 言 葉 や 文 章 に し て 残 し た 。 そ れ を ま と め た も の の 代 表 が 「 論 語 」 だ 。 こ れ ら は や が て 思 想 と し て さ ま ざ ま に 発 展 し て い っ た が 、 そ れ に よ っ て 純 化 さ れ た の で は な い 。 か え っ て 煩 雑 に な っ た と 俺 は 思 っ て い る 。 宋 の 時 代 に 出 た 朱 子 が 理 論 と し て の 「 性 即 理 」 、 「 理 気 一 一 元 論 」 を 唱 え て 、 や が て 「 大 義 名 分 論 」 、 「 華 夷 の 別 」 と い う 独 自 の 解 釈 へ と 展 開 し た 。 「 理 気 一 一 元 論 ー か ら 陰 陽 五 行 説 が 派 生 し て 生 ま れ る こ と に な 朱 子 学 に お い て 重 要 な の は 「 性 即 理 」 、 、 ' 孔 子 が 人 間 に と っ て 大 切 な 道 徳 や 守 る べ き 秩 序 を ど れ ほ ど 並 べ よ う と も 、 そ れ を 行 な う べ き 人 間 の 心 が ね じ 曲 が っ て い て 、 悪 心 に 満 ち て い れ ば 、 そ れ ら は 意 味 を 為 さ な く な る 。 で は そ の 心 を た だ す に は ど う す れ ば い い の か 朱 子 は 心 を ふ た つ に 分 け た 。 「 性 」 と 「 情 」 だ 。 「 性 」 と は 、 そ の 人 間 が も と も と 持 っ て い る 本 質 だ 。 こ れ は 千 変 万 化 に 動 い て い る 。 こ の 動 き に よ っ て 生 じ る の が 「 情 」 だ 。 と い う こ と は 「 情 」 の 動 き を 制 御 す る こ と で 「 性 」 を 正 し く 保 つ こ と が で き る 。 こ の 場 合 の 「 情 」 と は 、 情 が 深 い と か 、 情 に 通 じ る と か の 情 で は な い 。 こ こ ろ の 動 き そ の も の を さ し て い る 「 理 気 一 一 元 論 」 も 万 物 の 気 と 、 そ れ を 構 成 す る 大 本 の 原 理 と を ふ た つ に 分 け て い る 。 す べ て は 「 気 ー と い う 目 に 見 え な い 原 理 に よ っ て 生 成 変 化 す る と い う 思 想 か ら 陰 陽 五 行 が 生 ま れ た 。 「 気 ー と い う 「 原 理 」 だ か ら 「 理 気 」 だ 。 「 性 即 原 理 」 と な る 。 い ず れ に し て も 朱 子 は 、 法 や 秩 序 や 礼 儀 や 正 し い 行 な い を 、 い か に 人 間 に 守 ら せ る か に つ い て 「 心 」 か ら 入 っ て 「 心 と は な に か 」 を 模 索 し た 。 当 然 の こ と だ と 思 う 。 明 の 時 代 に 出 た 王 陽 明 は 、 朱 子 の 「 性 即 理 ー を 否 定 し て 「 心 即 理 ー を 説 い た 。 な ぜ 心 を 性 と 理 に 分 け る の か 。 情 は ど う な っ た 。 情 は 心 と は 別 の も の な の か と 朱 子 学 に 投 げ か け た と い え る 。 「 性 」 と 「 情 」 と が 合 体 し た も の が 「 心 」 で あ る 。 そ れ が 根 本 の 原 理 と 相 呼 応 す る 。 す な わ ち 「 心 即 理 ー で あ る 。 王 陽 明 は 「 心 即 理 」 を 「 致 良 知 」 、 「 知 行 合 一 」 と 発 展 さ せ て 、 思 想 の 実 践 を 説 い た が 、 そ れ は 朱 子 の 「 格 物 致 知 」 に ま 音 潮 っ た く 異 な る 解 釈 を 下 し て 否 定 し た か ら だ 。 格 す と は 「 た だ す 」 こ と だ と 読 み 、 物 事 や 我 が 心 を た だ し て 良 知 に 致 す た め に 行 動 し な け れ ば な ら な い と 説 い

コミックでわかるアドラー心理学


無 意 識 も 感 情 も 使 う の は 「 私 」 と い う 個 人 し か し 、 よ く 考 え て み れ ば 、 無 意 識 も 感 情 も 自 分 全 体 の 一 部 分 な の で す ね 。 無 意 識 を 使 う の も 、 感 情 え を 使 う の も 「 私 個 人 ー 以 外 に は あ り え な い の で す 。 を 方 無 意 識 や 感 情 を 使 っ て 、 何 か を な し と げ よ う と し 見 て い る の は 「 私 個 人 ー で す 。 こ れ が 、 ア ド ラ ー 心 理 学 が 「 使 用 の 心 理 学 」 で あ る と 呼 ば れ る こ と の 意 味 で す 。 配 る む 支 い 悩 も し 、 あ な た が 、 怒 り や 後 悔 や 嫉 妬 と い っ た 感 情 に て に 無 る に 支 配 さ れ て 、 そ れ が つ ら い の で あ れ ば 、 こ う し た の し 」 の え 行 い 感 情 が 私 を 翻 弄 し て い る と い う 「 所 有 の 心 理 学 . の 中 有 分 考 / い る 考 え 方 を し て い る か ら か も し れ ま せ ん 。 と す れ ば 、 を 憮 が た 情 楽 「 私 個 人 は こ の 感 情 を 使 っ て 、 い っ た い 何 を 目 指 し コ 。 : 増 、 て い る の だ ろ う か 」 と 考 え る こ と で 、 感 情 に 支 配 さ れ る こ と か ら 抜 け 出 す こ と が で き る か も し れ ま せ ん 。 使 用 の 心 理 学 と 所 有 の 心 理 学 所 有 の 心 理 学 使 用 の 心 理 学 = 「 個 人 が さ ま さ ま な 部 分 を 使 っ て 、 目 的 に 向 か っ て 全 体 を 動 か し て い る 」 → 「 こ の 感 情 を 使 っ て 自 分 は 何 を し よ う と し て い る ? 」 と 自 分 を 探 求 す る ↓ 自 分 を よ り 深 く 理 解 で き る 069

「心理テスト」はウソでした。


ま え が き 「 実 は 、 世 間 で 広 く 使 わ れ て い る 心 理 テ ス ト は ま っ た く 当 て に な ら な い し 、 根 拠 も な い ん で す 」 な ど と 私 が 発 言 す る と 、 必 ず 、 そ ん な は ず は な い と 反 論 さ れ る の が オ チ だ ろ う 。 ・ 血 液 型 人 間 学 は テ レ ビ や マ ス コ ミ で 取 り 上 げ ら れ て い る 。 だ か ら 、 血 液 型 人 間 学 は 正 し し に ち 力 い な し ・ 心 理 学 者 が 専 門 的 な 知 識 に 基 づ い て 心 理 テ ス ト を 作 成 し て い る 。 だ か ら 、 心 理 テ ス ト は 正 し い に ち が い な い 。 ・ 心 理 テ ス ト の こ と に 目 く じ ら を 立 て る こ と は な い 。 み ん な 使 っ て い る の だ か ら 正 し い に ち か い な い 。 つ ま り 、 社 会 的 証 明 と い う 心 理 現 象 が 待 ち 受 け て い る 。 信 仰 は 何 よ り も 強 い 。 私 な ど が 何 を 言 っ て も 無 駄 で あ る 。 就 職 、 カ ウ ン セ リ ン グ な ど の 機 会 に 、 心 理 テ ス ト を 受 け る 人 は 年 間 100 万 人 以 上 、 も し か す る と 500 万 人 程 度 に 達 す る か も し れ な い 。 適 性 検 査 と い っ て も 正 体 は 心 理 テ ス ト ( 性 格 テ ス ト ) の 場 合 が 多 い 。 ほ と ん ど の 人 は 神 経 質 に 考 え な い が 、 心 理 テ ス ト の 結 果 に よ っ て は 人 生 が 左 右 さ