検索 - みる会図書館

検索対象: 「心理テスト」はウソでした。

「心理テスト」はウソでした。から 221件ヒットしました。

「心理テスト」はウソでした。


と 言 っ て は 礼 を 失 す る 。 し か し 、 思 想 、 信 条 の 自 由 は 憲 法 で ま に 「 馬 鹿 は 死 な な き や 治 ら な い 保 障 さ れ て い る か ら 、 ロ に 出 さ な い か ぎ り い い か も し れ な い 。 心 理 臨 床 家 は 、 特 に 倫 理 問 題 に 神 経 質 な 傾 向 が あ る 。 も ち ろ ん 、 心 理 テ ス ト や カ ウ ン セ リ ン グ の 結 果 、 入 手 し た 個 人 情 報 を み だ り に 公 開 す る こ と は 許 さ れ な い 。 し た が っ て 、 倫 理 問 題 は 重 要 で あ る 。 し か し 、 心 理 臨 床 家 が 用 い る 心 理 テ ス ト は 倫 理 的 に 問 題 が な い の だ ろ う か 実 際 は 逆 で あ る 。 心 理 臨 床 家 は 、 倫 理 的 な 問 題 が 山 積 み の 心 理 テ ス ト を 好 ん で 使 っ て い る し 、 そ の こ と に 気 づ い て も い な い 。 こ れ こ そ 、 最 大 の 倫 理 問 題 で あ る 。 以 下 の 章 で そ の 例 を 示 し て い

「心理テスト」はウソでした。


本 書 で は 、 ま ず 血 液 型 人 間 学 を 取 り 上 げ 、 そ の 証 拠 を 探 っ た 。 そ し て 、 バ ー ナ ム 効 果 と い う 、 他 人 を 説 得 す る 原 理 、 自 ら を 欺 く 原 理 を 説 明 し た 。 取 り 上 げ た 心 理 テ ス ト は 、 臨 床 心 理 士 の 定 番 の ロ ー ル シ ャ ツ 、 ノ ・ テ ス ト 、 質 問 紙 法 テ ス ト の や は り 定 番 の テ ス ト 、 そ し て 、 就 職 の 適 性 検 査 の 常 連 の 内 田 ク レ ベ リ ン 検 査 で あ る 。 い ず れ も 非 常 に 有 名 な 心 理 テ ス ト で あ る 。 何 の 役 に 立 っ の か 、 何 が 予 測 で き る の か と 、 改 め て そ の 根 拠 を 探 し た 。 心 理 テ ス ト を 正 し く 理 解 す る に は 、 心 理 測 定 の 知 識 が 必 要 で あ る 。 読 者 に そ れ を 要 求 す る の は 無 理 な の で 、 最 低 限 の 統 計 の 手 法 や 考 え 方 を 、 囲 み 記 事 の 形 で 示 し て お い た 。 数 字 や 統 計 の 苦 手 な 方 は 、 そ れ ら を 読 み 飛 ば し て 、 読 み 進 ん で も ら っ て も 差 し 支 え な い 。 た だ 、 論 理 の す り 替 え や イ ン チ キ は 、 ま さ に そ の 部 分 で 行 わ れ て い る こ と に 注 意 し て も ら い た い 。 こ の 本 を 読 ん で 、 衝 撃 を 受 け る 人 が 多 い か も し れ な い 。 真 実 の 姿 は ま ぶ し く て も 、 知 る こ と に よ っ て 得 る 利 益 は 計 り 知 れ な い は ず で あ る 。 お そ ら く 、 こ の よ う な 本 が 求 め ら れ る 時 代 に な っ た と い 、 つ こ と だ ろ 、 つ 。

「心理テスト」はウソでした。


心 理 テ ス ト は ウ ソ で し た 。 受 け た み ん な か 馬 鹿 を 見 た 富 山 大 学 教 育 学 部 教 授 村 上 宣 寛 日 経 BP 社

「心理テスト」はウソでした。


ま え が き 「 実 は 、 世 間 で 広 く 使 わ れ て い る 心 理 テ ス ト は ま っ た く 当 て に な ら な い し 、 根 拠 も な い ん で す 」 な ど と 私 が 発 言 す る と 、 必 ず 、 そ ん な は ず は な い と 反 論 さ れ る の が オ チ だ ろ う 。 ・ 血 液 型 人 間 学 は テ レ ビ や マ ス コ ミ で 取 り 上 げ ら れ て い る 。 だ か ら 、 血 液 型 人 間 学 は 正 し し に ち 力 い な し ・ 心 理 学 者 が 専 門 的 な 知 識 に 基 づ い て 心 理 テ ス ト を 作 成 し て い る 。 だ か ら 、 心 理 テ ス ト は 正 し い に ち が い な い 。 ・ 心 理 テ ス ト の こ と に 目 く じ ら を 立 て る こ と は な い 。 み ん な 使 っ て い る の だ か ら 正 し い に ち か い な い 。 つ ま り 、 社 会 的 証 明 と い う 心 理 現 象 が 待 ち 受 け て い る 。 信 仰 は 何 よ り も 強 い 。 私 な ど が 何 を 言 っ て も 無 駄 で あ る 。 就 職 、 カ ウ ン セ リ ン グ な ど の 機 会 に 、 心 理 テ ス ト を 受 け る 人 は 年 間 100 万 人 以 上 、 も し か す る と 500 万 人 程 度 に 達 す る か も し れ な い 。 適 性 検 査 と い っ て も 正 体 は 心 理 テ ス ト ( 性 格 テ ス ト ) の 場 合 が 多 い 。 ほ と ん ど の 人 は 神 経 質 に 考 え な い が 、 心 理 テ ス ト の 結 果 に よ っ て は 人 生 が 左 右 さ

「心理テスト」はウソでした。


・ 従 っ て 、 誤 診 さ れ る 人 数 の 合 計 は 名 と な る 。 と こ ろ が 、 心 理 テ ス ト を 使 わ な い で 、 全 員 を 精 神 病 者 と 診 断 し て し ま え ば 、 誤 診 さ れ る 合 計 人 数 は 川 名 と な る 。 そ れ で は 心 理 テ ス ト の 存 在 意 義 は ど こ に あ る の か 。 心 理 テ ス ト の 誤 診 率 を 5 % に し て み よ う 。 す る と 、 ・ 精 神 病 者 の 4 ・ 5 名 は 正 常 者 と 誤 診 さ れ る 。 ・ 正 常 者 の 0 ・ 5 名 は 精 神 病 者 と 誤 診 さ れ る 。 ・ し た が っ て 、 誤 診 さ れ る 人 数 の 合 計 は 5 名 と な る 。 今 度 は 心 理 テ ス ト を 使 っ た 方 が 誤 診 数 が 少 な い 。 つ ま り 、 心 理 テ ス ト の 成 績 は 二 つ の 要 因 で 左 右 さ れ る 。 一 つ は テ ス ト の 誤 診 率 ( 妥 当 性 ) で 、 こ れ が 小 さ け れ ば 成 績 が 良 く な る 。 と こ ろ が 、 診 断 の タ ー ゲ ッ ト と な る 精 神 病 者 の 割 合 が 大 き い 場 合 は 、 全 員 を 精 神 病 者 と 決 め て し ま う 方 が 成 績 が 良 く な る 。 心 理 テ ス ト の 測 定 目 的 が 精 神 病 者 で あ る 場 合 、 心 理 テ ス ト を 実 施 す る 集 団 に 精 神 病 者 が 含 ま れ て い る 確 率 を 基 礎 確 率 ( 診 断 す る 場 合 に 、 対 象 集 団 に そ の タ ー ゲ ッ ト が 含 ま れ て い る 確 率 ) と 呼 ぶ 。 こ の 基 礎 確 率 の 高 い 方 の 現 象 に 焦 点 を 当 て た の が フ ォ ア の 研 究 だ っ た 訳 で あ る 。 誰 に で も 当

「心理テスト」はウソでした。


者 タ は 学 、 者 は 1 例 科 、 事 タ ト 学 常 端 べ 人 証 私 か 企 が 側 、 業 通 難 だ 作 真 側 じ て な 見 な 理 長 が 理 ら 、 人 、 伝 方 で は 発 実 。 逃 が 受 務 で 用 的 測 な 容 専 、 利 も 心 有 価 大 よ く 理 解 せ 循 し て 要 、 大 い る 必 数 要 、 銭 、 れ 。 そ が あ か 能 る 計 理 。 学 果 収 そ ん . な ピ 作 だ 節 心 、 の 程 理 . 学 非 に し い 学 で な く 理 定 門 的 知 言 哉 必 だ 学 統 コ ン ユ の く れ か ら 自 信 を 孑 寺 つ て 断 き る 何 故 力 、 と し 、 っ と よ く 当 た る 心 ァ ス ト を る の 心 理 者 が 成 し た 心 理 ス ト は 信 で き る だ ろ つ か 実 は 部 分 は 用 で き な し 、 私 も 心 理 そ す て で あ る 優 れ た 材 が 獲 得 で き れ ば 利 益 数 億 円 数 円 に る か も し れ な い 企 業 に と っ て は 人 本 オ な る だ ろ っ も し 有 能 な 材 が で き る と い っ 理 . ァ ス ト が あ れ ば れ を 採 用 す る ろ っ る と い つ 拠 が な い 心 ァ ス ト は す て 廃 止 す る 生 益 で あ る で な り 経 費 の 約 に 点 を 覆 い 隠 し 社 利 剣 点 0 ナ を 旦 心 す 責 る か く し て 評 膨 点 な 金 が 環 し 続 け る も し が - 会 の 社 な ら 理 ァ ス ト の 性 能 を 行 わ る だ ろ っ 有 な 社 員 が 選 別 で き 正 し い の に だ 考 材 ん な い 任 れ で き る も あ る も ち ろ ん ァ ス ト 業 者 は ァ ス ト 弱 方 は 人 の 判 定 作 業 を ァ ス ト 業 者 に タ ト 部 委 託 し て い る の で ァ ス ト 結 が ど の 度 業 の 部 は 膨 大 な 金 額 を 支 払 っ 必 要 あ る し ァ ス ト 業 者 は 膨 大 な 金 を 中 に め る 近 い 人 費 銭 用 必 要 に る 1 0 0 0 人 の 検 者 が れ ば 1 0 0 万 円 5 1 0 0 0 手 万 査 円 の 金 が 動 く 企 金 の 面 か ら る と 安 い 物 は 人 1 0 0 円 以 下 だ が 企 業 の 適 性 検 と な る と 1 円 れ る と も あ る 4

「心理テスト」はウソでした。


血 液 型 人 間 学 の ル ー ツ を 探 る 古 川 の 血 液 型 気 質 相 関 説 血 液 型 の 発 見 は 世 紀 初 頭 の 画 期 的 な 出 来 事 だ っ た 。 ョ 1 ロ ッ パ に も 血 液 が 生 命 の 源 で あ り 、 血 液 の 性 質 が 人 間 の 性 質 に 関 係 す る と い う 信 仰 は あ っ た が 、 <CQO 式 血 液 型 と 性 格 と を 結 び つ け た の は 、 日 本 の 医 者 た ち だ っ た 。 そ の 中 で 、 最 も 大 き な 影 響 を 与 え た の は 古 川 竹 二 の 研 究 で あ る 。 古 川 は も と も と 教 育 学 者 で 、 教 育 史 や 女 子 教 育 の 研 究 を し た 。 親 戚 に 医 者 が 多 か っ た た め 、 生 * 8 理 学 や 心 理 学 に 興 味 を も っ て い た 。 最 初 の 血 液 型 の 論 文 「 血 液 型 に よ る 気 質 の 研 究 」 は 、 192 7 年 の 心 理 学 研 究 に 発 表 さ れ た 。 だ か ら 、 古 川 を 教 育 心 理 学 者 と し て お こ う 。 好 の 血 液 が 生 理 上 重 大 な る 役 目 を 演 じ て い る こ と は 何 人 に も 考 え ら れ る 所 で あ る 。 こ の 重 大 ん み な る 人 体 の 要 素 た る 血 液 に 種 々 の 相 違 が あ る と す れ ば 、 し た が っ て 各 人 の 心 理 的 相 違 と 何 ら か の 因 果 関 係 が あ り は し な い で あ ろ う か 、 と 考 え 、 吾 人 は ま ず 血 液 四 型 と 気 質 と の 関 係 章 第 * 8 【 古 川 竹 一 一 「 血 液 型 に よ る 気 質 の 研 究 」 心 理 学 研 究 、 1927 、 612 ー 634 。

「心理テスト」はウソでした。


「 心 理 テ ス ト 」 は ウ ソ で し た 。 一 目 次 ー ま 、 ん か き 一 3 第 1 章 な ぜ か み ん な の 好 き な <00 ー ー 血 液 型 人 間 学 卒 論 で 血 液 型 研 究 に 取 り 組 む ー ジ ョ ン 登 場 衣 替 え し た ニ ュ 1 血 液 型 人 間 学 の ル ー ツ を 探 る 血 液 型 人 間 学 の ウ ソ 後 を 絶 た な い 便 乗 す る 人 々 第 2 章 万 能 心 理 テ ス ト そ の 名 は 「 バ ] ナ ム 効 果 」 誰 も が 「 当 た っ て い る ! 」 と 感 じ る 質 問 1 ナ ム 」 の 威 力 「 ド ク タ ー

「心理テスト」はウソでした。


第 2 章 万 能 心 理 テ ス ト 全 員 の 手 が 挙 が っ た 。 「 あ れ ー 、 み ん な 同 じ だ あ 」 「 そ う で す ね 。 み な さ ん に ま っ た く 同 じ 結 果 を 渡 し ま し た か ら 、 同 じ は ず で す ね 。 見 事 に だ ま さ れ ま し た ね 」 ク ラ ス は 爆 笑 の 渦 に 包 ま れ た 。 昔 は 良 い 時 代 だ っ た と い う こ と か ー ナ ム 効 果 の 原 理 あ る 時 ア メ リ カ の 心 理 学 者 ミ ー ル は ミ ネ ソ タ 多 面 性 格 検 査 を 用 い た 診 断 法 に つ い て 、 考 え を 巡 ら せ て い た 。 例 え ば 、 精 神 病 を 検 出 す る 心 理 テ ス ト の 誤 診 率 が % で 、 精 神 病 者 名 、 正 常 者 2 名 の 集 団 ( 例 え ば 来 診 患 者 ) に 心 理 テ ス ト を 実 施 し た と し よ う 。 す る と 、 ・ 精 神 病 者 で は 名 が 正 常 者 と 誤 診 さ れ る 。 ・ 正 常 者 で は 3 名 が 精 神 病 者 と 誤 診 さ れ る 。 * 2 【 Meehl. P. E. Wanted —A good cookbook. lhe ゝ ミ e 3 0 一 0 ミ . 1956.263 , 272. * 3 【 精 神 障 害 の 診 断 を 目 的 と し て 作 成 さ れ た 566 項 目 の 質 問 紙 。 原 版 を 基 に し て 拡 張 し た 日 本 版 が —— 1 、 短 縮 ・ 改 訂 版 が — Z — と — Z —— 12 4 で あ る 。 * 4 〕 現 在 、 精 神 病 と い う 診 断 名 は な い の で 、 一 種 の 差 別 用 語 で あ る

「心理テスト」はウソでした。


モ ン ・ ジ ュ ー ス ・ エ ク ス ペ リ メ ン ト と 言 わ れ る ん で す が 、 実 験 室 に 内 向 性 の 人 と 外 向 性 の 人 に 来 て も ら っ て 、 舌 の 上 に レ モ ン ・ ジ ュ ー ス を 4 滴 落 と し ま す 。 そ し て 、 唾 液 量 を 測 定 し ま す 。 す る と 、 内 向 性 の 人 の 唾 液 量 は 外 向 性 の 人 の 2 倍 以 上 あ り ま し た 。 不 思 議 な こ と に ク エ ン 酸 で 実 験 す る と 、 違 い は な い ん で す 。 レ モ ン ・ ジ ュ 1 ス で な い と ダ メ な ん で す が 、 私 は こ の 実 験 が 非 常 に 気 に 入 っ て い ま す : : : 。 最 近 、 論 文 を 読 ん だ と こ ろ で 、 こ れ だ け は 詳 し く 説 明 で き る ん で す よ : レ モ ン ・ ジ ュ ー ス 実 験 を 説 明 し て い た 時 、 先 生 は 研 究 が 楽 し く て 仕 方 が な い と い う 表 情 を し て い た 。 今 田 先 生 は ど ん ど ん 実 験 の 内 容 を 黒 板 に 板 書 し な が ら 講 義 を 進 め た 。 ア イ ゼ ン ク 関 係 の 論 文 は ほ と ん ど 読 ん で い る よ う だ っ た 。 ス 4 年 生 に 進 級 し た 時 、 今 田 先 生 の 講 義 は な く な っ て い た 。 忙 し く な っ た た め だ ろ う 。 私 は 京 大 テ 理 の 大 学 院 に 進 学 し た し 、 専 門 分 野 が 違 う た め 、 長 い 間 、 今 田 先 生 の こ と は 忘 れ て い た 。 観 客 心 理 テ ス ト に 関 わ り を 持 ち 、 「 最 新 コ ン ピ ュ 1 タ 診 断 性 格 テ ス ト 」 と い う 本 を ま と め て い た 時 、 る れ 共 著 者 の ・ pa ・ ・ ア イ ゼ ン ク の 名 が 気 に な っ た 。 ア イ ゼ ン ク の 奥 さ ん で あ る 。 し か し 、 最 初 の 多 だ ろ う か 、 2 番 目 の だ ろ う か で 験 こ ん な こ と を 知 っ て い る の は 今 田 先 生 し か い な い 、 そ う 思 っ て 手 紙 を し た た め た 。 も ち ろ ん 、 試 用 今 田 先 生 か ら は 丁 寧 な 返 事 と 論 文 の 抜 き 刷 り を い た だ い た 。 2 番 目 の 奥 さ ん だ っ た 。 私 の 関 心 も 章 記 憶 分 野 か ら 心 理 測 定 、 心 理 テ ス ト 、 そ し て 性 格 心 理 学 へ と 、 古 い テ ー マ に 戻 っ て い っ た 。 第 205