検索 - みる会図書館

検索対象: 仏教入門

仏教入門から 260件ヒットしました。

仏教入門


論 理 学 と 認 識 論 」 参 照 ) 。 う し , む い ほ 法 に は ま た 有 為 法 ( つ く ら れ た も の ) と 無 為 法 ( つ く ら れ た の で は な い も の ) と い う 二 分 が あ り 、 こ の 二 つ は す で に 初 期 経 典 に も み え る 。 無 為 法 は 永 遠 の 実 在 、 有 為 法 は 要 素 と し て は 実 在 で あ っ て も た え ず 生 滅 変 化 す る 無 常 の 存 在 と さ れ る 。 し き ほ 、 つ 法 の 分 析 は い わ ゆ る 五 位 七 十 五 法 説 に 完 成 さ れ る 。 ま ず モ ノ ( 物 質 的 な も の ) を 色 法 と い も し ん じ 以 下 は す べ て 心 に 関 し て お こ な う 。 心 を 心 地 と 呼 び 、 心 の 種 々 の は た ら き の 基 盤 と す る 。 心 の し ん の う し ん じ よ う ほ う し ん じ ゅ 主 体 を 心 王 、 心 理 作 用 を 心 所 有 法 ( 心 に 所 有 さ れ た 法 、 心 所 と 略 。 古 訳 は 心 数 ) と 称 し 、 心 理 作 用 と し ん ふ そ う お う ぎ よ う ほ う は 相 応 し な い 心 不 相 応 行 法 ( 不 相 応 行 と も い う ) を 立 て る 。 以 上 の 色 法 と 心 王 以 下 の 三 種 と の 計 四 種 は 有 為 法 に 属 し 、 別 に 無 為 法 が あ っ て 、 計 五 位 と な る 。 哽 そ の う ち 色 法 は 十 一 、 心 王 は 一 、 心 所 法 は 四 十 六 、 不 相 応 行 は 十 四 で 、 無 為 法 は 三 と い う 。 ひ ち ゃ く ち ゃ く め っ ち ゃ く り き 思 無 為 法 の 三 は 、 虚 空 ( 絶 対 空 間 ) 、 択 滅 ( 択 力 す な わ ち 智 慧 の 力 に よ る 滅 、 ニ ル ヴ ァ 1 ナ を い う ) 、 非 択 教 減 ( 因 縁 が 欠 け て い て 生 じ 得 な い 法 ) を あ げ る 。 心 所 法 は さ ら に 、 ① あ ら ゆ る 心 理 作 用 に は た ら く 遍 大 地 法 が 十 、 善 心 と 相 伴 な う 大 善 地 法 け が が 十 、 ③ す べ て の 汚 れ た 心 と 相 伴 な う 大 煩 悩 地 法 が 六 、 ④ 悪 心 と 相 伴 な う 大 不 善 地 法 が 二 、 し よ う 二 あ る 種 の 汚 れ た 心 と 相 伴 な う 小 煩 悩 地 法 が 十 、 ⑥ 以 上 の ① ~ か ら は 独 立 の 心 理 作 用 で あ る 不 定 法 の 八 ( 『 倶 舎 論 』 は 四 、 あ と 中 国 の 註 釈 で 四 を 加 え る ) に 区 分 さ れ る 。 一 つ ず つ 例 を あ げ れ ば 、 じ よ う ほ う め つ 119

仏教入門


ト ) を 示 す 。 こ の 二 つ は 、 『 倶 舎 論 』 の 説 く 有 部 に お い て 最 も 鮮 明 で あ り 、 在 と 真 理 と を 即 一 に と ら え よ う と す る 態 度 に 由 来 す る の で あ ろ う 。 そ れ が こ こ で い う 存 在 は 、 抽 象 的 観 念 で は な く て 、 現 実 に 事 実 と し て 存 在 す る モ ノ を い せ ぞ く う 日 常 世 界 に 遍 満 す る と こ ろ か ら 「 世 俗 の 存 在 」 ( 世 俗 有 ) と 呼 ば れ る 。 し か し そ れ ら は す べ て 減 の 性 質 を 有 し 、 時 間 的 に も 空 間 的 に も 、 壊 れ る こ と を 免 れ 得 な い 。 そ れ ら を ど こ ま で も 壊 し て つ づ け て ゆ け ば 、 そ の 極 小 化 さ れ た 極 限 に 、 こ れ 以 上 は 壊 し 得 な い 極 徴 に い た る ( そ れ は 、 イ ン ド 哲 学 の ヴ ァ イ シ ェ 1 シ カ 学 派 で も 説 か れ 、 ま た 古 代 ギ リ シ ア の ア ナ ク サ ゴ ラ ス の 種 子 〔 ス ペ ル マ タ 〕 説 、 と く に デ モ ク リ ト ス の 原 子 〔 ア ト ム 〕 説 に 近 い ) 。 極 微 が 究 極 の 存 在 で あ り 、 「 勝 義 ( 第 一 義 ) の 存 在 」 ( 勝 義 有 ) と 呼 ば れ る 。 そ れ は 他 の も の に 依 存 せ ず 、 そ れ 自 体 で 存 在 し て お り 、 有 部 の 術 語 で は 、 じ し よ う 実 体 と し て あ る 、 自 性 を も つ 、 自 相 上 あ る 、 と 称 し 、 こ の よ う な 自 己 存 在 が 法 で あ る と 主 張 す こ の 法 は 、 外 界 に 存 在 す る モ ノ だ け で は な く 、 心 理 作 用 に 関 す る 同 類 の 論 議 か ら 、 心 の は た ら き の 分 析 を 経 て 、 最 終 の 要 素 的 心 理 作 用 に い た り 、 そ れ を 勝 義 有 と も 法 と も 説 く 。 こ の 心 理 作 用 の 考 察 こ そ が 、 『 倶 舎 論 』 の 中 心 を 占 め 、 詳 細 で 精 密 を 極 め る 。 な お 、 外 界 の 存 在 が 直 接 知 覚 に よ り 認 識 さ れ る と 説 く 有 部 に 対 し て 、 『 倶 舎 論 』 の 基 盤 で あ る き よ う り よ う ぶ 経 量 部 は 、 外 界 は 推 論 に よ っ て は じ め て 認 識 さ れ る 、 と 批 判 す る ( 本 書 第 二 部 第 四 章 ⑧ の 「 仏 教 ダ ル マ こ わ ′ 」 く み め つ 118

仏教入門


さ れ た 。 こ の こ と を 逆 転 し て い え ば 、 仏 教 を 倫 理 説 と み る ほ ど に 、 仏 教 は 現 実 中 心 に 徹 し て い た こ と を 物 語 っ て い る 。 ② こ こ ろ い に 対 す る そ の 答 え は 、 そ の 釈 尊 を ふ く む 初 期 仏 教 の と り あ げ る テ ー マ 、 ま た さ ま ざ ま の ほ ぼ す べ て が 「 こ こ ろ 」 の あ り か た を 示 し 、 「 こ こ ろ 」 に も と づ き 負 っ て い て 、 「 こ こ ろ 」 に よ っ て 立 つ 。 多 種 多 様 な 現 実 に 対 応 し て ゆ く の に 、 そ の 現 実 に 引 き ず ら れ る の で は な く 、 現 実 に 対 処 す る 「 こ こ ろ 」 を 何 よ り も 重 く 強 く 深 く し つ か り と み す え て 、 「 こ こ ろ 」 の 重 さ 尊 さ を 語 ッ ト 語 も 同 じ ) と が あ り 、 そ れ ぞ 1 リ 語 も サ ン ス ク リ 史 「 こ こ ろ 」 の 原 語 に は 、 チ ッ タ と マ ナ ス C ハ れ の 語 根 の チ ッ ト も マ ン も 、 と も に 「 考 え る 」 な ど を 意 味 し て 、 両 者 の 内 容 も 用 例 も ほ と ん ど 教 変 わ ら ず 、 と く に イ ン ド 仏 教 で は ほ ば 同 義 と み な さ れ る 。 漢 訳 で は 、 チ ッ タ を 心 、 マ ナ ス を 意 と 訳 し 分 け る こ と が 五 世 紀 ご ろ か ら 目 だ っ け れ ど も 、 ど ち ら も 古 い 訳 に は 「 心 意 」 と す る 例 も ン あ り 、 格 別 の 区 分 は な さ れ な い 。 二 な お 「 こ こ ろ 」 の 原 語 に は 、 本 来 は 心 臓 を あ ら わ す ハ ダ ヤ ( サ ン ス ク リ ッ ト 語 は フ リ ダ ヤ ) が あ 第 る が 、 こ の 語 は 初 期 経 典 で は そ れ ほ ど 重 要 視 さ れ な い ( 後 代 の た と え ば 『 般 若 心 経 』 の 「 心 」 は こ

仏教入門


さ ら に そ れ は 、 理 想 の 境 地 で あ る ニ ル ヴ ァ ー ナ ( ニ ッ パ ー ナ 、 涅 槃 、 絶 対 の 安 ら ぎ ) を 、 ま た そ れ げ だ っ と 同 義 の 解 脱 、 す な わ ち 大 い な る 解 放 ー 自 由 を 、 ま さ し く こ の 現 実 に お い て 獲 得 し よ う と す る 。 し よ う じ ん そ れ を 目 ざ す 精 進 努 力 、 そ の こ こ ろ ( 主 体 ) の 確 立 、 同 時 に そ の 過 程 に 生 ず る 種 々 の 執 着 か ら の 解 放 を 、 こ の 現 実 中 心 は く り か え し 強 調 し 、 日 々 の 歩 み に 実 現 し よ う と す る 。 宗 教 と し て の 仏 教 は 、 そ れ ら を 強 固 に 支 え る の は 、 仏 教 の い わ ゆ る 宗 教 性 に ほ か な ら な い 。 上 述 の と お り 、 理 想 を 、 少 な く も 志 を 、 当 時 の 人 々 だ け で は な く 全 人 類 に あ た え 、 励 ま し 、 鼓 舞 す る 、 そ の よ う な 現 実 中 心 に 終 始 す る 。 し か も そ の 理 想 を 掲 げ つ づ け る と こ ろ に 、 仏 教 ー 宗 教 は あ り 、 そ の 諸 テ ク ス ト は 、 現 実 処 理 で は な く て 、 現 実 を 導 く べ き 理 想 の も と に 、 諸 説 を 展 開 す る 。 こ れ を 宗 教 哲 学 的 に 表 現 す る な ら ば 、 あ く ま で 現 実 に 根 ざ し て 立 ち つ つ 、 そ の 当 の 現 実 に お け る 「 超 越 と 内 在 と の 一 致 」 ( 超 越 即 内 在 ) の 途 を 踏 み 固 め て ゆ く 。 な お 大 衆 に 青 熱 的 に 呼 び か け て 非 日 常 的 な 感 動 に し ば ら く 誘 う よ う な カ リ ス マ 的 人 格 か ら 、 釈 尊 は は る か に 遠 く 離 れ て い る 。 そ れ で も な お 、 そ の よ う な 現 実 中 心 を 掲 げ る 基 本 的 立 場 に は 、 し ば し ば ふ り か か っ て く る 、 容 易 に 回 避 し が た い 一 つ の ア ポ リ ア ( 難 問 ) が あ る 。 そ れ は 、 釈 尊 当 時 の イ ン ド に お い て も 、 六 十 二 見 と い わ れ る ほ ど に き わ め て 多 彩 な 諸 議 論 が 自 由 奔 放 に お こ な わ れ て い た な か に 、 す で に 明 ら か に さ れ て お り 、 そ の 後 も た え ず 全 人 類 に 共 通 し て い た テ 1 マ で も あ る 。 ね は ん

仏教入門


は 漢 訳 、 チ ベ ッ ト 訳 の ほ か に 、 最 近 サ ン ス ク リ ッ ト 本 が 発 見 公 刊 さ れ て 、 研 究 も 深 め ら れ た 。 上 述 の 諸 経 典 を 引 用 す る 一 」 と も 多 く 、 そ れ ら の サ ン ス ク リ ッ ト 文 も 『 宝 性 論 』 か ら 知 ら れ る 。 た だ し こ の 如 来 蔵 思 想 を 継 承 す る 学 派 は 形 成 さ れ ず 、 そ の 伝 統 の 発 展 は な く 、 文 献 類 も イ ン ド に は 絶 え る 。 も っ と も 、 後 代 に 栄 え る 密 教 の 中 心 に な る 即 身 成 仏 ( こ の 身 体 の ま ま 仏 と な る ) 説 は 、 こ の 如 来 蔵 の 流 れ を 汲 む と 解 す る 余 地 が 残 さ れ て い る か も し れ な い 。 ② 唯 識 ゆ い し き せ つ 唯 識 説 は 初 期 仏 教 以 来 の 伝 統 で あ る 唯 心 論 を 受 け 、 直 接 的 に は 『 華 厳 経 』 の 「 三 界 は 虚 妄 に ー ル ジ ナ に い た る 空 の 思 し て 但 だ 一 心 の 作 る と こ ろ 」 の 説 に も と づ き 、 『 般 若 経 』 か ら ナ ー ガ 哽 想 と 縁 起 説 と を 活 用 し て 構 成 さ れ た 。 思 唯 識 説 は 、 オ プ テ イ ミ ス テ ィ ク な 如 来 蔵 思 想 と は 反 対 に 、 心 が 迷 い 煩 悩 に と ら わ れ 汚 れ て い 教 る と い う 実 態 を 、 あ る が ま ま に き わ め て リ ア リ ス テ ィ ク ( 現 実 的 ) に 凝 視 す る 。 そ し て こ の 唯 識 説 は 、 あ た か も 現 在 の 用 語 で い え ば 心 理 学 的 な 方 法 に よ っ て 、 心 と 対 象 と の 対 応 に 関 し 、 い わ ン ば 乾 い た 理 論 の み を 駆 使 し つ つ 組 織 づ け た 体 系 、 と 評 す る こ と が で き よ う 。 一 一 五 世 紀 に 完 成 さ れ た 仏 教 独 自 の こ の 唯 識 説 は 、 た し か に 、 現 代 の ヨ し ・ ゴ ・ 、 - ツ 、 。 ハ ・ の 精 神 分 析 に 一 脈 通 ず る 個 所 も あ る 。 す な わ ち 、 西 洋 哲 学 の 二 千 年 以 上 に わ た る 健 康 で 輝 か し い 理 論 体 系 に 隠 173

仏教入門


第 四 章 中 期 ・ 後 期 大 乗 仏 教 中 期 大 乗 は 四 世 紀 ご ろ か ら 、 後 期 大 乗 は ほ ば 七 世 紀 既 を さ す 。 以 下 の 如 来 蔵 と 唯 識 と が 中 期 大 乗 を 代 表 し 、 通 常 は 唯 識 を 先 に 、 如 来 蔵 を 後 に 論 ず る こ と が 多 い 。 し か し 、 唯 識 説 は そ の ま ま 継 続 し て 、 そ の 精 密 な 理 論 構 成 に よ り 、 後 期 大 乗 の 認 識 論 や 論 理 学 が 展 開 さ れ る の で 、 本 か く 書 で は 唯 識 を 後 に 述 べ る 。 し た が っ て 、 こ こ に は 一 時 期 を 画 し て イ ン ド に は や が て 消 え る 如 来 蔵 説 を 、 先 に 記 す 。 哽 ま た 後 期 大 乗 に は 密 教 が お こ り 、 後 期 大 乗 の 諸 論 師 に も 大 き く 影 響 す る 。 な お 密 教 を 大 乗 仏 思 教 か ら 独 立 さ せ て 論 ず る 学 説 も 少 な く な い 。 ① 如 来 蔵 ( 仏 性 ) に よ ら い ぞ う 如 来 蔵 は タ タ ー ガ タ ・ ガ ル 。 ハ の 訳 で あ り 、 タ タ 1 ガ タ は 如 来 、 ガ ル ヾ は 胎 ( 容 れ も の ) を 意 味 二 し て 蔵 と 訳 し 、 両 者 を 合 わ せ て 、 衆 生 ( 生 あ る も の ) は そ の 胎 に 如 来 を 宿 し て い る こ と を 示 す 。 じ し よ う し よ う じ よ う し ん し ん し よ う ほ ん じ よ う せ つ こ の 説 は お お よ そ っ ぎ の 五 つ を 起 原 と す る 。 ① 自 性 清 浄 心 、 心 性 本 浄 説 。 こ こ ろ は 本 来 に よ ら い ぞ う ゆ い し き 169

仏教入門


種 々 に 噴 出 す る こ と に な る 。 そ の 推 進 に は 、 前 項 に 記 し た よ う な 在 家 者 の 熱 烈 な 信 心 と 自 由 な 発 想 と が み ら れ る と は い え 、 や は り 経 典 創 作 の 偉 業 を 果 た し た の は 、 疑 い も な く 部 派 の 教 義 を 学 ん だ 出 家 者 で あ り 、 か れ ら が 無 名 の 大 乗 の 諸 仏 と し て 活 躍 し て 諸 経 典 は 成 り 、 ま た そ の 一 部 は 有 名 ( 名 を 有 す る ) な 諸 仏 を 構 想 し た 。 あ る い は 諸 仏 に い た る 一 歩 手 ま え に 大 乗 の 諸 菩 薩 が あ り 、 そ の 大 乗 の 諸 菩 薩 は 、 初 期 仏 教 か ら 部 派 に い た る 釈 迦 一 仏 と 同 類 の 釈 迦 一 菩 薩 ( 仏 伝 の 菩 薩 ) と は 根 本 的 に 異 な っ て 、 は る か に 普 遍 化 さ れ た い わ ゆ る 「 誰 で も ( 凡 夫 ) の 菩 薩 」 で あ っ て 、 た だ ひ と り の 自 己 の 研 鑽 で は な く 、 拡 大 さ れ た 他 者 一 般 に 及 ぶ こ と を つ ね に 目 ざ し て い た 。 大 乗 仏 教 の 理 念 ー 理 想 を 個 条 書 き に す れ ば 、 ほ ば つ ぎ の と お り 。 ① 新 し い 諸 仏 と 諸 菩 薩 は ん に や 図 空 の 思 想 、 そ れ に 関 連 す る 六 波 羅 蜜 、 と く に 般 若 波 羅 蜜 り た せ い が ん 救 済 と 慈 悲 、 広 く い え ば 利 他 。 そ れ に 関 連 す る 誓 願 、 そ し て 廻 向 の 新 た な 展 開 ひ が ん ④ 一 種 の 現 世 志 向 と 同 時 に 彼 岸 へ の 希 求 信 の 強 調 さ ん ま い ⑥ 三 昧 の 浄 化 ⑦ 壮 大 な 宇 宙 観 は ら み つ え こ う

仏教入門


と 、 「 有 し な い 」 と い う ア ン テ ィ テ ー ゼ と が 、 そ れ ぞ れ 理 論 と し て 成 立 す る こ と を 詳 細 に 論 証 す る 。 そ し て 、 こ の 種 の 仮 象 を 純 粋 理 性 の 二 律 背 反 ( ア ン テ ィ ノ ミ ↓ と 名 づ け 、 理 性 が ま っ た く あ い 反 す る 二 つ の 結 論 に 到 達 す る こ と を 明 ら か に す る 。 さ ら に 、 世 界 と い う 現 象 を 物 自 体 と 誤 り 、 主 観 に よ っ て 成 立 し て い る に も か か わ ら ず 、 主 観 か ら 独 立 に 存 在 し て い る と い う 誤 り を 犯 し て い る が 故 に 、 こ の 二 律 背 反 は い ず れ も 誤 り 、 と カ ン ト は 結 論 す る 。 な お 、 西 洋 に 仏 教 が 知 ら れ 研 究 さ れ る よ う に な っ た 十 九 世 紀 半 ば 以 来 、 ご く 最 近 ま で 、 あ る い は 現 在 で も 、 初 期 仏 教 と き に は 仏 教 を 、 宗 教 よ り も 、 は る か に 倫 理 に 近 い と 解 す る 傾 向 が 少 そ れ は 、 そ の よ う な 西 洋 の 研 究 者 た ち の 脳 裏 に あ る 宗 教 と は 、 キ リ ス ト 教 で あ り 、 ご く わ ず か に ユ ダ ヤ 教 や イ ス ラ ー ム な ど の 西 ア ジ ア の 諸 宗 教 で あ る こ と に も と づ く 。 か れ ら の イ メ ー ジ す る 宗 教 は 、 い ず れ も 唯 一 な る 神 を 厳 し く 守 り 、 ま た 独 自 の 終 末 論 を 将 来 に 据 え る な ど の ド グ マ に 基 礎 づ け ら れ て い る 。 そ れ に 対 し て 、 釈 尊 も 初 期 仏 教 も 仏 教 の 全 体 も 、 そ の よ う な 説 を い っ さ い 立 て ず 、 こ れ ま で 述 べ た よ う に 、 現 実 中 心 に 推 移 し た こ と に よ る 。 そ の う え 、 こ こ に 論 じ て き た と お り 、 仏 教 が 現 実 に お け る 諸 問 題 解 決 の 姿 勢 を と り つ づ け る こ と は 、 欧 米 人 ( の み な ら ず 、 仏 教 を 道 教 と 呼 ん だ 古 代 中 国 人 な ど ) に は 、 仏 教 が 倫 理 を 説 く に す ぎ 、 と し ば し ば 語 ら れ 、 も し く は 倫 理 の 源 ま た は 奥 ( メ タ ・ エ テ ィ カ ) を 裏 づ け る の が 仏 教 と 解

仏教入門


ま ま に 立 ち あ ら わ れ 、 ふ る ま い 、 語 る 。 そ の さ 、 、 問 い は こ の 現 実 か ら 発 せ ら れ 、 答 え も こ の 現 実 に 即 し て な さ れ 、 終 始 こ の 現 実 に 徹 し て 、 現 実 に お け る 解 決 を 果 た そ う と す る 。 釈 尊 は 、 総 じ て 仏 教 は 、 つ ね に こ の 現 実 を 直 視 し 凝 視 し て 、 問 答 も 説 法 も 現 実 か ら は 離 れ な い と い う 立 場 に も と づ い て お り 、 そ れ を 現 実 中 心 と 表 現 す る こ と が で き よ う 。 た だ し こ の 現 実 中 心 は 、 現 実 の 外 界 が 意 識 と は 独 立 に 存 在 し て い る と 考 え る 素 朴 実 在 論 そ の ま ま て は も ち ろ ん な く 、 い わ ゆ る 功 利 主 義 や 刹 那 主 義 と 結 び つ く 現 実 主 義 で も な い 。 ま た 日 常 の 卑 俗 な 現 実 に 浸 り き っ て 、 そ の 充 足 に 溺 れ て お り 、 な ん ら の 目 標 も 抱 か ず 、 理 想 も 忘 れ 去 っ て 、 本 来 の 志 も も た な い 、 た だ 安 易 で 気 ま ま な 現 実 主 義 で も な い 。 哽 そ の 意 味 に お い て 、 以 上 に 記 し た よ う な 、 ひ た す ら ネ ガ テ ィ ヴ に み ず か ら 傾 斜 し 、 他 か ら も 思 マ イ ナ ス と し て の み 評 価 さ れ る よ う な 現 実 中 心 で は な く 、 そ れ ど こ ろ か 、 そ の よ う な も の と は 教 正 反 対 の 、 は る か に ポ ジ テ ィ ヴ な 現 実 中 心 と 称 す る こ と が で き よ う 。 た し か に 、 な ん び と も 、 こ の 現 世 に 生 き て い る 一 個 の 人 間 と し て 、 さ ま ざ ま な 苦 を 内 に 抱 き 、 ン ほ ん の う 世 俗 の 欲 望 ( 煩 悩 ) に 一 時 的 に 目 の く ら む こ と は 避 け ら れ な い で あ ろ う 。 そ れ で も な お 、 仏 教 の 二 説 く 現 実 中 心 は 、 そ の 苦 を そ の あ る が ま ま に み つ め て 、 そ の 消 減 を 、 そ し て さ か ん に 誘 い か け る 欲 望 ( 煩 悩 ) を 自 覚 し て 、 そ の 超 克 を 、 こ の 現 実 の 世 界 に お い て 実 現 し よ う と す る 。

仏教入門


こ こ に い う 無 分 別 は 、 現 在 の 日 常 的 な 用 例 と は 正 反 対 で あ り 、 無 分 別 智 こ そ が 最 も 崇 高 な 知 し ん に よ に ほ か な ら ず 、 真 如 ( タ タ タ ー 、 あ り の ま ま ) と も 呼 ば れ る 。 そ の 智 は 、 そ れ ま で の 知 が ま っ た く 別 の 状 態 に 転 化 す る こ と ( ア 1 シ ラ ヤ ・ 。 ハ ラ ー ヴ リ ッ テ ィ 、 転 依 と 訳 ) に よ っ て の み 可 能 で あ り ( こ の 理 論 は 初 期 仏 教 の 十 二 因 縁 説 に お け る 無 明 か ら 明 へ の ひ る が え り を 精 密 化 し て い る ) 、 別 名 を 転 じ き と く ち 識 得 智 と も い う 。 こ の 智 は す べ て の 汚 れ を 離 れ 、 思 惟 を 超 越 し 、 善 で あ り 、 永 続 し 、 歓 喜 に 満 ち 、 解 脱 し て い て 、 偉 大 な 聖 者 ( ム ニ 、 ブ ッ ダ と 同 じ ) の 法 と 呼 ば れ る 、 と し て こ の 書 は 終 わ る 。 し か も 以 上 は 瑜 伽 行 す な わ ち ョ 1 ガ の 実 践 に お い て 、 は じ め て 到 達 さ れ る と し て 、 こ の 派 の 人 々 は 、 唯 識 説 を 磨 き つ つ 実 践 に 専 念 し 精 励 し た 。 い ず れ に せ よ 、 外 界 ( 対 象 ) の 存 在 を 認 め ず 、 す べ て を 識 の 表 象 に と り こ む こ と は 、 そ の 識 が 個 別 的 で あ る 以 上 、 そ の 識 に 映 ず る 外 界 も 個 別 的 と な り 、 他 者 と の 共 通 性 は す べ て 失 わ れ て 、 い わ ん や 普 遍 妥 当 性 は 形 式 に の み き わ め て 熱 心 で あ り 、 し か し そ の 内 容 に は ま っ た く 関 心 が な い わ ば 数 学 と 通 じ 合 う と い う こ と に な ろ う 。 こ の 考 え は 、 た と え ば ラ イ プ ニ ツ ツ の 説 く モ ナ ッ ド ( 単 子 ) に 類 似 す る が 、 か れ は い わ ゆ る 予 定 調 和 を 立 て て 、 単 独 を 全 体 ( 普 遍 ) に 調 整 し て い る 。 唯 識 説 を も し も 極 論 す れ ば 、 す べ て を 個 人 が 負 う こ と に な っ て 、 そ れ は キ ル ケ ゴ ー ル の い う 「 主 体 性 が 真 理 」 よ り も さ ら に 厳 し い 。 あ そ う う つ る い は 、 躁 と 鬱 と の い ず れ か で 自 己 も 世 界 も 一 変 す る 心 身 症 を 治 療 し て 平 常 に 戻 そ う と す る 精 て ん え て ん 182