検索 - みる会図書館

検索対象: 文學界 平成28年 10月号

文學界 平成28年 10月号から 300件ヒットしました。

文學界 平成28年 10月号


こ れ か ら 話 す の は 、 俺 が 学 問 を 少 々 か じ っ て 、 俺 な り に 考 え て 咀 嚼 し た の で あ っ て 、 そ れ が 正 解 か ど う か は わ か ら な い と い う こ と を 前 提 に 聞 い て く れ 。 俺 は 見 て の と お り の ロ け 達 者 な 旗 本 崩 れ で 、 食 う た め に 学 問 の 道 に 進 ん だ が 、 剣 術 が も の に な ら な か っ た 落 ち こ ば れ の に わ か 学 問 で 、 世 に 知 ら れ た あ ま た の 学 者 に は 失 笑 を 買 う 浅 薄 な 解 釈 し か で き な い ま ま な の だ 。 儒 教 は 、 シ ナ の 春 秋 戦 国 の 時 代 に 登 場 し た 孔 子 が 、 人 間 の 道 徳 や 正 し い 生 き 方 、 心 の 機 微 、 為 政 者 の 心 構 え 、 国 家 の 秩 序 と 安 寧 の 策 な ど を 多 く の 言 葉 や 文 章 に し て 残 し た 。 そ れ を ま と め た も の の 代 表 が 「 論 語 」 だ 。 こ れ ら は や が て 思 想 と し て さ ま ざ ま に 発 展 し て い っ た が 、 そ れ に よ っ て 純 化 さ れ た の で は な い 。 か え っ て 煩 雑 に な っ た と 俺 は 思 っ て い る 。 宋 の 時 代 に 出 た 朱 子 が 理 論 と し て の 「 性 即 理 」 、 「 理 気 一 一 元 論 」 を 唱 え て 、 や が て 「 大 義 名 分 論 」 、 「 華 夷 の 別 」 と い う 独 自 の 解 釈 へ と 展 開 し た 。 「 理 気 一 一 元 論 ー か ら 陰 陽 五 行 説 が 派 生 し て 生 ま れ る こ と に な 朱 子 学 に お い て 重 要 な の は 「 性 即 理 」 、 、 ' 孔 子 が 人 間 に と っ て 大 切 な 道 徳 や 守 る べ き 秩 序 を ど れ ほ ど 並 べ よ う と も 、 そ れ を 行 な う べ き 人 間 の 心 が ね じ 曲 が っ て い て 、 悪 心 に 満 ち て い れ ば 、 そ れ ら は 意 味 を 為 さ な く な る 。 で は そ の 心 を た だ す に は ど う す れ ば い い の か 朱 子 は 心 を ふ た つ に 分 け た 。 「 性 」 と 「 情 」 だ 。 「 性 」 と は 、 そ の 人 間 が も と も と 持 っ て い る 本 質 だ 。 こ れ は 千 変 万 化 に 動 い て い る 。 こ の 動 き に よ っ て 生 じ る の が 「 情 」 だ 。 と い う こ と は 「 情 」 の 動 き を 制 御 す る こ と で 「 性 」 を 正 し く 保 つ こ と が で き る 。 こ の 場 合 の 「 情 」 と は 、 情 が 深 い と か 、 情 に 通 じ る と か の 情 で は な い 。 こ こ ろ の 動 き そ の も の を さ し て い る 「 理 気 一 一 元 論 」 も 万 物 の 気 と 、 そ れ を 構 成 す る 大 本 の 原 理 と を ふ た つ に 分 け て い る 。 す べ て は 「 気 ー と い う 目 に 見 え な い 原 理 に よ っ て 生 成 変 化 す る と い う 思 想 か ら 陰 陽 五 行 が 生 ま れ た 。 「 気 ー と い う 「 原 理 」 だ か ら 「 理 気 」 だ 。 「 性 即 原 理 」 と な る 。 い ず れ に し て も 朱 子 は 、 法 や 秩 序 や 礼 儀 や 正 し い 行 な い を 、 い か に 人 間 に 守 ら せ る か に つ い て 「 心 」 か ら 入 っ て 「 心 と は な に か 」 を 模 索 し た 。 当 然 の こ と だ と 思 う 。 明 の 時 代 に 出 た 王 陽 明 は 、 朱 子 の 「 性 即 理 ー を 否 定 し て 「 心 即 理 ー を 説 い た 。 な ぜ 心 を 性 と 理 に 分 け る の か 。 情 は ど う な っ た 。 情 は 心 と は 別 の も の な の か と 朱 子 学 に 投 げ か け た と い え る 。 「 性 」 と 「 情 」 と が 合 体 し た も の が 「 心 」 で あ る 。 そ れ が 根 本 の 原 理 と 相 呼 応 す る 。 す な わ ち 「 心 即 理 ー で あ る 。 王 陽 明 は 「 心 即 理 」 を 「 致 良 知 」 、 「 知 行 合 一 」 と 発 展 さ せ て 、 思 想 の 実 践 を 説 い た が 、 そ れ は 朱 子 の 「 格 物 致 知 」 に ま 音 潮 っ た く 異 な る 解 釈 を 下 し て 否 定 し た か ら だ 。 格 す と は 「 た だ す 」 こ と だ と 読 み 、 物 事 や 我 が 心 を た だ し て 良 知 に 致 す た め に 行 動 し な け れ ば な ら な い と 説 い

文學界 平成28年 10月号


0 晩 朝 吹 奠 理 子 を ん の 喝 今 5 、 オ カ ヤ ィ ッ ミ 第 12 回 今 回 の 「 最 後 の 晩 餐 」 は 点 心 で す ね い 朝 吹 真 理 子 さ ん に き き ま し た 「 一 番 好 き な 食 べ 物 」 だ と ◎ す き 焼 き な ん で す け ど 湯 気 が 、 い で す よ ね 美 味 し い 瞬 間 を ー 2 ■ ・ ・ ■ ・ 逃 し た く な く て 無 言 に な っ ち ゃ う の で 人 と 楽 し く べ ら れ な い か な と す き 焼 き を 食 べ る 時 は 人 が 変 わ っ た よ う に 恐 く な る ん で す よ 最 後 は 人 と 食 事 し た い ん で す ね

文學界 平成28年 10月号


」 と い う 諺 が あ る く ら い だ ( こ の 諺 に ち な ん だ 映 画 も あ る ) 。 こ れ は 、 か っ て モ ス ク ワ 公 国 の 勃 興 期 に 、 重 い 貢 物 の 軽 減 を 求 め る た め に モ ス ク ワ に や っ て 来 た 請 願 者 た ち を 皇 帝 が 頑 な に 拒 ん だ こ と に 由 来 す る ら し い 。 一 方 、 現 代 ロ シ ア の 「 皇 帝 」 と 称 さ れ る プ ー チ ン は 、 そ の 絶 大 な 人 気 に 翳 り が 見 ら れ た 一 一 〇 一 一 一 年 の 大 統 領 選 挙 の 勝 利 宣 言 で 珍 し く 涙 を 滲 ま せ た が 、 こ れ は ま さ に 「 鬼 の 目 に も 涙 」 と い う や つ で 、 普 段 の 冷 徹 無 慈 悲 な イ メ 1 ジ と の ギ ャ ッ プ ゆ え に 効 果 を 発 揮 す る こ の 二 年 間 ほ ど 、 私 は 自 身 の 博 士 論 文 の 執 筆 と 並 行 し な が ら ソ ロ ー キ ン の フ ァ ン タ ジ 1 巨 編 「 氷 三 部 作 」 ( 「 フ ロ の 道 』 、 『 氷 』 、 『 23000 』 ) の 翻 訳 に 取 り 組 ん で き た が 、 作 中 で は 登 場 人 物 た ち が 涙 を 流 す シ 1 ン が 繰 り 返 し 執 拗 に 描 か れ る 。 女 々 し さ を 嫌 う 父 権 主 義 的 な ロ シ ア の 文 化 に お い て 、 こ れ は か な り 異 様 な こ と で は な い だ ろ う か と く に 印 象 深 い の は 、 『 氷 』 第 一 部 に 登 場 す る 三 人 の 男 女 だ 。 不 良 学 生 、 若 い 娼 婦 、 中 年 の ビ ジ ネ ス マ ン と 、 資 本 主 義 化 し た 現 代 の モ ス ク ワ で お よ そ 涙 と は 縁 の な い 殺 伐 と し た 生 活 を 送 る 彼 ら は 、 あ る 日 突 然 、 「 兄 弟 団 ー と 自 称 す る 謎 め い た 金 髪 碧 眼 の 集 団 に 拉 致 さ れ 、 頭 部 が 特 別 な 氷 で で き た ハ ン マ ー で 激 し く 胸 を 殴 打 さ れ る 。 そ れ に よ っ て 心 臓 7 心 ) の 目 覚 め を 経 験 し た 彼 ら は 、 日 々 の 生 活 の 中 で た び た び 号 泣 の 発 作 に 苛 ま れ る よ う に な る 。 理 由 な き 突 然 の 号 泣 は 周 囲 の 人 々 を 狼 狽 さ せ 、 恐 怖 さ せ 、 つ い に は 救 急 車 を 呼 ぶ 事 態 に 立 ち 至 ら せ る 。 ソ ロ ー キ ン の 三 部 作 に お い て 、 氷 の ハ ン マ 1 に よ る 打 撃 が 心 臓 へ の 物 理 的 な 暴 力 だ と す れ ば 、 涙 は 心 へ の 精 神 的 な 暴 力 だ 。 そ れ は 氷 の ハ ン マ ー で 目 覚 め た 人 々 の 個 性 や 自 我 を 洗 い 流 し 、 世 界 を 創 造 し た と さ れ る 「 原 初 の 光 」 の 絆 で 結 ば れ た 「 兄 弟 . へ と 彼 ら を 作 り 替 え る 。 私 た ち 日 本 人 が や た ら と 涙 を 求 め て し ま う 背 景 に も 、 こ う し た 匿 名 的 な 「 集 団 」 へ の 強 い 帰 属 意 識 が あ る の か も し れ な い 。 し か し な が ら 、 三 部 作 の 物 語 が 如 実 に 示 し て い る よ う に 、 涙 に よ る 団 結 が 他 方 で 全 体 主 義 的 な 排 除 の 原 理 と し て 機 能 す る こ と も 忘 れ て は な ら な い と こ ろ で 、 ど う や ら 私 も 知 ら ぬ 間 に 氷 の ハ ン マ ー の 餌 食 に な っ て い た よ う だ 。 そ う 、 あ れ は 『 氷 』 を 翻 訳 し て い た と き の こ と 。 冬 の 札 幌 。 凍 て つ く よ う に 寒 い 朝 。 べ ッ ド の 上 で 目 覚 め る と 、 な ぜ か 頬 が 濡 れ て い る こ と に 気 づ い た 。 ど う も 夢 を 見 な が ら 泣 い て い た ら し い 。 そ れ も 、 か な り 激 し く 。 と く に 嫌 な こ と が あ っ た わ け で は な い し 、 肝 心 の 夢 の 内 容 も さ っ ば り 思 い 出 せ な か っ た が 、 そ れ で も 強 烈 な カ タ ル シ ス が 残 っ て い た 。 日 頃 蓄 積 し て い た 疲 労 や ス ト レ ス が 涙 と と も に 残 ら ず 排 出 さ れ 、 身 も 心 も 軽 く な っ た よ う な 感 覚 。 あ ん な に も 爽 や か な 朝 の 目 覚 め は 実 に 久 し ぶ り だ っ た 。 幸 い ( あ る い は 不 幸 に も ? ) 、 金 髪 で も 碧 眼 で も な い 私 は 兄 弟 団 の 恐 ろ し い 使 命 に 身 を 捧 げ ず に す ん だ 。 そ れ か ら 無 事 『 氷 』 の 翻 訳 を 終 え た 後 、 作 者 の 助 言 に し た が っ て 札 幌 近 一 郊 に あ る 定 山 渓 の と あ る 温 泉 に 赴 き 、 熱 い 露 天 風 呂 に 浸 か っ て 思 う 存 分 冷 え た 心 と 体 を 温 め た 。 そ れ か ら と い う も の 、 涙 デ の 発 作 に 襲 わ れ た こ と は な い が 、 あ れ ほ ど 気 分 が さ つ ば り す の る の な ら 、 た ま に は 理 性 の 軛 を 外 し て 大 泣 き す る の も 悪 く な い 気 が す る 。 ひ ょ っ と す る と 、 私 た ち は 皆 、 心 の ど こ か で 氷 の ハ ン マ 1 で 打 た れ る こ と を 望 ん で い る の か も し れ な い 。

文學界 平成28年 10月号


い か な る も の で あ っ た か を 研 究 し て 、 そ の 根 源 に 戻 る べ き で 朱 子 は 人 間 が 本 来 持 っ て い る 道 徳 心 を 「 理 」 と し た 。 そ れ あ る と い う 思 想 だ 。 ぞ れ の 性 格 や 気 質 を 超 え る も の と し た の だ 日 本 人 に は 古 か ら 独 自 の 思 想 や 精 神 や 宗 教 が あ っ た の に 王 陽 明 は 心 を 離 れ て 「 理 」 は 存 在 し な い と し て 「 心 即 理 」 し J し た 。 な ぜ に 異 国 か ら 伝 来 し た も の を あ り が た が る の か 。 我 ら は 我 比 較 し て 単 純 に 考 え れ ば 、 朱 子 学 は 、 既 存 の 道 徳 や 決 め 事 ら の 古 に 学 び 、 古 来 の 精 神 に 立 ち 返 ろ う 。 こ れ が 国 学 の 基 本 だ が 、 で は 日 本 の 古 と は い か な る も の で あ っ た か を 学 ぶ に は に 対 し て つ ね に 従 順 で あ り 、 そ れ を い か に 守 り 抜 く か と い う こ と に 重 き が お か れ る 。 陽 明 学 は 間 違 っ た も の を た だ し 良 知 ど う す れ ば い い の か 。 古 事 記 。 日 本 書 紀 。 万 葉 集 。 こ れ ら を を 求 め て 絶 え ず 実 践 し よ う と す る 。 学 問 と し て 研 究 す る し か な い 。 そ う す る と 神 代 の 時 代 に 遡 っ て 神 道 に 戻 ら ざ る を 得 な い 。 為 政 者 に と っ て ど っ ち が 都 合 が い い か 。 幕 府 が 陽 明 学 を 嫌 け い ち ゅ 、 フ う の は 当 然 の こ と だ 。 そ こ で 元 禄 の こ ろ に 歌 学 者 契 沖 が 出 て 、 そ の あ と に 伏 見 稲 か だ の あ ず ま ま ろ 荷 神 官 の 荷 田 春 満 が 出 た 。 国 学 と い う 言 葉 を 使 っ た の は こ の だ が 、 朱 子 も 王 陽 明 も 、 政 事 の 心 構 え に つ い て 己 の 思 想 を か も の ま ぶ ち 人 だ 。 荷 田 春 満 の 弟 子 の 賀 茂 真 淵 が つ づ き 、 万 葉 集 な ど の 古 磨 い た の で は な い と 思 う 。 「 心 と は な に か ー に つ い て 血 を 吐 く ほ ど の 考 察 を つ づ け た の だ 。 「 心 」 と い う も の の 正 体 を み 書 の 研 究 を 重 ね て 著 作 も 編 ん だ も と お り の り な が つ け よ う と 心 胆 を 砕 い た の で は な い だ ろ う か 伊 勢 松 阪 の 本 居 宣 長 は こ れ ら 先 人 た ち の 研 究 を 国 学 と し て 朱 子 の 「 性 即 理 」 、 王 陽 明 の 「 心 即 理 」 。 こ の 「 即 ー を 「 す 大 成 さ せ た 人 だ 。 四 十 四 巻 に の ば る 「 古 事 記 伝 ロ も か 優 な わ ち 」 と 解 釈 す る こ と が 、 多 く の 学 者 の 思 考 を 堂 々 巡 り さ れ た 著 作 と し て 讃 嘆 せ ざ る を 得 な い し 、 源 氏 物 語 研 究 は 他 の 追 随 を 許 さ な い と 思 う 。 せ て し ま っ て い る の で は な い か と い う 気 が す る 。 「 即 」 に 代 ひ ら た あ っ た ね わ る 言 葉 が き っ と あ る は ず だ が 、 人 間 は ま だ そ れ を 見 つ け ら 本 居 宣 長 に つ づ く 学 者 は 天 保 年 間 の 人 、 平 田 篤 胤 だ 。 篤 胤 、 れ + ば い 0 は 、 先 人 た ち よ り も さ ら に 神 道 に 軸 足 を 乗 せ て 、 「 古 史 伝 」 孔 子 は 人 智 で は 及 ば な い も の を 「 天 」 と し た 。 極 端 に 言 え を あ ら わ し 、 あ ら ゆ る 異 国 の 思 想 や 宗 教 を 捨 て て い に し え に 還 る こ と を 主 張 し て 古 道 学 の 観 点 か ら 神 秘 神 道 へ と 進 ん だ ば 、 「 天 」 は い つ で も 「 神 」 と 置 き 換 え ら れ そ う だ が 、 孔 子 そ れ ゆ え に 、 各 地 に 古 く か ら 伝 わ る 神 道 に よ る 祭 祀 を 尊 ぶ の い う 「 天 」 は 決 し て 「 神 」 で は な い 。 「 神 」 を も 包 摂 す る の で 、 最 近 で は 地 方 の 裕 福 な 庄 屋 や 商 人 た ち が 平 田 派 の 国 学 何 物 か な の だ ろ う 。 に 傾 倒 す る よ う に な っ て い る 。 異 国 か ら の 圧 力 を 有 形 無 形 に 国 学 は 、 こ れ ら の シ ナ の 思 想 と は 相 反 す る 場 所 に 立 っ て い 感 じ る 時 世 も そ の 後 押 し を し て い る と 思 わ れ る 。 神 道 の 尊 崇 る 。 儒 教 や 仏 教 が 我 が 国 に 伝 わ る 以 前 の 日 本 古 代 の 思 想 と は

文學界 平成28年 10月号


る の だ 。 ペ リ 1 の 艦 隊 が 浦 賀 沖 か ら 江 戸 湾 に ま で 入 っ て 開 港 を 迫 る と い う 事 態 が 起 こ っ た が 、 こ れ に よ っ て 水 府 の 学 は さ ら に 血 気 盛 ん な 全 国 の 武 士 た ち の 支 柱 と な り か ね な い 。 結 論 だ 。 俺 は い ま あ げ た 多 く の 人 物 の な か で は 、 比 べ も の に な ら な い く ら い に 孔 子 が え ら い と 思 う 。 孔 子 は 己 の 言 々 句 々 に 「 学 ー を 介 在 さ せ な か っ た 。 そ の 思 想 の な か に 、 す で に 「 心 」 が 第 一 で あ る と 示 し て あ る 。 「 心 」 を 学 問 に よ っ て 解 析 す る こ と の 愚 か さ を 知 悉 し て い た の た 水 戸 の 学 問 に は 「 心 」 が 完 全 に 欠 落 し て い る 。 道 徳 を 重 視 し な が ら も 「 心 」 を 説 か な い 。 、 、 儿 の 不 思 議 を 考 え よ う と も し 十 / . し 俺 が 水 府 の 学 に ま や か し を 感 じ る の は そ こ だ 。 俺 が い ま 教 え た こ と が す べ て 正 し い な ど と は 思 っ て く れ る な 。 俺 は 旗 本 と し て 幕 府 の 禄 を 食 ん で き た 家 の 子 だ 。 そ の こ と は ど う し て も 俺 と い う 人 間 の 魂 か ら 抜 け 落 ち る こ と は な い は ず な の だ 。 だ が 、 弥 一 が 知 り た い こ と で 、 俺 が 答 え ら れ る も の は す べ て 答 え て や る 。 し か し 、 ま た 後 日 と い う こ と に し て く れ 。 き よ う は 頭 を 使 っ て 話 し 込 む に は 暑 す ぎ る 。 な ん だ か い つ ま で も こ こ に 腰 掛 け て し ま い そ う で ご ざ い ま す ね 。 そ ろ そ ろ 野 積 村 へ と 歩 き だ し た ほ う が よ さ そ う で す 。 ( え い え 、 荷 物 は わ た く し に お ま か せ 下 さ い せ い さ ん が 話 を 終 え て 、 団 扇 で せ わ し く 首 や 顔 に 生 ぬ る い 風 を 送 り な が ら 板 の 間 に 横 に な っ た の で 、 わ た く し も 膝 を 崩 し て あ ぐ ら を か か せ て い た だ き ま し た 。 嘉 永 六 年 七 月 末 の 、 古 着 屋 「 松 屋 ー の 七 坪 ほ ど の 店 の 横 の 板 の 間 で 、 わ た く し は 強 い 衝 動 に 襲 わ れ て お り ま し た 。 「 心 の 不 思 議 」 。 「 心 と は な に か 」 。 そ れ こ そ 、 高 麗 屋 に 奉 公 に あ が っ て 理 由 も わ か ら ぬ ま ま 百 五 十 日 余 も 廊 下 の 隅 に 坐 り つ づ け た あ と に 緒 方 喜 重 郎 様 か ら 与 え ら れ た 生 涯 の 命 題 の 解 答 を 得 る 鍵 で あ っ た か ら で ご ざ い ま す 。 「 大 き な 心 と は 、 ど ん な 心 な の で ご ざ い ま し よ う 」 こ 問 い か け て み た く わ た く し は 、 せ い さ ん こ と 尾 田 静 櫓 様 ( て た ま り ま せ ん で し た が 、 た し か に 頭 を 使 っ て 話 し 込 む に は あ ま り に 暑 す ぎ る 日 で ご ざ い ま し た 。 自 分 に と っ て の 重 要 な 命 題 は 自 分 の 頭 で 思 考 し て 答 え を 導 き 出 さ な け れ ば な ら な い の だ と 思 い 直 し 、 わ た く し は せ い さ ん に お 礼 を 述 べ ま し た 。 そ の と き 、 奥 さ ん の お 松 さ ん が 裏 口 か ら 店 へ と 廻 っ て 来 な か 、 ら 、 「 お 茶 も 差 し 上 げ ず に : お 客 様 が お 留 守 で 、 お 帰 り を 待 っ て た ん で す 。 寺 社 奉 行 所 で は な か な か え ら い お 役 人 の 奥 様 と お 嬢 様 で し て ね 」 と わ た く し に 笑 顔 で 言 っ て 担 い で い た 風 呂 敷 包 み を 大 事 そ う に 置 き ま し た 。 無 礼 な こ と だ と 承 知 し な が ら も 、 わ た く し は 、 せ い さ ん の 奥 さ ん を 見 つ め て し ま い ま し た 。 太 っ て い る 女 は お り ま す が 、 お 松 さ ん の 太 り 方 は 錦 絵 に 描 か れ た 江 戸 の 力 士 の よ う な の で ご ざ い ま す 。 筋 肉 の 瘤 の な い 、 指 先 で 突 け ば 水 が 出 そ う な 力 士 : 顎 か ら 首 に か け て の 肉 も 盛 り あ が る よ う で 、 夏 物 の 着 物 の

文學界 平成28年 10月号


■ 三 つ の 風 景 『 悪 人 』 の と き も 九 州 の 中 で の 三 箇 所 ( 福 岡 、 佐 賀 、 長 崎 ) が 主 な 舞 台 で し た が 、 『 怒 り 』 も 東 京 、 千 葉 、 沖 縄 の 三 箇 所 が 舞 台 で す 。 映 画 に な っ て み る と 、 風 景 の 違 い が さ ら に 明 確 に な っ た 気 が し ま す 。 は よ く 言 っ て ま す よ ね 。 李 結 局 は す べ て が カ メ ラ に 映 る ん ご 、 と 思 う か ら や る ん で す ね 。 カ メ ラ に 映 ら な い 部 分 で の 役 作 り と い う こ と じ ゃ な く て 。 大 事 な の は 、 役 者 さ ん 本 人 が 「 あ 、 そ れ や っ て み よ う 」 と い う 意 識 に な っ て く れ る こ と で す 。 こ ち ら が 「 こ れ や っ て 、 あ れ や っ て 」 っ て 指 示 す る ん じ ゃ な く て 、 本 人 た ち に 、 そ う い う 無 駄 を や っ て み よ う と い う 意 識 を 持 っ て も ら い た い ん で す 。 遠 回 り に 思 え る か も し れ ま せ ん が 、 簡 単 に 理 解 し た り 手 に 入 れ ら れ る も の な ん て 逆 に 簡 単 に 失 う ん だ ぞ 、 と 言 い た く な っ ち や 、 フ 李 『 悪 人 』 で は 、 実 際 に そ れ ぞ れ 房 の 港 町 と い う の は 同 じ で す が 僕 が の 場 所 を 見 て 回 っ て も 極 端 に 違 い を 感 取 材 に 行 っ た の は 勝 浦 で 、 撮 影 場 所 は じ な か っ た ん で す 。 あ の と き は む し ろ 天 津 と い う と こ ろ で し た か 。 登 場 人 物 た ち の 心 象 風 景 を 追 い か け て 李 そ う で す ね 。 で も 仮 に 千 葉 じ ゃ い た ん で す ね 。 役 者 さ ん た ち の 顔 の ア な く て 東 北 で も 、 ど こ で あ っ て も 同 じ ッ プ が メ イ ン だ っ た し 、 風 景 に 関 し て ア プ ロ 1 チ を し た と 思 い ま す 。 全 く 違 も 、 登 場 人 物 た ち に と っ て の 空 間 の 違 う 場 所 だ け ど 、 な に か 似 通 っ た も の を い を 大 事 に し よ う と 。 だ か ら 佐 賀 と か 抱 え て そ れ ぞ れ が 生 き て い る わ け で 。 記 号 性 が な い と こ ろ を む し ろ 大 事 に し 以 前 妻 夫 木 君 と 話 し て い て お も し ろ い い か に も 九 州 し J い 一 フ よ , フ . な わ か な と 思 っ た の は 、 彼 は 「 映 画 を 見 た ら 、 り や す い 風 景 は ほ と ん ど 捨 て ま し た 。 み ん な 自 分 の 親 戚 に 見 え た 」 と 言 う ん で も 『 怒 り 』 の 場 合 は 『 悪 人 』 と は 大 き く 違 う 。 結 局 こ の 話 っ て 物 理 的 に は 吉 田 そ れ は 、 彼 が 演 じ た 東 京 編 以 ど こ も 交 わ ら な い じ ゃ な い で す か そ 外 の 登 場 人 物 た ち が 、 と い う こ と で す れ ぞ れ 単 独 の エ ピ ソ 1 ド が 三 つ 並 列 し し ′ 、 た か 、 ら こ そ 、 「 て れ ; て れ て 進 ん で 、 李 え え 、 撮 っ て る 最 中 は 彼 も 全 然 の 人 物 た ち が 違 う 空 間 に い る ん だ と い そ う は 思 わ な か っ た よ う で す が 、 出 来 う こ と を 『 悪 人 』 よ り も っ と 明 確 に 出 上 が り を 見 る と 渡 辺 謙 さ ん は ま る で 親 し た か っ た 。 そ の 場 所 に あ る 光 や 温 度 戚 の お じ さ ん の よ う だ し 、 他 の 人 た ち み た い な も の を き ち ん と 映 し た い と 思 も み ん な 自 分 の 身 内 み た い に 思 え た と 。 っ た ん で す 。 も ち ろ ん 映 画 で は 、 彼 が 演 じ た 優 馬 は 吉 田 小 説 を 書 く 時 も 実 際 に 千 葉 の 東 京 と い う 一 つ の 空 間 で 生 き て い た わ 漁 港 に 行 っ て 舞 台 に し た ん で す が 、 映 け で 、 僕 も そ う い う ふ う に し た か っ た 。 画 の ロ ケ 地 は ま た 別 の 場 所 で す ね 。 外 で も 出 来 上 が っ た 映 画 と し て 、 こ の 三

文學界 平成28年 10月号


円 プ e Majestic Yosemite HOteI い っ た ん ア パ 1 ト を 出 て 、 駐 車 場 に 停 め て あ る 青 い フ ォ ー ド の エ ン ジ ン を 入 れ た 。 車 に つ い て き た 安 い カ 1 ナ ビ ゲ 1 シ ョ ン に 、 ラ イ ア ン が と っ た と い う 宿 の 名 前 を 入 れ て み る 。 ル 1 ト 五 八 〇 か ら ル 1 ト 一 二 〇 経 由 で 、 約 三 時 間 半 。 こ の ナ ビ ト の 彼 も ま た 、 カ リ フ ォ ル ニ ア と い う 幻 想 体 に と ら わ れ て い は 融 通 が き か ず 、 渋 滞 な ど を 考 慮 せ ず 、 制 限 速 度 で 走 っ た 前 る 。 そ の 彼 に 薦 め ら れ た 詩 の 冒 頭 は こ う 。 僕 は 見 た 。 狂 気 に よ っ て 打 ち 壊 さ れ た こ の 世 代 の 最 良 の 精 提 で 計 算 す る 。 飛 ば せ は 、 三 時 間 く ら い で 現 地 に 着 き そ う だ 。 1 キ ン グ の 闇 の な か で ハ ン ド ル に 額 を エ ン ジ ン を 切 り 、 神 を 。 あ て た 。 昼 の 陽 光 の 温 も り が ま だ 残 っ て い た 。 ニ ッ サ ン で な 昔 の 詩 人 は 並 べ 立 て る 。 貧 困 の な か 、 虚 ろ な 目 を し た 湯 も く フ ォ 1 ド を 選 ん だ の は 、 な ん と な く そ の ほ う が い ( と 田 し つ 出 な い 都 会 の ア パ 1 ト の 住 人 を 。 髭 を 生 や し 、 大 麻 煙 草 に し か れ て ニ ュ 1 ョ 1 ク で 逮 捕 さ れ た 誰 か を 。 け っ し て 嫌 い な 詩 た か ら 。 言 葉 に す る な ら 、 つ ま り は 有 色 人 種 で あ る か ら だ ろ う か 、 買 っ た と き に は 無 自 覚 だ っ た 。 こ う し た な ん と な く の で は な い 。 む し ろ 、 憧 憬 さ え す る 。 け れ ど 二 十 一 世 紀 の い ま 、 積 み 重 ね に 、 少 し す っ 蝕 ま れ て い る と 感 じ な が ら 。 も は や そ の 者 た ち に 最 良 の 精 神 は 宿 ら な い と 感 じ も し て し ま う 。 イ ン フ ラ が 発 達 し 、 有 象 無 象 の 神 秘 が 解 か れ 、 言 葉 ば か わ た し が 諦 念 に つ ぶ さ れ そ う に な る た び 、 子 供 の こ ろ の 在 り が 溢 れ か え っ た 、 い ま は も う 。 オ ー ク ラ ン ド の 宿 な し は 、 り し 日 を 田 5 い 出 せ と ジ ョ ン は い う 。 心 の ま ま に 生 き た 、 安 、 い し て い ら れ た 空 間 を 思 い 出 せ と 。 で も 、 そ ん な 時 間 や 空 間 が 澱 ん だ 目 で ク オ ー タ ー 硬 貨 を 求 め て 卑 屈 に 近 づ い て く る 。 昔 か っ て あ っ た ろ う か 。 物 心 つ い た こ ろ か ら 、 母 の 顔 色 ば か り を 懐 か し ん で 大 麻 煙 草 を ふ か す お 爺 さ ん た ち は 、 た だ 過 去 し を 窺 っ て い た 。 ラ イ ア ン も ダ グ も 頑 張 っ て い る け れ ど 、 目 先 か 見 て い な い 。 や が て 、 理 由 の な い 苛 立 ち が 湧 き 起 こ っ て き た 。 わ た し は の 仕 事 に 追 わ れ 、 内 省 し て い る 暇 は な い 。 弱 者 の あ ふ れ た こ の 街 で 、 し か し も う ブ ル ー ス は 聞 こ え て こ な い 。 わ た し の な か に 、 自 分 で は ど う に も で き な い 間 歇 泉 を は ら ん し 力 な る 生 で い る 。 リ ン ド ン 先 生 に よ る 、 怒 り の マ ネ ジ メ ン ト の 秘 決 。 わ た し た ち の 世 代 の 最 良 の 精 神 は 、 い っ た い 、 、 、 苛 立 ち に 点 数 を つ け 、 客 観 化 し て み る こ と 。 自 分 の 行 動 や 、 に こ そ 宿 る の た ろ - フ ? そ れ が も た ら し た 結 果 を 書 き 出 し て み る こ と 。 そ し て 人 生 を 楽 し む こ と 。 ジ ョ ン の い い と こ ろ 、 そ の 三 。 わ た し の こ と を 重 た い と ロ に し た こ と か 、 一 度 も な い 。 ル ー ト 一 二 〇 に 入 っ た あ た り で 、 風 力 発 電 の 風 車 が 目 立 ち

文學界 平成28年 10月号


語 ン う 身 弟 果 た い 抜 論 ド ま 未 た の に あ そ っ ル が つ の の を 子 た か 彼 る き の ス ま 完 。 小 小 ふ り た セ ら た み で 他 た し ら 。 た 上 ト と 小 林 林 れ 、 で 。 ル 主 が 体 に あ 者 ち た で ゴ い 下 ェ ゴ な 林 論 の る ま 生 る の が か は ツ 巻 フ ッ つ の の ド た 人 人 来 的 。 た 生 つ な ホ と の ス ホ た ド 作 ス と 死 が は 日 に き い よ キ の 。 ス 者 ト も 者 語 小 し 実 る イ め 涯 た い う う 1 手 し ト と 工 あ と っ 林 た 存 の 工 に を か で ス 用 賭 ら た 牧 ゴ な 論 紙 か 工 は フ る の た の 際 主 し フ 違 ス だ 関 の 自 、 義 は は い し だ ゞ 師 ツ 位 と 、 ス っ キ ろ 係 は 宅 対 を な 生 切 て 他 に く 前 る イ 谷 人 な の に ツ 受 こ キ た 1 う だ 真 で 談 論 っ 正 会 の 究 ェ ゴ の り 境 あ ホ け 神 場 と ス ッ 為 た 涯 る 論 継 で 論 度 を た な い 相 し 。 る 、 手 得 を と は が 試 は で め の 面 、 の ホ に か を そ 言 の 取 っ め い い れ み 臨 ぐ 意 豊 と る ぐ う わ た ら 白 み つ の 味 か し と 葉 変 れ 葉 手 る た に え が を 紙 に の つ の ば こ れ 痴 、 て 対 で な て し よ 幾 彼 運 し 足 は て で 、 と た 異 も 談 の 対 選 た 小 あ 小 を 聖 論 な 越 を 神 話 ば っ 度 の ん 。 ら て と 悲 だ か ぬ 説 林 る 林 看 性 の る 知 め 秘 を れ 越 ぐ 体 残 た 知 。 に 破 の 執 確 は 生 な 願 よ っ わ 教 は 悲 お し 探 筆 証 っ 験 し の の き く だ う て が が て の て は 没 て 、 つ に イ 身 し う 願 け て 究 を を い 人 た 、 ェ を た 書 を る い は 最 得 れ は 意 い 小 後 い 生 聖 る そ 後 て ま の 味 る 林 る は と わ ス 使 か パ い が の い っ て き 性 。 の に い で ち で 。 だ マ と 肉 体 が 食 物 を 糧 と す る よ う に 、 魂 は 言 葉 を 糧 と す る 。 魂 は 言 葉 を 食 べ て 生 き て い る 。 言 葉 を 運 ぶ こ と は 飢 え 、 渇 い て い る 人 に 食 物 と 水 を 運 ぶ の に 勝 る と も 劣 ら な い 意 味 を 持 つ 。 そ れ が 弟 子 た ち の 、 ま た 、 ゴ ッ ホ の 確 信 だ っ た 。 牧 師 に な ろ う と し た と き の 思 い を そ の ま ま に 彼 は 絵 筆 を と 色 と 線 に よ っ て 生 み 出 さ れ る 言 語 と は 異 な る 「 言 葉 ー を 人 々 の も と に 届 け よ う と し た 。 そ の 試 み に 切 な る 願 い か あ る こ と を 同 時 代 で 理 解 し た の は 、 ゴ ッ ホ の 実 弟 を ふ く め わ ず か な 人 で し か な か っ た 。 し か し 、 そ れ が 空 想 で は な か っ た こ と は 今 日 私 た ち が 彼 の 作 品 の 前 で 立 ち つ く し 、 心 ふ る わ せ て い る こ と が 傍 証 し て い る 。 先 の 『 ゴ ッ ホ の 手 紙 』 に あ る 一 節 を 越 知 は 、 小 林 が 語 る ド ス ト エ フ ス キ 1 の 姿 と 共 振 す る よ う に 引 用 し つ つ 、 さ ら に は 次 の よ う な 言 葉 を 書 き 残 し て い る 。 ゴ ッ ホ の 発 狂 後 の 手 紙 を 読 ん で い る と 、 ド ス ト エ フ ス キ ー の 流 刑 当 時 の 手 紙 が 思 い 出 さ れ る 。 両 者 の 間 に は 同 じ 音 調 が 聞 え 、 そ れ が 小 林 を つ よ く 惹 き つ け て い る こ と が よ く 分 る 。 そ れ は 運 命 が じ か に 語 っ て い る と で も 言 い た い よ う な 、 何 か し ら 異 様 な 底 し れ ぬ 声 で あ る 。 小 林 は 、 ド ス ト エ フ ス キ 1 が シ ベ リ ア へ の 護 送 の 途 中 、 ト ム ス ク か ら 出 し た 書 簡 に つ い て 、 「 こ の よ う な 異 様 な 体 験 を こ ん な に 沈 着 に 語 れ る の は 、 容 易 な ら ぬ 心 で あ る 」 と い っ

文學界 平成28年 10月号


の で す か ら 。 長 距 離 と 素 潜 り し か で き ま せ ん 。 石 原 素 潜 り は 何 メ 1 ト ル ぐ ら い 潜 り ま す ? 斎 藤 せ い ぜ い 十 メ 1 ト ル か 。 石 原 そ れ は す ご い ね 。 十 メ 1 ト ル 潜 れ た ら 楽 し い で し ょ 斎 藤 最 高 で す 。 石 原 さ ん は ス キ ュ 1 バ ダ イ ビ ン グ 、 ア ク ア ラ ン グ 背 負 っ て と い う こ と で す よ ね 。 石 原 そ う で す 。 素 潜 り は そ ん な に 行 か な い で す ね 。 ( 今 上 ) 天 皇 に ダ イ ビ ン グ を 勧 め た こ と が あ る ん で す 。 都 知 事 に な っ た ば か り の 頃 、 お 茶 に 呼 ば れ た ん で す よ 。 宮 中 に 夫 婦 で 行 っ た ら 、 皇 后 が 、 「 陛 下 が 葉 山 に 行 く と よ く 素 潜 り さ れ る ん で 心 配 し て る ん で す 」 と お っ し や る か ら 、 「 葉 山 は あ ん ま り き れ い じ ゃ な い で し よ う 。 下 田 の 御 用 邸 の 下 で 僕 時 々 潜 り ま す が 、 な か な か き れ い で す よ 。 あ そ こ で お や り に な っ た ら ど う で す か 」 と 言 っ た ら 、 天 皇 陛 下 が 、 「 で も 、 流 れ が あ る と み ん な 心 配 し ま す か ら 」 。 僕 が 「 そ れ だ っ た ら 陛 下 、 ス キ ュ 1 バ を お 勧 め し ま す 。 簡 単 で す か ら 。 人 生 観 変 わ り ま す よ 」 と 言 っ た ら 、 陛 下 が 「 は あ 、 人 生 観 で す か 」 と お っ し や る か ら 、 「 そ う い え ば 天 皇 陛 下 の 人 生 観 は わ れ わ れ に は 分 か り ま せ ん な 」 と 言 っ た ら 、 女 房 も 皇 后 も 笑 っ た の 。 そ う し た ら 、 陛 下 、 気 を 悪 く し ち ゃ っ て 黙 っ ち ゃ っ て さ 。 ・ : す ご い お 話 で す ね 。 斎 藤 天 皇 陛 下 が 気 を 悪 く ・ : 石 原 侍 従 が 堪 ら ず 、 「 も う そ ろ そ ろ 時 間 で す か ら ー と か 言 わ れ て 、 退 出 さ せ ら れ た ( 笑 ) 。 斎 藤 天 皇 陛 下 と 言 え ば 、 石 原 さ ん よ り 一 歳 年 下 で す け れ ど も 、 ご 自 分 の 体 力 的 限 界 と い う こ と で 、 生 前 退 位 と い う お 気 持 ち を 示 さ れ た 。 石 原 や つ ば り 大 き な 手 術 を 二 回 も し て 、 も う 無 理 は で き な い と 思 わ れ た ん で し よ う 。 誰 だ っ て 長 生 き し た い と 思 う の は 当 然 で し よ う 。 僕 だ っ て す ぐ 死 に た い と は 思 わ な い し 。 死 ぬ の は つ ま ら な い も ん な 。 斎 藤 激 務 で し よ う し ね 。 そ ろ そ ろ 解 放 し て 差 し 上 げ た い と い う の は あ り ま す け れ ど も ・ 超 越 者 は 確 か に 存 在 す る 石 原 し か し ま あ 、 死 後 の 世 界 と い う の は な い で す な 。 私 は 『 巷 の 神 々 』 と い う 本 を 書 い て 、 様 々 な 新 興 宗 教 の 教 祖 に 取 材 し た け れ ど 、 霊 の 世 界 っ て 本 当 に あ る ん で す か ね 。 斎 藤 石 原 さ ん は 超 越 者 と か 超 越 的 な も の を 信 じ て い ま す 石 原 そ れ は 、 認 め ま す ね 。 そ う い う 人 知 を 超 え た 能 力 を 持 つ 人 に 何 人 か 会 っ た か ら 。 小 林 秀 雄 さ ん も 認 め て ま し た よ ね 。 小 林 さ ん の お 母 さ ん が 死 ぬ 時 の 人 魂 の 話 な ん か 、 い い 話 て 合 ・ ' に よ , ね み そ う い う 神 秘 的 な 世 界 は 認 め つ つ も 、 僕 は や つ ば り 死 後 の 睨 世 界 は な い と 思 う な 。 虚 無 だ な 。 死 斎 藤 来 世 と か 輪 廻 と か 死 後 も な い と い う こ と で す よ ね 。 私 は あ ま り 深 く 考 え て は い ま せ ん が 、 「 あ る ほ う に 賭 け る ほ う が 得 で あ る 」 と い う 「 パ ス カ ル の 賭 け 」 の よ う な 考 え 方 に

文學界 平成28年 10月号


は み 出 し た ま ま 運 ん だ こ と を 思 い 出 す 。 誰 が 私 に そ れ を し て く れ る の か 。 熱 い お 茶 が 飲 み た い 。 ホ ッ ト タ オ ル を 首 筋 に あ て た い 。 母 の 食 事 も 作 れ な い 。 母 の こ と を ど う し よ う か と 芯 か ら 心 細 く な る 。 生 ま れ 変 わ っ た ら 小 さ な 喜 び の 一 つ ず つ に 罪 悪 感 を 感 じ な い で 済 む 暮 ら し が し た い 。 母 の シ ャ ワ ー す ら 確 保 で き な い の に 、 私 は 寸 瑕 を 惜 し ん で 銭 湯 や 温 泉 に 通 っ た 。 き っ と 地 獄 に 落 ち る だ ろ う 。 石 灰 質 の 山 は 採 掘 さ れ て 不 定 形 に な る が 、 削 ら れ た 後 の 山 が 私 だ 。 気 絶 状 態 な の に 意 識 だ け あ る 。 木 刀 を 杖 に 起 き 上 が っ た 。 母 に 電 話 を 入 れ た 。 「 今 日 は 何 も で き な く て ご め ん 」 「 ア ン タ に や っ て も ら お う と は 思 わ ん 」 私 の Cred 。 が ま す ま す や せ 細 っ て い く 。 動 く と 動 悸 が す る 。 う と う と し て い る と 原 稿 催 促 の 電 話 が 準 備 し た タ 食 を 母 に 届 け た 。 5 時 に 間 に 合 っ た が 、 肝 心 の 煙 草 を 忘 れ て お り コ ン ビ ニ へ 向 か っ た 。 足 は 鉄 の 靴 を 履 い た よ う で 、 戻 っ た ら 6 時 に な っ て い た 母 が 責 め な い 日 に 限 っ て 自 爆 の 逆 上 を す る 。 「 ア ン タ に や っ て も ら お う と は 思 わ ん 」 と 言 わ れ た こ と が 喉 に 刺 さ っ て い る 。 「 空 耳 や ろ 」 と 一 蹴 さ だ る さ に 息 苦 し さ が 加 わ っ た 。 花 の 香 が 吐 き 気 を 誘 発 す る 。 ア ロ マ で 気 を 紛 ら わ す 道 が 閉 ざ さ れ た 。 聖 書 の ヨ プ に 涙 が 止 ま ら な い 。 光 の 側 に 健 康 が あ り 、 こ ち ら 側 に は 穢 れ と 業 と 病 か あ る 。 私 は も , フ こ ち 、 ら 仰 た カ 、 ら 、 こ ち ら に 来 る こ と を 、 心 酉 せ ず と も 良 い 「 無 理 を す る な 」 は 残 酷 な 言 葉 だ 。 母 と 大 学 と 原 稿 の 三 つ 巴 3 つ の う ち の ど で 、 無 理 を し な け れ ば 生 活 が 成 り 立 た な い 。 れ を 捨 て ろ と い う の か 。 無 理 の 三 角 形 を 成 立 さ せ る た め に 我 が 儘 も し た 。 そ の ひ と つ が 温 泉 や 銭 湯 だ 。 母 が 湯 船 に 入 れ な い の に 、 と 書 け ば く ど く な る か 、 あ え て 書 く あ え て 書 く 、 な ど と 言 い 出 し た 「 私 」 を 、 作 者 は そ ろ そ ろ 羽 交 い 締 め に す る べ き だ ろ う 。 彼 女 の cred 。 が ど う な っ た か は 、 そ の 後 の 部 屋 を 見 れ ば 一 目 暸 然 だ 。 パ ソ コ ン の 横 で は 松 島 瑞 巌 寺 と 祗 王 寺 と 御 岳 の 御 神 籤 が 各 種 ポ イ ン ト カ ー ド と 共 存 し て い る 。 床 に 散 ら ば っ て い る 本 の 上 に ザ ・ グ レ 1 ト ・ カ ブ キ の 色 紙 が 乗 っ て 、 す で に 埃 が 積 も り か け て い る 。 「 私 ー の パ ワ 1 ス ト ー ン 好 き に は 磨 き が か カ り 、 浄 化 作 用 の あ る プ レ ス レ ッ ト を 嵌 め て か ら パ ソ コ ン に 向 か う 。 数 行 書 い て は 左 の 壁 に 目 を や る 。 父 親 と と 母 の 遺 影 が 並 ん で い る 。 こ れ 以 上 う ち の 恥 を 晒 す な 、 と 母 に 睨 ま れ 、 縮 こ ま っ た 「 私 」 は 自 分 か ら カ ッ コ を 外 し 、 私 が パ ソ コ ン の 電 源 を 落 と す 。 〈 了 〉