検索 - みる会図書館

全データから 208464件ヒットしました。

「誠実さ」を貫く経営


一 誠 実 さ を 貫 く 7 経 営 高 巖 , 石 . / 確 れ ) 日 本 経 済 新 聞 社

「誠実さ」を貫く経営


な ぜ イ ン テ グ リ テ ィ が 必 要 な の か 経 営 の 誠 実 さ が 問 わ れ て い る 島 集 団 志 向 的 な 発 想 が 問 題 な の か 「 外 出 禁 止 ー と い う 制 裁 に 見 る 日 米 の 相 違 集 団 の 利 益 と は 誠 実 に 行 動 す る こ と 本 書 は ど の 章 か ら で も 読 め る 「 プ ロ 意 識 」 が 問 わ れ る 第 1 章 企 業 と 社 会 は 信 認 関 係 に あ る 独 禁 法 改 正 で 存 在 意 義 高 ま る 公 取 委 「 契 約 , ー ー 対 等 な 当 事 者 間 の 自 由 な 約 0 東 「 契 約 」 か ら 「 信 認 」 へ 「 国 民 の 信 認 」 を 裏 切 っ た 道 路 公 団 「 信 認 」 の 原 点 は 中 世 イ ン グ ラ ン ド に お け る 「 信 託 」 信 託 が 抱 え る 問 題 か ら 受 託 者 の 義 務 ・ 責 任 が 明 確 に プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル は 信 認 義 務 を 負 う 皆 が プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル で あ る 信 認 義 務 を 負 う プ ロ と は 企 業 は 社 会 に 対 し 信 認 義 務 を 負 う 企 業 性 善 説 は 生 き て い る イ ン テ グ リ テ ィ ( 誠 実 さ ) こ そ が 信 認 の 本 質 9 4 本 書 の 狙 い 「 誠 実 さ 」 を 貫 く 経 営 / 目 次 イ ン テ グ リ テ ィ 2

「誠実さ」を貫く経営


れ ば 、 組 織 は 不 正 に 加 担 し な い 。 つ ま り 、 た と え 集 団 志 向 的 な 発 想 で 行 動 し て い て も 、 そ の 必 然 と し て 、 不 祥 事 に 発 展 す る わ け で は な い 。 さ ら に 言 え ば 、 も し 経 営 ト ッ プ が 「 何 を す る こ と が 集 団 の 利 益 な の か 」 を は っ き り と 、 し か も 一 貫 し た 信 念 を も っ て 、 メ ン ハ 1 。 / こ 示 す こ と が で き れ ば 、 日 本 的 組 織 は 、 集 団 志 向 的 な 発 想 を 持 っ て い る が ゆ え に 、 個 人 志 向 的 な 発 想 を も っ た 個 々 人 か ら 成 る 組 織 よ り も 、 よ り 早 く 、 よ り 包 括 的 に 変 わ っ て い く こ と が で き る 。 集 団 志 向 の メ ン バ ー は 、 集 団 の 利 益 を 考 え て 行 動 す る わ け だ か ら 、 も し ト ッ プ が 「 経 営 の 誠 実 さ に 妥 協 な し 、 こ れ が 集 団 の 利 益 だ 」 と の メ ッ セ ー ジ を 本 音 で 発 す る こ と が で き れ ば 、 組 織 の 行 動 は 大 き く 変 わ っ て い く は す だ 。 つ ま り 、 ト ッ プ 次 第 と い う こ と で あ る 。 も っ と も 、 ト ッ プ の 号 令 一 つ で 組 織 が 動 く と す れ ば 、 ト ッ プ の 役 割 を 強 調 す る だ け で 十 分 だ 。 し か し 、 す べ て の 企 業 の ト ッ プ が 絶 大 な 権 限 を 持 っ て 幹 部 や 社 員 を リ ー ド し て い る わ け で は な い 。 数 万 人 も 従 業 員 が い れ ば 、 ト ッ プ の 意 向 に 従 わ な い 幹 部 社 員 も 出 て こ よ う 。 彼 ら は ト ッ プ の 発 言 を 無 視 し 、 時 に は 批 判 さ え す る 。 こ の た め 、 多 く の ト ッ プ は 、 「 和 を 重 ん ず る 」 と い う 理 屈 に 従 い 、 波 風 の た た な い 従 来 通 り の 経 営 を 続 け る こ と に な る 中 小 企 業 の ト ッ プ で あ れ ば 、 自 分 の 思 う ま ま に 会 社 を 変 え て い く こ と か で き そ う で あ る が 、 こ れ に つ い て も そ 、 つ 簡 単 で は な い 。 ト ッ プ で あ っ て も 、 取 引 先 か ら の 圧 力 や 意 向 、 こ れ ら に 従 わ な け れ ば 、 仕 事 を 失 っ て し ま う 。 ま た 逆 に 、 意 識 の 低 い 中 小 企 業 は 「 取 引 先 の 意 向 だ か ら 」 と の 言 い 訳 を 使 っ て 、 自 ら も 手 抜 き を し 、 不 正 に 手 を 染 め る 。

「誠実さ」を貫く経営


多 く の 企 業 経 営 者 が 、 ま た や コ ン プ ラ イ ア ン ス の 担 当 者 が 、 体 裁 づ く り で は な く 、 実 態 づ く り に 努 め る こ と を 願 っ て や ま な い 。 そ の 意 味 で 、 —ooo の 議 論 の 行 方 も 、 企 業 の イ ン テ グ リ テ ィ を 高 め て い く 上 で は 、 そ れ ほ ど 重 要 な こ と で は な い の で あ る 。 実 態 を つ く る こ と 以 外 に 選 択 す る 道 は な い 。 誠 実 で あ る こ と 以 外 に 持 続 可 能 な 企 業 を 創 る 方 法 は な い 。 イ ン テ グ リ テ ィ な く し て 経 営 は な い 。 本 書 を 通 じ 、 こ れ ら の 点 が 確 認 さ れ た と す れ ば 幸 い で あ る 286

「誠実さ」を貫く経営


髙 巖 ( た か ・ い わ お ) 1956 年 大 分 県 生 ま れ 1985 年 早 稲 田 大 学 商 学 研 究 科 博 士 課 程 を 修 了 ( 商 学 博 士 ) 1991 ー 94 年 ペ ン シ ル べ ニ ア 大 学 ウ ォ ー ト ン ス ク ー ル 客 員 研 究 員 2000 年 2002 年 2003 年 2004 年 2005 年 現 著 在 書 企 業 倫 理 世 界 会 議 (ISBEE) 理 事 ISO 企 業 社 会 責 任 高 等 戦 略 諮 問 会 議 委 員 , 内 閣 府 国 民 生 活 審 議 会 委 員 , 経 済 産 業 省 日 本 工 業 標 準 調 査 会 専 門 委 員 経 済 産 業 省 産 業 構 造 審 議 会 委 員 , CSR 標 準 委 員 会 作 業 部 会 主 査 , 国 土 交 通 省 地 域 づ く り 戦 略 研 究 会 主 査 経 済 産 業 省 総 合 資 源 エ ネ ル ギ ー 調 査 会 委 員 国 土 交 通 省 公 共 交 通 ヒ ュ ー マ ン エ ラ ー 対 策 委 員 会 ア ド バ イ ザ ー な ど 麗 澤 大 学 国 際 経 済 学 部 教 授 , 同 大 学 企 業 倫 理 研 究 セ ン タ ー 長 , 早 稲 田 大 学 大 学 院 フ ァ イ ナ ン ス 研 究 科 兼 任 講 師 「 ビ ジ ネ ス ・ ェ シ ッ ク ス ー 企 業 の 社 会 的 責 任 と 倫 理 法 令 遵 守 マ ネ ジ メ ン ト ・ シ ス テ ム 」 ( 共 著 ・ 文 眞 堂 ) , は く わ か る コ ン プ ラ イ ア ン ス の 知 識 』 ( 共 著 ・ 日 本 実 業 出 版 社 ) , 『 コ ン プ ラ イ ア ン ス の 知 識 』 ( 日 経 文 庫 ) , 「 CSR 企 業 価 値 を ど う 高 め る か 』 ( 共 著 ・ 日 本 経 済 新 聞 社 ) ほ か 。 イ ン テ グ リ テ ィ 「 誠 実 さ 」 を 貫 く 経 営 2006 年 3 月 6 日 1 版 1 刷 著 者 発 行 者 発 行 所 髙 巌 ◎ ao Taka, 2006 小 林 俊 太 日 本 経 済 新 聞 社 http : //www.nikkei. CO. jp/ 東 京 都 千 代 田 区 大 手 町 ト 9 ー 5 〒 100 ー 8066 電 話 ( 03 ) 3270 251 振 替 00130 ー 7 ー 555 印 刷 三 松 堂 印 刷 / 製 本 大 進 堂 ISBN 4 ー 532 ー 35207 ー X : 本 書 の 無 断 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) は , 特 定 の 場 合 を 一 : 除 き , 著 作 者 ・ 出 版 社 の 権 利 侵 害 に な り ま す 。 Printed in Japan 読 後 の ご 感 想 を ホ ー ム ペ ー ジ に お 寄 せ く だ さ い http : //www.nikkei-bookdirect.com/kansou.html

商業界 2016年 10月特大号


う 経 営 理 念 を 掲 げ て い る 。 最 初 に つ と 振 り 返 る 近 藤 社 長 だ が 、 当 時 は 何 カ ジ ュ ア ル な ラ ー メ ン 店 も あ る が 、 ク レ ド は 業 態 、 客 層 に か か わ ら ず 同 一 だ 。 目 の 前 の 人 に 何 が で き る か を く っ た も の も ほ ば 同 じ で あ っ た が 、 で や っ て く れ な い の か と い ら だ っ こ 考 え る こ と に 変 わ り は な い か ら だ 後 半 が 少 々 異 な り 、 「 誠 実 さ を 持 っ と も あ っ た 。 こ の ま ま で は い け な い 原 点 の も と 感 じ て い た と き に 、 誘 わ れ て 参 加 そ と て 8 に 挑 戦 し ま す 」 と な っ て い た 。 開 る 「 挑 戦 と い う 部 分 が 、 い っ た い 何 に し た 研 修 会 で 目 か ら う ろ こ が 落 ち る 展 す も カ 態 挑 戦 す る ん だ ろ う と す っ と 引 っ 掛 か 教 え に 出 合 っ た 。 級 工 っ て い ま し た 。 数 年 間 考 え た 末 に 出 「 そ れ ま で 私 は 、 母 が あ あ や っ て き 高 シ う て き た 答 え が あ ふ れ る 笑 顔 で 、 そ れ た か ら こ う な っ た と か 、 皆 が や っ て の の く れ な い な ど 、 何 事 も 人 の せ い に し 」 店 を 今 の 経 営 理 念 に 取 り 入 れ ま し た 」 七 プ だ が 、 経 営 理 念 の 落 と し 込 み 、 共 て い ま し た が 、 研 修 会 で 聞 い た 何 事 一 一 に に に を 摂 ~ ( る の 豐 」 有 化 が 大 き な 課 題 と し て 立 ち は だ か も 源 泉 は 自 分 だ と い う 言 葉 に ハ ッ と 楽 発 も 開 っ た 。 「 経 営 理 念 が で き た の だ か ら 、 さ せ ら れ た の で す 」 ら ト あ と は 全 員 が 思 い を 一 つ に し て 、 そ ん ザ て デ 敷 の こ に 向 か っ て 進 め ば い 、 し 」 と 近 藤 社 一 共 に つ く っ た ク レ ド が 座 店 お 同 長 は 燃 え て い た の だ が 、 近 藤 社 長 は 一 ( 理 念 実 現 の 羅 針 盤 に 自 分 な り の や り 方 で い い と 気 が 楽 熱 く な れ ば な る ほ ど ス タ ッ フ は 引 い そ こ で 2007 年 初 頭 に 、 経 営 理 に な っ た 近 藤 社 長 は 、 経 営 理 念 作 り て い く 。 に 取 り 掛 か っ た 。 ま ず 、 幹 部 た ち と 経 営 理 念 で 貫 か れ た 大 き な 企 業 で 念 を 組 織 全 体 に 浸 透 さ せ る た め に 、 ェ イ ト が 大 事 に し て い る こ と は 何 だ の 実 体 験 が あ る 近 藤 社 長 と 、 家 族 的 ク レ ド づ く り を ス タ 1 ト 。 幹 部 か ら と し て の 甘 え も あ っ た 」 と 反 省 し 、 ろ う と い う と こ ろ か ら 話 し 合 い を 始 な 雰 囲 気 の 中 、 親 の よ 、 つ な 存 在 で あ ア ル バ イ ト ま で 全 員 に 、 会 社 で 大 事 ス タ ッ フ た ち に 自 分 に 足 り な い も の 、 め 、 意 見 を 出 し て も ら っ た 。 そ れ を る 経 営 者 の 考 え に 従 っ て き た ス タ ッ に し て い る こ と や 会 社 へ の 思 い な ど 会 社 に 足 り な い も の な ど を 聞 い た 。 理 念 に ま と め る ま で に 、 そ れ ほ ど 時 フ の 間 に 温 度 差 が あ っ て 当 然 で あ ろ を ア ン ケ 1 ト 調 査 し た 。 最 初 は 「 い っ た い 、 何 を 言 っ て る き た ん 0 間 は か か ら な か っ た 。 忌 憚 な く 書 い て も ら っ た と こ ろ 、 ん で す か 」 な ど 、 ま と も に 取 り 合 っ 現 在 は 、 「 私 達 は 感 謝 の 床 に 立 ち 「 今 思 え ば 、 1 年 間 勤 め て い た 飲 食 「 諦 め て い る 」 「 い ろ い ろ や っ て い る て も ら え な か っ た り 、 「 ふ 5 ん 」 な 魂 の 込 も っ た 場 創 り で あ ふ れ る 笑 企 業 の よ う に な ら な く て は と い う 思 が 無 理 だ と 思 う 」 な ど 衝 撃 的 な も の ど と 聞 き 流 さ れ る こ と も 多 か っ た 。 い が 強 く 、 押 し 付 け て い た の で す ね 」 も あ っ た 。 近 藤 社 長 自 身 も 「 二 代 目 し か し 、 真 摯 に 話 し 合 い を 繰 り 返 す 顔 を 8 ( 無 限 ) に 追 求 し ま す 」 と い る 気 が あ れ は ' 田 ・ も 0 第 04 第 8 お ・ 4 ? 4 ? を 礎 410 物 、 杯 を 2 16 0 商 業

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


メ イ ヤ ー 、 ロ ー ワ ン 両 教 授 は 、 decou 三 一 ng の 例 と し て 、 ( 組 織 に 階 層 が あ り な が ら ) 権 限 委 譲 を 進 め る こ と 、 ( 実 質 的 結 果 が 大 事 と 言 い な が ら ) 形 式 的 な 結 果 、 例 え ば 利 益 で は な く 売 り 上 げ 、 治 っ た 患 者 の 数 で は な く 治 療 し た 患 者 の 数 が 目 標 に な る こ と 、 施 策 を 打 ち 出 し な が ら 実 質 的 に は 実 行 さ れ て い な い こ と 、 そ し て 個 人 の 人 間 関 係 や イ ン フ ォ ー マ ル な 動 き が 組 織 の 中 で は 実 は と て も 重 要 で あ る こ と を 挙 げ て い ま す 。 考 え て み れ ば 、 身 の 回 り で も い ろ い ろ あ り ま す 。 成 果 主 義 と 言 い な が ら 、 実 は 8 割 の 社 員 の 評 価 は だ っ た り ( 本 社 は 一 律 全 員 と い う 会 社 も あ り ま す ) 、 大 失 敗 を し て 降 格 さ れ た は ず の 部 長 が い つ の 間 に か 出 世 し て い た り と い う こ と で す 。 「 自 信 と 誠 実 の 論 理 (the logic 0 → confidence and good → a 洋 h ) 」 た だ 、 そ ん な こ と だ と 何 が よ く て 何 が よ く な い 、 公 平 不 公 平 も 分 か ら な い と い う こ と で 、 組 織 が ぐ ち ゃ ぐ ち ゃ に な り そ う で す 。 そ こ で 指 摘 さ れ る の が 「 自 信 と 誠 実 の 論 理 (the logic of confidence and good faith) 」 で す 。 経 営 は 社 員 の こ と を 自 信 を 持 っ て 信 頼 し て い る し 、 そ れ に こ た え て 現 場 は 誠 実 に 業 務 を こ な し て い る と い う 関 係 が 組 織 内 に 保 た れ て い る こ と が 重 要 だ と い う の で す 。 202

商業界 2016年 10月特大号


た ら い い の か 」 と い う 問 い 合 わ せ が ら な け れ ば な ら な い 。 大 き な 前 提 と し て 、 2000 年 か ら の 変 遷 に 注 目 絶 え な い の は な ぜ か し た い ( 図 表 ① ) 。 こ の 年 の 前 後 に 、 多 く の 企 業 で は ① お 客 さ ま 1 、 社 員 、 ( 取 引 業 者 、 地 。 経 営 理 念 を 変 更 す る 動 き が あ っ た 。 ( ~ 、 域 社 会 な ど の ス デ ー ク ホ ル ダ ー O* ( コ 1 ポ レ 1 ト ア イ デ ン テ ィ テ を 対 象 に し た 方 が 社 員 に 理 解 さ イ ) プ 1 ム で あ る 。 そ れ ま で の 経 営 れ 行 動 し や す い 理 念 は 松 下 幸 之 助 の 「 実 践 経 営 哲 ② ス テ ー ク ホ ル ダ ー へ の 貢 献 の 方 ~ 学 」 や の 「 設 立 趣 意 書 」 に 、 法 , 考 え 方 を 明 文 化 す る 代 表 さ れ る よ う に 創 業 者 や ト ッ ブ マ ネ ジ ャ 1 が つ く っ た も の だ っ た 。 っ ⑨ 社 員 自 身 の 仕 事 力 向 上 0 成 長 1 課 題 解 決 に 「 使 え る こ 「 と い う ま り 「 経 営 者 の 、 経 営 者 に よ る 、 経 意 識 が 持 て る 内 容 で な け れ ば 活 営 者 の た め の 経 営 理 念 」 だ っ た の だ 。 「 用 さ れ な い 経 営 者 自 ら の 事 業 観 、 使 ム 畿 、 正 義 、 い ま し め な ど に 貫 か れ た 内 容 だ と い え る 経 営 理 念 の 変 化 を し か し 、 そ の 文 章 を そ の ま ま 社 員 知 ら な け れ ば 浸 透 は 難 し い へ 「 必 要 な も の だ か ら 実 践 せ よ 」 と 経 営 理 念 の 浸 透 は 古 く て 、 し か も 指 小 し た と こ ろ で 、 そ れ は 「 や ら さ 今 日 的 な テ 1 マ で も あ る 。 し か し 残 れ 感 」 を 組 織 に 充 満 さ せ る だ け の 話 一 の 念 な が ら 浸 透 が う ま く い っ て い な い で 、 と て も 浸 透 な ど に は 至 ら な い 。 理 ケ 1 ス は 多 い 。 浸 透 を 迅 速 か っ 確 実 こ れ ま で の 経 営 理 念 の ま ま 全 社 員 が ~ 営 経 に す る た め に は 、 経 営 理 念 に 対 す る 唱 和 し て 一 体 感 を 醸 成 し た 気 に な る 根 源 的 な 考 え 方 を 切 り 替 え る 必 要 が こ と は 浸 透 と は い え な い 。 あ る つ ま り 「 社 員 の 、 社 員 に よ る 、 社 表 ま ず 私 た ち は 経 営 理 念 の 変 遷 を 知 員 の た め の 経 営 理 念 」 に 構 造 も 考 え 、 経 営 理 念 の ポ イ ン ト 1 ① 社 会 へ の 価 値 第 3 期 2016 年 ~ cf. Starbucks Zappos Goog 厄 LinkedIn ・ ・ 蟲 社 員 満 足 cf. 日 本 理 化 学 工 業 伊 那 食 品 工 業 沖 縄 教 育 出 版 ・ cf. DISNEY ( オ リ エ ン タ ル ラ ン ド ) THE RITZ-CARLTON HOTEL ・ ・ ・ 第 2 期 2008 2016 年 こ ろ 顧 客 満 足 、 接 客 第 1 期 2000 ~ 2008 年 こ ろ 第 第 ま 第 創 業 の 思 し 、 企 業 哲 学 ~ 2000 年 . ー cf. 松 下 経 営 哲 学 SONY 設 立 趣 意 書 2 町 6 0 業

商業界 2016年 10月特大号


念 経 甞 目 指 す べ き 企 業 の 在 り 方 創 業 者 の 思 い 、 顧 客 満 足 、 従 業 員 満 足 の 実 現 に 加 え 、 い ま 経 営 理 念 に 「 社 会 の 価 値 向 上 」 が 求 め ら れ て い る 。 つ ま り 、 日 本 古 来 の 商 い の 信 条 「 三 方 よ し 」 こ そ 目 指 す べ き 経 営 の 在 り 方 。 い か に 実 践 し て い く か 、 理 念 経 営 の 提 唱 者 が 解 説 す る 。 一 昨 年 の こ と だ が 、 「 食 品 表 示 問 で は 理 念 経 営 を 実 践 し て い る の に な 題 」 が メ デ ィ ア で 取 り 沙 汰 さ れ た 。 ぜ そ の よ 、 つ な 事 件 が 起 こ っ た の か 」 あ の 著 名 ホ テ ル に 起 こ っ た メ ニ ュ 1 表 小 し て い た プ ラ ン ド 食 材 と か 「 社 員 の 倫 理 観 は 経 営 理 念 で は 事 件 か ら 分 か る こ と と は 違 う 食 材 を 実 際 に は 使 い な が ら 、 醸 成 で き な い の か 」 な ど で あ る 。 表 示 は そ の ま ま に し て い た と い う 問 そ こ で 私 は 、 問 題 発 覚 か ら し ば ら 問 題 発 生 の 直 後 か ら < ホ テ ル に は 題 で あ る 。 < ホ テ ル は 経 営 理 念 の 推 く た っ た こ ろ 、 発 生 当 時 の 状 況 や そ 数 千 件 に 及 ぶ ク レ ー ム が 届 き 、 対 応 進 活 動 に 日 頃 か ら 熱 心 で あ っ た の だ の 後 の 取 り 組 み に つ い て ホ テ ル の に 追 わ れ た 。 し か し 、 驚 い た こ と に 、 が 、 そ の 問 題 が 発 生 し た 。 マ ネ ジ メ ン ト ト ッ プ と 幹 部 社 員 に 会 肝 心 の 売 上 げ や 客 数 は ほ と ん ど 減 少 私 が 代 表 を 務 め る 理 念 開 発 の 専 門 談 を 申 し 入 れ た 。 こ の 会 談 で は 、 こ し て い な い 、 と マ ネ ジ メ ン ト ト ッ プ コ ン サ ル テ ィ ン グ 会 社 、 日 本 ク レ ド れ か ら 経 営 理 念 を 論 じ る 上 で 非 常 に は 私 に 告 げ た 。 こ の よ う な こ と が あ に は 直 後 か ら 以 下 の よ 、 つ な 問 い 合 わ 重 要 な 一 小 唆 が あ っ た の で 、 詳 し く 解 れ ば 、 高 い プ ラ ン ド の 信 頼 失 墜 、 裏 せ が 数 多 く 寄 せ ら れ た 。 「 ホ テ ル 説 し た い 。 切 ら れ た と 感 じ て 怒 っ た お 客 は 予 約 理 念 、 の 一 浸 ( ( 透 と , 実 《 践 亶 ~ ま 囀 第 を ( 3 第 彎 日 本 ク レ ド 代 表 吉 田 誠 一 郎 ? 16 商 業

「誠実さ」を貫く経営


が 見 て い な い か ら 大 丈 夫 」 「 誰 に も ば れ る こ と は な い か ら 誤 摩 化 し も よ し 」 な ど と 指 導 し て い な い か こ う い っ た 現 場 が あ る に も か か わ ら ず 、 こ れ を 見 て 見 ぬ ふ り を す れ ば 、 リ 1 ダ ー と し て の 責 務 を 放 棄 し て い る こ と に な る 。 も ち ろ ん 、 こ れ を 意 図 的 に や ら せ て い る と す れ ば 、 そ れ は ま っ た く の 論 外 で あ る が 、 将 来 は 社 会 よ り 尊 敬 を 得 る だ け の 会 社 に し た い と 考 え て い る 経 営 者 で あ る な ら ば 、 中 小 企 業 の 段 階 に あ る 時 に こ そ 、 努 力 を 払 う べ き で あ る 。 大 き な 会 社 に な れ ば な る ほ ど 、 経 営 者 の 夢 や 信 念 は 伝 わ り ・ に ノ \ / な る か ら だ 。 も っ と も 、 私 は 、 こ こ で 何 か 特 別 に 難 し い こ と を 経 営 者 に 求 め て い る わ け で は な い 。 日 本 に は 、 昔 か ら 「 お 天 道 様 」 と い う 考 え 方 が あ っ た は ず だ 。 そ れ は 、 、 し つ 何 処 で 誰 が 見 て い て も 、 恥 ず る こ と の な い 行 動 を と る 、 と い う 、 実 に 簡 単 明 瞭 な 実 践 原 理 で あ る 。 既 に 触 れ た 通 り だ 。 今 、 経 営 者 、 リ ー ダ 1 る に 求 め ら れ て い る の は 、 一 言 で 言 え ば 、 こ の 思 想 に 立 ち 返 る こ と で あ る 。 そ う し た 意 識 が 企 業 に 根 付 れ わ い た 時 、 組 織 の イ ン テ グ リ テ ィ は 妥 協 の な い も の に ま で 高 め ら れ る こ と に な ろ う 。 必 社 員 が 会 社 を 信 用 し な く な る テ 事 業 者 の 誠 実 さ が 競 争 力 に 変 わ る 理 由 と し て 、 第 一 に 消 費 者 や 市 民 の 目 が 厳 し く な っ て い る こ と 、 グ テ 第 二 に 改 正 独 占 禁 止 法 や 公 益 通 報 者 保 護 法 な ど の 法 制 度 が 整 い つ つ あ る こ と を 紹 介 し た が 、 さ ら に も 、 つ 一 つ 重 要 な 理 由 を あ げ な け れ ば な ら な い 。 そ れ は 、 不 誠 実 な 会 社 に あ っ て は 、 社 員 自 身 が 会 社 を 信 2 用 し な く な る 、 ま た そ れ ゆ え 、 社 員 が 会 社 を も 欺 く よ う に な る と い う こ と だ 。 第 た と え ば 、 あ る 会 社 で は 「 古 い も の を い か に 新 し く 見 せ て 売 る か 、 こ れ が で き な け れ ば 一 人 前 で は