検索 - みる会図書館

全データから 209845件ヒットしました。

【図解入門塾】 すぐわかる! 情報リスクマネジメント


【 図 解 入 門 塾 】 す ぐ わ か る ! 情 報 リ ス ク マ ネ ジ メ ン ト 0 CONTENTS

【図解入門塾】 すぐわかる! 情報リスクマネジメント


図 解 入 門 塾 シ リ ー ズ 【 図 解 入 門 塾 】 す ぐ わ か る ! す ぐ わ か ! ビ ジ ネ ス モ レ 特 許 岩 崎 靖 = 著 ・ 本 体 1500 円 十 税 ど ん な も の が ビ ジ ネ ス モ デ ル 特 許 に な る の か 。 日 米 両 国 か ら い ま 大 注 目 さ れ て い る ビ ジ ネ ス モ デ ル 特 許 に つ い て 、 基 本 的 な 権 利 関 係 か ら 実 際 の 企 業 の 取 り 組 み ま で 、 オ ー ル 図 解 で 解 説 。 【 図 解 入 門 塾 】 す ぐ わ か る ! S & 新 会 計 基 準 太 田 昭 和 セ ン チ ュ リ ー = 著 ・ 本 体 1600 円 十 税 時 価 会 計 、 連 結 決 算 、 CF 、 税 効 果 会 計 ・ ・ ・ 国 際 云 計 基 準 と い う グ ロ ー バ ル ・ ス タ ン ダ ー ド の 導 入 で 、 日 本 の 会 計 制 度 は ど う 変 わ る の か 。 平 易 な 解 説 十 全 図 解 で 大 筋 が す ぐ に つ か め る 決 定 版 。 【 図 解 入 門 塾 】 す ぐ わ か る ! ~ す 力 か る ! 燃 料 電 池 の 仕 組 み 秋 本 格 ・ 千 葉 三 樹 男 ・ 山 本 寛 = 著 ・ 本 体 1600 円 十 税 新 世 紀 エ ネ ル ギ ー と し て 注 目 さ れ て い る 燃 料 電 池 だ か 、 そ の メ カ ニ ズ ム や 原 理 は わ か り に マ イ ク ロ パ ワ ー 革 命 が く い 。 そ の す べ て を や さ し く 解 説 。 理 系 の 知 起 き る ! ! 賓 物 の 釜 メ 第 ゑ - 識 が な い 人 で も 十 分 理 解 で き る 人 門 書 。 日 勲 を 第 ル ギ - 第 を な ど の ク リ ー ン エ ネ ル ギ ー の 第 状 と か ん き 出 版 の ホ ー ム ペ ー ジ も ご 覧 下 さ い 。 http: 〃 www.kanki-pub.co.jp/ 灯 が 大 き く 変 わ る ! ヒ ジ ネ 引 厦 戦 略 が 大 き く 変 わ る に 大 様 三 ヨ 岩 諸 ) 4 孵 0 D - 一 を す 。 、 を い ビ ジ ネ 飛 デ ル 特 評 3 ズ 亮 デ ル 題 市 発 品 や サ - ヒ ス の モ デ ル ; 鎖 サ ー ビ ス に 関 す る モ デ ル 経 営 手 法 や 内 部 管 理 に す る を デ ル ジ ネ ス ・ 金 財 ・ 要 造 ・ 流 通 - も は や 資 金 力 の 時 代 で は な い 。 屮 ・ 特 ド が 争 力 を 高 め る ! ! 企 図 解 .. 入 門 塾 . IAS& ! 新 会 計 基 準 , 会 計 革 命 で 企 業 戦 略 は 激 変 す る ! 色 を 訣 太 田 和 セ ン チ : リ ー 会 計 ビ ッ グ バ ン は ま だ 終 わ っ て い な い ! IAS (ætt") に さ ら に ! 新 基 準 設 定 は 政 府 か ら 民 間 に 移 管 す る ! ? . 将 来 キ ャ プ シ ュ ウ ロ ー の 情 報 は 中 保 や M & A に 、 も は や 不 可 欠 ー 21 世 紀 の 世 界 を 変 え る テ ク ノ ロ ジ ー 燃 料 電 池 の 仕 組 み つ 1 世 紀 の 世 界 を 変 え る テ ク ノ ロ ジ

現代日本の文学 Ⅱ― 9 司馬 遼太郎 集


越 え て 越 前 大 野 に 入 っ た 。 越 前 大 野 は 北 国 で も も っ と も 雪 を 示 跿 し て く れ た 。 「 大 坂 へ 行 っ た ら 、 ど う か 」 深 い 地 帯 で あ り 、 家 々 の 屋 根 は 雪 に う ず も れ て い た 。 お が た こ う あ ん て き と 、 伊 藤 は い う の で あ る 。 大 坂 で は 闌 学 者 緒 方 洪 庵 が 適 「 ま こ と か 、 ま こ と 、 這 帽 子 の 峠 を 越 え て き た か 」 伊 藤 慎 蔵 の 門 を た た い た と き 、 慎 蔵 と そ の 家 人 は 目 を み 塾 を ひ ら い て い る 。 こ の 塾 が 、 日 本 の 闌 学 教 育 の 最 高 峰 で は り 、 何 度 も き い た 。 こ の 熱 心 さ が 、 慎 蔵 に 好 意 を も た せ あ ろ う 。 伊 藤 慎 蔵 も そ こ で ま な ん だ 。 「 お ぬ し の 素 質 は 、 か れ ん 適 塾 に ま な ぶ に た え う る 」 と 、 慎 蔵 は こ の 可 憐 な 体 操 ず き の 門 人 に 言 い 、 紹 介 状 ま で 書 い て く れ た 。 ( 奇 特 な も の よ ) 郁 太 郎 は 美 濃 の 養 家 に そ の 旨 を 書 い た 手 紙 だ け 送 り 、 大 体 操 を ま な ぶ た め に 雪 の 這 帽 子 峠 を 命 が け で く る と い う か し ょ ま ち ど ぶ い け 情 熱 は 、 珍 重 す べ き も の で あ る 。 藩 外 人 な が ら 異 例 の 入 門 坂 へ ゆ き 、 過 書 町 丼 池 東 入 ル の 適 塾 に 入 門 し 、 寄 宿 生 に な 門 人 帳 に 、 を ゆ る し 、 自 分 が 闌 書 の 図 解 で お ぼ え た 体 操 を 、 一 手 一 手 、 濃 州 赤 坂 駅 所 郁 太 郎 た ん ね ん に お し え た 。 郁 太 郎 は 、 失 望 を お し か く し て そ れ を 覚 え た 。 思 っ て い た ほ ど 体 操 は 神 秘 的 な 医 療 技 術 で は な と 署 名 し た 。 養 家 の 姓 を 名 乗 り な が ら 養 家 の 村 を 書 か ず 、 か っ た し 、 そ れ に 手 足 を ふ っ て い た と こ ろ で 、 な ん の 知 的 わ ざ わ ざ 実 家 の 赤 坂 を 書 い た の は 、 身 辺 に な に ご と か が あ っ た ば あ い 、 養 家 に 迷 惑 が お よ ぶ の を お そ れ た が た め で あ 興 味 も 満 足 さ せ て く れ な か っ た 。 し か し 、 そ れ で も よ か っ た 。 郁 太 郎 に す れ ば 手 段 に す ぎ ず 、 目 的 で あ る 養 家 か ら の る 。 門 人 帳 を 繰 る と 、 通 計 七 百 人 ば か り の 名 が つ ら ね て あ い っ す ん の 一 寸 延 ば し の 脱 出 は 、 か ろ う じ て 果 た せ て い る か ら で あ る 。 り 、 そ の な か で 長 州 人 が も っ と も 多 か っ た 。 郁 太 郎 は こ の 塾 で 一 年 六 カ 月 在 学 し た が 、 そ の 間 、 安 穏 春 が き て 雪 が と け 、 北 国 に 旅 人 の ゆ き き が は げ し く な っ た 。 こ の こ ろ 、 民 間 の 政 治 活 動 家 に 対 す る 弾 圧 者 だ っ た 井 で は な か っ た 。 国 許 か ら 何 度 も 帰 郷 を す す め る 手 紙 が 来 て い な お す け 人 伊 直 弼 が 、 桜 田 門 外 で 斬 ら れ た 。 そ の 風 聞 を 、 郁 太 郎 は 越 お り 、 つ い に は 緒 方 洪 庵 の も と ま で き た 。 洪 庵 は お ど ろ き 、 浪 前 大 野 で き い た 。 今 後 多 少 、 幕 府 の 態 度 も ゆ る む で あ ろ う 。 郁 太 郎 を よ び 、 退 塾 帰 国 を 勧 告 し た 。 国 許 で は 、 学 資 送 ら ぬ と い う 。 郁 太 郎 は 、 絶 望 し た 。 そ う 思 う と 、 京 の 風 雲 が 恋 し く な っ た 。 し よ う ( い つ ま で も 、 こ ん な 体 操 を 学 ん で い た と こ ろ で 仕 様 が な ( つ い に 、 田 舎 医 者 に な り は て る の か ) と 、 う な じ を 垂 れ 、 涙 を こ ぼ し た 。 向 学 の 志 望 が 挫 折 し と お も う う ち 、 師 匠 の 伊 藤 慎 蔵 の ほ う か ら あ た ら し い 道 た か ら で は な い 。 し か し 洪 庵 は そ う 受 け と っ た 。 郁 太 郎 を じ ゅ く く に も と ざ せ つ

法学セミナー 2016年9月号


く 法 律 〉 2016 09-10 公 立 図 書 館 の 無 料 原 則 と 公 貸 権 制 度 ~ 新 刊 案 内 稲 垣 行 子 / 著 い な が き ゅ き こ ( 国 際 私 法 学 会 会 員 ・ 著 作 権 法 学 会 会 員 ) A5 判 本 体 5700 円 十 税 978-4-535-52146-9 ( 好 評 発 売 中 ) 新 ・ 労 働 契 約 Q & A 会 社 で あ な た を ま も る IO 章 東 京 南 部 法 律 事 務 所 / 編 と う き よ う な ん ぶ ほ う り つ じ む し よ A5 判 本 体 3000 円 十 税 978-4-535-52149-0 ( 好 評 発 売 中 ) 公 立 図 書 館 の 利 用 の 無 料 原 則 と 図 書 資 料 の 著 作 者 の 権 利 と の 調 整 の 問 題 を 、 国 民 の 知 る 権 利 自 由 の 視 点 か ら 精 緻 に 考 察 す る 。 賃 金 、 労 働 時 間 か ら 人 事 、 労 働 強 化 ま で 会 社 で 働 く 人 に か か わ る 労 働 条 件 と 権 利 を 内 容 別 に わ か り や す く 解 説 。 最 新 の 法 改 正 を 踏 ま え て 新 版 化 。 論 点 解 説 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 答 申 例 森 田 明 / 著 も り た あ き ら ( 弁 護 士 、 元 内 閣 府 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 常 勤 委 員 ) A5 判 本 体 5500 円 十 税 978-4-535-52171-1 ( 好 評 発 売 中 ) 伊 藤 真 の 刑 事 訴 訟 法 人 門 [ 第 5 版 ] ■ 神 戸 学 院 大 学 法 学 研 究 叢 書 A5 判 本 体 1700 円 十 税 978-4-535-52163-6 ( 好 評 発 売 中 ) い と う ま こ と ( 伊 藤 塾 塾 長 、 弁 護 士 ) 伊 藤 真 / 著 ー ー ー - 講 義 再 現 版 情 報 の 開 示 ・ 不 開 示 を 分 け る も の は 何 か 。 元 審 査 会 委 員 が 、 重 要 論 点 ご と の 審 査 会 の 判 断 基 準 を 主 な 答 申 例 か ら 読 み 解 き 、 課 題 を 示 す 。 要 問 題 も コ ラ ム で わ か り や す く 解 説 。 ん だ 定 番 入 門 書 の 改 訂 版 。 新 し い 刑 訴 法 の 重 い ち 早 く 平 成 28 年 刑 訴 法 改 正 の 解 説 を 織 り 込 市 場 支 配 カ 濫 用 規 制 法 理 の 展 開 田 中 裕 明 / 著 た な か ひ ろ あ き ( 神 戸 学 院 大 学 法 学 部 教 授 ) A5 判 本 体 5200 円 十 税 978-4-535-05819-4 ( 好 評 発 売 中 ) オ ー ス ト ラ リ ア 移 民 法 解 説 浅 川 晃 広 / 著 あ さ か わ あ き ひ ろ ( 名 古 屋 大 学 大 学 院 国 際 開 発 研 究 科 講 師 ) A5 判 本 体 5700 円 十 税 978-4-535-52205-3 ( 8 月 中 旬 刊 ) ※ 表 示 価 格 は 本 体 価 格 で す 。 別 途 消 費 税 が か か り ま す 。 ド イ ツ 法 ・ EU 法 に 共 通 す る 事 業 者 の 市 場 支 配 カ 濫 用 規 制 の 法 理 を 探 究 す る 労 作 。 わ が 国 独 禁 法 い 私 的 独 占 の 禁 旧 の 法 理 も 探 る 。 世 界 有 数 の 移 民 国 家 オ ー ス ト ラ リ ア 。 そ の 移 民 政 策 の 根 幹 を 成 す 移 民 法 の 要 諦 を 詳 細 に 解 説 す る 。 移 民 政 策 を 考 え る た め の 基 礎 文 献 。

チュンプルズ : 大学受験のための英語参考書


ま だ 1 冊 の 本 と い う 形 に は ま と て 養 わ れ た 読 解 力 は 、 そ の 後 も 音 読 を 受 験 ま で 続 け 、 試 験 の ま っ て お ら ず 、 授 業 後 に 、 か な 私 を 支 え て く れ て い ま す 。 直 前 に は 、 か つ う ら 先 生 か ら 英 り の 時 間 を 費 や し て ノ ー ト に ま 語 力 が 驚 く ほ ど っ い た と 言 わ と め 直 し て い っ た 記 憶 が あ り ま ー っ 後 悔 し て い る こ と が あ り れ 、 本 当 に 嬉 し か っ た で す 。 す 。 HP を 確 認 す る と 、 『 チ ュ ま す 。 大 学 合 格 後 す ぐ に 、 英 語 ン プ ル ズ 』 は 1993 年 発 刊 と あ 力 が ピ ー ク の 状 態 に あ る う ち り ま す が 、 『 チ ュ ン プ ル ズ 』 と に 、 英 検 ・ TOEIC 等 を 受 け な い う 名 称 に な っ た の は 、 1997 か っ た こ と で す 。 も っ と も 、 「 受 精 読 な く し て 速 読 な し 年 以 降 と の こ と 。 験 時 が 英 語 力 の ピ ー ク 」 な ど と ( 特 別 寄 稿 ) 考 え る の で は な く 、 そ の 後 も 英 私 は 、 入 塾 が 遅 か っ た た め 、 語 力 は 伸 ば す べ き な ん で す け ど Y ・ Y 京 都 大 学 法 学 部 卒 授 業 の 密 度 や 速 度 に 苦 労 し 、 復 ね 。 ー お ん に こ に こ に つ こ り そ ( 1997 年 ・ 高 松 高 校 卒 ) 習 の 際 も 辞 書 や 参 考 書 を 片 手 わ か に 、 懸 命 に 復 習 用 ノ ー ト を 作 っ 1997 年 に 、 「 お ん 一 一 て い っ た 記 憶 が あ り ま す 。 授 業 二 戸 一 二 ′ ー 1 ′ っ こ り そ わ か 」 と い う 体 験 記 を の 内 容 が 知 的 刺 激 に 満 ち て い た 投 稿 し た 卒 業 生 で す 。 あ の 体 験 の で 、 そ の 復 習 も ま た 楽 し い も 暗 唱 と 散 歩 は 相 性 が い い 記 は 京 大 在 学 当 時 、 勝 浦 先 生 に の で し た が 。 そ の 後 、 『 チ ュ ン ( 特 別 寄 稿 ) 送 っ た メ ー ル を 元 に し た も の で プ ル ズ 』 と い う 形 に な り 、 「 良 す 。 そ れ が き っ か け で こ の 「 体 く も 悪 く も 」 、 楽 に な っ た よ う O ・ K 東 京 大 学 法 学 部 卒 験 記 」 コ ー ナ ー が 始 ま っ た と の に 記 憶 し て い ま す 。 ( 2000 年 高 松 高 校 卒 ) こ と で す 。 そ も そ も 公 表 さ れ る こ と な ど 意 図 せ ず 、 勝 浦 先 生 に 『 チ ュ ン プ ル ズ 』 は 、 当 時 か 『 700 選 』 の 記 事 を 読 ん だ と 伝 え た い 勢 い の み で 送 っ た 私 信 ら 、 英 語 学 習 の ェ ッ セ ン ス が 凝 い う OB か ら 、 十 数 年 ぶ り に メ な の で 、 そ の 後 の 皆 さ ん の 体 験 縮 さ れ た 好 教 材 で し た 。 た だ 、 ー ル が 届 い た 。 通 勤 電 車 の 中 で 記 に 比 べ 、 幼 稚 な 内 容 を 恥 ず か 当 時 は ま だ ま だ 授 業 で し か 得 ら 書 い た そ う 。 以 下 は そ の 要 略 。 し く 思 っ て い ま す 。 れ な い 知 識 、 ノ ウ ハ ウ の 方 が か な り 多 か っ た よ う に 思 い ま す 。 「 700 選 の 暗 記 は 『 完 璧 主 義 』 先 日 、 私 の 法 律 事 務 所 に 勤 務 最 新 版 は 、 そ う い っ た も の も 取 を 捨 て る 」 を 、 と て も 興 味 深 く す る 、 あ る お 母 さ ん か ら 、 英 語 り 込 み 、 大 き く 進 化 し た こ と が 、 拝 読 し ま し た 。 今 は 英 語 学 習 か が 苦 手 な 次 男 ( 高 2 生 ) を 何 と 目 次 を 見 た だ け で わ か り ま す 。 ら 離 れ て い ま す が 、 学 び 方 一 般 か し て や り た い と の 相 談 を 受 け そ こ で 、 先 の 高 2 生 の 分 と は 別 に 通 じ る 内 容 だ と 思 い ま す 。 ま し た 。 私 の 受 験 当 時 の 参 考 書 に 、 私 の 分 も 依 頼 し ま し た 。 届 で あ れ ば 紹 介 で き ま す が 、 現 在 く の が 楽 し み で す 。 「 学 び に 楽 な 道 は な い 」 を 、 の 受 験 事 情 な ど 知 る 由 も あ り ま 日 々 、 痛 感 し て い ま す 。 先 生 の 、 せ ん 。 当 時 と 変 わ ら ず 、 す す め 『 チ ュ ン プ ル ズ 』 の 内 容 が よ い ま も な お 貪 欲 に 暗 記 に 取 り 組 ら れ る に 違 い な い と 思 え た の は り 進 化 し た と い う こ と は 、 授 業 ま れ て い る 姿 に 、 深 く 感 銘 を 受 『 チ ュ ン プ ル ズ 』 ぐ ら い 。 勝 浦 で は 、 さ ら に そ の 上 、 そ の 先 の け ま し た 。 先 生 の 厳 選 し た 問 題 に 取 り 組 こ と を や っ て い る は ず で す 。 《 現 み 、 授 業 に 出 席 し て こ そ 真 価 を 役 塾 生 た ち が う ら や ま し い 》 記 事 を 一 読 し て 、 公 園 は M 発 揮 す る 『 チ ュ ン プ ル ズ 』 で す 公 園 だ と す ぐ に 分 か り ま し た 。 が 、 静 岡 県 在 住 で は 、 か つ う ら 外 国 語 で あ る 英 語 の 「 精 読 」 散 歩 と 暗 唱 は 相 性 が い い で す 。 塾 に 通 う わ け に も い き ま せ ん 。 を 通 じ て 、 日 本 語 の 読 み 方 が 変 そ れ で 『 チ ュ ン プ ル ズ 』 だ け で わ り 、 ひ い て は 、 書 き 言 葉 、 話 大 学 生 の こ ろ 、 英 会 話 の 勉 強 も 紹 介 す る こ と に し ま し た 。 し 言 葉 、 考 え る 言 葉 ( 思 考 カ ) の た め 、 上 野 公 園 の ま わ り を 歩 も 変 わ る と い う の が 、 体 験 記 「 お き な が ら 英 文 を 覚 え ま し た 。 英 最 近 は 、 「 精 読 」 で き な く て 文 よ り も 風 景 の 方 が 記 憶 に 残 っ ん に に こ に つ こ り そ わ か 」 で も 「 何 と な く 読 め る 」 で よ し と 言 い た か っ た こ と で す 。 何 と な て い ま す 。 す る 風 潮 が あ る と 聞 き ま す 。 「 何 く 読 め て し ま う 母 国 語 で は な と な く 読 め る 」 レ ベ ル の 文 章 し く 、 外 国 語 だ か ら こ そ 学 べ る こ 社 会 人 に な っ て か ら は 、 法 律 か 読 め な い の で は 、 英 語 学 習 と と 。 こ の 学 び 、 気 づ き こ そ 、 か を 暗 記 を す る の に 、 昼 休 み 、 武 し て 明 ら か に 不 十 分 で す 。 高 校 つ う ら 塾 で の 最 大 の 収 穫 で す 。 道 館 の 周 り や 靖 国 神 社 の な か を 卒 業 以 降 に 遭 遇 す る 、 日 本 語 で 文 章 の 正 確 な 理 解 と 、 そ の た め 歩 き 回 り ま し た 。 散 歩 中 の 風 景 も 難 解 で あ ろ う 専 門 分 野 の 文 章 の 精 読 の 技 術 は 知 的 生 産 の 土 台 が き っ か け で 記 憶 を 呼 び 起 こ す は 、 文 法 的 理 解 、 構 造 的 理 解 な で あ り 、 出 発 点 で す 。 こ と が で き た 、 と い う 気 づ き が く し て 、 正 確 に は 読 め ま せ ん 。 あ り ま す 。 現 在 は 、 専 ら ド メ ス テ ィ ッ ク 私 が か つ う ら 塾 に 通 い 始 め た な 案 件 が 中 心 で す が 、 か つ う ら 英 会 話 学 習 で す が 、 結 局 、 あ 当 初 、 勝 浦 先 生 の ノ ウ ハ ウ は 、 塾 で の 「 英 文 精 読 学 習 」 を 通 じ ら か じ め 用 意 し て い た 英 文 を し ー 50 -

あわわ 2016 7月号 VOL.50


塾 を 探 す 英 語 塾 ス ケ ッ チ ・ ザ ・ ワ ー ル ド 受 験 へ の 第 一 歩 。 そ れ は 塾 探 し か ら 。 教 育 熱 心 な 徳 島 県 に は 素 晴 ら し い 教 室 が 多 く 存 在 し ま す 。 自 分 に あ っ た ピ ッ タ リ の 教 室 を 見 つ け ま し よ う 。 ◎ 河 合 塾 マ ナ ビ ス 徳 島 校 映 像 授 業 と 個 別 指 導 の グ ッ ド コ ン ビ ネ ー シ ョ ン 最 新 の 入 試 情 報 を 加 味 し た 映 像 授 業 を 行 う 『 河 合 塾 マ ナ ビ ス 』 で は 、 個 性 に 合 わ せ た オ ー ダ ー メ イ ド の 授 業 プ ラ ン を 構 築 す る こ と が で き る 。 授 業 後 に は 担 当 ア ド バ イ ザ ー に よ る 個 別 指 導 を 実 施 。 理 解 で き な か っ た 部 分 の 補 足 な ど 目 の 前 の ギ モ ン へ の 対 処 は も ち ろ ん 、 先 を 見 据 え た ア ド バ イ ス を 行 っ て く れ る の も 大 き な 魅 力 と な っ て い る 。 【 合 格 実 績 】 【 夏 期 講 習 ス ケ ジ ュ ー ル 】 京 都 大 学 ・ 大 阪 大 学 ・ 名 古 屋 夏 期 特 別 無 料 講 習 大 学 ・ 九 州 大 学 ・ 筑 波 大 学 ・ 神 6 月 11 日 ( 土 ) ~ 8 月 31 日 ( 水 ) ※ 8 月 11 日 ( 木 ・ 祝 ) 受 付 終 了 特 別 無 料 講 習 の 講 座 ラ イ ン ナ ッ プ ( 英 数 国 ) の 中 か ら 講 座 を 選 び 受 講 可 能 。 戸 大 学 ・ 広 島 大 学 ・ 徳 島 大 学 ・ 香 川 大 学 ・ 慶 應 義 塾 大 学 ・ 明 夏 期 講 習 7 月 1 日 ( 金 ) ~ 8 月 31 日 ( 水 ) ※ 8 月 11 日 ( 木 ・ 祝 ) 受 付 終 了 治 大 学 な ど ( 過 去 5 年 間 ) 河 合 塾 マ ナ ビ ス の 全 講 座 の 中 か ら 自 由 に 講 座 を 選 ん で 受 別 途 受 講 料 が 発 生 し ま す 。 ・ 徳 島 校 tel.088-679-6955 徳 島 市 佐 古 一 番 町 8-20 営 / 15 : 00 ~ 22 : 00 、 日 曜 10 : 00 ~ 18 : 00 休 / 月 に 1 日 程 度 不 定 期 http://www. manavis.com 夏 休 み の カ リ キ ュ ラ ム は 磐 石 ! ! 夏 期 講 習 で は 高 1 か ら 、 大 学 受 験 生 向 け に セ ン タ ー 試 験 や 難 関 大 の 英 語 長 文 対 策 に 最 適 な 「 英 文 法 冂 を 一 気 に 受 講 す る こ と が 可 能 。 セ ン タ ー 試 験 問 題 な ど を 実 際 に 扱 う 「 英 語 長 文 読 解 コ ー ス 」 も 用 意 す る な ど 盤 石 の 体 制 で 迎 え て く れ る 。 そ の 他 に も 4 技 能 を 伸 ば す 「 子 ど も 英 語 教 室 」 を 展 開 。 新 規 入 会 の 人 は 、 な ん と 7 月 の 授 業 料 が 無 料 に 【 夏 期 講 習 ス ケ ジ ュ ー ル 】 ① 「 英 文 法 ー 夏 期 集 中 」 ② 「 英 語 長 文 読 解 夏 期 集 中 」 週 3 コ ー ス ( 全 14 回 ) 7 月 20 日 ( 水 ) ~ : 月 水 金 19 : 30 ~ 21 : 00 セ ン タ ー 試 験 マ イ ナ ス : 月 18 : 10 ~ 19 : 40 セ ン タ ー 試 験 プ ラ ス : 木 18 : 10 ~ 19 : 40 週 2 コ ー ス ( 全 14 回 ) 7 月 13 日 ( 水 ) ~ : 水 金 16 : 00 ~ 17 : 30 と も に 2 万 9500 円 7 月 1 1 日 ( 月 ) ~ ( 全 6 回 ) 1 万 3000 円 ~ ※ 週 1 回 の 対 応 も 可 能 ( 料 金 は 別 ) 。 ※ ① ② と も に 入 塾 金 ( 5 ′ 400 円 ) が 別 途 必 要 。 △ 毅 住 【 塾 生 の 学 校 名 】 ・ 徳 島 オ フ ィ ス tel.088-624-8518 徳 島 市 佐 古 六 番 町 8-9 ( 遠 所 ビ ル 2F ) 鳴 門 教 育 大 学 附 属 中 学 、 城 ノ 内 営 / 16 : 00 ~ 22 : 00 中 学 、 城 ノ 内 高 校 、 城 東 高 校 な ど 休 / 土 ・ 日 曜 、 祝 日 ト ド http://sketch-theworld.jp/services 第 ・ マ ク ド ナ ル ド 県 道 30 あ わ ぎ ん ホ ー ル 、 佐 古 大 宿 新 町 川 第 第 物 ・ 河 マ 第 月 波 お ど り 会 館 土 成 校 tel.088-696-3470 勝 瑞 校 tel.088-678-7814 脇 町 校 teL0883-52-5514 阿 南 校 teL0884-22-7201 西 大 工 町 鳴 島 大 59

【図解入門塾】 すぐわかる! 情報リスクマネジメント


わ か る ! 入 門 。 図 解 マ ネ ジ メ ン ト 儔 報 リ ス ク か ん き 出 版 古 川 泰 弘 KPMG ビ ジ ネ ス ア シ ュ ア ラ ン ス 株 式 会 社 ー n f 0 「 m a t i 0 n R i s k M a n a g e m e n t セ キ ュ ア な 経 営 環 境 を 構 築 す る !

法学セミナー 2016年10月号


2016 10-11 く 法 律 〉 人 権 法 近 藤 敦 / 著 こ ん ど う あ っ し ( 名 城 大 学 法 学 部 教 授 ) A5 判 本 体 3800 円 十 税 978-4-535-52193-3 ( 好 評 発 売 中 ) 新 刊 案 内 憲 法 の 人 権 分 野 を 扱 う 教 科 書 。 日 本 国 憲 法 と 国 際 人 権 法 の 対 話 の う ち に 、 人 権 条 約 適 合 的 な 憲 法 解 釈 の あ り 方 を 考 え る 画 期 的 な 書 。 公 立 図 書 館 の 無 料 原 則 と 公 貸 権 制 度 稲 垣 行 子 / 著 い な が き ゅ き こ ( 国 際 私 法 学 会 会 員 ・ 著 作 権 法 学 会 会 員 ) A5 判 本 体 5700 円 十 税 978-4-535-52146-9 ( 好 評 発 売 中 ) 新 ・ 労 働 契 約 Q & A 会 社 で あ な た を ま も る IO 章 東 京 南 部 法 律 事 務 所 / 編 と う き よ う な ん ぶ ほ う り つ じ む し ょ A5 判 本 体 3000 円 十 税 978-4-535-52149-0 ( 好 評 発 売 中 ) 公 立 図 書 館 の 利 用 の 無 料 原 則 と 図 書 資 料 の 著 作 者 の 権 利 と の 調 整 の 間 題 を 、 国 民 の 知 る 権 利 自 由 の 視 点 か ら 精 緻 に 考 察 す る 。 賃 金 、 労 働 時 間 か ら 人 事 、 労 働 強 化 ま で 会 社 で 働 く 人 に か か わ る 労 働 条 件 と 権 利 を 内 容 別 に わ か り や す く 解 説 。 最 新 の 法 改 正 を 踏 ま え て 新 版 化 。 論 点 解 説 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 答 申 例 森 田 明 / 著 も り た あ き ら ( 弁 護 士 、 元 内 閣 府 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 常 勤 委 員 ) A5 判 本 体 5500 円 十 税 978 ー 4-535-52171-1 ( 好 評 発 売 中 ) 伊 藤 真 の 刑 事 訴 訟 法 人 門 [ 第 5 版 ] ー 神 戸 学 院 大 学 法 学 研 究 叢 書 A5 判 本 体 1700 円 十 税 978-4-535-52163-6 ( 好 評 発 売 中 ) い と う ま こ と ( 伊 藤 塾 塾 長 、 弁 護 士 ) 伊 藤 真 / 著 ー ー 講 義 再 現 版 情 報 の 開 示 ・ 不 開 示 を 分 け る も の は 何 か 。 元 審 査 会 委 員 が 、 重 要 論 点 ご と の 審 査 会 の 判 断 基 準 を 主 な 答 申 例 か ら 読 み 解 き 、 課 題 を 示 す 。 要 問 題 も コ ラ ム で わ か り や す く 解 説 。 ん だ 定 番 人 門 書 の 改 訂 版 。 新 し い 刑 訴 法 の 重 い ち 早 く 平 成 28 年 刑 訴 法 改 正 の 解 説 を 織 り 込 市 場 支 配 カ 濫 用 規 制 法 理 の 展 開 田 中 裕 明 / 著 た な か ひ ろ あ き ( 神 戸 学 院 大 学 法 学 部 教 授 ) A5 判 本 体 5200 円 十 税 978-4-535-05819-4 ※ 表 示 価 格 は 本 体 価 格 で す 。 別 途 消 費 税 が か か リ ま す 。 ( 好 評 発 売 中 ) ド イ ツ 法 ・ EU 法 に 共 通 す る 事 業 者 の 市 場 支 配 カ 濫 用 規 制 の 法 理 を 探 究 す る 労 作 。 わ が 国 独 禁 法 の 「 私 的 独 占 の 禁 止 」 の 法 理 も 探 る 。

チュンプルズ : 大学受験のための英語参考書


る よ う に な り ま し た 。 そ し て そ す 。 「 憧 れ の 高 高 生 」 。 3 年 前 、 れ は 自 信 へ と 変 わ っ て い き ま し こ れ か ら の 高 校 生 活 に 期 待 で い 勉 強 も こ れ と 同 じ だ と い う の つ ば い で し た 。 「 友 達 ・ 陸 上 で す 。 初 め は ど ん な に 勉 強 し て 恋 愛 と 、 HAPPY な 青 春 時 代 を 私 は 大 学 に 入 る の は 、 結 果 的 も な か な か 成 績 は あ が り ま せ ん 送 り た い 」 、 そ し て 「 将 来 は ス に 同 級 生 よ り 2 年 遅 れ ま し た 。 が 、 続 け る こ と に よ っ て 、 だ ん ッ チ ー に な る 」 。 そ ん な 勝 手 な だ ん 理 解 の 速 度 が 速 ま り ま す 。 で も そ れ は ど う で も い い こ と な 期 待 に 胸 を ふ く ら ま せ て い ま し の で す 。 大 学 は 、 自 分 の 興 味 が そ し て 、 そ の 教 科 だ け で な く 、 た 。 正 直 、 目 指 す 大 学 も 勉 強 も あ る こ と や 勉 強 し た い こ と を 学 他 の 教 科 の 成 績 ア ッ プ に ま で も 頭 に な く 、 た だ た だ 毎 日 を 、 面 ぶ 場 所 だ と 思 い ま す 。 何 年 か か つ な が る と い う 話 で す 。 白 お か し く 過 ご し て い ま し た 。 っ た っ て 、 や り た い 勉 強 が で き 要 は 「 勉 強 す る 」 と い う 行 動 る こ と が 一 番 だ と 思 う の で す 。 だ か ら 学 校 の 予 習 さ え し た こ を 起 こ し 、 「 継 続 す る 」 と い う と が な く 、 勝 浦 塾 も 1 年 の 途 中 最 後 に 、 か つ う ら 塾 は 、 私 を こ と で す 。 勉 強 し 始 め る ま で に で や め て し ま い ま し た 。 そ れ か 一 回 り も 二 回 り も 人 間 的 に 成 長 時 間 が か か っ て い た 自 分 に と っ ら は 暗 く な る ま で 部 活 を し 、 少 て は 、 ど ん な に 小 さ く て も 、 行 し 遊 ん で 帰 る 、 そ ん な 毎 日 で し さ せ て く れ ま し た 。 そ し て 、 つ 動 を 起 こ す 、 と い う こ と の 重 要 く づ く 良 か っ た と 思 う こ と は 、 た 。 性 を 感 じ ま し た 。 英 語 が 好 き に な れ た こ と 。 か っ う ら 塾 に 通 え な か っ た ら 、 英 語 や が て 部 活 が 終 わ り 、 3 年 に の 楽 し さ を 知 ら な い ま ま 、 人 生 こ う し た 授 業 の 合 間 の 話 だ け な る 前 の 春 休 み に は 、 こ の ま ま 専 門 学 校 に 行 っ て 就 職 す る の は を 終 え て い た で し よ う 。 か つ う で な く 、 授 業 の 質 も と て も 高 い 嫌 だ 、 や つ ば り 大 学 に 行 っ て 、 ら 英 語 塾 は 、 私 に と っ て は 、 寄 も の で し た 。 り 道 で も な く 、 回 り 道 で も な く 、 も っ と 勉 強 し よ う と 思 う よ う に だ か ら と い っ て 、 た だ 授 業 を こ れ か ら の 人 生 を 歩 む ま っ す ぐ な り ま し た 。 受 け る だ け で は 成 績 は 上 が り ま な 道 で し た 。 せ ん 。 大 事 な の は 予 習 、 復 習 、 小 学 5 年 生 の 時 、 エ ル バ ー ト ン の ホ ー ム ス テ ー 先 と し て ア メ ☆ そ し て 授 業 の 受 け 方 で す 。 リ カ 人 の 男 の 子 を 受 け 入 れ ま し 先 生 は 、 「 毎 回 の 授 業 で 目 標 た 。 ち ょ っ と し た 英 会 話 も で き 行 動 、 そ し て 継 続 を な か っ た 悔 し さ と 、 ペ ラ ベ ラ 話 を 持 て 」 と お っ し ゃ い ま し た 。 s ・ R 徳 島 大 学 工 学 部 例 え ば 「 予 習 で 疑 問 に 思 っ た す 兄 へ の 憧 れ が 強 く 、 大 人 に な ( 2009 年 ・ 高 松 高 校 卒 ) と は ? 」 と か 、 「 今 日 は 三 つ は っ た ら 国 際 関 係 の 職 業 に つ き た 理 解 し て 帰 ろ う 」 と か 、 「 毎 回 い と 思 う よ う に な り ま し た 。 勝 浦 塾 は た だ の 英 語 塾 で は あ 何 で も い い か ら 、 質 問 し よ う 」 外 国 語 に 興 味 が あ っ た の で 国 な ど で す 。 こ れ に よ り 、 授 業 が り ま せ ん 。 は っ き り 、 そ う 言 い 際 関 係 の 学 部 に 進 も う と 決 め た 切 れ ま す 。 な ぜ な ら 、 他 の 塾 と 積 極 的 で 意 味 の あ る も の に 変 わ 時 、 英 語 の 勉 強 法 に 不 安 を 感 じ は ス ケ ー ル の 大 き さ が 全 然 違 う る の で す 。 ま し た 。 そ ん な 時 、 友 達 か ら の か ら で す 。 勝 浦 塾 で は 英 語 だ け 薦 め も あ り 、 も う 一 度 勝 浦 塾 に 勉 強 は 、 た ん に 受 け 身 で 、 自 で な く 、 社 会 で 生 き て い く 上 で 入 り た い と 考 え る よ う に な り ま 大 切 な 何 か を 学 ん だ 気 が し ま ら が 学 ぼ う と い う 意 志 が な い す 。 と 、 意 味 の な い も の に な り ま す 。 し た 。 先 生 は こ ん な 私 を 快 く 受 け 入 勝 浦 先 生 が か か わ っ た NL P 受 験 生 の み な さ ん 、 高 い 目 標 れ て く だ さ り 、 始 め 1 っ 下 の 学 団 体 に 対 す る 数 十 ペ ー ジ に 及 ぶ を も っ て 下 さ い 。 そ し て 、 「 自 年 の 授 業 も 受 講 し ま し た 。 負 け 抗 議 文 に 始 ま り 、 日 本 や 世 界 情 分 は 勝 浦 塾 で 、 英 語 を 通 し て 何 ら れ な い と い う プ ラ イ ド か ら 本 勢 の 現 状 に い た る ま で 、 授 業 の を 学 び た い の か ? 」 「 ど ん な 成 功 を つ か み た い の か ? 」 「 そ の 気 で 授 業 を 聴 き ま し た 。 合 間 の 勝 浦 先 生 の 話 は 、 ど れ も 刺 激 的 で 面 白 く 、 ま た 為 に な る た め に は 何 を す べ き か ? 」 と い 勝 浦 塾 の 必 須 ア イ テ ム 「 チ ュ っ た こ と を 考 え て 下 さ い 。 そ う 話 ば か り で し た 。 ン プ ル ズ 」 、 こ れ に 匹 敵 す る 教 す れ ば み な さ ん の 夢 は 叶 う と 思 材 は あ り ま せ ん 。 「 こ の 1 冊 が そ ん な い ろ い ろ な 話 の 中 で 、 い ま す 。 頑 張 っ て く だ さ い 。 あ れ ば 大 丈 夫 」 。 チ ュ ン プ ル ズ 勉 強 を 自 転 車 に 例 え た 話 が あ り は そ ん な 安 心 感 を 与 え て く れ ま ま す 。 す 。 ど ん ど ん 愛 着 も わ き 、 も う 自 転 車 と い う の は 漕 ぎ 始 め は 手 放 せ ま せ ん 。 1 人 1 人 に 行 Sing the praises 0f youth ! き 渡 る ハ イ レ ベ ル な 授 業 、 ア ッ ペ ダ ル が 重 く 、 ス ピ ー ド も 大 し ト ホ ー ム な 教 室 、 そ し て 先 生 の て 出 ま せ ん 。 し か し 、 漕 い で い O ・ M 横 浜 市 立 大 学 国 際 学 部 豊 富 な 知 識 や 経 験 、 ポ ジ テ イ プ る う ち に だ ん だ ん と ペ ダ ル も 軽 ( 2010 年 ・ 高 松 高 校 卒 ) く な り 、 ス ピ ー ド も 速 く な り ま 哲 学 と 、 勝 浦 塾 は 最 強 の 学 習 環 - 26 -

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


0 原 価 計 算 の 進 め 方 ( 配 賦 に つ い て ) そ れ で は 具 体 的 な 原 価 計 算 の 進 め 方 に つ い て 、 実 際 の 原 価 計 算 を 例 に 見 て み ま し よ う 。 原 価 0 費 目 別 計 算 理 図 6 は 実 際 の 原 価 計 算 の 流 れ で す 。 ま ず 、 生 産 管 理 シ ス テ ム 、 会 計 シ ス テ ム か ら 材 料 費 / 労 務 費 / 経 費 の 情 報 を 受 け 取 り ま す 。 生 産 管 理 シ ス テ ム か ら は 材 料 費 / 外 注 加 基 礎 工 費 / 工 数 実 績 ( 直 接 労 務 費 ) な ど 、 主 に 直 接 費 関 連 の 情 報 が 得 ら れ ま す 。 会 計 シ ス の テ ム か ら は 間 接 費 関 連 の 情 報 が 得 ら れ ま す が 、 会 計 シ ス テ ム に お い て は 部 門 別 勘 定 科 目 礎 別 に 費 用 が 集 計 さ れ て い る の で 、 こ れ を 原 価 管 理 の 費 目 に 振 り 替 え る こ と が 必 要 で す ( 勘 定 科 目 と 原 価 費 目 を 紐 付 け る マ ス タ が 必 要 に な り ま す ) 。 こ の よ う に し て 得 ら れ た 費 目 ご と の 情 報 を 、 さ ら に 直 接 費 と 間 接 費 に 分 類 し ま す 。 れ ら の 一 連 の ス テ ッ プ は 「 費 目 別 計 算 」 と 呼 ば れ ま す 。 仕 入 情 報 材 料 費 直 接 費 製 造 部 門 費 財 務 会 計 ( 財 務 諸 表 ) 原 価 計 算 賃 金 情 報 労 務 費 個 別 原 価 計 算 経 費 情 報 補 助 部 門 費 間 接 費 ( : 亘 垣 : 〕 ) C 亜 こ ) 生 産 シ ス テ ム 情 報 ( : こ : ) 原 価 計 算 処 理 - 会 計 シ ス テ ム 図 6 原 価 計 算 の 流 れ ( 実 際 原 価 計 算 ) ( 東 洋 ビ ジ ネ ス エ ン ジ ニ ア リ ン グ 編 日 本 能 率 協 会 マ ネ ジ メ ン ト セ ン タ ー 発 行 「 図 解 で わ か る 生 産 の 実 務 原 価 管 理 」 よ り ) 0 部 門 別 計 算 次 の ス テ ッ プ は 「 部 門 別 計 算 」 で す 。 こ こ で は 特 に 、 費 目 別 計 算 で 得 ら れ た 部 門 別 費 目 別 の 費 用 の う ち 、 間 接 部 門 の 費 用 を 直 接 部 門 に 「 部 門 間 配 賦 」 す る こ と が ポ イ ン ト に な り ま す 。 181