検索 - みる会図書館

全データから 28484件見つかりました。
事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

リスクマネジメント用語について 本書のリスクマネジメントの体系は『技術士制度における総合技術監理部門 の技術体系』 ( 社団法人日本技術士会 , 以下「技術体系」とする ) をベースに用 いているが , 「技術体系」第 1 版と第 2 版とでは大幅な用語の相違があるので , こで説明しておく . 「技術体系」の第 1 版 ( 2001 年 5 月 ) ではリスクマネジメントを , 総合技術監 理部門の全体的 , または五つの管理技術 ( 経済性管理 , 人的資源管理 , 情報管 理 , 安全管理 , 社会環境管理 ) で個別に使用される手法として , 前面に出して 位置付けていた . このため , 総合技術監理固有の領域をリスクマネジメントと 区分して理解することが難しかった . 第 2 版 ( 2004 年 1 月 ) では , リスクマネジメントは安全管理の手法のみに限 定されて記述されている . リスクマネジメントを前面に出していた第 1 版に比 匚コ リスク対応方針 行動指針基本目的 リスク特定 リスクアセスメント リスク分析 リスク評価 ( 対応方針の決定 ) 保有回避 [ 亟」を司 リスク対策 △リスク管理システムの例 ( 「技術体系」第 1 版 ) 208 リスク対応方針 リスク対策 保有回避 ( 対応方針の決定 ) リスク評価 リスク解析 リスクアセスメント リスク把握 ( 「技術体系」第 2 版 ) △リスク管理システムの例 ※ 1 : 「技術体系」第 2 版 の本文中では , リスク 対応方針は , リスク管 理行動指針 , リスク管 理基本目的で構成され ている . ※ 2 : 「技術体系」第 2 版 の本文中には , リスク 特定と記述されている 箇所もある .

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

増補技術士「総合技術監理」部門の受験に向けて ◆ 2 危機管理とリ スクマネシメントの 危機管理はキュー 危機管理とは , 突如発生する緊急事態に的確に対応し , す バ危機に際して , ど のようにうまく乗り みやかに平常時に復帰するまでの一連の方策を意味してい 切るか方策を立てる ために主に軍事分野 る . リスクマネジメントも同様に , 危険な状況に対応するた で研究されてきた . これに対してリスク めの管理技術の一つである . それでは , 危機管理とリスクマ マネジメントは , 保 険の分野から発生し ネジメントの違い◆ 2 はなんであろうか . 実は最近まで , 危機 ている . 生まれは異 なるが , その後 , 両 管理とリスクマネジメントを特に区別しない識者も多いのが 者とも企業 ( 行政 ) 活動全般に幅広く適 実情であった . 用されるようになっ ている . しかし今では , 次のような区別が一般的となっている . ◆ 3 危機 (Crisis) 企業の危機には , 経営 ( ストライキな ・危機管理 (Crisis Management) ど ) , セキュリティ 事前に予想できないタイミングや場所で発生する緊急事態 ( 情報漏洩 , にせ情 報 ) , 事故 ( 爆発 , ( 危機◆ 3 ) が発生したときに , 素早く的確な対応で被害を最小 操業停止 ) , 人材 ( 主要幹部の離反 ) , 限にとどめるマネジメント活動であり , 緊急事態の予知や予防 信用 ( 信用失墜 ) , の活動も含む . 反社会的行為 ( テ ロ ) , 自然災害 ( 地 ■リスクマネジメント (Risk Management) 震 , 台風 ) などがあ る . 組織を取り巻く様々なリスクの悪影響を最小のコストで極小 化するためのマネジメント活動である . 2001 年 3 月 , 日本工業規格に JIS Q2001 : 2001 「リスクマ ジメントシステム構築のための指針」が制定されており , RMS ( リスクマネジメントシステム ) の国内標準となって いる . 注目すべき点は , この規格が 1998 年 9 月に定められた 標準情報 TRQ0001 「危機管理システム」を改訂したものと なっていることである . 名称がこのように変更された理由は , 危機管理システムはリスクマジメントシステムに含まれる , と解釈されたためと考えられる . こで , 危機管理とリスクマネジメントの違いを整理して 危機管理とリスクマネジメント 213

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

第 3 章実践 ! リスクマネジメント をもとにして仕入れを判断するであろ つ . 三番目は , それ自体が有用な情報で あっても , その利用者にとって必要な いと思う情報は , すなわち“価値のな い情報”となる . つまり全く同じ情報 でも , ある人には価値のある情報 , 別 の人には価値のない情報ということに なる . たとえば , 野球の好きな人にと っては最近の試合結果に関する情報は 価値ある情報といえるが , サッカーフ ァン ( で野球には興味のない人 ) にと っては , 価値のない情報になるだろう . つまり情報の価値は , その受け手の価 値観によって左右される性質を持って いる . 情報に基づいた判断をしよう 情報判断能力とは , 入手した情報を 分析 , 加工し , 意味のある結果を得る ことである . 的確な情報に基づかない 判断は , しばしば無謀になる . 第ニ次世界大戦の戦場の一つであっ たガダルカナル島では , 1 942 年 8 月 から最初の本格的な日米間の陸上戦が 行われた . この島では , 日本人兵士の うち約 2 万人が戦死したと言われてい る . 大敗北の原因として , 正確な情報 がなかったことが挙げられている . まず日本軍は , 米軍兵力を 2000 人 と予想していたが , 実際は 1 万 1 千人 が到来したのであった . さらに日本人 は , 米軍の持つ火力の圧倒的な威力を 知らなかった . 日本軍が使用した銃は 三八式歩兵銃であったが , これはそも そも連続発射ができない代物であっ た . 米軍の使用する機関銃に比べると , 武器の威力は比較にならない . 攻めて いくと雨のように弾が飛んできて , す ぐに撃たれて倒れてしまい , そもそも , まともな戦闘にはならなかった . このように , 的確な情報を持ってい なかった指導者は , 突撃命令を繰り返 し , 戦死者をいたずらに増やしていっ たのである . これは情報に基づかない 判断が , いかに重大な結果を招くかを 示している . 情報をつくろう 情報製作能力とは , 情報発信能力と もいう . 情報を発信してみると , 情報 の意味を深く理解できることが多い . ーっの理由は , その情報に対する他人 の反応から , その情報の持つ別の意味 が見えてくるからである . ニ番目の理 由は , その情報を人にわかるように説 明しようとすれば , 客観的に整理する ことが必要となるため , 説明者自身が その情報の意味を深く理解できるよう になるからである . さらに情報は , 発信する人に多くの 情報が集まってくる性質がある . つま り , 情報もリサイクルするのである . 情報をつくるときには , 先行情報の 恩恵を受けずにつくることはできな い . どんな事柄にも , 先人の考え方や 165

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

0 [ U M N このような基本的な思想の違いが , 情報の解釈の違いに大きく影響するこ とは言うまでもない . 情報をどうやって探すか 情報探索能力とは , 必要な情報を 「漏れなく収集」できる能力である . そのためにはどのような場所に , どの ような情報が蓄積されているか , 情報 源の種類とその特徴を知っておかなけ ればならない . 情報源には新聞 , 雑誌 , 図書 , 特許などさまざまなデータベー スがあり , 情報探索に役立てることが できる . また「人に聞く」という情報 の収集方法もある . それぞれの特徴と 限界を知ったうえで , 利用すべきであ る . 情報を探すときは , 常に「収集モレ」 のリスクを念頭に置かなければならな い . 多くの時間をかければ , 「収集モ レ」のリスクは少なくなる . しかし , その情報を利用するタイミングは遅く なってしまう . ここにトレードオフの 関係が発生する . どこでバランスをと るかは , 正確さ ( モレのなさ ) を重視 するときと , 速報性 ( 対応の速さ ) を 重視するときとでは , 大きく異なる . 締め切りの有無 , つまり収集活動に使 える時間が多いか少ないか , によって も異なる . したがって , 情報を集めようとする ときは , このようなトレードオフを考 慮したリスクマネジメントが必要とな 1 6 イ ることを知っておかなければならな 価値ある情報とは 情報選択能力とは , たくさんの情報 の中から「使える情報」 , 「価値ある情 報」だけを選択できる能力である . 情 報を数多く集めたとしても , その情報 が有用かどうか , きちんと判定してか ら利用しないと , ノイズの多い情報が 含まれてしまう . これによって判断ミ スを生じるリスクが高くなる . 「価値 ある情報」とは , 次の三つの条件を備 えた情報である . ①正確な情報 ②鮮度のある情報 ③利用者が必要としている情報 一番目の条件は言うまでもなく , 間 違った情報は役に立たない , というこ とである . つまり , 情報の信頼性を見 極めなければならない . 例としてウェ ブ検索をすれば , 情報は数多くヒット するが , それらの信頼度を「判定する 眼」がなけれは , どれが「使える情報」 かわからないことになって , せつかく の情報を活用できなくなる . ニ番目の条件である情報の鮮度と は , その情報の発生と利用の時点との 時間差を示している . 例として , コン ビニエンスストアにおいて「明日の仕 入れをどうしよう」かと考えるときに 1 カ月前の情報で判断したりはしな い . 当日入手できる最新の売れ筋情報

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

おわりに めまぐるしく変遷する技術社会 , 情報のあふれた高度社会を生きていくうえ で , 悩ましい出来事には事欠かない . 会社で , 家庭で , 学校で , 世の中はトレ ードオフにあふれている . そんなとき , ただ「どうしよう」と立ち止まり , 頭を抱えてうずくまってい た , 昨日までのあなたはもういない . リスクマネジメントのプロセスに当ては め , 総合技術監理的な判断基準で対策を考えることによって , 次の一手を繰り 出せるに違いない . リスクマネジメントと総合技術監理の考え方を理解するためには , 業務経験 や身近な体験 , 日常の出来事を取り上げ , それを実際に当てはめて考えてみる ことが大切だ . これは日常生活の再確認 , 再構築の作業とも言える . ちょっと した工夫 , 見方を変えてみると , 思いもかけなかった解決の糸口が広がる . そ れは発見の喜びですらあるだろう . 特に , 第 2 章「ケーススタディ技術の現場から」は , 技術者以外の方にも , 消費者 , ユーザーの立場で楽しんでいただけたのではないだろうか . 本書の事 例を「共通の体験」としていただくことで , トレードオフやリスクマネジメン ト , 総合技術監理のテクニックを身近に感じていただけたはすだ . 読者の皆さんには , 科学技術の現場を知っていただくことにとどまらず , せ ひ自分自身のトレードオフをリスクマネジメント的思考で解決するためのヒン トとしていただきたい . 本書は , それぞれが専門の技術分野を持ち , かっ第 1 回目の技術士試験総合 技術監理部門に合格した技術士が共同で執筆した . 我々は , 総合技術監理につ いて web 上で情報交換し , 受験勉強を通じて交流を深めてきた . その中から自 然発生的に生まれてきたのが本書である . 203

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

第 3 章実践 ! リスクマネジメント 情報リスクについて 報道による広報には , 「安全のための広報」 , すなわち , 顧 客や従業員の安全を確保し , 被害を最小限に食い止めるため の報道と , 「安心や社会的信頼性のための広報」 , すなわち , 誤解や不安感を与えないための広報があり , 前者では迅速性 が , 後者では信頼性が要求される . 報道対応における注意点 には以下のようなものなどが考えられる . ☆送り手からの情報発信は , 中立な第三者に依頼するなど , 受け手に信頼される形で発信する . ☆受け手のバイアス◆ 8 も考えて , 誤解の起きにくい表現で広 ◆ 8 バイアス 主として , リスク 報する . 情報の判断を誤らせ る思い込みや先入観 ☆誰にでもわかりやすい表現に徹する . のこと . 特に犯しやすい間違いとして , 情報の解釈の相違が信頼を 崩すケースが多いことが挙げられる . 情報の送り手が中立な 第三者でないのに , みだりに「問題ない」との広報を繰り返 すことで , 逆効果をもたらす例が後を絶たない . 事実および 対応状況を , 客観的かつわかりやすく説明する姿勢に徹する べきである . 事件や事故の広報は , その方法を誤れば , 市民との信頼関 係に重大な齟齬を引き起こす可能性があり , 慎重かつ大胆で なければならない . 実際 , イギリスで民営水道の監査を行う DWI (Drinking water lnspectorate) 9 では , その主要なミ ◆ 9 DWI(Drinking waterlnspectorate) ッションの一つにマスコミ対応を明記しており , そのための 1990 年 1 月創設 , 約 30 名の専門スタッ 専門的な研修を受けた専門官を配置している . フが , コンサルタン トの協力を得て , 公 このように , 報道を誤解なく的確に行うためには , 平時よ 的予算と水道料金か ら支払われるライセ りのシステムの構築や , 十分な訓練を積んでおくことは , 軽 ンス料によって , 水 質向上のための取り 視されがちではあるが , 重要である . 組みを行っている . 147

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

第 3 章実践 ! ルコスト◆ 10 を考慮した計画 , ⑤品質計画書に基づく検査や 照査の実施 , 等が挙げられる . ( 2 ) 人的資源管理 建設コンサルタントの場合 , 生産手段そのものが人によっ て行われ , この人の資質によって品質も大きく左右されるも のであることから , この人的資源管理も多く取り上げられる 管理項目である . 対応策の多くは , ① OJT ◆ 11 による社員教育 , ②人事考課 管理を通した意識の高揚 , ③資格取得を通した教育・訓練 , 対応策としては , ① IT を活用したインターフェイス構想 利用を主眼に取り上げている事例が多い . この管理技術も他の管理と併せて論じたり , 情報の戦略的 ( 3 ) 情報管理 等である . ◆ 12 からの建設コンサルタントに課せられた課題と言えよう . 性のある経営を , どのように全社員が実践していくかがこれ していくか , 言い換えればリスクを最小限にするための実効 して , このようにして特定したリスクをいかにマネジメント ができる , ということがおわかりいただけたものと思う . そ さまざまな場面でリスクマネジメント手法を当てはめること うちの一部ではあるが , このようにリスクを特定してみると , た . これらの内容は , 建設コンサルタントが抱えるリスクの のものとに分けて , リスクマネジメントの視点から考えてみ っていくうえでのものと , 個別の業務を実施していくうえで こでは建設コンサルタントのリスクを , 企業が経営を行 ジメントの実践 , 等が挙げられる . とそのセキュリティ確保 , ④情報の共有化 , ⑤ナレッジマネ ②建設 CALS / EC ◆ 13 に対しての情報リスク対策 , ③情報開示 リスクマネジメント ◆ 10 建設コンサルタン ト業務で考慮するラ イフサイクルコスト には , ①長期供用性 能 , ②少ないメンテ ナンス費用の構造や システム , ③供用を 終えたときの解体に 係わるコスト , これ らを構造面 , 材料面 , 環境面 , さらには利 用者の便益も含めた トータルコストを考 慮した計画や設計が 必要となる . ◆ 11 OJT p. 195 参照 . ◆ 12 インターフェ イス構想 社内情報システム の統合化により , コ ンピュータを介して 会社員のコミュニケ ーションが図れるよ うにすることを指し ている . ◆ 1 3 建設 C A L S/ EC 公共事業に関する 情報を電子化し , ネ ットワーク上で情報 の伝達 , 共有 , 処理 , 加工 , 検査 , 連携を 可能とする環境のこ と . 従来は契約を含 めて , 調査 , 計画 , 設計 , 施工 , 維持管 理の各段階で , 「紙」 でやりとりしていた 情報を電子化し , イ ンターネット等によ って関係者が共有す るシステムである . 1 35

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

第 1 章誰もが陥りやすいトレードオフのわな では , 身近な事例をもとにしてリスクマネジメントを実際に体験してみよう . ったん落とし込んで考えれば , トレードオフの打開策が見えてくる . こともある . トレードオフとなる課題すべてをリスクマネジメントの手法にい このように トレードオフを上手に切り抜ければ , メリットが生まれてくる 失敗談を持ち寄って , どう対処すべきかを話し合うのもよい . 理として行われる対応策である . 同じような間違いを繰り返さないためには , 術力のある人材育成や , チェック体制の強化が欠かせない . これは人的資源管 もつながるので , 経済性管理の面でも効果を発揮する . またミス防止には , 技 標準化や計算の単純化で乗り切れる場合は , これは設計時間や労力の短縮に う方法は間違ってはいない . これらは情報管理でのトレードオフ解消策である . ミスを予防するためのものなので , 積極的にアプリケーションを活用するとい など設計の標準化がある . もともと表計算ソフトは計算の単純化によって計算 まず , ミスの発生しにくい書式を作ったり , いつも使うパーツを共有化する 立つのだろうか . たとえば , 先ほどの表計算のミスを防止するために , 総合技術監理はどう役 トレードオフ ! リスクマネジメント では , バランス感覚 品質 性能・ が大切 コスト 組織 労働条件 品質管理 工程計画 原価管理 納期・・・ 調達 モチベーション 教育訓練 経済性 顧客満足・・・ 管理 人的資 源管理総合 技術監理 ネットワーク 電子メール 知的財産権 緊急情報 広報・・・ 情報 管理 悩ましいトレードオフの問題も , 総合技術監理に支えられたリス クマネジメントでばっちり解決 ! リスクマネジメント 判断 基準 社会環 境管理 環境汚染 アセスメント 産業廃棄物 費用対効果 リサイクル・・・ 安全 管理 ヒャリハット 信頼性 危機管理 ヒューマンエラー 災害・・・

事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

自動車部品の塗装品質試験で不合格 ! 公共事業予定地で希少種発見 ! リモートセンシング導入成功の鍵 COLUMN 情報処理能力の獲得 コンピュータのシステム監査 個人情報漏洩の危機 地球的規模で考えよう ! 外来生物のリスクマネジメント J 日福知山線事故にみる人的資源管理 ミス防止のトレードオフ [ESSAYI 錦鯉の飼育におけるトレードオフ COLUMN リスク低減型商品のいろいろ おわりに 148 152 156 1 62 1 6 / 1 / 5 182 1 88 1 92 1 98 202 203 増補技術士「総合技術験理」部門の受験に向けて 第 3 版刊行にあたって リスクマネジメント用語について 1 もう一度 , 総合技術監理とは ー総合技術監理再考 2 危機管理への対応 ー迅速な判断と方針決定のために COLUMN 海外赴任のリスク 3 自分を伝えるための総合技術監理 一面接・ロ頭試験を勝ち抜くために 過去問題に学ぶ総合技術監理ー出題キーワード対比表 執筆者紹介 索引 本文イラスト / よねやまゆうこ 206 208 210 212 21 / 220 224 240 24 /

気の科学

気気の科学 気の科学 ー絵と文章でわかりやすい′ 膩ⅡⅢⅢ旧Ⅷ馴 II 解 図解雑学 1 9 2 0 0 4 0 01 3 5 0 5 電気通信大学名誉教授佐々木茂美 = 著 未知のエネルギー「気」を、医学、物理など科学的な面から探究し、わカり やすく解説した「気」の入門書。 ナツメ社 I S B N 4 ー 8 1 6 5 - 5 4 8 5 - 8 \ 1 5 5 0 E C 0 0 4 0 絵と文章でわかりやすい ! ナツメ社◆図解雑学シリ - ス 絵と文章でわかりやすい ! ナツメ社◆図解雑学シリース < 自然科学 > [ 図解雑学コ時間論 [ 図解雑学コ建築 [ 図解雑学〕からだの不思議 [ 図解雑学〕カメラのしくみ [ 図解雑学〕算数パズル 論理パズル 〔図解雑学コ [ 図解雑学コ環境ホルモン [ 図解雑学コなぜ太るのかやせるのか [ 図解雑学コ身近な電気・電子 恐竜の謎 [ 図解雑学コ [ 図解雑学コスポーツの科学 [ 図解雑学コ自動車のしくみ 三角関数 [ 図解雑学コ [ 図解雑学コ電子回路 [ 図解雑学コマンガでわかる分・積分 [ 図解雑学コプラスチック 匸図解雑学〕デジタルカメラ [ 図解雑学コのはたらき知覚と錯覚 原子力 [ 図解雑学 ] [ 図解雑学コ男が気になる女のからだ く情報科学 > コンピュータウイルス [ 図解雑学 ソフトウェア開発 [ 図解雑学 TC P/IP [ 図解雑学 パソコン [ 図解雑学 Linux [ 図解雑学 ] サーバーのしくみ [ 図解雑学 コンピュータのしくみ [ 図解雑学 コンビュー外の基礎 〔図解雑学 く人文科学 > 心理学入門 図解雑学 ] 社会心理学 図解雑学 三国志 図解雑学コ 世界の歴史 図解雑学 日本の歴史 図解雑学 図解雑学コ 哲学 図解雑学 聖書 図解雑学コ 仏教 図解雑学 宮本武蔵 図解雑学コ 臨床心理学 図解雑学 身近な心理学 図解雑学 ユング心理学 図解雑学 五輪書 図解雑学コ ーチェ 図解雑学コ く社会科学 > 図解雑学コ経営分析 図解雑学コビジネスモデル特許 刑法 図解雑学 ] 図解雑学コ民法 図解雑学コ世の中のしくみ 図解雑学コ決算書のしくみ 図解雑学コ政治のしくみ f 「 e ′ 00. en9 ナツメ社一定価・ [ 本体 j350 戸 ] + 税 図解雑学 1 「気」は長い間、特別な能力を持つ気功師たけが操ることのできる、麗法 のような存在とみなされていました。 ところが「気」はすべての人間の体内に流れている、生命活動に不可欠 なものなのです 「気」をコントロールできれば、心身の健康を保ち、さらには、病気の治 を行なったり特異効能を発揮したりすることも可能なのです また、「気」は自然界の至る所に存在しており、この「気」を集めて、医学、 科学、その他の分野で有効利川する試みも行なわれています 「気」は完全に正体が明らかになっていない、無限の可能性を秘めた エネルギーなのです。 1 電気通信大学名誉教授 佐々木茂美。著 cover = ナツメ社のホームページ http://www.natsume. CO. jp ナツメ社の書籍・雑誌は、書店または小社ホーム ページでお買い求めください。