検索 - みる会図書館

検索対象: わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たちから 363件ヒットしました。

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


西 村 宣 造 《 阿 吽 》 鉛 筆 ・ 紙 67.0 >< 102.0cm 2002 年 Nishimura Senzo A-un 西 村 宣 三 も ( に し む ら ・ せ ん ぞ う / 1943 ー 2012 年 ) 大 阪 生 れ 。 1974 ー 78 年 パ リ に 遊 学 。 個 展 を 中 心 に 発 表 。 2012 年 没 、 69 歳 。 345

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


松 村 光 秀 《 蝶 と ほ う づ き 》 油 彩 ・ キ ャ ン 八 ス 115.0 >< 37.0cm 2008 年 Matsumura Koushu Butterf/y and Ground Cherries 松 村 光 秀 は つ む ら ・ こ う し ゅ う / 1937 ー 2012 年 ) 京 都 市 生 れ 。 1952 年 京 都 の 看 板 屋 「 竹 松 画 房 」 て 働 く 。 絵 は 独 学 。 京 展 、 ニ 科 展 に 入 選 。 京 都 祇 園 の 都 雅 画 廊 て イ 固 展 を 開 催 。 木 彫 も 創 る 。 2012 年 没 、 74 歳 。 351

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


松 村 光 秀 《 黙 唄 》 コ ン テ ・ 和 紙 152.0 >< 33.0cm 1984 年 Matsumura l<oushu ハ Si/ent Song ー 2012 年 ) 松 村 光 秀 は つ む ら ・ こ う し ゅ う / 1937 京 都 市 生 れ 。 1952 年 京 都 の 看 板 屋 「 竹 松 画 房 」 て 働 く 。 絵 は 独 学 。 京 展 、 ニ 科 展 に 入 選 。 京 都 祇 園 の 都 雅 画 廊 て 個 展 を 開 催 。 木 彫 も 創 る 。 2012 年 没 、 74 歳 。 343

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


早 川 義 孝 《 漁 村 の 白 い 夜 》 油 彩 ・ キ ャ ン 八 ス 38.0 >< 45. Ocm 制 作 年 不 詳 Hayakawa Gik0 ハ White House in a Fishing Vi 〃 age ト 一 や 室 ~ 31 ・ 早 川 義 孝 ( は や か わ ・ ぎ こ う / 1936 ー 2012 年 ) 東 京 生 れ 。 1954 、 55 年 日 本 学 生 油 絵 コ ン ク ー ル て 文 部 大 臣 賞 を 受 賞 。 武 蔵 野 美 術 大 学 中 退 。 62 年 新 槐 樹 社 展 て 内 閣 総 理 大 臣 賞 、 文 部 大 臣 賞 、 栄 誉 賞 を 受 賞 。 新 槐 樹 社 名 誉 会 長 。 2012 年 没 、 76 歳 。 293

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


山 口 長 男 《 富 士 山 麓 》 時 代 が 山 口 作 品 に 追 い つ い て き た 木 々 の み ど リ な ど の 自 然 を 写 し 、 油 絵 富 士 の 山 麓 を 描 い て お リ 、 富 士 山 は 描 か れ て い な い で さ っ と 描 い て い る よ 、 つ に 見 え る が 、 岳 ~ 駄 か な く 、 絵 の 具 の こ な し 方 が う ま い 。 黒 の 地 色 の 上 に 黄 土 色 ま た は 赤 茶 色 の 絵 の 具 が か な リ 厚 塗 リ さ れ た 作 品 を 描 い て い た こ の 時 期 の 山 口 と し て は 、 め ず ら し い 構 図 で あ る 。 私 は 山 口 長 男 の 水 彩 ・ 墨 跡 作 品 に 魅 か れ る が 、 本 作 油 絵 も 見 飽 き な い 日 本 に お け る 抽 象 絵 画 の 歴 史 は 、 昭 和 一 〇 ( 一 九 三 五 ) 年 頃 に 遡 る が 、 山 口 は 明 治 三 五 年 生 ま れ で 、 昭 和 一 〇 年 ご ろ に は い ち 早 く 抽 象 志 向 の 作 品 を 発 表 し て い る 。 本 作 が 描 か れ た 昭 和 ニ 九 ( 一 九 五 四 ) 年 に は 、 山 口 は 五 一 歳 。 ニ ュ ー ヨ ー ク て の 第 一 八 回 ア メ リ カ 抽 象 美 術 展 に 出 品 、 武 蔵 野 美 術 学 校 教 授 に 就 任 し 、 春 季 ニ 科 展 に は 《 作 品 < 》 《 作 品 》 を 出 品 、 第 一 回 現 代 日 本 美 術 展 に は 《 作 品 ( か た ち ) 》 を 出 品 し 優 秀 賞 を 受 賞 、 秋 の ニ 科 展 に も 《 一 一 つ の 形 》 等 を 出 品 し て い る 。 円 熟 期 を 迎 え 始 め た 山 口 で あ る 。 同 年 『 美 術 手 帖 』 ( 号 に は 、 作 家 訪 問 記 事 ( 文 ・ 山 崎 清 写 真 ・ 土 門 拳 ) も 掲 載 さ れ て い る 。 し か し 当 時 の 日 本 で 、 山 口 の 作 品 が 理 解 さ れ て い た と は 必 す し も 、 言 え な い 最 近 ア メ リ カ の オ ー ク シ ョ ン で 落 札 さ れ た 《 作 品 》 ( 一 九 五 三 年 ) な ど の 、 魅 力 的 な 造 形 作 品 の 評 価 は 著 し く 高 い ニ 〇 一 六 年 一 ニ 月 八 日 中 村 徹 ( 神 奈 川 県 川 崎 市 ) ) 一 〇 月 1 34

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


NPO 法 人 あ ー と ・ わ の 会 の ご 案 内 ー 設 立 の 趣 旨 ( 設 立 趣 意 書 よ リ ) こ の 法 人 は 、 主 に 美 術 コ レ ク タ ー と わ た く し 美 術 館 の 共 同 作 業 に よ り 、 一 般 社 会 に 対 し て 、 美 術 品 の 公 開 、 美 術 品 の 有 効 活 用 、 埋 も れ た 美 術 品 の 発 掘 顕 彰 に 関 す る 推 進 と そ の 支 援 事 業 を 行 い 、 美 術 普 及 の 実 現 に 寄 与 す る こ と を 目 的 と す る 。 Ⅱ Ⅲ Ⅳ V Ⅵ 355 具 体 的 な 活 動 内 容 会 報 / 毎 月 発 行 。 7 ) 上 記 の 目 的 を 達 成 す る た め に 必 要 な 事 業 の 実 施 会 誌 / 年 4 回 発 行 。 図 書 / 2012 年 『 わ の 会 の 眼 』 発 刊 。 会 誌 ・ 図 書 の 発 行 年 4 回 実 施 。 楽 し い 会 で す 。 5 ) 作 品 持 ち 寄 り 放 談 会 の 開 催 1 ~ 2 か 月 に 1 回 更 新 。 4 ) ホ ー ム ペ ー ジ (H P) に よ る 活 動 状 況 の 公 開 コ レ ク タ ー 、 わ た く し 美 術 館 が 実 施 。 3 ) 埋 も れ た 作 家 の 発 掘 、 顕 彰 、 普 及 年 1 ~ 2 回 開 催 。 2 ) 講 演 会 の 開 催 年 1 回 の 巡 回 展 、 年 1 人 の 表 彰 。 1 ) 質 の 高 い コ レ ク シ ョ ン の 公 開 、 美 術 普 及 活 動 の 推 進 及 び 表 彰 6 ) 事 務 局 : 〒 2 〃 ー 08 / 1 千 葉 県 柏 市 若 柴 1 ー 358 柏 わ た く し 美 術 館 内 H P も 参 考 に し て 下 さ い 。 * 詳 細 に つ い て は 事 務 局 宛 に 手 紙 、 電 話 か メ ー ル で お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。 入 会 の 条 件 : 入 会 申 込 書 を 提 出 い た だ き ま す 。 入 会 備 者 3 名 術 愛 好 家 、 美 術 研 究 者 、 修 復 家 、 額 縁 製 作 者 、 美 術 普 及 家 、 美 術 館 設 立 準 2 ) 会 員 の 構 成 : わ た く し 美 術 館 1 5 館 、 コ レ ク タ ー 50 名 、 作 家 、 画 廊 、 美 1 ) 会 員 数 : 73 名 、 1 5 美 術 館 ( 201 7 年 1 月 現 在 ) ( * 前 身 の 「 わ た く し 美 術 館 の 会 」 は 、 2003 年 5 月 設 立 。 通 算 14 年 目 ) 設 立 : 2010 年 8 月 1 7 日 法 人 登 録 会 費 TEL : 04-7134 ー 8293 メ ー ル ア ド レ ス : [email protected] 入 会 金 : 1 0,000 円 年 会 費 : 1 0,000 円 ( 1 1 月 以 降 入 会 の 場 合 、 初 年 度 は 半 期 分 と し て 5 , 0 円 )

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


松 永 敏 太 郎 《 籐 椅 子 で 読 書 す る 女 》 油 彩 ・ キ ャ ン バ ス 115.0 >< 90. Ocm 1965 年 Matsu naga Toshitaro ハ Woman Reading Seated in a Wicker C わ a 〃 ・ 松 永 敏 太 郎 ( ま つ な が ・ と し た ろ う / 1918 ー 1986 年 ) 埼 玉 県 生 れ 。 1936 年 東 京 美 術 学 校 本 科 油 画 科 入 学 。 藤 島 武 ニ 教 室 に 入 る 。 41 年 に 斎 藤 与 里 に 師 事 。 47 年 東 光 会 展 て 東 光 賞 。 48 年 東 光 会 会 員 。 68 年 日 展 て 《 晩 秋 の 庭 》 が 特 選 を 受 賞 。 86 年 没 、 68 歳 。 255

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


広 幡 憲 《 浮 標 》 幻 の 抽 象 画 家 の 傑 柞 が 今 、 よ み が え る , 広 幡 憲 は こ の 絵 を 一 九 四 八 年 に 描 き 、 そ の 五 カ 月 後 に 逝 っ て し ま っ た 。 享 年 三 七 歳 。 翌 年 の 一 九 四 九 年 に 遺 作 展 が 日 本 橋 ・ 北 荘 画 廊 で 開 催 さ れ 、 そ こ の 主 で あ っ た 菅 貢 氏 が こ の 作 品 を 買 い 取 っ た 。 そ し て 三 六 年 経 っ た 一 九 八 五 年 に 岩 本 昭 氏 ( 『 わ た し 流 美 術 館 』 の 著 者 ) か 菅 氏 か ら 譲 リ 受 け 、 そ れ を 私 が 一 三 年 間 の 懇 願 の 末 、 ニ 〇 〇 九 年 よ う や く 入 手 で き た の で あ る 。 広 幡 と は ご 近 所 さ ん で あ っ た 母 も 懐 か し が っ て 喜 ん で く れ た 。 人 は 広 幡 を 「 幻 の 抽 象 画 家 」 と 呼 ふ 。 窪 島 誠 一 郎 氏 が 宣 つ よ う に 夭 折 六 傑 ( 村 山 槐 多 、 関 根 正 一 「 松 本 竣 介 、 靉 光 、 野 田 英 夫 、 広 幡 憲 ) の 一 人 て あ リ 、 秋 田 市 立 千 秋 美 術 館 で 回 顧 展 が 開 催 さ れ た ニ 〇 〇 ニ 年 現 在 で 確 認 さ れ て い る 作 品 は わ ず こ の 《 浮 標 》 が そ の 中 の 一 点 で あ リ か ニ 一 点 、 そ の う ち 本 丸 の 抽 象 作 品 は 七 点 し か 残 っ て い な い 。 広 幡 独 自 の 純 粋 と も い え る 有 機 的 形 態 に よ る 抽 象 表 現 に 到 達 し た 代 表 作 で あ っ た の だ 。 《 浮 標 》 は 左 脳 と 右 脳 を 切 な く 優 し く ス テ イ ミ ュ レ イ ト し て く れ る 。 浮 い て い る 標 と は 、 自 ら の 画 業 を 模 索 し て い た 広 幡 の 心 境 で あ っ た ろ う 。 擬 人 化 し て い る よ う な 独 自 の 有 機 的 な 形 態 は 広 幡 の 自 画 像 に も 見 え 、 定 ま ら な い 流 動 的 な 矢 印 も ま た 然 リ て あ る 。 ま た 、 こ の 作 品 か ら 感 じ る 不 思 う す に ひ 議 な 感 覚 、 窪 島 誠 一 郎 氏 は 薄 鈍 色 の モ ダ ニ ズ ム と 称 し て 、 こ の よ う に 評 論 し て い る : : : 「 薄 鈍 色 と は 雪 に 閉 ざ さ れ た 地 方 の 人 が 春 か 来 る か 来 な い か の こ ろ に 目 こ し 、 感 じ る 色 。 そ の 向 こ う に は 黎 明 感 が あ る 。 何 か 切 な く て 苦 し げ な も の を 画 肌 の 底 に 塗 リ 込 め た よ う な 薄 鈍 色 の 光 が 、 広 幡 の 絵 の 奥 に は 隠 さ れ て い る 」 と 。 平 園 賢 一 ( 神 奈 川 県 平 塚 市 ) 8

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


相 吉 沢 久 《 秋 の 訪 れ 》 油 彩 ・ キ ャ ン バ ス 27.3 >< 41.0cm 制 作 年 不 詳 Aiyoshizawa Hisasi The Arriva/ 0fAutumn 相 吉 沢 久 ( あ い よ し ざ わ ・ ひ さ し / 1923 ー 1984 年 ) 栃 木 県 生 れ 。 1957 年 植 村 鷹 千 代 の 現 代 美 術 研 究 所 に 通 い 、 山 口 薫 、 脇 田 和 に 学 ふ 。 62 年 春 陽 会 展 に 入 選 。 春 陽 会 事 務 局 書 記 を 務 め る 。 66 年 春 陽 会 展 で 研 究 賞 。 74 年 春 陽 会 会 員 。 第 18 回 安 井 賞 展 に 出 品 。 84 年 没 、 61 歳 。 213

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


村 井 正 誠 《 雨 の 中 の 少 年 》 こ れ ぞ 真 の 童 謡 の 世 界 ム ヾ ′ 日 こ ー っ 越 し て 今 年 の 秋 で 、 四 八 年 に な る 。 そ の 年 の 暮 、 《 雨 の 中 の 少 年 》 が や っ て 来 た 。 兄 か ら の 引 越 祝 で あ っ た 。 こ の 石 版 画 の お か け で 、 私 は 抽 象 画 に 興 味 を 持 つ よ う に な っ た 。 抽 象 と い っ て も 、 明 ら か に 少 年 像 と わ か る 。 来 客 、 と く に 若 い 女 性 は こ の 画 を 見 て 、 「 か わ い い 」 を 連 発 す る 。 顔 は 説 明 す る ま で も な く 、 太 い 、 黒 い 輪 は 雨 傘 で あ ろ う 。 私 は 「 あ め ふ り 」 ( 北 原 白 秋 作 詞 、 中 山 晋 平 作 曲 大 正 一 四 年 ) を 口 ず さ ん で し ま う 。 ま さ に 童 謡 そ の も の の 世 界 で あ る 。 し か し 、 太 平 洋 戦 争 末 期 か ら 敗 戦 後 の 混 乱 期 に か け て 小 学 生 時 代 を 送 っ た 私 に と っ て は 、 「 母 さ ん が 蛇 の 目 で お 迎 え 」 な ど 、 許 さ れ る 時 代 で は な か っ た 。 こ の 作 品 は 一 九 五 九 年 の 制 作 。 敗 戦 か ら 一 四 年 経 過 し 、 戦 後 の 混 乱 か ら 、 よ う や く 立 直 る こ と が 出 来 た 時 代 で あ っ た 。 そ れ は 外 的 要 因 か 多 々 あ る に せ よ 、 国 民 の 忍 耐 と 努 力 の 賜 物 で あ る 。 因 み に 一 九 五 六 年 の 『 経 済 白 書 』 の キ ャ ッ チ フ レ ー ズ は 「 も は や 戦 後 で は な い 」 で あ っ た 。 も 、 つ こ の 頃 に な る と 蛇 の 目 て は な く 、 洋 傘 て 送 リ 迎 え す る こ と が 当 た リ 前 と な っ た 。 和 も 貧 し い な か ら 、 楽 し い 学 生 生 活 を 送 る こ と が 出 来 た 。 ろ 、 つ お く 私 は 梅 雨 の 到 来 と 共 に 、 こ の 画 を わ が 陋 屋 の 壁 に 掛 け る 。 そ し て 眺 め る た ひ に 、 来 し 方 を 偲 び 、 感 慨 に 耽 け る こ と が あ る 。 不 思 議 な 画 だ 。 鈴 木 正 道 ( 千 葉 県 柏 市 ) 302