検索 - みる会図書館

検索対象: 図書館の学校 2013年 秋号

図書館の学校 2013年 秋号から 52件ヒットしました。

図書館の学校 2013年 秋号


ラ ス ト な ど を つ け て い た だ 図 書 館 総 合 展 プ ー ス く こ と も 可 能 で す 。 メ ー 出 展 ・ フ ォ ー ラ ム 開 催 ま た は 郵 便 で 随 時 受 付 中 で 川 月 四 日 ( 火 ) 5 川 月 引 日 す 。 下 記 の お 問 合 せ 先 ま で ( 木 ) パ シ フ ィ コ 横 浜 で 行 お 送 り く だ さ い わ れ る 図 書 館 総 合 展 に 出 展 し ま す 。 お 気 軽 に プ ー ス ま で お 立 ち 寄 り く だ さ い カ プ ロ ス 顕 治 く ん が フ ォ ー ラ ム は 2 っ 開 催 し ま 財 団 事 務 局 に す 。 ふ る っ て ご 参 加 く だ さ 来 て く れ ま し た お 申 し 込 み は 財 団 ウ ェ プ サ イ ト ま で 。 「 小 惑 星 探 査 機 は や ぶ さ 」 ① 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る で 第 回 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 優 秀 学 習 コ ン ク ー ル の ち か ら 」 賞 ・ 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 川 月 日 ( 水 ) 1 ・ CO ペ ー ジ で 紹 介 し 賞 を 受 賞 し た 、 米 国 ワ シ ン ト ン 在 住 の カ プ ロ ス 顕 治 く た 仲 濱 佳 穗 さ ん に ご 登 壇 い た だ き ま す 。 ん が 、 夏 休 み に 財 団 事 務 局 ② 「 平 成 幻 年 度 助 成 事 業 者 に 来 て く れ ま し た 。 お か あ さ ん 、 妹 さ ん と 一 緒 成 果 発 表 会 」 1 り ・ 0 に 来 て く れ た カ プ ロ ス く ん 川 月 引 日 ( 木 ) に 、 ト ロ フ ィ ー を 授 与 し ま -1 ・ 0- し た 。 本 誌 「 図 書 館 の 昨 今 」 へ の 原 稿 を 募 り ま す 図 書 館 に ま つ わ る 話 、 ご 意 見 な ど を 1000 字 程 度 で お 寄 せ く だ さ い 。 写 真 や イ 図 書 館 の 校 調 使 図 べ つ 書 、 図 書 館 界 の 物 の の し み ・ こ の 1 年 駅 、 ヘ す 選 図 書 館 の 学 校 2012 年 冬 号 図 書 館 の 学 校 2013 年 春 号 図 書 館 の 学 校 2013 年 夏 号 あ う る 2012 年 秋 号 い つ も ご 愛 読 あ り が と う ご ざ い ま す 。 『 図 書 館 の 学 校 』 、 NPO 図 書 館 の 学 校 機 関 誌 プ サ イ ト で ご 確 認 い た だ け ま す 。 く わ し く は 事 務 『 あ う る 』 の バ ッ ク ナ ン バ ー の ご 注 文 を お 受 け し 局 ま で お 問 合 せ く だ さ い 。 ま す 。 各 号 の 内 容 に つ き ま し て は 、 財 団 の ウ ェ お 問 合 せ 先 図 書 館 振 興 財 団 事 務 局 〒 1 1 2-001 2 東 京 都 文 京 区 大 塚 3-5-9 住 友 成 泉 小 石 川 ビ ル 別 館 5 階 [email protected] 地 域 コ ン 環 ー の た の し み

図書館の学校 2013年 秋号


図 書 館 振 興 財 団 助 成 事 業 の ス ス メ 振 興 助 成 事 業 [ 特 集 ] 日 本 の 図 書 館 の 発 展 の た め に 2008 年 に ス タ ー ト し ま し た ! 助 成 事 業 は 図 書 館 振 興 財 団 の 中 心 事 業 で す 。 資 料 の デ ジ タ ル 化 や プ ロ ジ ェ ク ト の 実 践 な ど に つ い て 、 助 成 申 請 を 考 え て い る け れ ど 手 続 き が む ず か し そ う 、 と 思 っ て い る み な さ ま に 、 わ か り や す く ご 紹 介 し ま す 。 ま ず は ど ん な 内 容 で 、 ど の よ う な 手 続 き が 必 要 か 、 ご 確 認 く だ さ い 。 助 成 の 対 象 に つ い て 助 成 事 業 に は 2 つ の 種 類 が あ り ま す 図 書 館 職 員 の 育 成 、 図 書 館 の 運 営 や サ ー ビ ス の 向 上 、 図 書 館 機 能 向 上 の た め の 調 1 振 興 助 成 事 業 図 書 館 の 振 興 を 目 的 と し た 、 毎 年 秋 に 公 査 ・ 研 究 、 電 子 図 書 館 シ ス テ ム 導 入 な ど 、 募 す る 助 成 事 業 で す 。 毎 年 財 団 が 決 め た テ 図 書 館 の 改 善 ・ 発 展 を 目 指 す 事 業 が 対 象 に ー マ に 即 し た 事 業 に 対 し て 助 成 し ま す 。 助 な り ま す ( 過 去 の 助 成 事 業 の 具 体 的 な 内 容 に つ い て は 6 5 9 ペ ー ジ を ご ら ん く た さ 成 金 の 上 限 は 1000 万 円 で す こ れ ま で の 5 年 間 に 、 の べ 芻 の 事 業 者 に 振 興 助 成 事 業 は 、 原 則 と し て 単 年 度 の 事 対 し て 、 総 額 お よ そ 2 億 3400 万 円 が 助 成 さ れ ま し た 。 業 が 対 象 と な り ま す 。 2 提 案 型 助 成 事 業 個 人 や 他 団 体 か ら の 、 使 途 を 指 定 さ れ た 寄 付 に よ っ て 行 わ れ る 助 成 事 業 で す テ ー マ は 寄 付 者 ・ 寄 付 団 体 に よ っ て 決 め ら れ ま す 。 2012 ・ 2013 年 度 は 株 式 会 社 図 書 館 流 通 セ ン タ ー か ら の 寄 付 に よ り 、 「 地 域 資 料 の デ ジ タ ル 化 と 公 開 」 に 対 し て 助 成 を 実 施 し ま し た 。 本 年 度 の 公 募 は 7 月 を も っ て 締 め 切 り ま し た 。 来 年 度 も 予 定 し て お り ま す が 、 詳 細 は 未 定 で す 。 4

図書館の学校 2013年 秋号


て 発 展 し そ う な 地 域 に つ い て 、 路 線 価 を 図 書 よ さ が あ り ま す 。 た と え ば 、 何 か を 調 べ る と 館 で 調 べ 、 交 通 の 便 や コ ス ト パ フ ォ ー マ ン ス き 、 イ ン タ ー ネ ッ ト だ と キ ー ワ ー ド を 検 索 し な ど を 考 え 、 ヒ ア リ ン グ し て 検 討 し ま し た 。 高 て す ぐ に 目 的 の こ と が ら に た ど り つ き ま す が 、 校 の と き は 市 内 の 道 祖 神 に つ い て 調 べ ま し た 。 本 だ と そ う は い き ま せ ん 。 ペ ー ジ を め く っ て 道 祖 神 を 調 べ て い る と 梵 字 が 出 て く る の で 、 探 し て い く た め 、 本 来 の 目 的 で は な い と こ ろ こ の 時 も よ く 図 書 館 を 利 用 し ま し た ね 。 小 中 で 手 か 止 ま っ た り 、 調 べ よ う と 思 っ て い た こ 高 と 、 書 物 で 調 べ て フ ィ ー ル ド ワ ー ク も す る 、 と か ら の 前 後 を 読 ん で 別 の 興 味 か 沸 い た り と 、 両 方 が セ ッ ト に な っ た 学 習 に 夢 中 で し た 」 予 測 で き な い 広 が り か あ り ま す 。 図 書 館 も 同 そ , つ い っ た 学 習 体 験 が 土 台 に あ っ た 銭 谷 さ 様 で 、 あ る こ と が ら を 調 べ に 行 っ た の に 、 つ ん は 、 教 育 に 関 わ る 仕 事 を し た い と 芻 年 、 文 い 他 の 本 に も 目 が 移 り 、 自 然 と 知 識 が 増 え て い く 。 , ) れ が 図 書 館 の 醍 醐 味 だ と 思 い ま す 。 部 省 ( 当 時 ) に 入 省 し ま す 。 「 仕 事 で 直 接 、 図 書 館 と 関 わ っ た の は 年 に た け ど 、 知 識 か 増 え た か ら い い と い う わ け 視 聴 覚 教 育 と 公 共 図 書 館 の 担 当 部 署 で あ る 生 で も な い 。 子 ど も が 成 長 し て い く と き 、 想 像 涯 学 習 局 学 習 情 報 課 長 ( 当 時 ) に な っ た と き 。 し た り 疑 問 を 持 っ た り す る 力 は と て も 大 事 で 教 育 基 本 法 に は 社 会 教 育 の 場 と し て 図 書 館 、 す 。 そ の と き に 問 わ れ る の は 調 べ る 力 だ け で な く 、 ま と め る 力 な ん で す が 、 こ れ は 言 語 技 博 物 館 、 公 民 館 等 が あ が っ て い た の で す が 、 こ の と き は ま だ 公 共 図 書 館 の 設 置 や 運 営 の 基 術 だ け で な ん と か な る も の で も あ り ま せ ん 。 準 が な か っ た ん で す 。 そ れ で 審 議 会 で 報 告 を だ か ら こ そ 、 子 ど も を 育 て て い く う え で 言 語 出 し て い た だ き 、 そ れ を 通 知 し ま し た 。 田 年 教 育 と 体 験 学 習 は 両 輪 な ん で す 。 子 ど も た ち に 『 公 立 図 書 館 の 設 置 及 び 運 営 上 の 望 ま し い が 調 べ た こ と を 実 地 で 生 か し て い け る よ う に 、 基 準 』 を 告 示 し た の で す が 、 そ の 萌 芽 の よ , っ 図 書 館 は ど う 情 報 を 提 供 し サ ポ ー ト し て い く な 仕 事 が で き た の は う れ し い こ と で す 」 の か , ) れ か ら の 図 書 館 に 求 め ら れ る の は 、 そ の 後 、 小 学 校 課 長 と し て 学 校 図 書 館 を 担 そ ん な 視 点 か ら の 関 わ り だ と 思 い ま す ね 」 当 。 当 時 は 学 校 図 書 館 の 図 書 整 備 が 不 十 分 だ そ の 観 点 か ら 「 図 書 館 の 役 割 は 今 後 ま す ま っ た た め 、 5 カ 年 計 画 を 立 て 、 整 備 す る た め す 多 様 化 す る 」 と 銭 谷 さ ん 。 図 書 館 へ の 思 い は 熱 く 、 言 葉 が 途 切 れ る こ と は あ り ま せ ん 。 の 交 付 金 も 出 す な ど さ れ た そ う で す 。 銭 谷 さ ん は 経 験 を 踏 ま え て 、 こ う 強 調 し ま す 「 情 報 の 拠 点 で あ る 図 書 館 が 街 づ く り の 中 心 「 イ ン タ ー ネ ッ ト の 時 代 で す か 、 本 に は 本 の に な る 。 そ ん な 時 代 か 来 て ほ し い で す ね 」 0 せ に や ま さ み 銭 谷 眞 美 1949 年 秋 田 県 生 ま れ 。 1973 年 文 部 省 入 省 。 大 臣 官 房 審 議 官 、 文 化 庁 次 長 、 文 部 科 学 省 生 涯 学 習 政 策 局 長 、 初 等 中 等 教 育 局 長 等 を 歴 任 。 文 部 科 学 事 務 次 官 を 経 て 、 2009 年 よ り 東 京 国 立 博 物 館 長 。 2012 年 よ り 図 書 館 振 興 財 団 理 事 お よ び 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 審 査 委 員 長 45

図書館の学校 2013年 秋号


友 の 会 「 図 書 館 の 学 校 」 入 会 の ご 案 内 当 財 団 の 活 動 に 賛 同 い た た い た 方 に , 入 会 い た た く ク 友 の 会 で す 。 活 動 の 報 告 や 図 書 館 に 関 わ る さ ま ざ ま な 情 報 を 提 供 す る た め に 本 誌 を 年 4 回 お 届 け し ま す ( 定 期 購 読 よ り も お 得 で す ) 。 ま た 、 会 員 様 に は 当 財 団 で 主 催 す る 事 業 へ の 参 加 募 集 を い た し ま す 。 年 会 費 ( 個 人 ・ 団 体 と も ) 3000 円 ( 1 ロ ) 1 口 に つ き 1 冊 本 誌 を お 届 け し ま す 。 ( 4 ロ 以 上 の お 申 込 み に 対 し て は 、 3 冊 ま で と さ せ て い た だ き ま す ) お 申 込 み の 方 法 当 財 団 の ウ エ プ サ イ ト 「 新 規 登 録 の ご 案 内 」 (http://www.toshokan.0「.jp/membe「、) し よ 、 り 气 入 会 フ ォ ー ム に ご 記 入 く だ さ い く わ し く は 当 財 団 の ウ エ プ サ イ ト を ご 覧 く だ さ い 編 集 後 記 人 に ' 夢 ク か あ る よ , つ に 、 図 書 館 に も 図 書 館 活 動 を 工 夫 す る ク 夢 ク が あ る ( は す ) 。 し か し 、 ク 夢 ツ の 実 現 に は 、 常 に 経 費 の 壁 に 突 き 当 た る 。 ク 夢 〃 を 実 現 し て い た だ く た め に 、 当 財 団 は 創 設 時 か ら 、 財 団 の 運 営 費 の 約 % を 出 資 す る 公 募 型 の 「 図 書 館 振 興 助 成 」 事 業 を 推 進 し て き た 。 原 資 に 限 り が あ る だ け に 、 よ り 有 効 な 助 成 事 業 の 在 り 方 を 考 え た く 、 こ れ ま で の 助 成 事 業 を 振 り 返 っ て み ま し た 。 夢 の 実 現 に 、 応 募 を お 待 ち し て い ま す 。 常 任 理 事 石 川 徹 也 今 号 よ り 、 牟 田 に 代 わ り 制 作 担 当 と な り ま し た 奥 村 で す 。 財 団 に 配 属 さ れ て か ら ま だ 1 年 あ ま り 。 財 団 の 仕 事 も 勉 強 中 で す が 、 よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 取 材 を 通 し て 、 多 く の 方 々 と お 目 に か か る , ) と が で き 、 貴 重 な お 話 を 聞 か せ て い た だ い て お り ま す 。 そ の 出 会 い か ら 得 た 経 験 を 読 者 の 皆 様 に お 届 け す る こ と か 機 関 誌 担 当 の 使 命 と 考 え 、 誌 面 づ く り に 努 め て ま い り ま す 。 今 回 の 特 集 は 「 助 成 事 業 」 で す 。 ち ょ う ど 本 誌 が 皆 様 の お 手 一 兀 に 届 く こ ろ 、 公 募 か 開 始 さ れ て い る は す で す 。 申 請 を 考 え て い る 方 は 是 非 ー 制 作 担 当 奥 村 道 明 2013 年 秋 号 ( 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 機 関 誌 ) ISSN 2187-3593 2013 年 9 月 19 日 発 行 ( 季 刊 ) 発 行 人 石 井 昭 編 集 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 ・ ( 株 ) 岩 崎 書 店 発 行 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 〒 112-0012 東 京 都 文 京 区 大 塚 3 ー 5 ー 9 電 話 03-3943-4743 ア ー ト デ ィ レ ク シ ョ ン 野 澤 享 子 (permanent YeIIow orange) 表 紙 撮 影 小 林 キ ュ ウ 表 紙 ・ 本 文 レ イ ア ウ ト Permanent Yellow Orange イ ラ ス ト 北 原 明 日 香 印 刷 ・ 製 本 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 ◎ Library Advancement Foundation 2013 Printed ⅲ Japan 次 号 予 告 『 図 書 館 の 学 校 』 冬 号 は 、 12 月 19 日 刊 行 予 定 で す 。 毎 年 1 月 に 開 催 す る イ ベ ン ト 「 子 ど も の 本 ・ こ の 1 年 を 振 り 返 っ て 」 を 特 集 し ま す 。

図書館の学校 2013年 秋号


館 2013 年 秋 号 目 次 2 。 12 年 度 図 書 館 振 興 助 成 事 業 報 告 ② ー 地 域 の 絆 保 存 プ ロ ジ ェ ク ト 東 松 島 市 図 書 館 ( 宮 城 県 ) ラ イ プ ラ リ ア ン 育 成 事 業 名 古 屋 大 学 附 属 図 書 館 ( 愛 知 県 ) 「 堺 市 史 」 フ ル テ キ ス ト デ ジ タ ル 化 に よ る 一 般 公 開 シ ス テ ム 事 業 ( 大 阪 府 ) 読 書 の ち か ら ま ち を 元 気 に す る 北 海 道 恵 庭 市 読 書 の 条 例 制 定 ー 第 回 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 」 入 賞 作 品 紹 介 ! 用 煢 ー 優 秀 賞 ・ 図 書 館 振 興 財 団 賞 ほ か 肥 作 品 調 べ て 学 ぶ 喜 び を 知 っ て い る か ら こ そ , ~ 多 く の 人 に 伝 え た い 可 進 ー 『 世 界 を 救 う キ ャ ッ プ 』 ( 第 川 回 ) と 『 火 山 の お い た ち 』 ( 第 回 ) で コ ン ク ー ル 入 賞 し た 仲 濱 佳 穗 さ ん の 今 地 域 コ ン ク ー ル レ ポ ー ト 長 野 県 茅 野 市 の 取 り 組 み 可 用 事 : ・ こ れ ま で 6 回 の 「 地 域 コ ン ク ー ル 」 を 開 催 し 、 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 」 活 動 賞 を 受 賞 〔 特 集 〕 図 書 館 振 興 財 団 助 成 事 業 の ス ス メ 助 成 申 請 か ら 決 定 ま で / こ れ ま で の 助 成 事 業 一 覧 表 紙 の 写 真 函 南 町 立 図 書 館 撮 影 小 林 キ ュ ウ 2

図書館の学校 2013年 秋号


「 今 年 、 初 め て 『 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 し て 調 べ る こ と に な り ま し た 。 そ の と き 担 当 コ ン ク ー ル 』 の 審 査 に 立 ち 会 い ま し た 。 ど の し た ス リ ラ ン カ と い う 国 の 地 形 や 気 候 、 宗 教 や 産 業 な ど を 調 べ る の に 使 っ た の が 図 書 館 初 作 品 も 疑 問 に 思 っ た こ と を 一 生 懸 命 調 べ て い て 、 と て も 充 実 し て い ま し た 。 作 品 を 審 査 す 体 験 で す 。 こ の と き の こ と は よ く 覚 え て い て 、 子 ど も 心 に 図 書 館 の 本 は 充 実 し て い る と 思 っ る 先 生 方 も 本 当 に 熱 心 で 圧 倒 さ れ ま し た 」 そ う 満 面 の 笑 み を 浮 か べ て 語 る の は 東 京 国 た も の で し た 。 小 説 な ど は 父 か ら 借 り て 読 ん 立 博 物 館 長 の 銭 谷 眞 美 さ ん で す 。 銭 谷 さ ん の で い た ん で す が 、 図 書 館 に は 家 に は な い 自 然 科 学 の 本 が 本 当 に た く さ ん あ り ま し た か ら 」 前 職 は 文 部 科 学 事 務 次 官 。 そ の お 立 場 ゆ え 、 中 学 校 以 降 、 銭 谷 さ ん と 図 書 館 の 関 係 は さ 子 ど も た ち の 学 習 に は 強 い 関 心 を お 持 ち で す 。 ら に 密 度 を 増 し て い き ま す 。 郷 土 研 究 を 行 , っ そ ん な 銭 谷 さ ん の 図 書 館 体 験 は 小 学 校 時 代 「 社 会 部 」 と い う 部 活 に 入 っ た か ら で し た 。 ま で 遡 り ま す 。 「 中 学 校 の と き は 秋 田 市 で 将 来 、 住 宅 地 と し 「 5 年 生 の 社 会 の 授 業 で 、 い ろ ん な 国 を 分 担 言 語 教 育 と 体 験 学 習 の 両 輪 が 子 ど も を 育 て る 今 号 か ら 始 ま っ た 新 連 載 『 日 本 の 図 書 館 文 化 を 支 え る 人 々 』 。 毎 回 、 日 本 の 図 書 館 や 出 版 文 化 に 人 生 を か け た 方 々 を ご 紹 介 し て い き ま す 。 本 や 図 書 館 と の 関 わ り 、 な ぜ 図 書 文 化 の 興 隆 に 力 を 注 い だ の か 、 後 に 続 く 私 た ち に 望 ま れ る こ と は 何 か 等 、 縦 横 無 尽 に お 話 し い た だ き ま す 。 1 回 目 は 東 京 国 立 博 物 館 長 の 銭 谷 眞 美 さ ん で す 。 取 材 ・ 文 品 川 裕 香 ( 教 育 ジ ャ ー ナ リ ス ト ) 0 1 0

図書館の学校 2013年 秋号


振 興 助 成 事 業 2012 年 度 図 書 館 振 興 助 成 事 業 報 告 ② 東 松 島 市 図 書 館 、 名 古 屋 大 学 附 属 図 書 館 、 堺 市 か ら の 報 告 で す か ら す る と 非 常 に 意 義 が あ る だ ろ う と 思 う 。 ICT 地 域 の 絆 保 存 プ ロ ジ ェ ク ト 東 松 島 市 図 書 館 ( 宮 城 県 ) 201 2 年 7 月 ~ 2013 年 3 月 7 , 597 , 914 円 【 課 題 】 今 回 、 こ の 事 業 の 取 り 組 み が 数 多 く 報 道 さ れ 、 問 い 合 わ せ や ホ ー ム ペ ー ジ の ア ク セ ス が 多 い 状 況 に あ る 一 方 で 、 震 災 発 生 時 の 動 画 ( 津 波 の 映 像 ) の 提 供 依 頼 が 多 く あ る が 、 残 念 な が ら 提 供 者 が 少 な い 状 況 と な っ て い る 。 【 助 成 期 間 】 【 助 成 金 額 】 【 将 来 計 画 】 今 後 も 、 コ ン テ ン ツ の 充 実 ( 学 校 ・ 復 興 サ ポ ー ト 支 援 セ ン タ ー ・ 各 行 政 機 関 と 連 携 し 、 収 集 ) を 図 り 、 市 民 が 利 活 用 し や す い 資 料 整 備 を 行 う と と も に 、 支 援 か ら 連 携 の ツ ー ル と し て 活 用 さ れ て い く よ う 、 ホ ー ム ペ ー ジ な ど を 充 実 さ せ て い き た い 。 【 目 的 】 ① ふ る さ と の 再 生 ( 大 切 な 人 ・ 物 を 忘 れ な い ) ② 震 災 の 体 験 を 風 化 さ せ な い ③ 震 災 の 悲 劇 を 繰 り 返 さ な い ④ 震 災 の 体 験 を 将 来 に 活 か す ⑤ 防 災 教 育 に 役 立 て る 新 聞 は 記 事 ご と に バ ー コ ー ド を は り 、 テ ー タ 入 力 し や す い よ う に 準 備 【 内 容 】 ① 本 市 震 災 関 連 掲 載 の 資 料 収 集 ( 行 政 発 行 物 ・ 避 難 所 や 仮 設 住 宅 で の ミ ニ コ ミ 紙 ・ 新 聞 折 込 チ ラ シ な ど 含 む ) ② 本 市 の 被 災 地 域 の 郷 土 芸 能 等 の 映 像 収 集 、 ま カ は 撮 影 ③ 本 市 震 災 関 連 掲 載 記 事 の 整 理 及 び 、 見 出 し な ど の デ ー タ 入 力 ④ 震 災 の 体 験 談 の 収 集 ( 撮 影 し 映 像 化 ・ 録 音 し PDF 化 ) ⑤ 震 災 当 時 の 写 真 ・ 動 画 な ど の 収 集 【 事 業 成 果 】 避 難 所 ・ 仮 設 住 宅 の 住 民 に 向 け た 、 ニ コ ミ 紙 や チ ラ シ な ど 、 役 割 を 終 え 、 人 々 の 前 か ら 消 え て い く 資 料 。 さ ら に は 、 記 憶 ( 生 の 資 料 ) は 時 間 と と も に 風 化 し 、 消 え て し ま う 資 料 。 こ れ ら の 資 料 を 積 極 的 に 収 集 ・ 整 理 ・ 保 存 が で き た こ と は 、 今 回 の 事 業 目 的 入 力 や 編 集 を 待 つ 震 災 関 連 の 資 料 と 編 集 機 材 10

図書館の学校 2013年 秋号


② 今 夜 は 草 む ら コ ン サ ト 文 ・ 写 真 谷 本 雄 治 イ ラ ス ト こ ぐ れ け ん じ ろ う 夕 方 の 風 が 涼 し く な っ て 、 季 節 は も う 秋 。 ど こ か ら か 、 虫 の 声 が 聞 こ え て き ま す 。 よ も 見 ) 発 い た が 、 6 月 に な れ は 毎 年 、 長 い ひ げ を 揺 ら す 幼 虫 が , つ じ ゃ , つ じ ゃ と 、 ふ 化 し て く れ る * 2 『 動 物 歳 時 記 』 で は 足 袋 屋 の 安 兵 衛 と い う 男 を 好 き な 季 節 を た す ね ら れ た ら 、 ば く は 迷 わ す 、 3 秋 と 答 え る 。 川 月 生 ま れ の せ い か 、 そ の こ ろ に な る と 、 な ん と な く 気 分 そ う 快 に な る の だ 。 気 持 ち に ゆ と り が で き る と 、 虫 の 声 も よ く 聞 こ え る ほ く が 鳴 く 虫 の 飼 育 に 手 を 染 め た の は 、 ト 、 3 年 生 の と き だ っ た 。 い と こ の 家 で 飼 わ れ て い た ス ズ ム シ の 鳴 き 声 に 心 を 奪 わ れ 、 数 匹 分 け て も ら っ た の が 始 ま り だ 。 そ れ 以 来 、 毎 年 の よ う に 飼 育 を 繰 り 返 し て い る 。 す っ か り オ ジ さ ん に な っ て か ら 手 に し た 『 虫 の 博 物 誌 』 に よ る と 、 鳴 く 虫 を 人 工 飼 育 し て 売 る よ う に な っ た の は 江 戸 時 代 の 寛 政 年 間 ( 17 8951801 年 ) の こ と ら し い 始 め た の は 神 田 に い た 忠 蔵 と い う 人 で 、 当 時 の 養 蚕 技 術 の ひ と つ だ っ た 、 閉 め 切 っ た 部 屋 に 火 鉢 を 置 く よ う な 加 温 法 に よ る 早 出 し に 成 功 し 、 高 値 で 売 っ た と い う 。 そ れ に 比 べ る と ば く の 飼 い 方 は 稚 拙 第 第 イ ふ 、

図書館の学校 2013年 秋号


紹 介 し て い る 。 小 さ な 竹 か ご に 入 れ て ス ズ ム シ を 亠 冗 り 、 か な り の ヒ ッ ト 商 品 に し た よ う だ 。 虫 の 屋 台 を 使 っ た 「 呼 び 売 り 」 を 考 え だ し た ア イ デ ア マ ン で も あ る 。 中 学 校 で 学 ん だ 『 枕 草 子 』 の 清 少 納 言 は 、 「 秋 は な ん て っ た っ て 、 夕 暮 れ よ ね 」 と 説 い て い た そ の 意 見 に は 賛 成 だ が 、 彼 女 が 目 を つ け た の は ね ぐ ら に 帰 る カ ラ ス だ っ た 。 ど う せ な ら ス ズ ム シ 、 マ ッ ム シ 、 コ オ ロ ギ な ど の 鳴 く 虫 を 取 り 上 け て ほ し か っ た な あ と 、 に き び 面 の ば く は 田 5 っ た も の だ 。 そ の ク , つ ら み ク を 晴 ら そ , っ と し て い る わ け で は な い が 、 秋 の 夕 暮 れ に な る と 、 草 む ら の コ ン サ ー ト が 気 に な っ て し か た が な い 「 子 ど も た ち に コ オ ロ ギ の 雌 雄 の 見 分 け 方 を 教 え た ら 、 , ) ん な こ と を 言 わ れ た の 」 小 学 校 の 教 員 を し て い た 妻 か ら 、 面 白 い 話 を 聞 い た 。 し つ ば ( 尾 肢 ) が 2 本 な ら 雄 、 長 い 針 ( 産 卵 管 ) が あ れ ば 雌 だ と 説 明 し た と こ ろ 、 あ る 子 が た す ね た そ う だ 。 「 『 こ の 前 ね 、 2 本 の し つ ば も 針 も あ る コ オ ロ ギ を 見 た よ 。 あ れ は な ー に ? 』 で す っ て 」 「 , っ ー ん : ス ル ド イ ! 」 ば く は 絶 句 し 、 感 心 し た 。 ま さ に 恐 る べ き 観 察 力 で あ る 。 は や り の 言 い 方 を す れ ば 、 そ の 子 ー フ の よ , つ な コ オ ロ ギ を 連 想 し 、 頭 を 悩 ま せ た の で は な い だ ろ う か も ち ろ ん 、 雌 に も し つ ば は 2 本 あ り 、 産 卵 管 は そ の 間 に 寸 、 れ 二 も は ね を 立 て て 鳴 く ス ズ ム シ 。 7 回 続 け て 鳴 く 「 7 振 り 」 の ス ズ ム シ か 最 高 だ と さ れ て き た 羽 化 し た ば か り の 純 白 い の ス ズ ム シ に は 、 な ん - と も い え ぬ 気 品 が 漂 う マ ッ ム シ 。 現 代 と ち か っ て 、 古 く は 「 ス ズ ム シ 」 の 名 で 呼 は れ た と し 、 つ ふ 化 間 近 の ス ズ ム シ の 卵 。 眼 が は っ き り 見 え る 科 学 知 識 の 乏 し か っ た ば く の 少 年 時 代 に は 、 こ ん な マ マ さ ん も 少 な く な か っ た 。 「 虫 だ っ て 、 人 間 と 同 じ で し よ 。 ま ん な か に も う 1 本 あ る の が 雄 よ ね 」 あ あ 、 見 事 な 勘 違 い そ れ に 比 べ る と 、 現 代 っ 子 は あ ふ れ る 知 識 を 持 っ て い る そ れ を 支 え る の が カ ラ フ ル で 充 実 し た 記 述 の あ る 図 鑑 類 だ 。 た と え ば 日 本 直 翅 類 学 会 が 監 修 し た 『 バ ッ タ ・ コ オ ロ ギ ・ キ リ キ リ ス 生 態 図 鑑 』 に は 最 新 情 報 が た く さ ん 盛 り 込 ま れ て い て 、 勉 強 に な る 。 図 書 館 の 本 を 読 ん で 知 識 を た く わ え る 子 ど も が 増 え る の は う れ し い こ と だ 。 し か し そ の 一 方 で 、 野 外 体 験 派 の 少 な い こ と か 気 に な っ て し か 小 学 校 に 呼 ば れ 、 、 , 、 ノ ム シ に つ い て 話 し た 。 「 、 く ノ ム シ が 大 き く な る と 何 に な る か 、 知 っ て る か な ? 」 大 人 で さ え 、 あ の ま ま さ ら に 巨 大 な 蓑 に な る と 思 っ て い る 人 が い る 。 ま し て や 、 子 ど も で あ る 。 ご く 部 の 子 し か 、 正 確 な こ と を 知 ら な い と 田 5 っ て い た 羽 化 し た ば か り の オ オ ミ ノ ガ 。 ミ ノ ム シ は ミ ノ ガ 類 の 蓑 な の だ 0

図書館の学校 2013年 秋号


読 書 の ち か ら ま ち を 元 気 に す る 北 海 道 恵 庭 市 、 読 書 の 条 例 制 定 ! 恵 庭 市 は 201 3 年 4 月 1 日 、 読 書 の ま ち を 推 進 い う も の で す 。 店 舗 や 喫 茶 店 な ど の 経 営 者 一 人 ひ と す る 道 し る べ と な る 「 恵 庭 市 人 と ま ち を 育 む 読 書 条 り が 館 長 に な っ て お す す め の 本 で オ リ ジ ナ ル の 本 棚 例 」 を 施 行 し ま し た 。 を 作 り 、 訪 れ た 人 は 館 長 と の 会 話 と 交 流 を 楽 し む と 市 民 ワ ー ク シ ョ ッ プ を 201 2 年 4 月 か ら 10 月 ま い う も の で す 。 市 立 図 書 館 の 内 藤 和 代 課 長 は 、 「 市 で 6 回 に わ た り 開 催 し 、 条 例 に 盛 り 込 む 内 容 を 話 し に は 、 以 前 か ら お 客 様 の た め に 本 を 置 い て い る お 店 合 い ま し た 。 ま た 、 市 議 会 や 図 書 館 協 議 会 で の 議 論 、 が 多 く あ り ま す 。 そ う い う 土 地 柄 ゆ え か 、 参 加 希 望 パ プ リ ッ ク コ メ ン ト を 経 て 、 約 1 年 を か け て 策 定 の は た く さ ん 集 ま っ て い ま す 」 と 話 し ま す 。 「 ま ち じ ゅ う 運 び と な り ま し た 。 市 民 の 意 見 を 十 分 に 反 映 し 、 市 図 書 館 マ ッ プ 」 や 店 頭 に 掲 げ る フ ラ ッ グ を 準 備 し て 民 の 手 で 作 成 し た こ の 条 例 は 、 子 ど も に も 読 み 取 れ い る そ う で す 。 る わ か り や す い 文 章 で 表 現 さ れ て い ま す 。 同 様 の 条 例 は 、 秋 田 県 、 秋 田 県 仙 北 市 、 宮 崎 県 高 横 浜 市 や 岐 阜 県 中 津 川 市 な ど で も 、 読 書 を 旨 と す る 条 例 を 制 定 す る 動 き が あ り ま す 。 こ れ か ら 、 自 千 穂 町 に 続 き 、 全 国 で 4 例 目 で す 。 治 体 が 住 民 の 読 書 活 動 を 支 援 す る 新 し い 動 き が さ 全 国 的 に も 珍 し い 読 書 条 例 の 制 定 を 、 子 ど も か ら に 広 が る こ と が 期 待 さ れ ま す 。 ら 大 人 ま で す べ て の 市 民 に 知 っ て も ら う た め 、 さ ま ざ ま な 事 業 が 実 施 、 計 画 さ れ て い ま す 。 市 立 図 書 館 は 5 月 26 日 に 、 読 書 条 例 制 定 記 念 事 業 「 話 し て つ な が る 読 書 の ま ち 市 民 カ フ ェ 」 を 開 催 し ま し た 。 ま ず 最 初 に 、 本 を 媒 介 に 人 の 縁 を つ な ぐ イ ベ ン ト 「 ま ち 塾@ま ち ラ イ プ ラ リ ー 」 の 提 唱 者 ・ 礒 井 純 充 氏 と 、 「 交 流 と 創 造 を 楽 し む 、 文 化 の 拠 点 」 小 布 施 町 立 図 書 館 ま ち と し ょ テ ラ ソ 前 館 長 ・ 花 井 裕 一 郎 氏 が 、 「 本 の ま ち づ く り っ て ど ん な こ と ? 」 を テ ー マ に 対 談 。 つ づ い て 「 IO 年 後 の 『 読 書 の ま ち 』 未 来 予 想 図 」 を テ ー マ に カ フ ェ 形 式 で 参 加 者 全 員 で 話 し 合 い ま し た 。 市 民 の ほ か 、 近 隣 市 町 村 の 図 書 館 関 係 者 な ど お よ そ 50 名 が 参 加 し 、 終 始 な ご や か な 雰 囲 気 で 、 活 発 に 意 見 が 交 換 さ れ ま し た 。 ま た 、 読 書 の ま ち を イ メ ー ジ す る シ ン ボ ル マ ー ク の 募 集 が 始 ま っ て い ま す 。 来 月 IO 月 に 決 ま る 最 優 秀 作 品 は 、 以 後 、 市 の 公 式 文 書 等 で 使 用 さ れ る 予 定 で す 。 そ し て 、 条 例 で 読 書 月 間 と 定 め る IO 月 か ら は 、 「 ま ち じ ゅ う 図 書 館 」 事 業 が 計 画 さ れ て い ま す 。 市 内 各 所 に 本 を 置 い て 、 ま ち じ ゅ う を 図 書 館 に し よ う と 齲 読 書 の ま ち 市 民 カ エ 0 市 民 カ フ ェ は 、 「 読 書 の ま ち づ く り 」 の 先 覚 者 に よ る 対 談 で 幕 を あ け ま し た 。 読 書 の ま ち の 中 心 と な る 恵 庭 市 立 図 書 館