検索 - みる会図書館

全データから 211561件ヒットしました。

あぶない一神教


あ ぶ な い 一 神 教 目 次

あぶない一神教


あ ぶ な い 一 神 教 目 次

あぶない一神教


あ ぶ な い 一 神 教 橋 爪 大 三 郎 / 佐 藤 優 Hashizume Daisabur0//Sato Masaru 小 学 館 新 書

傷ついた日本人へ


一 人 と 一 緒 に 、 幸 福 や 平 和 に つ い て 考 え て い き た い と 思 っ て い ま す 。 仏 教 に 祈 る べ き 「 神 」 は い な い 仏 教 徒 で な い 人 に 、 仏 教 の 話 を す る 意 味 は あ る の か こ の 疑 問 の 二 つ 目 の 答 え は 、 仏 教 の 持 っ 特 色 に あ り ま す 。 仏 教 は た し か に 宗 教 の 一 つ で す が 、 実 は 他 の 宗 教 と 比 べ て 「 哲 学 」 や 「 科 学 」 の 要 素 が と て も 強 い の で す 。 そ の た め 、 仏 教 の 教 義 を 学 ぶ こ と は 哲 学 や 科 学 を 学 ぶ の と 同 じ よ う な こ と だ と い え ま す し 、 哲 学 や 科 学 と し て 捉 え れ ば 各 々 の 宗 教 の 教 義 を 横 断 す る こ と が で き る の で す 。 そ れ で は ま ず 、 仏 教 が ど う し て 「 哲 学 、 的 な の か を 説 明 し ま し よ う 。 こ れ を 理 解 す る に は 、 ま ず 仏 教 が ど の よ う な 宗 教 な の か 、 他 の 宗 教 と 比 べ て 何 が 違 う の か を 知 る 必 要 が あ り ま す 。 そ こ で 宗 教 全 体 を 分 類 し て い き 、 仏 教 が ど の よ う な 位 置 づ

あぶない一神教


心 す る 。 ョ 1 ロ ッ パ で は こ れ を 、 多 神 教 と 分 類 す る の で す が 、 私 は 多 神 教 と 呼 ぶ べ き か ど 、 つ か よ / 、 わ か り ・ ま せ ん 。 佐 藤 日 本 独 自 の 考 え 方 で あ る こ と に は 、 違 い あ り ま せ ん ね 。 橋 爪 そ う 思 い ま す 。 一 神 教 は ど れ も 、 神 様 が ひ と っ と い う こ と に あ れ だ け こ だ わ っ て い る の に 、 日 本 に は 無 数 の 神 様 が い る 。 で は 、 な せ 日 本 に は 、 神 様 が た く さ ん い る の か 『 ふ し ぎ な キ リ ス ト 教 』 で は 、 こ の よ う に ま と め ま し た 。 、 と 考 え ま す 。 〈 日 本 人 は 、 神 様 は お お せ い い た ほ う が い い 人 本 な ぜ か 。 「 神 様 は 、 人 間 み た い な も の だ 」 と 考 え て い る か ら で す 。 神 様 は 、 ち ょ っ と 日 る 偉 い か も し れ な い が 、 ま あ 、 仲 間 な ん で す ね 。 友 達 か 、 親 戚 み た い な も の だ 。 ( 中 略 ) 立 で 、 そ の 付 き 合 い の 根 本 は 、 仲 よ く す る こ と な ん で す 。 お お ぜ い と 仲 よ く す る と 、 自 孤 分 の 支 え に な る 。 ネ ッ ト ワ ー ク が で き る 。 こ れ は 日 本 人 が 、 社 会 を 生 き て い く 基 本 で す 。 序 こ の や り 方 を 、 人 間 じ ゃ な い 神 様 に も 当 て は め る 。 す る と 、 神 道 の よ う な 多 神 教 に な

あぶない一神教


運 動 ( 宗 教 間 、 教 派 間 の 対 話 と 協 力 を 進 め る 運 動 ) を 推 進 す る 教 会 は 寛 容 だ 。 プ ロ テ ス タ ン テ ィ ズ ム の メ ノ ナ イ ト 派 や ク エ ー カ ー 派 は 絶 対 平 和 主 義 を 掲 げ 、 従 軍 を 拒 否 す る 。 ま た 、 タ イ の 内 乱 で 銃 を 取 っ て 戦 っ て い る 人 々 は 仏 教 徒 だ 。 ス リ ラ ン カ で 爆 弾 闘 争 を 展 開 す る 仏 教 徒 も い る 。 ま た 、 日 本 の 国 家 神 道 は 、 戦 前 、 戦 中 に 大 本 や 創 価 教 育 学 会 ( 創 価 学 会 の 前 身 ) 、 ひ と の み ち 教 団 ( 教 団 の 前 身 ) に 不 敬 罪 を 適 用 し 、 激 し い 弾 圧 を 加 え た 。 ま た 、 植 民 地 で あ っ た 朝 鮮 に 神 社 崇 拝 を 強 要 し た 。 こ れ に 対 し て 、 多 く の 朝 鮮 人 キ リ ス ト 教 徒 が 抵 抗 し た の で 朝 鮮 総 督 府 は 弾 圧 を 加 え た 。 こ れ ら の 事 実 か ら 明 白 な よ う に 、 「 一 神 教 は 偏 狭 で 暴 力 的 だ , 「 多 神 教 や 神 を 想 定 し な い 仏 教 は 寛 容 だ 」 と い う よ う な 単 純 な 図 式 化 は で き な い の で あ る 。 宗 教 に つ い て 論 す る と き に 、 「 ど の キ リ ス ト 教 か 」 「 ど の イ ス ラ ム 教 か 」 「 ど の ユ ダ ヤ 教 か 」 「 ど の 仏 教 か 」 「 ど の 神 道 か 」 と 具 体 的 な 議 論 を す る こ と が 重 要 な の で あ る 。 私 は 、 日 本 基 督 教 団 に 所 属 す る プ ロ テ ス タ ン ト の キ リ ス ト 教 徒 で あ る 。 同 志 社 大 学 神 学 部 と 同 大 学 院 神 学 研 究 科 で は 、 組 織 神 学 と 呼 ば れ る キ リ ス ト 教 の 理 論 に 関 す る 研 究 を お お も と 4 ・

日本会議の研究


的 と い え る だ ろ 、 つ 。 も し 仮 に 、 日 本 会 議 に 参 画 す る 宗 教 団 体 が 、 同 一 の 宗 派 や 信 仰 対 象 を 共 有 す る 宗 教 団 体 ば か り で あ れ 日 日 日 そ 教 系 系 系 系 ス ば 、 「 似 た 者 同 士 の 親 睦 会 」 の よ う な 意 図 も 推 測 で 宗 仏 仏 仏 仏 キ 諸 諸 教 な き る か も し れ な い 。 ま た 同 一 の 宗 派 や 信 仰 対 象 の 利 宗 式 の 正 益 に 沿 う よ う に 活 動 し て い る の だ と 推 測 す る こ と も 教 ト 光 分 ス 護 会 会 僕 ス 真 会 ロ 研 派 リ 可 能 だ ろ う 。 所 友 柱 生 動 佛 第 国 新 キ し か し 、 伝 統 と 格 式 を 誇 る 古 く か ら の 宗 教 ( 延 暦 寺 を は じ め と す る 天 台 宗 な ど ) と 、 明 治 以 降 成 立 し 会 た い わ ゆ る 「 新 宗 教 」 が 肩 を 並 べ る な ど 、 明 ら か に 制 者 統 一 性 が 見 ら れ な い 。 ま た 、 霊 友 会 と 、 霊 友 会 か ら 道 系 系 伏 飫 伏 著 系 系 系 系 系 系 神 派 派 系 系 系 や 褪 S 簿 分 派 し た 佛 所 護 念 会 教 団 な ど 、 信 仰 の 現 場 で は 信 者 役 層 の 奪 い 合 い に な る よ う な 団 体 も 同 居 し て い る 。 kk 教 義 も 信 仰 対 象 も 信 者 層 も そ れ ぞ れ 違 い ( そ し て 庁 宮 宮 神 天 教 ス 教 宗 寺 社 勢 田 国 治 津 住 イ 和 台 法 日 図 神 伊 熱 明 岩 黒 オ 大 天 延 念 ※ 時 に は 奪 い 合 う ) 各 種 宗 教 団 体 の 顔 ぶ れ を 見 れ ば 、 文 化 庁 分 類 備 考 文 化 庁 分 類 備 考 団 体 名 団 体 名 本 体 は 三 五 教

傷ついた日本人へ


み な さ ん に と っ て 、 今 回 の 講 演 が 仏 教 を 学 ぶ き っ か け に な れ ば 嬉 し く 思 い ま す 。 そ の 上 で 、 仏 教 を 信 じ る か ど う か と い う の は 完 全 に 個 人 の 自 由 で す 。 自 分 の 意 志 で 選 ん で こ そ 、 真 の 信 仰 な の で す 。 自 分 に あ っ た 宗 教 こ そ 「 最 高 の 宗 教 、 で あ る め る 仏 教 に 限 ら ず 、 他 の 宗 教 に も 同 じ こ と が い え る で し よ 、 つ 。 定 世 界 に は た く さ ん の 宗 教 が あ り 、 そ れ ぞ れ 信 じ て い る 神 様 も 教 義 も バ ラ バ ラ で す 。 時 を 生 に は 互 い が 対 立 し 、 い が み 合 っ た り も し て い ま す 。 人 の で も ど の 宗 教 の 根 本 に も 「 幸 せ に な り た い 、 「 よ く 生 き た い 、 「 苦 し み か ら 逃 れ た い 」 自 と い う 共 通 の 願 い が あ り ま す 。 こ の 願 い を ど う や っ て 実 現 さ せ る か 、 そ れ を 説 く の が 宗 一 教 の 本 質 的 な 役 割 で あ り 存 在 意 義 な の で す 。 た だ 、 ひ と く ち に 幸 せ や 平 和 と い っ て も 、 国 や 文 化 、 両 親 や 家 族 、 ま た そ の 人 自 身 の

世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)


で は 、 日 本 の 国 民 は い っ た い 何 人 い る の だ ろ う か 。 約 四 億 人 ? そ う 、 前 述 の 数 字 か ら 類 推 す れ ば 、 当 然 そ う 答 え る だ ろ う 。 し か し 、 驚 く な か れ 、 日 本 の 人 口 は 約 一 億 三 〇 〇 〇 万 人 だ と い う の で あ る 。 あ な た は こ の ミ ス テ リ ー を 信 じ る こ と か で き る だ ろ - つ か ? 日 本 人 の 宗 教 意 識 ) 。 ル ー マ ニ ア で は 国 民 の 大 半 は 東 方 正 教 の 一 海 外 で は 話 題 が 宗 教 に 及 ぶ こ と も 少 な く な し つ で あ る ル ー マ ニ ア 正 教 を 信 じ て い る 。 街 に は 必 ず 教 会 が あ り 、 そ の 前 を 通 る 時 は 胸 の 前 で 十 字 を 切 る 人 も 多 い ン ポ そ ん な 姿 は 私 に は 新 鮮 に 映 っ た も の だ が 、 し か し 改 め て 考 え て み る と 、 日 本 で も か っ て は ニ お 寺 や 神 社 の 前 を 横 切 る 時 に 御 辞 儀 を す る と い う の は 日 常 的 な 光 景 だ っ た は ず で あ る 。 の 現 在 で は 、 ク リ ス マ ス に は ツ リ ー を 飾 り 、 正 月 に は 神 社 に 初 詣 に 行 く 、 結 婚 式 は 教 会 で 挙 秘 。 そ ん な 風 景 が 日 本 的 な も の と し て 浸 透 し て げ 、 死 ぬ 時 は 神 主 で は な く お 坊 さ ん が 来 る : 五 い る 。 神 道 も 含 め 、 い ろ い ろ な 宗 教 が 幅 広 い カ タ チ で 混 在 し 、 調 和 し て い る 姿 で あ る 。 七 世 紀 以 来 、 中 国 大 陸 か ら 仏 教 思 想 を 受 容 し 日 本 化 す る 一 方 、 こ の 一 世 紀 あ ま り の あ い だ に 西 欧 165

あぶない一神教


第 一 章 一 神 教 の 誕 生 以 降 で す 。 そ れ ま で は み ん な 併 存 し て い ま し た 。 な ぜ 、 争 い が 起 こ ら な か っ た か 。 橋 爪 先 生 が お 話 し し た よ う に 自 分 と 神 様 と の 存 在 に し か 関 心 が な い か ら で す 。 だ か ら 、 ほ か の 宗 教 の 教 義 に は 関 心 を 持 た な い 。 カ リ フ と は 何 者 な の か 橋 爪 三 つ の 一 神 教 の 基 本 を 、 順 番 に お さ ら い し ま し よ う 。 ま す 、 イ ス ラ ム 教 。 イ ス ラ ム 教 は 、 「 最 後 で 最 大 の 預 一 言 者 」 ム ハ ン マ ド の 啓 示 を 信 じ ま す 。 * 1 カ ル ケ ド ン 派 四 五 一 年 に 行 な わ れ た カ ル ケ ド ン 公 会 議 で 採 択 さ れ た 、 キ リ ス ト は 神 で も あ り 、 人 で も あ る と い う 考 え を 信 じ る 宗 派 。 * 2 正 教 ギ リ シ ャ 正 教 。 公 式 に は 「 正 統 カ ト リ ッ ク 教 会 」 。 ギ リ シ ャ 国 民 の 九 五 % 以 上 が 属 す る 。 * 3 コ プ ト 教 会 エ ジ プ ト に 古 代 か ら あ る キ リ ス ト 教 会 。 * 4 ア ル メ ニ ア 教 会 ア ル メ ニ ア 人 の 多 く が 所 属 す る 教 会 。 3