検索 - みる会図書館

全データから 212027件ヒットしました。

ありさの「虐待日記」


第 一 章 一 あ り さ の 虐 待 日 = =

ありさの「虐待日記」


小 学 館 文 庫 あ り さ の 「 虐 待 日 記 」 白 石 宏 一 小 学 館 文 庫

ありさの「虐待日記」


BW--JOO>LJ-J FO ä>- IO>WI<OU.I あ り さ の 虐 待 日 記 【 幼 児 虐 待 当 事 者 に よ る 幼 児 虐 待 の 記 録 】 幼 児 虐 待 っ て そ ん な に 悪 い こ と な の で し よ う か ? 幼 児 虐 待 者 っ て 異 常 な 人 間 な の で し ょ , つ か ? こ こ は 幼 児 虐 待 当 事 者 に よ る 幼 児 虐 待 を 記 録 す る 場 所 で す 。 幼 児 虐 待 に つ い て 罪 悪 感 を 持 つ 人 は 多 い け れ ど 、 ま ず 、 自 分 が 行 っ た 行 為 や 事 実 を 冷 静 に 見 つ め て み ま せ ん カ ? ・ 幼 児 虐 待 当 事 者 、 幼 児 虐 待 者 を 許 せ な い と 考 え る 人 、 ど ち ら の 方 も 歓 迎 し ま す 。 私 と 一 緒 に 幼 児 虐 待 に つ い て 考 え て み ま せ ん か ? 私 の 簡 単 な 自 己 紹 介 ・ 名 前 大 西 亜 里 沙

ありさの「虐待日記」


は じ め に 「 バ ー チ ャ ル 」 7 「 リ ア ラ イ ズ 」 8 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 6 「 虐 待 の 芽 9 亜 里 沙 さ ん へ , 第 一 章 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 私 達 の プ ロ フ ィ ー ル あ り さ の 虐 待 日 記 応 私 の 虐 待 日 記 お 幼 児 虐 待 っ て 悪 い こ と ? 2 過 去 の 虐 待 日 記 幻 虐 待 ニ ュ 1 ス 第 ニ 章 一 〇 月 ニ 四 日 か ら ニ 五 日 神 戸 市 児 童 相 談 所 「 事 件 」 の 発 端 閉 鎖 さ れ た ホ ー ム ペ ー ジ マ ス コ ミ の 騒 動 雄 介 く ん を 探 せ 郵 記 者 会 見 あ る 救 い 村 上 所 長 の 述 懐 第 二 の 電 話 神 戸 市 児 童 福 祉 審 議 会 ・ 芝 野 松 次 郎 教 授 も く じ ミ ラ ー サ イ ト

ありさの「虐待日記」


次 目 - 第 九 章 セ ラ ピ ス ト 研 究 室 多 動 (<Q==) 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 2 亜 里 沙 さ ん の 仕 事 盟 あ と が き に か え て そ れ で も 人 生 に イ エ ス と 言 、 つ 解 説 巻 末 資 料 か ら 始 ま り ま す 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 よ り 虐 待 相 談 ホ ッ ト ラ イ ン 全 国 児 童 相 談 所 一 覧 日 本 各 地 の 虐 待 防 止 ネ ッ ト ワ 1 ク 子 ど も の 人 権 に 関 す る 弁 護 士 会 無 料 相 談 参 考 文 献 一 覧 デ ィ フ ィ カ ル ト ・ チ ャ イ ル ド お 育 て 直 し 三 つ の 出 し 力 い か さ ん

ありさの「虐待日記」


次 目 あ り さ の 「 虐 待 掲 示 板 」 第 三 章 厚 生 省 児 童 福 祉 専 門 官 と ま ど い R ふ た つ の 報 告 書 っ 5 「 具 体 的 」 な 対 策 「 あ り さ の 虐 待 日 記 』 問 題 提 起 『 そ れ で い い よ だ い じ よ う ぶ 』 第 四 章 衆 議 院 議 員 衆 議 院 第 一 一 議 員 会 館 男 「 児 童 虐 待 の 防 止 に 関 す る 件 、 決 議 % 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 第 五 章 弁 護 士 権 利 と 義 務 「 ミ ー イ ズ ム 」 の 誤 謬 親 の 勝 手 で は な い 親 権 は 親 の 義 務 虐 待 の 連 鎖 ル (f) O 「 ト 1 同 じ 痛 み を 抱 え た ひ と び と 虐 待 対 策 の 変 化 虐 待 を 防 ぐ た め に 盟 二 カ 月 後

ありさの「虐待日記」


・ 年 齢 歳 ・ 家 族 私 、 主 人 、 息 子 の 雄 介 の 計 3 人 ・ 趣 味 イ ン タ ー ネ ッ ト め ぐ り 、 読 書 、 育 児 書 読 み 、 美 術 館 め ぐ り ・ お 仕 事 事 務 職 ・ 血 液 型 < 型 ( 日 本 人 の 典 型 と よ く 言 わ れ ま す ) ・ 住 ま い 兵 庫 県 神 戸 市 一 三 ロ 日 ・ 自 己 紹 介 私 達 を も っ と 知 り た い 人 は こ ち ら へ 虐 ・ 虐 待 っ て 虐 待 に 対 す る 私 の 意 見 の ・ 日 記 帳 今 日 の 虐 待 記 録 ・ 過 去 の 虐 待 記 録 ・ 掲 示 板 こ の を 見 た 感 想 を ど う ぞ 。 あ ( 虐 待 当 事 者 に よ る 虐 待 報 告 歓 迎 ! ) 章 ・ 虐 待 ニ ュ ー ス 虐 待 に 関 す る 新 聞 記 事 を ひ ろ っ て み ま し た 。 第 ト ッ プ ペ ー ジ へ * 掲 示 板 は 省 略 し た が 、 P61 以 降 に ダ イ ジ ェ ス ト し て 載 せ た 。 * * こ の 部 分 は 巻 末 資 料 ( P254 ~ P248 ) に あ る 。

ありさの「虐待日記」


第 六 章 臨 床 心 理 士 亜 里 沙 さ ん へ の 呼 び か け 精 神 神 経 科 面 接 室 跖 三 つ の 仮 定 虐 待 の エ ス カ レ ー ト 再 び 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 し い 子 , 幻 想 孤 独 な 人 生 雄 介 く ん の こ と 砂 粒 の ピ ラ ミ ッ ド 虐 待 へ の 誤 解 正 義 の 御 旗 第 七 章 ソ ー シ ャ ル ワ ー カ ー 亜 里 沙 さ ん が 来 院 し た ら 虐 待 へ の 対 応 綺 麗 す ぎ る ス ト ー リ ー イ ン タ ー ネ ッ ト で の 繋 が り 弼 孤 独 な 母 親 新 し い 可 能 性 空 つ ほ の 自 己 第 八 章 小 児 科 医 虐 待 の 見 分 け 方 川 虐 待 の 防 止 へ 凍 て つ い た 眼 差 し 小 児 科 医 の 責 務 『 子 育 て の 迷 い 解 決 法 』 「 川 の 知 恵 」 子 ど も の 発 達 虐 待 と い う 言 葉 自 分 の 子

ありさの「虐待日記」


山 田 氏 は い う 。 《 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 は 、 虐 待 告 発 の ホ ー ム ペ ー ジ だ 》 社 会 は 虐 待 日 記 の ホ ー ム サ イ ト を 閉 鎖 す る こ と に 全 力 を あ げ た が 、 そ う し た と こ ろ で 幼 児 虐 待 が な く な る わ け で は な い 。 自 分 た ち の 気 に 入 ら な い 表 現 や 意 見 で あ っ て も 、 つ な そ の 存 在 を 容 認 す る こ と が 健 全 な 社 会 を 形 成 す る こ と に 繋 が る 。 だ か ら 、 あ え て こ の ミ ラ 1 サ イ ト を 開 設 し た 、 と 。 私 も 基 本 的 に は 山 田 氏 と 同 じ 見 解 に 立 つ 。 マ ス コ ミ の 騒 動 翌 二 五 日 の 新 聞 は 、 こ の 「 事 件 ー に 飛 び つ い た 。 《 「 息 子 の 傷 口 に 塩 」 「 足 げ り に し 置 き 去 り 」 「 虐 待 日 記 」 に 騒 然 " 母 。 が 開 設 真 偽 は 不 明 批 判 殺 到 、 2 日 で 六 〇 〇 〇 件 ? 》 ( 読 売 新 聞 一 〇 月 二 五 日 朝 刊 )

ありさの「虐待日記」


21 第 一 章 「 あ り さ の 虐 待 日 記 」 幼 児 虐 待 っ て 悪 い こ と ? 虐 待 す る 親 っ て そ ん な に 異 端 な の で し よ う か ? な ぜ 幼 児 虐 待 を 繰 り 返 す 親 は 罪 悪 感 を 持 っ て い る の で し よ う か ? 板 報 道 や で の 声 に 対 し て 私 が 感 じ る 独 り 言 で す 。 示 掲 子 電 【 な ぜ 罪 悪 感 を 持 つ の ? 】 ム ス 最 近 、 幼 児 虐 待 を す る 親 の 特 集 が k-> で さ か ん に 報 道 さ れ て い る 。 イ ン タ ー ネ ッ ト 新 ン で も 虐 待 し て い る 親 の ホ ー ム ペ ー ジ も 増 え 始 め た 。 ど の 親 に も 共 通 す る の は 、 「 子 供 に 対 し て 悪 い と 思 っ て い る の だ が 、 そ れ で も 手 を あ げ て し ま う 。 」 と い っ た 虐 待 に 対 テ す る 罪 悪 感 を 持 っ て い る 点 だ 。 悪 い と 思 う く ら い な ら ば 虐 待 な ん か し な け れ ば い い の 疑 っ た が 、 保 母 に 相 談 し た ら 病 気 と い う ほ ど で は な い ら し い XO>LU へ