検索 - みる会図書館

全データから 215205件ヒットしました。

いける ダウンロード 確信編 どんなファイルも手に入れる手口の検証


、 ( ナ る ダ ウ ン ロ 、 ど ん な フ ァ イ ル も 手 に 入 れ る 手 口 の 検 証

いける ダウンロード 確信編 どんなファイルも手に入れる手口の検証


■ 著 者 プ ロ フ ィ ー ル バ ー ル 夫 人 主 な 著 書 は 「 や け る DVD-Video 検 証 編 」 「 ひ ら け 裏 フ ァ イ ル 動 画 編 」 「 お と せ WinM>< 実 証 編 」 な ど ( 3 冊 と も に 九 天 社 刊 ) 。 己 の プ ロ テ ク ト だ け は 決 し て 解 除 し な い 一 途 な 性 格 。 実 は 、 単 に 「 北 の 国 か ら 」 の れ い ち ゃ ん フ ァ ン だ っ た り す る 。 ・ お 問 い 合 わ せ ・ 著 者 、 お よ び 出 版 社 の 何 れ も 、 本 書 の 記 述 内 容 に 基 づ く 如 何 な る 運 用 結 果 に 関 出 版 社 の い ず れ も 、 本 書 の 内 容 に 対 し て 何 ら の 保 証 を す る も の で は あ り ま せ ん 。 ・ 本 書 の 執 筆 な ら び に 刊 行 に あ た っ て は 正 確 な 記 述 に 努 め ま し た が 、 著 者 、 お よ び ・ 免 責 だ さ い 。 質 問 等 は 、 読 者 間 で の 情 報 交 換 に 委 ね さ せ て い た だ き ま す 。 本 書 の 内 容 に つ い て の 、 お 問 い 合 わ せ に は 応 じ ら れ ま せ ん 。 あ ら か じ め こ 了 承 く 初 版 発 行 2003 年 1 月 1 日 ど ん な フ ァ イ ル も 手 に 入 れ る 手 口 の 検 証 い け る ダ ウ ン ロ ー ド 確 信 編 し て も 一 切 の 責 任 を 負 い ま せ ん 。 発 行 者 発 行 所 印 刷 所 カ バ ー デ サ イ ン イ ラ ス ト 制 作 協 力 パ ー ル 夫 人 沖 山 克 弘 株 式 会 社 九 天 社 ダ ミ ー ・ テ ス カ ー ポ エ 山 ほ る 乃 小 田 原 宏 樹 ( ア イ ル 企 画 ) 東 京 書 籍 印 刷 株 式 会 社 TEL 03-5652-1501 FAX 03-5652-1502 〒 103-0005 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 久 松 町 10-10 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 小 社 送 料 負 担 に て お 取 り 替 え い た し ま す 。 定 価 は カ バ ー に 記 載 さ れ て お り ま す 。 Printed in Japan 旧 BN4-901676-23-7

WEB+DB PRESS Vol.81


ロ ロ 血 / バ ー ツ ご と の 作 業 、 メ テ ィ ア ク エ リ に よ る 分 岐 、 べ ク タ 画 像 フ ロ ー の 段 階 を 新 し く 作 っ て や る 必 要 が あ り ま す ( 図 ュ ー ザ に ズ ー ム を 強 い る な ど 使 い づ ら い Web サ イ ト に な っ て し ま う こ と が 多 い で し よ う 。 そ う い っ た 点 1 ) 。 検 証 サ イ ク ル と は つ ま り HTML の 実 装 → CSS の 編 集 → 検 証 と い う 一 連 の 作 業 を 含 む 段 階 と い う こ と で の 検 証 を 避 け る こ と は で き ま せ ん 。 に な り ま す 。 こ う す る こ と に よ っ て 局 所 的 な 単 位 で さ ま ざ ま な 機 器 に 対 し て 最 適 化 し よ う と す る と 、 専 用 Web サ イ ト の 制 作 と 比 べ て 検 証 コ ス ト は 増 え ま の 作 業 に 限 ら れ る の で 、 そ の 結 果 も 想 像 し や す く な り 、 検 証 の 容 易 さ に つ な が る で し よ う 。 す 。 大 量 に リ ソ ー ス を 注 ぎ 込 め る の な ら 話 は 別 で す プ ロ ト タ イ ヒ 。 ン グ で は こ う い っ た 検 証 サ イ ク ル を が 、 多 く の 場 合 は そ う で は あ り ま せ ん 。 か と い っ て 強 く 意 識 し 、 適 切 な 大 き さ で コ ン ホ ー ネ ン ト と し て 検 証 を し な い と い う 選 択 も ま た あ り え ま せ ん 。 こ の 検 証 に お け る コ ス ト を ど う す る か が 、 マ ル チ デ バ イ 設 計 し て い く こ と が 必 要 に な り ま す 。 こ の 時 点 で き ち ん と コ ン ポ ー ネ ン ト を 設 計 で き て い な い と 、 そ の ス を 見 据 え た 単 一 の HTML と CSS に よ る Web サ イ ト 検 証 サ イ ク ル が い び つ に な り 、 う ま く 回 ら な く り ま 制 作 に お け る キ ー ポ イ ン ト に な り ま す 。 す 。 第 2 章 で は こ の コ ン ポ ー ネ ン ト の 設 計 に つ い て 検 証 コ ス ト を 下 げ る た め に は ? 取 り 上 げ ま す 。 検 証 コ ス ト は 対 象 の 大 き さ と 量 に 強 く 依 存 し ま す 。 最 適 化 と 効 率 化 そ の た め ま ず は 検 証 と い う 単 位 そ の も の を 小 さ く す コ ン ポ ー ネ ン ト の 設 計 を 終 え た ら 次 は も ち ろ ん そ る の が よ い で し よ う 。 具 体 的 に は い わ ゆ る ユ ニ ッ ト の 実 装 で す 。 HTML で の マ ー ク ア ッ プ か ら 、 CSS の テ ス ト の よ う に テ ス ト 可 能 な 最 小 単 位 ま で Web サ イ モ ジ ュ ー ル 化 、 そ し て マ ル チ ク ラ ス に よ る 両 者 の 結 ト の 構 成 部 品 を 分 離 ・ 分 割 す る と い う こ と で す 。 そ び 付 け が そ れ で す 。 第 3 章 で は Web サ イ ト の グ ロ ー う す る こ と に よ っ て 開 発 ・ 検 証 ・ 修 正 の サ イ ク ル を バ ル フ ッ タ の 作 成 を 例 に し て 、 具 体 的 に そ の 作 業 の 局 所 に と ど め 、 そ れ ら サ イ ク ル の 集 合 を も っ て 全 体 進 め 方 を 解 説 し ま す 。 こ の 実 装 作 業 に 加 え て 、 検 証 の 検 証 に 変 え る こ と が で き れ ば 、 検 証 コ ス ト を 抑 え ペ ー ジ の 作 成 と 修 正 、 そ し て 実 際 の 検 証 も 解 説 さ れ る こ と が で き る は ず で す 。 つ ま り 設 計 の 見 直 し と 検 る の で 、 検 証 サ イ ク ル が ど の よ う に 回 る の か が わ か 証 環 境 の 改 善 と い う 変 化 を ワ ー ク フ ロ ー に 取 り 込 み 、 る は ず で す 。 あ わ せ て 検 証 サ イ ク ル の 一 部 を 自 動 化 変 化 さ せ る と い う こ と に な り ま す 。 す る コ ツ も 紹 介 し た い と 思 い ま す 。 〇 本 特 集 に つ い て デ バ イ ス の 差 異 に 影 響 を 受 け な い グ ロ ー バ ル フ ッ タ の よ う な も の は と も か く 、 多 く の コ ン ポ ー ネ ン ト は デ バ イ ス の 特 徴 を 活 か し て 適 応 さ せ る 必 要 が あ り ワ ー ク フ ロ ー の 変 革 ま す 。 第 4 章 で は 、 第 3 章 で 触 れ た や り 方 だ け で は 行 き 届 か な い 細 か い 調 整 や 将 来 的 な 予 測 を 踏 ま え た 安 本 特 集 で は プ ロ ト タ イ ヒ 。 ン グ か ら 検 証 サ イ ク ル ま で の ワ ー ク フ ロ ー の 変 革 を ま ず 解 説 し て い き ま す 。 全 な 実 装 を 通 し て 、 こ れ ま で と 今 、 そ し て こ れ か ら の デ バ イ ス た ち へ の 最 適 化 手 法 は ど の よ う に 行 わ れ 検 証 は ワ ー ク フ ロ ー の 段 階 の 一 つ と 言 え 、 す べ て 実 装 し た あ と に デ ザ イ ン カ ン プ と 突 き 合 わ せ て い く と る べ き か を 解 説 し ま す 。 い う 形 で 検 証 を 行 っ て い る 人 も 多 い で し よ う 。 そ れ 機 器 へ の 適 応 ・ 最 適 化 に は 当 然 手 間 を 伴 い ま す 。 フ ア ビ コ ン ( 表 2 ) の よ う な 単 純 な も の で さ え 最 適 化 は そ れ で 機 能 し ま す が 、 前 節 で 触 れ た よ う な マ ル チ す る と な る と 、 な か な か の 手 間 に な る で し よ う 。 特 デ バ イ ス を 見 据 え る た め に 導 入 し よ う と し て い る 小 さ な 単 位 で の 検 証 で は 、 開 発 者 が そ の 単 位 が ど う な に 画 像 に お け る 最 適 化 は 手 間 が か か る も の の 最 た る れ ば ほ か と 組 み 合 わ せ た と き に デ ザ イ ン カ ン プ が 実 も の と 言 え る で し よ う 。 第 5 章 で 取 り 上 げ る SVG と ア イ コ ン フ ォ ン ト は 、 そ う い っ た 適 応 す る し く み を 現 で き る か と 想 像 し な が ら 行 っ て い く も の で す 。 そ う す る こ と に よ っ て 検 証 の コ ス ト を 抑 え 、 論 理 的 な そ の 技 術 そ れ 自 体 に 内 包 す る の で 、 適 応 の 単 純 化 と 検 証 の 容 易 さ を 両 立 さ せ る こ と が で き ま す 。 検 証 を 実 現 す る わ け で す 。 こ の よ う に 、 検 証 サ イ ク ル を 確 立 す る た め の コ ン そ の た め に は 実 装 と 検 証 と を セ ッ ト に し た ワ ー ク 20 ・ WEB 十 DB P 第 55 VoL8 ー

法律のひろば 2016年 9月号


特 集 刑 事 訴 訟 関 連 法 の 改 正 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 と 実 務 へ の 影 響 ー 検 察 官 の 立 場 か ら く 、 こ の 点 で 、 運 用 を 担 う 検 察 の 責 任 は 度 と 理 解 さ れ る 。 弁 護 人 の 選 任 に 係 る 事 項 の 教 示 重 大 で あ る 。 そ こ で 、 刑 事 免 責 制 度 に つ い て は 、 ど の 拡 充 そ の 他 、 協 議 に お け る 手 続 面 の ル ー ル の よ う な 事 案 の ど の よ う な 証 人 に つ い て や 留 意 事 項 、 ど の よ う な 場 合 に ど の 程 度 用 い る こ と が 必 要 で 、 か っ 、 相 当 か と い 改 正 刑 訴 法 で は 、 被 告 人 又 は 被 疑 者 に の 有 利 な 取 扱 い を す る か 、 合 意 内 容 書 面 う 観 点 か ら 、 実 務 上 の 具 体 的 な 事 案 を 念 対 し て 弁 護 人 選 任 権 を 告 げ る に 当 た っ て の 記 載 方 法 等 、 施 行 ま で の 検 討 事 項 は 頭 に 置 き な が ら 、 そ の 適 用 事 例 や 適 用 場 は 、 弁 護 士 、 弁 護 士 法 人 又 は 弁 護 士 会 を 様 々 あ る の で 、 今 後 、 具 体 的 事 件 を 念 頭 面 を 検 討 し て い く 必 要 が あ る で あ ろ う 。 指 定 し て 弁 護 人 の 選 任 を 申 し 出 る こ と が に 置 き な が ら 検 討 し て い く 必 要 が あ る で で き る 旨 及 び そ の 申 出 先 を 教 示 す る こ と あ ろ 、 つ を 裁 判 所 や 捜 査 機 関 等 に 義 務 付 け る こ と 四 6 月 施 行 に つ い て と さ れ た ( 改 正 刑 訴 法 間 条 2 項 、 行 条 2 6 月 施 行 は 、 平 成 年 月 2 日 ま で に 項 、 203 条 3 項 、 204 条 2 項 、 20 2 刑 事 免 責 制 度 に つ い て 施 行 さ れ る 7 条 3 項 ) 。 改 正 刑 訴 法 157 条 の 2 及 び 157 条 6 月 施 行 の 改 正 事 項 は 、 ① 弁 護 人 の 選 そ こ で 、 施 行 日 ま で に 、 関 係 部 署 の 職 の 3 に 規 定 さ れ る 刑 事 免 責 制 度 は 、 検 察 任 に 係 る 事 項 の 教 示 の 拡 充 、 ② 証 拠 の 一 員 に 対 し 、 新 た に 義 務 付 け ら れ る 教 示 事 官 が 、 証 人 に 自 己 負 罪 事 項 ( 刑 訴 法 14 覧 表 の 交 付 手 続 の 導 入 、 ③ 公 判 前 整 理 手 項 を 確 実 に 周 知 す る と と も に 、 弁 解 録 取 6 条 ) を 含 ん だ 証 言 を 求 め る 場 合 に 、 裁 続 及 び 期 日 間 整 理 手 続 の 請 求 権 の 付 与 、 の 際 に 用 い る 用 紙 の 書 式 を 新 た な 教 示 事 判 所 に 請 求 し て 免 責 決 定 が な さ れ る こ と ④ 類 型 証 拠 開 示 の 対 象 の 拡 大 、 ⑤ 証 人 等 項 を 加 え た も の に 改 訂 す る な ど し た 上 、 に よ り 、 当 該 証 言 の ほ か 証 言 に 基 づ い て の 氏 名 及 び 住 居 の 開 示 に 係 る 措 置 の 導 経 過 措 置 と し て 設 け ら れ た 事 前 教 示 の 規 得 ら れ た 証 拠 を 、 当 該 証 人 の 刑 事 事 件 に 入 、 ⑥ 公 開 の 法 廷 に お け る 証 人 等 の 氏 名 定 ( 改 正 刑 訴 法 附 則 5 条 ) を 用 い る な ど お い て 、 当 該 証 人 に 不 利 益 な 証 拠 と す る 等 の 秘 匿 措 置 の 導 入 、 ⑦ 証 人 の 勾 引 要 件 し て 、 教 示 漏 れ が 生 じ な い よ う 適 切 に 対 こ と が で き な く な る ( 派 生 使 用 免 責 ) と の 緩 和 、 ⑧ 証 人 の 召 喚 規 定 の 整 備 、 ⑨ 自 応 す る 必 要 が あ る 。 と も に 、 証 人 は 自 己 負 罪 拒 否 特 権 に よ り 白 事 件 の 簡 易 迅 速 な 処 理 の た め の 措 置 、 証 言 を 拒 絶 で き ず 証 言 を 義 務 付 け ら れ る ⑩ 通 信 傍 受 の 対 象 犯 罪 の 拡 大 と 多 岐 に わ 証 拠 の 一 覧 表 の 交 付 手 続 の 導 入 と い う 制 度 で あ る 。 同 制 度 は 、 当 該 証 人 た る 。 こ こ で は 、 紙 幅 の 関 係 上 、 ① ② ⑨ に つ い て 記 載 す る 。 の 意 思 と は 関 係 な く 、 裁 判 所 の 決 定 に よ 証 拠 の 一 覧 表 の 交 付 手 続 は 、 公 判 前 ろ り 派 生 使 用 免 責 を 付 与 す る と と も に 証 言 整 理 手 続 及 び 期 日 間 整 理 手 続 ( 以 下 「 公 の を 義 務 付 け る も の で あ っ て 、 交 渉 や 取 引 判 前 整 理 手 続 等 , と い う 。 ) に 付 さ れ た 法 の 要 素 は な く 、 合 意 制 度 と は 全 く 別 の 制 事 件 に お い て 、 検 察 官 は 、 検 察 官 請 求 証

2008 テクニカルエンジニア情報セキュリティ 予想問題集


と い う 記 述 が あ る の で , 空 欄 e に は " ト ン ネ ル " が 人 る 。 認 証 は , 大 別 す る と 本 人 認 証 と メ ッ セ ー ジ 認 証 と い う 二 つ の 認 証 技 術 に 分 け ら れ る 。 本 人 認 証 は , ユ ー ザ ID や パ ス ワ ー ド に よ っ て , ア ク セ ス し て き た 人 が 確 か に そ の 本 人 で あ る と い う こ と を 確 認 す る 技 術 で あ る 。 一 方 , メ ッ セ ー ジ 認 証 は , 送 ら れ て き た メ ッ セ ー ジ 内 容 が 途 中 で 改 ざ ん さ れ て い な い か ど う か を 確 認 す る 技 術 で あ る 。 メ ッ セ ー ジ 認 証 は , MD5 (Message DigestAlgorithm 5 ; 128 ビ ッ ト の ハ ッ シ ュ 値 を 生 成 す る ) や SHA-I (Secure Hash Algorithm 1 ; 160 ビ ッ ト の ハ ッ シ ュ 値 を 生 成 す る ) な ど の ハ ッ シ ュ 関 数 を 使 っ て MAC を 生 成 し , MAC と 元 の メ ッ セ ー ジ を 同 時 に 送 信 し て 受 信 側 で 改 ざ ん の 有 無 を 検 出 す る 。 こ の た め , 空 欄 f に は " メ ッ セ ー ジ 認 証 " が 人 る 。 な お , MAC を 作 成 す る と き に は , 送 信 者 と 受 信 者 が 共 有 す る 認 証 か ぎ を 使 用 す る こ と が 必 要 に な る 。 こ れ に 関 す る 問 題 が , 設 問 3 ( 2 ) で あ る 。 も う 一 方 の 空 欄 g に は " 本 人 認 証 " が 入 る 。 な お , 空 欄 g に 入 れ る 字 句 は , 相 手 認 証 , ユ ー ザ 認 証 な ど の 字 句 で も よ い 。 共 通 か ぎ 暗 号 方 式 に お け る 暗 号 化 の 方 法 と し て は , 送 信 メ ッ セ ー ジ と か ぎ の XOR ( 排 他 的 論 理 和 ) を 行 う ケ ー ス が 多 い 。 同 様 に , メ ッ セ ー ジ 認 証 を 行 う と き も , 認 証 か ぎ と 固 定 文 字 列 の XOR を と る こ と が 多 い 。 し た が っ て , 空 欄 h に は , "XOR ( 排 他 的 論 理 和 ) " が 人 る 。 [ 設 問 2 ] ( 1 ) イ ン タ ー ネ ッ ト の よ う な オ ー プ ン な ネ ッ ト ワ ー ク の 中 に , そ れ ぞ れ の ユ ー ザ に 閉 じ た VPN (Virtual Private Network ; 仮 想 専 用 網 ま た は 仮 想 私 設 網 ) を 構 築 す る た め に は , VPN 装 置 間 で 次 の 三 つ の こ と が 必 要 に な る 。 ま ず , VPN 装 置 は , お 互 い に 通 信 を し た い 相 手 に 間 違 い な い か ど う か を 確 認 す る 必 要 が あ る 。 つ ま り , 通 信 相 手 が 本 物 に 間 違 い な い か ど う か ( こ れ を 真 正 性 と い う ) を 確 認 す る 必 要 が あ る 。 こ の 相 手 認 証 を 行 う プ ロ ト コ ル が , IPsec の IKE (lnternet Key Exchange) で あ る 。 こ の IKE で は , 事 前 共 有 秘 密 か ぎ 認 証 方 式 な ど を 利 用 し て , 真 正 性 の 確 認 に 成 功 す る と , 通 信 の 暗 号 化 に 必 要 な 暗 号 化 か ぎ や , メ ッ セ ー ジ 認 証 に 必 要 な 認 証 か ぎ を , 送 信 者 と 受 信 者 の 間 で 共 有 す る 。 こ の 共 有 す る プ ロ セ ス の こ と を か ぎ 交 換 と い 次 に , VPN 装 置 間 で 安 全 に 通 信 す る た め に は , 間 題 文 に も 記 述 さ れ て い る よ う に 機 密 性 と 完 全 性 の 保 護 が 求 め ら れ る 。 こ の う ち , 機 密 性 と は , IP バ ケ ッ ト を 暗 号 化 し て や り 取 り す る こ と で あ る 。 暗 号 化 す る こ と の 目 的 は , IP バ ケ ッ ト が 盗 聴 さ れ た と し て も , そ の 内 容 を 第 三 者 に 分 か ら な い よ う に す る こ と で あ る 。 プ ロ ト コ ル と し て は ESP (Encapsulating Security payload) が 使 用 さ れ る 。 ま た , 完 全 性 の 保 障 と は , メ ッ セ ー ジ 認 証 を 行 う こ と で 実 現 さ れ る 。 そ の 目 的 は , IP バ ケ ッ ト が 転 送 途 中 で 改 ざ ん さ れ た と し て も , 受 信 側 で そ れ を 検 出 で き る よ う に す る こ と で あ る 。 プ ロ ト コ ル と し て は , ESP の 認 証 機 能 を 使 え ば メ ッ セ ー ジ 認 証 が で き る の で , ESP と 答 え れ ば よ い 。 な お , ESP と AH (Authentication Header) を 組 み 合 わ せ て 使 用 す る こ と も で き る の で , プ ロ ト コ ル は AH と 答 え て も よ い 。 5 1 2

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン


1 4 9 優 良 な 取 引 所 だ け を 結 ぶ 「 サ イ ド チ ェ ー ン 」 た と え ば 、 一 つ ひ と つ の 取 引 が 正 し い 取 引 か ど う か を 検 証 し な け れ ば い け な い の は 、 ビ ッ ト コ イ ン を 送 る 人 と 受 け 取 る 人 が 誰 だ か わ か ら な い か ら で す 。 な か に は 怪 し い 人 が 紛 れ て い る か も し れ な い の で 、 不 正 な 取 引 を 防 ぐ た め に 検 証 作 業 が 必 要 な の で す が 、 最 初 か ら 信 頼 で き る 人 同 士 の 取 引 だ と わ か っ て い れ ば 、 い ち い ち 検 証 し な く て も い い の で は な い か 。 そ う い う 発 想 で 、 日 本 や 米 国 、 中 国 な ど の 実 績 の あ る 取 引 所 だ け を 結 び 、 そ の 間 の 取 引 に つ い て は 検 証 な し に 即 時 承 認 す る 「 サ イ ド チ ェ ー ン 」 を 運 用 す る 会 社 が 出 て き て い ま す 。 実 績 の あ る 取 引 所 に 口 座 を 持 っ て い る 人 た ち は 、 す で に 本 人 確 認 な ど の 手 続 き が 済 ん で い る か ら 信 頼 で き る 、 と い う 理 屈 で す 。 そ う な る と 、 サ イ ド チ ェ ー ン に 参 加 し た 取 引 所 経 由 の ト ラ ン サ ク シ ョ ン を 集 め た プ ロ ッ ク の ほ う が い ち 早 く 承 認 さ れ る こ と に な り 、 「 即 時 決 済 」 に 近 づ い て い き ま す 。 他 の 取 引 所 よ り も 有 利 に な る た め 、 自 分 た ち の サ イ ド チ ェ ー ン ネ ッ ト ワ ー ク に 参 加 し た け れ ば 、 そ の 分 手 数 料 を 払 え 、 と い う ビ ジ ネ ス も 成 り 立 ち ま す 。 取 引 所 を 相 手 に 、 主 な 取 引 所 を 束 ね PART2 ビ ッ ト コ イ ン の 仕 組 み は ど う な っ て い る の ?

技術と法律


だ っ た 。 契 約 書 は 偽 造 さ れ た も の だ 。 」 と 主 張 し て い る と し よ う 。 こ こ で 、 こ の 契 約 書 が 信 用 で き る か ど う か を 検 討 す る に は 、 い く つ か の 推 理 を 経 る 必 要 が あ る 。 ま ず 、 契 約 書 の 最 後 の 署 名 欄 を 見 る と 、 売 主 の 名 前 が 手 書 き で 署 名 さ れ 、 そ の 横 に 売 主 の 実 印 ( 役 所 に 届 け 出 て 、 必 要 に 応 じ て 印 鑑 登 録 証 明 書 の 交 付 を 受 け ら れ る 印 章 ) が 押 印 さ れ て い る 。 と こ ろ で 、 日 本 は ハ ン コ 社 会 で あ り 、 特 に 実 印 に 対 す る 信 用 が 厚 い 。 そ れ は 、 普 通 は 実 印 を 大 切 に 管 理 し て お り 、 安 易 に 他 人 に 貸 し た り は し な い と い う 前 提 が あ る か ら で あ る 。 そ こ で 、 紙 面 に 実 印 が 押 印 さ れ て い る と き は 、 そ の 押 印 は 本 人 ( 売 主 ) の 意 思 に 基 づ い て な さ れ た も の に 違 い な い と い う 推 定 が 働 く 。 そ し て 、 押 印 し た 者 は 、 そ の 書 面 に 記 載 さ れ た 内 容 が 自 己 の 意 思 に 反 し て い る と き に 押 印 す る よ う な こ と は な い だ ろ う か ら 、 押 印 が 意 思 に 基 づ い て い る 以 上 、 紙 面 に 記 載 さ れ て い る 内 容 の と お り の 意 思 表 示 が あ っ た の で あ ろ う と い う 推 定 が 働 く 。 こ の よ う な 推 論 過 程 を 、 法 律 の 世 界 で は 「 ニ 段 の 推 定 」 と 呼 ん で お り 、 ニ 段 目 の 推 定 は 法 律 で 規 定 さ れ て い る 。 す な わ ち 、 民 事 訴 訟 法 228 条 4 項 は 、 文 書 が 紙 媒 体 で 作 成 さ れ る 場 合 に お い て 本 人 又 は 代 理 人 の 署 名 又 は 押 印 が あ れ ば 、 そ の 文 書 は 真 正 に 成 立 し た も の と 法 律 上 推 定 す る と し て い る 。 「 真 正 に 成 立 す る 」 と は 、 署 名 又 は 押 印 を し た 者 ( 文 書 作 成 者 ) の 意 思 が 表 示 さ れ た も の と 認 め ら れ る と い う 意 味 で あ る 。 も っ と も 、 署 名 又 は 押 印 自 体 に は 、 そ の 文 書 が い つ か ら 存 在 し た か 、 作 成 後 に 内 容 が 改 ざ ん さ れ て い な い か と い っ た 点 に つ い て は 、 何 の 確 実 性 も 担 保 し て い な い 。 文 書 が 電 子 的 な デ ー タ で あ る と き 、 紙 媒 体 に お け る 署 名 又 は 押 印 に 代 わ る 存 在 が 電 子 署 名 で あ る 。 電 子 署 名 は 、 実 印 の 保 管 の よ う な 経 験 則 に よ る 推 定 で は な く 、 暗 号 技 術 に よ っ て 新 た な 推 論 過 程 を 構 築 し て い る 。 2 電 子 署 名 ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト に 活 用 さ れ て い る プ ロ ッ ク チ ェ ー ン を 利 用 し た 仕 組 み に お い て は 、 取 引 (Transaction) を 行 う 当 事 者 間 で の 本 人 確 認 及 び 非 改 さ ん 検 証 に お い て 、 公 開 鍵 を 利 用 し た 電 子 署 名 の 検 証 に よ り 行 わ れ る 。 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 自 体 の 解 説 は 後 編 に 委 ね 、 本 稿 で は ま す 電 子 署 名 の 技 術 的 な 仕 組 み を 概 観 す る 。 ( 1 ) 電 子 署 名 と は 作 成 さ れ る 文 書 が 電 子 デ ー タ の 形 式 の 場 合 に は 、 筆 跡 鑑 定 や 印 影 の 対 照 ( 押 印 さ れ た 跡 と 印 章 の 比 較 ) に よ る 文 書 の 真 正 な 成 立 の 確 認 を 行 う こ と が で き な い 。 ま た 、 紙 へ 記 録 さ れ る 文 書 と は 異 な り 、 電 子 テ ー タ は 容 易 に 複 製 や 改 さ ん が で き て し ま う た め 、 原 本 (OriginaI) と 複 製 ( Copy ) の 区 別 が 本 質 的 に 不 可 能 で あ る 。 そ の た め 、 電 子 テ ー タ に つ い て 民 事 訴 訟 に お け る 証 拠 力 を 確 保 す る た め に は 、 署 名 又 は 押 印 に 代 わ る 電 子 テ ー タ 作 成 者 の 新 た な 証 拠 が 必 要 と な る 。 こ の よ う な 要 請 を ハ ッ シ ュ 関 数 と 公 開 鍵 基 盤 ( PKI) と い う 要 素 技 術 の 組 み 合 わ せ に よ り 可 能 と し た 技 術 が 、 電 子 署 名 で あ る 。 9 こ こ で い う 電 子 署 名 と は 、 電 磁 的 記 録 に 記 録 さ れ た 情 報 ( 電 子 デ ー タ ) に つ い て 作 成 者 を 示 す 目 的 で 行 わ れ る 暗 号 化 等 の 措 置 で 、 改 変 が 行 わ れ て い な い か ど う か 確 認 す る こ と が で き る も の を い う と 法 律 上 定 義 さ れ て い る ( 電 子 署 名 及 び 認 証 業 務 に 関 す る 法 律 2 条 1 項 ) 。 ( 2 ) ハ ッ シ ュ 関 数 と 公 開 鍵 基 盤 ( PKI) 電 子 署 名 の 仕 組 み が 、 ハ ッ シ ュ 関 数 と 公 開 鍵 基 盤 を 用 い て ど の よ う に 作 成 者 と 改 変 が 行 わ れ て い な こ と を 確 認 す る か の 基 本 的 な 仕 組 み を 図 1 に 示 す 。 こ こ で は 、 電 子 証 明 書 を 利 用 し た 電 子 デ ー タ の 安 全 な 送 信 方 法 に つ い て の み 説 明 し 、 電 子 証 明 書 の 発 行 処 理 及 び 認 証 局 の 働 き に つ い て は 詳 論 し な い 。 ま ず 、 ① 送 信 者 は 、 電 子 デ ー タ を ハ ッ シ ュ 関 数 に よ り 変 換 し て ハ ッ シ ュ 値 を 生 成 す る 。 ハ ッ シ ュ 関 数 と は 、 任 意 長 の 電 子 テ ー タ か ら 固 定 長 の ハ ッ シ ュ 値 9 と い う 数 列 を 計 算 す る 数 学 的 処 理 で あ る 。 こ こ で 用 い ら れ る ハ ッ シ ュ 関 数 は 、 元 の 電 子 デ ー タ が 1 ビ ッ ト で も 変 化 し た ら 、 ハ ッ シ ュ 値 が 非 常 に 高 い 確 率 で 異 な る 値 に な る 性 質 ( 衝 突 耐 性 ) 1 。 と 、 ハ ッ シ ュ 値 か ら 元 の 電 子 テ ー タ を 逆 算 で き な い 性 質 ( 一 方 向 性 ) を 有 し て い る 必 要 が あ る 11 。 次 に 、 ② 送 信 者 は 、 こ の ハ ッ シ ュ 値 を 電 子 証 明 書 で 証 明 さ れ て い る 公 開 鍵 に 対 応 す る 秘 密 鍵 で 暗 号 化 す る 。 こ の 暗 号 化 さ れ た 結 果 が 電 子 署 名 で あ る 。 公 開 鍵 と 秘 密 鍵 は 常 に ペ ア で 生 成 さ れ 、 秘 密 鍵 で 暗 号 化 さ れ た 情 報 は 対 応 す る 公 開 鍵 で の み 復 号 可 能 で あ る 。 秘 密 鍵 は 送 信 者 の み が 有 し て お り 、 第 三 者 と は 共 有 し な い 。 そ の 後 、 ③ 送 信 者 は 、 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) と 電 子 署 名 を 結 合 し 、 ④ 先 ほ ど の 秘 密 鍵 に 対 応 す る 公 開 鍵 を 証 明 す る 電 子 証 明 書 と と も に 受 信 者 へ 送 信 す る 。 ⑤ 受 信 者 は 、 電 子 証 明 書 が 失 効 さ れ て い な い か な ど の 電 子 証 明 書 の 有 効 性 を 、 認 証 局 ( C A) に 対 し て 確 認 し た 上 で 12 、 ⑦ 公 開 鍵 で 電 子 署 名 を 復 号 す る 。 そ し て 、 送 信 者 の も の で あ る こ と が 証 明 さ れ た 公 開 鍵 で 電 子 署 名 が 復 号 で き た と い う こ と は 、 こ の 電 子 署 名 は 当 該 公 開 鍵 に 対 応 す る 秘 密 鍵 で 暗 号 化 さ れ た こ と を 意 味 し て い る 。 よ っ て こ の 電 子 署 名 が 秘 密 鍵 の 所 有 者 で あ る 送 信 者 に よ っ て な さ れ た も の で あ る こ と が 検 証 で き た こ と と な る 。 9 例 え ば 、 本 稿 脱 稿 時 に お い て 時 刻 認 証 業 務 認 定 事 業 者 が 採 用 す る SHA -256 と い う ハ ッ シ ュ 関 数 を 用 い た 場 合 に は 、 元 の 電 子 デ ー タ の フ ァ イ ル サ イ ズ に か か わ ら ず 、 ハ ッ シ ュ 値 は 常 に 256 ビ ッ ト と な る 。 1 0 仮 に 衝 突 耐 性 が 低 い と 、 ハ ッ シ ュ 値 が 同 じ で も 元 の 電 子 デ ー タ が 異 な る お そ れ が あ り 、 改 変 が 行 わ れ て い な い か 否 か の 検 証 ( 手 順 ⑧ ) に ハ ッ シ ュ 値 を 用 い る こ と が で き な い 。 1 1 結 城 浩 「 暗 号 技 術 入 門 第 3 版 」 ()B Creative 、 201 5 ) 174 頁 1 2 公 開 鍵 基 盤 に お け る 認 証 局 の 役 割 は 、 誤 解 を 恐 れ ず に 言 え ば 、 印 鑑 登 録 証 明 に お け る 地 方 自 治 体 や 法 務 局 の 役 割 と 類 似 す る 。 1 7

2008 テクニカルエンジニア情報セキュリティ 予想問題集


[ 設 間 2 ] ( 1 ) IEEE802. IX で は EAP (Extensible Authentication protocol) と い う ppp を 拡 張 し た 認 証 プ ロ ト コ ル を 使 用 し て お り , 実 際 に ど の よ う に 認 証 す る か は EAPType 値 に よ っ て 決 め て い る 。 こ の う ち , 本 文 に 記 述 の あ る EAP-PEAP は 「 25 」 を 使 用 し て お り , ID と パ ス ワ ー ド を 資 格 情 報 と し て 利 用 し 認 証 を 受 け る 方 式 な の で , (d) は "ID と パ ス ワ ー ド " が 入 る 。 ま た , IEEE802. IX で は 認 証 に 成 功 す る と 接 続 ポ ー ト を 開 き , デ ー タ リ ン ク の 通 信 が 行 え る よ う に な る た め , 接 続 の 制 限 は デ ー タ リ ン ク 層 で 行 わ れ て い る 。 従 っ て , (e) は “ デ ー タ リ ン ク ” が 人 る 。 ( f) は RADIUS サ ー バ か ら 認 証 ス イ ッ チ に 対 し て 送 付 さ れ る VLAN の 情 報 で あ り , "VLANID" が 人 る 。 動 的 VLAN と は ス イ ッ チ の ポ ー ト が 所 属 す る VLAN を 動 的 に 変 更 さ せ る 仕 組 み で あ り , こ の う ち , 認 証 サ ー バ と 連 携 し , 認 証 結 果 か ら 所 属 す る VLAN を 変 更 す る 方 式 を 特 に 認 証 VLAN と 呼 ん で い る 。 認 証 VLAN に お い て , 認 証 サ ー バ で あ る RADIUS サ ー バ に は ユ ー ザ の 認 証 情 報 ()D と パ ス ワ ー ド ) が 登 録 さ れ て い る ほ か , 認 証 が 成 功 し た 場 合 に ス イ ッ チ に 返 す リ プ ラ イ ア イ テ ム が 登 録 さ れ て お り , こ の リ プ ラ イ ア イ テ ム の 中 に , VLAN の 情 報 が 含 ま れ る 。 通 常 は VLAN を 識 別 す る た め の VLAN ID が Tunnel-Private-Group-ID 属 性 の 値 と し て 登 録 さ れ る 。 ( g ) は サ プ リ カ ン ト が EAP 終 了 時 に 使 う メ ッ セ ー ジ で あ り , EAPOLLogoff メ ッ セ ー ジ と 呼 ば れ て い る 。 従 っ て " ロ グ オ フ " が 入 る 。 こ の メ ッ セ ー ジ に よ っ て , サ プ リ カ ン ト か ら 認 証 ス イ ッ チ に 対 し て , 認 証 状 態 を 解 消 す る 意 思 が 伝 達 さ れ , ス イ ッ チ の VLAN 割 当 て が 解 除 さ れ る 。 な お , サ プ リ カ ン ト の 異 常 終 了 時 に は ロ グ オ フ メ ッ セ ー ジ が 伝 達 さ れ な い た め , ス イ ッ チ は 認 証 済 み の ま ま に な っ て し ま う 。 そ こ で , 多 く の 製 品 で は , ポ ー ト の リ ン ク ダ ウ ン の 検 知 と 無 通 信 時 間 が 閾 値 を 超 え た 場 合 に ポ ー ト の 認 証 状 態 を 解 除 す る 仕 組 み を 備 え て い る 。 ( h ) は 一 つ の 認 証 ポ ー ト で 複 数 の VLAN を 持 っ 場 合 の 端 末 の 識 別 情 報 を 答 え さ せ る も の で あ る 。 こ れ に は 通 常 , PC の 送 信 元 MAC ア ド レ ス が 使 用 さ れ る た め , (h) に は "MAC ア ド レ ス " が 人 る 。 ( 2 ) 本 文 の 認 証 ス イ ッ チ 方 式 の 手 順 で は , 一 度 , 必 ず 検 疫 VLAN に 接 続 後 , 検 疫 を 行 っ て 業 務 用 の VLAN に 接 続 さ れ る こ と に な る 。 従 っ て , 検 疫 VLAN に は セ キ ュ リ テ ィ の 低 い PC と 正 常 な PC と が 混 在 す る こ と に な り , 仮 に セ キ ュ リ テ ィ の 低 い PC が ウ イ ル ス に 感 染 し て い た 場 合 , ウ イ ル ス の 感 染 の 危 険 に さ ら さ れ て し ま う 。 従 っ て 。 セ キ ュ リ テ ィ の 低 い PC が 検 疫 VLAN 上 で 混 在 す る た め " を 答 え る と 良 い 。 な お , 本 文 に も あ る よ う に IEEE802. IX 認 証 シ ー ケ ン ス 中 に 検 疫 を 行 う 方 式 も あ り , そ の 場 合 は , 正 常 な PC は 直 接 , 業 務 用 の VLAN に 割 り 当 て る , ま た は , 著 し く セ キ ュ リ テ ィ の 低 い PC は ネ ッ ト ワ ー ク に 接 続 さ せ な い な ど , デ ー タ リ ン ク 層 で ネ ッ ト ワ ー ク を 切 り 離 し た 検 疫 処 理 が 可 能 に な っ て い る 。 ( 3 ) ユ ー ザ が 作 業 を 行 っ た 場 合 , 手 順 の 確 認 や 作 業 の 進 行 に は 個 人 差 が あ り , ば ら っ き が 発 生 す る 。 特 に , 作 業 ミ ス や 作 業 も れ に よ る 検 疫 処 理 の 失 敗 に よ っ て , 検 疫 作 業 に 時 間 が か か る と , そ れ だ け セ キ ュ リ テ ィ レ ベ ル が 低 く ウ イ ル ス に 感 染 し た pc 494

技術と法律


認 証 局 電 子 証 明 書 登 録 リ ホ ジ ト リ : C 日 L 等 を 格 納 し 公 表 す る テ ー タ 電 子 証 明 書 発 行 1 」 → ロ ー 電 子 署 名 3 ◆ ハ ッ シ ュ 結 合 関 数 ハ ッ シ ュ 関 数 : 文 字 や 数 字 な ど の デ ー タ ( 入 力 値 ) を 一 定 の 長 さ の テ ー タ ( 出 力 値 ) に 変 換 す る 関 数 図 1 電 子 署 名 ・ 認 証 の 仕 組 み ( 公 開 鍵 暗 号 方 式 ) 13 三 者 に み だ り に 所 持 さ れ な い よ う に し て い る こ と が 、 電 子 署 ま た 、 ⑥ 受 信 し た 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) に つ い て 、 送 信 者 と 同 じ 名 が 付 さ れ た 電 磁 的 記 録 の 真 正 な 成 立 の 推 定 の 要 件 と さ れ ハ ッ シ ュ 関 数 を 用 い て ハ ッ シ ュ 値 を 生 成 し 、 ⑧ 先 の 手 順 ⑦ の て い る の で あ る 。 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 に よ り 、 第 三 者 が 取 引 復 号 の 結 果 得 ら れ た ハ ッ シ ュ 値 と 同 じ で あ る こ と が 確 認 さ れ 履 歴 を 改 ざ ん す る コ ス ト が 上 昇 し た た め 、 結 果 的 に 非 改 ざ ん た と き は 、 ハ ッ シ ュ 関 数 が 強 い 衝 突 耐 性 を 有 し て い る 限 り 、 電 証 明 は 容 易 と な っ て い る が 、 そ も そ も 秘 密 鍵 を 第 三 者 に 取 得 子 テ ー タ が 途 中 で 改 ざ ん さ れ て い な い こ と が 検 証 で き た こ と さ れ て し ま っ た 場 合 は 、 正 常 な 取 引 と し て 配 信 さ れ て し ま う か と な る 。 14 ら 、 暗 号 鍵 の 保 管 は 極 め て 重 要 で あ る 。 ( 3 ) 電 子 署 名 の 法 律 上 の 取 扱 い 電 子 署 名 の 法 的 な 取 扱 い に つ い て は 、 紙 媒 体 の 文 書 に お け ( 後 編 で は 、 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 を 利 用 し た 非 改 ざ ん 検 証 の る 署 名 又 は 押 印 と 同 様 で あ る 。 す な わ ち 、 「 電 磁 的 記 録 で あ っ 仕 組 み と 、 裁 判 所 に お い て ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト を 証 拠 と し て て 情 報 を 表 す た め に 作 成 さ れ た も の ・ ・ ・ ・ ・ ・ は 、 当 該 電 磁 的 記 録 取 り 調 べ る 方 法 を 検 討 す る 。 ) に 記 録 さ れ た 情 報 に つ い て 本 人 に よ る 電 子 署 名 ( こ れ を 行 う た め に 必 要 な 符 号 及 び 物 件 を 適 正 に 管 理 す る こ と に よ り 、 本 ※ な お 、 本 稿 中 の 意 見 に 渡 る 部 分 は 、 す べ て 筆 者 の 個 人 的 見 人 だ け が 行 う こ と が で き る こ と と な る も の に 限 る 。 ) が 行 わ れ 解 に 基 づ く も の で あ っ て 、 筆 者 が 所 属 す る 組 織 の 見 解 を 示 す て い る と き は 、 真 正 に 成 立 し た も の と 推 定 」 さ れ る ( 電 子 署 名 も の で は な い 。 及 び 認 証 業 務 に 関 す る 法 律 第 3 条 ) 。 書 面 へ の 押 印 か ら 文 書 の 成 立 の 真 正 を 推 定 す る 過 程 で 、 印 足 立 昌 聰 章 ( ハ ン コ ) が 適 切 に 管 理 さ れ 、 本 人 以 外 は 押 印 で き な い で あ 東 京 大 学 工 学 部 シ ス テ ム 創 成 学 科 生 体 情 報 シ ス テ ム コ ー ス 、 同 大 学 院 法 学 政 治 ろ う と い う 前 提 が あ っ た の と 同 様 に 、 電 子 署 名 の 場 合 に は 、 ( 学 研 究 科 法 曹 養 成 専 攻 修 了 。 弁 護 士 登 録 後 、 外 国 法 共 同 事 業 ジ ョ ー ン ズ ・ デ ィ 電 子 署 名 を ) 行 う た め に 必 要 な 符 号 及 び 物 件 を 適 正 に 管 理 す 法 律 事 務 所 を 経 て 、 現 在 は 井 護 士 活 動 を 休 止 し 、 特 許 庁 で 法 制 専 門 官 と し て 執 る こ と に よ り 、 本 人 だ け が 行 う こ と が で き る 状 況 、 す な わ ち 、 電 務 中 。 情 報 処 理 安 全 確 保 支 援 士 ( 登 録 セ キ ス ペ ) 、 弁 理 士 、 MCPC 認 定 IoT シ ス テ ム 技 術 者 ( 中 級 ) 。 子 署 名 時 の 暗 号 化 に 使 用 さ れ た 秘 密 鍵 を 適 正 に 管 理 し 、 第 1 3 総 務 省 「 電 子 署 名 ・ 認 証 ・ タ イ ム ス タ ン プ ~ そ の 役 割 と 活 用 ? 」 ( 2009 年 3 月 ) 2 頁 14 秘 密 鍵 が 第 三 者 に 流 出 す る と 、 送 信 者 A を 装 っ た 第 三 者 が 送 信 者 A の 秘 密 鍵 を 使 っ て 電 子 署 名 を 生 成 で き る た め 、 受 信 者 B は 、 電 子 証 明 書 上 の 公 開 鍵 に 対 応 す る 秘 密 鍵 の 正 当 な 保 有 者 か ら 送 信 さ れ た と 認 識 し て し ま う 。 秘 密 鍵 が 流 出 し た 場 合 に は 、 速 や か に 電 子 証 明 書 を 失 効 さ せ 、 新 た な 鍵 ペ ア を 生 成 す る 必 要 が あ る 。 利 用 の 申 込 ( 電 子 証 明 書 1 3 電 子 証 明 書 の 取 得 発 行 申 請 ) 電 子 証 明 書 送 信 者 A さ ん ( 認 証 業 務 の 利 用 者 ) A の 公 開 鍵 明 確 証 性 子 効 電 有 電 子 証 明 書 A の 公 開 受 信 者 日 さ ん ( 検 証 者 ) 有 効 な A の 公 開 鍵 8 ハ ッ シ ュ 値 ・ 改 ざ ん の 有 無 一 致 → な し 6 ハ ッ シ ュ 値 不 一 致 → あ り 電 子 証 明 書 A の 公 開 鍵 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) ハ ッ シ ュ 関 数 A の 秘 密 鍵 で 暗 号 化

図解でわかる サーバのすべて


5 章 ◆ イ ン タ ー ネ ッ ト サ ー バ と は 何 か 、 何 が で き る か ア ク セ ス し 認 証 機 関 に 認 証 を 求 め る と と も に 認 証 機 関 か ら こ の 業 者 の 公 開 キ ー を 人 手 し 、 公 開 鍵 の 照 合 を 行 う こ と で 確 か に 相 手 が 認 証 さ れ て い る 業 者 を 知 る こ と に な る の で す (SSL 機 能 を 持 っ て い る プ ラ ウ ザ に 限 り ま す ) 。 こ れ ら 一 連 の チ ェ ッ ク に お い て 、 先 の 悪 意 の 第 三 者 な ど に よ る 盗 聴 や 改 ざ ん の リ ス ク を 回 避 し た 安 全 な 電 子 商 取 引 が 可 能 と な る の で す 。 く 図 1 31 : 業 者 の 認 証 手 順 〉 販 売 業 者 WWWサ ー バ 一 般 消 費 者 一 口 一 一 三 01gital ブ ラ ウ ザ (SSL 接 続 ) ② WWW サ ー バ に イ ン ス ト ー ル 済 み の DigitaIID と 対 応 す る 公 開 鍵 Digital を 用 意 ID 認 証 機 関 ( 日 本 べ リ サ イ ン 社 な ど ) WWWサ ー バ ① 接 続 時 身 分 証 明 を 要 求 ③ Digta Ⅱ D と 公 開 鍵 を 送 信 DigitaI ⑦ 業 者 か ら の 公 開 鍵 と 認 証 機 関 か ら の 公 開 鍵 が 同 じ で あ れ は 、 接 続 相 手 が 認 証 さ れ た 業 者 だ と 認 識 で き る ④ 業 者 か ら 届 い た DigtallD を 元 に 認 証 機 関 に 認 証 依 頼 Oig ⑤ 届 い た DigitaIID を 元 に デ ー タ ベ ー ス 検 索 。 対 応 す る 公 開 鍵 を 送 信 ⑥ 対 応 す る 公 開 鍵 を 送 信 ■ 電 子 マ ネ ー ー 電 子 マ ネ ー と は 、 お 金 と 同 等 の 貨 幣 価 値 を そ の ま ま デ ジ タ ル デ ー タ に 変 換 し た も の を 指 し ま す 。 こ の デ ー タ は 旧 カ ー ド に 入 れ て 持 ち 歩 く こ と も で き ま す し 、 コ ン ピ ュ ー タ に 保 存 す る こ と も 可 能 で す 。 し か し な が ら デ ジ タ ル デ ー タ で あ る た め に 、 コ ピ ー さ れ た り 偽 造 さ れ や す い と い う 問 題 も 抱 え て い ま す 。 こ の た め に 先 に 説 明 し た デ ジ タ ル 署 名 を 加 え る と と も に 、 銀 行 が 発 行 す る 場 合 な ど は そ の 一 つ ひ と つ に 認 識 番 号 を 付 加 し た り と い っ た 工 夫 が さ れ て い ま す 。 【 業 者 の 認 証 手 貭 ・ 補 足 】 現 在 、 業 者 が 認 証 機 関 (CA:Certification Authority) に 対 し て 申 請 を 行 う こ と で セ キ ュ ア ・ サ ー 'fll) を 取 得 す る こ と が で き る 。 業 者 は WEB サ ー パ に 対 し て こ れ を イ ン ス ト ー ル す る こ と で 、 一 般 顧 客 か ら の 要 求 に 対 し て こ の ID を 送 付 可 能 と な る が 、 こ れ を も っ て サ ー パ 認 証 が 実 現 す る 。 そ の 後 共 通 鍵 ( 秘 密 鍵 ) を 交 換 す る こ と に よ り 、 双 方 の 暗 号 化 デ ー タ に よ る 通 信 が 実 現 す る 。