検索 - みる会図書館

全データから 208488件ヒットしました。

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


い ン 港 の 西 、 山 上 か ら ロ 之 津 の 港 が 見 え る 。 天 草 は ま し か 、 う っ す ら と 島 々 が 、 そ し て 広 い 果 て し な い 海 が い つ も こ こ か ら 見 え る の だ

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


網 羅 し た わ け じ ゃ あ り ま せ ん け ど 、 大 事 な と こ ろ は し つ こ い く ら い て い ね い に 書 き ま し た か ら 、 ぜ ひ 役 立 て て も ら い た い と 思 い ま す 。 189

替歌研究


苦 し い 目 に 遇 い 難 渋 の 事 に 出 遇 う て 死 ぬ よ り も 辛 い 我 慢 を し て ま で も 命 を つ づ け て い る の や ら め あ て な が ら ど う 考 え て も わ か ら な い 何 を 目 的 に 生 存 え て い る の か さ つ ば り わ か ら な い わ が 身 で わ が 身 が わ か ら な い あ あ わ か ら な い わ か ら な い 善 悪 正 邪 わ か ら な い ま す ま す 闇 路 を 踏 み 迷 い も だ え 苦 し む 亡 者 殿 お 前 は ホ ン ト に わ か ら な い い つ ま で 迷 う て 御 座 る の あ あ わ か ら な い わ か ら な い 生 存 競 争 わ か ら な い 鉄 道 電 気 じ ゃ あ る ま い し 針 金 細 工 の 綱 渡 り こ ん な 危 い こ と は な い こ ん な バ カ げ た こ と は な い 死 ん だ か ま し か も わ か ら な い あ あ わ か ら な い わ か ら 添 田 唖 蝉 坊 作 。 元 歌 は 既 出 。 替 歌 は 、 矛 盾 だ ら け の 現 実 に 素 朴 な 疑 問 を 投 げ か け 、 と く に 貧 富 を 主 題 に し た 演 歌 で あ る 。 元 歌 が 歌 わ れ だ し た 明 治 三 十 七 年 ご ろ か ら 、 ま も な く し て 作 ら れ た 。 742

「心理テスト」はウソでした。


そ の 片 棒 を 担 ぐ こ と に な ら な い か 178

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


何 か が お か し か っ た 。 な に か が お か し か っ た 。 ど こ か が お か し か っ た 。 ア ラ シ ャ 目 覚 め た 亜 羅 写 は 、 違 和 感 を 感 じ て い た 。 な に か ー ー ど こ か 、 変 だ デ モ ど こ が に わ か に は わ か ら な か っ た 。 こ れ ま で に 知 ら な か っ た 感 覚 だ 。 ど こ が オ カ し い ? わ る い 夢 か ら 醒 め て も 、 し ば ら く は 自 分 が ど こ に い る か わ か ら な い 。 そ ん な 気 持 ち に 似 て い 篇 地 脈 た し か に 目 覚 め て い る は ず な の に 、 い ま だ 夢 の な か に い る よ う な 気 も し た 。 の オ カ し い な 、 メ が あ い て な い よ 。 蘭 本 当 は 眠 っ て い る の だ ろ う か 。 起 き よ う と 、 も が い て い る 最 中 な の か 。 い な 否 、 起 き て い る 。 起 き て い る は ず な の に 。 第 七 章 空 の 青 血 の 赤

レタスクラブ ’16 10/25合併号


カ ラ リ か ら 揚 げ か ら 揚 げ を 上 手 に 作 る コ ツ は 、 酢 に つ け て 肉 を や わ ら か く し 、 こ ろ も を 片 栗 粉 に す る こ と 。 ニ 度 揚 げ す る の で 、 こ ろ も が 驚 く ほ と カ ラ リ と し ま す 。 塩 か ら 揚 け * 1 人 分 0182kc 塩 分 1 人 分 02. lg イ い ト ・ ャ み ル い 、 い 一 、 い . を ド 、 い . 髜 : い い 鵐 : 物 阜 し よ う ゆ か ら 揚 け ・ 76

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


馬 も 旅 寝 か 巻 ナ ー い と な 道 に 死 ぬ る 馬 は 、 、 、 ま ら む 旅 な ら ナ 生 き 物 の こ ふ る こ ・ り 一 ゆ き っ き て ・ こ ン ( り ・ ) す き は ( 「 海 や ま 0 あ ひ す 」 道 ゆ き っ か ま ど の よ る

マンガ人権弁護士


こ れ か ら ど う な さ る ん で す か ・ : ? : そ れ は ま だ わ か ら ん よ も う 少 し : 考 え て み た い あ っ あ の : ・ お 供 さ せ て 下 さ い な っ な こ い っ ・ 岸 本 す み ま せ ん ・ : 辞 表 は 、 後 ほ ど 提 出 い た し ま す の で " 、 あ ん 今 日 は こ れ で ・ 第 209

新落語的学問のすすめ


な ん か 言 わ れ て 、 え え 、 思 っ て び つ く り す る と い う よ う な 、 し く じ り を す る ん で す ね 。 ま あ だ い た い 、 床 の 間 が あ る と か 、 掛 け 軸 が あ る と か 、 大 層 に し て あ る と こ ろ を 背 景 に し て い る 人 の 席 は 、 偉 い 人 の 席 や と 思 っ と い た ら 間 違 い は な い と 思 い ま す 。 か み ざ お そ ら く 上 座 は 、 神 さ ん が ま し ま す と い う よ う な 意 味 合 い か ら 流 れ て き た ん で は な い か と 考 え ら れ ま す け れ ど も 、 舞 台 で も 、 こ ち ら の 方 を 上 手 、 そ れ か ら こ ち ら を 下 手 と い い ま す 。 は な み ち こ こ が 「 花 道 」 と い い ま す 。 花 道 の こ こ の と こ ろ に 、 「 ス ッ ポ ン 」 と い い ま し て 、 下 か ら 人 が ズ ー ツ と 上 が っ て く る 。 こ こ か ら 上 が っ て く る 人 物 は 、 全 部 亡 く な っ た 人 と か 、 幽 玄 の 世 界 か ら 来 る 人 な ん で す 。 こ こ が セ リ に な っ て い て 、 上 が っ て く る 。 そ し て 、 こ ち ら の 舞 台 が 回 転 し て 、 次 の セ ッ ト が 出 て く る 、 こ う い う も の を 、 「 盆 回 し 」 な ん て い い ま す 。 ま た 、 芸 人 が 花 道 か ら 舞 台 へ 登 場 し た り 、 下 手 か ら 舞 台 へ 登 場 い た し ま す と 、 た い た い こ こ の と こ ろ に 木 戸 が あ り ま し て 、 下 駄 と か 草 履 な ん か を 脱 ぐ と こ ろ が あ っ て 、 そ し て 一 段 高 い と こ ろ に 座 敷 が し つ ら え て あ る 。 そ の 座 敷 の と こ ろ も 出 入 り が で き る よ う に な っ て い ま す 。 こ う い う 世 界 を 頭 に 描 い て お い た 上 で の 、 落 語 の 世 界 な の で あ り ま す 。 我 々 の 世 界 は 、 こ う い う 、 セ ッ ト 、 背 景 な ど を ま っ た く 使 い ま せ ん 。 イ メ ー ジ の み の 世 界 で す 。 我 々 も こ ち ら を 下 手 と い っ て お り ま し て 、 こ ち ら の 方 を 上 手 と い っ て い ま す 。 そ し て 演 者 が こ こ へ 座 り ま し て 、 話 を し て い く わ け で す が 、 イ メ ー ジ の み の 世 界 で す か ら 、 と て も 大 切 な こ と は 、 誰 が 184

陽影の舞姫Ⅰ


133 陽 影 の 舞 姫 I 自 身 、 自 覚 の な い ま ま に 。 そ し て 、 そ れ が 運 命 す ら も 巻 き こ む 序 章 と な る こ と を 、 彼 女 は 知 ら な か っ た 。 い や ー ー 恐 ら く 、 誰 に も 、 そ れ は わ か ら な か っ た ろ う ・