検索 - みる会図書館

全データから 28495件見つかりました。
おまもりひより1

どこへ行く ? ・ 0 0 わかってるさ ひまりたたか 緋鞠が戦っていた あやかしねら 妖の狙いが おれ 俺だってことくらい かのじよ 彼女の力を たよ 頼らなければ ならないこと ちから 、》鹵 K ゞしくい

おまもりひより1

手応えか ないぞ 旧十ニ家の末裔 本気で討ちとろうと 、う奴はここに おらぬのか まっえい

今日もていねいに。

わからない箱 わからないことを、わからないと = = ロ、つ。 これは間違いなく、生きるための最良の知恵です。 知ったかぶりをせず、あいまいにごまかさず、何かわからないことがあったら「わ かりません」と正直に言う。 「わからない」と = = ロうことで、学ぶチャンスが得られます。 「教えてください と人に請うことは、决して恥ずかしいことではありません。 たとえすべては教えてもらえず、知識の断片しか得られなかったにせよ、その小さ なかけらを手に入れれば、それをきっかけに自分のカで学んでいくこともできます。 わからないことを ~ 衣明すると同・に、ほうっておかないことも , 入切です。 僕は『暮しの手帖』編集部の自分の机の引き出しに、箱を一つ置いています。使い 方は、ごく簡単。 本や新聞を読んでいるとき、また、人と話しているとき、わからないことというの

おまもりひより1

なんじゃ いたのカキ だから 最初から いるって〃 さいしょ りんこ 凛子ッ しよう 勝負よ 野井原緋物 のいはらひまり わたしか ゅうと 私か勝ったら 優人から 離れなさい〃 わかとの なに若殿って びよっとして 優人のことか ? え : よかろ , フ おいーし 50

新潮45 2016年08月号

1 ー 物 1 何か用かね 船長 : ・ 客が来て ます : あの : ・我々 ポンペイの アッセリーナ・ エウマキアさん からの紹介で : お願いか あって ここまで 来たんです ご主人様 から : ・ ? ・ ( 第 - 正直ゆとりは : ・ . ・′ねえけど 1 人くらいなら 何とかなる かな メなるほ」 み / レプティスまで 同行したい って事だな ? 乗るのは誰だ お前さんかい ? 189

湯川秀樹&朝永振一郎 : 二つのノーベル物理学賞 コミック

変晩こ無ま わ年のロた らに頃で ないか頑 いたら固 るな ま性 で格 は そのわけを 言いなさい ど , フして ケンカに 秀樹が あんまり 頑固だから みク乙の 27

トム・ソーヤーの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)

ポリ 1 おばさんは、ちょ っとのま、あっけにとられ て立っていたが、すぐ静か に笑い出した。 「ほんとにあの子ときた 一ら。わたしも、何度やられ ても懲りないんだからね。 もういままで、さんざあの手で、わたしをだましてきたじゃないか。いいかげん、わたしも、 あの子のすることにや、ゆだんをなくなりそうなものなのに。でも、年と「たばかほど、 ばかなものはない「ていうからね ~ お、ばれ犬には、新しい芸は仕こめない「て、ことわざ にもあるじ ~ ないか。だけど、まとにあの子ときたら、二日とおんなじことをやる「てこ とはないんだから、このつぎに何をやり出すかなんてことは、まったく見当もっきやしない よ。どのくらい、じらしてれば、わたしがかんしやくをおこすか、あの子にはちゃんとわか ってるんだし、あと一分ごまかすか、わたしを笑わすかしてしまえば、それでおしまいにな / / 叫ル わら わら

ホーキング : 車椅子の天才物理学者 コミック

へいき 平気平気 ! っ昼お て間い んかお のらいし、 か酔ょ 昨夜の酒が まだ残って んのかな : 行こ行こ それより 時間だ 急がなきや わずかずつでは あるがこの頃から ホーキングは身体に へんちょう 変調をきたしていた 、って そしてそれを 他人に知られまい と努力していた ころ 26

小公女 (岩波少年文庫)

セーラは、ラスカーのほうをふりむきました。そして、おとうさんと暮らしていたときにな らったインドのことばを、まだすこしおばえていて、よかったと思いました。自分のいうこと は、あのひとにわかるでしよう。セーラは、ラスカーにわかることばで話しかけました。 「このサル、あたしにつかまるでしようか ? 」 自分にわかることばで、セーラに話しかけられたときの、その黒い顔にうかんだおどろきょ うと、よろこびかたといったら、セーラが、いままでに見たこともないほどのものでした。し っさ、 このインド人は、自分の国の神さまがあらわれたのではないかと、思ったほどでした。 そして、このかわいい やさしい声は、天から聞こえてきたのかとさえ思いました。セーラに は、亠 9 み、 ) 」、 このラスカーが、ヨーロツ。ハ人の子どもたちになれているということがわかりま した。ラスカーは、ていねいに、すらすらと、お礼のことばをのべました。 「おそれいります、おしようさま。そのサルは、、 しサルでございますから、かみついたりは こま いたしませんでしよう。ただ、困ったことに、なかなかっかまらないのでございます。あっち に からこっちと、まるでいなずまのように、逃げまわります。わるいやつではございませんが、 なかなか人のいうことをききません。このラム・ダスは、あれのことならば、自分の子どもの ことのように、よくこころえております。あれも、ラム・ダスのいうことならば、きくことも ありますが、いつもそうとはかぎりません。もし、おしようさまがおゆるしくだされば、屋根 214

小公女 (岩波少年文庫)

カーマイクル氏も、しっとしていられなくなり、立ちあがって、心配そうななかにも、なに か考えているように、へやのなかを歩きだしました。 ーヴァー 「うん、ないこともない。。 とれほど役にたっかはわからないが。というのはね、 きしゃ からかえりの汽車で、あれこれと考えているうちに、思いついたことがあるんだよ。」と、カ しました。 マイクル氏はい、 「どんなことだ ? その子が生きてさえいるものなら、どこかにいるはずだが。」 「そうなんだ。どこかにいるんだよ。それで 、、パリでは、もう、あちこち学校をさがしたん だから 、。、リはあきらめて、ロンドンの学校をさがすことにしよう。これがわたしの考えだ ロンドンをさがそう、というのだよ。」 しました。そ 「ロンドンにも、学校はたくさんあるからな。」と、キャリスフォード氏はい、 ういってから、ふと、なにか思いだしたように、かすかにからだをおこしました。「そういえ ば、となりにも一つある。」 いじよう 「しやそこから始めよう。近いところから始めるとすれば、これ以上、近いところはないか らな。」 「それはそうだ。」と、キャリスフォード氏はい、 しました。「となりには、おもしろい子がひ せいと かみ とりいるんだよ、しかし、生徒しゃない。 髪の毛の黒い、みなし子でね、およそ、クルーの子 351