検索 - みる会図書館

検索対象: 「心理テスト」はウソでした。

「心理テスト」はウソでした。から 219件ヒットしました。

「心理テスト」はウソでした。


そ の 片 棒 を 担 ぐ こ と に な ら な い か 178

「心理テスト」はウソでした。


ろ と 弱 い と こ ろ は あ る に 決 ま っ て い る 。 弱 点 の な い 人 な ど い な い 同 性 よ り 異 性 に 強 い 魅 力 を 感 じ る 。 内 面 的 に は 性 格 に 弱 い と こ ろ が あ る 。 人 に 好 か れ 、 尊 敬 さ れ た い と い う 強 い 欲 求 が あ る 。 多 く の 人 は 同 性 よ り 異 性 に 強 い 魅 力 を 感 じ る は ず だ 。 安 心 し ろ 、 君 は ノ ー マ ル だ 。 も ち ろ ん 、 人 間 だ か ら 内 面 的 に は 性 格 に 弱 い と こ ろ も あ る は ず だ し 、 他 人 に 尊 敬 さ れ た い と い う 欲 求 も あ る 。 人 間 は 社 会 的 動 物 だ か ら ね 。 大 体 の 文 章 が 当 た っ て い る 。 将 来 の こ と や 、 子 供 の 頃 の こ と が ま さ に そ の 通 り だ 。 心 理 テ ス ト で 将 来 の こ と と か 、 子 供 の 頃 の こ と が わ か る わ け な い だ ろ 。 基 礎 確 率 の 高 い ム 的 文 章 に き れ い に 引 っ か か っ た だ け だ 。 引 用 は こ の 程 度 に し て お こ う 。 ち な み に 当 た ら な か っ た 点 と し て は 、 学 校 に 真 面 目 に 行 か な か っ た と か 、 行 儀 の 点 数 が 良 く な か っ た な ど が 散 見 さ れ た だ け だ っ た 。

「心理テスト」はウソでした。


推 測 で き る こ と を : : : あ ら ん か ぎ り 挙 げ て お き ま す と 、 ま ず 、 い ず れ に し ろ 抑 、 つ つ 感 が 非 常 に 強 い だ ろ 、 つ と い 、 つ こ と 、 ・ : そ れ か ら 疲 れ と か 、 抑 う つ 感 、 無 気 力 感 が 出 や す い わ け で 、 : : : 抑 う つ 感 が 強 い 人 で は な い か と 思 う 。 そ れ か ら 男 性 性 が あ る 程 度 発 達 し て い な が ら 不 全 で あ る こ と 、 依 存 性 を め ぐ る 葛 藤 が 強 い こ と か ら ア ル コ ー ル 依 存 も 考 え ま し た 。 馬 場 は 量 的 比 率 か ら 多 少 の 推 測 を し て い る の で 、 3 名 の 解 釈 の 中 で は マ シ だ が 、 そ れ で も 、 相 変 わ ら ず 精 神 分 析 の 枠 組 み に と ら わ れ た ま ま で 、 男 根 表 象 と か 、 依 存 退 行 願 望 と か 、 ロ 唇 的 退 行 と か 、 強 迫 的 肛 門 的 な ど と ロ 走 っ て い る 。 最 終 的 に 、 抑 う つ 感 の 強 い 人 、 男 性 性 不 全 、 ア ル コ 1 ル 依 存 、 性 倒 錯 、 対 人 恐 怖 、 男 性 社 会 へ の 関 わ り に く さ を リ ス ト ア ッ プ し て い る 。 た く さ ん 挙 げ れ ば 、 何 か が 当 た る 可 能 性 が あ る 。 し か し 、 実 は 、 こ れ だ け 挙 げ て も 何 一 つ 当 た っ て い な い 。 こ れ は 恐 る べ き こ と で あ る 。 占 を 秋 谷 た っ 子 の 解 釈 で シ の ク シ 、 一 ポ ジ ウ ム の 記 録 か ら 秋 「 の 発 言 も 同 様 に 引 用 し て お く 。 や は り 括 弧 内 は 筆 者 が 英 単 語 の 日 ン 本 語 訳 を 追 加 し た も の で あ る 章 第 私 も 他 の シ ン ポ ジ ス ト の 方 と 同 じ く こ の 被 験 者 は pha 三 c symbol ( 男 根 表 象 ) を 強 く 固 105

「心理テスト」はウソでした。


こ れ か ら 図 版 を 枚 見 せ ま す 。 こ れ は 紙 の 上 に イ ン ク を 落 と し て 偶 然 に で き 上 が っ た も の で す か ら 、 何 に 見 え て も 構 い ま せ ん 。 図 を 見 て 、 何 に 見 え る か 、 ど の よ う に 思 わ れ る の か を 言 っ て く だ さ い 。 図 版 は 1 枚 ず つ 渡 し ま す 。 手 に と っ て 自 由 に 見 て く だ さ い 。 何 に 見 え て も 構 い ま せ ん か ら 、 何 か 見 え て き た ら 遠 慮 な く 言 っ て く だ さ い テ ス ト を 受 け る 人 は 図 版 を 受 け 取 っ て 、 何 が 見 え る か を 報 告 す る 。 い く つ か 言 う と 連 想 が で き な く な っ て し ま う の で 、 そ の 時 は 次 の 図 版 に 移 る 。 図 版 ま で 進 む と 終 了 す る 質 問 段 階 の 標 準 的 な 教 示 も 示 し て お こ う 。 い ろ い ろ 答 え て も ら い ま し た が 、 あ な た が 見 ら れ た も の が 図 版 の ど こ に 見 え た か 、 ど う 占 を し て そ の よ う に 見 え た の か 、 と い う こ と に つ い て お 尋 ね し ま す 。 も 、 つ 一 度 初 め か ら 、 一 緒 で に 見 て い き ま し よ 、 つ 。 シ の ク ン 反 応 ご と に 、 イ ン ク の シ ミ の ど こ を 見 た か 、 動 き を 見 た か 、 色 を 見 た か な ど を 確 認 す る 作 業 で あ る 。 被 験 者 に 暗 示 を 与 え な い よ う に 、 遠 回 し で 、 間 接 的 な 聞 き 方 を す る 。 図 版 * で 終 了 と な る 。 章 第

「心理テスト」はウソでした。


誰 で も 集 中 力 に は ム ラ が あ る し 、 現 実 的 な 面 と ロ マ ン チ ッ ク な 面 を も っ て い る 。 思 い 出 を 大 切 に し な い 人 は い な い 。 そ し て 堅 実 な 暮 ら し を 望 ん で い る : こ ん な こ と を 聞 い て も 、 個 人 差 や 性 格 は 明 ら か に な ら な い 性 格 テ ス ト を 作 る 場 合 、 こ 、 つ い う 質 問 は 真 っ 先 に 削 除 の 対 象 に な る 。 情 報 量 が ほ と ん ど な い か ら で あ る 。 一 般 的 に は 、 「 は い や 「 ) し い え 」 の 回 答 率 は 7 割 以 下 で な い と い け な い 。 能 見 の 血 液 型 人 間 学 に は 、 こ う い う 誰 に で も 当 て は ま る 表 現 が か な り あ る 。 さ て さ て 困 っ た こ こ で は カ イ 自 乗 検 定 を 個 の 仮 説 に 繰 り 返 し た 。 1 回 の 検 定 は 5 % 以 下 の 危 険 率 ( い わ ば < 〃 外 れ 率 し だ が 、 8 回 も や れ ば 5 % + 5 % + : : + 5 % 300 % 以 下 の 危 険 率 に な っ て し ま う 。 き こ れ で は 項 目 の う ち 3 項 目 く ら い 、 有 意 に な っ て も ち っ と も 不 思 議 で は な い 。 血 液 型 人 間 学 が の 実 証 さ れ る 見 込 み は ま す ま す ゼ ロ で あ る 。 ん み こ の 結 果 を 見 て 木 地 さ ん の 顔 色 が 変 わ っ た 。 ぜ 「 せ ん せ 1 い 、 私 、 ど う し た ら い い ん で す か 。 関 係 な ん て 何 も な い で す よ 」 「 ど う し た ら っ て 、 何 も な い ん だ か ら し よ う が な い だ ろ 。 予 想 通 り な ん だ か ら 」 章 第 「 何 も な い と 書 け ま せ ん 」

「心理テスト」はウソでした。


位 、 【 も ほ ば 良 い バ ラ ン ス が 見 ら れ る 。 全 体 と し て は 、 総 合 し て み た 場 合 に は 、 ほ ば 自 我 機 能 が 適 切 に 働 い て い る と 風 に 考 え て い い と 思 い ま す 。 ま ず 、 最 初 の 図 版 の も う 冒 頭 か ら 部 分 領 域 へ ば っ と 入 っ て い き ま す ね 。 そ し て こ け し と い う 固 い 物 体 を 見 て い る 。 : : : 物 に し て 、 細 か く す る こ と に よ っ て そ の 状 況 に 対 処 し て い : そ う い う と こ ろ か ら ま す 自 我 防 衛 と し て 一 so 一 at 一 on ( 隔 離 ) に 非 常 に 頼 っ こ 、 つ と す る 、 て い る 人 だ と い う こ と が わ か っ て く る Ⅱ カ ー ド に い き ま し て 、 : : : 確 か に こ け し と か シ ャ ン ペ ン の ビ ン と か phallic symbol ( 男 根 表 象 ) に な る 様 な 物 体 が あ る ん で す け ど 、 む し ろ 数 と し て は と か の 方 が 多 い ん で す 。 そ う い う と こ ろ か ら は 防 衛 が そ れ ほ ど 強 固 で 分 厚 い 壁 で は な い と い う こ と を 示 唆 し て い る 様 に 思 い ま す 。 : : : 小 さ い 領 域 に 鶴 の 首 と い う 、 や は カ 1 ド で 、 こ こ で 一 番 反 応 時 間 が 遅 れ て い る 。 り phallic symbol ( 男 根 表 象 ) と 思 わ ざ る を 得 な い 様 な 出 方 だ と 思 い ま す 。 Ⅶ カ ー ド で ム シ に 食 わ れ た 葉 っ ぱ と い う 風 に 、 ど れ を み て も 口 唇 的 な 退 行 の 意 味 を 持 っ 内 容 で あ る こ と を 考 え 合 わ せ ま す 。 Ⅳ カ 1 ド で も 、 シ ャ コ と い う 材 質 反 応 が は っ き り 出 て い る こ と と を 考 え あ わ せ ま す と 、 ・ : 強 迫 的 肛 門 期 的 な 自 我 の 体 制 が 崩 れ や す こ の 人 に は 強 い 依 存 退 行 願 望 が あ り ま し て 、 い と い う こ と を 示 唆 し て い る の で は な い か と : 104

「心理テスト」はウソでした。


で も 、 自 動 解 釈 の 文 章 は 全 員 同 じ だ よ 。 見 比 べ て ご ら ん 。 き れ い に 引 っ か か っ た だ ろ 」 「 え え っ ? そ ん な あ 」 と ザ ワ ザ ワ と 騒 ぎ 始 め た 。 隣 同 士 見 せ 合 っ て 、 本 当 に 同 じ だ と 確 認 し て い た 。 そ し て 、 よ く も だ ま し た な と い う 突 き 刺 す よ う な 視 線 を 私 の 方 に 向 け た 。 「 お や 、 お れ が 大 学 の 先 生 だ か ら だ ま さ な い と で も 思 っ た の か い 。 大 学 の 先 生 で も ウ ソ を 一 言 う こ と も あ る し 、 だ ま す こ と も あ る よ 。 だ ま さ れ る 奴 が 悪 い ん だ よ 。 ひ ど い 目 に 遭 い た く な か っ た ら 、 こ れ か ら 気 を 付 け た 方 が い い な 。 頭 が 不 自 由 だ と だ ま さ れ や す い か ら な : : : 」 学 生 た ち の 顔 に 憤 ま ん や る 方 な い と い っ た 表 情 が 浮 か ぶ 。 コ ン ピ ュ ー タ ー の 自 動 解 釈 に バ ー ナ ム 効 果 を 加 え る と 、 本 当 に 簡 単 に だ ま せ る 。 効 果 抜 群 だ 。 「 さ て と 、 遊 び は や め に し て 、 本 当 の 結 果 を こ れ か ら 返 す よ 。 学 籍 番 号 順 に な っ て い る か ら 、 一 人 ず つ 、 取 り に 来 て く だ さ い 。 >< >< 番 、 番 、 こ の 後 、 学 生 た ち は 主 要 5 因 子 性 格 検 査 の 自 動 解 釈 結 果 を 読 ん で 、 再 度 、 大 騒 ぎ す る こ と に な っ た 。 大 学 院 の 授 業 で も ま っ た く 同 じ だ っ た 。 き れ い に だ ま せ た 。 院 生 は 学 部 か ら 進 学 し た 学 生 と 現 ス テ ー ナ ム 効 果 の レ ビ ュ 1 に よ る と 、 世 慣 れ た 年 長 者 は だ ま し に く い 理 職 の 教 員 が 半 々 程 度 で あ る 。 能 は ず だ が 、 そ ん な こ と は な か っ た 。 赤 子 の 手 を ひ ね る よ り 簡 単 だ っ た 。 そ の 代 わ り 、 裏 切 ら れ た と い う 怒 り の こ も っ た 視 線 は 尋 常 で は な か っ た 。 章 第 ア ン ケ ー ト に 回 答 後 、 解 釈 文 が 隣 と 同 じ と 気 づ い た 学 部 学 生 が 一 人 い た 。 大 学 院 生 で は 気 づ い

「心理テスト」はウソでした。


る っ と 回 し て 、 サ キ と 書 い て 、 矢 印 の あ る と こ ろ が 左 上 に 来 る よ う に し て く だ さ い 。 で き る だ け 速 く 計 算 し て く だ さ い 。 1 行 は 1 分 で す : : : 」 ク レ ベ リ ン の 監 督 は 疲 れ る 。 と も か く ず っ と ス ト ッ プ ウ ォ ッ チ を 見 て い な い と い け な い 。 ・ ( 退 屈 、 退 屈 、 退 屈 、 ・ : ・ : 秒 。 溜 息 ) ・ : : ・ や め 。 「 で は 、 鉛 筆 を も っ て : : : 用 意 : : : 始 め 。 ・ : や め 。 ・ ( 退 屈 、 退 屈 、 も う ダ メ 、 : 目 が 点 に な る 、 秒 、 ふ う ) ・ ( 退 屈 、 退 屈 、 秒 ) : : : や め : ・ 一 桁 の 暗 算 を で き る だ け 速 く や る な ん て 、 実 ア ホ に な り き ら な い と こ ん な テ ス ト は で き な い に 馬 鹿 馬 鹿 し い 作 業 だ 。 計 算 な ど 、 電 卓 を 使 え ば い い で は な い か 。 純 朴 な 学 生 た ち が 多 い し 、 富 山 県 の 教 員 採 用 試 験 で 使 わ れ る 適 性 検 査 だ か ら 、 受 検 態 度 は 真 剣 だ 。 ク レ ベ リ ン 検 査 が ど ん な 物 か 知 ら な い か ら 真 面 目 に 取 り 組 め る だ け の 話 だ 。 私 の よ う に 知 り 過 ぎ て し ま う と 、 も っ と も ら し く や り 方 を 指 導 す る 気 す ら な え て し ま う 。 後 半 戦 に 突 入 し ゃ あ 、 ご 苦 労 さ ん 。 疲 れ る よ ね 。 「 は い 、 や め て 。 鉛 筆 を 置 い て 。 用 紙 を 裏 返 し て く だ さ い 。 、 オ レ も ず っ と ス ト ッ プ ウ ォ ッ チ を 見 続 け た か ら 疲 れ た 。 と り あ え ず 、 ク レ ベ リ ン は こ こ で 5 分 休 憩 す る ん だ よ ね 。 だ か ら 、 ま あ 、 適 当 に 休 憩 し て ね 。 し か し 、 あ ま り 、 お し ゃ べ り し な い で 。 静 か に し な さ い ・ 182

「心理テスト」はウソでした。


攻 撃 性 <b0 得 点 は 、 正 常 群 が 4 ・ 90 、 非 行 群 が 3 ・ 76 で 、 統 計 的 に 有 意 で あ る 。 つ ま り 、 に よ る と 、 普 通 少 年 は 攻 撃 的 で 、 非 行 少 年 は 攻 撃 的 で な い と い う 訳 だ 。 本 当 だ ろ う か 。 尺 度 が 間 違 っ て い る と し か 思 え な い ま た 、 尺 度 と の 相 関 も あ る 。 そ れ に よ る と 、 神 経 質 z と 抑 う つ は 0 ・ 7 程 度 で 、 類 似 の 結 果 が 得 ら れ る が 、 そ の 他 の 尺 度 は 0 ・ 4 か ら 0 ・ 6 程 度 で あ り 、 気 楽 さ は 0 ・ 0 と ま っ た く 関 連 性 が な い 。 だ か ら 、 で 「 気 楽 で あ る 」 で も 、 で は 「 気 楽 で な い 」 と な る 場 合 が 大 い に あ り 得 る 。 我 が ゼ ミ 生 た ち の プ ロ フ ァ イ ル が か な り 食 い 違 っ た の も 当 た り 前 で あ る 。 で 、 ど ち ら が 正 し い の か と 言 え ば 、 も ち ろ ん 、 ど ち ら も 間 違 い だ 。 も *-D も 古 代 の 化 石 で あ る 。 特 性 尺 度 は 因 子 分 析 の 結 果 、 作 成 さ れ た も の で は な い 。 そ れ に 、 現 在 は 、 ビ ッ グ ・ フ ァ イ プ と い う 五 つ の 性 格 特 性 を 測 定 し な け れ ば 、 話 に な ら な い 。 こ ん な こ と も 知 ら な い の で は 専 門 家 と は 言 え な い 。 だ か ら 、 や を 使 っ て い る 人 を 見 た ら 、 密 か に 軽 蔑 の ま な ざ し を 向 け て も 問 題 な い だ ろ う 。 総 括 す る と ー ー ね つ 造 、 す り 替 え 、 ウ ソ の 大 盤 振 る 舞 い の 総 括 を し て み よ う 。 ・ の 性 格 特 性 が 測 定 さ れ て い る と 思 う の は 幻 想 で あ る 。 續 ら の 分 析 で は 3 因 子 し か 得 ら れ 176

「心理テスト」はウソでした。


こ れ は の 解 説 書 か ら の 抜 粋 で あ る 。 本 当 に こ う い う 解 釈 が 正 し い の か と 疑 い 出 す と 大 変 だ 。 実 は 、 根 拠 を 探 し て も な か な か 見 つ か ら な い 。 「 色 々 な 人 と 知 り 合 い に な る の が 楽 し み で あ る ー の よ う な 社 交 性 に 関 す る 質 問 を た く さ ん 用 意 し 、 そ れ ら に 「 は い と 答 え れ ば 、 と り あ え ず 社 交 的 な 人 で あ ろ う と 考 え る 。 こ れ を 心 理 学 者 は 内 容 的 妥 当 性 が あ る と 難 し い 言 葉 で 表 現 す る 。 実 は 内 容 的 妥 当 性 は 当 て に な ら な い 。 テ ス ト を 受 け た 人 が 建 前 的 に 答 え た か も し れ な い し 、 無 意 識 的 に ウ ソ を つ い た か も し れ な い 。 極 端 に 社 交 的 な 人 は 自 分 が 社 交 的 だ と い う 意 識 が な い こ と が あ る 。 こ う い う 場 合 、 真 面 目 に 回 答 し て も 、 真 実 の 姿 よ り も 社 交 性 の 得 点 は 低 く な っ て し ま う 。 私 の 今 ま で の 経 験 で は 、 自 分 で 自 分 の 状 態 を 正 確 に 把 握 で き な い 人 が 1 割 は い る 。 夫 私 な ら テ ス ト を 受 け た 人 の 親 し い 友 人 に 行 動 チ ェ ッ ク を し て も ら う 。 社 交 性 尺 度 で 高 得 点 の 人 大 が 行 動 チ ェ ッ ク で も 高 得 点 に な る な ら 、 テ ス ト の 測 定 結 果 は 正 し い だ ろ う 。 こ れ を 専 門 的 に は 基 準 関 連 妥 当 性 が あ る と い う 。 厳 密 に は 尺 度 得 点 と 行 動 チ ェ ッ ク 得 点 の 相 関 係 数 を 計 算 す る 。 そ う ス テ 格 す る と 、 あ る と か 、 な い と か 、 で は な く 、 予 測 力 が ど の 程 度 あ る か が は っ き り す る 。 こ こ ま で や る ら な い と 解 釈 の 根 拠 を 示 す こ と に は な ら な い あ 評 が で き た の は 半 世 紀 前 で あ る 。 コ ン ピ ュ ー タ 1 も な か っ た だ ろ う し 、 性 格 検 査 を 作 る だ け 定 で 精 一 杯 だ っ た の だ ろ う 。 残 念 な が ら 、 の 解 釈 が 正 し い の か 、 辻 岡 の 分 厚 い 専 門 書 を 調 べ て 章 第 も 、 は っ き り し た 根 拠 は 一 つ も 報 告 さ れ て い な い 151