検索 - みる会図書館

検索対象: 新落語的学問のすすめ

新落語的学問のすすめから 265件ヒットしました。

新落語的学問のすすめ


な ん か 言 わ れ て 、 え え 、 思 っ て び つ く り す る と い う よ う な 、 し く じ り を す る ん で す ね 。 ま あ だ い た い 、 床 の 間 が あ る と か 、 掛 け 軸 が あ る と か 、 大 層 に し て あ る と こ ろ を 背 景 に し て い る 人 の 席 は 、 偉 い 人 の 席 や と 思 っ と い た ら 間 違 い は な い と 思 い ま す 。 か み ざ お そ ら く 上 座 は 、 神 さ ん が ま し ま す と い う よ う な 意 味 合 い か ら 流 れ て き た ん で は な い か と 考 え ら れ ま す け れ ど も 、 舞 台 で も 、 こ ち ら の 方 を 上 手 、 そ れ か ら こ ち ら を 下 手 と い い ま す 。 は な み ち こ こ が 「 花 道 」 と い い ま す 。 花 道 の こ こ の と こ ろ に 、 「 ス ッ ポ ン 」 と い い ま し て 、 下 か ら 人 が ズ ー ツ と 上 が っ て く る 。 こ こ か ら 上 が っ て く る 人 物 は 、 全 部 亡 く な っ た 人 と か 、 幽 玄 の 世 界 か ら 来 る 人 な ん で す 。 こ こ が セ リ に な っ て い て 、 上 が っ て く る 。 そ し て 、 こ ち ら の 舞 台 が 回 転 し て 、 次 の セ ッ ト が 出 て く る 、 こ う い う も の を 、 「 盆 回 し 」 な ん て い い ま す 。 ま た 、 芸 人 が 花 道 か ら 舞 台 へ 登 場 し た り 、 下 手 か ら 舞 台 へ 登 場 い た し ま す と 、 た い た い こ こ の と こ ろ に 木 戸 が あ り ま し て 、 下 駄 と か 草 履 な ん か を 脱 ぐ と こ ろ が あ っ て 、 そ し て 一 段 高 い と こ ろ に 座 敷 が し つ ら え て あ る 。 そ の 座 敷 の と こ ろ も 出 入 り が で き る よ う に な っ て い ま す 。 こ う い う 世 界 を 頭 に 描 い て お い た 上 で の 、 落 語 の 世 界 な の で あ り ま す 。 我 々 の 世 界 は 、 こ う い う 、 セ ッ ト 、 背 景 な ど を ま っ た く 使 い ま せ ん 。 イ メ ー ジ の み の 世 界 で す 。 我 々 も こ ち ら を 下 手 と い っ て お り ま し て 、 こ ち ら の 方 を 上 手 と い っ て い ま す 。 そ し て 演 者 が こ こ へ 座 り ま し て 、 話 を し て い く わ け で す が 、 イ メ ー ジ の み の 世 界 で す か ら 、 と て も 大 切 な こ と は 、 誰 が 184

新落語的学問のすすめ


が 、 学 生 諸 君 に は ど う で も よ か っ た り 、 学 生 諸 君 に と っ て は と っ て も 難 し い こ と が 、 僕 ん 中 で は と っ て も 簡 単 な こ と だ っ た り す る と い 、 つ 、 ジ ェ ネ レ ー シ ョ ン ギ ャ ッ プ と い い ま す か 、 思 い 入 れ ギ ャ ッ プ と い い ま す か 、 そ れ が あ る ん で す ね 。 で 、 み な さ ん も 、 ど う い う と こ ろ で 、 ど う い う こ と を 聞 い て み た い の か 、 を 調 査 し て 、 次 回 か ら の 講 義 に 役 立 た せ よ う 、 こ う い う ふ う に 田 5 っ て ま す 。 ー を 配 り ま す 。 そ の ペ ー そ れ で 、 今 か ら ペ ー ヾ ー は 真 っ 白 で す 。 そ こ に 、 「 こ れ が わ か ら ん 」 「 こ れ が わ か ら ん の や 」 と い う こ と を 、 ぜ ひ 書 い て く だ さ い 。 世 の 中 は 何 事 も わ か ら ん こ と だ ら け で す け ど 、 こ れ か ら そ れ を 限 定 し て い き ま す 。 ま す 「 笑 い の こ こ が わ か ら な い 」 ー ー ・ 例 え ば 、 人 は ど う し て 笑 う の か 。 な ん で 笑 う の か 人 は い っ か ら 笑 っ て い る の か 。 ダ ウ ン タ ウ ン の 笑 い は 好 き だ け ど 、 ナ イ ン テ ィ ナ イ ン は 面 白 く な い と か 、 い ろ ん な こ と を 書 い て く だ さ い : こ れ は あ ん ま り 一 一 一 一 口 う の や め ま し よ う ね 。 さ 次 に 、 「 落 語 の こ こ か わ か ら な い 」 ー ・ ー 例 え ば : み 次 に 、 「 関 西 の こ こ が わ か ら ん 」 「 そ れ か ら 、 私 は 吉 本 興 業 と い う と こ ろ に 所 属 し て い ま す 。 「 吉 本 の こ こ が わ か ら ん 」 こ れ を そ 書 い て く だ さ い 講 そ し て 、 最 後 に 「 慶 応 の こ こ が わ か ら ん 」 慶 応 大 学 の 「 わ か ら ん で す わ 、 こ こ 」 と い う の 第 を で す ね 。

新落語的学問のすすめ


ま り が あ っ た わ け で す 。 そ こ で 、 ザ ウ ル ス も ス キ ー 場 だ か ら そ れ を つ け な さ い と 言 う て き た ん で す が 、 室 内 に そ ん な も ん い り ま す か ? い ま だ に 、 い の 置 性 と い う か 、 硬 直 し た も の の 考 え 方 か ら 抜 け 出 せ な い 。 で 、 そ れ を つ け る の は 簡 単 な ん で す け れ ど も 、 建 物 の 中 に そ れ を つ け る の は お か し い じ ゃ な い で す か 、 と い う 交 渉 が ご ざ い ま し て 、 そ れ か ら 変 わ っ て い っ た そ う で す 。 ま あ 、 以 前 の も の の 考 え 方 の 中 で は 、 ス キ ー 場 を 建 物 の 中 に つ く る と い う 発 想 が な か っ た も ん で す か ら 、 そ う 言 っ て き た と い 、 つ こ と な ん で し よ 、 つ 。 こ の ケ ー キ の 切 り 方 は 、 心 の 慣 性 と い う 時 の 話 に よ く サ ン プ ル に 出 す ん で す が 、 こ こ か ら が 私 の オ リ ジ ナ ル で す 。 こ れ 、 横 に 切 っ た ら い っ ぺ ん に 八 個 に 分 け ら れ て 解 決 は す る ん で す が 、 残 念 な が ら 、 上 に イ チ ゴ が 乗 っ て い ま す 。 ク リ ー ム も つ い て い ま す 。 さ あ 、 こ の 時 ど 、 つ し ま し よ 、 つ 。 こ こ か ら 考 え て 下 さ い 。 こ う い う ふ う に で す ね 、 今 の と こ ろ 二 つ の と こ ろ ま で 切 り ま し た 。 あ と 、 上 に イ チ ゴ が 乗 っ て る ん で す 。 八 個 に 分 け た い ん で す 。 ど う し ま し よ う 。 あ 、 皆 さ ん の 表 情 の 中 に 、 ん ? 少 し わ か っ た か な ? て い う と こ ろ も 見 受 け ら れ た り 、 悩 ん だ ふ う も 見 え た り し ま す

新落語的学問のすすめ


第 七 講 そ こ で 、 古 典 の 世 界 の ・ ・ メ ク リ み す そ こ に い る か と い う こ と で す ね 。 目 線 角 度 、 声 の 張 り 、 敬 語 、 謙 譲 語 、 こ 、 つ い う も の だ け で 世 界 を 作 っ て い き ま す か ら 、 ま こ と に デ リ ケ ー ト な 世 界 ん で す 。 と で す か ら 、 一 つ 間 違 う と 、 大 失 敗 を し て し ま う 座 と い う こ と に な り ま す 。 た と え ば 、 「 こ ん に ち は 」 と こ 、 つ 一 言 、 っ て 、 「 あ 、 ど 、 つ も い ら っ し ゃ い 」 と い う よ う な 話 の 時 に 、 そ の 「 こ ん に ち は 」 と い う 声 の 出 し 方 で 、 ど れ く ら い の 距 離 感 が そ の 建 物 の 中 に あ る の か 、 ど う い う 立 場 な の か と い う の を 、 っ ぺ ん に 表 現 す る 必 要 が あ り ま す か ら 、 遠 い と こ ろ に い る 人 に は ( 声 を 張 り 上 げ て ) 「 こ ん に ち は ! 」 と こ う い う ふ う に 言 い ま す し 、 目 の 前 の 人 に は 「 こ ん に ち は 」 と こ 、 つ 一 言 い ま す す 。 ま た 、 尊 敬 を し な け れ ば い け な い 、 立 場 が 上 の 人 に 対 す る 場 合 、 自 分 が そ の 人 に お 世 話 に な っ て い る 場 合 は 、 ( 丁 寧 に ) 「 こ ん に ち は 」 と い う ふ う 絽

新落語的学問のすすめ


に 行 っ た ん で す よ 。 公 安 局 と い う の は 警 察 機 構 の よ う な と こ ろ で ご ざ い ま す 。 そ の 公 安 局 へ 、 中 国 の 警 察 機 構 は ど う い う ふ う に な っ て い る の か 、 そ れ を 見 に 行 き ま し た 。 取 材 を 終 え ま し た ら 、 中 国 側 か ら 「 感 謝 の し る し に パ ー テ ィ ー を や り ま す か ら お 越 し く だ さ い ー と い 、 つ こ と で 招 待 さ れ ま し た 。 パ ー テ ィ ー と い う か ら に は 、 皆 と い っ し ょ に 老 酒 か な ん か 飲 ん で 、 「 カ ン ペ ー ー と か 一 一 一 一 口 う て ー ー ー カ ン ペ ー と い 、 つ の は 、 間 寛 平 さ ん の こ と で は ご ざ い ま せ ん ( 笑 ) 。 盃 を 交 わ す 乾 杯 の こ と で す ー ー ー そ う い う こ と に な る ん だ ろ う か と 思 っ て 行 き ま し た と こ ろ か 、 テ ー プ ル の 上 に は バ ナ ナ と コ ー ラ し か お い て な い ん で す 。 こ ん な も ん 、 ゲ ッ プ と オ ナ ラ し か 出 な い じ ゃ な い で す か 。 ( 爆 笑 ) た ま ら ん で 、 こ ん な も ん 、 と 思 う て ま し た ら 、 向 こ う が 、 「 今 日 は せ つ か く き て い た だ い た ん で 、 わ れ わ れ 公 安 局 員 の 趣 味 を 公 開 し ま す 。 中 日 友 好 の た め に 」 「 な ん で し よ う 」 「 こ の 人 は 、 切 手 を 集 め て い る ん で す 。 見 て あ げ て く だ さ い 」 「 あ 、 そ う で す か 。 美 し い で す ね 」 だ か さ ら ど う な ん だ と い う ( 笑 ) 。 「 そ れ が ど う し た ん や 」 と 言 い た く な る ん で す 。 が 、 そ う 突 っ 込 み ん だ ら 、 こ れ が も と で 国 際 問 題 に な る と 困 り ま す か ら 、 こ こ は ぐ っ と こ ら え て 、 「 い や あ 、 で い で す ね 」 な ん か 一 一 一 一 口 う わ け で す よ 。 す る と 向 こ う が 、 「 こ ん ど は 歌 を 歌 い ま す ー こ う き ま し た 。 そ 私 に は ど こ が 始 ま り で 、 ど こ が 終 わ り や ら わ か ら な い こ れ を 一 番 だ け で え え の に 、 四 番 ま 講 で 歌 い ま し た 。 第 よ く 、 お じ さ ん で 、 「 マ イ ・ ウ ェ イ 」 を ラ ス ト ま で 歌 い ま し て 、 顰 蹙 を か う と い う 、 あ れ と ひ ん し ゆ く

新落語的学問のすすめ


き よ う は 紀 州 屋 玄 助 の と こ 泊 ま っ た ら な い か ん の や 。 ち ょ っ と 待 ち い な ! ー 「 な ん ぞ い や ? 」 「 な ん ぞ い や 、 や あ ら へ ん 。 ち ょ っ と 待 っ た れ ち ゅ う ん じ ゃ 。 ほ ん ま に も う 」 「 ど う ぞ 、 あ ん さ ん が た お 泊 ま り を 「 い や い や 、 泊 ま っ て や り た い ん や け ど 、 い ま も 一 言 う よ う に な 、 紀 州 屋 玄 助 の と こ へ 泊 ま ら な い か ん の や 」 「 い や 、 さ よ う で ご ざ い ま し た ら 、 私 ど も が 紀 州 屋 わ か っ た わ か っ た 、 こ い 玄 助 で ご ざ い ま す 」 「 お 、 お 前 ん と こ が 紀 州 屋 玄 助 か い 、 お ー ぬ す っ と か な ん な あ 」 「 あ 、 あ あ 、 泊 め っ と こ や 」 「 お う 、 そ い っ か ! 逃 が す な 」 「 盗 人 み た い に 、 て も ら う 」 「 何 人 さ ん で ご ざ い ま す か い な 」 「 お 、 わ し ら 、 し じ ゅ う さ ん に ん や 」 「 こ ら ま た あ り が と う ご ざ い ま す 。 ほ な ら 、 ち ょ っ と 笠 を お 貸 し い た だ け ま す か 。 こ の 仰 , 山 に ・ 笠 を 表 に 掛 け て お き ま す と 、 あ と か ら お 越 し に な る 方 が 、 え え 目 印 に な り ま す ん で 、 こ の 笠 を 貸 し て お く ん な は れ 」 「 な に す ん の や 」 「 い や 、 あ の 、 あ と か ら お 越 し に な り ま す ん や を ろ 。 お た く ら 三 人 は 宿 取 り さ ん 」 「 そ う や 、 宿 を と る ん や 」 「 で 、 あ と に 四 十 人 さ ん が お こ A 」 し に な る 」 「 え 、 な に が や 」 「 い や 、 あ の 、 四 十 三 人 さ ん で つ し や ろ 」 「 な に を 一 一 一 一 口 う て ん ね や 、 違 う が な 、 わ し ら 伊 勢 参 り い こ か な 一 言 う た ら 三 人 、 風 呂 い こ か な 一 言 う た ら 三 人 、 花 見 い こ A 」 か 言 う た ら 三 人 、 し じ ゅ う 三 人 や が な 」 ( 笑 ) 「 し じ ゅ う 三 人 で ご ざ い ま す か 。 四 十 三 人 や 耕 話 な い ん で す か 」 講 第 て な 具 合 に 、 話 は 、 ど ー っ と 、 今 か ら 三 十 分 ほ ど か か り ま す か ら や め と き ま す け れ ど も 、 ロ

新落語的学問のすすめ


り ま す 。 と っ て も 勉 強 が で き て 、 そ れ こ そ 慶 応 へ 行 こ う か と い う で き る 子 で す 、 こ れ エ リ ー ト で す 。 東 大 行 こ か 、 京 大 行 こ か 、 大 阪 大 学 行 こ う か 、 神 戸 大 学 行 こ か 。 す ご い す ご い 、 れ も エ リ ー ト で す 。 片 方 は 、 お も ろ い 。 こ れ も エ リ ー ト で す 。 こ れ が 両 方 あ る と こ ろ が 面 白 い と こ ろ で す 。 も う 一 つ 。 「 関 西 の 人 は 、 あ の ノ リ は い っ た い ど こ か ら く る ん で し よ う 」 そ う で す ね え 、 小 さ い 時 か ら 吉 本 の 菌 に 冒 さ れ て い る ん か と 思 い ま す 。 「 関 西 は 日 本 の 中 だ け の 区 別 か 。 世 界 的 に 見 て 、 特 に 区 別 さ れ る べ き 文 化 を 持 っ て い る ん で は な い か 」 ほ か に 似 た と こ ろ が な い ん で は な い か と い う 質 問 で ご ざ い ま す 。 日 本 人 の な か で も 関 西 人 は 商 売 が 大 変 好 き だ と い う と こ ろ で 、 大 宅 壮 一 さ ん と い う 、 大 宅 映 子 さ ん の お 父 さ ん で す が 、 は ん 」 よ 、 つ 関 西 人 は 、 阪 僑 と い っ て 中 国 の 福 建 省 あ た り か ら 流 れ て 来 た 人 た ち が 多 く て 、 ち ょ っ と 違 う ん じ ゃ な い か と い う 意 見 を 、 昔 お っ し や っ た こ と が あ り ま し た 。 文 化 と 歴 史 、 そ れ が 大 い に 関 係 を し て い る と い 、 つ こ と で ご ざ い ま す 。 関 西 人 の コ ミ ュ ニ ケ 1 シ ョ ン そ れ か ら 、 面 白 い な あ 、 だ ん だ ん 見 え て く る の は 、 「 大 阪 は や は り 、 商 人 の 街 だ か ら で し ょ

新落語的学問のすすめ


与 え な さ い 」 て 、 こ れ 、 い い 問 題 で し よ 。 み な さ ん に 私 が 試 験 を 受 け る ん で す か ら 。 「 そ れ に 至 る 背 景 を 論 述 せ よ 」 、 な ん て い い じ ゃ な い で す か 。 文 学 部 で す か ら 、 文 章 力 も 分 か り ま す か ら ね 。 そ れ や り ま し た 。 い い 問 日 題 で す 。 ど こ か い い か と い う と 、 彼 等 が 私 に 与 え た 成 績 を そ の ま ま 返 し て や ろ う 、 採 点 す る 時 間 カ ッ ト 出 来 る し ね ( 笑 ) 。 と こ ろ が 大 失 敗 。 出 席 日 数 の 足 り ん 奴 に 限 っ て 、 私 に 優 を く れ る ん で す ね 。 人 に は お べ ん ち ゃ ら と い う 心 の 動 き が あ る と い う こ と が わ か っ た わ け で す け ど 、 そ の 時 に 、 優 な ら 優 と 書 い て 論 述 せ よ 、 と 言 っ て い る の に 、 優 の ま わ り に 丸 を 書 い て 花 ビ ラ 付 け て ヒ マ ワ リ の 絵 を 描 い て 出 し た ( 笑 ) 、 こ う い う 面 白 い 奴 が お り ま し た 。 そ ん な も の 困 る で 。 で も 、 呼 び 出 し て 一 一 口 う の も 能 が な い で す か ら 、 や は り こ こ は 先 輩 の 教 授 に 聞 こ う と 思 い ま し て 、 本 ( ま い り ま し た 。 「 先 生 、 こ ん な ん 書 し ん さ ノ カ ノ て ま す け ど 」 と 言 い ま し た ら 、 「 面 白 い で す た 6 み な あ 」 ( 笑 ) 否 定 し な い と こ ろ が す ご い で す で 7 ′ 、 、 ね 。 「 お も ろ い で す な あ 。 な か な か の ツ ワ モ ノ で す な あ 」 。 な か に は 、 だ る ま さ ん の 絵 を 講 描 い て 、 「 手 も 足 も 出 な い ー そ ん な 使 い 古 し 第 た ギ ャ グ を い ま だ に 描 く 奴 も お る ん で す 。

新落語的学問のすすめ


に 入 る は 出 ま せ ん で し た け れ ど も 、 笑 う と い う の は 、 気 持 ち い い こ と を た く さ ん や り た い と 一 」 ゝ 、 0 い う 気 持 ち の 延 長 な ん で す ね 。 気 持 ち い い こ と を 続 け る の は 、 体 し 気 持 ち い い と い う の は 、 体 に い い と い 、 つ こ と で す 。 こ れ を 、 科 学 的 に 笑 い の 効 用 に つ い て 研 究 さ れ て い る 部 分 も あ る ん で す が 、 ま だ ま だ 、 研 究 は 始 ま っ た ば か り で す 。 こ の 、 気 持 ち い い こ と と か 、 楽 し い 、 笑 い 、 と い う の が 、 体 に し い ん だ と い う の を 、 人 間 は 経 験 と し て 覚 え て い る ん で す ね 、 ど こ か で 。 こ れ が 、 「 笑 う 門 に は 福 が 来 る 」 と い っ た よ う な 表 現 と な っ て 昔 か ら 伝 え ら れ て い ま す 。 こ れ を 「 笑 門 来 福 」 と 書 き ま す か 、 ( 留 学 生 に ) 中 国 で は 、 笑 う こ と は 体 に い い と い う の を 、 ど う い う ふ う に 言 い ま す 、 刀 ワ ・ 学 生 「 活 到 老 、 笑 到 老 ー こ れ は ど う い う 意 味 で す か 学 生 「 年 取 る ま で 笑 う と 健 康 こ つ ま り 、 年 齢 を 重 ね て も 笑 っ て い る の は 健 康 に い い ん だ と い う こ と で す ね 。 学 生 「 は い 」 ど 、 つ も あ り が と 、 つ 。 笑 、 つ と 生 き 生 き と 活 か さ れ る と い 、 つ こ と の よ 、 つ で す ね 。 日 本 人 は こ ん な こ と を 一 一 一 口 っ て ま す し 、 中 国 で は こ 、 つ い 、 つ 表 現 を し て い る と い 、 つ こ と が 、 ま こ と に 面 白 い で す ね 。 要 す る に 、 笑 、 つ こ と は 体 に い い と い う こ と を 経 験 上 知 っ て い る 。

新落語的学問のすすめ


一 生 懸 命 み な さ ん が 、 疑 問 点 を 考 え て く れ て い る と 思 い ま す 。 そ の 途 中 で す が 、 書 け た 人 は 書 け た 人 で い い で す し 、 今 日 の 一 限 目 が 終 わ り ま す 時 に 、 回 収 い た し ま す か ら 、 ど う ぞ 、 ま あ ま あ 、 時 間 か け て も し か た が な い の で 、 そ の 程 度 で い い か な あ と 思 い ま す 。 そ れ は 今 後 の 講 義 の 参 考 に 私 が さ せ て い た だ く と 、 こ う い う と こ ろ で す 。 そ れ は ま た あ と で 回 収 し ま す か ら 、 書 け た ら 手 元 に お い と い て い た だ い た ら よ ろ し い か な と い う と こ ろ で す 。 だ い た い も う 書 け た で し よ 。 そ ん な 難 し い 設 問 じ ゃ な い で す か ら 。 設 問 と い う よ り 、 疑 問 点 を 集 め て く だ さ い と い う 程 度 の も の で す 。 「 笑 い 」 と か 「 落 語 」 と か 「 関 西 」 と か 「 吉 本 」 と か 「 慶 応 」 と か に つ い て 、 不 思 議 だ な あ こ の 五 つ の 項 目 、 そ れ ぞ れ に つ い て 書 い て も ら い た い 。 も う 書 き 始 め て ま す ね 、 じ ゃ あ 、 十 分 も あ れ ば 書 け る と 思 い ま す ん で 、 い ま か ら み な さ ん に 十 分 差 し 上 げ ま す か ら 、 そ の 項 目 に つ い て 書 い て く だ さ い で は 、 始 め 。 で き れ ば 、 全 部 に つ い て 書 い て い た だ け れ ば 、 評 価 し や す い ん で 、 お 願 い し た い と 思 い ま す 。 頭 の 中 に 一 番 最 初 に 思 う も の を 書 く の が 、 一 番 い い と 思 い ま す 。