検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集から 465件ヒットしました。

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


馬 も 旅 寝 か 巻 ナ ー い と な 道 に 死 ぬ る 馬 は 、 、 、 ま ら む 旅 な ら ナ 生 き 物 の こ ふ る こ ・ り 一 ゆ き っ き て ・ こ ン ( り ・ ) す き は ( 「 海 や ま 0 あ ひ す 」 道 ゆ き っ か ま ど の よ る

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


わ い 、 わ い 、 わ っ し よ い 。 ワ 、 キ 、 ウ 、 エ 、 ヲ 。 8 う ゑ き や る ど が 植 木 屋 、 井 戸 換 へ 、 お 祭 だ 。 か ら た ち の 花 か ら た ち の 花 が 咲 い た よ 。 白 い 、 白 い 、 花 が 咲 い た よ 。 か ら た ち の と げ は い た い よ 。 青 い 、 青 い 、 針 の と げ だ よ 。 は た か ぎ ね か ら た ち は 畑 の 垣 根 よ 。 い つ も 、 い つ も 、 と ほ る 道 だ よ 。 か ら た ち も 秋 は み の る よ 。 ま ろ い 、 ま ろ い 、 金 の た ま だ よ 。 か ら た ち の そ ば で 泣 い た よ 。 み ん な 、 み ん な 、 や さ し か っ た よ 。 か ら た ち の 花 が 咲 い た よ 。 白 い 、 白 い 、 花 が 咲 い た よ 。 き ん か へ ろ か へ ろ と か へ ろ か へ ろ と な に 見 て か へ る 。 寺 の 築 地 の 影 を 見 い 見 い か へ る 。 「 か へ ろ が 鳴 く か ら か あ へ ろ 。 」 か へ ろ か へ ろ と だ れ だ れ か へ る 。 お 手 手 ひ き ひ き ぼ つ つ り ぼ つ つ り か へ る 。 「 か へ ろ が 鳴 く か ら か あ へ ろ 。 」 か へ ろ か へ ろ と な に 為 て か へ る 。 ね ぎ こ ば う ず 葱 の 小 坊 主 た た き た た き か へ る 。 「 か へ ろ が 鳴 く か ら か あ へ ろ 。 」 か へ ろ か へ ろ と つ い ぢ

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


145 童 謡 大 雪 、 小 雪 、 雪 の ふ る 窓 に 、 誰 か 、 ひ と り 、 い き ぎ も も ら 「 生 胆 貰 お う 。 」 「 そ の 子 を 貰 お う 。 」 ち ん ち ん 千 鳥 ち ん ち ん 千 鳥 の 啼 く 夜 さ は 、 啼 く 夜 さ は 、 カ ら す 硝 子 戸 し め て も ま だ 寒 い 、 ま だ 寒 い 。 ち ん ち ん 千 鳥 の 啼 く 声 は 、 啼 く 声 は 、 あ か り 燈 を 消 し て も ま だ 消 え ぬ 、 ま だ 消 え ぬ 。 ち ん ち ん 千 鳥 は 親 な い か 、 親 な い か 、 夜 風 に 吹 か れ て 川 の 上 、 川 の 上 。 ち ん ち ん 千 鳥 よ 、 お 寝 ら ぬ か 、 お 寝 ら ぬ か 、 み や う じ ゃ う 夜 明 の 明 星 が 早 や 白 む 、 早 や 白 む 。 こ や ま こ ん こ ん 小 山 の こ ん こ ん 小 山 の お 月 さ ま 、 ふ つ か つ い た ち 一 一 日 は ま だ 小 さ い 。 仔 馬 の 耳 よ り ま だ 小 さ い こ ん こ ん 仔 馬 も 馬 柵 の 中 、 ひ と と 一 飛 び 、 一 一 飛 び 、 ま だ 小 さ い 。 と な り の 兎 よ り ま だ 小 さ い こ ん こ ん 小 の 青 葡 萄 、 ひ と 一 つ ぶ 、 二 つ ぶ 、 ま だ 小 さ い 。 こ う ま め め 仔 馬 の 眼 々 よ り ま だ 小 さ い 。 ふ た と ふ た し ら う ち

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


な ご や か に 光 黄 ば み て に れ ら く え ふ う つ ら ち る 楡 の 落 葉 、 そ こ 、 か し こ 。 ー ー ・ 暮 の 日 あ か あ か と 海 に 沈 め ば 、 て う ら く 鯛 落 の 市 に 鐘 鳴 り 、 絡 繹 と 寺 門 を い づ る ら う に や く 老 若 の 力 な き 顔 、 あ る は み な 青 き 旗 垂 れ は ひ だ も や 灰 濁 め る 水 路 の 靄 に じ ゃ く ま く か か * ち よ き ぶ ね 寂 寞 と 繋 る 猪 木 舟 、 か ざ り 店 々 の 装 飾 ま ば ら に 、 い し だ た み 甃 石 ち ら ほ ら 軋 る か ら 空 ぐ る ま 、 寒 き 石 橋 。 か し ら 鈍 き 眼 に 頭 も た げ て あ め う し 黄 牛 よ 、 汝 は な に お も ふ 。 晩 秋 神 無 、 ア の 日 、 宗 や 病 ま し げ に 落 日 黄 ば み て 邪 晩 秋 の 轣 滕 光 り 百 舌 啼 か ず 、 木 の 葉 沈 ま ず 、 空 高 き 柿 の 上 枝 を か き ほ づ え い り ひ こ み か へ り ぬ 、 ふ た た び 、 み た び 、 を さ な あ ゆ み 暮 れ て ゆ く 幼 の 歩 な に 惜 み 、 さ し も た ゆ た ふ 。 さ ふ ら ん あ は れ 、 ま た 、 野 辺 の 番 紅 花 は や あ か き に ほ ひ に 満 つ を 。 実 は ひ と っ 赤 く 落 ち た り 。 せ つ な ひ と だ ま 刹 那 、 野 を 北 へ 人 霊 、 う ち ぬ 、 遠 く 死 の 歌 。 君 死 に き 、 か か る タ に 。 あ か き 木 の 実 暗 き こ こ ろ の あ さ あ け に 、 こ あ か き 木 の 実 ぞ ほ の 見 ゆ る 。 し か は あ れ ど も 、 昼 は ま た 君 と い ふ 日 に わ す れ し か 。 暗 き こ こ ろ の ゆ ふ ぐ れ に 、 あ か き 木 の 実 ぞ ほ の 見 ゆ る 。 か へ り み み こ

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


け し 罌 栗 よ 、 罌 粟 よ 、 や は ら か に 燃 え も い で ね : ・ 五 十 い か に せ む ・ : や は ら か に 眼 も 燃 え て 、 あ あ 君 は く ち び る 唇 を さ し あ て た ま ふ 。 五 十 五 明 日 こ そ は も め ず 、 う ち い で て 、 あ ま り り す 眩 ゆ き 園 を 、 明 日 こ そ は 手 と り 行 か ま し 。 五 十 九 出 ひ 薄 青 き 歯 科 医 の に 夕 日 さ し 、 思 が ら す ほ の か に も 硝 子 は 光 る 。 あ は れ 、 女 、 そ の 戸 い で て い づ ち に か ゆ く け し し く わ い 黄 な る 陽 に 汝 を 見 れ ば わ れ も ま た ほ の 淡 き 歯 痛 を お ぼ ゅ 。 過 ぎ し 日 さ ふ ら ん 泊 芙 藍 ひ び 罅 入 り し 珈 琲 碗 に さ ふ ら ん 泊 芙 藍 の く さ を 植 ゑ た り 。 そ の 花 ひ と つ ひ ら け ば 、 あ は れ や 、 呼 吸 の を の の く 。 ぎ の ふ 昨 日 を 憎 む こ こ ろ の 陰 影 に も 、 時 に 顫 へ て ほ の か に さ く や 、 さ ふ ら ん 。 函 過 ぎ し 日 は 鍼 医 の 手 函 、 び ろ う ど 天 鵞 絨 の 紫 の 函 、 柔 か に 手 を 触 れ て 、 珍 ら し く 、 パ ッ チ リ と ひ ら い た 函 、 舶 来 の 函 。 は こ カ ウ ヒ わ ん て ば こ ふ る

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


210 郊 外 は ち ら り ほ ら り と 人 行 き て わ が 息 づ き は 和 む と す ら ん 8 柿 乃 村 人 へ 黄 涙 余 録 の 三 を ち す す を ま ん じ ゅ し や げ こ の 夜 ご ろ 眠 ら れ な く に 心 す ら 細 ら ん と し て 告 げ や ら ま し 秋 の か ぜ 吹 き て ゐ た れ ば 遠 か た の 薄 の な か に 曼 珠 沙 華 赤 し を ふ た 本 の 松 立 て り け り 下 か げ に 曼 珠 沙 華 赤 し 秋 か ぜ が 吹 き た の ま れ し 狂 者 は つ ひ に 自 殺 せ り わ れ 現 な く 走 り け る か も た う が ら し か ら す い ち め ん の 唐 辛 子 畑 に 秋 の か ・ せ 天 よ り 吹 き て 鴉 お り た っ 世 の 色 相 の か た は ら に ゐ て 狂 者 も り 黄 な る 涙 は 湧 き い で に け り い ち め ん に 唐 辛 子 あ か き 畑 み ち に 立 て る 童 の ま な こ 小 さ し う っ し み 寒 そ ら に 星 ゐ た り け り う ら が な し わ が 狂 院 を こ こ に 立 ち 見 曼 珠 沙 華 咲 け る と こ ろ ゅ 相 む れ て 現 身 に 似 ぬ 囚 人 は 出 づ っ 草 の 実 は こ ・ ほ れ ん と し て 居 た り け り わ が 足 元 の 日 の 光 か も * じ ゃ し ゅ う ら い か の 岡 に 瘋 癲 院 の た ち た る は 邪 宗 来 よ り 悲 し か る ら む 者 土 は こ ぶ 囚 人 の 眼 の 光 る こ ろ 茜 さ す 日 は 傾 き に け り ひ な た ひ け そ み や こ に も 冬 さ り に け り 茜 さ す 日 向 の な か に 髭 剃 り て 居 る い ち に ん ト ロ ッ コ を 押 す 一 人 の 囚 人 は く ち び る 赤 し 我 を ば 見 た り な な げ を ん ご く か み そ り 遠 国 へ 行 か ば 剃 刀 の ひ か り さ へ 馴 れ て 親 し と い へ ば 歎 か ゆ ( 十 一 月 作 ) 片 方 に 松 二 も と は 立 て り し が 囚 は れ 人 は 其 処 を 通 り ぬ も ろ て 9 郊 外 の 半 日 女 の わ ら は 入 日 の な か に 両 手 も て 籠 に 盛 る 茄 子 の か 黒 き ひ 今 し が た 赤 く な り て 女 中 を り し が 郊 外 に 来 て 寒 け を お ・ ほ ゅ あ め っ た 天 伝 ふ 日 は 傾 き て か く ろ へ ば 栗 煮 る 家 に わ れ い そ ぐ な り を か ふ う て ん ゐ ん * か き の む ら び と あ か ね う つ つ わ か た は う と ら あ め あ か ね び と そ こ わ ら べ

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


に く す う 、 ん こ の ゆ ふ べ 嫁 が か ひ が ひ し く わ が た め に 肉 の 数 片 を 煮 こ み こ の 真 ひ る 春 の 彼 岸 の 木 原 に て ひ た ぶ る に 雪 の 消 ゆ る 音 せ く れ た り 妻 と 二 人 何 か 話 し て ゐ る ら し き 茂 太 の け は ひ 時 を り お も ふ 春 山 に た だ に 光 の さ す な べ に け む り を あ げ て 雪 解 け む と す は だ れ な ち ち た い ぎ ほ し い ま ま と い ふ に は あ ら ず 汝 が 父 も 大 儀 の と き は お の づ い き ほ ふ と 木 々 を か た む け 降 り つ み し 春 の 斑 雪 は た ち ま ち 消 た り か ら 寝 む か び も ち ひ 折 に 触 れ つ つ 黴 ふ け る 餅 の の こ り 食 ひ つ つ ぞ 勇 み て 居 ら む 汝 が 父 わ れ は こ ん に や く 家 の 猫 が 菎 蒻 ぬ す み 食 ひ し こ と 奇 蹟 の ご と く い ふ 声 の す る お し な べ て 土 か わ け ど も 枇 杷 の 木 に 白 き つ ぼ み の 見 え そ む ひ と ひ る こ ろ け ふ 一 日 心 や す ら に な り に け り 「 疎 開 」 の こ と も は や 諦 ら め て ひ と お と 中 庭 に 木 の 葉 ち り し き 人 音 も せ ぬ こ ろ ほ ひ は 時 雨 ふ る な り ほ こ り か け も の た う 掛 物 の た ぐ ひ 幾 つ か も て あ ま し 塵 埃 の ま ま に 二 た び し ま ふ 蕗 の 薹 よ い ぎ ふ 朝 は や き 土 間 の う へ に は 青 々 と 配 給 の 蕗 の 薹 十 ば か り あ り 親 し み し 書 籍 と 雑 誌 わ れ を め ぐ れ ば こ の ま ま に し て 心 お ち ゐ む た う な す わ こ 南 瓜 を 猫 の 食 ふ こ そ あ は れ な れ 大 き た た か ひ こ こ に 及 び つ し だ う づ 南 か ぜ 一 日 ふ き し き 庭 隈 に い で た る 羊 歯 の 渦 の を さ な 葉 み ち み こ ら へ る と い ふ は 消 極 の こ と な ら ず 充 満 た む 積 極 を 要 約 と う な ぎ ほ と け わ れ く こ れ ま で に 吾 に 食 は れ し 鰻 ら は 仏 と な り て か が よ ふ ら む か す る げ み の 雪 解 く だ も の を 実 ら し め む と あ た た か き 伊 豆 を 恋 ひ つ つ 行 き し な か に は ふ た り ふ き ゆ き し げ た な し ぐ れ せ ぎ ぎ よ く ひ と ひ ひ が ん を は ら に は く ま き せ き あ き

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


り に く る 人 も い ま す 」 日 も し ら ず 、 と こ ろ も し ら ず 。 美 く し う 稚 児 め く ひ と と 匐 ひ 寄 り て 、 桃 か 、 IKURI か 朱 の 盆 に 盛 り つ と ま で を 。 余 は 知 ら ず 、 ま た 名 も し ら ず 。 夢 な り や さ あ れ 、 お ほ ろ に 朱 の 盆 に 盛 り つ と ま で を 、 わ が 見 し は 紅 き 実 な り き 。 「 思 ひ 出 』 は 異 国 抒 情 、 南 蛮 情 緒 と い う も の を た つ ぶ り と 含 ん だ 詩 集 で あ る 。 幼 年 か ら の 数 々 の 追 憶 、 ま た こ の 水 郷 を 晩 年 ま で 愛 し た 白 秋 の 魂 の 記 録 と い っ て よ 帰 途 、 私 は ま た 運 河 ぞ い の 道 を 選 ん で 車 を 走 ら せ た 。 「 私 の 子 供 の こ ろ は 、 水 も き れ い で 、 川 の よ う に 流 れ て い ま し た よ 。 堀 で 顔 を 洗 い ま し た か ら ね 」 さ わ ら 四 月 中 旬 、 別 の 機 会 が あ っ て 小 笠 原 の 父 島 に 行 っ た 。 こ こ は 大 正 三 年 三 月 か ら 七 月 ま で 白 秋 が 滞 在 し た 島 で あ る 。 藪 田 義 雄 氏 に よ る と 、 白 秋 は 最 初 の 妻 俊 子 と 、 藤 岡 伊 和 、 加 代 の 姉 妹 を つ れ て 小 笠 原 に 渡 っ た の で あ る 。 白 秋 を 除 く 彼 ら は 胸 を 病 ん で お り 、 そ の 療 養 も か ね た 渡 島 で あ っ た 。 と こ ろ が 、 南 方 へ の 憧 れ と 期 待 を 抱 い て 出 か け て い っ た 彼 ら を 待 っ て い た も の は 、 お よ そ 何 も な い 五 十 戸 ほ ど の 小 さ な 村 と 、 肺 病 を 極 度 に 怖 さ い ぎ し ん れ る 島 民 た ち の 猜 疑 心 と で あ っ た 。 彼 ら は 島 で 血 し た 。 四 月 と 六 月 に 姉 妹 と 妻 と を 返 し 、 白 秋 一 人 島 に 残 る こ と に な る 。 島 で 饑 ゑ り や 、 つ れ な い も の よ 。 腐 れ バ ナ ナ の 「 い っ 頃 か ら 、 こ ん な ふ う に 淀 ん で き た の 」 「 と に か く 戦 争 の あ と か な り 経 っ て か ら で す よ 」 運 河 は 濁 っ て し ま っ た が 、 わ ず か に 昔 の お も か げ を ¯¯ に は 異 国 情 緒 と て す で に な い 。 し の ば せ る 。 し か し 籾 月 そ れ に 比 べ る と 、 白 秋 の 多 く の 作 品 は 、 永 久 に こ の 特 色 あ る 水 郷 の 町 を 刻 み こ ん で い る と い っ て よ い だ ろ 、 つ か っ あ こ

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


山 鳩 の こ ゑ き こ ゅ 、 角 を 吹 け 。 ば れ い し ょ は た い ざ さ ら ば 馬 鈴 薯 の 畑 を 越 え を か 瓜 哇 び と が 園 に 入 り 、 か の 岡 に 鐘 や み て 既 の 火 の 消 ゆ る ま で い ち じ ゅ く ち 無 花 果 の 乳 を す す り 、 ほ の ぼ の と く び 歌 は ま し 、 汝 が 頸 の 角 を 吹 け 。 わ が 佳 耜 よ 、 鐘 き こ ゅ 、 野 に 下 り て ぶ だ う じ ゅ っ ゅ し た む ら 葡 萄 樹 の 汁 滴 る 邑 を 過 ぎ 、 い ざ さ ら ば 、 パ ア テ ル の 黒 き 袈 裟 っ と め は や 朝 の 看 経 は て 、 し づ し づ と し ゅ ろ 見 え が く れ 棕 櫚 の 葉 に 消 ゆ る ま で 、 無 花 果 の 乳 を す す り 、 ほ の ぼ の と 歌 は ま し 、 い ざ と も に 角 を 吹 け 、 わ が 佳 耜 よ ) 起 き 来 れ 、 野 に い で て 歌 は ま し 、 水 牛 の 角 を 吹 け 。 ら ふ ほ の か な る 蝋 の 火 に い で や 子 ら 、 日 は 高 し 、 風 た ち て し ゅ ろ 棕 櫚 の 葉 の う ち 戦 ぎ 冷 ゆ る ま で 、 ほ の か な る 蝋 の 火 に を そ ろ へ 鵠 の ご と 歌 は ま し 、 汝 が 母 も 。 好 き 日 な り 、 媼 た ち 、 さ ら ば ま づ や ま ば と お う な さ ん び か 疇 ら ま し 讃 美 歌 の 十 五 番 、 ォ ル ガ ン い ざ さ ら ば 風 琴 を 子 ら は 弾 け 、 を ぢ あ は れ 、 ま た わ が 爺 よ 、 な に す と か 、 老 眼 こ こ に こ そ 、 座 は あ き ぬ 、 い の い ざ と も に 疇 ら ま し 、 ひ と び と よ 、 さ ん た ・ ま り や 。 さ ん た ・ ま り や 。 さ ん た ・ ま り や 。 を ろ が か う ろ 拝 め ば 香 炉 の 火 身 に 燃 え て ~ 0 の ご と わ が 霊 の う ち ふ る ふ 。 あ な か し こ 、 鴿 の 子 ら 羽 を あ げ て み づ し 御 龕 な る 鑞 の 火 を あ ら た め よ 。 黒 船 の 笛 き こ ゅ 、 い ざ さ ら ば ほ ど も な く パ ア テ ル は 見 え ま さ む 、 そ く さ ら に ま た 他 の 燭 を た て ま つ れ 。 あ な ゆ か し 、 ロ レ ン ゾ か 、 鐘 鳴 ら し あ ん そ く ま め や か に 安 息 の 日 を 褪 ぐ は 、 あ な 楽 し 、 真 白 な る 羽 を そ ろ へ 鴿 の ご と 歌 は ま し 、 わ が 子 ら よ 。 あ は れ な ほ 日 は 高 し 、 風 た ち て 棕 櫚 の 葉 の う ち 戦 ぎ 冷 ゆ る ま で 、 ほ の か な る 蠑 の 火 に 羽 を そ ろ へ 鴿 の ご と 歌 は ま し 、 は ら か ら よ 。 そ よ

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


か は た 高 機 に を さ 梭 投 げ ぬ 。 き り は た り 。 そ の 胸 に 梭 投 げ ぬ 。 き り は た り 。 高 機 に 、 そ の 胸 に 、 き り は た り 。 歌 ひ 時 計 け ふ も け ふ と て 気 ま ぐ れ な 、 昼 の 日 な か に わ が 涙 。 か け て 忘 れ た そ の こ ろ に ぎ ん 銀 の 時 計 も 目 を さ ま す 。 朝 の 水 面 朝 の 水 面 の 燻 銀 み の も い ぶ し ぎ ん 泣 け ば ち ら ち ら 日 が 光 る 。 わ し が こ こ ろ の 燻 銀 、 け ふ も さ み し く 、 ち ら ち ら と 。 亠 冂 い ソ フ ト に 青 い ソ フ ト に ふ る 雪 は 過 ぎ し そ の 手 か 、 さ さ や ぎ か 、 は つ か 酒 か 、 薄 荷 か 、 い つ の ま に 消 ゆ る 涙 か 、 な っ か し ゃ 。 意 気 な ホ テ ル の け む だ し 意 気 な ホ テ ル の 煙 突 に け ふ も 粉 雪 の ち り か か り 、 青 い 灯 が 点 き や 、 わ が こ こ ろ 何 時 も ち ら ち ら 泣 き い だ す 。 時 は 逝 く 時 は 逝 く 、 赤 き 蒸 汽 の 船 腹 の 過 ぎ ゅ く ご と く 、 ゅ ふ な ば ら