検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集から 470件ヒットしました。

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


い ン 港 の 西 、 山 上 か ら ロ 之 津 の 港 が 見 え る 。 天 草 は ま し か 、 う っ す ら と 島 々 が 、 そ し て 広 い 果 て し な い 海 が い つ も こ こ か ら 見 え る の だ

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


晩 飯 食 う と ら ん に 、 こ げ な 船 底 の 臭 い と こ ば 入 れ ら れ て 、 え 、 そ げ ん な 人 ・ ハ ン 持 っ て 来 よ る と で す か 」 皆 げ え げ え 吐 い と る ば い 。 と 」 、 こ 。 握 り 飯 な 貰 わ ん な な ら ん 思 う と 、 お い な 出 か け 来 ま し た ・ よ 、 。 。 し こ い か ら 一 一 週 間 も か か る 「 そ ら 、 い ろ い ろ 、 事 情 な あ り よ る : : : ま ず 見 と っ た ら よ か い ろ か と う ど い う 長 か 海 路 に 、 飯 食 わ さ ん よ う な こ と ば し な は っ た ら 、 か 。 船 長 と 事 務 長 な こ っ ち の 肩 人 じ ゃ っ た ら 、 船 の 中 な ま か ら だ ホ ン コ ン こ わ よ う 半 分 も ま っ と う に 肉 づ い た 身 体 で 香 港 ば っ か ん こ と な ず 怖 か も ん な か と 、 思 い よ り よ っ た が 、 思 い が け ん ス パ イ き ま っ と り ま す ー な こ ん 船 さ 乗 り こ ん ど り よ っ た : : 弱 っ た ど 、 こ ん に は み つ よ は 虎 松 の 一 ば い や っ た ら し く 、 赤 く 光 っ て い る 四 角 ば っ た 顔 を 見 な が ら お そ れ る 様 子 も な く ず け ず け 言 っ て 虎 松 は 渋 い 顔 を つ く っ て み つ よ を 見 た 。 の け た 。 事 務 長 か ら き い た 話 に よ る と 、 シ ン ガ ポ ー ル へ 帰 る 麻 布 わ か 「 解 っ た る 、 解 っ た る : : : そ う 思 う て 、 お い が い ん ま 、 食 の ・ フ ロ ー カ ー だ と い う こ と で こ の 船 に 便 乗 し て 来 た 英 国 人 糧 な 抱 え て 来 た る : : : 何 せ こ ん の ご っ た ご っ た じ ゃ 、 握 り が い る 。 そ う い う 便 船 は よ く 頼 ま れ る の で 快 く 乗 せ た の だ 飯 よ う の も ん 、 手 な 届 か ん 、 あ と で 、 イ ギ リ ス 人 の 務 長 が 、 乗 り 組 ん で か ら 気 を つ け て 見 る と 彼 は 商 人 に は 違 い な か つ お ぶ し な パ ン 持 っ て 来 る い う と る け ん 、 そ い ま で 、 こ ん 鰹 節 と 板 い が 、 英 国 官 憲 の 内 命 を 受 け て 、 日 本 や 朝 鮮 、 満 洲 な ど の こ ん ぶ 、 一 ち ょ う 齧 っ て 我 慢 し て 貰 お ば い 」 民 間 情 報 を 集 め る の を 主 と し て 旅 行 し て 来 た こ と が 、 持 っ 虎 松 は 言 い な が ら 、 片 手 に 抱 え た 渋 紙 包 み を み つ よ の 手 て い る 書 類 な ど か ら 解 っ た 。 長 崎 か ら 商 船 に 乗 ら ず 、 わ ざ さ ら い っ し よ う び ん 0 ろ に 押 し つ け る よ う に 渡 し た 。 虎 松 は 更 に 一 升 瓶 出 し て 、 と ロ 之 津 で 石 炭 船 に 便 乗 し て 来 た の も 、 こ の 頃 、 密 航 婦 の 「 こ い は 水 じ ゃ 。 知 っ た る ご と 船 中 な 水 ば 一 滴 た い と 粗 末 多 い こ と を 日 英 両 国 の 官 憲 が 注 意 し て い る の で 、 こ の ジ ョ に す る こ と な ら ん 。 皆 に よ う 言 う て 、 奪 い 合 い せ ん よ う ち 1 ジ ・ エ グ モ ン ド と い う 青 年 に 帰 り 路 に 実 情 を 調 査 さ せ る く と ず つ 飲 め 命 じ と い て く れ え 」 こ と を 命 じ た ら し い と い う の で あ る 。 と 言 っ た 。 同 じ イ ギ リ ス 人 と い っ て も ア イ ル ラ ン ド 生 れ の 海 男 で あ ぜ ひ 「 是 非 も な か た い : : : 鰹 節 ご と も ん 齧 る : ・ : ・ 猫 の ご と あ る 事 務 長 は 、 = グ モ ン ド に 対 し て 他 国 人 の よ う な 気 の 知 れ な い 恐 怖 を も っ て い た 。 彼 は 虎 松 に 、 み つ よ は 苦 笑 し た あ と で 、 「 エ グ モ ン ド を 香 港 ま で 乗 せ て 行 っ て 、 こ の ま ま 船 か ら 降 「 事 務 長 言 う た ら 、 船 長 に つ ぐ 、 偉 か 人 じ や ろ が : : : 何 で ろ せ ば 、 必 ず 密 航 婦 に つ い て 、 税 関 や 警 察 に 報 告 さ れ る 。 か じ ・ も ら

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


な さ い ね 。 何 だ か 知 ら ん 顔 で 宿 や に ゆ く 気 が し な か っ た も た 。 長 女 は そ の 商 い を し な が ら 、 彼 女 と 母 の 話 も 耳 に 入 れ ん だ か ら 。 だ け ど 、 お 宅 で 迷 惑 な さ る か も し れ な い 、 と お て い る 。 そ れ は し か も 、 彼 女 へ の 好 意 を ふ く め て 、 成 り ゆ も っ て 、 そ れ だ っ た ら 、 す ぐ 帰 り ま す 。 知 っ て る で し ょ き を 気 づ か っ て い る ら し い の が 、 土 間 を ゆ き 来 す る 身 ぶ り ご ろ う 、 こ の 頃 の こ と 」 の 中 に わ か る 。 「 そ う 。 私 ら 何 だ か よ く わ か ら な い け ど 、 ま あ ど う い う こ 「 い い か し ら ね え 、 あ な た 方 が 何 か 言 わ れ た り し て は い け と か と お も っ て い た で す よ 」 な い と お も っ て 、 私 も そ れ を 心 配 す る ん で す け ど 。 帰 り ま 妻 君 は 視 線 を 落 し て 、 茶 を い れ な が ら 、 し よ う か 。 何 だ か 、 こ こ へ 来 て 、 寄 ら な い と い う の が 気 が ち ょ う ど 「 そ う ね え 、 丁 度 今 日 は 父 ち ゃ ん が 、 仕 入 れ の こ と で 出 か す ま な か っ た ん だ け ど 」 け て 、 明 日 の 朝 で な き や 帰 ら な い ん で す よ 。 だ け ど 、 あ な 言 い な が ら 彼 女 は 、 自 分 た ち が 何 か 古 く さ い 人 情 劇 の 会 せ つ か く た 、 折 角 い ら っ し た の に 」 話 を で も し て い る よ う な 気 が す る 。 彼 女 も 妻 君 も 、 自 分 た と ま ど 胸 の 中 の 戸 迷 い が 浮 ん で 、 い っ か 妻 君 の 表 情 が い つ も の ち が そ ん な ふ く み の あ る 会 話 を し て い な が ら 、 そ の 原 因 と 太 い 線 の ま ま 、 固 く な っ て い る 。 そ れ は 彼 女 に 対 し て と い な っ て い る 事 柄 そ の も の に つ い て は ど ち ら も は っ き り 言 葉 け ね ん う よ り は 、 党 に 対 し て の 懸 念 を 示 し て い た 。 そ れ を 感 じ て と し て は 言 っ て い な い 。 妻 君 の 表 情 に 内 心 の 闘 い は 見 え て 彼 女 は 、 自 然 な こ と だ と お も っ た 。 も 、 彼 女 へ の 憎 悪 の 見 え な い こ と が 、 人 情 劇 の 古 さ と な る 「 そ う ね え 、 私 が 泊 め て も ら っ た り し て は 、 い け な い で し も の か も し れ な い し 、 彼 女 自 身 の こ の 家 に 対 す る 気 持 の 寄 も ち ろ ん せ 方 は 勿 論 、 甘 っ た れ た も の で あ っ た 。 よ う ね え 。 そ れ は 知 っ て い た の で す け ど ね え 」 せ つ か く い え 、 そ り や ア ね え 、 あ な た 。 私 ら 、 あ な た に ど う つ 「 折 角 来 て 下 す っ て 、 あ な た の 、 そ ん な 気 持 は う れ し い の て い う こ と な い け ど ウ 。 地 区 の 若 い 人 が 、 う ち に 泊 っ て い に ね え 、 ほ ん と に 何 だ か む ず か し く て 私 ら わ か ら ん 。 だ け 憶 る で し よ う 。 そ の 人 が 何 て い う か し れ な い け ど 。 ま あ 、 そ ど 、 ま あ 、 と に か く 、 い な す っ た ら ア 。 よ っ 。 ほ ど 何 か だ っ 記 の 人 が 何 て い う か 、 そ れ ま で と に か く い ま す か 。 よ く 来 て て ら 、 宿 や は 近 い し イ 」 下 さ っ て 工 、 私 、 帰 っ て も ら う わ け に も ゆ か な い 気 が す る 「 い い で す か 。 宿 や ヘ ゆ く の も 何 だ か 冊 で 」 夜 し ね え 」 「 こ こ に 私 の う ち が あ る の に 、 宿 や に ゆ く て も な い わ け だ そ ん な 話 の 間 に 、 近 所 の お ば さ ん が 明 朝 の 味 噌 を 買 い に も の ね え 。 あ な た 、 御 飯 は ? 」 4 ひ と 来 た り 、 独 り ぐ ら し の 青 年 が 、 つ く だ 煮 を 買 い に 来 た り し 「 お 弁 当 を 食 べ ま し た か ら 」

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


け ま し た 。 ・ : 明 日 は ち ょ う ど 日 曜 日 だ か ら 雪 の 中 を 学 校 へ 行 か な 「 ま あ 、 坊 っ ち ゃ ん 、 そ ん な 風 に お 母 さ ま に く つ つ い て い い で も す む : : : 向 う 側 で ゆ っ く り 寝 る ん で す よ 」 ら し っ ち ゃ あ : ・ : ・ お 母 さ ま は 苦 し く な る ば か り じ ゃ あ り ま と 僕 の 方 に 向 っ て 言 い ま し た 。 せ ん か 。 い く ら 小 さ い っ た っ て : : : 役 に 立 た な い : こ の 辺 り の 習 慣 で 部 屋 の 中 ほ ど に 切 り 炬 燵 が 掘 っ て あ っ か ら だ た け が 入 っ て 来 る な り そ う 言 っ て 、 僕 を 母 の 身 体 か ら も て 、 床 は そ の 敷 居 に 寄 せ て 三 方 に 敷 き ひ ろ げ る の で し た 。 ぎ 放 し ま し た 。 僕 は た け の 来 た の に ほ っ と し た の と 一 緒 に 僕 の 床 は 母 と 反 対 の 側 に 持 っ て 行 か れ 、 僕 は そ こ に 入 っ て に お や わ ら え ん り よ え し や く 軟 か い い い 匂 い の す る 母 の 身 体 か ら 遠 慮 会 釈 も な く も ぎ 放 横 に な り ま し た が 、 英 之 助 の 手 が 母 の 背 中 を 抑 え て い る の が ん じ よ う さ れ た こ と に 、 自 尊 心 を 傷 つ け ら れ 、 同 時 に わ け の 解 ら な を 思 う と 、 何 と な く 母 を あ の 岩 丈 な 中 学 生 の 英 之 助 に 奪 わ は ず か い 辱 し さ で 赤 ら ん で い ま し た 。 れ た よ う な 口 惜 し さ か ら 解 放 さ れ る こ と が 出 来 ま せ ん で し あ と ム ん が い そ の 後 、 一 層 僕 を 憤 慨 さ せ た こ と は 、 た け が 連 れ て 来 た た 。 そ ば 神 保 の 次 男 坊 の 中 学 生 の 英 之 助 が 、 僕 の 代 り に 母 の 傍 に 坐 そ れ で も 子 供 の こ と で い つ の 間 に か 、 ぐ っ す り 寝 入 っ て り こ ん で 、 が っ し り し た 肩 を カ 一 ば い 張 ら せ て 、 母 の 背 中 し ま っ て 、 眼 の 覚 め た 時 は 障 子 の 紙 が 雪 晴 れ の 朝 の 光 に 珍 お さ を 踏 み 折 り そ う に 強 く 抑 え つ け た こ と で す 。 し い ほ ど 真 白 く 見 え て い ま し た 。 「 あ あ 、 い い 気 持 ち : : : そ ん な に 強 く 抑 え て 貰 う と 、 い く 母 は ど う し た か と ま ず 思 い ま し た 。 同 時 に 、 母 に よ り 添 ら か 楽 に な る わ ー っ て 背 中 を カ 一 ば い 抑 え て い た 英 之 助 の 眼 の 細 い 、 い く ら う か 母 は そ の 強 い 力 に 押 し つ け ら れ な が ら 、 前 よ り 少 し 勢 の か 受 け ロ の 頬 に 赤 み の さ し た 顔 が 憎 ら し く 眼 に 泛 ん で 来 ま あ る 声 で 言 い ま し た 。 し た 。 「 そ う で す か : : : 奥 さ ん 、 も う ち っ と の こ と で す : : : 英 之 「 あ い つ 、 ま だ い る の か し ら : ・ ・ : 」 に ゆ う わ 助 に 抑 え て 貰 っ て い る 中 に 夜 が 明 け ま す か ら ね : : : 明 る く と 思 っ て 頭 を 上 げ て み る と 、 母 の 床 の 掛 蒲 団 は 柔 和 に ふ さ え な れ ば 、 戸 田 先 生 の と こ ろ ま で 行 っ て 、 首 に 繩 つ け て く ら ん で 、 い つ も の 母 の や さ し い 寝 息 が 安 ら か に 洩 れ て い も ら ろ ん も 引 っ ぱ っ て 来 ま す よ 」 る ば か り 、 英 之 助 の 姿 は 勿 論 、 た け さ え そ こ に は い ま せ ん た け は そ う 言 っ て 、 母 の 肩 の あ た り へ 蒲 団 を か け な が で し た 。 ら 、 僕 は そ っ と 起 き 出 て 、 母 の 寝 て い る 側 ま で 行 き ま し た 。 ま く ら く す り び ん 「 坊 っ ち ゃ ん 、 も う お 母 さ ま は 大 丈 夫 だ か ら お や す み な さ 立 っ た ま ま 見 る と 、 枕 も と に は 見 慣 れ た 戸 田 医 院 の 薬 瓶 や ム と ん も ら な わ わ か あ た ほ お ご た っ

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


418 「 別 に 上 部 へ 報 告 す る 。 と い う よ う な も の で は あ り ま せ ん 寝 場 所 だ か ら 、 彼 女 を 無 視 し て 自 分 の 寝 床 を 作 る よ り ほ か わ 。 私 た ち は 自 分 の 仕 事 の 性 質 で 、 ど こ か ら で も 呼 ば れ る し よ う が な い 。 彼 の 手 早 く 寝 仕 度 を す る 物 音 を 、 彼 女 は う こ と が あ る し 、 そ れ は 、 呼 ば れ て ゆ け ば 私 の 立 場 な り に 話 し ろ に 聞 い て い た 。 そ し て ま も な く 彼 女 も 寝 入 っ た 。 朝 、 彼 女 は ひ っ そ り と 起 き 出 た 。 階 下 で は 妻 君 と 長 女 が を し ま す け れ ど 」 「 は あ 、 そ う で す か 」 も う 起 き て い た 。 ど う も よ く わ か ら な い 、 と い う 顔 で 、 ひ と り 考 え て い た 「 あ ら 、 御 飯 は よ か っ た の に 」 が 、 わ か ら な い 面 が 出 た だ け に 、 彼 の 把 握 し て い る も の と と 、 仕 度 の 出 来 て い る の に そ う 言 う と 、 ち が う も の に お も わ れ た ら し く 、 彼 は 言 い 出 し た 。 「 だ っ て あ な た 、 御 飯 ぐ ら い 、 食 べ て い っ て 下 さ い よ 」 し よ く ぜ ん 「 ま 、 と に か く で す ね 、 今 こ の 時 分 に な っ て 、 出 て 行 っ て そ の 食 膳 に は 玉 子 が つ い て い た 。 長 女 は と き ど き ひ か え え ん り よ も ら う わ け に も ゆ か ん で し よ う か ら 、 仕 方 が な い で す よ 。 め に 微 笑 し て 、 し か し 何 か 話 し か け る の は 遠 慮 す る と い う し か し 明 朝 は 、 早 く 帰 ら れ る で し よ う ね 」 よ う に 見 え た 。 長 女 も 、 党 内 問 題 を 知 っ て い る か ら だ 。 駅 へ は す ぐ だ か ら と 、 彼 女 が 辞 退 す る の を 押 し て 、 妻 君 「 ど う も あ り が と う 。 御 迷 惑 を か け て す み ま せ ん で し た 」 子 ど も た ち の そ ば に 横 に な っ て い る 妻 君 も 、 こ の 結 末 を が 駅 ま で つ い て 来 た 。 あ ら か じ め 知 っ て い た か も し れ な い 。 が 、 そ の 成 ゆ き に は 「 若 い 人 た ち は ね え 、 一 本 気 だ か ら 」 は し ご だ ん 耳 を 澄 ま し て い た に ち が い な い 。 梯 子 段 を 登 り な が ら 彼 女 と 、 彼 女 は 昨 夜 の こ と を 取 り な し て い た 。 は 、 自 然 な 成 ゆ き に 運 ん で く れ た 地 区 委 員 の 青 年 に 、 素 直 「 ま あ 、 あ の 人 は 、 あ あ 言 う 必 要 が あ っ た で し よ う 、 だ か か え な 好 意 を 感 じ て い た 。 壁 に 向 い て ふ と ん に 入 り な が ら 、 こ ら 私 、 何 で も あ り ま せ ん わ 。 却 っ て 気 の 毒 し た と お も う 」 れ は こ れ と し て 納 得 が で き る 、 と い う 気 が し た 。 し か し そ と 、 彼 女 は 答 え た 。 早 朝 の 駅 前 は 、 工 場 へ の 出 勤 者 な ど れ に し て も 、 自 分 た ち が 、 つ ま り 今 日 の こ と と し て 言 え が 急 い で い る ほ か 、 売 店 も よ う や く 今 店 を あ け 始 め て こ 0 ば 、 こ の 家 の 妻 君 も 、 地 区 委 員 の 青 年 も 、 そ し て 彼 女 も 、 こ ん な 微 妙 な 辛 い お も い を し な け れ ば な ら ぬ 、 と い う こ と 「 そ り や ま あ 、 あ の 人 は 責 任 が あ る で 工 、 し か た が な い ん は 、 ど う い う こ と だ ろ う 、 と 考 え た 。 何 か が ど っ か で ち が で し よ う 」 っ て い る 、 や は り そ う い う ふ う に し か 考 え ら れ な い 。 梯 子 「 お 父 さ ん の お 留 守 で 申 し わ け な か っ た け ど 、 よ ろ し く 言 段 を 上 っ て く る 足 音 。 地 区 委 員 の 青 年 は 、 こ の 部 屋 が 彼 の っ て 下 さ い 」 つ ら は あ く る す

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


こ の 私 の 受 け こ た え は 、 彼 女 に は 月 並 み に 感 じ ら れ た ら 「 あ な た 、 覚 え て い ら っ し や る 。 溝 ロ と い う 人 。 や は り 、 「 え え 、 で す け ど ね 」 お 宅 に う か が っ た こ と が あ る と お も う わ 」 「 覚 え て い る わ 」 と す ぐ 彼 女 は 言 い 返 し た 。 が 、 ひ と り 言 と も 聞 え る よ う あ あ 、 や は り 伊 原 と し 江 は 言 い 出 し た 、 と お も っ た 。 な 暗 さ が あ っ た 。 私 は 、 と し 江 が そ の 心 の 中 で 闘 っ て い る が 、 と し 江 は さ ら っ と つ づ け た 。 も の を つ か み か ね た 。 し ば ら 「 あ の 人 死 に ま し た ね 」 暫 く お 互 い に 黙 っ て い て か ら 、 や は り 言 い 出 す の は と し 0 ろ 「 知 ら な か っ た 。 い っ 頃 」 江 で あ っ た 。 う わ さ 「 私 も あ と で 噂 で 聞 い た ん で す け ど 、 つ か ま っ て 二 年 ほ ど 「 こ れ も 、 お 宅 で の こ と よ 。 あ な た は 、 や つ ば り 忘 れ て お で 出 た あ と 、 病 気 で 亡 く な っ た ら し い ん で す よ 」 し ま い に な っ た か し ら 」 「 あ の 人 、 あ な た と 仲 が よ か っ た ん じ ゃ な い の 」 は じ め に そ う 問 い か け た 調 子 に は 、 軽 い 批 難 が 混 じ っ て 「 も ぐ っ て い る よ う な 生 活 で し た か ら ね 。 そ れ に 若 い し 、 い た 。 が 、 彼 女 の 次 に 言 い 出 し た こ と は 、 私 も よ く 覚 え て 二 カ 月 ば か り 一 緒 に 暮 し て い た こ と も あ っ た ん で す 。 だ か い る こ と だ っ た 。 む し ろ そ れ は 私 に も 忘 れ ら れ ぬ 、 あ る と ら 、 あ の ひ と は 、 私 の こ と お こ っ て い た だ ろ う と お も い ま き の ひ と こ ま と な っ て い る 。 だ か ら 、 今 夜 、 伊 原 と し 江 す の 。 そ ん な 話 、 あ な た も 知 っ て ら っ し や る ん じ ゃ な い か の 、 い わ ば 裸 を 見 せ ら れ た と き か ら 、 私 は そ れ を お も い 出 し ら 」 し て い た と い っ て よ か っ た 。 た だ 、 そ の 場 に 、 小 林 と し 江 お や 、 そ う だ っ た ろ う か 、 と 私 は と し 江 の 顔 を 見 た 。 彼 が い た 、 と い う こ と は 、 ど う し て か す っ か り 私 の 念 頭 か ら 女 は 何 か に 対 抗 し た よ う な 表 情 に な っ て い る 。 私 は 彼 女 を は ず れ て し ま っ て い た 。 と 見 な が ら 、 か ぶ り を 振 っ た 。 あ 「 私 、 知 ら な い ら し い わ ー は ず 疵 「 あ あ 、 そ う 。 知 っ て ら っ し や る か と お も っ た 。 私 、 警 察 先 に 言 う よ う に 私 の 若 い と き 、 東 京 の 北 の 端 れ に 当 る 十 か ら 出 る と 、 あ の 人 に 連 ら く せ ず に 郷 里 へ 帰 っ て し ま っ た 条 の わ が 家 は 、 表 か ら 裏 か ら 、 。 フ ロ レ タ リ ア 運 動 の 活 動 家 四 の よ 」 た ち の 立 ち 寄 る 場 に な っ て い た 。 何 か の 連 ら く で く る と き 「 仕 方 が な か っ た の ね 」 が あ り 、 食 事 を し に く る と き が あ り 、 ま た は 一 晩 泊 り に く み ぞ ぐ ら び な ん

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


「 信 江 も そ の 方 が よ う 休 ま る や ろ 、 思 い ま っ さ か い 」 そ う 言 っ て 小 房 は び た び た と 縁 の 障 子 を 開 け た 。 そ う 言 っ て 頭 を 下 げ た 。 「 い ら へ ん 。 閉 め と い て つ か は 」 * そ く し ん 、 夫 が 村 の 小 学 校 の 校 長 を し て い る 信 江 の 母 は 、 小 さ な 束 「 よ う 辛 気 く さ い 、 閉 め き っ て お か れ る な 」 え り ・ も と ま る ま げ 髪 に し 、 襟 元 を き ち ん と 合 わ せ て い た 。 小 房 は 手 髪 の 丸 髷 そ う 言 い な が ら 、 小 房 は 仕 様 な し に 障 子 を 閉 め た 。 ほ と ん を 殆 ど 一 年 中 く ず し た こ と が な か っ た 。 二 人 は ど ち ら も 険 ま だ 幾 分 上 ず っ て い る ら し い 母 親 の 動 作 を 見 て い る と 、 あ い き っ し い も の を 内 に 押 え な が ら 挨 拶 し て い た 。 こ ぎ く は ふ と 意 地 悪 く な っ て 言 っ た 。 む し ろ こ ぎ く は そ れ を 聞 い て い て 、 小 房 の 、 決 し て 調 子 を 変 え 「 お 母 は ん 、 嫂 さ ん に 莚 し か し と っ た ん ? 安 井 の お 母 は あ に よ め な い 柔 か い も の 言 い と 、 さ っ き か ら 嫂 の 出 産 に 決 し て 何 ん 、 ど う な い お こ り は り ま し た っ せ 」 ひ と つ 手 助 け を し な か っ た ら し い の と 思 い 合 せ 、 気 が 強 い 「 な に 言 い よ ん 。 女 が 子 を 産 む の に 莚 敷 く の 当 り 前 じ ゃ 、 の だ な 、 と 思 う の で あ っ た 。 わ し ら 、 お 前 ら 産 む の に 座 敷 で 寝 た こ と な ど あ ら し ま へ ん 「 こ ぎ く は 御 飯 出 て 食 べ ら れ へ ん か 」 で 。 い っ か て 土 間 で 産 ん だ も ん じ ゃ 。 ど な い 、 わ し が 辛 い い つ も の よ う に 柔 か に 呼 ぶ 母 の 声 に 、 何 か 外 に 対 し て 構 こ と で も し た よ う に 言 い よ ん 」 え て い る 張 り 切 っ た も の を 感 じ た 。 彼 女 は 目 を 反 ら し た ま 「 そ い か て 、 安 井 の お 母 さ ん の 言 い 分 か て 無 理 な い で つ し ま 頭 を 振 っ た 。 や ろ 、 二 日 も 一 二 日 も 嫂 は ん 苦 し ん だ ん や も の 。 お 母 は ん の 信 江 が 連 れ て 帰 ら れ る と 、 小 房 は ば た ば た と 障 子 を 開 け 言 う よ う に り い か ん わ 」 ひ ろ げ 、 蒲 団 は 裏 庭 に 運 ん で 竿 に か け た 。 ば あ つ ば あ っ と 「 安 井 じ ゃ あ 、 こ の 頃 、 ど う な い 家 の こ と 見 く び っ と ん じ 勢 い よ く 畳 を 掃 き 出 し て い る 。 や 、 そ り や 安 井 じ ゃ あ お 父 つ あ ん は 丈 夫 で 勤 め と っ て や た ま か こ ぎ く が 堪 り 兼 ね る よ う に 、 「 お 母 は ー ン 」 と 呼 ん だ 。 し 、 家 か て 小 人 数 や し 、 家 ら よ り 裕 福 や ろ さ 。 そ い か て 、 家 る 「 何 も そ ん な に 荒 々 し く せ ん か て え え で つ し や ろ 」 ど な い 、 長 や ん の 時 か て 悪 う 言 う と っ た か 。 信 江 は ん が み ほ こ り の 「 え ら い 埃 や 」 ん な 言 う じ ゃ 。 長 や ん の 時 は 、 わ し は ど な い 辛 い 思 い し た か 知 れ へ ん だ っ そ 」 牡 母 親 は こ ぎ く の 癇 に 障 っ て い る の は わ か ら な い ら し く 、 知 ら ん ふ り に な お も ば あ つ ば あ っ と 掃 い た 。 こ ぎ く は 再 び 「 長 や ん の 時 、 そ な い 悪 う 言 う た ん ? 」 「 へ え と も 」 言 う 気 は な く て 、 黙 っ て 顔 を し か め て い た 。 「 お ま は ん と こ も 掃 い た ろ 、 ち ょ っ と 起 き な は れ ー 小 房 は 不 断 の 無 口 に 似 ず 珍 ら し く 、 話 し つ づ け る の で あ は っ か ん さ わ さ お し よ う じ あ ね え ご ろ

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


の で あ っ た 。 私 は こ こ で 私 に ふ さ わ し い お 嫁 入 り の ロ で も 東 京 の 家 を た た ん で こ ち ら へ 来 る 、 と さ え 言 い 始 め た 。 ぜ ん 待 っ て い る の で あ ろ う か 。 そ の 手 紙 を 見 た 父 は ぼ ん と そ れ を 膳 の 上 に 放 り 、 毎 日 、 毎 日 は 明 け て 暮 れ た 。 空 気 の 抜 け た 風 船 の よ う な 「 お 母 ア さ ん に も 困 っ た も ん 」 感 じ で あ っ た 。 そ う は い っ て も 私 の こ と だ か ら 、 新 し い メ と 、 苦 っ た 顔 を し た 。 リ ン ス の 羽 織 が 出 来 る と 、 そ れ が こ の 上 な く 美 し い 柄 の よ 「 何 て い う て 来 た で す か 」 う に 思 え 、 そ れ を き た 自 分 の 姿 を 人 の 目 に 見 せ よ う と す る 私 と 母 は 手 紙 を 取 り 上 げ 、 廻 し て 読 ん だ 。 よ う な 、 日 々 の 楽 し み は 持 っ た 。 母 が 何 も 言 え な い の は 無 理 も な い 。 そ し て 私 も 黙 っ て い が 、 そ の 土 地 で お 嫁 に な ど ゅ こ う と 思 わ な く な っ て い る る 。 自 分 、 そ れ が 何 日 頃 か ら そ の よ う に な っ て い る の か 知 ら な 「 そ り や ア ま あ 、 お 金 を 送 っ て や ら ん か ら 、 こ っ ち も 悪 い か っ た 。 ま た 、 何 が 、 そ の よ う な 作 用 を 私 に 及 ・ ほ し た か も ん だ ろ う が 、 少 し は こ っ ち の こ と も 考 え て く れ な け り や ア 私 は 考 え て は 見 な か っ た 。 私 は も し 、 中 里 が 私 を 欲 し い と な ア 」 も ち 言 っ て も 、 お 嫁 に い っ た か ど う か わ か ら な い 。 そ れ に は 勿 父 は 、 東 京 の こ と は 私 の 方 に 相 談 す る よ う に す る 。 ろ ん 論 、 い ろ い ろ な も の が こ ん が ら が っ て い る の で あ る 。 す で 私 は 、 そ う ね 、 と 相 づ ち を 打 つ け れ ど 、 父 の 言 分 も 立 た に 中 里 級 の 人 に は 私 が ふ さ わ し く な い と い う 世 間 の 約 束 が な い よ う に 思 う 。 と に か く 彼 は 一 家 の 主 人 な の だ か ら 、 老 あ る 。 私 は 厭 で も そ の こ と に 目 を 据 え な け れ ば な ら な い 。 人 や 妹 を み る の は 彼 の 役 目 に ち が い な い と 思 う か ら 、 そ れ し か 然 し 私 は 、 た と え 、 我 が 希 み 天 に と ど か ず と い え ど も 、 終 に 私 は 、 祖 母 た ち の 暮 ら し が ど ん な も の か 自 分 で よ く 知 っ 日 空 を 仰 い で い る と い う 風 な の で あ る 。 私 は ま だ ま だ 駈 け て い る か ら 。 ず り 廻 り た い 。 け れ ど も 、 父 が や っ と 落 ち つ い て い る こ ち ら の 生 活 を 壊 娘 何 か わ け の わ か ら ぬ 生 活 的 な 慾 求 、 そ う い う 心 の 火 が 、 し た く な い と 思 う の も 無 理 は な い と 思 え た 。 小 ち ん ま り と の 私 の 秘 密 さ え 忘 れ さ せ る 。 し た き れ い 事 の 暮 ら し 、 そ れ は 、 今 一 人 の 人 間 が こ の 上 に そ う い う 時 、 東 京 の 祖 母 の お 貞 か ら は し ば し ば 手 紙 が き ま じ っ て も 壊 れ る 程 度 の も の に ち が い な か っ た 。 ご た ご た 素 も ら ふ ん い き て い た 。 彼 女 は 、 息 子 の 秀 文 が ち ゃ ん と 嫁 も 貰 っ て 暮 ら し と し た 祖 母 た ち の 雰 囲 気 を 持 ち 込 ま れ る こ と は 、 世 間 の 体 を 立 て て い る の に 、 自 分 の 放 っ て お か れ る こ と が 我 慢 出 来 裁 も 悪 い に ち が い な い 。 な い と い う 風 で あ っ た 。 彼 女 は 、 父 の 妹 の 常 子 を 連 れ て 、 「 い い わ 、 父 さ ん 。 私 、 東 京 へ ゆ く わ 。 そ し て 東 京 で 働 く つ ご ろ の ぞ が ま ん に が い ん こ わ

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


っ て 見 た と じ ゃ : : : ち く と 上 っ て 、 な か ば 調 べ さ せ て 貰 お 洋 へ 売 ら れ る : : : こ こ じ ゃ よ く き く 話 で す が 、 悪 い 奴 も い る も ん で ご ざ ん す ね え : : : 何 し ろ 、 港 町 で 、 海 路 が 万 国 に う ば い 」 通 じ て い ま す か ら 、 そ う い う 仕 事 を す る に は よ ろ ず 便 利 で 「 さ あ 、 さ あ ど う ぞ : : : お 上 の お 役 で し た ら 、 御 遠 慮 な く ご ざ ん し よ う よ 。 悪 い 奴 と い う の は 裏 へ 裏 へ と い ろ ん な 術 お 調 べ 下 さ い よ 。 娘 っ こ な ん そ は ど こ に も い る 筈 は ご ざ い か み ま せ ん が ね : : : 」 を 考 え ま す か ら 、 お 上 も お 世 話 が 焼 き き れ ま せ ん や ね ー あ わ せ え り あ が が ま ら ひ ざ 蝶 吉 は 上 り 框 に 膝 を つ い て 、 袷 の 衿 も と を か き 合 せ な が 蝶 吉 は そ こ ま で 言 っ て 、 た む ろ 「 お さ く 、 お さ く 、 警 察 の 旦 那 が う ち の 中 を 見 た い と お っ ら 話 し て い る 。 警 察 だ の 交 番 だ の と い う も の は 蝶 吉 に と っ て は 昔 か ら 味 方 で は な か っ た が 、 腰 を 低 く し て 、 愛 想 を 言 し や る ん だ : : : 取 り 散 ら し て い る だ ろ う が 、 御 案 内 し て く い な が ら 、 彼 ら 司 直 と や ら の 動 き の 裏 を か い て や る こ と に ん な 」 あ ま と 茶 の 間 へ 声 を か け た 。 は 一 種 独 特 の 快 感 が あ っ た 。 こ の 探 偵 は 甘 い 奴 だ と 蝶 吉 は 探 偵 は 擦 れ た 黒 い ト ン ・ ヒ の 肩 を 片 手 だ け は ね 上 げ て 茶 の 里 、 い ト ン ビ を 着 た 男 の 顔 を 一 目 見 た 時 か ら 値 ぶ み し て い 間 に 入 っ て 来 た 。 蝶 吉 は あ と に つ い て 来 な が ら 、 一 一 人 の 娘 か く : ・ お ぬ し ば 密 航 の 手 つ だ い し と る の 隠 れ ど こ ろ は 大 体 見 当 が つ い た が 、 虎 松 は 一 体 ど こ へ 姿 「 う ま い こ と 一 言 う て 、 を 隠 し た の だ ろ う 。 忍 術 使 い で は あ る ま い し と 、 そ の 隠 れ ご た る と 、 本 署 の 警 部 ど ん が お っ し や っ と っ た ぞ 」 あ ざ や ほ り も の し 「 飛 ん で も な い 。 そ り や 私 は 刺 青 師 で す か ら い ろ ん な 毛 色 方 の 鮮 か さ に む し ろ 感 心 し て い た 。 「 案 内 し て 貰 わ ん と よ か : : : お い ど ん な 勝 手 に 見 ま わ る の 異 っ た お 客 と も 懇 意 に な り ま す よ 。 中 に や こ り や 人 の 一 人 や 一 一 人 殺 し て い る 奴 だ と 目 串 を つ け る こ と も あ る け れ ど ど 」 だ ん な が た と 言 っ て 、 茶 の 間 の 押 入 れ を あ け た り 、 隣 り の 四 畳 を 歩 も 、 そ こ は お 客 さ ん で す か ら 黙 っ て い ま さ あ ね 。 旦 那 方 が て ん じ よ う 肌 き い て 下 さ り や 隠 し や し ま せ ん よ : : : そ う し て 今 夜 は 何 で ぎ ま わ っ て 、 台 ラ ン 。 フ を 手 で 持 ち 天 井 を 見 上 げ た り し た 。 す か い : : : 何 か 犯 人 で も あ っ て お 出 か け に な っ た ん で す 「 台 所 は こ っ ち か 」 の き ん 棧 の 太 い 障 子 の 紙 が 油 じ み て く す ぶ っ て 見 え る 前 に 立 っ か 」 南 「 千 馬 町 の 方 か ら 、 ず っ と あ と を つ け て 来 た 小 娘 二 人 あ る て 、 探 偵 は 言 っ た 。 く ら き た こ の 近 く の 横 町 へ も ぐ り こ ん で 、 あ と を 晦 ま し お 「 へ え 、 汚 の う ご ざ い ま す よ 。 そ の 右 隣 が 風 呂 場 で す 」 み す が め っ た ! こ こ に お ぬ し の 家 の あ る の を 思 い 出 し た け ん 、 よ 探 偵 は 黒 ず ん だ 台 所 の あ げ 板 を み し み し さ せ て 、 水 瓶 の こ ん い め く し か い ろ

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


「 た と え ば 私 の 親 た ち は 、 も う は っ き り 別 れ て い る く せ い ん で す 。 悪 い と も お も わ な い の で す が 」 彼 は い っ き に 肉 迫 す る よ う に 言 っ た が 、 そ の 視 線 は 暗 い に 、 ひ と っ 家 の 中 で 暮 ら し て い て 、 そ し て 僕 の こ と な ど を あ の 射 す よ う な も の は 大 分 以 前 か ら 消 え て い て 、 今 も 、 む お ふ く ろ は 悪 口 を 言 い 歩 く ん で す 。 そ う い う こ と 嘘 じ ゃ な い で し よ う か 」 し ろ 普 通 の 目 で あ っ た 。 そ う い う 元 一 に 対 し て 私 も ま た 、 き つ ば り と 、 悪 い 、 と 今 ま で 彼 は 、 ほ ん と う に く わ し く 家 庭 の 事 情 を 話 し た こ と は な い の か も 知 れ な か っ た 。 私 も ま た 遠 慮 の 気 持 か ら 、 は 言 い 切 れ ぬ も の が あ っ た 。 私 は そ の 気 持 を 答 え て 、 「 だ け ど 、 病 気 に で も な る と い け な い で す よ 。 ど う い う と 突 っ 込 ん で 聞 い た こ と は な か っ た 。 だ か ら 、 元 一 の 今 の 言 葉 に は よ く 解 せ な い も の が あ る の だ っ た 。 ひ と っ 屋 根 の こ ろ へ ゆ く の 。 パ ン 。 ハ ン さ ん ? 」 下 、 と い っ て も 六 畳 一 間 ぐ ら い の ' ( ラ ッ ク の 中 に 一 緒 に 住 「 新 宿 で す 」 ん で い て 、 父 親 と 継 母 と が 、 す っ か り 別 れ て い る 、 と い う 「 大 分 お 金 が 要 る の で し よ う 」 こ と も 彼 が た だ そ う お も っ て い る だ け な の か も 知 れ な い 。 「 泊 る と 、 千 円 位 費 い ま す 」 ぺ い こ く ひ た 、 え 、 ほ ん と う に 父 と 継 母 は 別 れ て い る ん で す 。 米 穀 「 あ ん ま り そ れ に 浸 り 込 ま な い よ う に し な い と 、 生 活 が 崩 「 い し 通 張 も 別 で す 。 僕 が 子 ど も の と き 、 父 が 仕 事 に 行 っ て い る れ て ゆ く と よ く な い わ ね 」 「 し か し 僕 は 、 あ あ い う 女 の と こ ろ に い る と 、 い ち ば ん 気 昼 間 、 継 母 か ら 一 一 銭 ぐ ら い の 小 遣 い を 貰 う と 継 母 は 、 帰 っ が 安 ま る の で す が ね 、 何 故 で し よ う 。 あ あ い う 女 の と こ ろ て 来 た 父 に 、 そ の 二 銭 の 立 替 え を 請 求 し ま し た 。 勿 論 、 御 に は 嘘 が あ り ま せ ん よ 。 僕 ら の 周 囲 の 嘘 だ ら け の 生 活 に く 飯 だ っ て お 菜 だ っ て 別 々 に 炊 き ま す 。 妹 は 母 の 方 で 食 べ て い ま す が 、 そ の 食 費 だ け は 父 が 出 し て い る の で す 」 ら ・ ヘ た ら 、 よ っ ぽ ど あ あ い う 女 の 方 が 真 実 で す 」 そ れ で は ど う し て 別 に 暮 ら さ な い の か 、 と 聞 く と 、 「 そ う か し ら ? 」 と 、 私 は 少 し 気 負 い 込 ん だ 。 率 直 に 私 は 、 私 の う ち で 彼 「 一 緒 に い る 方 が 、 何 か 母 の 方 で 得 な ん で す 。 そ れ な の 呷 日 に 対 し て 、 嘘 が あ る と は お も わ な い の で 、 そ の 気 持 が 、 私 に 、 誰 か が 僕 を 訪 ね て き て も 、 そ ん な 人 知 ら ん な ん て 言 う ん で す 。 そ ん な の も 、 嘘 じ ゃ な い で し よ う か 」 こ ろ 合 を 気 負 わ せ た 。 こ の 頃 に そ う い う こ と で も あ っ た の か 、 い つ に な く 具 体 「 嘘 だ ら け の 生 活 っ て 、 そ う か し ら ? た と え ば あ な た が こ こ に 来 て い て 、 や つ ば り そ う 思 う ? 少 く と も 私 た ち 的 に 、 な じ る よ う に 言 っ た 。 は そ の 話 か ら う か が う と 、 何 か 計 り 知 れ な い 複 雑 さ か 、 愚 は 、 嘘 で 生 活 を し て い る と は 思 わ な い わ 」 だ い ぶ こ づ か