検索 - みる会図書館

検索対象: 蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)から 215件ヒットしました。

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


何 か が お か し か っ た 。 な に か が お か し か っ た 。 ど こ か が お か し か っ た 。 ア ラ シ ャ 目 覚 め た 亜 羅 写 は 、 違 和 感 を 感 じ て い た 。 な に か ー ー ど こ か 、 変 だ デ モ ど こ が に わ か に は わ か ら な か っ た 。 こ れ ま で に 知 ら な か っ た 感 覚 だ 。 ど こ が オ カ し い ? わ る い 夢 か ら 醒 め て も 、 し ば ら く は 自 分 が ど こ に い る か わ か ら な い 。 そ ん な 気 持 ち に 似 て い 篇 地 脈 た し か に 目 覚 め て い る は ず な の に 、 い ま だ 夢 の な か に い る よ う な 気 も し た 。 の オ カ し い な 、 メ が あ い て な い よ 。 蘭 本 当 は 眠 っ て い る の だ ろ う か 。 起 き よ う と 、 も が い て い る 最 中 な の か 。 い な 否 、 起 き て い る 。 起 き て い る は ず な の に 。 第 七 章 空 の 青 血 の 赤

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


「 聞 こ え て い ま す か 」 〈 ー ー あ あ 〉 こ た し ば ら く し て 、 応 え が あ っ た 。 答 え て は く れ な い こ と も 、 考 え ら れ た の に 。 「 さ っ き は 、 す み ま せ ん で し た 」 ひ る が え 謝 る の は 、 虫 が よ す ぎ る の か も し れ な い 。 言 い 分 を ま た 翻 す よ う な も の だ か ら 。 と ま ど 蒼 主 は ま た 戸 惑 う だ ろ う 。 彼 の 言 う こ と が 理 解 で き な い と 、 哀 し そ う な 顔 を す る だ ろ う 。 ふ ん い き こ こ か ら は 、 蒼 主 の 顔 は 見 え な い 。 声 の 調 子 と 雰 囲 気 か ら 、 表 情 は 想 像 す る だ け だ 。 そ の ほ う が 楽 だ と 矢 禅 は 思 っ た 。 わ ず か で も 、 痛 み を 感 じ る 量 は 少 な い 。 「 い ろ い ろ と 、 わ け の わ か ら な い こ と を 言 い ま し た 。 申 し 訳 あ り ま せ ん 。 ほ ん と う に 、 気 に し な い で く だ さ い 。 た だ ひ ど く 、 混 乱 し て い た だ け 、 、 で す か ら 」 め ん ぎ い ふ 言 い な が ら 、 そ れ を 免 罪 符 と し て は い け な い と 刻 み つ け る 。 ま と も で な け れ ば 何 を 言 っ て も 、 、 わ け で は な い だ ろ う 。 猩 「 蒼 主 、 僕 は 考 え ま し た 。 い ま 、 考 え ま し た 。 何 を し た い の か 、 求 め て い る の か 」 彼 か ら の 相 槌 は な か っ た 。 け れ ど 、 無 視 を 決 め こ ん で い る の で は な い よ う だ 。 意 識 が 、 聞 こ 脈 血 え て い る 声 に 向 け ら れ て い る の が わ か る 。 蘭 「 昔 と お な じ で し た 。 い く つ の 物 事 を 潜 ろ う と 、 変 わ ら な い 」 蒼 主 の も と に い る 。 あ い づ ち く ぐ

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


矢 禅 は 、 死 に た が っ て い る よ う に 見 え た 。 こ こ を 撃 て と 心 の 臓 を さ ら け だ し て き た 。 背 ま で つ ら ぬ け と 、 か ら だ が 言 っ て い た 気 が す だ か ら 、 刺 し て 、 見 上 げ た の だ 。 こ れ で 満 足 か ? と 訊 く よ う に 。 き っ と そ う だ 。 だ か ら と い っ て 、 罪 は 消 え な い 。 炎 の 雨 が 、 と っ ぜ ん 降 り ゃ ん だ 。 床 が 焼 け た の か 、 し ゅ う し ゅ う と 白 い 煙 が 上 が る 。 あ た 辺 り は 、 次 第 に も と の 暗 い 部 屋 へ と 戻 っ て ゆ く 。 「 ザ ク ー シ ャ 」 声 を か け ら れ て 初 め て 、 透 緒 呼 は ザ カ ー ド の 気 配 を 感 じ た 。 ず っ と そ こ に い た の か 、 そ れ と も い ま 現 れ た の だ ろ う か 。 「 ク ョ ウ に 、 会 い た し か ? 」 地 脈 だ ま っ て 透 緒 呼 は 首 を 振 っ た 。 血 の 会 い た し カ ? 会 え る も の か 。 蘭 ガ ラ ス と 、 , つ の ? 硝 子 の 向 こ う に い る 彼 を 思 い 浮 か べ 、 そ っ と し た 。 ど ん な 顔 を し て 、 会 え ま 、 ク ョ ウ 九 鷹 は 、 見 て い た は ず だ 。 は じ め か ら 終 わ り ま で 。 逃 げ る こ と は か な わ ず に 、 見 せ つ け ら れ る 。

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


よ さ な い か 。 そ う 言 お う と し た ロ は 、 動 か な か っ た 。 モ チ ヅ キ ヒ メ い や ・ 〈 望 月 姫 〉 な ら ば 、 矢 禅 を 癒 せ る : す き た め ら い ほ ど も な い わ す か の 隙 に 、 言 葉 が 入 り 込 ん だ 。 真 梛 の ち か ら を 、 彼 は よ く 知 っ て い る 。 そ の ち か ら を 使 え ば 、 か な ら ず 矢 禅 は 助 か る 。 そ れ を 、 わ た し は あ え て や め さ せ る の か 一 瞬 の 、 ず る い 計 算 だ っ た 。 蒼 主 は ロ を つ ぐ む 。 亜 羅 写 を 治 し た い と 彼 女 が 願 い 出 た と き 、 子 ど も の こ と を 理 由 に 、 一 も 二 も な く 退 け た と い う の に 。 亜 羅 写 と 、 子 ど も と 、 矢 禅 。 は か め ・ み つ つ を 秤 に か け た と き の 重 さ を 、 自 分 に 突 き つ け ら れ 、 蒼 主 は 恥 じ た 。 知 っ て い て も 、 見 た ぐ い な い ふ り を し た い 類 の 気 持 ち を 、 見 て し ま っ た の だ : ・ 「 い け ま せ ん 真 梛 、 あ な た の ち か ら は 、 僕 に は 毒 だ か ら 」 さ こ っ 鎖 骨 が ひ し や げ る か と 思 う ほ ど 大 き く 息 を 吸 い こ み 、 矢 禅 が 声 を も ら す 。 と た ん 、 の ど に 何 か 詰 ま ら せ た の か 、 激 し く 咳 き 込 ん だ 。

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


と ま ど 納 得 し た 様 子 で 、 亜 羅 写 は う な ず い た 。 型 通 り の 、 表 向 き の 理 由 。 そ れ な ら ば 、 彼 で も 戸 惑 う こ と は な い の だ 。 返 事 を 考 え る よ う に 、 亜 羅 写 は い ち ど 天 井 を 見 上 げ た 。 「 い い よ 、 行 っ て キ ナ よ 。 オ レ な ら へ い き だ か ら 。 こ こ に は 、 ソ ウ シ ュ さ ま も ャ ゼ ン も い る か ら さ 」 「 そ れ と も 、 一 緒 に 来 る ? 」 た ず 訊 ね る と 、 彼 は お ど ろ い た よ う に 目 を 瞠 っ た 。 す ぐ に 首 を 振 る 。 か た 「 い 、 イ イ ヨ 。 オ レ 、 か ら だ 硬 く な っ て 眠 れ な い よ 」 知 ら な い 場 所 で 知 ら な い も の ば か り に 囲 ま れ た ら 、 気 疲 れ す る の は 目 に 見 え て い る の だ 。 真 梛 だ け が 頼 り 。 そ う な る な ら ば 、 こ こ に い た ほ う が 楽 だ ろ う 。 「 そ う ね 、 へ ん な こ と 言 っ ち ゃ っ た わ ね 」 本 当 は 、 一 人 で 帰 る の が 気 が 重 い の だ 。 あ そ こ に は 、 閣 下 が い る 父 と 思 う の さ え 穢 ら わ し か っ た 。 あ ん な 男 の 血 を 引 い て い る の か と 思 う と 、 背 筋 が 冷 た く な カ リ ョ ウ で き る な ら ば 、 皐 闍 の 血 を 、 こ の か ら だ か ら 抜 き 去 り た い 。 花 涼 の 血 だ け で で き て い れ ば 、 ま だ ど ん な に マ シ だ ろ う か 。 る 。 か っ か コ ウ ジ ャ み は か こ

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


。 子 ど も を 突 き 放 し て 、 突 き 放 し て ゆ か な け れ ば 育 て ら れ な か っ た 。 晶 雲 に 対 し て も 、 だ か ら 、 あ れ 以 上 の こ と を し て や れ な い 。 「 姉 上 、 聞 い て お ら れ ま す か ? 」 「 ー ー え え 」 う な ず い た 筮 音 は 、 両 肩 に 弟 の 手 が か か る の を 感 じ た 。 椅 子 に 、 さ れ る が ま ま に 腰 か け た 。 「 す み ま せ ん 、 も う す こ し 、 よ い 言 い 方 が あ れ ば 良 か っ た の で す が 。 こ れ ば か り は 」 ど う 繕 っ て も 、 衝 撃 は 大 き か っ た だ ろ う 。 そ れ に 、 繕 い よ う も な い こ と で も あ っ た 。 「 い え 、 か ま い ま せ ん 。 わ た く し は : : だ 、 じ よ う ぶ で す か ら 」 平 静 を 保 と う と 、 筮 音 は こ め か み を 押 し た 。 「 姉 上 。 透 緒 呼 が 〈 陽 使 〉 の 側 に つ い て 、 戦 い の 列 に 加 わ っ た な ら ば 、 ど う な る と 思 い ま す か ? 」 ふ い に 訊 ね ら れ 、 筮 音 は 凍 り つ い た 。 「 ・ : ・ : よ 、 し て ち ょ う だ い 、 そ の よ う に 不 吉 な こ と を 言 う の は 答 え た 声 が 、 自 分 で も お か し い ほ ど わ な な い た 。 ひ ざ 頭 が ふ る え は じ め る 。 「 聞 か な い で ち ょ う だ い 、 蒼 主 。 わ た く し に 、 そ ん な こ と を 聞 か な い で 」 ヤ オ ウ 覇 邪 王 の 娘 、 透 緒 呼 。 そ の ち か ら が 、 〈 陽 使 〉 に 転 じ ら れ た と し た な ら ば 。 つ く ろ

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


を 訪 れ 、 お 喋 り で 咲 く 花 は 数 多 い た 。 「 そ う で し た か 」 安 心 し た 、 と い う よ う な 顔 を 蒼 主 は 作 っ た 。 「 わ た し は ま た 、 あ ち ら に 嫌 気 が さ し て 戻 っ て い ら し た の か と 、 思 い ま し た よ 。 あ ま り と っ ぜ ん の 、 ご 帰 還 で し た か ら ね 」 絶 句 し て 、 筮 音 は ま た た い た 。 い や み 「 そ れ は 厭 味 な の お ま え 」 呼 び も し な い の に い き な り 帰 っ て く る な 、 と 言 わ ん ば か り に 聞 こ え る 。 「 ち が い ま す よ 。 こ ち ら か ら 、 お 呼 び し よ う と 思 っ て い た と こ ろ で し た 。 と ち ゅ う で 会 い ま せ ん で し た か ? 」 「 至 急 の 用 向 き が あ っ た の で す か ? 清 和 月 の 旗 印 を 掲 げ た も の は 、 見 ま せ ん で し た け れ ど 」 ぎ よ う ぎ よ う 猩 界 座 の ほ う へ 向 か う 馬 車 は 数 騎 あ っ た が 、 ど れ も 仰 々 し い も の で は な か っ た 。 脈 「 こ ち ら も 、 特 に 旗 は 掲 げ て い ま せ ん で し た か ら 、 向 こ う も 気 づ か な か っ た の で し よ う 」 の 「 あ あ 、 そ う か も 知 れ ま せ ん ね 」 む だ 「 無 駄 を さ せ て し ま っ た わ ね 、 使 者 は 肩 透 か し を く ら っ て し ま う わ 」 お も む 早 馬 な ら ば 一 日 、 馬 車 を 仕 立 て た な ら 二 日 は か か る と こ ろ ま で 赴 い て 、 相 手 に 先 に 発 た れ て し や ペ あ ま た

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


あ 〈 大 扉 〉 で 事 故 に 遭 っ た 人 々 は 、 顔 も わ か ら な い ほ ど に 焼 け 焦 げ て い た 。 九 鷹 が そ う な ら な か っ た の は 、 そ の 〈 ち か ら 〉 の せ い だ ろ う か 。 そ れ と も 、 ザ カ ー ド が 手 当 て を し た の だ ろ う か 。 ま さ か な ぜ か 頭 か ら 否 定 し た 0 あ の 男 が 親 切 に な ど す る は ず が な い 。 こ ま 相 手 を 駒 に で き る と 思 っ た 時 だ け に 決 ま っ て い る 。 「 ま っ た く よ お 」 あ ぐ ら ば や き な が ら 、 九 鷹 は 目 の 前 に 腰 を 下 ろ し た 。 胡 座 を か き 、 だ る そ う に 頭 を 掻 く 。 「 い っ た い な ん だ ッ て 、 お ま え ま で こ の ク ソ 城 に い る ん だ か よ 。 あ の ジ ジ イ に 連 れ て こ ら れ た に し ろ よ 。 ぶ ッ た ま げ た ぜ 」 な に よ 。 言 い 方 に 、 ど こ か 引 っ 掛 か る も の が あ っ た 。 篇 猩 「 お ま け に 、 逃 げ ろ ッ て ん の に 、 や だ な ん て 、 ダ ダ こ ね や が っ て か ら に 。 こ ら 、 ち ゃ ん と 脈 こ っ ち 向 け よ 。 俺 は 怒 っ て ん だ か ら な 」 の 怒 っ て い る よ う に は 、 ど う し て も 見 え な か っ た 。 九 鷹 の 口 調 は 、 愚 痴 め い て い る 。 も し く は 、 た だ の 文 句 か 。 「 だ っ て 、 嫌 だ っ た ん だ も の ・ 「 あ の 時 は 、 私 ひ と り だ け い け な い っ て 、 思 っ た ん だ わ 。 だ か も し 優 し さ を 見 せ た な ら ば 、

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


ん な こ と が 起 こ ろ う と は 。 、 や ぜ ん っ ! 」 頭 で 理 解 す る よ り も 早 く 、 彼 は 叫 ん で い た 。 血 に 染 ま り 、 赤 く な っ た 髪 ! そ の 姿 を 間 違 え は ー し 、 な 、 ャ ゼ ン 「 矢 禅 、 や ぜ ん ! し つ か り し ろ ! 」 背 筋 が ぞ っ と 冷 た く な り 、 蒼 主 は 彼 を 抱 え 起 こ し た 。 こ れ は ど の 男 が 、 こ こ ま で の 傷 を 負 っ て 戻 っ て き た : ・ け が 現 れ る 場 所 を 選 べ た の な ら ば 、 こ こ に 転 が り 出 は し な か っ た は す 。 た と え 怪 我 を し た と し て も 、 だ れ に も わ か ら な い よ う に 、 う ま く 治 し た に 違 い な い そ れ が 、 で き な か っ た : 「 ど い て く だ さ い 殿 下 」 震 え る 声 を し た 真 梛 が 、 彼 を 押 し 退 け よ う と し た 。 い き な り の こ と に 足 に ち か ら が 入 ら な い 猩 の か 、 肩 に 体 当 た り す る よ う に し て 座 り 込 む 。 と う き 地 顔 色 が 、 陶 器 の よ う に し ろ い 。 く ち び る か ら も 血 の 気 を 引 か せ 、 そ れ で も 彼 女 は 矢 禅 に 手 の 脈 血 ひ ら を か ざ し た 。 蘭 〈 命 〉 の ち か ら を 使 う つ も り だ 。 ミ コ ト か か カ タ チ

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


物 を 考 え ら れ な い の に 、 泣 け は し な い 。 矢 禅 に は 、 自 分 の 望 み さ え も わ か ら な か っ た 。 ど こ へ 行 き た い の か 、 ど う 、 し た い の か 。 僕 ・ は 。 『 私 は 人 間 だ わ ! 』 透 緒 呼 の 叫 び を 思 い 出 す 。 『 そ ば に い ろ 、 矢 禅 』 蒼 主 の 叫 び を 思 い 出 す 。 な ら ば 、 自 分 は ど う 叫 ぶ の だ ろ う か 。 何 を 、 こ こ ろ の 底 か ら 欲 す る と い う の だ ろ う か 。 何 を ? 「 : : : 蒼 主 」 彼 は あ る じ に 呼 び か け た 。 そ の ま ま の 姿 勢 で 、 次 元 を ひ ら く 。 「 蒼 主 」 こ れ で 、 こ の 声 は 彼 の 元 に 届 い て い る は ず だ っ た 。 た と え 、 蒼 主 が ど こ に い よ う と 。 蒼 主 は 、 自 室 に い る よ う だ っ た 。 椅 子 に 座 り 、 疲 れ た よ う に 額 を 押 さ え て い る 。 ひ た い