検索 - みる会図書館

検索対象: 越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?から 189件ヒットしました。

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


網 羅 し た わ け じ ゃ あ り ま せ ん け ど 、 大 事 な と こ ろ は し つ こ い く ら い て い ね い に 書 き ま し た か ら 、 ぜ ひ 役 立 て て も ら い た い と 思 い ま す 。 189

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


V 訳 例 と 解 説 小 数 第 4 位 に 現 れ る 数 字 は 何 か 」 と い う こ と で す が 、 実 際 に 表 す と 0.019 な の で 、 小 数 第 3 位 ま で し か な い こ と に な り ま す 。 厳 密 に 言 え ば 、 書 か れ て い な く て も 小 数 第 4 位 は 0 で す か ら 、 答 は 0 に な り ま す 。 原 文 で could appear と い う 仮 定 法 の 表 現 が 使 わ れ て い る の は 、 「 書 か れ て い な い も の を も し 仮 に 表 せ ば 」 と い う 意 味 合 い が 含 ま れ て い る か ら で す 。 も ち ろ ん 、 最 終 的 な 答 が 正 し く 求 め ら れ て い な く て も か ま い ま せ ん が 、 逆 に ま っ た く ち が う 意 味 に 解 釈 し て 答 だ け が 偶 然 正 解 と い う の は 困 り ま す ね 。 数 に 関 す る 表 現 と い う の は 、 接 す る 機 会 が あ ま り な い の で 、 苦 手 に 感 じ る 人 が 多 い の で す が 、 誤 読 し た と き の 被 害 の 大 き さ は ほ か の 表 現 を は る か に し の ぐ の で 、 こ の 本 で 扱 っ て い る も の ( こ の 問 題 と A -40 の ほ か 、 A -99 、 A -100 、 C -06 、 C -10 参 照 ) ぐ ら い は し つ か り マ ス タ ー し て く だ さ い 。 182

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


マ 訳 例 と 解 説 A -55 The differences between the tWO nations were け の も の に す ぎ な か っ た 。 → ふ た つ の 国 の ち が い は 現 実 の も の と い う よ り 、 見 か more apparent than real. 80 better. " と い う 言 い 方 も 同 じ 意 味 で す 。 「 最 高 」 と 言 い た い こ と に な り ま す 。 こ れ を 縮 め た "Never か っ た こ と は か っ て 一 度 も な い 」 で す か ら 、 「 絶 好 調 」 や 第 2 文 は 現 在 完 了 の 文 で 、 「 ( い ま こ の 瞬 間 に 比 べ て ) よ 「 絶 好 調 さ 」 「 お い 、 具 合 が 悪 そ う じ ゃ な い か 」 'l've never been better. A-56 "Hey, don't you 100k sick?" お り 、 結 果 と し て ほ ぼ 正 反 対 の 意 味 に 聞 こ え ま す 。 と い う 形 容 詞 を 「 現 実 」 と い う 名 詞 に ね じ 曲 げ て 解 釈 し て 文 は 、 apparent の 意 味 を 取 り ち が え て い る う え に 、 real た い て い 不 適 当 で す 。 「 現 実 よ り 明 ら か だ っ た 」 な ど の 訳 」 「 見 か け は 」 と い う 意 味 で あ り 、 「 明 ら か だ 」 の 訳 語 は は appear ( ~ の よ う に 見 え る ) の 派 生 語 で す か ら 、 「 一 見 だ っ た 」 で す か ら 、 上 の よ う な 訳 に な り ま す 。 apparent 形 容 詞 同 士 を 比 較 し て 、 「 real と い う よ り も apparent

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


V 訳 例 と 解 説 A -11 His father writes scientific novels. → 彼 の 父 親 は S F 作 家 だ 。 「 彼 の 父 親 は S F 小 説 を 書 く 」 で は 、 日 本 語 と し て 舌 足 ら ず で 、 何 を 言 っ て い る の か よ く わ か り ま せ ん 。 「 書 い て い る 」 で は 、 こ ん ど は 進 行 形 に 対 す る 日 本 語 の よ う に 勘 ち が い し て 、 「 書 き つ つ あ る 」 の 意 味 に と ら れ か ね ま せ ん 。 英 語 の 現 在 形 は 、 い ま こ の 瞬 間 そ う だ と い う 意 味 で は な く 、 い ま も 含 め て ず っ と そ う だ と い う 意 味 で す か ら 、 「 S F 作 26 進 行 形 と 混 同 す る か ら 。 理 由 の ひ と つ は 「 ~ い る 」 と い う 日 本 語 に 引 き ず ら れ て 、 ー ⅵ 英 語 の 時 制 で し 、 ち ば ん 誤 読 ・ 誤 訳 が 多 い の は 現 在 時 制 。 家 だ 」 の よ う に 大 胆 に 訳 し て か ま わ な い と こ ろ で す 。

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


マ 訳 例 と 解 説 A -71 ln investigation, 110S [ count Of hOW many motels I visited. lt would have been discouraging if I had stopped to think about ⅱ . → 捜 査 の 途 中 、 い く つ の モ ー テ ル を 訪 ね た か わ か ら な く な っ た 。 い ち い ち 考 え て い た ら 気 が 滅 入 っ た こ と だ ろ う 。 第 2 文 が 典 型 的 な 仮 定 法 過 去 完 了 の 文 で す が 、 stopped to think を 「 考 え る の を や め る 」 と 読 ん で わ け が わ か ら な く な っ た 人 も い る で し よ う 。 stop は 不 定 詞 を 目 的 語 に と ら な い の で ( 「 考 え る の を や め る 」 は stopthinking) 、 stop to think は 「 考 え る た め に 立 ち 止 ま る 」 で す 。 A -72 Suppose the sun should rise ⅲ the west, I would never change 1 れ y mind. → た と え 太 陽 が 西 か ら の ぼ っ て も 、 わ た し の 決 心 は 変 わ ら な い 。 if の か わ り に provide(d) や suppose(d) が 用 い ら れ 、 あ た か も 接 続 詞 で あ る か の よ う な 働 き を す る こ と が あ り ま す 。 ま た 、 文 脈 か ら 言 っ て 、 こ の 例 文 は "even if&" の 意 味 に 解 す べ き ケ ー ス で す 。 こ の よ う に 、 条 件 節 に should ( ま た は were (o) が 用 い ら れ る 形 を 仮 定 法 未 来 と 呼 ぶ こ と も 98

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


受 験 勉 強 に か ぎ ら ず 、 あ る 一 定 期 間 、 何 か に つ い て 徹 底 的 に 勉 強 し た 経 験 は 、 つ ぎ に 新 し い こ と を 学 ぼ う と す る と き に 大 き な ア ド バ ン テ ー ジ に な り ま す 。 だ か ら も し 、 こ れ か ら 英 語 を き ち ん と 勉 強 し よ う と 思 わ れ て い る か た が い る な ら 、 そ れ は 英 語 を 学 ぶ に と ど ま ら な い 意 味 が あ る ん だ と い う こ と を 、 ぜ ひ 心 に 留 め て お い て ほ し い で す ね 。 こ の 本 に 関 し て 言 え ば 、 僕 自 身 、 け っ し て 英 語 が 正 し く 読 め る よ う に な る 万 能 の 書 だ と は 思 っ て い ま せ ん 。 読 者 の か た に そ れ ま で 英 語 が 読 め な か っ た 原 因 の ひ と つ で も わ か っ て も ら え れ ば 、 そ れ だ け で も 出 版 し た 甲 斐 が あ っ た と い う も の で す 。 あ え て 挑 発 的 な 言 い 方 を す れ ば 、 自 分 の " 愚 か さ " を 知 る き っ か け に し て ほ し い で す ね 。 自 分 の 無 知 を 知 る こ と が 、 進 歩 へ の 第 一 歩 だ か ら で す 。 そ う い う 僕 自 身 、 い ま で も ち ょ っ と 気 を 抜 け ば す ぐ 誤 訳 を す る ( 笑 ) 。 ど ん な に 勉 強 し た っ て 完 璧 に な ん か な れ ま せ ん 。 だ か ら 、 謙 虚 さ が 大 事 な ん で す 。 道 の り は 長 い の で 、 と き に 楽 し み つ つ 、 そ れ で も や つ ば り 襟 を 正 し な が ら 、 が ん ば っ て ほ し い と 思 い ま す 。 ( イ ン タ ビ ュ ー 採 録 ・ 構 成 : 金 田 修 宏 ) 220

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


マ 訳 例 と 解 説 頭 か ら 文 末 ま で 自 由 に 移 動 で き 、 同 様 の 働 き を す る も の に however (=but) や therefore (=and) が あ り ま す 。 こ れ ら は 文 法 的 に は 副 詞 な の で す が 、 「 自 由 に 移 動 す る 接 続 詞 の よ う な も の 」 と 考 え て も 実 害 は な い か も し れ ま せ ん 。 細 か い 分 類 に こ だ わ る こ と よ り も む し ろ 、 実 際 の 英 文 で ど ん な ふ う に 使 わ れ る か 、 ど の 位 置 に は い る か を し つ か り 覚 え て く だ さ い 。 = though h owever 文 頭 か ら 文 末 ま で 自 由 に 移 動 で き る 接 続 詞 の よ う な も の 。 前 の 文 に 対 し て 「 に も か か わ ら ず 」 「 し か し 」 と 受 け る 。 そ し て 、 つ ぎ の 文 の ln fact に つ い て 。 ま ず 、 in fact を 見 た ら 機 械 的 に 「 実 際 」 や 「 事 実 」 と 訳 す 習 慣 を 捨 て 去 っ く わ し い 辞 書 を 見 て も ら え ば わ か り ま す が 、 て く だ さ い 。 in fact の あ と に 書 か れ て い る 内 容 は 、 前 文 の 具 体 例 で あ る こ と よ り も 、 前 文 を 強 調 す る ワ ン ラ ン ク 上 の 例 で あ る こ と の ほ う が 多 い く ら い な の で す 。 た と え ば 、 He's very wise. ln fact he's almost a genius. の よ う な 場 合 、 「 彼 は と て も 頭 が い い 。 実 際 、 ほ と ん ど 天 才 だ 」 な ど と 訳 し た と し て も 、 「 実 際 」 と い う 表 現 は 文 中 で ま っ た く 機 能 せ ず 、 無 意 味 に 浮 き あ が っ て い る だ け で す 。 こ う い う と き は 、 「 そ れ ど こ ろ か 、 天 才 だ と 言 っ て い い ほ 162

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


v 訳 例 と 解 説 A -91 、 Upon hearing 0f the new idea, Fred challenged → 新 し い 案 に つ い て 聞 く と す ぐ 、 フ レ ッ ド は 異 議 を 唱 え 0 ま ず は 「 日 本 語 化 し て い る 英 単 語 の 罠 」 に つ い て 。 chal- lenge は 日 本 語 の 「 チ ャ レ ン ジ す る 」 と 同 じ で は あ り ま せ ん 。 こ の 動 詞 の 訳 語 は い く っ か あ り ま す が 、 本 質 的 に は 「 ~ に 対 し て 挑 み か か る 、 攻 撃 す る 」 と い う 意 味 。 ボ ク シ ン グ の challenger を 思 い 浮 か べ て く だ さ い 。 こ の 問 題 の "challenge it ( = the idea)" は 、 そ の 案 に 対 し て 攻 め る 、 挑 み か か る と い う 意 味 で す か ら 、 「 異 議 を 唱 え る 」 「 反 発 す る 」 な ど の 訳 語 が ふ さ わ し い 。 つ ま り 、 そ の 案 を よ く 思 っ て い な い 、 低 く 評 価 し て い る か ら こ そ challenge す る の で す 。 こ で 「 挑 戦 す る 」 、 つ ま り 「 チ ャ レ ン ジ す と こ ろ が 、 る 」 と い う 訳 語 を あ て る と 、 そ れ は 「 や っ て み る 」 「 試 す 」 と い う 意 味 合 い を 持 ち ま す か ら 、 そ の 案 に 賛 成 し て い る 、 高 く 評 価 し て い る と い う 含 み が 生 ま れ 、 こ の 英 文 の 意 味 と は 正 反 対 に な っ て し ま い ま す 。 こ う い っ た 罠 に 陥 ら な い た め に は 、 月 並 み で す が 、 辞 書 を ま め に 引 く こ と を 習 慣 づ け る し か な い で し よ う 。 ー ⅵ challenge* チ ャ レ ン ジ す る 116

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


A-30 You should not buy new clothes because they are cheap. → 安 い か ら と い っ て 、 新 し い 服 を 買 う べ き で は な い 。 「 高 い か ら 」 な ら と も か く 、 「 安 い か ら 、 新 し い 服 を 買 っ て は い け な い 」 で は ど う も 意 味 が 通 り ま せ ん 。 こ は "buy new clothes because they are cheap" を ひ と ま と ま り と と ら え 、 そ の 個 所 全 体 が 否 定 さ れ て い る と 考 え て 、 「 ・ 。 安 い か ら 買 う " と い う こ と は い け な い 」 と 読 め ば つ じ つ ま が 合 い ま す 。 こ の よ う な 意 味 の 場 合 、 通 常 は because の 前 に just や only や simply が 挿 人 さ れ 、 本 来 は そ ち ら の ほ う が 美 し い 英 語 と さ れ て い る の で す が 、 現 実 に は こ の よ う な 悪 文 と 付 き 合 わ な く て は い け な い 場 合 も あ り ま す 。 >< You should not bu new clothes because they are cheap. 否 定 PARTA 基 礎 編 否 定 〇 You should not bリY=。壟9当=49庫鱸, 、 because [email protected]!gn Chea 否 定 47

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


4 助 動 詞 ・ 不 定 詞 助 動 詞 で 最 も 多 い 誤 読 ・ 誤 訳 は 、 完 了 形 を 後 ろ に 従 え た 形 の 意 味 の 取 り ち が え だ と 思 い ま す 。 と り わ け 、 must have と should have の 混 乱 が よ く 見 ら れ ま す 。 ま た 、 can と be able to 、 must と have to の 微 妙 な 差 異 も 、 こ の 機 会 に ぜ ひ 確 認 し て く だ さ い 。 不 定 詞 で は 、 形 容 詞 用 法 に お い て 、 直 前 の 名 詞 と to 不 定 詞 が ど の よ う な 関 係 に あ る の か 、 意 味 上 の 主 語 な の か 目 的 語 な の か 、 あ る い は そ の ど ち ら で も な い の か と い っ た こ と を 、 い つ で も 判 別 で き る 必 要 が あ り ま す 。 そ れ が で き な い と 、 こ み 人 っ た 文 に な っ た と き に わ け が わ か ら な く な る こ と が よ く あ る か ら で す 。