検索 - みる会図書館

検索対象: 陽影の舞姫Ⅰ

陽影の舞姫Ⅰから 230件ヒットしました。

陽影の舞姫Ⅰ


133 陽 影 の 舞 姫 I 自 身 、 自 覚 の な い ま ま に 。 そ し て 、 そ れ が 運 命 す ら も 巻 き こ む 序 章 と な る こ と を 、 彼 女 は 知 ら な か っ た 。 い や ー ー 恐 ら く 、 誰 に も 、 そ れ は わ か ら な か っ た ろ う ・

陽影の舞姫Ⅰ


138 金 と 青 の 色 違 い の 瞳 を 怒 り に き ら め か せ な が ら 、 彼 女 は 相 手 を 頭 か ら 無 視 す る こ と に し た 。 本 当 な ら 、 八 つ 裂 き に し て も 足 り な い が 、 こ れ 以 上 、 こ の 男 と 係 わ り を 持 つ ほ う が 、 よ ほ ど い や だ っ た 。 す い 、 と 男 の 横 を 通 り 過 ぎ よ う と し た そ の 腕 を 、 彼 は 不 意 に 掴 ん だ 。 彼 女 が ど う 思 お う と 、 黙 っ て 通 す 気 は な い ら し い 。 「 そ ん な に つ れ な い 態 度 を 取 る こ と は な い じ ゃ な い か 」 に や に や 笑 い な が ら 、 男 は か ら か う よ う に 言 う 。 冗 談 で は な い 、 と サ リ エ は 思 う 。 ご う か ん ど こ の 世 界 に 、 強 姦 さ れ か か っ た 上 に 、 誇 り を 踏 み に じ ら れ て 、 そ の 当 人 を 相 手 に 愛 想 良 く で き る 女 が い る と い う の か : ・ ど ん な に 悔 し く て も 、 対 抗 し か も 相 手 は 、 そ の 権 力 に よ っ て 、 完 全 に 守 ら れ て い る の だ ・ な ど で き な い 。 な ら ば せ め て 、 無 視 す る ぐ ら い の 権 利 は 認 め て ほ し い も の だ っ た 。 が 、 そ れ す ら も 相 手 は 許 し て は く れ そ う に な か っ た 。 思 え ば 、 こ の 卑 劣 な 男 は 、 自 分 の こ と を 虫 け ら ぐ ら い に し か 考 え て い な い に 違 い な い の だ 。 虫 の 感 情 な ど 、 人 間 は 気 に も 止 め な い : : : 特 に 、 こ ん な 男 は 。 「 離 し て 」 噛 み つ く よ う に 言 っ た が 、 男 は 意 に 介 し た 風 も な い 。 ま す ま す お か し そ う に 肩 を 揺 ら せ る だ か い

陽影の舞姫Ⅰ


134 「 落 ち つ い た か い ? 」 や さ し い 問 い か け に 、 サ リ エ は こ く ん 、 と う な ず い た 。 「 で は 、 お 帰 り 。 君 を 心 配 し て い る 人 の い る と こ へ 」 そ れ は 必 然 。 帰 ら な け れ ば 、 き っ と 彼 女 の 心 は ジ ル ヴ ァ ー ロ 一 座 ( と 飛 ん で し ま う 。 そ の こ と を フ ァ ー デ イ ス は よ く 知 っ て い た ー 丨 あ る 意 味 で 、 サ リ エ 自 身 よ り も 。 「 そ う ね 」 サ リ エ は な ん と か 立 ち 上 が り 、 も う 一 度 う な ず い た 。 こ の ま ま 、 こ の 人 の 腕 の 中 で 、 た だ 安 ら い で は い ら れ な い こ と を 、 彼 女 も 心 の ど こ か で わ か っ て い た 。 た と え 今 は 、 一 秒 で も 長 く 、 フ ァ ー デ ィ ス と 一 緒 に い た い 、 と 願 っ て い て も 、 そ れ が 永 遠 に は 望 め な い こ と を 、 わ か っ て い た の だ 。 け れ ど 、 つ き ま と う 不 安 。

陽影の舞姫Ⅰ


150 無 理 に 明 る く 振 る 舞 っ て い る の が 感 じ ら れ て 、 サ リ エ は そ っ と 唇 を 噛 ん だ 。 「 姐 さ ん ・ : : ・ 」 「 う ん ? な ん だ い ? 急 用 じ ゃ な き や 、 あ と に し て く れ な い か い ? 」 自 ら も 後 片 付 け に 忙 し い ら し い 金 銀 の 歌 姫 は 問 い 返 す 。 「 聞 い て 、 い い ? 」 て き ば き と 、 自 分 の 使 う 小 物 を そ こ こ こ か ら 拾 い 上 げ て い く サ ヴ ァ ロ ー ラ の 背 中 に 、 彼 女 は 告 げ た 。 「 も し か し て : : : こ の 騒 ぎ は わ た し の た め な の ? 」 一 一 一 口 っ て し ま っ て か ら 、 し ま っ た 、 と 思 う 。 ジ ル ヴ ァ ー ロ と い い 、 こ の サ ヴ ァ ロ ー ラ と い い 、 普 段 は あ か ら さ ま す ぎ る ぐ ら い に 正 直 な く か ば せ に 、 こ と 人 を 庇 う だ ん に な る と 、 と た ん に 態 度 が 変 化 す る の だ 。 決 し て 、 そ ん な 問 い に う な ず い た り は し な い : : : 相 手 に 負 担 を か け な い た め に 、 彼 ら は ど ん な 嘘 だ っ て 口 に す る の だ 。 は た し て 、 サ ヴ ァ ロ ー ラ は 一 瞬 の 後 、 わ け が わ か ら な い 、 と い う 顔 ー ー も ち ろ ん 、 長 い っ き あ い だ か ら 、 そ れ が 作 ら れ た も の で あ る こ と は 、 サ リ エ に は わ か っ た の だ け れ ど ー ー ・ で 振 り 向 い た 。 「 な に を 言 っ て る ん だ か 、 あ た し に は わ か ら な い ね 。 親 父 さ ん が 決 め た ん だ よ 。 な ん な ら 親 父 さ ん に 聞 け ば い い 。 だ け ど ! 」 ね え

陽影の舞姫Ⅰ


先 は 三 人 三 様 ば ら ば ら だ っ た 。 そ う 、 声 は ど こ か ら と も な く : : : ま る で 、 部 屋 の 四 方 そ れ ぞ れ か ら 発 せ ら れ た か の よ う に 、 響 き わ た っ た の で あ る 。 た く ら 「 そ の 手 順 も 踏 ま ず 、 意 中 の 女 性 の 心 よ り 先 に 体 を : : : そ れ も 、 カ ず く で 征 服 し よ う と 企 む と 声 の 主 を 必 死 に 探 そ う と す る 三 人 を 、 ま る で あ ざ 笑 う か の ご と く 、 声 は 見 事 に 響 き わ た る : サ リ エ に さ え 、 そ の 声 が ど こ か ら 聞 こ え る の か わ か ら な か っ た 。 「 誰 だ 岬 姿 を 現 せ ! こ こ は わ た し の 屋 敷 だ ぞ ! 」 ふ さ 虚 勢 を 張 る 男 は 、 し か し 震 え て い た 。 口 を 塞 が れ て さ え い な け れ ば 、 笑 い だ し て し ま い そ う こ つ け い な : : : 滑 稽 な 、 そ の 姿 。 の ぞ 「 出 て こ い ! こ の い や ら し い 覗 き 見 野 郎 ! 」 そ う は く 蒼 白 な 顔 で 男 が わ め い た そ の 瞬 間 窓 が 、 開 い た ー ー 凍 り つ く よ う な 風 が 、 室 内 に 流 れ こ ん で く る 。 は た め く 、 ビ ロ ー ド の カ ー テ ン : ・ ・ : 深 緑 の 。 「 い や ら し い : : : に い や ら し い だ っ て : 実 に 不 愉 快 そ う な 声 が 、 ま た 響 く 。 「 い や ら し い と は 、 い っ た い 誰 の こ と だ ね ? お 前 ご と き に そ の よ う な こ と を 言 わ れ る 筋 合 い

陽影の舞姫Ⅰ


176 「 い や : : : 行 か な い 。 そ ち ら に は 、 行 け な い ! 」 き び す そ の ま ま 、 踵 を 返 し て し ま い た か っ た ー ー ー 屋 敷 を 飛 び 出 し 、 ど こ か こ の 気 配 か ら 完 全 に 隔 て ら れ た 場 所 へ と 逃 げ た か っ た 。 そ の 時 、 女 が 笑 っ た の だ 。 「 行 け ぬ こ と は あ り ま せ ん で し よ う ? 」 に た り 、 と え も い え ぬ 、 笑 み 。 ぞ っ と す る よ う な ー ー 背 筋 が 凍 り つ い て し ま い そ う な 。 「 さ あ : : : 若 様 が お 待 ち で ご ざ い ま す よ 」 促 し な が ら 、 女 は サ リ エ の 手 首 を ん だ ー ー ・ そ の 握 る 力 の 強 さ ! 女 と は 思 え な い 。 わ し づ か 恐 怖 が 、 サ リ エ の 心 臓 を 鷲 攫 み す る 、 な に か 、 と ん で も な い 場 所 に 、 自 分 が 迷 い こ ん で し ま っ た よ う な 錯 覚 : : : い や 、 そ れ は 錯 覚 な ど で は な か っ た 。 事 実 、 彼 女 は 、 自 分 が 恐 ろ し い 場 所 へ 飛 び こ ん で し ま っ た こ と を 、 こ の 時 は っ き り と 確 信 し た の だ ! 「 い や : : : い や よ ! こ ん な 場 所 は い や : : : あ な た は 平 気 な の 岬 こ ん な 淀 ん だ : : : 汚 い ! 変 だ と 思 わ な い の こ こ は 違 う わ : : : な に か 違 う わ ! 」 そ の 場 に 座 り こ ん で 動 く ま い と し た 。 絶 対 に 、 こ れ 以 上 先 に は 行 き た く な か っ た 。 も し も 力 が あ る の な ら 、 女 を 引 き ず っ て で も 、 飛 び 出 し て 行 き た か っ た 。 こ お よ ど

陽影の舞姫Ⅰ


154 ジ ル ヴ ァ ー ロ は な に も 言 わ な か っ た 。 け れ ど 、 そ の 瞳 に 浮 か ぶ 光 は 物 問 い た げ で : : : な ぜ 、 ま な ざ 突 然 そ ん な こ と を 言 い だ す の か 、 と な ま な か の 嘘 な ど 見 抜 い て し ま い そ う な 厳 し い 眼 差 し だ っ た の を 覚 え て い る 。 だ ま 騙 す 、 し か な か っ た 。 そ れ は 心 の 痛 む 行 為 で は あ っ た け れ ど 、 彼 ら を 危 険 に 巻 き こ む こ と は で き な か っ た か ら 。 サ リ エ は 言 葉 を 探 し た 。 彼 ら を 納 得 さ せ る だ け の 理 由 を ー ー な ん と し て も で っ ち あ げ な け れ ば な ら な か っ た 。 意 外 と 自 分 に 嘘 つ き の 才 能 が あ る こ と を 、 こ の 時 彼 女 は は か ら ず も 自 覚 し た 。 『 迎 え に 、 来 て く れ た の : : : あ の 人 が 』 す る り 、 と 口 を 突 い て 出 て き た 言 葉 。 『 あ の 人 ? 』 サ ヴ ァ ロ ー ラ は し か つ め ら し い 顔 に な る 。 そ れ は そ う だ ろ う : : : サ リ エ は フ ァ ー デ ィ ズ の こ と な ど 、 明 か し た こ と は な か っ た の だ か ら 。 神 妙 に う な ず い て 、 彼 女 は フ ァ ー デ ィ ス の こ と を 語 っ た 。 幼 い 頃 、 出 会 っ た こ と も ち ろ ん 、 彼 が ふ わ ふ わ と 宙 に 浮 い て い た こ と は 意 図 し て 外 し た け れ ど ー ー ー い っ か 迎 え に 来 る 、 と 約 束 し て く れ た こ と 。 そ し て 、 こ の ラ ノ ー ヴ で 、 偶 然 に も 再 会 し た こ と 。

陽影の舞姫Ⅰ


。 た 。 こ ん な 風 に 、 人 前 で 泣 い た の は 、 実 に 十 年 ぶ り の こ と 。 「 サ リ : : ね え 、 サ リ に 」 あ わ 突 然 の こ と に 、 サ ヴ ァ ロ ー ラ も ま た 、 慌 て た ら し か っ た 。 ぼ ろ ぼ ろ と 涙 を 流 し 、 言 葉 も な く 泣 き つ づ け る 彼 女 の 肩 を 、 歌 姫 は し つ か り と 抱 き し め た 。 「 馬 鹿 、 だ よ : : : あ ん た は 馬 鹿 だ よ 。 な ん で 、 こ ん な こ と : : : 黙 っ て : : : 」 サ ヴ ァ ロ ー ラ の 声 も 震 え て い た 。 母 親 の 腕 の 中 を 思 わ せ る 、 温 か い ぬ く も り の 中 で 、 サ リ エ は ゆ っ く り か ぶ り を ふ っ た 。 わ た し 、 逃 げ た の 。 一 昨 日 、 わ た し を こ こ ま で 送 っ て 「 違 う の : : : ち が う 、 の 、 姐 さ ん ・ く れ た 人 が 、 助 け て く れ た の 。 あ い つ ら 、 三 人 で : : : よ っ て た か っ て : : : わ た し 、 な ん で こ ん 。 で も 、 そ の せ い な 思 い し な く ち ゃ い け な い の か っ て : : : そ の 時 、 あ の 人 が 助 け て く れ て : で ・ ・ ・ ・ : わ た し が 逃 げ た せ い で : ・ ・ : こ ん な こ と に な っ て ・ : ・ : だ か ら : ・ ・ : 」 言 え な か っ た 。 最 後 の ひ と こ と は 、 と て も 声 に は な ら な か っ た 。 そ ん な サ リ エ を 、 サ ヴ ァ ロ ー ラ は き つ く き つ く 抱 き し め た 。 い や 、 わ か っ て る よ 、 あ ん た は そ う い う と こ に 、 い や に 気 を つ 「 な に を 水 臭 い こ と を : か う か ら ね え 。 ど う せ 、 こ ん な こ と を 言 え ば 、 親 父 さ ん が ど う い う 反 応 を 示 す か 想 像 つ く か ら っ て こ と で 、 黙 っ て た ん だ ろ う ? 馬 鹿 だ よ : ・ ・ 本 当 に 馬 鹿 だ ね え 。 怖 か っ た ろ う に : : : 三 人

陽影の舞姫Ⅰ


こ の 本 が 出 た ら 、 ま ず 怒 っ た り 、 嘆 い た り な さ る 読 者 の 方 が ー ー 特 に 事 情 を ご 存 じ な い 方 が ( と う と っ 多 数 い る と 思 う の で 、 ま ず 最 初 に 説 明 い た し ま す ( お お 、 な ん て 唐 突 な 出 だ し だ 。 か っ て こ ん な 出 だ し の あ と が き を 書 い た こ と は な い ぞ 、 私 は ) 。 こ の 作 品 ー ー 陽 影 の 舞 姫 ー ー は 、 現 在 隔 月 刊 『 コ バ ル ト 』 で 連 載 中 の 作 品 で ご ざ い ま す 。 新 は や が て ん 作 書 き 下 ろ し じ ゃ な い の よ ー っ つ 、 早 合 点 し て 怒 ら な い で ね 。 い や 、 書 き 下 ろ し の 新 作 が 遅 れ に 遅 れ て る の は 事 実 だ か ら 、 そ の こ と は 怒 ら れ て も 仕 方 な い け ど 。 で も 、 あ ん ま り 怒 ら な い で 。 最 近 気 弱 な 私 で す 。 と で も 、 だ か ら っ て こ こ ぞ と ば か り に 攻 撃 し て こ な い よ う に ( し つ か り 予 防 線 張 る あ た り が 、 あ 気 弱 に な っ て る 証 拠 だ な あ ) 。 ど と う し や く ね っ 灼 熱 の 太 陽 と 、 怒 濤 の 湿 度 の ダ ブ ル 攻 撃 ー っ つ 、 の 佐 賀 か ら 引 っ 越 し た 私 は 、 例 年 の 『 夏 バ 、 あ ど か 医 、

陽影の舞姫Ⅰ


こ と は で き る 。 け れ ど ー ー あ の 部 屋 で 待 っ て い る の は 。 サ リ エ を 根 底 か ら 変 え て し ま う な に か 、 だ 。 そ れ が な ん な の か 、 わ か る は ず も な か っ た が 、 そ の こ と だ け は は っ き り と 、 サ リ エ は 確 信 し て い た 。 「 い や : サ リ エ は 走 り だ す ー ー 少 な く と も 、 走 り だ そ う と は し た の だ 。 だ が 、 す で に 遅 か っ た ! え り く び 男 は 素 早 く 彼 女 の 腕 を 捕 ら え 、 し か も ・ こ 丁 寧 に そ の 襟 首 の 後 ろ ま で も う 片 方 の 手 で 掴 ん だ の で あ る ! 「 逃 げ る こ と は あ る ま い が 」 思 う よ う に 力 の 人 ら ぬ サ リ エ の 身 体 を 横 抱 き に し て 、 男 は 耳 元 に さ さ や き か け る 。 「 そ も そ も 、 こ こ へ 来 た の は お 前 の 意 志 な ん だ か ら な 」 耳 に か か る 生 暖 か い 男 の 息 が 不 快 で 、 サ リ エ は ま す ま す も が く 。 「 こ ん な こ と だ な ん て 聞 か な か っ た わ ! い や よ : : : あ の 部 屋 は い や ! 」 舞 影 な ん と か 、 逃 げ だ さ な け れ ば な ら な か っ た 。 え ん ざ い ジ ル ヴ ァ ー ロ の こ と や 、 両 親 の 冤 罪 の 証 拠 の こ と ま で 、 こ の 時 の サ リ エ の 脳 裏 か ら は 消 え 去 っ て い た ー ー ・ た だ 恐 ろ し く 、 た だ 逃 げ た か っ た 。