検索 - みる会図書館

全データから 211363件ヒットしました。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン


CONTENTS い ま さ ら 聞 け な い ビ ッ ト コ イ ン と プ ロ ッ ク チ ェ ー ン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン


CONTENTS い ま さ ら 聞 け な い ビ ッ ト コ イ ン と プ ロ ッ ク チ ェ ー ン

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


マ 訳 例 と 解 説 A -39 I listened to everything he told me to. → わ た し は 、 彼 が 聞 け と 命 じ た こ と す べ て を 聞 い た 。 文 末 の to を 見 落 と し て は い ま せ ん か 。 to が な け れ ば 単 に 「 彼 の 発 言 を 全 部 聞 い た 」 こ と に な り ま す が 、 こ の to は 理 由 も な く つ い て い る の で は な く 、 あ と に 動 詞 が 省 略 さ れ て い る し る し で す 。 省 略 さ れ て い る 動 詞 は 、 も ち ろ ん listen 以 外 に 考 え ら れ ま せ ん ね 。 つ ま り 、 こ れ は 「 彼 が 聞 け と 命 じ た こ と す べ て を 聞 い た 」 と な り 、 微 妙 に 意 味 が 異 な り ま す 。 何 も か も 聞 い た の で は な く 、 指 示 さ れ た こ と だ け に 注 意 を 傾 け た の で す 。 I listened to everything he told me to [listen]. 1 之 文 末 に to が あ る と き は 、 何 が 省 略 さ れ て い る か を 考 え る べ き 。 58

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


「 ふ ん ぎ り が っ か な い ん だ 、 今 の 生 活 も 何 か 楽 し い し 」 声 だ け が 聞 こ え る 。 「 そ れ は 私 も 同 じ よ 。 こ の ま ま 三 人 で 暮 ら し て ゆ け た ら い い の に な あ っ て 思 っ て る わ 」 る り 子 は 新 聞 を 広 げ る 。 政 治 も 経 済 も 興 味 は な い 。 求 人 欄 に 目 を 通 す 。 そ し て た め 息 を つ く 。 ロ ク な 仕 事 は な い 。 ち ょ っ と い い な と 思 う の は 新 卒 と 書 か れ て あ る 。 「 あ の さ 、 萌 さ ん の こ と な ん だ け ど 」 「 萌 が ど う か し た ? 新 聞 に 目 を 落 と し た ま ま 答 え た 。 「 柿 崎 さ ん と 何 か あ っ た み た い な ん だ 」 「 何 か っ て 、 何 ? 」 「 あ の ふ た り 、 ダ メ に な っ ち ゃ う か も し れ な い よ 」 さ す が に る り 子 は 新 聞 か ら 顔 を 上 げ た 。 「 な ん で 」 「 離 婚 す る は ず だ っ た 奥 さ ん が 帰 っ て 来 た み た い な ん だ 」 「 立 ち 聞 き ? 」 「 た ま た ま 電 話 が 聞 こ え ち ゃ っ た ん だ よ 。 こ ん な 狭 い 家 な ん だ か ら 、 し よ う が な い だ ろ 」 「 ふ , つ ん : : : 」 る り 子 は 息 を 吐 い た 。 ど う い う わ け か 、 萌 は あ ま り 男 運 が よ く な い 。 萌 自 身 が 、 恋 愛 に 関

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


第 1 章 そ の 話 し 方 は 、 こ の 「 崩 し 」 で 見 違 え ま す 頭 の 中 で は 別 の こ と を 考 え な が ら 聞 い て い る か も し れ ま せ ん 。 あ な た の ス ピ ー チ を 一 言 一 句 集 中 し て 聞 い て く れ て い る 人 は 、 残 念 な が ら 一 人 も い ま せ ん 。 大 半 の 人 が 聞 き 流 し て い る の で す 。 そ ん な 状 態 で 聞 い て い て も す ぐ に 意 味 が わ か る よ う に 簡 単 な 言 葉 で 話 す こ と が 大 事 で す 。 と 思 っ て い 私 は 視 聴 者 が ニ ュ ー ス 原 稿 の 一 言 一 句 す べ て を 聞 い て い な く て も い い ま す 。 九 割 聞 い て い な く て も 、 大 事 な 一 割 た け を 聞 い て も ら え れ は 十 分 で す 。 話 し 0 手 は 、 と こ が 大 事 な 一 割 な の か を わ か る よ う に 話 す こ と が 重 要 で す ニ ュ 1 ス の 言 葉 が 難 し い 、 カ タ い 、 と 思 わ れ て し ま う の は 、 日 常 の 「 話 し 言 葉 ー で は 使 わ な い 表 現 が 多 い か ら で す 。 か っ て コ ラ ム ニ ス ト の 天 野 祐 吉 氏 が 、 「 Z の ニ ュ ー ス は 新 聞 の 原 稿 を 読 ん で い る よ う に 聞 こ え る も の が 多 い 」 と 指 摘 な さ っ て い ま し た 。 新 聞 は 紙 面 で す か ら 当 然 「 書 き 言 葉 ー で す 。 そ れ に 対 し て テ レ ビ ・ ラ ジ オ は 「 話 し 言 葉 ー で な く て は な ら な い の に 、 「 書 き 一 言 葉 ー の ま ま 話 し て い る と い う こ と で し よ う 。 私 た ち が 人 前 で 話 す と き に も 同 じ 傾 向 が あ り ま す 。

ありさの「虐待日記」


166 に 課 せ て い た ん だ と 思 う 六 あ り さ さ ん に 何 か し て あ げ ら れ る こ と は あ り ま せ ん か ( 答 ) 彼 女 が 話 し を 聞 い て 欲 し い と 私 に 望 む な ら 、 話 を 聞 く 。 け ど 、 望 ん で も い な い の に 行 動 は で き な い 。 お せ つ か い に な っ て 彼 女 の 新 た な ス ト レ ス に な る と 思 う か ら だ け ど 、 「 い つ で も 話 し を 聞 く よ 」 っ て 態 度 を 見 せ て 行 き た い と 思 う 。 七 あ り さ さ ん は 、 ど う す れ ば 楽 に な る と 思 い ま す か ( 答 ) 今 、 彼 女 の 真 実 が 見 え な い か ら 、 ど う と も 言 え な い の 通 り な ら 、 苦 し ん で る と は 思 え な い 私 の 想 像 通 り な ら 、 誰 か に 話 し を 聞 い て も ら っ て 受 け 入 れ て も ら う 事 を お 勧 め し た い 。 私 は 彼 女 の 「 わ が 子 が 嫌 い 」 っ て 気 持 ち は 受 け 入 れ ら れ る け ど 、 「 だ か ら 虐 待 す る の が 正 し い 」 と い う 部 分 は 受 け 入 れ ら れ な い

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


話 し て い ま せ ん か ? 「 な が ら 聞 き 」 で も わ か る 言 葉 を 使 い ま し よ う ニ ュ ー ス の 仕 事 を 始 め た 当 初 、 「 中 学 校 二 年 生 が わ か る レ ベ ル の 簡 単 な 言 葉 で 原 稿 を 書 く よ う に 」 と 指 導 さ れ ま し た 。 テ レ ビ や ラ ジ オ の 視 聴 者 は 「 な が ら 見 」 「 な か ら 聞 き を し て い る こ と が 多 一 い か ら で す 。 朝 の 支 度 を し な が ら 7 時 の ニ ュ ー ス を 見 る 、 昼 食 を と り な が ら 正 午 の ニ ュ ー ス を 見 る 、 仕 事 か ら の 帰 宅 途 中 に タ 方 の ニ ュ ー ス を 街 頭 で 見 か け る 、 と い う 具 合 で す 。 ス ピ ー チ も 同 じ で す 。 集 ま っ た 人 た ち は 「 な が ら 聞 き ー を し て い ま す 。 隣 の 人 と お し ゃ べ り を し な が ら 、 食 事 を と り な が ら 、 あ る い は 、 聞 い て い る よ う に み え て も 「 書 き 言 葉 」 の ま ま

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


こ の 本 は 、 朝 日 新 聞 「 緑 の 」 2005 年 3 月 日 52007 年 月 日 連 載 の 「 今 さ ら 聞 け な い 」 か ら 102 項 目 を 選 び 一 冊 に ま と め た も の で す 。 本 文 と 図 版 の 一 部 は 、 2 008 年 2 月 現 在 に 加 筆 修 正 し て い ま す 。 本 文 ・ 図 版 に 登 場 す る 人 物 の 肩 書 き や 組 織 名 な ど は 、 朝 日 新 聞 掲 載 時 の も の で す 。

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


〉 話 し べ タ に は 共 通 点 が あ る の 話 し べ タ は 往 々 に し て 、 こ の 「 聞 < 」 が よ < で き て い な い 人 な の で は な い で よ て し よ う 。 「 聞 < 、 は 「 話 す 」 こ と を 前 提 に 成 り 立 っ て い ま す 。 こ の こ と を 忘 く な れ て 、 「 何 を 話 そ 一 つ な ? ど 一 つ や っ て 話 す な ? 」 と 自 分 の こ と ば な り 考 え て い 方 し た の で は 、 い つ ま で た っ て も 上 手 な 話 し 方 は 身 に つ き ま せ ん 。 方 る き ~ き い 聞 は す な わ ち 、 自 分 の 話 が 、 「 ど の よ 一 つ に 受 け 取 ら れ る な ? 自 分 の 話 し ぶ り や 聞 て る 私 の っ す 、 う 度 ・ 表 情 な ど が 、 ど の よ 一 つ に 相 手 の 目 に 映 る の だ 0 つ な ? ー と い う 相 手 サ イ け ま 釈 ~ 付 決 解 は お ) に 立 00 考 え る 「 」 と が 求 0 ら れ る 00 す 。 一 め に く と 方 て ブ 決 ~ よ こ き し 話 し べ タ な 人 と は 、 そ も そ も 「 聞 < 」 と い 一 つ 行 為 を 、 ま る で 「 休 憩 」 の よ 一 つ タ や せ 合 う 聞 流 の み う 都 い な き に 考 え て い な い で し ょ 一 つ な 。 傾 聴 の 「 聴 」 と い う 字 は 、 見 事 に 話 を 「 聴 < 」 こ 方 込 ど に と 的 聞 き い → 分 → 礼 → と の 難 し さ を 表 わ し て い ま す 。 聞 思 自 儀 「 耳 」 を 大 き < ( 耳 偏 ) 、 話 し 手 よ り も 「 十 四 」 倍 の エ ネ ル ギ ー を 使 っ て 、 し な も 「 心 」 で 「 聴 」 < の で す 。 相 手 の 話 が よ < 聞 け た な ら ば 、 内 容 を 正 確 に 理 解 し て 、 相 手 の 心 ま で 汲 み 取 る こ と が で き る の で す 。 こ の こ と こ そ が 、 「 話 し 上 手 は 、 聞 き 上 手 」 と い わ れ る 理 由 な の で す 。

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


聞 き 手 の 分 析 を す る 》 「 人 を 見 て 法 を 説 け 」 「 上 手 に 話 す 、 と い 一 つ と 、 「 何 を 話 そ う な ? , 「 ど の よ 一 つ に 話 そ う な ? 」 と 考 え て し ま い が ち で す 。 と こ る が 、 こ の 考 え 方 が 結 果 的 に マ イ ナ ス に な っ て し ま う の で す 。 自 分 自 身 が 話 す こ と ば な り に と ら わ れ て し ま い 、 「 聞 き 手 不 在 」 あ る い は 「 独 り よ が り 」 の 話 に な っ て し ま 一 つ な ら で す 。 で は 、 ど 一 つ し た ら よ い な と い う と 、 自 分 が 話 そ う と す る 話 題 や 内 容 が 、 「 聞 き 手 に ど う 聞 こ え る な ? - 「 ど う 解 釈 さ れ る の な ? ー を 考 え て 、 表 現 を 工 夫 す る こ と で す 。 つ ま り 、 自 分 自 身 の 話 し ぶ り が 「 聞 き 手 に ど う 映 る の な ? 相 手 の 理 解 度 な ど を し つ な り 意 識 し て あ な け れ ば な り ま せ ん 。