検索 - みる会図書館

全データから 213282件ヒットしました。

いらっしゃいませ アパレルガール ショップ店員の日常、裏側見せちゃいます


い ら っ し ゃ い ま せ ! シ ョ ッ プ 店 員 の 日 常 、 寝 側 見 せ ち ゃ い ま す APPAREL → H 0 ! PHP ふ あ び お [ 著 丿

いらっしゃいませ アパレルガール ショップ店員の日常、裏側見せちゃいます


く 著 者 紹 介 〉 ふ あ び お 高 校 卒 業 後 、 ア パ レ ル 業 界 で 働 く 。 そ の 後 大 学 へ 入 学 、 卒 業 後 は デ ザ イ ナ ー と し て 勤 務 し つ つ 、 フ リ ー の イ ラ ス ト レ ー タ ー と し て も 活 動 。 オ タ ク で 多 趣 味 。 血 圧 は 低 い け ど テ ン シ ョ ン は 高 い 。 お 金 は 無 い け ど 元 気 だ け は あ る 。 装 幀 永 井 貴 い ら っ し ゃ い ま せ ア バ レ ル ガ ー ル シ ョ ッ プ 店 員 の 日 常 、 裏 側 見 せ ち ゃ い ま す 2011 年 10 月 4 日 第 1 版 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 制 作 協 力 組 版 印 刷 所 製 本 所 ふ あ び お 安 藤 卓 株 式 会 社 P H P 研 究 所 東 京 本 部 〒 102-8331 千 代 田 区 一 番 町 21 コ ミ ッ ク 出 版 部 谷 03-3239-6288 ( 編 集 ) 普 及 一 部 谷 03 ー 3239-6233 ( 販 売 ) 京 都 本 部 〒 601-8411 京 都 市 南 区 西 九 条 北 ノ 内 町 11 PHP INTERFACE http://www.php.co.jp/ 株 式 会 社 PHP ェ デ イ タ ー ズ ・ グ ル ー プ 図 書 印 刷 株 式 会 社 ⑥ Fabio 2011 printed ⅲ Japan 落 丁 ・ 乱 丁 本 の 場 合 は 弊 社 制 作 管 理 部 ( 谷 03-3239-6226 ) へ ご 連 絡 下 さ い 。 送 料 弊 社 負 担 に て お 取 り 替 え い た し ま す 。 ISBN978-4-569-79890-5

コミック版 あらゆる領収書は経費で落とせる


ト 新 第 8 話 ニ セ 領 収 書 は 暴 か れ る ・ - 句 な こ 店 じ れ 長 や グ , , ツ 見 、 て ん そ ん な こ と な い で す 3 万 円 ち ょ っ と , ん 、 ん っ ? ′ 結 構 高 い じ ゃ な い あ ら し い 財 布 ね ! 高 か っ た ん じ ゃ な い ? ・ 僕 た っ て そ の く 、 ら い 出 せ ま す よ 昨 日 裏 ワ ザ で 臨 時 ポ 1 ナ ス 入 っ た し ー マ マ は 優 し い な あ ) 裏 ワ ザ ? ふ ふ ん 白 紙 の 領 収 書 も ら っ た ん で す ス ナ ッ ク の マ マ が 好 き な 金 額 書 き な さ い っ て 3 万 円 を 6 万 円 て 書 い た ん た

食品の裏側2 実態編


っ て も 過 言 で は あ り ま せ ん 。 コ ン ビ ニ で は 相 変 わ ら ず 添 加 物 が 使 わ れ た 弁 当 や お に ぎ り が 大 量 に 売 り さ ば か れ 、 外 食 チ ェ 1 ン 店 で は 輸 入 食 品 、 調 理 済 み 食 品 が 電 子 レ ン ジ で 加 熱 さ れ て 配 膳 さ れ ま す 。 今 回 、 『 食 品 の 裏 側 』 の 第 2 弾 を 出 さ せ て い た だ く に あ た っ て 、 私 が ど う し て も み な さ ん に お 伝 え し た か っ た こ と が あ り ま す 。 そ れ は 私 た ち が 日 常 の 食 生 活 で 、 知 ら な い う ち に ど れ だ け 大 量 の 添 加 物 を 口 に し 、 大 量 の 塩 分 、 糖 分 、 油 分 を と っ て い る か と い う こ と で す 。 表 示 を 見 て 選 ん で い て も 、 そ こ に は 書 か れ て い な い 、 隠 れ た 部 分 で 、 添 加 物 が 使 わ れ て ( る と い う 現 実 が あ り ま す 。 そ の 陰 に 隠 れ た 部 分 を 、 み な さ ん に わ か り や す い 形 で お 見 せ す る の が 私 の 役 割 だ と 考 え て い ま す 。 本 書 で は そ れ を で き る 限 り 公 開 し 、 み な さ ん の 選 択 の お 手 伝 い が で き れ ば と 思 っ て い ま す 。 『 食 品 の 裏 側 』 を 出 し て 以 降 、 あ り が た い こ と に 全 国 か ら 講 演 に 呼 ば れ る よ う に な り ま し た 。 半 分 以 上 が 行 政 主 催 で あ り 、 医 師 会 、 栄 養 士 会 な ど 公 共 的 な 立 場 の 方 々 か ら の 依 頼 も 多 く あ り ま す 。 2012 年 8 月 に は 衆 議 院 議 員 会 館 に お い て 、 消 費 者 庁 、 超 党 派 の 議 員

いらっしゃいませ アパレルガール ショップ店員の日常、裏側見せちゃいます


鼻 声 で 「 い ら 0 し ゃ い ↑ ま す う え ↓ ' 」 さ に を い 出 3 。 、 つ イ メ ー ジ で は あ り ま せ ん 実 際 に ・ 一 = ロ っ マ い ま す 猛 烈 に 言 っ マ い ま す シ ョ ッ プ 店 員 と い え ば 猛 烈 に 言 っ マ い る だ け で は な い 変 な 声 で 「 い ら っ し ゃ い ま す う え 」 訓 練 が あ る の だ と 言 っ マ い る イ メ ー ジ あ り ま せ ん か ? 2 , ん い ら っ し ゃ い ま せ ′ い ら っ し ゃ い ↑ ま す え ↓ い ら っ し ゃ い ま せ ー ↓ い ら っ し ゃ い ↑ ま す う え ↓ ! ! い ら っ し ゃ い ま ・ 全 然 だ め ! ! ま た 。 あ の 変 な 声 を 出 し た ぐ な い と い う 「 身 上 の 都 合 に 十 よ ・ な か な か 習 得 で き ず に い た = 私 は も と も と 音 応 が な く 肺 活 量 も な く い ・ ・ ・ い ら っ し ゃ い ↑ ま す う え ↓ 000

いらっしゃいませ アパレルガール ショップ店員の日常、裏側見せちゃいます


い ら っ し や っ せ ! 、 つ . 、 つ 声 出 し す ぎ て 一 喉 が 痛 い : ね え ち ょ っ と な ん で 黙 っ て ん の ? 常 に 声 出 し し て よ ハ ハ 4 は ひ い っ す み ま せ ん っ リ 0 0 7 こ こ は 八 百 屋 さ ん か リ ま だ 聞 こ え な い よ っ ". い ら っ し ゃ い ま せ " い ら っ し ゃ い ま せ ー も っ と い ら っ し ゃ い 少 八 他 店 Good 扣 b ・ ・ ・ し 肺 活 量 の 少 な い 私 を 救 っ て く れ て だ 屋 あ り が と う ・ ・ ・ け さ 取 ん ま 状 っ 能 。 ~ 「 う る せ ェ 」 と 「 苦 情 が あ っ た ら し く 0

食品の裏側2 実態編


し い ま す が 、 し か し 、 ひ っ く ー の は お 買 い 得 だ か ら つ い つ い 買 っ て し ま う と 、 り 返 し て 「 裏 側 」 を 見 れ ば そ の 仕 組 み 、 カ ラ ク リ が わ か り ま す 。 ズ ラ リ と 並 ん だ 「 台 所 に は な い 添 加 物 が そ の こ と を 何 よ り 物 語 っ て い ま す 。 ま た 冷 凍 食 品 の 「 半 額 割 引 」 は 、 客 寄 せ の た め の 演 出 で す 。 公 正 取 引 委 員 会 の 指 導 も あ り 、 い つ の こ ろ か ら か 定 価 の 半 額 の 表 現 が 、 「 通 常 価 格 」 ま た は 、 「 希 望 価 格 の 半 額 」 な ん と も あ い ま い な 表 現 に な っ て い ま す 。 も ち ろ ん メ 1 カ ー 、 ス 1 パ 1 も 半 額 を 見 越 し て の 利 益 は 確 保 し て い ま す 。 本 物 は 「 値 ( 段 ) が は る 」 と い う 考 え 方 が 、 正 し い の で は な い で し よ う か 添 加 物 入 り 食 品 は 安 く 買 え る の に 、 添 加 物 を 使 っ て い な い 伝 統 的 な 本 物 は 、 出 費 が か さ む か ら 「 ム ダ 使 い 」 と お っ し や る 主 婦 の 方 が い ら っ し ゃ い ま し た 。 そ う 思 う の も 仕 方 が な い こ と か も し れ ま せ ん 。 し か し あ る 日 突 然 、 自 分 が よ く 利 用 し て い た 食 品 に 入 っ て い た 添 加 物 が 、 発 が ん 物 質 と 発 表 さ れ る 。 そ の こ と を 知 っ た と き ど う で し よ う 。 あ る い は 添 加 物 の 間 接 的 な 影 響 で 、 塩 ィ ー し オ た し J 田 5 , ん る で 分 、 糖 分 、 油 分 の 摂 り す ぎ で 健 康 を 失 っ た と き 、 は た し て 「 ム ダ 吏 、 」 。 ー ) よ , フ カ 200

タウトク 2016年 10月号


望 の 詩 109 徳 島 市 高 2 年 嵐 裕 輝 ク ン ・ 徳 島 の 発 展 に 寄 与 し ま す 。 ・ フ ァ ン ( FUN ) が い つ は い の 店 舗 を 創 り ま す 。 ・ 社 員 ・ ク ル ー 共 に 育 ち 成 長 し ま す 。 【 サ ン フ ォ ー ト 経 営 理 念 】 株 式 会 社 サ ン フ ォ ー ト マ ク ド ナ ル ド を 徳 島 県 内 で 12 店 舗 展 開 ! フ ァ ン レ タ ー 待 っ て ま す 髪 型 を キ メ る こ と 日 課 は ? ア ロ ハ シ ャ ツ を 着 て ス ケ ポ ー 趣 味 は ? 彼 女 し か 見 て な い O 4 好 き な 女 の 子 の タ イ プ は ? ク ー ル な オ ー ル バ ッ ク チ ャ ー ム ボ イ ン ト は ? 送 信 先 は → ⅲ [email protected] 題 tOk 乢 jp あ な た の 名 前 、 学 校 名 、 学 年 、 質 問 内 容 、 そ の 答 え を 書 し 、 て 送 っ て ね 。 究 極 の ナ ル シ ス ト よ 、 こ こ に 集 え ! 自 分 の 質 間 に 自 分 が 答 え る 。 自 分 ほ ど の 人 物 、 自 分 に し か イ ン タ ビ ュ ー で き ん 。 日 本 マ ク ド ナ ル ド フ ラ ン チ ャ イ ジ ー 0884-22-1506 088-675-0910 088-665-4828 憾 島 阿 南 店 フ ジ グ ラ ン 石 井 店 11 号 川 内 店 0885-32-7308 088-674-8890 088-61 1 -491 1 55 号 4 島 店 徳 島 石 井 店 憾 島 住 吉 店 0883-53-9920 088-637-3606 088-634-1415 島 脇 町 店 藍 住 キ ョ ー エ イ 店 0883-22-4165 088-698-1280 088-652-8070 192 鴨 島 店 徳 島 北 島 店 佐 古 大 橋 店 ル ド ま で お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。 チ ェ ッ ク す る か 、 お 近 く の マ ク ド ナ ら 、 QR コ ー ド か ら 専 用 サ イ ト を 「 一 緒 に 働 い て み た い ! 」 と 思 っ た 回 . ・ - 回 ル タ 阯 こ 2 オ リ ジ ナ ル ア ニ メ ー シ ・ ン 配 信 中 ! 働 き 方 が 、 ぎ っ と あ る 。 、 あ な た に ビ ッ タ リ の ~ マ ッ ク ク ル 0 は じ め よ う 。 課 題 竹 杓 陽 終 わ ら な い T ・ ⅵ - H こ れ 載 る 頃 、 誄 鬟 を は 終 わ て い る の だ ろ う つ 、 ? 体 わ - ら な し イ 色 対 体 わ ー ら - な い 出 期 限 は 8 月 29 曰 イ も 孝 の 題 ぐ 地 埋 の 題 、 ス ポ ス タ ー 、 一 読 名 感 想 女 日 は 8 月 2 う 日 城 東 高 2 年 - ー 竹 内 陽 く ん タ イ ト ル 「 終 わ ら な 阜 課 題 亠 売 さ れ て い ま せ ん 。 ま た 、 チ ケ ッ ト も ご 使 用 い た だ け ま せ ん 。 島 店 、 徳 島 阿 南 店 ※ 55 号 沖 浜 店 と 徳 島 応 神 町 店 で は 販 ジ グ ラ ン 石 井 店 、 1 92 鴨 島 店 、 徳 島 脇 町 店 、 55 号 小 松 島 店 、 藍 住 キ ョ ー エ イ 店 、 28 号 鳴 門 店 、 徳 島 石 井 店 、 フ 1 1 号 川 内 店 、 佐 古 大 橋 店 、 矢 三 店 、 徳 島 住 吉 店 、 徳 島 北 チ ケ ッ ト 販 売 & 使 用 可 能 店 舗 な テ ィ ー タ イ ム を お 過 ご し く だ さ い ! 2 杯 分 無 料 の コ ー ヒ ー チ ケ ッ ト で 、 お 得 テ ィ ー も お 選 び い た だ け る チ ケ ッ ト で す 。 に 、 ホ ッ ト テ ィ ー や ア ー ル グ レ イ 、 ア イ ス ム ロ ー ス ト ア イ ス コ ー ヒ ー S サ イ ズ の 他 プ レ ミ ア ム ロ ー ス ト コ ー ヒ ー 、 プ レ ミ ア を 販 売 中 ! テ ス ト ~ 旁 て お つ 、 な く ち ゃ テ ス ト ゲ 者 つ 、 っ た と き の 言 い 訳 を の こ そ は 有 志 を 使 い た い ー - 裏 休 み び す ざ て テ ス ト 勉 強 ゲ 徳 島 市 高 2 年 一 一 山 本 渓 介 く ん タ イ ト ル テ ス ー ト 」 fULl 0f ~ - ・ - ・ - ・ ・ ~ 宛 先 は i [email protected] ku. j p あ な た の 顔 が 分 か る 写 真 を 添 付 し て こ ち ら ま で お 送 り く だ さ い 。 件 名 を 「 絶 望 の 詩 」 と し 、 お 名 前 、 学 校 名 、 学 年 、 部 活 、 連 絡 先 を 記 入 の 上 、 恋 愛 、 勉 強 、 日 常 生 活 ・ ・ ・ な ん で も OK 。 リ ス へ ク ト 中 島 み ゆ き で 。 救 い よ う の な い 闇 黒 な 気 持 ち を 詩 に た く し て み よ う 12 枚 綴 り *IOOO コ ー ヒ ー チ ケ ッ ト 販 売 中 月 刊 マ ッ ク NEWS 0

小説トリッパー 2014年夏季号


に 出 る の だ っ た 。 リ ナ は 得 意 満 面 だ っ た 。 頭 の 回 転 の 早 い 彼 女 「 あ ら ま あ 、 高 台 の お 嬢 ち ゃ ん じ ゃ な い の 」 に は 、 ま だ 指 し ゃ ぶ り し て い る よ う な 幼 稚 園 の 仲 間 で は 物 足 り 怒 っ て 色 白 の 頬 に う っ す ら と 赤 み が 差 し 、 固 く 結 ん だ 唇 は サ な い 。 自 分 は 今 日 か ら 大 学 へ 行 く こ と に な っ た 。 し か も 、 東 洋 ク ラ ン ボ の よ う で 、 リ ナ は ま す ま す 美 し い 女 の 子 に 見 え る 。 人 連 れ で あ る 。 今 ま で 頭 突 き を し て い た 相 手 の 顔 の 高 さ ま で 抱 き 上 げ ら れ る と 、 リ ナ は 、 「 ね え 、 ニ ッ ポ ン ジ ン よ 。 見 た こ と あ る ? 会 う 人 ご と に リ ナ は 自 慢 し 、 私 の 手 を 引 っ 張 っ て は 、 「 奥 さ ん 、 も う 少 し お 行 儀 良 く 歩 け な い の で す か 」 「 も っ と 目 を 開 け て 、 ご 挨 拶 し て 」 相 手 の 鼻 先 に 小 さ な 人 差 し 指 を 突 き 立 て る よ う に し て 、 き ち な ど 、 言 う の だ っ た 。 ん と し た イ タ リ ア 語 で 抗 議 す る の だ っ た 。 高 台 に 住 む リ ナ 一 家 は 歴 代 、 界 隈 の み な ら ず 、 ナ ポ リ の 顔 役 を 務 め て き た 名 家 だ っ た 。 よ っ て 計 り 知 れ な い 資 産 家 で も あ っ ル 1 力 と 広 場 で 待 ち 合 わ せ を し て 大 学 へ 行 っ た り 、 あ る い は た 。 た と え ば 、 表 通 り 沿 い の 多 く や 総 菜 店 の 脇 の 下 り 坂 か ら 下 授 業 の あ と 広 場 で し ば ら く 話 を し て か ら 、 そ れ ぞ れ の 家 へ 帰 る の が 日 課 と な っ た 。 町 の 広 場 へ と 続 く 両 側 の 建 物 は 、 す べ て 一 族 の 所 有 ら し か っ た 。 私 た ち が 坂 を 下 り て い く と 、 広 場 に ナ ポ リ が 凝 縮 し て い た 。 「 お は よ う 」 私 は 、 発 展 の 遅 れ た 南 部 イ タ リ ア に つ い て 、 卒 論 を 書 く 予 定 だ っ た 。 「 大 学 で も 頑 張 っ て 」 「 転 ば な い よ う に 」 イ タ リ ア が 統 一 さ れ て 以 来 ず っ と 、 南 部 と 北 部 の 格 差 は 重 要 「 お ば あ ち ゃ ん に よ ろ し く ね 」 な 課 題 で あ る 。 参 考 文 献 は 多 数 あ っ た 。 し か し 、 歴 史 や 経 済 政 両 側 か ら 声 が 飛 ん だ 。 私 に で は な く 、 リ ナ に 。 策 の 難 し い 資 料 を 室 内 に こ も っ て 読 む よ り 、 家 を 出 て 、 総 菜 店 広 場 に 入 る と 、 大 人 の 腰 に 届 く か ど う か と い う 小 さ な リ ナ は 、 の 脇 を 下 り 、 広 場 の そ の 日 の 様 子 を 眺 め て い る ほ う が 、 ず っ と 人 混 み に 埋 も れ て し ま う 。 細 い 声 を 張 り 上 げ て も 、 上 ま で 届 か 問 題 の 本 質 を 擱 め る よ う な 気 が し た 。 広 場 に は 、 無 数 の 路 地 が 繋 が っ て い る 。 毎 日 一 筋 ず つ 辿 っ て は 裏 町 へ と 入 っ て 行 き 、 通 り が か り の バ ー ル に 座 っ て 、 一 時 間 す る と 、 リ ナ は 小 さ な 頭 で 、 自 分 に 向 か っ て く る ド ラ ム 缶 た ち を カ 一 杯 に 押 し 返 す の だ っ た 。 も 二 時 間 も 過 ご し た り し た 。 店 員 や 同 席 す る 客 た ち と 他 愛 無 い 「 ち ょ っ と 、 痛 い じ ゃ な い の よ ー 雑 談 を 少 し 交 わ し た あ と 、 黙 っ て 座 る 。 コ 1 ヒ 1 を 飲 む 。 新 聞 を 繰 る 。 そ し て 、 そ れ と な く 互 い を 観 や る 。 私 は 太 っ た 女 性 に 面 と 向 か っ て 文 句 を 言 わ れ る と 、 足 下 か ら リ ナ を 抱 き 上 げ て 見 せ た 。 古 い 建 物 に 開 い た 窓 か ら 、 高 い 天 井 の ア パ 1 ト の 中 が 見 え る 内 田 洋 子 268

アヒルと鴨のコインロッカー


警 官 は う ろ つ い て い な か っ た し 、 立 人 禁 止 の テ ー プ が 張 ら 予 想 に 反 し 、 書 店 は 開 い て い た 。 れ て い る こ と も よ い 。 自 動 ド ア を 通 り 抜 け た 。 言 い よ う の な い 緊 張 感 が 身 体 を 走 る が 、 ド ア の 裏 側 で 、 警 官 が し ゃ が ん で 待 機 し て い る こ と は な か っ た 。 店 内 は 落 ち 着 い た も の で 、 ラ ジ オ が だ ら だ ら と 流 れ て い る 。 肩 透 か し を 食 ら っ た 気 分 だ 。 書 棚 が 倒 れ て い た り 、 ラ イ ト が 割 れ て い る よ う な こ と も な い 。 本 当 に 、 僕 と 河 崎 は こ こ を 襲 っ た の だ ろ う か 、 と 疑 い た く な る 。 正 面 が 会 計 用 の レ ジ だ 。 店 の 四 隅 に は 、 防 犯 用 な の か 丸 い 鏡 が い く つ か 取 り 付 け ら れ て い る 。 ビ デ オ カ メ ラ ま で は 設 置 さ れ て い な い 。 昨 晩 の 河 崎 は こ の 鏡 に 映 っ て い た の だ ろ う か 、 と 想 像 す る 。 商 品 の 大 半 は 、 漫 画 か 雑 誌 だ っ た 。 文 庫 本 の 棚 も あ る け れ ど 、 充 実 か ら は ほ ど 遠 い 。 十 分 ほ ど 店 の 中 を う ろ っ き 、 そ の 後 で 無 謀 に も 、 店 員 と 話 を し よ う と 思 っ た の は 、 あ ま り に 平 穏 無 事 な 店 内 の 状 況 に 、 安 心 し て し ま っ た か ら だ 。 レ ジ の と こ ろ に い る 店 員 が 、 髪 の 毛 を 茶 色 に し た 高 校 生 く ら い の 女 の 子 で 、 与 し や す い と 思 っ た こ と も 関 係 し て い る か も し れ な い 。 買 い た く も な い 、 県 内 ド ラ イ ビ ン グ マ ッ プ を 持 っ て 、 レ ジ に 近 づ く 。 車 も 運 転 免 許 も な い の に 、 よ り に よ っ て そ ん な も の を 選 ぶ く ら い に は 、 取 り 乱 し て い た い ら っ し ゃ い ま せ 、 と 彼 女 が 顔 を 上 け た 。 真 剣 な 顔 で 読 ん で い た 本 を 閉 じ 、 表 紙 を 隠 す よ う に 裏 返 す 。 彼 女 は 手 慣 れ た 手 順 で 、 会 計 を し て 、 地 図 を 袋 に 入 れ て く れ た 。 225