検索 - みる会図書館

検索対象: まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)から 230件ヒットしました。

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


景 色 こ で う 一 ま っ ぷ る 九 州 イ 日 外 し マ 久 ま す マ ッ プ ル マ ガ ジ ン ま っ ぷ る 九 州 ' 15 OShobunsha p ( ⅱ cation 引 8.2014.3 こ の 冊 子 に 掲 載 さ れ て い る 地 図 の 作 成 に 当 た っ て は 、 国 土 地 理 院 長 の 承 認 を 得 て 、 同 院 発 行 の 20 万 分 の 1 地 勢 図 50 万 分 の 1 地 方 図 、 100 万 分 の 1 日 本 を 使 用 し ま し た 。 ( 承 認 番 号 平 25 情 使 、 第 9-274182 号 平 25 情 使 、 第 10-274182 号 ) ・ 許 可 な く 転 載 、 複 製 す る こ と を 禁 じ ま す 。 観 光 ス ポ ッ ト を 徹 底 ナ ビ ( 0 N T E N T S 九 州 プ ラ ン ニ ン グ MAP ・ ・ ・ 2 ラ イ プ 々 ッ プ ・ ・ 4 7 SA : PA ハ イ ウ ェ イ 死 り を 食 べ よ う ! ・ ・ ・ 28 ( 主 要 観 光 地 ア ク セ ス 早 見 表 ・ ・ ・ 30 「 ド ラ イ プ お 役 立 ち 情 報 ・ ・ ・ 32 丁 ) 、 、

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


九 州 内 旅 。 ヒ ン ト 迷 わ す に 快 適 な 旅 を 楽 し も う ! 0 揣 : 速 列 車 列 車 の 名 称 を 覚 え て 自 由 に 出 発 地 目 的 地 博 多 博 多 博 多 博 多 博 多 博 多 博 多 博 多 博 多 博 多 博 多 小 倉 小 愈 佐 賀 佐 賀 長 崎 大 分 大 分 熊 本 熊 本 小 倉 小 倉 長 崎 佐 世 保 ハ ウ ス テ ン ポ ス 佐 賀 熊 本 鹿 児 島 中 央 別 府 大 分 由 布 院 別 府 大 分 長 崎 佐 世 保 佐 世 保 由 布 院 宮 崎 鹿 児 島 中 央 人 吉 鹿 児 島 中 央 吉 松 鹿 児 島 中 央 宮 崎 鹿 児 島 中 央 指 宿 名 称 の ぞ み ・ ひ か り ・ こ だ ま ・ み ず ほ ・ さ く ら ( 新 幹 線 ) み ず ほ ・ さ く ら ・ つ ば め ( 新 幹 線 ) に ち り ん ゆ ふ い ん の 森 ・ ゆ ふ シ ー サ イ ド ラ イ ナ ー み ど り か も め ソ ニ ッ ク ソ ニ ッ ク ゆ ふ い ん の 森 ・ ゆ ふ ソ ニ ッ ク ソ ニ ッ ク み ず ほ ・ さ く ら ・ つ ば め ( 新 幹 線 ) み ず ほ ・ さ く ら ・ つ ば め ( 新 幹 線 ) か も め ・ み ど り ハ ウ ス テ ン ボ ス み ど り か も め ソ ニ ッ ク ・ き ら め き 指 宿 の た ま て 箱 き り し ま は や と の 風 九 州 横 断 特 急 ・ く ま が わ 1 6 分 40 分 時 間 52 分 2 時 間 1 0 分 1 時 間 43 分 1 時 間 30 分 57 分 3 時 間 1 5 分 50 分 1 時 間 44 分 1 時 間 9 分 1 時 間 1 5 分 1 時 間 20 分 1 時 間 9 分 2 時 間 1 0 分 2 時 間 2 分 1 時 間 51 分 1 時 間 35 分 37 分 38 分 1 時 間 47 分 1 時 間 53 分 1 時 間 53 分 2050 円 ( 自 由 席 ) 2250 円 4580 円 3770 円 3770 円 2380 円 4990 円 1 万 170 円 5420 円 5420 円 4430 円 4120 円 4120 円 3770 円 2550 円 1600 円 ( 自 由 席 ) 料 金 2070 円 4120 円 2430 円 3170 円 6760 円 5830 円 2010 円 ※ 所 要 時 間 は お よ そ の 目 安 で 、 乗 り 換 え 時 間 は 含 ま れ て い ま せ ん 。 料 金 は 追 記 が な い も の は 普 通 車 指 定 席 を 利 用 し た 時 の 通 常 料 金 で す 。 本 数 に 臨 時 列 車 は 含 ま れ て い ま せ ん 。 ( ) 佐 賀 博 多 司 港 小 倉 州 横 、 由 布 院 分 ( 久 留 光 ) 日 田 ゆ ふ い ん の 森 ・ 幼 ふ ⑧ ) 蘇 ( 豊 後 由 ) 本 数 4 ~ 6 本 / 時 2 本 / 日 5 本 / 日 2 、 3 本 / 時 1 本 / 時 4 本 / 日 1 本 / 時 1 本 / 時 1 、 2 本 / 時 2 本 / 時 2 本 / 時 6 本 / 日 2 本 / 時 2 本 / 時 2 ~ 3 本 / 時 3 ~ 5 本 / 時 3 本 / 時 4 本 / 日 1 本 / 時 1 、 2 本 / 時 3 本 / 時 佐 伯 臼 杵 3 本 / 日 1 0 本 / 日 佐 世 保 、 ウ ス テ ン ホ ス ハ ウ ス テ ン ボ ス シ ー サ イ ド ラ イ ナ ー ー 崎 九 州 の 特 急 ・ 快 速 ネ ッ ト ワ ー ク も め 新 八 代 児 本 巴 後 大 津 わ 吉 日 向 市 ( い さ ふ ろ う ・ し ん べ い ) ん 吉 檐 き り 乙 城 ) 宮 崎 宮 崎 空 港 海 幸 山 幸 玄 関 口 か ら 大 き な 町 へ 列 車 と バ ス を じ よ う す に 使 い こ な す 県 庁 所 在 地 な ど 都 市 の 間 を 移 動 す る と き は 、 行 き 先 や 時 間 、 予 算 に よ っ て 列 車 と バ ス を 使 い 分 け る 。 一 般 的 に は 「 早 い 特 急 列 車 」 、 「 安 い 高 速 バ ス 」 と 考 え る の が 基 本 だ が 、 鉄 道 が 不 便 な 場 所 で は 高 速 バ ス の ほ う が 早 く て 本 数 も 多 く な っ て い る 。 九 州 島 内 を 結 ぶ 飛 行 機 は 4 路 線 。 料 金 は 高 め だ が 1 時 間 ほ ど で 移 動 で き 九 州 内 で 移 動 す る の は 普 通 車 指 定 席 ( 個 室 は 除 く ) 。 7 日 間 有 効 で 、 京 都 発 分 は 多 客 期 は 使 用 で き な い 。 京 都 、 大 阪 、 神 戸 か ら 福 岡 市 内 ・ 北 九 州 市 内 へ の 新 幹 線 往 復 が 割 引 に な る 。 利 用 で き る 新 幹 線 北 九 州 ・ 福 岡 割 引 き っ ふ 鹿 児 島 へ は 7 日 間 有 効 の 「 の ぞ み & 九 州 新 幹 線 早 特 往 復 き っ ぷ 」 も あ る 。 月 6 日 、 8 月 1 1 ~ 20 日 、 12 月 28 日 ~ 1 月 6 日 ) は 使 用 不 可 。 名 古 屋 ・ 京 都 か ら 熊 本 ・ 日 間 、 京 都 、 大 阪 、 神 戸 発 は 7 日 間 有 効 。 名 古 屋 、 京 都 発 分 は 多 客 期 ( 4 月 27 日 ~ 5 急 の 往 復 普 通 車 指 定 席 ( 個 室 は 除 く ) が 大 幅 な 割 引 で 利 用 で き る 。 名 古 屋 発 は 1 0 名 古 屋 、 京 都 、 大 阪 、 神 姫 ゾ ー ン か ら 九 州 の 主 要 都 市 へ の 、 新 幹 線 と 乗 り 継 ぎ 特 九 州 往 復 割 引 き っ ふ 九 州 へ 行 く お 朝 な 切 符 情 報 そ の よ う な 場 合 は マ イ カ ー や レ ン タ カ ー を 利 用 す る よ う に し た い 。 が 欠 か せ な い 。 観 光 地 に よ っ て は 鉄 道 や バ ス の 便 が 極 端 に 少 な い と こ ろ も あ り 、 い 分 け れ ば あ ま り 不 便 は な い が 、 目 的 地 が 街 の 外 に あ る 場 合 は 、 事 前 に 下 調 べ 目 的 地 が 街 中 な ら 場 所 に よ っ て 地 下 鉄 や 路 面 電 車 、 バ ス 、 と き に は タ ク シ ー を 使 目 的 地 に 合 わ せ て 使 い 分 け る 観 光 ス ポ ッ ト へ い 。 鉄 道 か ら 離 れ た 場 所 に 寄 り 道 す る に は 、 レ ン タ カ ー が 便 利 。 る の は 魅 力 。 高 速 道 路 は 、 九 州 自 動 車 道 を 軸 に 7 県 を 結 ん で い て 使 い 勝 手 が い 詳 し く は HP(http://www.sunqpass.jp/) を 。 州 + 下 関 」 は 3 日 間 有 効 で 1 万 円 、 4 日 間 有 効 で 1 万 4000 円 。 九 州 + 下 関 」 の 2 種 類 が あ る 。 「 北 部 九 州 + 下 関 」 は 、 3 日 間 有 効 で 8000 円 。 「 全 九 崎 、 大 分 、 熊 本 の 5 県 で 使 え る 「 北 部 九 州 + 下 関 」 と 、 九 州 全 7 県 を 対 象 に し た 「 全 熊 本 フ ェ リ ー 、 島 鉄 フ ェ リ ー 、 桜 島 フ ェ リ ー ( 全 九 州 ) も 乗 り 放 題 。 福 岡 、 佐 賀 、 長 と 下 関 の ほ ぼ す べ て の 高 速 バ ス と 路 線 バ ス で 、 全 部 で 約 2400 路 線 。 関 門 連 絡 船 、 九 州 内 と 下 関 工 リ ア の バ ス が 乗 り 放 題 に な る フ リ ー パ ス 。 利 用 で き る の は 、 九 州 内 ( ー ) ( 8000 円 ・ 1 万 円 / 3 日 間 有 効 、 1 万 4000 円 / 4 日 間 有 効 ) そ ・ 0 ) イ 也 び ) 害 リ 弓 ー き つ ′ 5 、 ( http://www.j水yushu.co.jp/) 内 、 割 引 き っ ぷ の ご 案 内 を ご 覧 く だ さ い 。 ※ 途 中 下 車 や 利 用 時 期 に 制 限 の あ る も の が あ り ま す 。 詳 し く は JR 九 州 の HP ま た は 050-3786-1717 ( 」 R 九 州 案 内 セ ン タ ー ) へ 。 詳 し く は HP(http://www.jrkyushu.co.jp) 、 行 、 ほ か 九 州 内 の お も な 旅 行 会 社 で 発 売 。 発 売 ・ 設 定 期 間 は 確 認 の こ と 。 間 内 な ら 連 続 し な い 3 日 間 で も 〇 K 。 」 R 九 州 の 駅 、 駅 旅 行 セ ン タ ー 、 」 R 九 州 旅 ( 博 多 ~ 小 倉 を 含 む ) 、 南 阿 蘇 鉄 道 の ト ロ ッ コ 列 車 は 利 用 で き な い 。 発 売 ・ 利 用 期 放 題 に な る き っ ぷ 。 3 回 、 あ る い は 3 人 で 使 え て 1 万 500 円 。 」 R の 特 急 と 新 幹 線 」 R 九 州 を は じ め と す る 九 州 内 の 全 鉄 道 ・ 軌 道 会 社 の 普 通 列 車 自 由 席 が 1 日 乗 り ( ー ー ) ( 1 万 5 円 / 3 回 ( 人 ) 有 効 ) 4 枚 き っ ぷ 2 枚 き っ ぷ ゆ ふ い ん の ん び り き っ ふ 阿 蘇 の ん び り き っ ぷ 肥 薩 線 一 周 ぐ る り ん き っ ぷ 特 定 の 区 間 で 4 回 ( 人 ) 分 が セ ッ ト に な っ た き っ ぷ 。 特 急 指 定 席 、 特 急 自 由 席 、 普 通 列 車 の 3 種 類 。 い ず れ も 2 か 月 有 効 。 特 定 の 区 間 で 2 回 ( 人 ) 分 が セ ッ ト に な っ た き っ ぷ 。 特 急 指 定 席 、 特 急 自 由 席 、 普 通 列 車 の 3 種 類 。 い ず れ も 1 か 月 有 効 。 九 州 新 幹 線 2 枚 き っ ぷ も あ る 。 九 州 の 主 要 都 市 か ら 特 急 ( 一 部 新 幹 線 ) で の 由 市 院 往 復 が 割 引 に な る 。 5 日 間 有 効 。 九 州 の 主 要 都 市 か ら 阿 蘇 方 面 へ の 往 復 に 、 立 野 駅 ~ 宮 地 駅 の フ リ ー 区 間 が 付 く 。 熊 本 か ら は 3 日 間 、 熊 本 以 外 か ら は 5 日 間 有 効 。 肥 薩 線 と 九 州 新 幹 線 を ぐ る っ と 一 周 す る 観 光 き っ ぷ 。 人 吉 ~ 鹿 児 島 中 央 駅 の 指 定 駅 か ら 出 発 、 八 代 ~ 人 吉 ~ 隼 人 の フ リ ー 区 間 が 付 く 。 2 日 間 有 効 。 170

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


と り 天 地 獄 蒸 し 料 理 第 白 い 衣 が 特 徴 。 自 家 製 ポ ン 酢 に つ け て あ っ さ り と 。 写 真 ・ わ お ん は と り 天 定 食 ( 1200 円 ) 0977 ・ 24 ・ 1453 関 ア ジ 、 関 サ バ 、 旬 の 豊 後 水 所 大 分 県 別 府 市 汐 見 町 7 ー 26 道 の 幸 な ど が 食 べ ら れ る 和 食 別 府 駅 カ ち 車 で 10 分 処 。 じ っ く り と 揚 げ た と り 天 は 、 11 : 30 ~ 14 : 30 、 17 : 00 ~ サ ク ッ と し た 衣 が 肉 汁 た っ ぷ 21 : 30 住 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 平 日 ) 2 無 料 り の 鶏 肉 を 包 ん で い る 。 ひ 唐 レ ス ト ラ ン 東 洋 軒 ~ ・ レ ス ト ラ ン と う よ う け ん 87B -1 0 10 ⑤ と り 天 発 祥 の レ ス ト ラ ン 。 外 0977-23-3333 ふ ん わ り と 揚 げ た と り は カ リ ッ 、 中 は ふ つ く ら と し て 新 大 分 県 別 府 市 石 垣 東 グ リ ル み つ ば に ⑩ 天 ( 950 円 ) は 、 オ ー プ 7 ー 8 ー 22 別 府 駅 か ら 亀 ン 当 初 の ま ま の 味 い る 名 物 の と り 天 は 、 衣 に 水 0977-23-2887 の 井 バ ス で 10 分 、 船 小 路 下 昭 和 28 ( 1953 ) 年 か ら 続 く 洋 食 店 。 と ん か っ 、 鉄 板 焼 き を 使 わ ず に 卵 の み で 仕 上 げ 所 大 分 県 別 府 市 北 浜 1 ー 4 ー 31 車 、 徒 歩 7 分 11 : OO ~ な ど 多 彩 な メ ニ ュ ー が あ る が 、 創 業 時 と 同 じ 製 法 で つ く る 。 オ リ ジ ナ ル の 醤 油 と ニ ン 14 : 30 、 17 : oo ~ 21 : 30 別 府 駅 か ら 徒 歩 8 分 11 : 30 ~ 13 : 30 、 る と り 天 が 看 板 。 甘 辛 い 醤 油 風 味 の ソ ー ス が か か る 。 17 : 00 ~ 20 : 00 央 曜 2 無 料 ニ ク を か ら め て い て お い し い 。 住 不 定 休 2 無 料 茶 房 信 濃 屋 ・ 400 昭 和 初 期 の 別 荘 を 改 装 し た / 0977-25-8728 新 大 分 県 別 府 市 西 野 口 町 6 ー 32 食 事 処 。 女 将 が 腕 を ふ る う 別 府 駅 か ら 徒 歩 5 分 だ ん ご 汁 は 、 き し め ん の よ う 9 ℃ 0 ~ 21 ℃ 0 に 薄 く 延 ば し た 団 子 に 、 味 だ ん ご 汁 定 食 は 850 円 。 不 定 休 カ ボ ス を 絞 っ て 食 べ て 噌 仕 立 て の 汁 が か ら む 。 2 無 料 も お い し い 茶 寮 大 路 ・ さ り よ う お お じ 87A -2 を 凾 01 三 03 ) ら を 地 獄 蒸 し や 豊 後 水 道 で と れ た 旬 の 魚 な ど 郷 土 の 味 染 温 が 楽 し め る 懐 石 料 理 店 。 温 泉 成 分 を 含 ん だ 地 獄 ー み 泉 蒸 し は う ま み が た っ ぷ り で 、 タ レ を つ け な い ま ま で も 十 分 お い し い 。 0977-66-0011 . 。 新 大 分 県 別 府 市 風 呂 本 5 を 3 、 別 府 駅 か ら 亀 の 井 バ ス で 0 ン ス ー イ 、 25 分 、 鉄 輪 下 車 、 徒 歩 す く . べ 、 石 す 、 し 宅 ば 、 海 工 ビ 、 11 : 00 ~ 13 : 30 、 17 : 30 ~ コ ツ 蒸 し な ど が 並 ′ 20 : 00 住 央 曜 2 無 料 獄 蒸 し コ ー ス は 3150 91 薄 い 衣 懿 だ 真 っ 白 な と り 天 和 大 正 時 代 、 別 府 初 の レ ス ト ラ ン 「 東 洋 軒 」 で 生 ま れ た と り 天 。 衣 の 色 や 食 感 、 タ レ の 味 、 辛 子 や カ ホ ス の 有 無 な ど 、 店 こ と に さ ま さ ま 。 家 庭 料 理 と し て も 親 し ま れ て い る 。 温 泉 の 噴 気 で 蒸 し た 鉄 輪 温 泉 の 名 物 。 温 泉 の う ま み が 。 。 物 染 み 込 ん た 地 獄 蒸 し は 、 野 菜 は ぶ つ く ら と し た ロ あ た り で 、 魚 介 は あ っ さ り と し た 味 。 別 府 ご は ん ま れ た 「 炸 鶏 片 ( と り 天 ) 」 は 1000 円 MAP 大 分 の 家 庭 料 理 を 代 ◆ 表 す る た ん こ 汁 。 味 噌 仕 立 て の 汁 に 、 小 麦 粉 を こ ね た 手 延 べ 団 子 と 野 菜 が た つ ぶ り 入 る 。 MAP

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


ノ た / 由 布 院 。 別 府 豊 富 な 温 泉 と 0 な 自 然 が 迎 え て く れ 住 吉 崎 べ っ ぷ 地 獄 め ぐ り の 「 血 の 池 地 獄 」 周 防 灘 国 東 日 豊 青 の 洞 門 。 国 東 半 島 っ さ 十 大 分 空 港 日 石 鼻 た て い 速 見 ℃ 分 ' 、 大 分 農 業 彡 文 化 公 園 ℃ 0 ー 安 心 院 旧 院 内 旧 き っ キ 日 出 旧 ひ じ 耶 馬 渓 別 府 温 泉 郷 天 日 田 旧 塚 廴 ℃ - 、 ひ た 日 田 別 府 湾 別 府 旧 べ 由 布 院 つ る さ 湯 布 院 ー ゆ ふ い ん 久 大 本 線 城 ヶ 岳 △ お お い た ・ ゆ ふ い ん ・ べ つ ふ お お い た こ う ざ き あ ま が せ 万 年 山 日 皿 お い た だ い が く 入 大 分 光 吉 旧 分 に 黜 む か い の る ゆ の ひ づ 久 く う す き 大 分 宮 河 内 旧 九 重 ・ 夢 " 大 吊 橋 - く じ ゅ う 高 原 " 臼 杵 く じ ゅ う 目 御 座 ヶ 岳 502 よ 、 ・ い ぬ か い 0 湯 け む り が 上 が る 別 温 泉 郷 み え ま ち ぶ ん 「 た け た さ い き 佐 伯 ℃ ぶ ん こ お き ラ ク ラ ク 移 動 = 力 、 条 佩 楯 山 日 向 な お か わ く じ ゅ う 花 公 園 C 〇 NTENT ・ き ま ま な lday 由 布 院 さ ん ほ ・ 由 布 院 と っ て お き ラ ン チ & カ フ ェ . ・ 由 布 院 お す す め の 宿 ・ ・ 別 府 ハ 湯 を 極 め る ! . べ っ ぷ 地 獄 め ぐ り ・ ・ 別 府 ご は ん ・ く じ ゅ う や ま な み ド ラ イ ブ P76 P78 ① 本 州 か ら 列 車 で 大 分 に 向 か う と き の 玄 関 口 は JR'J 、 自 駅 特 急 を 利 用 し て 各 観 光 ② 本 州 か ら 高 速 道 路 だ け で 大 分 に 向 か う 場 合 は 福 岡 市 を 経 由 す る の で 、 目 的 地 に よ っ て 一 般 道 と の 使 い 分 け を 。 3 大 分 空 港 は 国 東 市 に あ り 、 由 布 院 や 別 府 な ど の 主 要 観 光 地 ま で は 1 時 間 か ら 1 時 間 半 ほ ど information J 日 九 州 第 http://www.jrkyushu.co•jp 国 東 大 交 北 部 バ ス 豊 後 高 田 宇 佐 大 分 交 通 大 分 空 港 大 分 交 通 亀 の 井 バ ス 大 分 大 交 ・ 耶 馬 渓 北 部 バ ス ・ 中 津 P83 由 布 院 お す す め ス ポ ッ ト p. 86 p 88 2 田 p. 94 別 府 日 豊 本 線 久 留 米 へ 豊 後 中 村 - ・ 由 布 院 - 久 大 本 線 臼 杵 日 田 バ ス く 凡 例 > 亠 : : JR バ ス 熊 本 へ 75

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


個 性 派 麺 の オ ン ー ド 、 製 法 、 ゆ で 加 減 ー こ ひ と 工 夫 や わ ら か 募 博 気 軽 に 食 べ ら れ る 麺 料 理 が た 九 州 各 地 で 生 ま れ 、 地 元 の 人 〕 一 , た ち に 愛 さ れ て き た 。 「 麺 」 と ハ 、 7 ひ と 言 で い っ て も 、 粉 や 水 、 一 ~ 一 「 ′ ね か せ 時 間 、 ゆ で 加 減 な ど に よ っ て 多 種 多 様 。 工 夫 を 凝 ら し て お い し く 仕 上 げ た ご 当 地 自 慢 の 味 を 楽 し み た い 。 り た 定 い で す げ も な 剤 の 揚 天 せ 腐 魚 を 丸 か 防 欠 の ん 汁 麺 か 風 が ほ 灰 た が 蕉 感 ん 唐 唐 っ 色 色 食 や が る 使 黄 た と 特 ち の あ を は っ 味 独 博 多 は 日 本 の う ど ん 発 祥 の 地 。 仁 治 2 ( 1 241 ) 年 に 承 天 寺 の 聖 ー 国 師 が 中 国 の 宋 か ら 帰 国 し た 際 に 饅 頭 や う ど ん 、 そ ば な ど の 製 法 技 術 を 持 ち 帰 っ た と い わ れ て い る 。 麺 は や わ ら か く 、 つ ゆ は 昆 布 や カ ツ オ 節 で だ し を と っ た や さ し い 味 。 ト ッ ヒ ン グ は 丸 天 と ゴ ボ ウ 天 が 定 番 。 ち ゃ ん ぽ ん の ち ゃ ん ば ん と 合 わ せ て 姉 を 丿 り 楽 し み た い 皿 う ど ん イ ・ を 一 : 物 「 四 海 楼 」 の 陳 平 順 氏 が 、 ち ゃ ん ほ ん の 汁 を 少 な く し て ア レ ン ジ し た の が 皿 う ど ん 。 そ の た め 具 は ち ゃ ん ほ ん と ほ ほ 同 し 麺 は バ リ バ リ に 揚 げ た 細 麺 、 も ち も ち 一 : と し た 麺 に 焼 き め を つ け た 太 麺 が 主 で 、 好 み に 応 し て 選 べ る 店 が 多 い 。 長 崎 で は 皿 う ど ん に ウ ス タ ー ソ ー ス や 酢 を か け て 食 べ る の が 常 識 「 か ろ の う ろ ん 」 の ご ぼ う 天 う ろ ん コ コ が 個 性 的 や わ ら か い 麺 は た し の 効 い た っ ゆ を た っ ぷ り 吸 っ て 、 : 昆 布 や カ ツ オ 節 な ど で と っ た た し と 薄 ロ 醤 油 で 仕 上 け る な ぜ 麺 が や わ ら か い の か ? う ど ん は 生 麺 か ら ゆ で る と 40 分 以 上 か か る 。 せ つ か ち な 気 質 の 博 多 っ 子 の た め 、 注 文 後 す く に 出 せ る 第 よ う ゆ て 置 き す る よ う に な 刃 、 麺 が や わ ら か く な っ た の だ と か 。 コ コ が 個 性 的 栄 養 表 メ ニ 0 ー ま 長 崎 県 明 治 32 ( 1899 ) 年 に 「 四 海 楼 」 の 創 始 者 で あ る 陳 平 順 氏 が 3 中 国 の 留 学 生 の た め に 安 く て ポ リ ュ ー ム と 栄 養 の あ る 料 理 と し て 考 案 し ス ー プ は 鶏 ガ ラ と 豚 骨 の : た の が は じ ま り 。 麺 は 独 特 の 唐 灰 汁 麺 、 ス ー プ は 鶏 ガ ラ と 豚 骨 を 、 , : = 、 - 三 ' 配 合 に よ っ て 味 が 決 ま る 匡 意 . 三 た め 、 秘 密 に し て い る 店 が ・ 配 合 し た 白 濁 ス ー プ が 主 流 。 具 は 魚 介 や 野 菜 が た っ ぷ り 入 る 。 ー 多 い 。 鶏 ガ ラ の み を 使 っ た あ っ さ り 系 の ス ー プ も あ る 三 激 4 付 録 ①

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


、 - を 3 を 一 コ ラ ー ゲ ン が た っ ぷ ~ 遠 赤 外 線 効 果 の 高 い 石 鍋 で 食 べ る 和 牛 も つ 鍋 専 門 店 石 も つ 鍋 HAKATA1092 二 ・ い し も つ な べ ハ カ タ ト ク - ト ク ー キ ャ ナ ル シ テ ィ 博 多 ( 円 4 参 照 ) に ほ ど 近 い ビ ル の 2 階 に あ る 石 も つ 一 鍋 屋 。 メ ニ ュ ー の 材 料 と な る ホ ル モ 、 ン 馬 刺 、 米 な ど は 店 主 が 現 地 に 出 向 い て 仕 入 れ る 。 元 祖 ・ 石 も つ 鍋 は 秘 伝 味 噌 味 と 塩 醤 油 味 の 2 種 。 遠 赤 外 線 効 果 の 高 い 石 鍋 を 使 っ ー た も つ 鍋 は 、 冷 め に く く お い し い イ 092-272-2109 新 福 岡 県 福 岡 市 博 多 区 住 吉 1-6 ー 6e メ ゾ ン ド ジ ョ イ ナ ス 2 階 一 地 下 鉄 祇 園 駅 か ら 徒 歩 7 分 17 : 30 ~ 翌 2 : 00 頃 ( 金 ・ 土 曜 は 翌 5 : 00 頃 ま で 、 日 ・ ・ 曜 ・ 祝 日 は 翌 1 : OO 頃 ま で ) 不 定 休 馬 刺 の 三 種 盛 ・ ・ ・ ・ ・ 1380 円 博 多 酢 も つ ・ ・ ・ ・ 400 円 バ ー ニ ャ カ ウ ダ ・ ・ ・ ・ 800 円 福 岡 は 、 食 都 と 呼 ば れ る ほ ど の グ の 宝 庫 。 と ん こ っ ラ ー メ ン は も ち ろ ん 、 も つ 鍋 、 水 炊 き な ど こ の 地 で 生 ま れ た 料 理 は た く さ 、 ん あ る 。 さ 引 こ : 玄 界 灘 で と れ る 新 鮮 な 魚 介 は と び ) お い い 、 地 が 太 鼓 判 を 押 す 名 店 で 本 場 の 味 を 楽 し め 。 も っ 鍋 ま ] + 亠 MAP お す す め MENu ( 2 人 前 か ら 、 写 真 は 秘 伝 味 噌 味 多 カ W な プ P 一 人 前 1100 円 個 ル 和 独 自 の ス ー プ と 石 鍋 の よ さ が が 一 室 巧 み に 調 和 。 鹿 児 島 の 黒 毛 和 牛 や キ ャ ベ ツ な ど 材 料 は す べ て 国 産 を 使 う 。 注 文 は 2 人 前 か ら 山 盛 り の キ ャ ベ ッ と ニ ラ が イ ン ク ト 大 ! 博 多 名 物 も つ 鍋 専 門 店 楽 天 地 天 神 本 店 い ・ は か た め い ぶ つ も つ な べ せ ん も ん て ん 一 ら く て ん ち て ん じ ん ほ ん て ん 一 - 41 B-2 4001-1745 、 創 業 昭 和 53 ( 1978 ) 年 。 店 自 慢 の も つ 鍋 は 、 独 自 の タ レ を 混 ぜ 込 ん だ 醤 油 べ ー ス の ス ー プ に 、 6 種 類 の モ ッ や 野 菜 が 入 る 。 締 め く く り は ゃ ん ほ ん 。 092-741-2746 新 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 天 神 1-10 ー 14 2 ~ 5 階 下 鉄 天 神 駅 か ら 徒 歩 3 分 17 : 00 ~ 24 : 00 住 無 休 ・ 一 満 足 コ ー ス ・ ・ ・ 1 0 円 ( 1 人 前 ) キ ム チ 110 円 酢 も つ 110 円 2 階 は カ ウ ン タ ー 3 階 か ら 5 階 は 座 敷 席 一 人 前 1190 円 九 州 産 の 黒 毛 和 牛 の 小 腸 の み を 使 う も つ 鍋 。 「 み そ 」 が い ち は ん 人 気 数 種 類 の 味 噌 を プ レ ン ド し た ス ー プ が た ま ら な い ! も つ 鍋 お お や ま ー ・ も つ な べ お お や ま e40D4 朝 4 呵 : ! ) も つ 鍋 は 独 自 に ブ レ ン ド し た 味 噌 べ ー ス の 「 み そ 」 、 ポ ン 酢 と ダ イ コ ン お ろ し で 食 べ る 「 水 炊 き 風 」 、 ポ ピ ュ ラ ー な 「 正 油 」 の 3 種 。 鹿 児 島 県 産 黒 毛 牛 の な か で も 「 博 多 」 を イ メ ー ジ し た 店 。 と く に お い し い と さ れ る 2 歳 ま で の 牛 の モ ッ を 使 う 。 店 内 は 全 席 掘 り ご た っ 式 092 ・ 262-8136 新 福 岡 県 福 岡 市 博 多 区 店 屋 町 7-28 地 下 ど ん た く コ ー ス 鉄 呉 服 町 駅 か ら 徒 歩 す く 17 : 00 ~ 23 : 30 ( 2 時 間 飲 み 放 題 付 き ) ・ ・ ・ 3990 円 ( 金 吐 曜 、 祝 前 日 は 翌 0 : 30 ま っ 住 不 定 休 酢 モ ッ ・ ・ ・ ・ 680 円 MAP ・ も つ 鍋 一 人 前 900 円 5 前 で こ の ポ ュ ー ム 。 醤 油 ペ ー ス の ス ー プ を た っ ぷ り 吸 っ た モ ッ が 盛 に お す す め M 丘 Nu も つ み ー っ 氤

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


と ん こ っ プ ー 昼 ど き は 行 列 が で き る 人 気 店 第 2 校 看 板 ・ こ く て い 71 A-4 4300-0690 と ん こ っ ス ー プ に ニ ン ニ ク が 入 る 定 番 の 熊 本 ラ ー メ ン 。 豚 の 頭 骨 を 長 時 間 煮 込 ん だ ス ー プ が コ シ の あ る 中 太 麺 に よ く か ら み 、 揚 げ ニ ン ニ ク の 風 味 が い い 。 見 た 目 よ り も あ っ さ り と し た 味 。 体 ・ れ イ 096-352-1648 新 熊 本 県 熊 本 市 西 区 ニ 本 木 ラ 々 2 ー 1 ー 23 熊 本 駅 か ら 徒 歩 10 分 10 : 30 ~ 20 : 30 第 1 ・ 3 木 曜 ( 祝 日 は 営 業 ) 2 無 料 玉 子 入 り ラ ー メ ン ・ ・ ・ ・ 820 円 黒 亭 の 豚 そ ぽ ろ 井 ( 小 ) ・ ・ ・ 200 円 お に ぎ り ( 2 個 ) ・ ・ ・ ・ 230 円 熊 本 を 代 表 す る グ ル メ と い え ば 、 熊 本 ラ ー メ ン と 馬 肉 料 理 。 太 麺 が 特 徴 的 で ポ リ ュ ー ム 満 点 の 熊 本 ラ ー メ ン は ラ ン チ に び っ た り 。 夜 は 、 希 少 な 部 位 ま で 余 す と な く 調 理 し た 馬 肉 料 理 を 堪 能 し よ う 。 各 店 で 工 夫 し た ア レ ン ジ 料 理 に も 注 こ む ら さ き 本 店 ン が が そ が 久 昭 煮 ニ は 熊 こ 熊 留 和 ・ こ む ら さ き ほ ん て ん ク じ 本 の 本 、 27 ま 市 味 県 ↑ ネ 野 創 業 昭 和 29 ( 1954 ) 年 、 熊 本 ラ ー メ ン の 2 内 に 玉 の 9 草 分 け 的 な 存 在 。 豚 骨 、 鶏 ガ ラ 、 野 菜 で が 香 衢 5 と る ス ー プ は あ っ さ り と し た 味 。 仕 上 げ に 王 様 ラ ー メ ン 600 円 し を 込 に メ チ ャ ー シ ュ ー 4 枚 、 メ ン か け る ニ ン ニ ク チ ッ プ の 風 味 が い い 。 く 開 ん 支 ン 年 マ 、 モ ヤ シ 、 キ ク ラ ケ 、 青 イ 096-352-8070 所 熊 本 県 熊 本 市 揚 業 た 店 店 に ネ ギ な ど が た っ ぷ り 入 る 中 央 区 上 林 町 3 ー 33 熊 本 駅 か ら 市 電 で げ し 人 を コ 福 15 分 、 通 町 筋 下 車 、 徒 歩 10 分 11 : 00 ~ い 頑 19 : 10 央 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 特 製 チ ャ ー シ ュ ー メ ン ・ ・ ・ 10 円 が 道 2 共 同 駐 車 場 あ り ( 3000 円 以 上 の 飲 食 の あ が ラ ー メ ン ・ ・ ・ 550 円 る 続 納 豆 ラ ー メ ン ・ ・ ・ ・ ・ 560 円 場 合 1 時 間 の 無 料 サ ー ビ ス 券 を 発 行 ) 945 円 学 校 給 食 に も 出 る ツ ル ツ ル と し た 食 熊 本 県 民 な じ み の 麺 感 の 春 雨 に 鶏 ガ ラ ス ー プ が か ら む MAP 基 本 は か た め の 中 太 麺 で 、 し つ か り と し た コ シ が あ る 豚 骨 を し つ く り 煮 込 ん で と る ス ー プ は こ く が 深 い M E N U チ ャ ー シ ュ ー メ ン 820 円 自 店 製 の チ ャ ー シ ュ ー は 、 脂 身 の 少 な い モ モ 肉 を 使 う 店 に よ り 異 な る が 、 チ ャ ー シ ュ ー キ ク ラ ゲ 、 青 ネ ギ が 定 番 。 揚 げ ニ ン ニ ク が 入 る こ と も し 0 4300-0405 MAP こ む ら さ き ネ 慮 M E N U 太 平 燕 太 肉 麺 880 円 醤 油 ペ ー ス の タ レ で 味 付 け し た 角 煮 は 、 か む ほ ど に 肉 の う ま み が し み 出 す ・ け い か ほ ん て ん 71 B-2 数 あ る メ ニ ュ ー の な か で も と く に 人 気 が 高 い の は 、 豚 の バ ラ 肉 を 煮 込 ん た 角 煮 70g が の る 太 肉 麺 。 生 の キ ャ ベ ツ や 茎 ワ カ メ な ど が 入 り 、 食 べ ご た え が あ る 。 096-325-9609 所 熊 本 県 熊 本 市 中 央 区 花 畑 町 11 ー 9K1 ビ ル 1 階 桂 花 拉 麺 ・ ・ ・ ・ ・ 630 円 熊 本 駅 か ら 市 電 で 14 分 、 熊 本 城 ・ 市 役 所 前 こ け い か ( 細 麺 の 桂 花 拉 麺 ) ・ ・ ・ 5 側 円 下 車 、 徒 歩 す く 11 : 00 ~ 24 : 00 ( 金 ・ 土 曜 は チ ャ ー ハ ン セ ッ ト ・ ・ ・ ・ 880 円 翌 2 : 00 ま で 、 日 曜 は 20 : 00 ま で ) 無 休 こ ぢ ら も あ す す め 中 国 福 州 市 の 家 庭 の 味 を 伝 え る た い ひ ー え ん 中 季 園 ー 亠 ・ ち ゅ う か え ん 71B -2 中 中 国 福 建 省 福 州 市 出 身 の 店 主 の 父 が 伝 え た 太 平 部 燕 の 評 判 が 高 い 。 こ く の あ る 鶏 ガ ラ ス ー プ に 、 春 雨 、 豚 肉 、 白 菜 な ど が た っ ぷ り 入 り 、 ポ リ ュ ー ム が あ る 。 っ / 096 ・ 355-2650 新 熊 本 県 熊 本 市 中 央 区 桜 町 3 ー 22 県 民 百 貨 店 8 階 熊 本 海 鮮 太 平 燕 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1365 円 駅 か ら 市 電 で 10 分 、 辛 島 町 下 工 ビ チ ャ ー ハ ン ・ ・ 945 円 車 、 徒 歩 5 分 11 : 00 ~ 20 : 30 酢 排 骨 ・ ・ ・ ・ 1155 円 住 無 休 2 共 同 駐 車 場 あ り 桂 花 本 店 ま 為 ] + 4301-0542 MAP 4301 -0634 MAP ・ 本 ラ ー メ ン を { M E N U M E N U

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


ら 一 す で に 併 こ れ か ら 全 国 区 ー 」 ~ 安 く Y な い ス タ 、 、 、 ナ 鍋 九 州 発 の 当 0 を 0 し ら 決 け た 凝 が か い し を ス り 焼 し 夫 イ と ば 工 ヾ 均 香 ご た 手 こ 一 店 し め て チ ) 、 戦 後 ま も な い こ ろ 、 ホ ル モ ン 焼 き を ア レ ン シ し て 誕 生 し た と い わ れ る 。 ビ タ ミ ン と コ ラ ー ゲ ン が た っ ぷ り の モ ッ と 野 菜 が た く さ ん 入 っ て い て 、 栄 養 満 点 な う え に 美 容 に も い い 。 最 後 は こ は ん い や ち ほ ん 麺 を 入 れ て 締 め く く る 。 全 国 的 な 人 気 を 誇 る 福 岡 県 発 祥 の も っ 鍋 を 筆 頭 に 、 家 庭 料 理 と し て も 浸 透 し た 焼 き カ レ ー や チ キ ン 南 蛮 な ど 、 九 州 で 生 ま れ て メ ジ ャ ー に な っ た グ ル メ は 多 い 本 場 で 昔 な が ′ ら の 味 や 地 元 な ら で は の 食 べ 方 を 楽 し も う 。 0 、 カ ま 司 所 店 た 案 す 成 光 供 作 観 提 が レ レ 司 司 を け 港 の ä て 司 元 一 し 門 地 レ 手 : 店 に よ っ て ペ ー ス の ス ー プ の 味 は さ ま ざ ま た が 、 基 本 は 醤 油 と 味 噌 の 2 種 類 「 博 多 名 物 も つ 鍋 専 門 店 楽 天 地 天 神 本 店 」 の も つ 鍋 は 、 ど の 店 も モ ッ に 山 盛 り の ニ ラ に 圧 倒 さ れ る は こ た わ り を も っ て い て 、 仕 入 れ 先 や 鮮 度 を 吟 味 し て し 、 る マ ッ プ を 片 手 に 焼 き カ レ ー め 釣 福 岡 県 一 - 昭 和 30 年 代 、 あ る 喫 茶 店 が 余 っ た カ レ ー を ご は ん に か け て 肉 汁 や 野 菜 の う ま み が ・ ・ ' 三 グ ラ タ ン ふ う に オ ー ブ ン で 焼 い た と こ ろ 、 と て も 香 ば し く お い 一 度 に ロ に 広 が る 。 あ ん し く で き た こ と か ら 生 ま れ た 。 ご は ん に カ レ ー は 一 般 的 な 餃 子 と ほ ほ ・ 同 じ た が 、 肉 よ り 野 菜 を ー チ ー ズ 、 卵 を の せ て 焼 く ス タ イ ル が 三 多 め に 入 れ た ヘ ル シ ー 基 本 た が 、 ト ッ ピ ン ク は な 餃 子 か よ く 見 ら れ る - 「 CAFE DINING BEAR 店 に よ っ て 異 な る 。 FRU S 」 の ス ー / ヾ ー 焼 き カ レ ー ラ ー 油 よ り も ユ ズ ゴ ン ヨ ウ が GOOD ← p. 18 ・ 一 。 」 し 4 っ と 20 激 6 付 録 ① タ マ カ レ ー の 下 に は 半 熟 の 卵 が 隠 れ て い て 、 く す し て 食 べ る と 味 が ま ろ や か に 。 店 に よ っ て は 目 玉 焼 き が 入 る こ と も あ る 福 岡 で は 餃 子 に ユ ズ ゴ シ ョ ウ を つ け て 食 べ る の が ポ ピ ュ ラ ー 。 野 菜 が 多 め の あ っ さ り と し た 餃 子 に 、 ビ 丿 リ と し た 辛 み と さ わ や か な 香 り が 合 う 。 「 博 多 祇 園 鉄 な べ 」 の ユ ズ ゴ シ ョ ウ は 自 勢 福 岡 県 福 岡 で は 、 各 店 で 趣 向 を 凝 ら し た 具 を 小 さ め の 皮 に 包 ん た ー ロ サ イ ス の 餃 ′ ′ " ・ ・ 子 が 定 番 。 ご は ん の お 供 と い う よ り は 、 ラ ー メ ン の サ イ ド メ ニ ュ ー や 酒 の つ ま み に 注 文 す る 人 が 多 い 。 パ リ ハ リ に 焼 け た 表 面 は 香 ば し く 、 箸 が 進 む 。 「 博 多 祇 園 鉄 な べ 」 で は 、 、 鉄 鍋 に 敷 き 詰 め た ア ツ ア 、 の 鉄 鍋 餃 子 」 が 楽 し め る

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


と ん か っ 大 お 人 得 の メ イ ン は と ん か つ が ス タ 、 , ー 、 0 00 ー ← 、 、 00 = 0000 鑿 ソ ー ス が た っ ぷ り か か る 発 祥 の で あ る 「 ビ ス ト ボ ル ド ー 」 の ト ル イ ス 地 元 な ら て は の 豊 富 な パ リ エ ー ン ヨ ン 長 崎 で は さ ま ざ ま な バ リ エ ー シ ョ ン の ト ル コ ラ イ ス が あ る 。 た と え ば メ イ ン は 、 と ん か つ 以 外 に も ハ ン バ ー グ 、 工 ビ フ ラ イ な ど が の り 、 ラ イ ス や ス パ ゲ テ ィ の 種 類 も 考 え る と 組 み 合 わ せ は 無 限 大 。 ー ト ル コ ラ イ ス 腑 と り 天 物 チ キ 淆 蛮 も っ 鍋 は 締 め ま て し つ か り 楽 し む ! 締 め に ち ゃ ん ぽ ん 麺 を 出 し も つ 鍋 プ ー ム を 起 こ し た の が 「 楽 天 地 」 。 ち ゃ ん ぽ ん 麺 / の ほ が こ ラ ー メ ン の 麺 を 入 れ た り 、 ご は ん と チ ー ズ を 入 れ て リ ソ ッ ト ふ う に し た り と 店 ご と に 工 夫 が 見 ら れ る 。 ち ゃ ん ほ ん 麺 を ・ ス ー プ に か ら め て ヒ 。 ラ フ の ほ か 、 バ タ ー ラ イ ス 、 ド ラ イ カ レ ー な ど 店 ご と の ア レ : ン シ が 見 ら れ る ・ モ ッ の コ ラ ー . ゲ ン を 保 つ 働 き が あ る ニ ラ は 、 も つ 鍋 に 欠 長 崎 県 神 戸 の 料 理 人 が 冷 や ご は ん の 活 用 法 と し て ヒ 。 ラ フ に 似 た 料 理 を 考 案 し 、 客 の 要 望 で お か す を の せ た の が は じ ま り 。 そ の 料 理 人 が 長 崎 に 移 住 し 、 メ ニ ュ ー に 出 し た こ と か ら 広 ま っ た 。 ひ と 皿 に と ん か っ 、 ヒ ラ フ 、 ス ハ ゲ テ ィ を 盛 り 付 け た も の が 基 本 。 衣 は 天 ぶ ら 衣 で 揚 け る の が 主 流 。 ふ ん わ り や わ ら 、 か く 揚 げ た も の : や 、 サ ク サ ク し た ・ ・ も の な ど が あ る き た レ ス ト ラ ン 「 東 洋 〕 の 為 ; べ : 考 案 し た 。 ふ わ っ と し た に 包 ま れ た 鶏 肉 は ア ツ ア ツ で 肉 汁 ぶ り 。 酢 醤 油 に つ け て 食 べ 別 府 と り 天 の 食 方 指 南 、 ① 大 分 特 産 の カ ボ ス を と り 天 全 体 に 搾 る 使 う 鶏 肉 の 部 ② 酢 醤 油 、 練 り 辛 子 を 小 皿 に 入 れ る 位 は 店 に よ っ て さ ま ざ ま ③ さ っ と タ レ に つ け て 食 べ る ル ス ト ラ ン 東 洋 軒 」 の 一 り 天 」 が 楽 し め る 飲 食 店 が 増 え て い る 膨 タ ル ソ ー ス の 、 元 祖 は 「 お 0 引 延 岡 市 の 「 ロ ン ド ン 」 で 洋 食 の 基 礎 を 学 ん だ 「 お く ら 」 の 店 主 が 、 タ 丿 丿 ル ー ス を か け た チ キ ン 南 蛮 を 考 案 し た 。 「 お く ら 」 「 お ぐ ら 本 店 」 て は 10 種 類 以 上 の 材 料 を 使 っ て い る 。 チ キ ン 南 蛮 カ レ ー ガ 。 ・ 変 身 グ ラ タ ン ふ う に 三 使 う 鶏 の 部 位 は モ モ 肉 や ム ネ 肉 が 多 い 。 甘 酢 や タ ル タ ル ソ ー ス と の 相 性 か 重 要 ! ー 生 ま れ の 人 気 の 洋 食 一 タ ル タ ル ソ ー ス は ほ と ん ど の 店 が 独 自 で つ く っ て い る 。 店 に よ っ て は マ ヨ ネ ー ス か ら 手 作 り し て い る 宮 崎 県 昭 和 30 年 代 に 宮 崎 県 延 岡 市 の 洋 食 店 「 ロ ン ド ン 」 の ま か な い 料 理 と し て 誕 生 第 当 初 は 鶏 肉 の フ ラ イ を 甘 酢 に 漬 け た も の で 、 現 ~ 在 広 く 知 ら れ る タ ル タ ル ソ ー ス の チ キ ン 南 蛮 は の ち に 登 場 。 使 う 鶏 肉 の 部 位 、 甘 酢 や タ ル タ ル ソ ー ス の つ く り 方 に 個 性 が あ る 。 p. 1 - と く に 女 性 に 人 気 が 高 い き 「 B Å ま 」 の チ キ ン 南 蛮 000 7 . ~

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


ら 冖 ト 楼 門 1000 円 ~ お 守 り & こ 禾 、 ク ッ ズ を チ , ッ ク 特 製 御 神 酒 10 2 本 入 り 1000 円 物 ・ あ お い あ そ じ ん じ ゃ MAP ま 屋 敷 プ ラ ッ ス リ ー SATOS ( 武 家 蔵 ) 1000 円 ツ . 第 , 樹 齢 108 年 の 市 房 杉 を 使 っ た お 守 り 。 ス ト ラ ッ プ と 首 か け 用 の 2 種 が あ る そ ろ い 鷹 の 羽 を あ し ら っ た 身 守 り 。 龍 神 の デ ザ イ ン の の も あ る 九 州 鉄 道 の 旅 井 河 蘇 神 社 急 勾 配 の 茅 葺 き 屋 根 の 楼 門 は 高 さ 12mo 上 層 軒 先 の 四 隅 に は 鬼 面 の 彫 刻 、 天 井 に は 2 体 の 龍 が 描 か れ て い る JR 人 吉 駅 で 自 転 車 を 借 り て 町 め ぐ り に 出 発 。 駅 構 内 の 人 吉 市 観 光 案 内 所 ( 0 % 22-2411 ) と 駅 を 出 て す ぐ の く ま 川 鉄 道 ゲ ス ト ハ ウ ス く ま た び ( 3 7777 ) で 貸 し 出 し て い る 。 球 磨 焼 酎 と 人 吉 産 の 梅 を 使 っ て 仕 上 ↓ 3 分 け た 梅 酒 の セ ッ ト 400 年 の 歴 史 を 誇 る 荘 厳 な ~ み 大 同 元 ( 806 ) 年 創 建 の 由 緒 あ る 神 社 ー こ お 、 参 り に 参 拝 。 本 殿 、 廊 、 幣 殿 、 拝 殿 、 楼 門 は 国 宝 に 指 定 さ れ て い る 。 と く に 、 華 麗 な 桃 山 様 式 と 球 磨 地 方 独 自 の 社 寺 建 造 物 の 特 徴 が 見 ら れ る 本 殿 は 必 見 。 な ま こ 壁 の 土 蔵 74 で 、 神 仏 習 合 の 神 像 な ど の 資 料 所 熊 本 県 人 吉 市 青 井 町 118 人 吉 駅 か ら 徒 歩 5 分 を 展 示 し て い る 境 内 自 由 、 文 化 苑 は 拝 観 料 300 円 2 無 料 乙 ー 集 古 蔵 継 承 殿 納 さ れ た 御 神 刀 を 展 示 す る 復 古 の 間 、 西 南 戦 争 の 刀 傷 が 残 る 茶 一 室 な ど か ら な る 0 4300-0590 西 洋 食 堂 で ラ ン チ 鍛 冶 屋 町 通 り に あ る 立 山 商 店 の お 茶 と 釜 田 醸 造 所 の 味 噌 、 醤 油 を 使 っ た 「 鍛 冶 屋 町 カ リ ー 」 は 1050 円 本 日 の 手 作 り ケ ー キ の 一 例 殿 様 ゆ か り の 有 機 栽 培 の 野 菜 に 米 、 卵 な ど 地 元 の 産 物 を ふ ん だ ん に 取 り 入 れ た 料 理 が 味 わ え る 「 西 洋 食 堂 」 。 ラ ン チ は カ レ ー や オ ム ラ イ ス な ど が メ ニ ュ ー に の ほ る 。 0966-24-8788 新 熊 本 県 人 吉 市 紺 屋 28 ー 2 人 吉 駅 か ら 徒 歩 12 分 門 11 : 30 ~ 14 : OO 、 18 : 30 ~ 住 不 定 休 2 無 料 21:00 あ さ ぎ り 町 に あ る 高 田 養 鶏 場 の 薬 師 卵 を 使 っ た オ ム レ ッ ラ イ ス ( 1050 円 ) で の ん び り 過 ご す 人 吉 城 の 建 造 物 で 唯 一 残 っ た 堀 合 門 は 、 重 厚 な 雰 囲 気 。 屋 敷 は 西 南 戦 争 の 際 に 西 郷 隆 盛 の 宿 舎 と し て 使 わ れ た も の で 、 座 敷 を 開 放 5 分 し て い る 。 縁 側 で の ん び り し よ う 。 イ 0966-22-5493 所 熊 本 県 人 吉 市 土 手 町 35 ー 1 , に 吉 駅 か ら 徒 歩 15 分 9 : OO ~ 17 : OO 住 央 曜 300 円 2 無 料 ・ せ い よ う し よ く ど う ブ ラ ッ ス リ ー サ ト 、 MAP も と - ィ 亠 、 た な . ン 、 4301-1414 ・ ぷ け や し き ( ぷ け ぐ ら ) ま つ あ ] + ー MAP さ フ ェ ↓ 5 分 で プ レ イ ク タ イ ム 球 磨 川 を 眺 め る こ と が で き る 立 地 の よ い カ フ ェ で 休 憩 タ イ ム 。 メ ニ ュ ー は す べ て 手 作 り 。 カ ウ ン タ ー 席 に 座 り 、 本 日 の 手 作 り ケ ー キ ( 500 円 ) を 楽 し み た い 。 74 4301-1137 0966-35-7377 新 熊 本 県 人 吉 市 新 町 20 ー 1 2 階 人 吉 駅 か ら 徒 歩 15 分 11 : 00 ~ 21 : 00 ( 16 : 00 ~ 18 : 00 は 予 約 優 先 ) 住 木 曜 2 無 料 ↓ 5 分 GOAL J R 人 吉 駅 : 人 吉 駅 か ら 熊 本 駅 に 戻 る に は 、 乗 り 換 え な し ! 三 の 特 急 列 車 か 、 ま た は 八 イ 弋 駅 で 乗 り 換 え が 必 三 三 要 な 普 通 列 車 を 利 用 す る 。 特 急 列 車 の 場 合 三 三 は 所 要 約 1 時 間 30 分 、 料 金 は 3170 円 。 普 通 三 三 列 車 の 場 合 は 所 要 約 2 時 間 、 料 金 は 1770 円 。 を 散 策 す る 700 年 の 歴 史 を 誇 る 人 吉 藩 相 良 氏 の 居 城 跡 。 現 在 は 球 磨 川 を 外 堀 と す 74 4300-0130 ぐ し て 利 用 し て い た 石 垣 の み が 残 る 。 イ 0966-22-2111 ( 人 吉 市 観 光 振 興 課 ) 城 跡 は 公 園 と し て 整 備 し て い て 、 春 所 熊 本 県 人 吉 市 麓 町 & 吉 駅 か ら は 桜 、 秋 は 紅 葉 が あ た り を 彩 る 。 徒 歩 20 分 見 学 自 由 2 無 料 新 季 節 も し い ・ ひ と よ し じ よ う せ き MAP MAP 縁 側 か ら は 日 本 庭 園 が 眺 め ら れ る 2