検索 - みる会図書館

検索対象: 冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)から 208件ヒットしました。

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


「 だ め な ん だ よ 俺 、 ス テ ー ジ に い る と 歌 っ ち ゃ う ん だ よ 」 の ど 「 順 序 よ く 行 き ま し よ う 。 こ の あ と 全 曲 た っ ぷ り 歌 え ま す か ら 。 喉 は 大 事 に 」 「 だ か ら 俺 こ こ に 貼 っ と い た ん だ け ど 。 禁 止 の 紙 」 「 ア ッ ! あ の ア ホ い 紙 、 あ ん た が 自 分 で 貼 っ た ん か リ 」 「 は が し た ? 大 変 だ よ 、 源 司 さ ん 俺 に ラ ー メ ン 奢 ら な く ち ゃ 「 時 計 台 の ね 」 「 美 味 い ん っ す よ マ ジ で 」 あ ・ : @--4< 卓 の 真 後 ろ 、 ホ ー ル の 扉 を そ う っ と 開 け て 、 き や し ゃ な 感 じ の 女 の 子 が 客 席 に 入 っ て く る の 見 え た 。 帽 子 か ぶ っ て た 。 か わ い 着 て る も の 、 可 愛 い 。 ち ( ス タ ッ フ の 人 じ ゃ な い ) 険 ぜ ん ぜ ん 若 く て 違 う 。 誰 か な 。 っ て 思 う よ り 。 も っ と 急 な こ と あ っ て そ れ は そ の と き 忘 れ た 。 こ お ・ 」

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


い つ も め ざ と い 人 だ な 。 好 き だ け ど 。 ( い つ も な ん で も 全 部 ば れ て そ う で こ わ い ) で も や つ ば り 尚 が 近 く に き て く れ る と ホ ッ と し た 。 「 ス テ ィ ッ ク 折 れ た の が 、 ど こ 飛 ん で っ た か と 思 っ て 」 「 人 に 刺 さ っ て な き や 大 丈 夫 よ 」 「 そ ん な ん な っ た ら 、 や ば い じ ゃ な い で す か 」 「 大 丈 夫 で し ょ っ て 尚 が 言 っ た 。 「 そ れ 、 こ っ ち に 来 た 」 左 側 か ら 、 坂 本 く ん に 言 わ れ た 。 靴 の つ ま さ き で 、 モ ニ タ ー の 手 前 に こ ろ が っ て る ス テ ィ ッ ク 一 回 踏 ん で 、 拾 っ て 。 持 っ て き て く れ た 。 あ り が と ご め ん ね っ て 言 っ た 。 め が ね 眼 鏡 の ふ ち を 指 で さ わ っ て 、 坂 本 く ん は い つ も の 癖 で 、 ス テ ィ ッ ク を 探 す と か 関 係 な く て 床 を 見 て 、 ち ょ っ と 顔 し か め た 。 く っ く せ

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


あ か ね 「 し ま っ た 、 だ め だ 俺 な ん で こ ん な と き に ケ ン カ し ち ゃ っ て ん だ ろ 朱 音 ち ゃ ん と ! あ の 音 し と う し よ う : か な い の に 今 。 あ あ あ あ ー っ し ま っ た 、 。 ケ ン カ ? ・ さ い じ っ ( 朱 音 ち ゃ ん っ て ド ラ ム の 西 条 さ ん だ ) ひ と り だ け い る 、 女 の 子 で 。 ( 何 だ ろ う 、 ヒ ビ キ に 関 係 あ る の か な ) こ れ っ て 、 何 の 話 題 か な 。 ヒ ビ キ だ め な の か な 。 「 ご め ん ね 、 ロ で 言 っ た っ て 難 し い よ ね 。 音 だ か ら ね 。 音 楽 だ か ら ー ヒ ビ キ の 顔 を 見 て 、 藤 谷 さ ん が 言 っ た 。 ち ょ っ と 優 し い あ ん ま り い ろ い ろ 、 ヒ ビ キ と 違 い の な い 人 み た く 、 思 っ た 。 歳 と か 。 才 能 と か 。 そ う い う の よ り 。 ( て い う か 、 ヒ ビ キ よ り う ん と 、 も っ と 、 な ん に も で き な い 人 っ ぽ い ) 生 で 。

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


160 他 の こ と は ・ ほ や け て て 。 「 キ ャ 。 フ テ ン 藤 谷 は ? こ 「 急 に 曲 が 出 来 た っ て 、 ひ と り で ビ ア ノ が 弾 き た い と 言 っ て ど こ ぞ に 消 え ま し た 」 「 え え ー ? 」 「 わ ざ わ ざ あ え て こ の 瞬 間 に ? こ 奥 で 、 そ ん な 話 、 聞 こ え た 。 ( な ん で 止 ま ら な い ん だ ろ 先 生 ) 楽 屋 に 戻 っ た ら 、 源 司 さ ん が 尚 に 近 づ い て っ て 「 例 の 子 、 も う 手 当 て し て 、 ち ょ い と 待 っ て て も ら っ て る か ら な 」 っ て 教 え た と こ ろ だ っ た 。 あ り が と う っ て 尚 が 言 っ た 。 「 ギ タ リ ス ト の く せ に 優 し い 奴 だ な ア 「 逆 。 ギ タ リ ス ト だ か ら 他 の 分 野 に 対 し て 耐 性 な い の よ ー 「 ま ー 、 俺 の 優 し さ に は 誰 も か な わ ね ー け ど な ! 」 源 司 さ ん が 胸 を は っ て 笑 っ た 。 本 当 に そ う だ な っ て 思 っ た 。

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


「 ウ ソ 」 何 が 嘘 か な あ っ 、 こ の ひ と も う 。 ( 迷 惑 す ぎ る と こ ろ 一 個 も 変 わ っ て な い ) 顔 、 近 づ け て っ て い う か 、 あ た し の 頭 に ほ っ ぺ た く つ つ け て 、 息 が 震 え る 感 じ で 桐 哉 が 低 く か ら だ 笑 っ た 。 身 体 、 触 っ て る か ら 、 振 動 伝 わ っ て き た 。 「 な 、 な ん で こ ん な と こ で 会 う か な あ ー っ こ う い う こ と す る か な あ も お お ー っ リ 」 「 偶 然 。 今 、 そ こ の ホ ー ム 藤 谷 が 走 っ て た か ら 、 お ま え ら コ レ に 乗 っ て ん の か と 思 っ て 」 あ 、 そ う な ん だ ・ : 先 生 っ て そ う い う 意 味 で 目 立 つ ん だ な ・ : 「 だ け ど 真 崎 さ ん は ど う し て 乗 っ て る ん で す か 」 「 大 阪 で 仕 事 ー 「 あ た し た ち も 大 阪 」 た 「 ク ラ ブ ・ ゼ ラ だ ろ 」 険 知 っ て た 。 あ い か わ ら ず の ( 藤 谷 さ ん の ) 情 報 お さ え て る 人 だ っ た 。 ヘ ン な 人 。 冒 「 あ つ あ の 。 こ っ こ の ひ と 《 オ ー ヴ ァ ー ク ロ ー ム 》 の 」 源 司 さ ん に 説 明 し た 。 不 審 者 と か 変 質 者 じ ゃ あ り ま せ ん っ て の は 、 言 う と 嘘 に な り そ う な 気

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


よ り も っ と 寒 か っ た 、 そ の ス タ ジ オ で 、 俺 に 。 『 続 け る た め に 続 け て る ん で す か ? 』 ・ : う る せ 工 。 ( 世 の 中 、 ホ ン ト の こ と 言 い さ え す り や 偉 い っ て も ん じ ゃ ね え ) ポ ー カ ル の 清 人 さ ん が 、 具 合 を 悪 く し て 救 急 車 で は こ ば れ て 、 そ の 原 因 が 覚 醒 剤 だ っ て こ と で 警 察 に つ か ま っ た の は 、 去 年 の 冬 だ 。 新 聞 に も ワ イ ド シ ョ ー に も 名 前 が 出 た 。 せ ん さ く 写 真 週 刊 誌 が あ れ こ れ 、 バ ン ド の 事 情 を 詮 索 し た 。 お も し ろ そ う に 、 書 い た 。 不 仲 だ と か 、 女 だ と か 、 人 気 だ と か 、 売 り 上 げ だ と か 。 ( ャ ッ パ リ ネ : ・ : ・ ) 俺 は 、 よ っ ぽ ど 俺 が 身 代 わ り に 出 頭 で き て り ゃ あ ど ん な に よ か っ た ろ う と 、 何 百 回 も 後 悔 し せ で も 、 救 急 車 騒 ぎ に な っ ち ま っ た ん な ら ご ま か し は き か ね え さ 、 と メ ン バ ー に な だ め ら れ 宀 見 こ 0 を 俺 の い ち ば ん 大 事 な 師 匠 だ っ た 、 、 、 ヘ ー シ ス ト の 大 沢 さ ん は 俺 に 言 っ た 。 し お ど き や つ ば り な ア 、 源 司 、 潮 時 だ っ た ん だ よ な 。 ク ス

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


で も 俺 は 、 も う ポ ー ヤ と 呼 ば れ た こ ろ の ガ キ で も な い か ら 、 あ の カ ッ コ い い 兄 貴 ら が ど ん な ふ う に 長 い 長 い ROCKANDROLL の 旅 で 参 っ て 、 壊 れ て い っ ち ま っ た ん か 、 知 っ て ん だ 。 消 費 さ れ る 音 楽 は 、 本 気 で や れ ば や る ほ ど 危 ね え ん だ 。 じ ゅ み し っ 寿 命 が 短 い 。 ( ロ ッ ク バ ン ド の 肝 っ て の は 、 初 期 衝 動 だ か ら ) 俺 が ブ ー ギ ー ズ の レ コ ー デ ィ ン グ で 初 め て 会 っ た と き 、 高 岡 は 黙 っ て 花 京 さ ん と 同 じ ギ タ ー を 弾 い た 。 い や 正 直 な 話 、 そ れ は も う 花 京 さ ん に は 弾 け な い 音 だ っ た 。 光 っ て 。 キ ツ イ 。 な ん で も か ん で も 敵 に し て 、 ぶ っ た ぎ っ て い く 音 だ 。 ス ゲ エ な 、 と 俺 は 言 っ た 。 ウ マ イ な 、 と 高 岡 に 言 っ た 。 高 岡 は ぜ ん ぜ ん 喜 ば な か っ た 。 こ う い う も の を ウ マ イ っ て 言 わ れ ち ゃ 困 る 、 と あ い つ は そ の と き 言 っ た 。 俺 に 言 っ た 。 。 フ ー ギ ー ズ の メ イ ハ ー が ひ と り も 顔 を 見 せ て い な か っ た 、 そ の レ コ ー デ ィ ン グ 現 場 で 。 今 日 き も

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


「 西 条 の 聴 い て る ク リ ッ ク っ て ポ リ ュ ー ム 大 ぎ す ぎ な い ? こ 「 で も こ れ く ら い に し て る と 叩 き や す い け ど 」 「 け っ こ う び つ く り す る 。 イ ン ト ロ 前 で ク リ ッ ク 鳴 り だ し た と き 、 俺 の と こ ろ ま で き こ え る か 「 そ れ は 坂 本 く ん が 耳 が よ す ぎ る ん だ と 思 う 」 「 で も ク リ ッ ク 聴 き す ぎ る の 良 く な い ん じ ゃ な い の 」 ぼ そ ぼ そ 言 わ れ た 。 そ り ゃ あ 坂 本 く ん は も と も と 絶 対 リ ズ ム 狂 わ な い で 叩 け る 人 だ し 。 と か 思 っ た 。 な ん だ け ど 、 「 坂 本 く ん は ド ラ ム う ま い か ら 」 っ て 話 題 ふ る と 必 ず 「 違 う ー と か 「 何 そ れ ー と か 一 一 = ロ う か ら 。 め ん ど く さ い ん で す 。 「 耳 ね 、 壊 す と つ ら い よ 。 気 を つ け て 」 者 尚 に も 注 意 さ れ た 。 あ : : : そ う な ん だ 。 冒 「 え 、 や っ た こ と あ る ん で す か ? こ 「 い ち ば ん で か い ミ ッ ド ・ ス 。 ヒ ー カ ー の 前 に う つ か り 行 っ ち ゃ っ て 、 ら 」 ー ン っ て 音 が 吹 っ 飛 ん

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


174 そ の と き 藤 谷 さ ん が ま ば た き し て 、 あ た し の こ と 見 上 げ た の が わ か っ た 。 目 、 見 た ら 、 ば れ る ん だ 。 泣 い た の な ん か 。 ま だ 。 「 ど う し て ? 」 デ ッ キ に し や が ん で る 、 低 い 位 置 か ら 藤 谷 さ ん が 言 っ た 。 ど う し て な ん て 、 関 係 な い で す 。 と 思 っ た 。 自 分 で 、 理 由 わ か ら な い く ら い 、 気 持 ち が 平 ら な 直 線 み た い に な っ て 、 他 人 事 っ ぽ く て 、 め ん ど く さ く な っ た 。 感 情 が ゼ ロ で 。 む り な 我 慢 と か 嘘 と か で も な く て 、 普 通 に 、 平 気 だ っ た 。 「 先 生 は 音 楽 だ け が 大 事 だ か ら 、 本 気 で ず れ た ら 怖 い も の っ て 他 に き っ と な い け ど 、 西 条 は 音 楽 と 、 も う ひ と つ 、 ず れ る と ヤ な も の あ る ん で す ー 自 分 の 言 う 声 、 つ め た い な っ て 思 っ た 。 う そ ひ と ・ 」 と

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


「 か わ い そ う っ て ど う し て ? こ 「 な ん と な く 、 思 っ た ん で す け ど 。 家 族 と か 友 達 と か 恋 人 と か 、 そ う い う も の 、 足 り な く て 、 ハ ン ド が 全 部 そ れ の 代 わ り 埋 め て る か ら 、 テ ン ・ ブ ラ ン ク が な か っ た ら 死 ん じ ゃ う 」 「 : : : で も が な い こ ろ だ っ て 生 き て た ん だ し 」 「 ウ ソ つ き だ か ら じ ゃ な い ん で す か 」 う そ 日 野 ヒ ビ キ 、 才 能 な い な ん て 嘘 で 。 眼 の 力 が 、 す ご く て 、 そ こ が 普 通 と 違 う か ら 、 ひ と り で 歌 っ て ら れ る ん だ 。 こ の 音 楽 の 業 界 で 、 若 く て も 立 っ て ら れ て 。 強 い 大 人 と お ん な じ だ っ た 。 ( 櫻 井 ユ キ ノ も 自 分 で 全 部 わ か っ て 決 め て た ) し ん 芯 に 、 曲 が ら な い も の 、 あ っ て 。 ゆ ず ら な い 自 分 、 あ っ て 。 一 弓 い 音 、 い ら な い ) ち ・ : あ れ つ 、 っ て 、 心 の ど こ か で 、 微 妙 に 、 違 う こ と 思 っ た 。 険 ( い ら な い の か な ? ) 冒 「 朱 音 ち ゃ ん 、 す こ し 叩 き 方 、 変 え て ま す ? ー