検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 C MAGAZINE 1993年3月号

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号から 178件ヒットしました。

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


フ ト ウ ェ ア 最 新 レ ホ 野 口 雄 平 生 徒 を 探 し に 旅 に 出 ま す 。 第 2 話 は あ ん ち ょ ~ す 。 バ ス に ラ ン タ イ ム ラ イ プ ラ リ VBRU N 1 点 ま で 戻 れ ば ク リ ア で す 。 び 島 に 冬 が 訪 れ , む る む る は 学 校 の 黒 板 の 00. DLL ( こ れ も ASC 日 NET に 登 録 さ れ て い す こ っ ぷ 君 攻 略 の 鍵 は や は り 掘 っ た 穴 で た め の 板 を 探 し に い き ま す 。 第 3 話 で は 新 年 る ) が 必 要 で す 。 別 途 入 手 し て く だ さ い 。 す 。 す こ っ ぷ 君 は 一 度 に 自 分 の 体 長 の 半 分 を 迎 え た あ ん ち よ び 島 で , む る む る は 年 始 だ け 掘 る こ と が で き ま す 。 そ し て , 体 長 の の 挨 拶 に 回 り ま す 。 第 4 話 は む る む る が ス キ 半 分 の 段 差 な ら ば 登 る こ と が で き る の で す 。 「 す こ つ ぶ 君 & す こ つ べ 」 ー を し た り し ま す 。 あ ん ち よ び 島 は け っ こ と い う こ と は 逆 に い う と , 体 長 以 上 に 段 差 う 大 き く , 歩 き が い が あ り ま す 。 ま た ゲ ー を 作 っ て し ま う と 帰 れ な く な る の で す 。 面 作 者 : す こ つ ぶ 君 : 緋 色 樹 さ ん ム 中 ゲ ー ム も あ っ た り し て 楽 し め ま す 。 の 中 に は こ の 仕 組 み を ト リ ッ ク に し た も の (NIFTY-Serve:NBH01145 ほ か ) ゲ ー ム は ウ イ ン ド ウ に 表 れ る マ ッ プ 上 を が あ る の で ご 注 意 。 す こ っ ぺ : Séy± さ ん 移 動 ボ タ ン で 東 西 南 北 に 移 動 し , ア イ テ ム す こ っ ぷ 君 の 面 デ ー タ は 自 作 す る こ と が (SéY's Park : SYSOP, な ん か は 直 接 ク リ ッ ク し ま す 。 あ ん ち よ び で き ま す 。 面 デ ー タ は テ キ ス ト な の で エ デ NIFTY-Serve:PDD01125 ほ か ) 島 の 住 民 も と き ど き 出 現 す る の で , こ れ に イ タ で 編 集 し て も よ い の で す が , S y ☆ さ ん フ ァ イ ル 名 : す こ つ ぶ 君 : SCOOPIO. LZH つ き あ っ て や り ま す 。 ケ ン カ な ん か も し ま の す こ っ ぷ 君 専 用 面 デ ー タ 工 デ イ タ 「 す こ っ す こ っ ぺ : SCOPE017. LZH す が , あ ん ち よ び 島 は 平 和 な 島 な の で ゆ っ べ 」 を 利 用 す る と と て も 簡 単 で す 。 す こ っ ぺ ネ ッ ト : 上 記 ネ ッ ト ・ ASCII NET ほ か く り プ レ イ し て く だ さ い 。 道 々 日 記 を つ け は , す こ っ ぷ 君 の 面 デ ー タ を す べ て 編 集 可 、 → て い く と , 次 回 は そ こ か ら ゲ ー ム を 再 開 で あ く し ょ ん ば ず る げ ~ む 「 す こ っ ぷ 君 」 は , 能 で す 。 す こ っ ぷ 君 に 同 封 さ れ て い る 100 面 き ま す 。 ね ず み の す こ っ ぷ 君 を 操 っ て 三 種 の 神 器 は す こ っ ぺ が あ っ て こ そ 可 能 で あ っ た , と む る む る シ リ ー ズ は ス ト ー リ が 季 節 ご と ~ 剣 ・ 曲 珠 ・ 鏡 ~ を 掘 り 出 す ゲ ー ム で す 。 ネ ズ ド キ ュ メ ン ト に あ り ま し た 。 ( ? ) に 続 い て い ま す が , ソ フ ト は 少 し ず つ ミ の す こ っ ぷ 君 は け っ こ う か わ い い で す 。 す こ っ ぷ 君 の 対 応 機 種 は PC ー 980 Ⅳ M 以 降 改 良 さ れ て い る よ う で す 。 ス ト ー リ と ソ フ ゲ ー ム 面 は 12X12 の 正 方 形 で , だ い た い の 16 色 対 応 機 種 で グ ラ フ ィ ッ ク VRAM を 2 画 ト が 一 体 化 し て い る の で , 多 少 デ ィ ス ク 容 は 土 で で き て い ま す が 所 々 岩 や 柵 や 池 が あ 面 持 つ も の で す 。 量 を 取 っ て し ま う の が 難 で す が , そ の 代 わ り , な ぜ か カ ラ ス や カ ニ が 邪 魔 し ま す 。 す OS は MS-DOS Ver. 3.30B で 確 認 さ れ て り ソ フ ト の 改 良 の 過 程 が か い ま 見 え て 興 味 こ っ ぷ 君 は 土 の 部 分 を 掘 る こ と が で き ま す 。 い ま す 。 液 晶 画 面 で は 白 地 に 黒 で は 多 少 見 深 い で す 。 ど こ か に 埋 ま っ て い る 三 種 の 神 器 を 探 し だ に く い の で , 黒 地 に 白 に し た ほ う が 見 や す む る む る は Visual Basic で 作 成 さ れ て い ま し , タ イ ム リ ミ ッ ト ま で に 無 事 ス タ ー ト 地 い で す 。 Fig. 1 SAME GAME Fig. 2 す こ つ ぶ 君 00 ・ の ・ 静 ・ 0 ・ ・ ・ e ・ 叩 朝 ・ 00 ・ 朝 00 朝 0 * S a m e G a m e 米 or 38 176 TQ を 引 フ リ ー ソ フ ト ウ ェ ア 最 新 レ ポ ー ト 37

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


C 言 語 用 追 跡 調 査 お よ び ド キ ュ メ ン ト 制 作 ユ - テ ィ リ テ ィ ー ソ フ ト “ C ま つ ぶ ” バ ー ジ ョ ン 4.0 特 要 ー 微 ・ 追 跡 機 能 関 数 の 流 れ を 直 接 ソ ー ス フ ァ イ ル を 見 な が ら 調 査 す る こ と が で き ま す 。 ま た 市 販 さ れ た エ デ イ タ に タ グ ジ ャ ン プ さ せ 、 編 集 す る こ と も 可 能 と な っ て い ま す 。 つ ま り 本 ソ フ ト か ら 使 い 慣 れ た エ デ イ タ を 呼 び 出 し 、 編 集 し た 後 復 帰 す る こ と が で き ま す 。 ■ 編 集 機 能 ロ 指 定 し た 関 教 を 先 頭 に 関 係 す る も の だ け を 抽 出 さ せ 、 ソ ー ス フ ァ イ ル を 再 編 成 し な お す こ と が で き ま す 。 ま た 必 要 な も の だ け を し か も 関 数 の 使 用 さ れ た 順 に リ ス ト ア ッ プ さ せ る こ と が 可 能 で す 。 こ の 他 に 、 ソ ー ス フ ァ イ ル 中 の 定 義 関 教 を 個 別 に 分 割 さ せ る 機 能 、 プ ロ ト タ イ プ 宣 言 フ ァ イ ル の 作 成 機 能 、 MAKE フ ァ イ ル の 作 成 機 能 等 が 行 え る よ う に な っ て い ま す 。 ■ 資 料 作 成 機 能 定 義 関 数 の 構 成 図 、 プ ロ ッ ク チ ャ ー ト 図 等 、 全 部 で 16 種 類 の 資 料 を 作 成 す る こ と が 可 能 と な っ て い ま す 。 ま た 関 教 用 の 説 明 文 と し て 打 ち 込 ま れ た コ メ ン ト 内 容 を 自 動 抽 出 さ せ 、 作 成 資 料 の 説 明 内 容 と し て 出 力 さ せ る こ と も で き ま す 。 尚 、 CRT 画 面 上 で も 確 認 す る こ と が で き る よ う に な っ て い ま す 。 ま た 、 C ま っ ふ ソ フ ト 、 ミ ニ ソ フ ト 自 身 で 決 め ら れ た コ メ ン ト 書 式 で あ れ ば 出 力 資 料 を よ り 整 理 さ せ 作 成 す る こ と が で き ま す 。 、 第 い に 第 ル を : 議 い ッ 読 : て 新 を 第 ・ き ・ ・ 第 み を - 「 を 当 贓 ー 位 一 型 第 数 ー 物 ー ( 0- 新 代 ー 第 04 4. 物 を 、 ′ 2 ” 4-0 、 い ま 4 ら 0 に よ る 発 、 来 用 ” , - の 早 - 滝 を を 物 9 レ ま 価 : 5 : ー 3 込 : い ま み い ! 編 工 を ′ 例 2 ? : ー 2 い 洋 相 ー を 引 1 , 第 。 : 1 物 、 第 ェ 絣 ・ わ ー 円 第 い は を ! 第 ろ を - 濵 3 こ 第 イ 気 、 砂 . こ 絣 飛 ジ : ア ー ま 「 卩 .8J0 レ / 第 ! を 、 い い 物 ! 工 第 ・ ・ 奇 5 15 : 鰍 1 、 ! n 【 を ) ? 1 ′ お : ま を イ ル : は 2 川 0 : ー 弊 を : い ・ み 長 第 一 青 第 を 、 第 ツ 物 ・ 一 ; 第 ・ 一 - 物 泓 薄 ー 要 当 を 第 ) - を ま ′ 要 第 要 を 第 洋 第 第 一 ・ を ・ 今 こ の よ う な こ と で 悩 ま れ て い ま せ ん か ? ( ハ ー ド デ ィ ス 久 功 っ て も 、 内 容 ま で は 見 え ま せ ん 。 ) 1 ) メ モ リ 不 足 が 生 じ 、 不 要 な 関 数 を 削 除 し た い が ど れ か 不 要 か 分 か ら な い 。 ・ ・ ・ \ 50 , 000 ( 税 別 ) C ま っ ぷ ・ 2 ) 他 の 者 へ 引 き 継 き た い が 説 明 時 間 が と れ な い 。 ま た 、 ド キ ュ メ ン ト 制 作 時 間 も と れ な い 。 ・ ・ ・ \ 30 , 000 ( 税 別 ) C ま っ ぷ ミ ニ 版 ( verl . 0 ) ・ ・ 3 ) 忘 れ か け た シ ス テ ム ま た は 他 人 の 作 成 し た シ ス テ ム の 仕 様 変 更 を 、 短 期 間 で 行 わ な け れ 分 割 専 用 ソ フ ト ( CL 旧 verl . 2 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ \ 9 , 800 ( 税 別 ) は な ら な い 。 開 発 ・ 販 売 元 〒 52 ト 12 滋 賀 県 神 崎 郡 能 登 川 町 佐 生 19 ヨ ー 腺 プ ラ ン ド シ ー FAX ( 0748 ) 42 ー 6458 U S 第 UNIX 処 方 箋 OpenWindows 活 用 法 PART 1 Nemacs 活 用 法 PARIA 2 ー ド テ ィ ス ク の 増 設 法 PARI 、 3 ノ 、 make の 使 い 方 PART 4 ノ ヾ ッ ク ア ッ フ の ノ ウ ハ ウ PAICP 5 特 別 付 録 UNLV USERLIBRARY 3.5 ツ DD デ ィ ス ク ◆ 定 価 は 税 込 み ◆ お 近 く の 書 店 で お 求 め く だ さ い ◆ 編 集 の 都 合 上 特 集 お よ び 内 容 が 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す し 財 を は 、 の 了 し ま す か (Y/N) ? を は 修 は 0 ) ■ 販 売 価 格 尸 P く 資 料 請 求 番 号 1 乃 〉 ア プ リ ケ ー シ ョ ン 指 向 の UN Ⅸ 活 用 誌 1993 0.3 好 評 発 売 中 ◆ 定 価 980 円 ◆ 毎 月 8 日 発 売 好 評 連 載 ◆ シ ス テ ム 構 築 学 印 字 環 境 の 構 築 ② ◆ 実 践 UN Ⅸ C curses ラ イ フ ラ リ を 使 い こ な す ◆ UNIX の GUI タ ー ミ ナ ル エ ミ ュ レ ー タ ◆ whatis UNIX ニ ュ ー ス へ 投 稿 す る SOFT BANK

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


以 前 , 某 誌 て 、 , 「 日 本 語 処 理 に つ い て 一 般 雑 誌 と い う オ ー プ ン な 場 て 、 み な さ ん と 一 緒 に オ ー プ ン に 考 え て い き ま し よ う 」 と い う 趣 旨 の 連 載 を 開 始 し た こ と が あ り ま す 。 て 、 も そ の 連 載 は , 、 、 オ ー プ ン な 議 論 〃 な ど ま だ 何 も 始 ま り も し な い , う ん と 初 期 の 段 階 て 、 中 止 に さ れ ま し た 。 中 止 に な っ た ( さ れ た ) 契 機 の ひ と つ が , あ る 読 者 か ら の 荷 に も わ た る し つ こ い 批 判 て 、 し た 。 「 そ ん な も ん ( 日 本 語 処 理 と い う テ ー マ ) は , 企 業 や 学 会 な ど が い ろ い ろ 高 度 な こ と を と っ く に 考 え て い る ん だ か ら , 今 更 そ ん な 稚 拙 な 連 載 な ど や め ろ 」 。 ま , 文 章 は こ れ と 完 全 に 同 じ て 、 は な い て 、 す け ど , こ う い う 趣 旨 の 葉 書 を , 何 回 も 何 回 も 寄 越 す 読 者 が お っ た ん ど す 。 そ の 読 者 は , 葉 書 を 寄 越 し は じ め た と き は 大 学 生 て 、 , そ の 年 の 春 に 就 職 し た よ う な の て 、 , す ご く 若 い 人 だ よ ね 。 頭 の 中 が 封 建 制 ・ 権 威 主 義 性 ・ 前 近 代 性 こ う い う 便 て 、 凝 り 固 ま っ た お じ ん 族 か ら , り が 来 る の な ら と も か く , そ う い う す ご く 若 い 人 か ら 来 る の だ か ら , 私 は シ ョ ッ ク て 、 し た よ 。 だ っ て , ま と も な 人 間 な ら , 「 私 は 日 本 語 処 理 と い う テ ー マ の こ れ こ れ と い う 側 面 に つ い て , 私 な り に こ う い う こ と を 考 え る 。 こ う い う プ ロ グ ラ ム を か っ て 作 っ て み た と が あ る 」 な ど と 書 い て 寄 越 す の が , 近 代 人 と し て の 基 本 ル ー ル て 、 あ り マ ナ ー て 、 は な い て 、 し よ う か ? そ れ を , な ん て 、 す か , 自 分 の 人 間 と し て の , 個 人 と し て の 生 き た 声 は 一 言 も 上 げ ず に , 「 企 業 等 の 前 に 個 人 は 黙 っ て ろ 」 な ん て し か も , 年 齢 的 に は す 言 う ん だ か ら な ー ご く 若 い 人 が 。 そ の と き , 某 誌 編 集 長 が , 私 の 連 載 の 中 止 を 決 定 し た の は , べ つ に そ の 編 集 長 が 三 C 言 語 フ ォ ー ラ ム 97 流 だ っ た と か , お 粗 末 だ っ た と い う 話 て 、 は な い よ ね 。 そ の と き の 成 り 行 き は , 今 の 日 本 の , 圧 倒 的 に 主 勢 な 社 会 の 雰 囲 気 C 大 企 業 な ど institutional な 権 威 的 存 在 ーー を 前 に し て , 個 人 と い う も の は 一 粒 の 塵 よ り も 小 さ く 軽 い つ を す な お に 表 し て い る に す ぎ な 。 だ か ら た と え ば , 私 が 、 、 東 大 の 教 授 ク や っ た ら , 中 止 に は な ら ん か っ た か も し ら ん わ 。 当 時 だ い た い そ も そ も , 私 の 連 載 を 呼 び 水 と し て , 日 本 語 処 理 に 関 す る オ ー プ ン な 議 論 な ど が 薪 が れ て い き そ う な 感 じ は , 皆 無 に 等 し か っ た の だ か ら , 中 止 と い う 事 態 そ の も の は , 私 も す ん な り と 受 け 入 れ ま し は ら わ た が 煮 え く り か え る ほ ど 腹 が 立 っ て , そ の 大 き な 怒 り の 反 動 て 、 ド ー ツ と 疲 れ て し ま っ た の は , 個 人 と し て の 自 分 の 考 え な ど 一 言 も 発 せ ず に , 既 存 権 威 を 振 り か ざ し て 「 黙 れ ! 」 と 言 う , そ の 若 者 の 態 度 だ よ ね 。 そ し て 私 は , 他 の い ろ い ろ な こ と も 考 え 合 わ せ て , あ あ , こ れ か ら の 日 本 社 会 は , 今 世 紀 の 前 半 と 同 じ よ う に , ま た 暗 さ へ の 道 を 突 き 進 ん て 、 い く な と 確 信 い た し ま し た ( そ し て , そ の 暗 さ を 打 開 し よ う と す る た た か い の 中 て 、 , こ う い う 若 者 ( 日 本 人 ) が 淘 汰 さ れ て い く こ と を 期 待 し た い わ れ わ れ は 消 費 者 ″ を 脱 し ら れ る か ? て も , な ん だ か , 日 本 の UNIX 誌 っ て , ど 一 例 と い つ も こ い つ も つ ま ん ね ー よ な ー し て 386BSD な ん か て 、 も , 向 こ う の 雑 誌 だ と , そ れ を み ん な て 、 わ い わ い 言 い な が ら , キ ツ イ 冗 談 な ん か も 言 い な が ら 、 、 作 っ て い く 過 程 〃 が , 共 同 執 筆 に よ る オ ー プ ン な レ ポ ー ト と し て 連 載 さ れ , そ れ に 対 し て 読 者 も 意 見 や 代 案 的 コ ー ド を 提 出 し た り す る 。 そ う ・ 0 い う 楽 し い 愉 快 な , 社 会 的 過 程 と い う も の が あ る 。 と こ ろ が 日 本 の 雑 誌 だ と , ( す て 、 に 完 成 し て い る ) 386BSD を イ ン ス ト ー ル し て み た ら ど う だ っ た , 使 っ て み た ら こ う だ っ た , と い う 単 な る 消 費 者 レ ポ ー ト ク が 載 る だ け や 。 こ り ゃ あ , え ら い 違 い て 、 っ せ 。 私 み た い に , 日 頃 か ら , 「 コ ン ピ ュ ー タ は プ ロ グ ラ ミ ン グ が お も し ろ い の だ 」 と 思 っ て い る 人 間 は , オ ー プ ン て 、 フ リ ー な UNIX を 作 っ て い く 過 程 の レ ポ ー ト ( も ち ろ ん C の リ ス ト が 随 所 に 入 る ) に は 大 い に 関 心 あ っ て も , 消 費 者 レ ポ ー ト な ん か 「 つ ま ん な い 」 の 一 し か な い す よ 。 ま あ こ れ は ほ ん の 一 例 て 、 す け ど , 日 本 の UNIX 誌 は , 総 じ て 「 つ ま ん な だ か ら と い っ て , た と え ば こ の 私 が , 今 , 日 本 の UNIX 雑 誌 の 編 集 長 を 任 さ れ た ら ど う な る か 。 や つ ば り , た い し た こ と は て 、 け ん よ ね 。 日 本 お よ び 日 本 人 の 現 状 を 無 視 し て , へ た に 頑 張 っ た り し た ら , 3 号 て 、 廃 刊 に な る よ う な 雑 誌 し か 作 れ ん か も し ら ん よ 。 つ ま り , 繰 り 返 す け れ ど も , こ う い う 問 題 は , 編 集 長 が ど う の こ う の と い う 次 元 の 問 題 て 、 は な い の て 、 す 。 も っ と 大 き な , 社 会 の 基 本 的 雰 囲 気 の 問 題 だ 。 日 本 社 会 は 今 , 何 度 目 か の 大 き な 滅 び ・ 瓦 解 へ 向 か っ て 突 き 進 ん て 、 い る 途 中 な の だ か ら 。 FSF/GNU の リ チ ャ ー ド ・ ス ト ー ル マ ン 氏 も 言 う と る け ど , そ れ に , こ れ は ス ト ー ル マ ン 氏 ら 少 数 派 の 特 異 な 意 見 と い う わ け て 、 な く て , ア メ リ カ て 、 基 本 的 な 前 提 に な っ て い る 観 念 は 次 の よ う な も の て 、 す 。 つ ま り , 「 人 間 の コ ン ピ ュ ー タ 利 用 , も っ と 大 き く 言 っ て 情 報 化 社 会 の 推 進 に お い て た い せ つ な の は , 個 々 の 企 業 等 が 優 秀 な 技 術 や 製 品 を 開 発 す る か ど う か て 、 は な い 。 open て 、 public て 、 common な 場 (free

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


リ The + い も の が あ り ま す が , 今 回 の par の よ う な べ 念 は ,Fig. 5 と Fig. 6 の よ う に , 幼 稚 な く ら タ の ア ー カ イ バ て 、 は 完 全 予 想 が て 、 き る は ず い 単 純 き わ ま り な い も の て 、 す が , 処 理 対 象 と な る フ ァ イ ル が ひ と っ て 、 あ れ ば ま だ し も , ア ー カ イ プ 中 の フ ァ イ ル を 更 新 し た り , 2. 直 接 法 ー ー ー あ く ま で 元 の ふ た つ 以 上 の 複 数 て 、 あ っ た 場 合 は , こ と は ア ー カ イ プ に じ か 書 き す る 削 除 し た り す る た め に は , こ れ ま て 、 の よ う そ う 単 純 て 、 は あ り ま せ ん 。 に 姑 息 に ア ー カ イ プ を ち ょ こ ま か い じ く っ か ま う こ た あ ね え , 元 の ア ー カ イ プ を 直 正 し く 安 全 に 処 理 が 終 わ れ ば そ れ て 、 い い て い る だ け て 、 は ダ メ て 、 す 。 ふ た つ の ア プ ロ 接 い じ く っ ち ま え , と い う ア プ ロ ー チ も 当 の な ら , 対 象 フ ァ イ ル ひ と つ ひ と つ に つ い ー チ を 考 え て み ま し よ う 。 然 あ り え ま す 。 て , 図 の と お り の 処 理 を 逐 一 繰 り 返 せ ば い 1 . 間 接 法 デ ィ ス ク の 食 い 方 を 最 小 限 に 押 さ え ら れ い の て 、 す が , そ の 効 率 の 悪 い こ と と い っ た 新 規 ア ー カ イ プ を 作 る ら , ま さ に 目 を 覆 わ ん ば か り て 、 す 。 る こ と が 真 っ 先 に 期 待 て 、 き ま す が , 処 理 内 元 の ア ー カ イ プ は そ の ま ま 温 存 し て お い 本 来 , な る べ く デ ィ ス ク ア ク セ ス を 減 ら 容 に よ っ て は 処 理 時 間 も 大 幅 に 短 縮 て 、 き る て , 更 新 さ れ た 形 の ア ー カ イ プ を 別 個 に し て , 空 間 効 率 と 時 間 効 率 を 上 げ よ う と い か も し れ ま せ ん 。 し ら え る 。 こ れ が い ち ば ん 簡 単 な 方 法 に 思 し か し , 元 の ア ー カ イ プ を 直 接 い じ く る う 趣 旨 の ア プ ロ ー チ な の て 、 す か ら , 本 旨 を え ま す 。 関 係 上 , 何 か 工 ラ ー が 起 こ っ た ら 取 り 返 し 忘 れ て は い け ま せ ん 。 ア ー カ イ プ が 増 え て し ま う の は う ざ っ た が っ か な く な る 危 険 性 は あ り ま す 。 つ ま り , あ ら か じ め ア ー カ イ プ 全 体 に ど い と 考 え る な ら , 新 規 ア ー カ イ プ が 見 事 て 、 ま た , 削 除 処 理 や 追 加 処 理 の 基 本 的 な 概 の よ う な 処 理 を 施 し た ら い い の か を 前 も っ き あ が っ た 時 点 て 、 , 元 の ア ー カ イ プ に 対 し て 上 書 き し て し ま え ば 済 む こ と て 、 す 。 青 春 な ん で も 相 談 室 2 何 と い っ て も メ リ ッ ト に あ げ ら れ る の は , 常 に 新 規 作 成 が 処 理 の 基 本 に な る の て 、 , コ 0 : 先 生 の ア ド バ イ ス で コ ン テ ナ ク ラ ス ラ ー ル し た だ け で は , ス モ ー ル モ デ ル 用 の ー デ ィ ン グ が わ か り や す い と い う 点 て 、 す 。 イ プ ラ リ と リ ン ク に 成 功 し ま し た よ あ り TCLASSS. L 旧 し か 用 意 さ れ て い ま せ ん 。 , た と え 最 後 に 上 書 き す る に し て も , が と う ご ざ い ま し た 。 と こ ろ が ツ い ざ リ ほ か の メ モ リ モ デ ル の . L 旧 フ ァ イ ル は , ギ リ ギ リ ま て 、 旧 ア ー カ イ プ が 温 存 さ れ て い ン ク し て み る と を 彼 女 の 様 子 が 思 わ し く 自 分 で 作 ら な く て は な り ま せ ん 。 と い っ る の て 、 , 工 ラ ー が 発 生 し た 場 合 も ア ー カ イ あ り ま せ ん 。 ど う も ほ く の こ と を 「 ス モ ー て も , と く に め ん ど う は あ り ま せ ん 。 class ⅱ b プ を 破 損 す る 危 険 性 が 低 い こ と か ら , 安 全 ル な 奴 」 と 思 っ て い る よ う な の で す 。 そ こ デ ィ レ ク ト リ を 覗 い て く だ さ い ( Fig. A ) 。 性 も 高 い と い え ま す 。 で , 思 い き っ て ラ ー ジ モ デ ル に ス テ ッ プ makefile が あ り ま し た ね 。 こ れ を make 短 所 は , 「 も う 1 個 ア ー カ イ プ を 作 る 」 行 為 ア ッ プ し よ う と し た の で す が , す る だ け で す 。 make の 仕 方 は makefile に そ の も の に あ り ま す 。 も 書 い て あ り ま す が ; Linker Error : 一 UnabIe tO open file た と え ば ア ー カ イ プ が 10M バ イ ト も あ る make [email protected] ' TCLASSL. L 旧 ' よ う な 場 合 , 10M バ イ ト を ま る ま る コ ピ ー と い わ れ て し ま い , う ま く い き ま せ ん 。 の よ う に メ モ リ モ デ ル を 指 定 し ま す 。 し て 書 き 戻 す と い う 作 業 が 必 要 に な り か ね TCLASSL. L 旧 は ど こ に あ る の で す か ? makefile が な い 場 合 は , source デ ィ レ ク ト ま せ ん 。 時 間 の ロ ス も た い へ ん な も の て 、 す ( 埼 玉 県 ・ ウ ゴ ウ ゴ 17 歳 ) リ に build. bat が あ る は ず で す の で , が , そ れ を 度 外 視 し て も , そ れ だ け の 作 業 build ー 領 域 を 食 う の は ネ ッ ク に な り ま す 。 A : お や お や , そ れ は い け ま せ ん 。 い つ ま と 実 行 し て 目 的 の TCLASSL. L 旧 を 手 に 何 十 メ ガ も 何 百 メ ガ も あ る よ う な ア ー カ で も ス モ ー ル モ デ ル で は , 彼 女 も 満 足 で 入 れ て く だ さ い 。 イ プ を 処 理 し て , よ う や く 終 わ り に 近 づ い き ま せ ん ね 。 TC 十 十 / BC 十 十 を イ ン ス ト た か と 思 っ た 矢 先 に 「 デ ィ ス ク が 足 り ま せ ん て 、 し た 」 て 、 は , 目 も あ て ら れ ま せ ん 。 作 業 領 Fig. A classlib デ ィ レ ク ト リ 域 が 足 り る の か ど う か , 前 も っ て 確 認 す る 作 業 は ぜ っ た い に 必 要 て 、 す 。 LHA の よ う な 圧 縮 ア ー カ イ バ て 、 は , 元 が 10M バ イ ト の フ ァ イ ル て も , い ざ 圧 縮 し て み た ら IK バ イ ト そ こ そ こ , と い う こ と だ っ て あ り 得 る わ け て , な か な か 予 想 が し に く 第 4 段 階 ア カ イ プ の 更 新 = 一 一 コ ラ ム 3 3 3 3 3 3 0 3 3 3 3 3 3 3 っ 乙 つ 」 っ 乙 っ つ な っ 4 1 1 1 1 1 1 4- 1 1 1 1 1 1 っ 乙 っ っ ム っ つ 」 1 っ つ な っ 」 っ 4 つ 」 っ 」 っ な 9 9 9 9 9 9 9 8 0 8 く DIR > く DIR > く DIR > く DIR > く DIR > く DIR > include source examples makefile C + + 入 門 講 座 93

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


Part 正 規 表 現 利 用 の 実 態 鴨 浩 靖 MS - DOS ユ ー サ に は な し み の 薄 い 正 規 表 現 も , 意 外 と 身 近 な と こ ろ で 使 わ れ て い ま す 。 そ の 代 表 と も い え る の が コ ン ノ ヾ イ ラ 本 章 て は 正 規 表 現 か と の よ う な 場 面 で 使 わ れ て し る か , そ の 実 態 を 紹 介 し ま す 。 性 有 限 オ ー ト マ ト ン ( 後 述 ) に 変 換 す る こ と た だ し , て 、 高 速 化 て 、 き ま す 。 コ ン パ イ ラ の 場 合 , 必 d= 0 ロ 貶 ロ 図 新 ロ 四 コ ン バ イ ラ n= 引 い 日 日 引 H Ⅲ お 凵 要 と す る 正 規 表 現 は プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 ご と に 初 め か ら 決 ま っ て い る の て 、 , 変 換 は 実 0 田 IQ 駅 灯 ー い Ⅲ 乙 正 規 表 現 は コ ン パ イ ラ 技 術 の 基 礎 の ひ と 行 時 て 、 は な く プ ロ グ ラ ミ ン グ 時 に 行 い ま す 。 い 引 引 e Ⅲ g ⅱ Ⅲ k Ⅲ つ に な っ て い ま す 。 も と も と 正 規 表 現 の 利 そ し て , 変 換 は 機 械 的 な 手 続 き て 、 実 行 可 能 心 い q 国 s Ⅲ い ⅵ ⅵ 幻 幻 用 は コ ン パ イ ラ 技 術 か ら 始 ま っ た と い っ て こ の 正 規 表 現 と の マ ッ チ ン グ 判 定 を 行 う て 、 す 。 も 過 言 て 、 は な い て 、 し よ う 。 こ と て 、 , 入 力 中 の プ ロ グ ラ ム か ら 名 前 を 切 こ の 変 換 は 手 計 算 て 、 行 う こ と も て 、 き な く コ ン パ イ ラ は , プ ロ グ ラ ム を 入 力 す る と り 出 す こ と が て 、 き ま す 。 同 じ こ と を す べ て は あ り ま せ ん が , 変 換 し な く て は な ら な い 最 初 に 字 句 解 析 と 呼 ば れ る 処 理 を 行 い ま す 。 の 種 類 の ト ー ク ン ( 演 算 子 , 整 数 , 浮 動 小 数 正 規 表 現 の 量 が 増 え て き た り , 複 雑 な 正 規 点 数 , 文 字 列 , ・ ・ ・ ) に つ い て 考 え れ ば , す こ れ は , 文 字 の 列 と し て 入 力 し た プ ロ グ ラ 表 現 を 扱 う こ と に な る と , 作 業 に 時 間 が か ム を , 意 味 の あ る 最 小 単 位 に 切 り 分 け て い べ て の 種 類 の ト ー ク ン を 切 り 出 す こ と が て 、 か り ま す し , 間 違 い や す く な り ま す 。 と な く 処 理 て 、 す 。 た と え ば , C の コ ン パ イ ラ に プ き る こ と に な り ま す 。 ロ グ ラ ム ( の 断 片 ) 字 句 解 析 処 理 の 考 え 方 は も と も と コ ン パ コ ラ ム ・ 一 I 本 稿 で の 記 号 の 使 い 方 イ ラ か ら 出 て き た も の て 、 す が , 実 は , 、 テ キ p = (int *)malloc((sizeof(int)) ス ト 処 理 全 般 に い ろ い ろ 応 用 て 、 き ま す 。 文 こ て 、 は 本 稿 て 、 の 記 号 の 使 い 方 を 説 明 し 字 が 並 ん て 、 い る だ け の テ キ ス ト を , 意 味 の ま し よ う 。 あ る 最 小 単 位 に 切 り 分 け る 処 理 が テ キ ス ト イ タ リ ッ ク 体 の ア ル フ ァ ベ ッ ト て 、 書 い た が 入 力 さ れ る と , 字 句 解 析 の ル ー チ ン が こ 処 理 て 、 は あ ち ら こ ち ら に 出 て く る も の だ と 文 字 は , 文 字 そ の も の て 、 は な く , 何 か を 表 い う こ と は , 想 像 て 、 き る て 、 し よ う 。 れ を , す 変 数 て 、 あ る と し ま す 。 た と え ば , 「 文 字 c 」 た と え ば , 英 文 を 単 語 に 分 け る , テ キ ス と あ っ た ら , そ れ は 文 字 を 表 す 変 数 て 、 あ っ ト 形 式 て 、 保 存 さ れ て い る 大 量 の 表 デ ー タ か て , c と い う 文 字 そ の も の の こ と て 、 は あ り ま ら 必 要 な 数 値 を 取 り 出 す な ど は 字 句 解 析 処 せ ん 。 そ れ に 対 し て , そ れ 以 外 の 字 体 の ア 理 そ の も の て 、 す 。 し た が っ て , テ キ ス ト 処 ル フ ァ ベ ッ ト は そ の 文 字 そ の も の と し ま す 。 つ ま り , 「 文 字 c 」 は c と い う 文 字 そ の も の て 、 と 切 り 分 け ま す 。 切 り 分 け ら れ た ひ と つ ひ 理 に 関 係 す る プ ロ グ ラ ミ ン グ て 、 は , 「 こ れ は す 。 と つ の も の を ト ー ク ン と 呼 び ま す 。 字 句 解 析 処 理 て 、 は な い だ ろ う か 。 そ う す る 文 字 列 は ダ カ レ ク オ ー ト (" ) 二 重 引 用 符 て 、 字 句 解 析 は , 普 通 は 正 規 表 現 の マ ッ チ ン と , 正 規 表 現 の マ ッ チ ン グ 判 定 が 使 え る の 囲 ん て 表 す こ と が あ り ま す 。 ” abc ” の よ う に グ 判 定 を 利 用 し て 行 い ま す 。 た と え ば , C の て 、 は な い か 」 と 考 え る こ と が て 、 き る よ う に な て 、 す 。 名 前 は 正 規 表 現 て 、 書 く と 次 の よ う に な り ま る と , プ ロ グ ラ ミ ン グ が た い へ ん 楽 に な り 文 字 列 の 連 結 は 単 に 並 べ て 表 し ま す 。 っ す 。 ま す 。 ま り , sl="abc , = mn " な ら ば , = n (n d) * さ て , 正 規 表 現 の マ ッ チ ン グ 判 定 は 決 定 abcmn " て す 。 42 C M AGAZIN E 1 3 3 "int ” 'sizeof 'malloc' "int'

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


特 集 ① 正 規 表 現 の す す め ① ズ ム を 具 体 的 に 与 え な く て は な り ま せ ん 。 る こ と を 見 て き ま し た が , も ち ろ ん , 正 規 表 現 は 万 能 て 、 は あ り ま せ ん 。 正 規 表 現 て 、 は 文 字 列 が 正 規 表 現 に マ ッ チ す る こ と は , MI, M2, M3, M4, M5 の 五 つ の 規 則 て 、 再 書 け な い パ タ ー ン も た く さ ん あ り ま す 。 そ れ も 紹 介 し て お か な い と 不 公 平 な の て 、 , 正 帰 的 に 定 義 さ れ て い ま す 。 こ れ を そ の ま ま 同 じ よ う に し て 符 号 っ き 浮 動 小 数 点 数 を 再 帰 的 な プ ロ グ ラ ム に し て し ま う と い う の 規 表 現 て 、 は 書 け な い こ と が 証 明 さ れ て い る 正 規 表 現 て 、 表 し て み ま す 。 い き な り 正 規 表 は , 自 然 な 考 え 方 て 、 す 。 そ れ て 、 う ま く い く こ て 、 紹 介 し て お き 現 て 、 書 い て し ま う と こ う な り ま す 。 パ タ ー ン を い く つ か , の て 、 し よ う か 。 ま す 。 た だ し , 一 般 に 不 可 能 の 証 明 は 難 し 引 9 ) + い 凵 引 引 引 引 川 結 論 か ら い え ば , 一 応 , う ま く い き ま す い の て 、 , 証 明 は 専 門 書 に 譲 る こ と に し て こ が ( な ぜ , 「 一 応 」 な の か は 後 て 、 説 明 し ま す ) , こ て 、 は 一 切 省 略 し ま す 。 ち ょ っ と 細 か い こ と を 考 え な く て は な り ま ・ 左 右 の カ ッ コ が つ り あ っ て い る 文 字 列 ・ a の 出 現 回 数 カ 市 の 出 現 回 数 の ち ょ う ど 2 倍 こ う な る と , 言 葉 て 、 説 明 す る よ り も 正 規 せ ん 。 ま ず , MI と M2 は 文 字 列 の 比 較 を 行 え ば 表 現 て 、 書 い た ほ う が わ か り や す い て 、 す ね 。 て 、 あ る 文 字 列 よ い だ け な の て 、 , 問 題 あ り ま せ ん 。 見 づ ら い の て 、 次 の よ う に 書 く こ と も あ り ・ 長 さ が 素 数 て 、 あ る 文 字 列 M3 は ど う て 、 し よ う ? こ れ は , 「 ま た は 」 さ ら に お も し ろ い 話 が あ り ま す 。 a と b ま す 。 の 形 を し て い る か ら 簡 単 て 、 す 。 ま ず , て が , a が 先 に 交 互 に 並 ん て 、 , 同 じ 回 数 出 現 す 調 べ て , だ め だ っ た ら て 、 調 べ て , そ れ て 、 た だ レ = 幻 引 引 引 引 引 9 る 文 字 列 は , 正 規 表 現 て 、 ( ab ) * と 簡 単 に 書 け も だ め だ っ た ら , マ ッ チ し な い と 結 論 づ け ま す 。 と こ ろ が , a だ け が 最 初 に 何 個 か 並 ん こ れ は 変 数 を 使 っ て 式 を 分 割 し た だ け て 、 , れ ば よ い の て 、 す 。 こ れ は 再 帰 呼 び 出 し て 、 う て 、 , そ の 後 ろ に 同 じ 個 数 だ け b が 並 ぶ 文 字 列 新 し い 記 法 を 用 い た わ け て 、 は あ り ま せ ん 。 は , ど う が ん ば っ て も 正 規 表 現 て 、 は 書 け な ま く い き ま す 。 a の 出 現 回 数 か ち ょ う ど M4 は ど う て 、 し よ う ? 問 題 に な る の は , こ と が 証 明 さ れ て い ま す 。 な か な か お も で あ る 文 字 列 ・ ・ ・ 」 の 部 分 の 形 に 分 解 て 、 き て , し ろ い て 、 し よ う 。 証 明 は 簡 単 て 、 は あ り ま せ 「 s ん が , 理 解 す れ ば 「 あ あ , な る ほ ど 」 と 思 え て 、 す 。 ど う や っ て , う ま い 分 解 を 見 つ け れ a が 2 か 所 に 出 て き て あ と は 全 部 a 以 外 だ と ば よ い の て 、 し よ う か 。 順 列 組 み 合 わ せ の 知 る も の て 、 す 。 こ の 分 野 の 教 科 書 に は た い て 考 え る と , す ぐ に 書 け ま す 。 識 を 使 う と , s の 長 さ が / の と き , s を SI の い 書 い て あ り ま す か ら , 興 味 の あ る 方 は ぜ ä*aa aa 形 に 分 解 す る 場 合 の 数 は ( / 十 1 ) 通 り て 、 す 。 っ ひ お 読 み く だ さ い 。 参 考 文 献 に あ げ て お き が 3 か 所 に 出 て く る こ と に 注 意 し て く だ ま り , 有 限 通 り の 場 合 を 調 べ れ ば い い の て 、 す か ら , し ら み つ ぶ し て 、 何 と か な り ま す 。 な お , こ の 分 野 の 教 科 書 て 、 は , 普 通 , 正 の 形 に 分 解 す つ ま り , こ の 部 分 を 「 s 規 表 現 の 後 に そ れ よ り も 記 述 力 の 高 い 文 脈 ・ ・ ・ 」 と 解 る す べ て の 場 合 に つ い て 順 番 に 自 由 文 法 と , そ れ よ り も さ ら に 記 述 力 の 高 釈 し て , 順 番 に 調 べ て , う ま く い く 場 合 が こ う い う の も 正 規 表 現 て 、 書 け ま す 。 と に い 文 脈 依 存 文 法 に つ い て 書 か れ て い る は ず 見 つ か れ ば マ ッ チ す る と 結 論 し , 最 後 ま て 、 て 、 す 。 こ の う ち , 文 脈 自 由 文 法 も 正 規 表 現 か く 書 い て み ま し よ う 。 う ま く い か な か っ た ら マ ッ チ し な い と 結 論 と な ら ん て 、 あ ち こ ち て 、 使 わ れ て い る も の な づ け れ ば よ い の て 、 す 。 こ れ も な ん と か 再 帰 こ れ が 長 さ が 偶 数 の 文 字 列 を 表 す と い う の の て 、 , つ い て 、 に 学 ん て 、 お く と 便 利 て 、 す 。 呼 び 出 し の 形 に な り ま し た 。 は じ っ と 見 れ ば わ か り ま す よ ね 。 正 規 表 現 さ て , M5 に つ い て て す 。 こ れ に も 「 s の 奧 深 さ を 味 わ っ て く だ さ い ・ ・ ・ 」 が あ り ま す か の 形 に 分 解 て 、 き て , ま っ た く 同 様 に , 長 さ が て 、 割 っ て % て 、 余 ら , こ れ は 同 じ よ う に 考 え ま し よ う 。 と こ る 整 数 て 、 あ る 文 字 列 も , ろ が , M5 に は も う ひ と っ 問 題 が あ り ま す 。 正 規 表 現 が い ろ い ろ な パ タ ー ン を 表 す こ ( の * r M5 に は こ の 規 則 の 中 に も 再 帰 的 定 義 が あ り と が て 、 き る こ と は わ か り ま し た 。 て 、 は , 具 と 正 規 表 現 て 、 書 く こ と が て 、 き ま す 。 ま す が , こ の 定 義 を 素 直 に 再 帰 呼 び 出 し に 体 的 に 文 字 列 と 正 規 表 現 が 与 え ら れ た と き す る と , 無 限 再 帰 に な っ て し ま う 可 能 性 が に , そ の 文 字 列 が そ の 正 規 表 現 に マ ッ チ す あ り ま す 。 し か し , こ れ は 避 け る こ と が て る か ど う か を 判 定 す る 方 法 を 考 え て み ま し き ま す 。 規 則 M5 を 次 の よ う に 変 形 し て し ま よ う 。 つ ま り , マ ッ チ ン グ の 判 定 ア ル ゴ リ 特 集 正 規 表 現 の す す め 47 符 号 つ き 浮 動 小 数 点 長 さ か 偶 数 で あ る 文 字 列 マ ッ チ ン グ の 判 定 ア ル ゴ リ ズ ム 正 規 表 現 で は 書 け な い バ タ ー ン さ て , こ う し て 正 規 表 現 が い ろ い ろ 使 え

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


再 帰 的 に フ ァ イ ル を 表 示 す る List List 4 の 失 敗 は そ れ だ け て 、 は あ り ま せ ん 。 確 か に 「 サ プ デ ィ レ ク ト リ な ら そ の 下 も 調 べ こ う 」 と 考 え た の は 間 違 っ て い ま せ ん 。 if (). attrib & A SUBDIR) ・ と い う 条 件 は ま さ に そ の 意 志 を 表 現 し て い ま す 。 失 敗 は , 「 そ の 下 」 が 1 レ ベ ル に と ど ま っ て い る こ と て 、 す 。 MS ー DOS て 、 は , 「 階 層 デ ィ レ ク ト リ 」 と い う 名 前 の と お り , デ ィ レ ク ト リ の 下 に サ プ デ ィ レ ク ト リ , そ の 下 に さ ら に サ プ デ ィ レ ク ト リ , そ の 下 に さ ら に ・ と 繰 り 返 し て 深 い デ ィ レ ク ト リ を 作 る こ と が て 、 き る の て 、 す 。 List 5a を 見 て く だ さ い こ れ は List 4 に そ っ く り て 、 す が , よ く 見 る と ち ょ っ と 違 い ま す 。 見 る ポ イ ン ト は サ プ デ ィ レ ク ト リ の 処 理 , つ ま り , if (). attrib & A SUBDIR) ・ の 部 分 て 、 す 。 そ こ を よ く 見 て み る と , print dir と い う 関 数 を 呼 び 出 し て い ま す 。 こ の 関 数 が , サ プ デ ィ レ ク ト リ の 表 示 を つ か さ ど っ て い る の て 、 す 。 あ れ れ , そ う い え ば print_d こ れ て 、 や ir っ て 自 分 自 身 の こ と て 、 し た 。 っ と 話 は 再 帰 呼 び 出 し ま て 、 た ど り つ い た と に な り ま す 0List 5a の 関 数 print dir の よ う に 「 自 分 自 身 を 呼 び 出 す こ と 」 を 再 帰 呼 び 出 し と い い , そ の 関 数 を 再 帰 的 な 関 数 と い い ま す 。 「 再 帰 呼 び 出 し 」 と か 「 再 帰 的 な 関 数 」 と か そ こ か ら 下 の エ ン ト リ を 表 示 す る 。 List 5a て 、 は , デ ィ レ ク ト リ の 表 示 を , 再 い っ て も 難 し く 考 え な い て 、 く だ さ い 。 言 葉 ③ そ れ が フ ァ イ ル な ら , が 難 し い か ら と い っ て そ の 考 え 方 自 体 が 難 帰 呼 び 出 し を 使 っ て 書 い て み ま し た 。 「 何 て 、 フ ァ イ ル 名 を 表 示 す る 。 し い と は か ぎ り ま せ ん 。 よ く プ ロ グ ラ ム を こ ん な め ん ど う な こ と を し な く ち ゃ い け な ④ 工 ン ト リ が あ る か ぎ り , 読 ん て 、 納 得 し て く だ さ い 。 動 作 結 果 は Fig. 5 い の だ ろ う 」 と 思 い ま し た か ? 別 に 以 上 を 繰 り 返 す 。 な く ち ゃ い け な い わ け て 、 は あ り ま せ ん 。 し て 、 す 。 こ の う ち ② が 再 帰 呼 び 出 し を し て い る と こ う い う 書 き 方 は 解 こ う と し て い る List 5a の print dir は 文 字 列 dir を 引 数 に こ ろ て 、 す ね 。 サ プ デ ィ レ ク ト リ な ら , そ こ 問 題 に よ っ て は 非 常 に 便 利 な も の て 、 す 。 そ も ら い , 「 そ こ か ら 下 の フ ァ イ ル や デ ィ レ ク ト リ を す べ て 表 示 す る 」 と い う 関 数 て 、 す 。 そ か ら 下 の エ ン ト リ を 表 示 し な く て は な ら な も そ も , い ま か ら 表 示 し よ う と す る デ ィ レ と こ ろ て 、 い ま 作 ろ う と し て い る 関 数 pr の 処 理 は 次 の と お り て 、 す 0List 5a を ち ら ち ク ト リ は , サ プ デ ィ レ ク ト リ の 下 に ま た サ int dir と は , ま さ に そ こ か ら 下 の エ ン ト リ プ デ ィ レ ク ト リ や フ ァ イ ル が あ る と い う 構 ら と な が め な が ら お 読 み く だ さ い 。 な お , を 表 示 す る 関 数 て 、 あ り ま す 。 し め し め , と 造 を 持 っ て い る わ け て 、 す 。 つ ま り 自 分 の 中 説 明 の 都 合 上 「 フ ァ イ ル ま た は デ ィ レ ク ト リ 」 自 分 自 身 を 呼 び 出 せ ば よ い 。 て 、 , め て 、 た し に 自 分 自 身 と 同 じ 構 造 の も の を 持 っ て い る の こ と を 「 エ ン ト リ 」 と 呼 ぶ こ と に し ま す 。 め て 、 た し 。 さ , こ の 説 明 て 、 再 帰 呼 び 出 し が こ れ は ま さ に 再 帰 的 な 関 数 の 構 造 と 同 print dir の 処 理 ① 工 ン ト リ を ひ と つ 得 る 。 納 得 て 、 き ま し た か 。 そ れ と も キ ツ ネ に つ ま じ だ と 思 い ま せ ん か 。 デ ィ レ ク ト リ ・ は 再 帰 ② そ れ が サ プ デ ィ レ ク ト リ な ら , ま れ た よ う な 感 じ を 受 け ま し た か 。 的 な 構 造 を 持 っ て い る 。 だ か ら そ れ を 表 示 1 : #include く stdio. h> 2 : #include く dOS. h> 3 : #include く string. h> 4 : print—dir(const char *dir) ; 5 : VOid 6 : void nain(void); 7 : 8 : void main(void) print_dir(" 11 : } 12 : 13 : VOid 14 : { 15 : 20 : 21 : 22 : 23 : 24 : 26 : 28 : 29 : print—dir(const char *dir) struct find_t f; char pathname[FNAME MAX] ; sprintf(pathname, "XS***. * ” , dir) ; if (_dos_findfirst(pathname, —A—NORMALI A SUBDIR, (f) = = の { do ( sprintf(pathname, "XS**XS", dir, f. name) ; if (). attrib & _A—SUBDIR) { if (). name[0] ト ' ) print—dir(pathname) : else ( printf("Xs*n ” , pathname) : } whi le (—dos—findnext(&f) Fig. 5 List 5a の 実 行 結 果 . \ 日 LEI . DOC . *TMP*ESI 21 600. H . \ 日 LE2. DOC . *DEEP*DEEPER*XXXX . *DEEP*DEEPER*DEEPEST*TREASURE . *DEEP*DATAI . *DEEP*DATA2 Fig. 6 List 6 の 実 行 結 果 FILEI . DOC TMP*ESI 2 1600. H FlLE2. DOC DEEP*DEEPER*XXXX DEEP*DEEPER*DEEPEST*TREASURE DEEP*DATAI DEEP*DATA2 104 C MAGAZINE 1993 3

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


果 た そ ラ と す る ソ フ ト ウ ェ ア と は 共 存 て 、 き な い よ う に な っ て い る 。 そ ラ こ う し て い る う ち に , DesqView を 使 わ な く な っ た の て 、 ほ と ん ど の 部 分 を 消 し て し ま っ た 。 て 、 も QEMM と 呼 ば れ る メ モ リ 管 理 部 分 だ け は 残 し た 。 十 分 に 強 力 な CPU 上 て 、 QEMM を 使 え ば , expanded メ モ リ と ex tended メ モ リ を 区 別 す る 必 要 が な く な る び 今 て 、 も QEMM386 v6.02 を 使 用 し て い る が , こ の お か げ て 、 メ モ リ 管 理 が と て も 簡 単 に な っ て い る 。 ま た メ モ リ の 使 用 に 関 し て ハ ー ド ウ ェ ア や ソ フ ト ウ ェ ア に ト リ ッ ク な ど 厄 介 な こ ど が あ っ て い QEMM386 は そ れ を カ バ ー し て く れ る 。 こ う し た 機 能 が あ る の て 、 , QEMM 386 が 必 要 と す る だ け の RAM を 追 加 す る 価 値 も あ る ( IM ノ ヾ イ ト 当 た り の 価 格 が $ 50 に な っ た 今 だ か ら こ う い え る の だ が ) 。 実 は 最 近 QEMM386 て 、 も た っ た ひ と つ だ け 問 題 が 発 生 し た の だ 力 な そ れ も Geoffrey の 最 新 ビ デ オ ゲ ー ム を 使 用 し た と き だ っ た 。 そ の ゲ ー ム は ULTIMAV Ⅱ な の だ が , こ れ は 独 自 の メ モ リ 管 理 を 必 要 と し て い る よ う だ ( ヴ ー ド ゥ ー 教 の ま じ な い の よ う な も の だ ) 。 そ の た め 通 常 使 用 し て い る ソ フ ト ウ ェ ア を す べ て 削 除 し た ゲ ー ム 専 用 の プ ー ト デ 、 イ ス ケ ッ ト を 一 晩 か け て 作 っ た 。 そ れ て 、 も , ULTIMA VII を 古 い Compaq Deskpro 走 ら す と , ク ラ ッ シ ュ し た ( 聞 く と こ ろ に よ る と , ほ か の マ シ ン て 、 も そ う ら し い ) 。 あ ま り 賢 い マ ー ケ テ ィ ン グ 選 択 て 、 は な と こ ろ て 私 が DesqView を や め た の は 一 , M icrosoft が や っ と Windows を ど う に か ま と も な も の に し て く れ た か ら だ 。 し か も CoreI D て aw を 使 う の に Windows が 必 要 だ っ た の だ 。 そ の 結 果 , ビ ッ ド マ ッ プ グ ラ フ ィ ッ ク ス イ ン タ フ ェ イ ス と ポ イ ン テ ィ ン グ デ バ イ ス の 雰 囲 気 を 理 解 て き る よ う に な っ た 。 だ 20 C MAGAZINE 1993 3 か ら Ventura Publisher の Windows バ ー シ ョ ン が 出 荷 さ れ る と , そ ろ そ ろ Windows を オ ペ レ ー シ ョ ン の べ ー ス に し て も よ い だ ろ う と 考 え た 。 こ う な る と 「 カ の 政 治 」 だ 0Quarterdeck は こ れ か ら も ず っ と 強 力 な ソ フ ト ウ ェ ア を 提 供 し 続 け る だ ろ う 。 ハ ー ド ウ ェ ア メ ー カ ー や ソ フ ト ウ ェ ア メ ー カ ー が 新 し い も の を 作 る た び に , 問 題 が あ れ ば す ぐ に そ れ を 解 決 し 続 け る だ ろ う 。 最 近 て は DesqView と の 互 換 性 を 維 持 し よ う と す る メ ー カ ー さ え 出 て き た 。 て 、 も W ⅲ dows の 場 合 , す べ て の べ ン ダ が 互 換 性 を 維 持 し て い く こ と が 確 実 て 、 , そ れ が Quarterdeck と の 違 い だ 。 こ ラ し て い る う ち に ま た 次 の 間 題 , っ ま り デ ィ ス ク と メ モ リ 容 量 の 問 題 が 出 て き 、 0 リ の 迷 宮 そ れ ま て 、 私 は 40M バ イ ト 近 く の ソ フ ト ウ ェ ア を 使 っ て お り , そ れ を Windows 十 QEM M386 上 て 使 う こ と に な る 。 ま た Windows に 付 属 す る 多 く の ユ ー テ ィ リ テ イ も 追 加 さ れ た の さ ら に は Ventura PubIisher と Corel D raw, そ し て 数 百 種 類 も の フ ォ ン ト を 加 え る し デ ィ ス ク 不 足 が 現 実 の 間 題 に な っ て く る ( 不 思 議 な こ と に , ど の W ⅲ dows の シ ス テ ム に も 多 く の ゲ ー ム が 入 り 込 ん て 、 い る が , , こ て の 計 算 に は そ の 領 域 は 含 ま れ て い な 640K バ イ ト 制 限 を 解 消 す る ひ と つ の 方 法 て あ っ た extended メ モ リ を Windows ア プ リ ケ ー シ ョ ン は う ま く 利 用 し て い る 。 も ち ろ ん 640K バ イ ト の 境 界 が な く な っ た わ け て 、 は な い 。 Windows を き ち ん と 動 作 さ せ る た め に は , 下 位 メ モ リ ( コ ン べ ン シ ョ ナ ノ レ メ モ リ ) も そ こ そ こ に 必 要 だ 。 ま た Windows か ら D OS セ ッ シ ョ ン を そ れ な り に 動 作 さ せ る と な る し 本 当 に 十 分 な 下 位 メ モ リ が 必 要 と な る 。 そ れ に 加 え て extended メ モ リ も う ま く 使 え る の ぞ , さ ら に 大 量 の メ モ リ を 購 入 し た く な る の を 避 け ら れ な い 私 の ラ ッ プ ト ッ プ の メ モ リ は 3 ~. 5M バ イ ト か ら 6M バ イ ト , さ ら に は 現 在 の 10M バ イ ト へ と 増 加 し て き た の だ 力 な こ れ も Windows が 簡 単 に 大 量 の メ モ リ を 使 っ て く れ る か ら だ 。 今 日 の メ モ リ 価 格 か ら す れ ば ; こ れ も 進 歩 と 呼 べ る か も し れ な い 。 て 、 も 、 実 は Geoffrey の ビ デ オ ゲ ー ム が か ら む と や は り 問 題 が あ る 。 ゲ ー ム の 中 に は Windows と 共 存 て き な か っ た り , あ る い は Windows 下 の DOS セ ッ シ ョ ン 中 て 走 ら せ る と メ モ リ が 不 足 し た り す る も の が あ る の だ 昨 年 ( 訳 注 : こ の 原 稿 は 1992 年 に 執 筆 さ れ て い る の て : , に こ て の 「 昨 年 」 は 1991 年 の こ と て 、 あ る ) は さ ら に 有 害 な 傾 向 が 出 て き た 。 ア プ リ ケ ー シ ョ ン が も は や IM バ イ ト や 2M バ イ ト 程 度 の デ ィ ス ク 領 域 に は 収 ま ら ず , 10M パ 、 イ ト か ら 40M バ イ ト も の デ ィ ス ク 領 域 を 必 要 と し て い る の だ 。 最 新 の C や C 十 十 コ ン パ イ ラ な ど 最 悪 だ ど ち ら の コ ン バ イ ラ に も Windows 用 と DOS の す べ て の メ モ リ モ デ ル 用 の ラ イ プ ラ リ が 付 属 し て い る 。 お ま け に 統 合 環 境 や 会 話 型 の デ バ ッ ガ , ~ そ し て オ ン ラ イ ン ド キ ュ メ ン ト や そ の リ ー ダ な ど し つ い て く る ( べ ン ダ は 気 前 よ く こ れ ら を 提 供 し て く れ る が こ れ ら を 削 減 す る た め の 明 確 な ガ イ ド は め っ た に 提 供 し て く れ な い ) 。 私 の 最 新 著 書 の プ ロ ジ ェ ク ト て 、 は す べ て の ポ ヒ 。 ュ ラ ー な コ ン パ イ ラ バ ッ ケ ー ジ を 使 う 必 要 が あ っ た の だ が , 悲 し い こ と に 私 の 120M ノ ヾ イ ト し か な い 小 型 デ ィ ス ク ( ! ) て 、 は 足 り な か っ た 。 こ れ に 対 す る 私 の 最 初 の 対 処 は ( ご 想 像 の と お り ) さ ら に 新 し い ソ フ ト ウ ェ ア を 追 加 購 入 す る こ と だ っ た 。

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


き 640K バ イ ト 制 限 の 設 定 は ど ち ら か と い う と い い か げ ん て 、 あ っ た 。 最 初 の PC 工 ン ジ ン て 、 あ っ た Inte18088 や 8086 て 、 は , 1024K バ イ ト ま て の ア ク セ ス が 簡 単 に 行 え た 。 し か し , IBM は ア ド レ ス 空 間 の 上 位 約 1 / 3 を 各 種 RO M や メ モ リ マ ッ ブ ド I / 0 向 け の 専 用 空 間 に し て し ま っ た 。 こ の よ う な 浪 費 設 計 は こ の 業 界 て 、 は そ れ ほ ど 珍 し い も の て は な い が , 非 常 に 残 念 な こ と だ 。 多 く の プ ロ グ ラ マ の 時 間 と 能 力 が , ア プ リ ケ ー シ ョ ン 自 体 に て 、 は な く , こ の 制 限 を 回 避 す る こ と に 費 や さ れ て し ま う 。 て 、 も 別 な 見 方 を す る と , こ れ は 私 の 単 な る 思 痴 か も し れ な い 。 メ モ リ に た か だ か 38 4K バ イ ト の 余 裕 カ イ き た と し て も ( そ れ な り に は 役 に 立 つ が ) , 大 し た 改 善 に は な ら な い 。 IM バ イ ト 以 上 の メ モ リ を 必 要 と す る ア プ リ ケ ー シ ョ ン に と っ て は , 苦 痛 が ま だ 残 つ ま り オ ー バ レ イ や パ イ プ ラ イ ン て 、 の 実 行 な ど , い ろ い ろ な ト リ ッ ク を 駆 使 し た 時 代 に 戻 っ て し ま う の だ 。 予 想 以 上 の 成 功 を 背 景 に PC 市 場 は 成 長 し て き た が , 計 画 性 は そ の よ う な ア プ ロ ー チ の ひ と つ に み た 。 ろ な 人 が い ろ い ろ な 方 法 て 、 ア プ ロ ー チ を 試 だ か ら メ モ リ 制 約 問 題 に 対 し て , い ろ い ほ と ん ど な か っ た 。 な い が , デ ィ ス ク ス ワ ッ プ を 使 っ た オ ー バ セ ス て き る 。 フ ラ ッ ト な ア ド レ ス 空 間 て 、 は ン ド ウ を 通 し て 数 M バ イ ト の メ モ リ に ア ク モ リ に 対 応 し た ア プ リ ケ ー シ ョ ン は , ウ ィ リ に ア ク セ ス す る 方 法 だ 。 こ の expanded メ 設 定 し た 狭 い ウ イ ン ド ウ を 通 し て そ の メ モ ル し , ア ド レ ス 空 間 の 上 位 384K バ イ ト 中 に と 区 別 す る た め 英 語 を 使 っ た ) を イ ン ス ト ー ゆ る 拡 張 メ モ リ だ が , 後 の extended メ モ リ あ っ た 。 こ れ は expanded メ モ リ ( 訳 注 : い わ ク 切 り 換 え て 、 8088 の 制 限 か ら 逃 げ る 方 法 が レ イ よ り は 優 れ て い る 。 も う ひ と つ の ア プ ロ ー チ は , 最 初 の 8088 や 8086 マ シ ン を よ り 強 力 な 80286 以 降 の マ シ ン に ア ッ プ グ レ ー ド す る と 無 料 て 、 提 供 さ れ る も の だ っ た 。 80286 以 降 の 新 し い CPU て 、 は , 16M バ イ ト あ る い は そ れ 以 上 の extend ed メ モ リ に 直 接 ア ク セ ス す る こ と が て 、 き る 。 こ の extended メ モ リ へ は 最 下 位 の IM バ イ ト と 同 じ く ら い 容 易 に ア ク セ ス て 、 き る が , 異 な る メ モ リ 管 理 レ ジ ス タ を 使 う 必 要 が あ る と こ ろ に 違 い が あ る 。 こ う し た メ モ リ 拡 張 に つ い て は 私 よ り 詳 し い 読 者 が 多 い だ ろ う か ら , ま て 、 踏 み 込 む つ も り は な い こ て 詳 細 に こ て 、 い っ て お き た い の は , IBM PC の ア ー キ テ ク チ ャ は 最 初 か ら ロ コ コ 調 ( 訳 注 : 過 度 に 装 飾 さ れ て い る こ と を 指 す の だ ろ う ) て あ り , そ の 後 も 装 飾 が つ ぎ つ ぎ と 追 加 さ れ て き た , う こ と だ け だ 。 一 般 的 に は expanded メ モ リ よ り も extended メ モ リ の ほ う が よ い え る だ ろ う 。 だ か ら と い っ て , プ ロ グ ラ ム 開 発 者 が 思 い っ き て 、 ど ち ら か の メ モ リ を 選 ぶ の を や め る わ け て 、 は な い こ の メ モ リ 問 題 に 関 心 を 持 ち 始 め た の は , 640K バ イ ト に 収 ま る コ ン パ イ ラ が 入 手 て 、 き な く な っ て か ら だ 。 さ ら に Ventura Publisher て 、 タ イ プ セ ッ ト を 行 う よ う に な る と , 小 型 コ ン ピ ュ ー タ と は 永 久 の お 別 れ を し な け れ ば な ら な か っ た 。 そ し て , 何 日 も か け て メ モ リ 管 理 用 の ソ フ ト ウ ェ ア と メ モ リ ポ ー ド に つ い て の 本 を 読 ん だ 。 そ の 結 果 , 新 し い 心 配 事 が 出 て き た 。 ex panded メ モ リ と extended メ モ リ を ど う 配 分 す れ ば よ い の だ ろ う ( 当 時 メ モ リ は IM バ イ ト 当 た り $ 600 も し て い た ) 。 も う 心 配 事 は 十 分 な の に の 政 治 使 用 す る ソ フ ト ウ ェ ア が あ ま り に も 多 く な っ た と き , プ ロ グ ラ マ な ら ど う す れ ば よ い か を 知 っ て い る は ず だ 。 負 荷 を 管 理 す る た め の ソ フ ト ウ ェ ア を 導 入 す る の だ 。 そ う す る と , そ の 管 理 ソ フ ト ウ ェ ア を モ ニ タ し 最 適 化 す る た め の ソ フ ト ウ ェ ア も さ ら に 必 要 に な る だ ろ う 。 こ の よ う な 状 況 は 学 位 に 関 す る 古 い ジ ョ ー ク と 似 て い る 。 誰 て も B. S. が 何 の 略 か 知 っ て い る ( 必 ず し も 、 SBacheIor of Science の 略 と は 限 ら な い ( 訳 注 : B. S. は 俗 語 て *B uIIShit" の 略 に な る そ う だ 。 英 語 圏 の 人 間 に は あ た り ま え の こ と て , し か も 下 品 な 言 葉 な の て 、 , 筆 者 は こ こ に 意 味 を 明 記 し な か っ た そ う だ ) ) 。 そ し て M. S. は More of the Same だ し Ph. D. は Piled Higher and De eper だ 。 私 の 場 合 , PC 互 換 機 ソ フ ト ウ ェ ア に お け る 上 級 の 学 位 ( M. S. や Ph. D. ) を い や お う な し に 取 得 さ せ ら れ て い る よ う だ 。 メ モ リ 消 費 を 制 御 し よ う と し た 私 の 最 初 の 試 み は , Quarterdeck 社 の DesqView と い う 製 品 だ っ た 。 こ の ソ フ ト ウ ェ ア は PC を マ ル チ タ ス ク シ ス テ ム に 変 身 さ せ る 。 て も , DOS や 各 種 ア プ リ ケ ー シ ョ ン が ダ ー テ ィ な ト リ ッ ク を 使 っ て い る と , 役 に 立 た な く な る よ う だ ( も っ と も , そ ん な ト リ ッ ク だ ら け の 状 況 よ り , 7 歳 の 子 供 の 誕 生 パ ー テ ィ の ほ う が 多 少 は 文 明 化 さ れ て い る だ ろ う ) 。 こ の よ う な 問 題 は あ る も の の ,DesqView は 驚 く ほ ど し つ か り し た も の だ っ た 。 し ば ら く の 間 は 何 の 問 題 も な く 使 う こ と が て き た 。 て も , た っ た 1 回 だ け 本 当 に 困 っ た 問 題 が 生 じ た 。 そ れ は Geoffrey の ゲ ー ム を い く っ か 走 ら せ よ う と し た と き だ っ た 。 た ゲ ー ム は 最 新 の 技 術 を 勝 手 に 駆 使 し て お り ,DesqView の よ う に そ の 責 任 を き ち ん と Programming on Purpose 19

月刊 C MAGAZINE 1993年3月号


に 一 彡 売 り ま す 。 こ う い っ た ト ラ ン ス レ ー タ の 機 能 に よ っ て , 従 来 の UNIX の よ う に 一 般 ユ ー ザ が 一 切 変 更 て 、 き な い カ ー ネ ル と は 対 照 的 に , ユ ー ザ レ ベ ル て 、 自 由 に 機 能 を 追 加 ・ 変 更 可 能 な , 柔 軟 な カ ー ネ ル を 実 現 て 、 き る の て 、 す 。 そ う い う 機 能 を 実 現 し て い る 仕 組 み て 、 す ー ド ウ ェ ア の す ぐ 上 に は カ ー ネ ギ メ 力 す ノ 、 ロ ン 大 学 の Mach が 動 き ま す 。 そ の 上 に Hu rd が , さ ら に そ の 上 に GNU C library が 乗 り ま す 。 通 常 の UNIX て 、 は Mach と Hurd の 2 レ ベ ル に 当 た る 部 分 を カ ー ネ ル と 呼 ん て 、 い ま す 。 GNU カ ー ネ ル の 設 計 思 想 の ひ と つ は , て 、 き る か ぎ り の 機 能 を Mach 側 か ら Hu rd 側 へ と 移 そ う と い う も の が あ り ま す 。 と い う の も , Mach は ユ ー ザ レ ベ ル て 、 は 変 更 す る こ と が て 、 き ま せ ん が , Hurd な ら ば て 、 き る か ら て 、 す 。 一 方 , な る べ く Hurd か ら Clibrary へ と 機 能 を 移 す こ と も 重 要 て 、 す 。 DynamicIink を し て い れ ば , ュ ー ザ が ラ イ プ ラ リ を 再 定 義 す る だ け て 、 , 既 存 の プ ロ グ ラ ム に 新 ラ イ プ ラ リ を 結 合 て 、 き る か ら て 、 す 。 ち な み に , Mach は UNIX カ ー ネ ル と ほ ば 同 じ 大 き さ て 、 , 決 し て 「 micro kernel 」 て 、 は な く , そ う 伝 え ら れ て い る の は 嘘 だ と い う こ と て 、 す 。 そ う い っ て い る の は OSF ( FSF て 、 は な く Open Software Fundation) だ け だ そ う て 、 す 。 し か し , Mach は ネ ッ ト ワ ー ク 透 過 性 が あ り , ま た UNIX カ ー ネ ル よ り も ず っ と 一 般 的 な 機 能 を 実 現 し て い ま す 。 Fig. 1 GNU カ ー ネ ル の 構 造 ( 中 央 の 3 レ ベ ル ) UtiIity programs GNU C Library Hu 「 d servers Mach kernel Hardware (CPU) Mach の ほ と ん ど の 機 能 は メ ッ セ ー ジ パ ッ シ ン グ に よ っ て 実 現 さ れ て い ま す 。 そ し て , メ ッ セ ー ジ は 特 定 の ポ ー ト を 経 由 し て て 、 な い と 送 れ ま せ ん 。 そ し て 特 定 の ポ ー ト を 通 じ て メ ッ セ ー ジ を 送 る た め の 権 利 は Mach が 管 理 し て お り , 特 定 の 特 権 を 有 し た プ ロ セ ス て 、 な い と メ ッ セ ー ジ が 送 れ な い こ と に な っ て い る た め , Mach の メ ッ セ ー シ ノ ヾ ッ シ ン グ は 安 全 て 、 あ る と い わ れ て い ま す 。 そ の M ach の 上 に 乗 っ て い る Hurd も , し た が っ て , そ の 自 由 度 と は 裏 腹 に 安 全 な シ ス テ ム て 、 あ る と い え る て 、 し よ う 。 こ の よ う に , GNU カ ー ネ ル と は , 単 な る UNIX ク ロ ー ン て 、 は な く , デ フ ォ ル ト て 、 は U NIX と 同 じ 動 作 を す る と い う だ け の 存 在 の よ う て 、 す 。 く 半 田 剣 ー 氏 の 講 演 半 田 氏 は 多 国 語 化 対 応 の Emacs て 、 あ る M ule に つ い て 講 演 さ れ ま し た 。 同 氏 は Nema cs の 作 者 て も あ り , MuIe は Nemacs の 後 継 だ と い え ま す 。 ち な み に Nemacs の 開 発 は V er. 3.3.2 て 終 了 し た そ う て す 。 MuIe は GNUEmacs 18.58 を ベ ー ス に 拡 張 さ れ て い て , 現 在 テ ス ト を 行 っ て い る そ う て 、 す 。 以 下 の 文 字 セ ッ ト を サ ポ ー ト し て い ま す 。 英 語 , 日 本 語 , 中 国 語 , 韓 国 語 , ヨ ー ロ ッ パ 系 , プ ラ イ ベ ー ト , そ の ほ か し か も , び と つ の バ ッ フ ア の 中 て こ れ ら の 文 字 セ ッ ト を 混 合 し て 表 示 て き ま す 。 非 常 に 驚 い た の が タ イ 語 の サ ポ ー ト 機 能 て し た 。 タ イ 語 と い う の は , 文 字 と 文 字 を 合 成 し て 複 雑 な 字 を 作 る と い う 機 能 が か な り 広 範 に 行 わ れ る よ う て 、 す 。 日 本 語 な ら ば , た と え ば 「 カ 」 と 「 」 を 合 成 し て 「 ガ 」 を 作 り こ う い う 作 業 が も っ と 複 雑 に 行 わ ま す が , れ る と 考 え て く だ さ い ( 3 文 字 を 合 成 し た り も す る よ う て す ) 。 と い う こ と て , タ イ 語 の サ ポ ー ト に は , こ う い っ た 「 複 数 の 文 字 コ ー ド を 合 成 し て 1 文 字 を 作 る 」 と い う 機 能 が 要 求 さ れ る の だ そ う て 、 す 。 こ の 機 能 を composit character と 呼 ぶ そ う て 、 す が , 一 度 こ う い う 機 能 を 作 っ て し ま う と , 今 度 は キ ャ ラ ク タ を 合 成 し て 絵 を 書 い た り て 、 き る と い う ご 利 益 も あ っ た よ う て 、 す 。 な お , MuIe て 、 は 文 字 に は 「 文 字 カ テ ゴ リ 」 と い う 属 性 を 与 え る こ と が て 、 き ま す 。 こ れ に よ っ て 中 国 語 の 漢 字 と 日 本 語 の 漢 字 を 区 別 し て サ ー チ し た り す る こ と が て 、 き ま す 。 さ ら に , 多 国 語 以 外 の 機 能 と し て は , 下 線 , 反 転 , 強 調 な ど の 文 字 修 飾 機 能 が サ ポ ー ト さ れ て い ま す 。 ま た 正 規 表 現 の コ ン パ イ ル 機 能 も 付 加 さ れ , こ れ は 順 方 向 と 逆 方 向 の 両 方 の コ ー ド が 生 成 さ れ ま す 。 こ れ に よ り 正 規 表 現 に よ る サ ー チ が 最 大 2 桁 程 度 速 く な る よ う て 、 す 。 Stallman 氏 の 話 て 、 は , Mule は い ず れ GN UEmacs に 統 合 さ れ る よ う て 、 す が , そ れ は ま だ 先 に な る と 思 わ れ ま す 。 と り あ え ず は 18.58 べ ー ス の Mule が 普 及 す る こ と に な る の て 、 し よ う 。 そ れ は そ ん な に 遠 い 先 の 話 て は な い と 思 い ま す 。 今 か ら 楽 し み て 、 す 。 く と こ ろ で , GNU の 発 音 は ? こ の セ ミ ナ ー て 、 と く に 期 待 し て い た の ひ と つ に , Sta Ⅱ man 氏 は 「 GNU 」 を ど の よ う に 発 音 し て い る の か , 生 の 発 音 を 聞 く こ と が て き る と い う こ と が あ り ま し た 。 「 GN U 」 を ど う 発 音 す る の か に 関 し て は い ろ い ろ と 諸 方 面 の 権 威 の 方 か ら の 説 が 入 り 乱 れ て い ま す が , 私 は , 少 な く と も Stallman 氏 と 同 じ 発 音 を し て み た い と 思 っ て い ま し た 。 そ の 結 果 は , 「 グ ニ ュ ー 」 と 「 グ ヌ ー 」 の 中 間 の 発 音 ら し い と い う こ と が わ か り ま し た c た だ し , ア ク セ ン ト は 「 G 」 に き ま す 。 あ え て 書 け ば 「 グ ぬ ュ ー 」 て し よ う か 。 某 書 物 に は 「 ガ ー ニ ュ ー 」 と い う 発 音 が 示 さ れ て い る よ う て す が , 私 の 耳 に は そ の よ う に は 聞 こ え ま せ ん て し た 。 Conference Room 141