検索 - みる会図書館

検索対象: 群狼の牙~天罰党始末~

群狼の牙~天罰党始末~から 245件ヒットしました。

群狼の牙~天罰党始末~


鷹 一 朗 は 紙 を 元 の 通 り に 畳 む と 、 そ れ を 自 分 の 袖 に 入 れ た 。 「 こ い つ は 預 か る ぜ 、 お 雪 ー 「 う ん 」 「 ま 、 た い し た こ と は な い と 思 う が 、 一 応 、 俺 の 方 で も 調 べ て み る さ 。 だ が 、 万 が 一 、 と い う こ と も あ る 。 お ま え も 、 外 出 す る と き は 気 を つ け ろ よ 。 こ の 都 も 、 近 頃 は 本 当 に 、 ど う に も 危 な く な っ て き や が っ た 」 「 わ か っ て る っ て 」 お 雪 は 、 鷹 一 朗 の 肩 を 、 ぼ ん ぽ ん 、 と 叩 い た 。 「 だ い じ よ う ぶ 、 だ い じ よ う ぶ 」 そ う 言 っ て 、 少 年 の よ う に 笑 う お 雪 に 苦 笑 し つ つ も 、 ( こ の な れ あ い が 、 な ん と も い い ) と 思 う 、 鷹 一 朗 で あ っ た 。 た か く ら 高 倉 通 り を 北 に 向 か っ て 、 鷹 一 朗 は の ん び り と 歩 ん で い た 。 て ん ぐ ち ょ っ ち ん 右 手 を 懐 手 に し て 、 左 手 に は 、 行 き つ け の 居 酒 屋 『 天 狗 』 で 借 り た ぶ ら 提 灯 が 揺 れ て い る 。 あ た す で に と っ ぷ り と 陽 は 暮 れ 、 辺 り に は 人 っ 子 ひ と り い な い 。 夜 鳴 き 蕎 麦 屋 で さ え 、 こ の 頃 は 姿 を 見 せ な か っ た 。 ふ と こ ろ で た た そ で

群狼の牙~天罰党始末~


「 私 は 江 戸 の 生 ま れ で ね 。 や は り こ の 方 が 、 ロ に 合 っ て い る よ う だ 」 く ぎ づ 神 坂 浪 人 の 目 は 、 も う 鰻 に 釘 付 け と な っ て い て 、 箸 を 持 っ て 拝 む 形 に な る と 、 後 は も う ひ た す ら に 食 べ た 。 豪 快 な 食 い っ ぷ り で あ る 。 だ が 、 し つ か り と 噛 ん で い る し 、 没 頭 し て い る よ う で 、 隙 は な か 鷹 一 朗 も 箸 を 取 り 、 鰻 を 食 べ た 。 「 ふ む 、 旨 い な 」 「 江 戸 風 の 鰻 は 初 め て か な ? こ 「 い や 、 以 前 に 何 度 か 食 っ た こ と が あ る 」 「 ほ う 。 江 戸 に い っ た こ と が お あ り か ? こ ~ 「 ま あ 、 ね 」 始 「 良 い と こ ろ で あ ろ う ? な ん と い っ て も 活 気 が あ る 。 男 も 女 も 威 勢 が よ い し 、 湿 っ ぽ い と こ 天 ろ が な い 」 牙 鷹 一 朗 は 苦 笑 し た 。 狼 ( あ ん な ご ち や ご ち ゃ と し た 町 の 、 ど こ が い い の だ ) 群 で あ る 。 ( 何 と 言 っ て も 美 し さ が ね え 。 ま あ 、 城 下 町 な ん そ と い う も の は 、 ど こ も あ ん な ふ う だ が な ) す き

群狼の牙~天罰党始末~


「 い ら っ し ゃ い ま し : : : こ れ は 、 狩 野 様 」 「 よ う 」 鷹 一 朗 が 訪 ね て き て も 、 店 の 者 は 嫌 な 顔 ひ と っ し な い 。 こ れ を 見 て も 、 世 間 の 尊 が い か に 当 て に な ら ぬ 物 で あ る か 、 わ か ろ う と い う も の だ 。 世 間 の ロ が 言 う よ う に は 、 鷹 一 朗 、 金 の 無 心 を し た 事 な ど 一 度 た り と も な か っ た 。 む し ろ 、 山 杉 屋 が 申 し 出 る の を 、 断 っ て い る く ら い で あ っ た 。 お じ う え 「 叔 父 上 た ち は い る か い ? こ し ん ご だ ん な さ ま お み 「 は い 。 ど う そ 奥 に 。 : : : 信 吾 、 旦 那 様 に 、 狩 野 様 が 御 見 え だ と お 知 ら せ し な ! 」 け い た ろ う 大 番 頭 の 圭 太 郎 が い う と 、 小 僧 の 信 吾 が 飛 び 上 が る よ う に し て 立 ち 、 店 の 奥 へ と 駆 け て い っ ほ う こ う こ の 大 番 頭 の 圭 太 郎 と い う の は 、 歳 は 一 一 十 五 で 、 山 杉 屋 に 奉 公 し て 一 一 十 年 に な る 。 男 っ ぷ り げ ん え も ん だ い た ん は さ ほ ど で は な い が 、 穏 や か で い な が ら 時 に 大 胆 で 、 商 才 も あ り 、 弦 衛 門 も 、 ゆ く ゆ く は お 雪 の 婿 に し て 、 店 を 継 が せ た い と 考 え て い る よ う だ っ た 。 も っ と も 、 実 は 圭 太 郎 、 外 に 好 き な 女 が い る 事 を 、 鷹 一 朗 は 知 っ て い る 。 圭 太 郎 の 文 を 、 も う 何 度 も 相 手 に 届 け て い る 鷹 一 朗 な の で あ っ た 。 圭 太 郎 の 後 に 続 い て 、 店 奥 へ と 鷹 一 朗 は 通 さ れ た 。 「 旦 那 様 、 狩 野 様 が 御 見 え で す む こ こ ぞ う と し う わ さ ふ み

群狼の牙~天罰党始末~


130 き っ か っ た 残 暑 も よ う や く に 去 り 、 吹 く 風 も す っ か り 秋 で あ っ た 。 昼 間 は 縁 側 の 下 や 、 木 陰 で 、 だ ら し な く ね そ べ っ て 、 舌 を だ ら り と 出 し て い た 犬 も 、 足 取 り も 軽 く 通 り を 歩 く よ う に な っ た 。 う ャ っ 閏 八 月 も 十 日 と な り 、 あ と 五 日 も す れ ば 、 名 月 で あ る 。 食 べ 物 も 、 魚 で あ れ ば 、 若 狭 の 、 琶 湖 の ア メ ノ ウ ォ 。 茸 な ら ば 松 、 椎 茸 。 果 物 の 林 ゆ ず さ と い も れ ん こ ん う ど し ゅ ん 檎 、 柿 、 栗 。 他 に も 新 米 も あ り 、 柚 、 里 芋 、 蓮 根 、 独 活 な ど が 旬 を 迎 え る 。 夏 に は 輸 送 の 難 し か っ た 海 の 魚 も 、 こ れ か ら は 少 し は 日 持 ち が す る よ う に な る ゆ え 、 食 べ る 機 会 も 増 え る の が 、 町 衆 の 楽 し み で あ っ た 。 ゆ ず み そ で ん が く ( 香 り の 高 い 柚 味 噌 の 田 楽 が 、 食 え る よ う に な る の も じ き だ ぜ ) よ う い ち ろ う お ど と 鷹 一 朗 の 胃 も 躍 る の で あ っ た 。 ( も っ と も 、 さ っ さ と 例 の 脅 迫 状 の 件 の 片 が っ か な け り や 、 ゆ っ く り 味 わ う こ と も で き な い だ

群狼の牙~天罰党始末~


Ⅲ か 、 ま だ 戻 っ て い な か っ た と は : お じ う え 「 俺 が 見 て き ま す 。 叔 父 上 た ち は 、 決 し て 店 か ら で な い よ う に 」 「 わ か り ま し た 」 「 で は 」 軽 く 会 釈 を し て 、 鷹 一 朗 は も う 駆 け 出 し て い た 。 「 そ の ほ か の こ と は 、 わ か り ま せ ぬ 」 き せ る し と 煙 管 師 は い っ た 。 男 に よ れ ば 、 信 介 は タ 七 つ ( 日 没 の 一 時 間 半 前 ) に は 注 文 の 煙 管 を 受 け と っ て 帰 っ た と い う こ と だ っ た 。 ど こ か に 寄 る と か い う こ と も 、 言 っ て い な か っ た よ う だ 。 京 に は 、 特 に 知 り 合 い は い な い 、 と 聞 い て い る 。 ( く そ っ た れ ! 嫌 な 予 感 が す る ・ せ ) 鷹 一 朗 は 、 こ の こ と を 文 七 に 知 ら せ る べ く 、 夜 の 通 り を 提 灯 も 持 た ず に 走 っ た 。 「 や っ と 、 ま し に な り ま し た ね え : : : ま っ た く 京 の 夏 は 、 蒸 し 暑 い っ た ら な い で す か ら ね え 。 う ど こ れ か ら は 、 独 活 が お い し い の が 、 う ふ ふ 、 う れ し い 、 う れ し い 」 ゅ う ち ょ っ ち ん

群狼の牙~天罰党始末~


土 く れ を 見 な が ら 、 卯 吉 は 気 を 失 っ た 。 そ の 夜 、 鷹 一 朗 は 高 熱 を 出 し た 。 風 邪 の せ い だ が 、 家 に つ く と 、 冷 や 汗 に 濡 れ た 着 物 も そ の ま ま に 、 疲 れ き っ て 眠 っ て し ま っ た の が い け な か っ た 。 目 が 覚 め る と 、 喉 が 焼 け つ く よ う に 渇 い て い て 、 水 を 飲 み に 立 っ た と こ ろ で 、 め ま い を 起 こ し て 派 手 に 倒 れ て し ま っ た 。 ( こ 、 こ れ は ま ず い ) 天 地 が 逆 さ ま で あ っ た 。 だ が 、 体 は 言 う こ と を き か ず 、 四 肢 に 力 が 入 ら な か っ た 。 ( 毒 を も ら れ た か : : : ? •) 始 と も 思 っ た が 、 思 い 直 し て 苦 笑 し た 。 罰 ど う し た も の か 、 と 考 え る う ち 、 少 し は 力 が 戻 っ て き て 、 鷹 一 朗 は な ん と か 勝 手 場 か ら 邁 い ふ と ん ~ 上 が る と 、 着 物 だ け は 替 え 、 布 団 を 敷 く の も も ど か し く 、 も ぐ り 込 ん だ 。 の 頭 痛 と 吐 き 気 で 、 少 し も 眠 れ な か っ た 。 群 ( 一 」 ん な 所 を さ つ ぎ の 奴 に 襲 わ れ た ら 、 ひ と た ま り も あ る ま い ) そ ん な こ と を 思 う う ち に 、 つ い に は 夜 が 明 け て し ま っ た 。 か わ

群狼の牙~天罰党始末~


「 へ え ? こ 「 あ の 場 に い た ら 、 お ま え に も よ く わ か っ た ろ う よ 。 な に せ 、 坊 っ ち ゃ ん が い き な り 腰 の 物 を ぞ く 抜 き 打 っ た と 思 っ た ら 、 賊 の 首 が 、 ぼ ー ん 、 と 三 つ も 飛 ん じ ま っ た ん だ 」 「 そ り や 、 す げ え 」 「 ふ ふ 。 俺 も 、 坊 っ ち ゃ ん の 腕 が あ れ ほ ど と は 知 ら な か っ た 。 人 を 斬 っ た こ と が あ る と は 、 思 っ て い な か っ た か ら な 」 「 旦 は 以 前 に 人 を ・ : : ・ ? 「 そ う で な く て 、 な ん で た め ら い な く 奴 ら を 斬 れ る も の か 。 正 直 、 背 筋 が 寒 く な っ た ぜ 。 威 勢 の 良 か っ た ほ か の 連 中 も 、 た ま げ て 観 念 し ち ま っ た 」 の ど 文 七 は 安 酒 を 喉 に 流 し 込 ん だ 。 ゆ く え 「 あ れ だ け の 腕 を ど う し て 身 に つ け た ん だ か : : : お そ ら く は 、 行 方 知 れ ず だ っ た 七 年 の 間 の こ 始 と だ ろ う が 、 考 え た く も ね え 。 坊 っ ち ゃ ん は そ の 間 の こ と は 話 し た が ら ね え し 、 俺 も 訊 か ん 。 ひ と き じ っ て 罰 た だ 俺 も 、 お 上 か ら 十 手 を 預 か っ て 長 い 。 そ の 間 に は と ん で も ね え 人 斬 り 野 郎 に も あ っ た こ と ~ が あ る 。 し か し 、 あ の 盗 賊 ど も を 斬 っ た と き の 坊 っ ち ゃ ん の 恐 ろ し さ は 、 と て も と て も 比 べ ら の れ る も の じ ゃ ね え よ 」 群 「 へ 、 へ へ : ・ ・ : な ん だ か 寒 気 が し て ぎ ち ま い ま し た よ 」 町 「 も う 、 夜 は 秋 の 風 だ か ら な あ ・ : か み

群狼の牙~天罰党始末~


が 、 さ す が に 四 日 目 に は 床 を 上 げ て 、 お 雪 に 、 「 も う 大 丈 夫 だ 」 と 告 げ た 。 お 雪 は 、 も う 一 日 ほ ど は 様 子 を 見 た が っ て い た 風 で あ っ た が 、 折 し も 、 山 杉 屋 か ら 小 僧 が 様 子 を 見 に き た こ と も あ っ て 、 鷹 一 朗 は こ の 義 妹 を 家 に 帰 す こ と に し た 。 だ ん な 「 旦 那 さ ま が 大 変 に 心 配 し て い ま す ー と 小 僧 が 言 う と 、 お 雪 は そ の 頭 を 叩 き 、 不 機 嫌 極 ま り 無 い 様 子 で あ っ た 。 し ば い 「 お い 、 お 雪 。 今 度 、 芝 居 見 物 に つ れ て い っ て や る ぜ 」 と 鷹 一 朗 が 声 を か け る と 、 お 雪 は ば っ と 振 り 向 い て 、 「 ほ ん と う 卩 」 う ま 「 あ あ 、 ほ ん と う さ 。 帰 り に は 『 鴨 水 楼 』 へ 寄 っ て 、 旨 い も の を 食 お う じ ゃ な い か 」 う ら や こ れ を 聞 い て い た 小 僧 は 、 な ん と も 羨 ま し げ な 顔 つ き に な っ た 。 「 二 人 き り ? 」 お じ う え お ま う え 寂 父 上 と 叔 母 上 も 誘 っ た ほ う が ー ー 」 「 二 人 き り が い し 「 ま あ 、 そ れ で も い い ぜ 」 「 約 束 よ 」 か も す い ろ う こ ぞ う

群狼の牙~天罰党始末~


124 い た り 、 酒 が 増 え た り す る の は も は や 日 常 で あ っ た 。 そ の 度 に 、 弥 四 郎 は 礼 を 述 べ 、 本 当 に あ り が た が る 。 う れ そ れ が ま た 店 の も の に は 、 嬉 し い 、 の で あ っ た 。 こ う し た こ と も あ っ て 、 弥 四 郎 は こ の 店 で は い ま や 、 得 意 の 上 客 の よ う に 扱 わ れ て い た 。 て ぬ ぐ ふ ん ど し 一 一 階 の 部 屋 に 戻 っ て 刀 を 置 き 、 手 拭 い と 替 え 褌 を 持 っ て 風 呂 へ と 出 か け た 。 風 呂 に は 弥 四 郎 以 外 、 誰 も い な か っ た 。 よ く そ う よ み が え 体 を 洗 い 、 浴 槽 に つ か っ て い る と 、 昼 間 の こ と が 蘇 っ て き て 、 口 元 が 緩 ん だ 。 ′ 」 じ ん ( ふ 、 ふ : : : 強 い 。 あ の 御 人 は 強 い ) と い う 思 い が 、 ふ つ ふ っ と 湧 き 上 が っ て き た 。 ( あ の 闇 の 中 で 、 私 の 一 刀 を か わ し た 腕 も 見 事 だ が 、 今 日 、 話 し て い て も 、 隙 が な か っ た 。 心 の 内 で 、 幾 度 も 斬 り か か っ て み た が : : : と て も 斬 れ な か っ た ) そ れ か ら 約 半 刻 ほ ど も 、 弥 四 郎 は 鷹 一 朗 を 相 手 に 、 ど う 斬 る か 、 ど う か わ す か 、 を 飽 く こ と な く 考 え て い た が 、 い い 加 減 の ・ ほ せ て 、 湯 を 上 が っ た 。 こ な す さ つ ば り と し て 部 屋 に 戻 っ て く る と 、 酒 肴 の 用 意 が 整 っ て い た 。 酒 と 、 小 茄 子 の 浅 漬 け で あ る 。 人 の 姿 は な い 。 弥 四 郎 が 、 酌 を さ れ る の が あ ま り 好 き で は な い こ と を 、 店 が 知 っ て い て く れ て い る の だ 。 し ゅ こ う ゆ る す き

群狼の牙~天罰党始末~


文 七 は 紙 入 れ か ら 小 さ く 畳 ん だ 手 紙 を 取 り 出 す と 、 そ れ を 鷹 一 朗 に 渡 し 、 ぶ ら 提 灯 を か ざ し こ く し じ よ う が わ ら 『 文 七 ど の 。 今 宵 亥 ノ 刻 ( 現 在 の 午 後 十 時 ) 四 条 河 原 に て 待 つ 。 川 島 殺 し の 情 報 あ り 』 と あ る 。 「 こ れ だ け か い ? こ 「 は い 」 「 猿 の 親 分 に は ? こ 「 知 ら せ よ う と 思 い ま し た が 、 つ か ま ら な い の で 。 そ れ で 、 時 間 も な い こ と で も あ り ま す し 、 ぜ 。 わ け も な い こ と だ 」 「 一 緒 に 行 っ て く れ 、 と 言 う の だ ろ う ? い し だ ん な 「 旦 那 が 一 緒 に 来 て く れ る な ら 、 怖 い も の な し だ 」 卯 吉 が 急 に 強 気 に な っ て 言 っ た 。 ふ み 「 文 に は 、 一 人 で 来 い と は 書 い て ね え 。 つ ま り は 、 旦 那 を 連 れ て い っ て も か ま わ な い っ て こ と そ れ を 聞 く と 、 ふ ふ 、 と 鷹 一 朗 は 笑 っ た 。 か も が わ か も が わ 京 の 北 か ら 東 を 流 れ る 賀 茂 川 は 、 下 鴨 神 社 南 の 今 出 川 口 で 高 野 川 と 合 流 し 、 鴨 川 と な り 、 や ま し ら こ よ い た た し も が も た か の が わ ち ょ っ ち ん