検索 - みる会図書館

検索対象: 群狼の牙~禁門の政変~

群狼の牙~禁門の政変~から 244件ヒットしました。

群狼の牙~禁門の政変~


そ れ そ れ の 前 に は 、 ダ の が あ る 。 座 敷 に は 二 人 き り で あ っ た 。 と っ く り 容 保 は 徳 利 を 持 っ と 、 酒 を 勧 め た 。 近 藤 は 黙 0 て こ れ を 受 け 、 猪 口 を 額 に 押 し 抱 く よ う に し て か ら 和 ん だ 。 「 よ い 呑 み っ ぷ り だ 」 「 は 」 「 新 し き 隊 名 も 決 ま っ た こ と で も あ る 。 新 撰 組 に は 正 式 に 、 昼 夜 問 わ ず の 市 中 見 回 り の 任 を 申 し 渡 す 」 「 慎 ん で お 受 け い た し ま す ー 「 う む 」 ~ 容 保 は ま た 、 近 藤 の 猪 口 に 酒 を 注 い だ 。 政 近 藤 も 再 び 、 猪 口 を 額 に 押 し 抱 く よ う に し て か ら 呑 む 。 こ な す か ら し あ 容 保 は 、 箸 を か ち や か ち ゃ と 鳴 ら し な が ら 、 小 茄 子 の 辛 子 和 え を 食 べ た 。 牙 近 藤 は 黙 っ て 座 っ て い る 。 狼 「 : : : 近 藤 」 群 「 は 」 「 余 は 、 新 撰 組 に 局 長 は 、 二 人 は い ら ぬ 、 と 思 う て お る 」 つ つ し

群狼の牙~禁門の政変~


田 嶋 は 、 後 者 の 方 で あ る よ う だ 。 よ う し ゃ 夏 の 陽 は 容 赦 な く 照 り つ け た 。 せ み 誰 ひ と り 口 を き く こ と な く 、 蝉 の 声 だ け が 大 き い が ら す 川 面 に 反 射 し た 光 が 、 ギ ャ マ ン 硝 子 の よ う で あ っ た 。 そ れ を 破 る よ う に し て 、 魚 が 一 匹 、 跳 ね た 。 そ れ が 合 図 と な っ た 。 「 や あ っ ! 」 気 合 い 声 を 上 げ 、 田 嶋 は 真 っ 向 か ら 斬 り 込 ん だ 。 こ ん ば く こ も 魂 迫 の 籠 っ た 、 一 撃 で あ っ た 。 「 あ っ ー ~ 誰 も が 息 を の ん だ 。 刀 は そ の ま ま 鷹 一 朗 の 頭 を 割 っ た 、 と 見 え た の で あ る 。 政 だ が 、 地 ひ び き を た て て 倒 れ た の は 、 田 嶋 で あ っ た 。 の 鷹 一 朗 を め が け 、 刀 を た た き 込 ん だ 瞬 間 、 田 嶋 は 、 ← ( 勝 っ た ! ) 狼 と 思 っ た で あ ろ う 。 群 だ が 、 驚 く べ き こ と に 、 鷹 一 朗 は 振 り 下 ろ さ れ る 刀 よ り も 早 く 体 を 沈 め 、 そ の ま ま 田 嶋 の 右 脇 を 、 す る り 、 と 通 り 抜 け ざ ま 、 そ の 胴 を ほ と ん ど ま っ ぷ た つ に し た の で あ る 。

群狼の牙~禁門の政変~


土 方 の 言 葉 に 、 こ れ が 他 の 隊 士 で あ っ た な ら 、 う ん ざ り し た 顔 に な っ た で あ ろ う 。 だ が 総 司 は 、 い つ も の よ う に 、 と に こ や か に 答 え た 。 土 方 の 稽 古 を 平 気 で 受 け ら れ る の は 、 総 司 と 、 後 は 近 藤 く ら い の も の で あ っ た 。 て ん ぐ そ の 日 、 河 原 か ら 消 え た 鷹 一 朗 は 、 そ の 足 で 馴 染 み の 居 酒 屋 『 天 狗 』 で 、 か な り の 量 の 酒 を 和 ん だ 。 で あ る 。 だ が 、 幾 ら 呑 ん で も 酔 う こ と は な か っ た 。 人 を 斬 っ た 後 に 呑 む 酒 は 、 い つ も こ う で あ る 。 ~ そ れ が わ か っ て い る ゆ え 、 人 斬 り の 後 は い つ も は 呑 ま ぬ 鷹 一 朗 で あ っ た が 、 今 日 ば か り は ど 政 う し て も 呑 み た い 気 分 で あ っ た の だ 。 黜 ナ カ ← ( や は り 、 酔 え ね え か ) 狼 ふ と い た め 息 を つ い て 、 鷹 一 朗 、 店 を 出 た 。 群 と っ ぷ り と 日 は 暮 れ て 、 提 灯 も 持 た ぬ 道 は 、 闇 の 中 で あ る 。 そ の 中 に 、 田 嶋 の 剣 が 思 い 出 さ れ て 仕 方 が な か っ た 。 ち ょ っ ち ん

群狼の牙~禁門の政変~


182 「 い け な い ! 」 番 頭 や 小 僧 が 言 っ た と き に は 遅 か っ た 。 き よ く め ざ と く 見 つ け た 芹 沢 が 、 そ の 巨 驅 か ら は 信 じ ら れ な い ほ ど の 素 早 さ で 、 お 雪 の 腰 に 太 い 腕 を が っ し り と 巻 き 付 け て い た の で あ る 。 悲 鳴 が 上 が っ た 。 「 大 変 だ ! 」 「 お 、 お 嬢 さ ん ! 」 お 雪 は 暴 れ た が 、 。 ひ く と も す る も の で は な か っ た 。 と ん し ょ し よ き ば ら 「 こ れ は い 、 。 暑 気 払 い だ 。 屯 所 で た っ ぷ り と 相 手 を し て も ら お う 」 「 い や あ っ ! 」 お 雪 の 爪 が 、 芹 沢 の 顔 を ひ っ か く 。 か わ い 「 う ふ ふ 、 ま る で 猫 じ ゃ 。 可 愛 い の う ー と 芹 沢 、 よ だ れ を 垂 ら さ ん ば か り で あ る 。 み ぶ ろ 「 待 て 、 壬 生 狼 ! 」 弥 四 郎 が 店 の 奥 よ り 現 れ た の は 、 そ の と き で あ っ た 。 う さ ん く さ だ が 、 芹 沢 も 、 そ の 連 れ も 、 弥 四 郎 の こ と を 胡 散 け に 見 た だ け で 、 特 に 意 に 介 そ う と も し な か っ た 。

群狼の牙~禁門の政変~


肩 に は 、 義 妹 の 指 の 形 に 、 あ ざ が 残 っ て い る 。 そ こ を 、 撫 で さ す っ た 。 胸 が 重 い 。 こ れ ほ ど の 罪 悪 感 を 、 か っ て 感 じ た こ と の な い 、 鷹 一 朗 で あ っ た 。 そ れ を 振 り 払 う よ う に し て 、 路 地 を 行 き 、 神 坂 弥 四 郎 の 家 を 訪 ね る と 、 弥 四 郎 は 折 よ く 家 に 「 ど う さ れ た 、 狩 野 殿 」 む ね 尋 ね る 弥 四 郎 に 、 鷹 一 朗 は 旅 に 出 る 旨 を 告 げ 、 山 杉 屋 と お 雪 の こ と を よ く よ く 頼 ん だ 。 弥 四 郎 、 快 く こ れ を 引 き 受 け て く れ た も の で あ る 。 鷹 一 朗 は 、 ~ 「 実 は 、 い ま 一 つ 頼 み が あ る ん だ が ね ー ふ と こ ろ 政 と 言 っ て 、 懐 か ら 一 通 の 書 状 を 取 り 出 し た 。 表 に は 『 白 宵 へ 』 と あ る 。 ぎ お ん し し っ ぷ ろ う 「 こ れ を 、 祗 園 の 『 菖 蒲 楼 』 と い う 置 屋 の 、 太 夫 に 届 け ち ゃ く れ ね え か い ? ー 牙 「 お や す い 御 用 で ご ざ る 」 狼 こ れ も 弥 四 郎 は 引 き 受 け て く れ た 。 き ん す 群 鷹 一 朗 は 、 用 心 棒 代 と し て 、 金 子 十 両 を 渡 し た 。 用 心 棒 代 と し て は 破 格 の 値 で あ る 。 お き や た ゆ う し ら よ い

群狼の牙~禁門の政変~


242 地 を 斬 る が 如 く 、 す く い 上 げ に 斬 る 。 だ が 、 こ れ は 読 ま れ て い た 。 怪 童 子 は 刀 を 下 げ 、 こ れ を 受 け た 。 そ の ま ま 絡 ま せ る よ う に し て 鷹 一 朗 の 刀 を 弾 き 飛 ば そ う と 考 え た よ う で あ る 。 手 首 が 返 っ た 。 し か し 、 弾 き 飛 ば さ れ た の は 、 怪 童 子 の 刀 の 方 で あ っ た 。 「 あ っ ー た た ら を 踏 み 、 胴 が が ら 空 き と な る 。 「 や あ っ ー 機 を 逃 さ ず 、 鷹 一 朗 は 怪 童 子 の 胴 を 存 分 に 薙 い だ 。 「 ぎ ゃ あ あ っ ! 」 怪 童 子 は 胴 を ま っ ぷ た つ に さ れ て 、 ぬ か る み の 中 に 、 二 つ に 分 か れ て 倒 れ た 。 ひ ざ 途 端 、 鷹 一 朗 も 、 が つ く り と 膝 を つ き 、 激 し く 吐 い て い た 。 明 け 方 か ら 雨 の 中 で 待 ち 続 け た 疲 労 と 、 闘 い の 緊 張 が 、 一 気 に 吹 き 出 し た の だ 。 ( ま だ 、 終 わ っ ち ゃ い な い ! ) な ぐ 鷹 一 朗 は 、 が く が く と 震 え る 足 を 殴 り つ け て 無 理 や り に 立 っ と 、 再 び 雨 の 道 を 走 り 出 し た 。 つ じ そ う し て つ い に 、 街 道 の 辻 で 九 院 宗 明 に 追 い つ く と 、 た だ 一 刀 の も と に 、 そ の 首 を 刎 ね た の

群狼の牙~禁門の政変~


142 「 ほ 、 坊 っ ち ゃ ん 、 も っ た い ね え : : : 」 鷹 一 朗 に 頭 を 下 げ ら れ る こ と に 、 ど う し て も 慣 れ ぬ 様 子 の 、 文 七 で あ っ た 。 夜 に な 0 て 、 ダ の を 飯 屋 『 八 分 旦 か ら 取 り 、 そ れ を 平 ら げ た 鷹 一 朗 は 、 早 々 に 床 に 入 っ て し ま っ た 。 こ の と こ ろ 、 眠 た く て し か た の な い 、 鷹 一 朗 な の で あ る 。 昼 間 に し て も 、 箸 を 落 と す ま で 気 が っ か な い ほ ど 眠 る こ と な ど 、 今 ま で で あ れ ば あ り え な か そ も そ も 、 よ く 眠 る 方 で は な い 。 眠 っ て い る と 見 え て も 、 半 分 ほ ど は 起 き て い る と い っ た こ と が 多 く 、 垣 根 を 猫 が 歩 い て も 、 目 が 覚 め た も の だ 。 ( 少 し 鈍 っ た か ) と 、 も 田 う 。 せ い こ ん ( 土 方 と の 試 合 で 、 精 魂 果 て て い た と は い え 、 あ れ く ら い の 矢 が か わ せ な か っ た の だ か ら 、 や は り 鈍 っ て い る の か も し れ ね え な ) で あ る 。 床 に 入 っ た と き は 、 そ ん な 事 を 考 え て い た の だ が 、 今 度 も 、 い つ の ま に か 眠 っ て し ま っ た よ

群狼の牙~禁門の政変~


116 お 雪 は 総 司 を 見 る な り 、 魂 が 抜 け た よ う な 顔 つ き に な っ て 、 足 取 り も 酒 に 酔 っ た よ う に な っ て し ま っ た 。 弥 四 郎 も 、 「 こ れ は : と カ 、 「 い や は や 」 と か 言 い 、 珍 獣 を 見 る よ う な 目 で あ っ た 。 総 司 は 、 慣 れ て い る の か 特 に 気 に し た 様 子 も な く 、 「 結 局 、 田 中 さ ん は 戻 っ て こ な か っ た よ う で す よ 」 と 教 え て く れ た 。 慎 太 郎 に は 、 一 応 こ の 脱 走 浪 士 の こ と も 話 し て は あ っ た が 、 特 に 手 が か り は な い よ う だ っ 「 土 方 さ ん は 元 気 か い ? こ と 訊 ~ 、 と 、 ー い こ 一 「 こ と さ ら に 。 あ れ 以 来 、 ま す ま す 稽 古 が き つ く な っ て 、 皆 、 閉 ロ し て ま す よ 」 と い う こ と で あ っ た 。 総 司 が 帰 る と 、 お 雪 の 質 問 攻 め が 鷹 一 朗 を 待 っ て い た 。 あ れ こ れ と 0 や か ま し い こ と こ の 上 た ま し い

群狼の牙~禁門の政変~


と 思 え る 。 「 沖 田 さ ん 、 世 話 を か け た な 」 「 い え 、 と ん で も あ り ま せ ん 。 僕 の 方 こ そ お 役 に 立 て な く て : : : 」 「 な に 、 そ ん な こ と は な い さ 。 憶 え は な い が 、 こ れ だ け 聞 い て お け ば 、 な に か の 拍 子 に 思 い 出 す こ と が あ る か も し れ な い 」 「 そ う 言 っ て い た だ け る と 、 僕 も 気 が 楽 で す 」 総 司 と 連 れ だ っ て 八 木 邸 に 戻 っ た 鷹 一 朗 は 、 そ こ で 別 れ る つ も り で あ っ た が 、 「 ま 、 少 し 寄 っ て い っ て く だ さ い 」 ぞ う り と 少 々 強 引 に 引 き 留 め ら れ 、 草 履 を 脱 ぐ こ と に な っ て し ま っ た 。 ′ 」 う し 壬 生 の 郷 士 、 八 木 源 之 丞 宅 は 、 郷 士 と い う だ け あ っ て 相 当 に 広 く 、 ~ 「 離 れ を 改 造 し て 、 道 場 と し て 使 わ し て も ら っ て い る ん で す よ 」 政 と い う 事 だ っ た 。 ろ う か の な る ほ ど 、 廊 下 を 行 く と 、 気 合 い 声 と 、 激 し く 木 刀 の 打 ち 合 わ さ れ る 音 が 聞 こ え て き た 。 け い こ の ぞ 「 ど う で す 、 狩 野 殿 。 少 し 、 稽 古 を 覗 い て い き ま せ ん か ? 」 牙 の 「 い い の か い ? 」 群 「 は い 」 総 司 は に こ に こ し て い る 。

群狼の牙~禁門の政変~


じ ん ち っ ほ う こ く 『 尽 忠 報 国 』 な ご り て っ せ ん そ の 四 文 字 を 朱 で 彫 っ た 巨 大 な 鉄 扇 が 、 名 残 の 花 を つ け た 桜 の 一 枝 を 叩 き 折 り 、 無 惨 に 散 ら さ か ず き さ れ た 薄 桃 色 の 花 片 が 一 枚 、 朱 塗 り の 杯 に 、 は ら り 、 と 落 ち た 。 に ん な じ 仁 和 寺 の 、 境 内 で あ る 。 ぎ お ん ば や し あ ら し や ま 祗 園 林 に 嵐 山 、 と 京 に 桜 の 名 所 は い く つ も あ る が 、 仁 和 寺 は 往 く 春 を 惜 し む 人 々 の 、 し め く く り の 名 所 で あ る 。 寺 の 境 内 と い う こ と も あ り 、 円 山 な ど と 違 っ て 露 店 な ど も な く 、 集 う の は 、 皆 、 慎 み を も っ て 桜 を 楽 し む 人 々 で あ っ た 。 し や み せ ん こ う た 散 り 往 く 桜 の 中 、 琴 の 、 三 味 線 の 音 、 し っ と り と し た 小 唄 の 響 き 、 空 を ゆ く 鳥 の さ え ず り な ど が 、 互 い を 殺 す こ と な く ひ と つ に な っ て 、 辺 り に 満 ち て い た 。 や か ら だ が 、 風 流 を 解 さ ぬ 輩 の 乱 入 で 、 そ れ は 無 惨 に 散 ら さ れ た 。 う す も も こ と ま る や ま つ つ し