検索 - みる会図書館

検索対象: 黄金の日々月夜の珈琲館

黄金の日々月夜の珈琲館から 185件ヒットしました。

黄金の日々月夜の珈琲館


過 去 に お い て 大 き な 傷 背 負 っ て る ん だ け ど ね : 嫌 な 人 だ : 自 信 た っ ぷ り で 人 の こ と 見 下 し て 須 堂 雅 彦 青 木 さ ん は あ の 人 の ど こ に 惹 か れ た ん だ ろ う だ け ど あ の 人 は 私 に な い も の を 持 っ て い る : ) ぐ に 、

黄金の日々月夜の珈琲館


も め る と 必 ず こ こ な ん だ よ な : や つ ば り い た : : し か も バ ジ ャ マ で : こ こ だ と 思 っ た ぞ :

黄金の日々月夜の珈琲館


も っ と 早 く に こ う し て ほ し か っ た な : も っ と ・ : 早 く に さ : 雅 彦 : ・ こ れ で や っ と 対 等 だ よ な : ・

黄金の日々月夜の珈琲館


間 か っ た の だ 。 「 相 手 の こ と を 、 ど れ だ け 知 っ て る ? 「 え っ ? 」 「 俺 は 思 う ん だ 。 ど ん な に 相 手 を 好 き で 理 解 し て る つ も り で も 、 忘 れ て た り 、 知 ら な か っ た り 、 気 付 か な い こ と は も っ と た く さ ん あ る ん じ ゃ な い か っ て 」 短 く な っ た 煙 草 を 灰 皿 に 捨 て る と 、 窓 を 閉 め て ェ ア コ ン を 少 し 強 め に し な が ら 津 川 が ゅ う や み 言 っ た 。 い つ の 間 に か タ 闇 が 迫 っ て い た 。 対 向 車 の な か に は 、 す で に ヘ ッ ド ラ イ ト を 点 け て い る 車 も い る 。 「 あ い っ と 付 き 合 う た び に 、 そ う い え ば こ い つ 、 こ ん な と こ が あ っ た な と か 、 こ ん な の が 好 き だ っ た の か っ て 、 知 ら な か っ た り 忘 れ て し ま っ て た 自 分 に い つ も 驚 か さ れ る 」 「 そ う か も し れ な い な 」 津 川 の 言 っ て い る こ と は わ か っ た 。 だ が 、 、 と う し て も 拭 え な い 疑 問 も あ っ た 。 き お く 「 し か し 、 お ま え の ほ う で は そ う や っ て 記 憶 を 重 ね て も 、 彼 は 違 う ん だ ろ う ? 「 確 か に な : で も 俺 の 中 で は 、 あ い つ は あ い つ な ん だ よ 。 記 憶 を 蓄 積 で き な い か ら と い っ て 、 あ い つ に と っ て も 俺 に と っ て も 、 一 《 一 が 大 切 じ ゃ な い わ け じ ゃ な い 「 そ う だ と し て も 、 自 分 の こ と を 覚 え て お い て も く れ な い 相 手 と 、 付 き 合 い 続 け ら れ る も ぬ ぐ

黄金の日々月夜の珈琲館


何 も か も 私 に と っ て は お ま え が 最 高 な ん だ こ 、 イ / ー 巨 ツ ・ イ 私 に と っ て す べ て が お ま え で 始 ま り : ・ お ま え が ・ : 最 高

黄金の日々月夜の珈琲館


126 総 合 病 院 と は い え 、 そ こ で は 終 業 時 刻 を 過 ぎ る と 、 医 局 に は 誰 も 残 っ て は い な い の が 常 だ っ た 。 当 直 医 も 、 こ こ で は 早 々 に 当 直 室 で 待 機 す る 決 ま り に な っ て い る ら し い ひ ま 都 心 部 か ら 離 れ て い る せ い で 比 較 的 暇 と い う こ と も あ る が 、 言 っ て み れ ば 病 院 自 体 の 体 質 だ ろ う 。 勤 務 中 は 熱 心 だ が 、 自 分 の プ ラ イ ベ ー ト も 大 切 。 だ か ら 必 要 以 上 に 他 人 に 干 し よ う ふ ん い き 渉 は し な い 、 と い う 雰 囲 気 が そ こ に は あ っ た 。 し し よ う た だ 、 厳 し い 所 に な る と 関 係 者 以 外 の 入 室 は 固 く 禁 じ て い る の に 比 べ 、 そ こ で は 支 障 が な い 限 り 、 知 り 合 い が 医 局 に 出 入 り す る こ と に も 寛 大 だ っ た 。 か ん さ ん 青 年 と 一 一 度 目 に 会 っ た の は 、 そ ん な 終 業 時 刻 を 過 ぎ た 閑 散 と し た 医 局 の 中 で の こ と だ っ た 。 エ レ ベ ー タ 1 の 一 件 か ら 、 小 一 時 間 ほ ど 後 の こ と で あ る 。 患 者 だ ろ う か ? そ れ と も 、 上 へ 行 く と い う こ と は 、 見 舞 客 か ? そ う こ う 考 え て い る う ち に 、 エ レ ベ ー タ 1 が 病 棟 を 示 し て 停 ま っ た 。 い ろ い ろ と 気 に は な っ た も の の 、 ス ト レ ッ チ ャ ー と 共 に そ こ で 降 り る と 、 青 木 は 残 し て き た 仕 事 へ と 頭 を 切 り 替 え な が ら 病 室 へ と 向 か っ た 。 か ん

黄金の日々月夜の珈琲館


や っ と こ れ で ・ : 俺 も 解 放 さ れ る ん だ : 長 い ・ : 夏 だ っ た な

黄金の日々月夜の珈琲館


で も ・ : あ の 人 は 今 で も 青 木 さ ん の こ と を 思 っ て る ん だ : ・ だ と し た ら だ と し た ら ? そ ん な こ と は 私 に は 「 、 だ 7 関 係 な い こ と だ ろ う ? あ い つ が 何 を 思 っ て し よ う と 私 に は ど う す る こ と も で き な い

黄金の日々月夜の珈琲館


囲 問 い 合 わ せ も 、 い つ も あ り が と う ご ざ い ま す 。 対 応 が 少 し 遅 れ が ち に な っ て い ま す が 、 サ ー ク ル 案 内 代 わ り に 情 報 紙 を お 送 り さ せ て い た だ い て ま す 。 と き ど き 差 出 人 の 住 所 が 書 い て な か っ た り し て 、 お 送 り で き な い こ と も あ り ま す が 、 よ か っ た ら 気 軽 に 問 い 合 わ せ て く だ さ い 。 ま た 、 読 者 の イ ナ ガ キ さ ん が 作 っ て く だ さ っ て い る ホ ー ム ペ ー ジ も あ り ま す の で 、 こ ち の ぞ ら の ほ う も ぜ ひ 覗 い て み て く だ さ い 。 「 ば け っ と ROOM ー http://plaza.across.or.jpnshinob ・ め い わ く 担 当 の 佐 々 木 さ ん 、 毎 回 本 当 に ご 迷 惑 を お か け し て 申 し 訳 あ り ま せ ん が 、 今 回 も お 世 話 に な り ま し た 。 ア ド バ イ ス 、 た め に な り ま す ー 関 係 者 の 皆 さ ん も 、 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 紅 に も 、 あ り が と う 。 最 後 に な り ま し た が 、 読 ん で く だ さ っ た 皆 さ ん に 、 こ の 本 と 「 運 命 的 な 出 会 い ー を 感 じ て い た だ け る よ う 願 っ て い ま す 。 邦 久 十 也 た ん と う く に ひ さ と お や

黄金の日々月夜の珈琲館


122 青 木 が 岡 と 初 め て 出 会 っ た の は 、 当 時 、 赴 任 し て い た 病 院 の 中 だ っ た 。 同 級 生 だ が 違 つ が わ や す ゆ き う 医 大 に 進 み 、 青 木 よ り 一 年 早 く そ こ で 勤 務 し て い た 外 科 の 津 川 泰 之 を 介 し て の こ と だ 。 い っ し ょ も っ と も 正 確 に は 、 津 川 に 紹 介 さ れ る 少 し 前 に 、 エ レ ベ ー タ ー で 一 緒 に 乗 り 合 わ せ た の が 最 初 だ っ た 。 そ の 日 、 病 棟 で の 仕 事 を あ と わ ず か で 終 え る と い う 時 に な っ て 、 青 木 は 外 来 か ら 呼 び 出 し を く ら っ て い た 。 こ の 日 、 三 度 目 の 急 患 の 知 ら せ だ っ た 。 今 で こ そ 、 患 者 の 病 状 を 聞 い て か ら 外 来 に 降 り る こ と も 、 ま た 、 病 棟 で の 仕 事 を 誰 か に 任 せ る こ と を 考 え る 余 裕 も あ る が 、 ま だ 『 若 い 新 任 』 と 呼 ば れ て い た 青 木 と し て は 、 言 わ れ る ま ま 仕 事 を こ な す し か な い と い う の が 実 情 だ っ た 。 よ う や く 処 置 を 終 え た 頃 に は 、 と っ く に 就 業 時 間 も 過 ぎ て い た 。 そ れ で も 、 病 棟 に は ま