検索 - みる会図書館

全データから 215268件ヒットしました。

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


こ れ だ け は 知 っ て お き た い 病 気 の こ と か わ か る 本 ・ も く じ 0

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


知 的 生 き か た 文 庫 こ れ だ け は 知 っ て お き た い 病 気 の こ と が わ か る 本 松 井 宏 夫 三 笠 書 房

日本会議の正体


こ れ に 性 質 を 与 う る も の は 『 む 』 に ほ か な ら す 。 『 心 』 に 健 康 を 思 え ば 健 康 を 生 し 、 『 心 』 に 病 を 思 え ば 病 を 生 す 〉 〈 物 質 は 無 い わ れ わ れ が 病 気 で あ る と い う の は 、 わ れ わ れ が 病 気 た と い う 観 念 波 動 を 送 り 出 し て い る 状 態 に す ぎ な い 。 た だ あ る の は 『 健 康 の 観 念 』 ま た は 『 病 気 の 観 念 』 ば か り で あ り ま す 〉 そ の 上 で 谷 口 は 、 〈 病 的 思 想 が 無 く な れ ば 病 気 が 無 く な る 。 病 気 が 無 く な れ ば 病 気 の 治 療 に 要 す る 一 切 の 費 用 が な く な る 〉 と 唱 え 、 こ う 訴 え る の で あ る 。 〈 わ が 言 葉 を 読 む も の は 、 生 命 の 実 相 を 知 る が 故 に 一 切 の 病 消 滅 し 、 死 を 超 え て 永 遠 に 生 き ん 〉 つ ま り 、 谷 口 の 著 書 を 熱 心 に 読 む だ け で 病 が 癒 り 、 こ れ こ そ が 奇 蹟 の 神 癒 だ ー ー ー そ う い う " 理 屈 。 で あ り 、 実 際 に 病 が 治 っ た と い う 信 者 が 殺 到 し て 教 勢 は 急 拡 大 し て い っ た と い う の だ が 、 本 書 に お け る 私 の 目 的 は こ う し た 生 長 の 家 の 教 義 を 分 析 し た り 論 評 し た り 批 判

黄金の日々月夜の珈琲館


「 あ な た は ー ー よ く 、 亨 の 絵 の モ デ ル に な っ て る 人 ね ? ど ん な 関 係 か 知 ら な い け ど 、 余 計 な 口 出 し は し な い で 」 「 そ う い う わ け に は い か な い 。 私 は 医 者 で 、 彼 の 主 治 医 だ 」 「 主 治 医 ? 女 は 顔 を し か め た だ け で 、 引 き 下 が る 様 子 も な い 。 「 だ か ら な ん な の よ ? そ れ と あ た し た ち の こ と と 、 ど う 関 係 が あ る っ て 一 言 う の ? 「 関 係 は あ る 」 動 じ る こ と な く 津 川 は 言 っ た 。 「 彼 は 病 気 で 、 君 が 望 む よ う な 関 係 は 築 け な い 。 で き れ ば こ の ま ま 、 そ っ と し て お い て や っ て ほ し い 」 「 病 気 っ て : : : そ う な の ? 亨 ! 「 え っ : 日 岡 野 は 不 本 意 そ う な 表 情 で 、 津 川 と 女 の 顔 を 交 互 に 見 つ め た 。 金 無 理 も な い 。 誰 だ っ て 自 分 の 病 気 に つ い て は 、 あ ま り 人 に は 知 ら れ た く な い だ ろ う 。 そ ん な 岡 野 の 様 子 に 、 女 は 再 び 津 川 を 睨 ん だ 。 「 ほ ら 、 亨 だ っ て 驚 い て る じ ゃ な い ど う せ 適 当 な こ と 言 っ て る ん で し ょ ? そ ん な こ と お る に ら

微生物学の一里塚


第 Ⅱ 部 病 気 の 微 生 物 説 703 れ ば , コ ン タ ジ オ ン を 簡 単 に ま と め る と , 次 の よ う に 定 義 し て よ さ そ う で あ る . す な わ ち , 最 初 に 腐 敗 す る 部 分 と 連 続 し て い て も 離 れ て い て も , あ る も の か ら 他 の も の ヘ , あ る 種 の ま っ た く 同 じ 腐 敗 が 移 る 現 象 で あ る . し か し , こ れ も 厳 密 な 意 味 で の コ ン タ ジ オ ン で は な い . な ぜ な ら ば , 真 の コ ン タ ジ オ ン は 2 つ の 別 の 個 体 に 起 こ る か ら で あ る . し か し , い ろ い ろ な 病 気 の 形 で み ら れ る コ ン タ ジ オ ン は , 直 接 接 触 に よ っ て だ け 起 こ る の で は な い の で , と く に そ の こ と だ け に つ い て 考 え て み る な ら ば , 次 の よ う に 定 義 で き る . 1 つ の も の か ら 他 の も の へ と 移 る ま っ た く 同 様 の 腐 敗 で あ り , そ の 病 原 体 は 大 き な 活 性 を も っ て い る . そ れ ら は 強 い 粘 性 結 合 に よ っ て つ く ら れ て い る . こ の 病 原 体 は , 動 物 界 に 対 し て , 物 質 的 だ け で な く 生 気 的 な 敵 性 さ え も っ て い る . こ の 定 義 は , コ ン タ ジ オ ン に み ら れ る あ ら ゆ る 現 象 を 解 く 手 が か り を 与 え て く れ る で あ ろ う . わ れ わ れ は , こ の 論 文 に よ っ て 感 染 症 の 本 質 を は じ め て 考 え る よ う に な っ た . 読 者 は い く つ か の 点 を は っ き り し て お か ね ば な ら な い . 感 染 性 ( コ ン タ ジ オ ン 性 ) 疾 患 は , 寄 生 体 と 宿 主 の 相 互 作 用 の 結 果 と し て 宿 主 に 生 じ る 過 程 ( 物 で は な い ) で あ る . 病 気 は 寄 生 体 で は な い . 宿 主 か ら 分 離 さ れ る 寄 生 体 は 病 気 で は な く , 単 に 病 気 を 起 こ す 力 を も っ た も の で あ る . 病 気 と は , 寄 生 体 と 宿 主 の 間 の 複 雑 な 相 互 関 係 で あ る . あ る 宿 主 と あ る 寄 生 体 と が 存 在 す る と , 普 通 の 環 境 条 件 の も と で , あ る 病 気 が 起 こ る の は 当 た り 前 の こ と で あ る . あ る 症 状 が 観 察 者 の 目 に は っ き り と 現 れ る の で , 病 人 で あ る と 認 定 さ れ る . す べ て の 場 合 で は な い が , 多 く の 場 合 , 同 種 の 2 つ の 生 体 が 寄 生 体 に 感 染 し た と き , 普 通 は ま っ た く 同 じ 症 状 を 示 す . そ の た め , わ れ わ れ は 数 人 あ る い は 多 く の 宿 主 を み て , 同 じ 病 気 で あ る こ と を 認 め る こ と が で き る . 昔 の 観 察 者 に 役 立 っ た も の は , こ れ ら の 症 状 だ け で あ っ た . 微 生 物 に つ い て の 知 識 は な か っ た し , 宿 主 の 性 質 に つ い て も ほ と ん ど 知 識 が な か っ た の で あ る . し か し , 梅 毒 , ベ ス ト , 結 核 , 痘 瘡 な ど の 多 く の 病 気 は , 通 常 , 特 徴 的 な 症 状 を 示 し た の で , こ れ ら の 病 気 を 個 人 個 人 の 集 団 の 中 で 診 断 す る こ と が で き た . こ の よ う な 観 察 に よ っ て , こ れ ら の 病 気 が 人 か ら 人 へ と 伝 染 す る こ と が 推 論 で ぎ た . し か し , 当 時 は こ の 伝 染 の 病 原 体 因 子 が 不 明 で あ っ た こ と に 注 目 し よ う . た だ 単 に 伝 染 す る と い う こ と だ け が 明 ら か で あ っ た ・

世界の名著 2 大乗仏典


く 過 ご し て い る か 』 と お 尋 ね に な り ま し た 。 家 長 よ 、 あ そ の ほ か に は 床 も い す も 座 も 見 え な い 。 な た の こ の 病 気 は 、 何 か ら 生 し 、 も う ど の く ら い た っ て 文 殊 と 維 摩 の 問 答 そ の と き 、 ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ は い る の で す か 。 ど ん な 状 態 で 、 い つ に な っ た ら な お り ま マ ン ジ ュ シ リ ー を 見 て 、 次 の よ う に 言 う 。 「 マ ン ジ = シ リ ー よ 、 よ く お い で に な り ま し た 。 ほ ん と し よ う か 」 「 マ ン ジ ュ シ リ ー ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ が 答 え る う に よ く お い で に な り ま し た 。 ( た だ し ) か っ て お い で し ま お い で に な 0 た ) 。 ( か っ て ) よ 、 無 知 が あ り 、 存 在 〈 の 愛 着 が あ る か ぎ り 、 わ た く し に な ら な か っ た ( の に 、 、 し ゅ し よ う ( 1 ) の こ の 病 も そ れ だ け 続 き ま す 。 あ ら ゆ る 衆 生 に 病 が あ る お 会 い も せ ず 、 聞 き も せ す 、 ( い ま ) お 会 い す る : : : 」 か ぎ り 、 そ れ だ け わ た く し の 病 も 続 き ま す 。 も し す べ て マ ン ジ ュ シ リ ー の 人 が 病 を は な れ た な ら 、 そ の と き 、 わ た く し の 病 も し 「 家 長 よ 、 あ な た の お っ し や る と お り で す 。 ( か っ て ) き た な ら ば 、 そ れ は 、 の ち に ( 再 び ) く る こ と は な い で ず ま る で し よ う 。 な ん と な れ ば 、 「 ン ジ 「 一 シ リ ー よ 、 菩 し よ う 。 す で に 去 0 た も の は 、 こ れ ま た 再 び 行 く こ と は 薩 が 輪 廻 の 中 に い る の は 、 衆 生 に そ の 原 囚 が あ り 、 病 気 は ま た 輪 廻 が そ の 原 囚 に な っ て い る か ら で す 。 も し あ ら な い 。 な ん と な れ ば 、 ま だ こ な い も の に は 、 く る こ と は 知 ら れ す 、 過 ぎ 去 「 た も の に も 行 く こ と は 知 ら れ ず 、 見 ゆ る 衆 生 に 病 気 が な く な 「 た な ら 、 そ の と き は 苙 〔 薩 に も ら れ た も の が 一 一 度 と 再 び 見 ら れ る こ と は な い か ら で す 。 病 気 は な く な る で し よ う 。 た と え ば 、 金 持 ち の ひ と り 0 ( そ れ は さ て お き 、 ) 高 貴 な 士 よ 、 ( 病 苦 の ) し ん ・ ほ う が 子 が 病 気 に な 0 た と き 、 そ の 病 気 の せ い で 両 親 も ま た 病 で き ま す か 。 元 気 で お い で で す か 。 お 身 体 が 不 調 な の で 気 に な る よ う な も の で す 。 ひ と り 「 子 に 病 気 が な く な ら は な い で す か 。 そ の ご 病 気 は 軽 く な り ま し た か 。 も う ひ な い か ぎ り 、 両 親 も な や み 続 け ま す 。 「 ン ジ シ リ ー よ 、 そ れ と 同 じ く 菩 薩 は あ ら ゆ る 衆 生 を ひ と り つ 子 の よ う に ど く は な り ま せ ん か 。 世 尊 も 、 『 苦 し み が 大 き く は な い か 、 病 気 は た い し た こ と は な い の か 、 少 し 悪 い だ け な の 愛 す る の で 、 衆 生 が す べ て 病 気 で あ る か ぎ り 彼 も 病 気 で か 、 立 ち 居 が 軽 快 に な 0 た か 、 元 気 に な 0 た か 、 体 力 は あ り 、 衆 生 に 病 気 が な く な 0 た と き 、 彼 も 無 病 と な り ま あ る か 、 気 分 は よ い か 、 悪 い と こ ろ が あ る か 、 気 持 ち ょ す 。 「 ン ジ シ リ 1 よ 、 こ の 病 気 は 何 か ら 生 じ た か と お べ ッ ド 128

たのしく読める世界のすごい歴史人物伝


テ キ ト ー な 手 当 ま す い メ シ 当 時 の 病 院 は そ う じ も さ れ ず 、 ろ く な 治 り よ う も な さ れ ず 、 、 食 事 も あ た え ら れ ま せ ん て し た 。 び よ ナ い ん な い 、 病 院 内 て コ レ ラ と い う ー 0 病 気 ま て は や り 、 100 人 に 70 人 が な く な る こ と も あ り ま し た 。 び ー う い ん ~ し お く じ び よ う き よ こ れ た へ 、 v ト び よ う い ん ド イ ツ の 病 院 で か ん ご を 学 ん で い た ナ イ チ ン ゲ ー ル は ド ッ じ こ み の た く み な わ ざ で 、 病 院 を 見 ち が え る よ 、 つ に 、 れ ー ー し て い き ま し た 。 せ い け つ に な っ た お か げ で 、 病 人 た ち も み る み る 元 気 に な っ て い き ま し た 。 び よ う い ん 一 か さ 本 病 院 を 変 え る わ よ ! お ん な す の 子 よ 、 立 ち 上 が 、 り な さ い ! げ ん き び よ う に ん ひ ょ 、 つ 180

全寮制男子校物語![蜜月篇]


116 中 条 自 身 は 気 づ い て い な か っ た が 、 た だ で さ え 人 を 惹 き つ け る 何 か を 備 え て い た 中 条 は 、 今 ゆ だ や 奥 深 く 揺 れ る 影 に 身 を 委 ね た た め に 、 さ ら に そ の 色 味 を 増 し て い る 。 国 府 田 は 黙 っ て 中 条 を 寄 り か か ら せ た ま ま で い た が 、 や が て 言 っ た 。 「 あ き ら め る こ と は な い だ ろ う ? 」 「 先 生 」 「 気 づ い て な い よ う だ か ら 一 一 一 口 う が 、 き み は あ き ら め る こ と し か 知 ら な い 。 俺 と 寝 た こ と も き み に と っ て は あ き ら め の 一 環 で し か な い ん だ 」 「 そ ん な こ と 」 中 条 が 否 定 し よ う と 顔 を 上 げ た が 、 国 府 田 は 首 を 振 っ た 。 お く び よ う か じ よ う お さ な 「 い い ん だ 。 き み が 愛 に 臆 病 に な っ て る の は 知 っ て る 。 過 剰 な 愛 が 人 を 滅 ば す の を 幼 い 頃 か ら 目 の 当 た り に し て き た き み に は ム リ も な い 。 そ れ に つ け 込 ん だ の は 俺 だ っ た な 」 「 で も 人 は 変 わ る ん だ 。 変 わ る こ と に は 臆 病 に な る な 、 中 条 国 府 田 は 本 心 か ら そ 、 2 三 ロ っ た 。 自 分 が 本 心 か ら 誰 か を 助 け た い と 願 う な ん て 、 と 心 の 奧 で 苦 笑 い し な が ら 。 「 変 わ る の は 悪 い こ と じ ゃ な い 。 き み は お 父 さ ん と も お 母 さ ん と も 違 う 。 き み は き み の 人 生 を 生 き る た め に 変 わ る こ と が で き る ん だ 。 そ う 、 で き る こ と な ら 俺 が き み を 変 え た か っ た よ 」 ほ ろ

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


「 と 申 さ れ る こ と は ? 」 竜 馬 が と ば け た が 、 桂 は ま っ す ぐ に 竜 馬 の 眼 を み つ め た ま ま 、 「 こ ん ど の 山 内 侯 お 招 き に よ る 江 戸 百 人 試 合 に 、 貴 道 場 で は ど な た が 出 ら れ ま す か 」 「 さ あ 」 「 貞 吉 大 先 生 が 出 ら れ ま す か 」 こ れ が 桂 の 知 り た い と こ ろ ら し 、 し 。 が 、 竜 馬 は 手 の う ち は 見 せ ず 、 「 知 り ま せ ん 」 「 貞 吉 大 先 生 は 御 病 気 と う か が っ て い ま す が 」 「 そ れ そ れ 。 医 者 ど の の 話 で は 、 ご 病 気 だ そ う じ ゃ 」 「 医 者 ど の の 話 で な く て も 、 御 病 気 は 御 病 気 で ご ざ ろ う 」 と 、 桂 は 、 あ い ま い な 言 い 方 を 許 さ な い 。 「 さ れ ば 」 桂 一 か い , つ 。 「 若 先 生 の 重 太 郎 ど の が 立 た れ る わ け で す な 」 わ る い こ と に 、 そ こ へ 当 の 千 葉 重 太 郎 が 入 っ て き た 。 は 、 ら げ い 重 太 郎 は 、 絵 こ し か い た よ う な 江 戸 っ 子 侍 だ か ら 、 肚 芸 な ど は 頭 か ら 出 来 っ こ な い 。 「 桂 さ ん 、 お 話 の 途 中 で す が 」 と 、 に こ に こ し て 、

世界の名著 2 大乗仏典


か の 病 に か か っ て い る 菩 薩 は 、 自 分 の 病 気 が 真 実 な も し ゅ じ よ う も つ け 加 え ら れ た り 、 取 り 除 か れ た り す べ き で は あ り ま せ ん 。 た だ 、 病 気 が 生 じ る 根 本 を 知 ら せ る た め に 、 彼 ら の で な く 実 在 す る も の で な い の と 同 様 に 、 あ ら ゆ る 衆 生 の 病 気 も ま た 真 実 な も の で な く 実 在 す る も の で な い こ と に 法 が 説 か れ る べ き で あ り ま す 。 病 気 の 根 源 そ の ( 病 の ) 根 本 と は 何 か 。 対 象 を と ら を 観 察 す べ き で す 。 こ の よ う に 観 察 す る と き 、 衆 生 〈 の え る こ と が 根 本 で す 。 対 象 と し て と ら え ら れ た も の が あ 大 悲 心 を 起 こ す こ と が 功 徳 を 目 あ て に す る こ と に は な り る か ぎ り 、 そ の も の が 病 の 根 本 で あ り ま す 。 何 を と ら え ま せ ん 。 外 か ら 偶 然 に 付 加 し て い る 煩 悩 を 断 っ た め に 努 て い る か と い う と 、 全 世 界 ( 三 界 ) を 対 象 と し て と ら え 力 し 、 大 悲 心 を 衆 生 に 対 し て 起 こ す こ と は 、 そ れ ( す な て い る の で す 。 対 象 を と ら え る と い う ( 病 の ) 根 本 を 知 わ ち 功 徳 を 目 あ て と す る も の ) と は 類 を 異 に し ま す 。 そ る と は 何 か 。 そ れ は と ら え な い こ と 、 見 な い こ と で あ り れ は な ぜ で あ ろ う か 。 功 徳 を 限 中 に お い て の 大 悲 心 な ら ば 、 苙 〔 薩 は 生 存 を く ま す 。 見 な い ( 不 可 得 ) と は 対 象 を 取 ら な い こ と で あ り 、 り 返 す こ と に い や け が さ す で あ り ま し う 。 大 悲 心 が 功 何 を 見 な い の か 、 と い え ば 、 そ れ は 内 に あ る ( 主 ) 観 と 外 に あ る ( 客 ) 観 と 、 こ の 二 つ の 観 を 見 な い の で あ 0 て 、 徳 を 眼 中 に お か な い で 起 こ る と き 、 菩 薩 は 生 ま れ か わ る こ と に 疲 れ を 感 じ ま せ ん 。 ( 菩 薩 は 、 功 徳 を 目 あ て と す り ん ね そ れ ゆ え に 見 な い と 言 わ れ る の で す 。 「 ン ジ シ リ ー よ 、 こ の よ う に 病 に か か 0 て い る 苙 〕 薩 る ) 考 え を 起 こ し 、 そ れ を 身 に つ け て 、 ( 輪 廻 の こ の 世 に ) 生 ま れ る の で は な く 、 そ の よ う な 心 を 起 こ す こ と な だ っ は 、 老 病 死 生 を 断 っ た め に 自 分 の 心 を 洞 察 す べ き で あ り ま す 。 「 ン ジ シ リ ー よ 、 諸 菩 薩 の 病 気 は こ の よ う な も し に 生 ま れ か わ る の で あ る か ら 、 そ れ は 解 脱 の ま ま に 生 の で あ 0 て 、 も し も そ う で な い な ら ば 、 ( 彼 の い ま ま で ま れ る こ と 、 解 脱 の ま ま に 起 こ る こ と で あ り ま す 。 解 脱 の ま ま に 生 ま れ 起 こ る か ら 、 衆 生 を 東 縛 し て い る き ず な の ) 努 力 は む だ な も の と な る で し よ う 。 な ん と な れ ば 、 を 解 き ほ ぐ す よ う な 説 法 を 行 な う だ け の 能 力 が あ り ま す 。 あ た か も そ の 敵 に 打 ち 勝 っ か ら 勇 者 と よ ば れ る よ う に 、 老 病 死 の 苦 を し ず め る こ と に よ 0 て 菩 薩 と 名 づ け ら れ る す な わ ち 、 世 尊 は 、 『 自 ら 東 縛 さ れ な が ら 、 他 人 を き ず な か ら 解 放 す る こ と は 不 可 能 で あ る 。 自 ら 解 脱 す る こ と か ら で す 。