検索 - みる会図書館

検索対象: これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本から 308件ヒットしました。

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


こ れ だ け は 知 っ て お き た い 病 気 の こ と か わ か る 本 ・ も く じ 0

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


知 的 生 き か た 文 庫 こ れ だ け は 知 っ て お き た い 病 気 の こ と が わ か る 本 松 井 宏 夫 三 笠 書 房

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


と っ て お き の 役 に 立 っ 漢 方 の 話 、 東 洋 医 学 の 秘 木 下 繁 太 朗 伝 。 毎 日 の 元 気 回 復 に 、 慢 性 病 の 治 療 に 、 女 性 の 肥 満 ・ 美 容 対 策 に 、 こ の 一 冊 で 万 全 で す 。 書 く 託 漢 方 の 本 そ の た ま ご 、 冷 蔵 庫 か ら 出 し た て じ ゃ あ り ま せ 河 野 友 美 ん か ? そ の 粉 、 量 る ま え に は ち ゃ ん と ふ る つ 三 「 料 理 ・ 食 の 」 も の し り 雑 学 た ? 読 ん で ト ク す る 料 理 の 雑 学 の ヒ ン ト / あ な た の 「 料 理 常 識 」 は こ こ が 間 違 っ て い た 。 河 野 友 美 料 理 の 基 本 が 身 に つ き 食 べ る 楽 し み も 倍 に な る 読 ん で ト ク す る 盛 り だ く さ ん の 料 理 の ネ タ 本 。 「 料 理 の 雑 学 」 も の し り 事 典 養 大 学 あ な た の 健 康 知 識 は 間 違 っ て い な い か ? 知 っ て い る よ う で わ か っ て い な い 自 分 の か ら だ や 病 証 「 か ら だ や 病 気 」 疑 問 に 答 笨 女 ' 栄 出 版 部 編 気 ・ : : ・ 日 常 の 心 配 ・ 不 安 ・ 悩 み を 一 掃 す る 本 / 本 書 の こ の 知 識 が な い た め に 、 あ な た は 、 思 い 女 子 栄 養 大 学 ち が い の 食 生 活 を し て い る か も し れ な い : 「 食 物 の き も ん 」 に 答 え る 本 出 版 部 編 し い 食 物 ・ 食 べ 方 の 常 識 が 一 挙 に 身 に つ く 本 / ど ん な 病 気 も 必 ず 食 生 活 に 関 連 が あ る 。 無 薬 ・ 蘇 泰 肇 無 手 術 ・ 無 副 作 用 を モ ッ ト ー に 、 身 近 な 食 べ 物 ・ 」 ク ス リ に か わ る 食 べ 物 事 典 食 べ 方 で 病 気 を 防 ぎ 治 す 「 食 べ る 健 康 術 」 。 食 事 ・ 薬 草 茶 ・ 生 活 習 慣 で 病 気 を 防 ぎ 根 治 す る ク ス リ を 使 わ な い 、 手 術 を し な い 。 こ の 食 事 ク ス リ を 病 気 を 治 す 本 森 下 敬 一 ー 法 を 知 っ て い れ ば ど ん な 病 気 も 防 げ る 、 治 る / カ プ セ ル 剤 は な ぜ コ ッ プ 一 杯 の 水 で 飲 み く だ す 山 口 佳 晴 の か 、 食 間 と 空 腹 時 の 区 別 は ど こ で 決 め る か な 噐 薬 の こ と が わ か る 本 年 度 版 、 - ど 、 ク ス リ に 関 す る 不 安 と 疑 問 に ズ バ リ 答 え る 。 知 的 生 き か た 文 庫 ト =

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


東 京 歯 科 大 学 市 川 総 合 病 院 眼 科 坪 田 一 男 助 教 授 涙 量 の 減 少 で 目 の 表 面 が 乾 燥 す る 病 気 ー ス ト レ ス や O< 機 器 が 原 因 ? 「 目 の 疲 労 を 訴 え て 訪 れ る 患 者 の 多 く が 、 ド ラ イ ア イ と 呼 ば れ る 病 気 で す 」 と 指 摘 す る の は 東 京 歯 科 大 学 市 川 総 合 病 院 ( 千 葉 ・ 市 川 市 ) 眼 科 の 坪 田 一 男 助 教 授 。 単 な る 疲 れ 目 と 思 っ て 気 い た が ド ラ イ ア イ だ っ た 、 と い う 患 者 は 日 本 全 国 に 八 百 万 人 も い る と い わ れ て い る 。 病 「 ド ラ イ ア イ は 涙 の 量 が 減 少 し て 目 の 表 面 が 乾 燥 し 、 そ こ に あ る 細 胞 が 障 害 を 受 け て 目 の 疲 多 れ が 生 じ る 病 気 で す 。 こ れ ま で 日 本 で は ″ 涙 液 分 泌 減 少 症 〃 と か ″ 乾 性 角 膜 炎 〃 な ど の 病 名 性 女 が つ け ら れ 、 涙 が 完 全 に 出 な く な る 重 い 症 状 だ け が 病 名 と し て 認 め ら れ て い ま し た 。 そ れ が 今 で は か な り 幅 広 い 範 囲 の 症 状 を 指 す よ う に な り 、 ド ラ イ ア イ と い っ て い ま す 」 有 涙 の 分 泌 量 が 減 る と 起 き る ド ラ イ ア イ 。 性 涙 を 減 ら す 原 因 は ま だ 解 明 さ れ て い な い が 、 ド ラ イ ア イ の 発 生 し や す い 状 況 は わ か っ て い る 。 ① 乾 燥 し た 室 内 ② 徹 夜 ③ ス ト レ ス ④ パ ソ コ ン 、 ワ ー プ ロ 、 テ レ ビ ゲ ー ム ⑤ 車 の 運 転 ⑥ 細 2 か い 作 業 ⑦ 慢 性 的 な 大 気 汚 染 ⑧ 紫 外 線 な ど で 、 複 雑 化 し た 社 会 環 境 に よ っ て 引 き 起 こ さ れ る ド ラ イ ア イ

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


帝 京 大 学 医 学 部 付 属 病 院 第 ニ 内 科 便 で わ か る 病 気 星 野 恵 津 夫 助 教 授 下 痢 便 、 血 便 、 黒 い 便 ー 最 も 正 直 な 身 体 の ″ サ イ ン に 注 目 ! 十 七 歳 の 女 子 高 生 が 下 腹 部 の 左 側 に 痛 み を 感 じ 、 そ の う ち に 血 の 混 じ っ た 下 痢 を し て 三 ・ 五 度 の 熱 を 出 し た 。 単 な る 腹 痛 と は 違 う と 感 じ 、 心 配 で 病 院 へ 行 っ た と こ ろ 、 潰 瘍 性 の 気 大 腸 炎 と 診 断 さ れ た 。 ま た 、 危 険 な の は 女 性 だ け で は な い 。 下 痢 と 左 下 腹 部 痛 に 襲 わ れ た 六 病 十 二 歳 の 男 性 は ふ だ ん か ら お 酒 を 飲 む と 下 痢 を す る タ イ プ だ っ た が 、 今 回 は い つ に な く ひ ど 多 く 五 、 六 回 水 様 便 が 出 た の で 病 院 で 診 察 を 受 け る と 、 何 と 大 腸 ガ ン が 発 見 さ れ た 。 性 女 こ の よ う に 、 便 は 身 体 の 変 調 や 病 気 を 教 え て く れ る 大 切 な も の だ 。 そ の 大 切 な 便 の 変 化 を 気 知 る に は 、 ま ず は 健 康 な 便 に つ い て 知 っ て お く 必 要 が あ る 。 有 「 女 性 の 場 合 の 理 想 的 な 便 は 、 モ ン キ ー バ ナ ナ 大 で 黄 色 つ ば く 、 水 に 浮 い て 不 快 な に お い が 性 し な い も の 。 粘 液 や 水 で コ 1 テ ィ ン グ さ れ た 光 沢 の あ る 便 で す 」 帝 京 大 学 医 学 部 付 属 病 院 ( 東 京 ・ 板 橋 区 ) 第 二 内 科 の 星 野 恵 津 夫 助 教 授 は い う 。 幻 便 の 誕 生 ま で の 道 の り は 、 物 を 食 べ る こ と か ら ス タ ー ト す る 。 口 か ら 食 道 を 通 っ て 胃 に 入

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


・ そ の 他 の 身 体 の 変 調 〇 高 熱 と 平 熱 を 一 日 お き に 繰 り 返 し 、 寒 気 と 震 え が 続 く ↓ 腎 盂 腎 炎 〇 急 に 貧 血 症 状 が 出 て き た ↓ 胃 ガ ン 、 大 腸 ガ ン 〇 急 に 疲 れ や す く な っ た ↓ 胃 ガ ン 、 甲 状 腺 ガ ン 、 ・ ハ セ ド ー 病 〇 体 が だ る い 、 体 重 が 減 少 し た ↓ ア ル コ ー ル 性 肝 炎 、 ネ フ ロ ー ゼ 症 候 群 、 腎 不 全 、 糖 尿 病 、 甲 状 腺 ガ ン 、 ・ ハ セ ド ー 病 〇 話 す の が ゆ っ く り に な っ て 無 気 力 に な っ た 橋 本 病 目 項 ク ・ 意 識 ・ 行 動 の 変 化 ・ 異 常 工 度 〇 昔 の こ と は 覚 え て い る が 新 し い こ と が 覚 え ら れ な い 、 ま た は も の 忘 れ が ひ ど い 病 ↓ 老 人 性 痴 呆 症 、 橋 本 病 る 〇 場 所 や 時 間 が わ か ら な い 、 失 禁 す る ↓ 老 人 性 痴 呆 症 わ で 〇 眠 れ な く な り 、 仕 事 で の 初 歩 的 な ミ ス が 目 立 つ よ う に な っ た ↓ 燃 え っ き 症 候 群 症 〇 仕 事 も な い の に 会 社 に 居 残 り 、 家 に 帰 ら な い 日 が 続 く 、 カ プ セ ル ホ テ ル や 公 園 で 寝 て 出 社 す る 帰 宅 恐 怖 症

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


杏 林 大 学 医 学 部 付 属 病 院 第 一 内 科 ネ フ ロ 1 ゼ 症 候 群 北 本 清 教 授 的 中 率 は 十 万 人 中 十 五 人 ー 身 体 が だ る く 、 む く み 、 タ ン パ ク 尿 が 出 た ら 要 注 意 男 段 気 に と め る こ と も な さ ん ( 四 十 三 歳 ) は 会 社 の 検 診 で タ ン パ ク 尿 を 指 摘 さ れ た が 、 リ く 、 普 通 の サ ラ リ ー マ ン 生 活 を 続 け て い た 。 一 年 後 、 風 邪 を ひ い た わ け で も な い の に 身 体 が だ る く 顔 な ど が む く ん で い る こ と に 気 づ き 、 び つ く り し て 病 院 へ 駆 け 込 ん だ 。 「 タ ン パ ク 尿 が 出 た ら 要 注 意 で す 。 む く み が 伴 う と き に は ネ フ ロ ー ゼ 症 候 群 に か か っ て い る 可 能 性 が あ り ま す 。 一 日 に 三 ・ 五 以 上 の 大 量 の タ ン パ ク 尿 が 続 い て 血 液 中 の タ ン パ ク が 減 少 す る た め 、 血 管 か ら 水 分 が 漏 れ て む く み が 生 じ る の で す 。 し か し 、 人 に よ っ て は む く み の 出 な い 人 も い ま す 」 と 、 杏 林 大 学 医 学 部 付 属 病 院 ( 東 京 ・ 三 鷹 市 ) 第 一 内 科 の 北 本 清 教 授 は 説 明 す る 。 ネ フ ロ ー ゼ 症 候 群 は 、 大 量 の タ ン パ ク 質 が 尿 と 一 緒 に 漏 れ 出 て し ま う 病 気 で 、 十 万 人 あ た り 十 五 人 程 度 の 発 病 と い う 難 病 の 一 つ 。 原 因 と な る 病 気 が 多 い の で ″ 症 候 群 〃 と い わ れ て い る が 、 原 発 性 は 主 に 微 小 変 化 群 、 膜 性 増 殖 性 腎 炎 、 膜 性 腎 炎 な ど の 腎 臓 の 組 織 変 化 ご と に 分

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


そ し て 、 男 性 に は 気 に な る イ ン ポ テ ン ツ だ が 、 「 実 は 、 本 当 に 糖 尿 病 が 原 因 の 人 は 数 % ほ ど で 、 大 半 は 〃 糖 尿 病 Ⅱ イ ン ポ み の イ メ ー ジ か ら ″ も う オ レ も だ め か ″ と 自 信 を 喪 失 し て し ま う 心 因 性 に よ る も の で す 。 あ ま り 心 配 し 過 ぎ る 必 要 は あ り ま せ ん ー と い う こ と で あ る 。 じ ん ぞ う 腎 臓 に 障 害 が 出 た も の を 糖 尿 病 性 腎 症 と い し こ れ が 進 行 す る と 尿 毒 症 に な る 。 日 本 で は 、 糖 尿 病 患 者 の 死 亡 原 因 の 第 一 位 が 糖 尿 病 性 腎 症 で あ る 。 ま た 糖 尿 病 は 、 高 血 圧 と と も に 動 脈 硬 化 を 促 進 さ せ る 危 険 因 子 で あ る 。 「 肥 満 型 の 糖 尿 病 患 者 が 動 脈 硬 化 を 起 こ す 率 は 、 標 準 体 重 の 人 と 比 べ る と 約 三 倍 で す 。 こ れ だ け で も 肥 満 を 甘 く 見 て は い け な い こ と が わ か る と 思 い ま す 」 と 、 井 上 部 長 は 注 意 を す る 。 さ ら に 、 糖 尿 病 は 自 覚 症 状 が 少 な い と い う こ と も 発 見 を 遅 ら せ る 一 因 で あ る 。 「 会 社 の 健 康 診 断 で 血 糖 値 の 異 常 に 気 づ き 、 慌 て て 来 ら れ る 方 が 多 い で す ね 。 ま た 、 両 親 が 亡 く な っ た り 、 非 常 に 責 任 の 重 い 仕 事 を 任 さ れ た 後 な ど の 大 き な ス ト レ ス を 感 じ た と き に 一 気 埔 気 に 血 糖 値 が 上 が る こ と が 多 い ん で す 。 」 深 チ ェ ッ ク リ ス ト を 見 て も し 症 状 に 気 づ い た な ら ば 、 す ぐ に 専 門 医 の 診 察 を 受 け る こ と が 大 関 切 で あ る 。 満 「 糖 尿 病 は 完 治 な き 病 気 。 投 薬 や イ ン ス リ ン 注 射 な ど も 大 切 で す が 、 ま ず は 肥 満 を 解 消 す る 肥 こ と が 何 よ り 先 決 で す 。 や せ れ ば 膵 臓 か ら 分 泌 さ れ る イ ン ス リ ン の 働 き が 正 常 に 戻 り 、 し だ い に 症 状 が 良 く な っ て い く の で す か ら :

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


初 台 関 谷 ク リ ニ ッ ク 空 の 巣 症 候 群 関 谷 透 院 長 毎 日 が む な し い 軽 う つ 病 ー 子 育 て 以 外 に 生 き か い か な い こ と に 病 根 が 軽 症 う つ 病 は う つ 病 と 症 状 が 同 じ で は あ る が 、 そ の 程 度 が 軽 い 。 神 経 症 の よ う な 身 体 症 状 ( 頭 痛 、 腹 痛 、 疲 労 感 ) が 表 に 出 て く る こ と か ら 「 仮 面 う つ 病 」 と も い わ れ て い る 。 ″ 心 の 病 気 〃 の 診 断 、 治 療 で 有 名 な 初 台 関 谷 ク リ ニ ッ ク ( 東 京 ・ 渋 谷 区 ) の 関 谷 透 院 長 は 、 「 入 院 、 外 来 患 者 で 見 ま す と 、 軽 症 う つ 病 の 患 者 さ ん が 約 一 三 % に も の ば り 、 確 実 に 増 加 し て い ま す 」 と い う 。 こ れ は 世 界 的 な 傾 向 で 、 ( 世 界 保 健 機 構 ) の 統 計 で も 全 人 口 の 三 5 五 % に の ば っ て い る と い う 。 「 と き に は 、 本 人 さ え 自 分 が 軽 症 う つ 病 で あ る こ と を 自 覚 す る こ と な く 、 突 然 、 自 殺 と い う よ う な 最 悪 の 結 末 に も 暴 走 し か ね ま せ ん 」 か ら 軽 症 う つ 病 の 中 で も 〃 お 母 さ ん の 病 気 〃 と い わ れ て い る 「 空 の 巣 症 候 群 」 の 患 者 さ ん の ケ ー ス を 見 て み よ う 。 子 さ ん は 五 十 五 歳 の 専 業 主 婦 。 長 男 は 海 外 勤 務 で 長 女 は 結 婚 し 、 家 で は 夫 と 二 人 っ き り 。

これだけは知っておきたい 病気のことがわかる本


東 京 都 立 墨 東 病 院 リ ウ マ チ 科 し よ う じ 慢 性 関 節 リ ウ マ チ 内 田 詔 爾 医 長 意 外 と 怖 い ! 放 っ て お く と 軟 骨 が 溶 け て 関 節 が 破 壊 さ れ る こ と も あ る 朝 、 産 後 ま も な い 子 さ ん ( 三 十 六 歳 ) は 赤 ち ゃ ん に ミ ル ク を 飲 ま せ よ う と 哺 乳 瓶 に 手 を 伸 ば し た が 、 指 が こ わ ば っ て う ま く 手 が 動 か せ な い 。 〃 疲 れ て い る の か な 〃 と 思 っ て い る と 午 後 に な っ て 指 や 手 首 が は れ て き た の で 、 心 配 に な っ て 病 院 で 検 査 を 受 け た と こ ろ 、 「 リ ウ マ チ 」 と 診 断 さ れ た 。 「 リ ウ マ チ と い う と 、 老 人 が か か る 病 気 と 勘 違 い し て い る 人 が い ま す が 、 そ ん な こ と は あ り ま せ ん 。 実 は 三 十 5 四 十 歳 代 の 働 き 盛 り の 主 婦 に 多 い 病 気 な ん で す 」 と い う の は 、 毎 月 二 千 人 も の リ ウ マ チ 患 者 を 診 察 し て い る 東 京 都 立 墨 東 病 院 ( 東 京 ・ 墨 田 区 ) リ ウ マ チ 科 の 内 田 詔 爾 医 長 。 「 精 神 的 ・ 肉 体 的 ス ト レ ス の 後 に 発 病 す る の で す 。 女 性 に と っ て 出 産 は 肉 体 的 な ス ト レ ス に な り ま す か ら 、 産 後 に 発 病 す る 人 が 少 な く あ り ま せ ん 」 患 者 の 約 八 〇 % は 進 行 型 。 は じ め は 関 節 が 崩 れ る ほ ど ひ ど く は な い が 、 放 っ て お く と 軟 骨 が 溶 け て 三 5 五 年 で あ ち こ ち の 関 節 が 壊 れ 出 す 。 手 に 発 病 し た 人 は ひ じ か ら 肩 へ 、 足 の 指 か