検索 - みる会図書館

検索対象: 世界の名著 2 大乗仏典

世界の名著 2 大乗仏典から 557件ヒットしました。

世界の名著 2 大乗仏典


く 過 ご し て い る か 』 と お 尋 ね に な り ま し た 。 家 長 よ 、 あ そ の ほ か に は 床 も い す も 座 も 見 え な い 。 な た の こ の 病 気 は 、 何 か ら 生 し 、 も う ど の く ら い た っ て 文 殊 と 維 摩 の 問 答 そ の と き 、 ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ は い る の で す か 。 ど ん な 状 態 で 、 い つ に な っ た ら な お り ま マ ン ジ ュ シ リ ー を 見 て 、 次 の よ う に 言 う 。 「 マ ン ジ = シ リ ー よ 、 よ く お い で に な り ま し た 。 ほ ん と し よ う か 」 「 マ ン ジ ュ シ リ ー ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ が 答 え る う に よ く お い で に な り ま し た 。 ( た だ し ) か っ て お い で し ま お い で に な 0 た ) 。 ( か っ て ) よ 、 無 知 が あ り 、 存 在 〈 の 愛 着 が あ る か ぎ り 、 わ た く し に な ら な か っ た ( の に 、 、 し ゅ し よ う ( 1 ) の こ の 病 も そ れ だ け 続 き ま す 。 あ ら ゆ る 衆 生 に 病 が あ る お 会 い も せ ず 、 聞 き も せ す 、 ( い ま ) お 会 い す る : : : 」 か ぎ り 、 そ れ だ け わ た く し の 病 も 続 き ま す 。 も し す べ て マ ン ジ ュ シ リ ー の 人 が 病 を は な れ た な ら 、 そ の と き 、 わ た く し の 病 も し 「 家 長 よ 、 あ な た の お っ し や る と お り で す 。 ( か っ て ) き た な ら ば 、 そ れ は 、 の ち に ( 再 び ) く る こ と は な い で ず ま る で し よ う 。 な ん と な れ ば 、 「 ン ジ 「 一 シ リ ー よ 、 菩 し よ う 。 す で に 去 0 た も の は 、 こ れ ま た 再 び 行 く こ と は 薩 が 輪 廻 の 中 に い る の は 、 衆 生 に そ の 原 囚 が あ り 、 病 気 は ま た 輪 廻 が そ の 原 囚 に な っ て い る か ら で す 。 も し あ ら な い 。 な ん と な れ ば 、 ま だ こ な い も の に は 、 く る こ と は 知 ら れ す 、 過 ぎ 去 「 た も の に も 行 く こ と は 知 ら れ ず 、 見 ゆ る 衆 生 に 病 気 が な く な 「 た な ら 、 そ の と き は 苙 〔 薩 に も ら れ た も の が 一 一 度 と 再 び 見 ら れ る こ と は な い か ら で す 。 病 気 は な く な る で し よ う 。 た と え ば 、 金 持 ち の ひ と り 0 ( そ れ は さ て お き 、 ) 高 貴 な 士 よ 、 ( 病 苦 の ) し ん ・ ほ う が 子 が 病 気 に な 0 た と き 、 そ の 病 気 の せ い で 両 親 も ま た 病 で き ま す か 。 元 気 で お い で で す か 。 お 身 体 が 不 調 な の で 気 に な る よ う な も の で す 。 ひ と り 「 子 に 病 気 が な く な ら は な い で す か 。 そ の ご 病 気 は 軽 く な り ま し た か 。 も う ひ な い か ぎ り 、 両 親 も な や み 続 け ま す 。 「 ン ジ シ リ ー よ 、 そ れ と 同 じ く 菩 薩 は あ ら ゆ る 衆 生 を ひ と り つ 子 の よ う に ど く は な り ま せ ん か 。 世 尊 も 、 『 苦 し み が 大 き く は な い か 、 病 気 は た い し た こ と は な い の か 、 少 し 悪 い だ け な の 愛 す る の で 、 衆 生 が す べ て 病 気 で あ る か ぎ り 彼 も 病 気 で か 、 立 ち 居 が 軽 快 に な 0 た か 、 元 気 に な 0 た か 、 体 力 は あ り 、 衆 生 に 病 気 が な く な 0 た と き 、 彼 も 無 病 と な り ま あ る か 、 気 分 は よ い か 、 悪 い と こ ろ が あ る か 、 気 持 ち ょ す 。 「 ン ジ シ リ 1 よ 、 こ の 病 気 は 何 か ら 生 じ た か と お べ ッ ド 128

世界の名著 2 大乗仏典


か の 病 に か か っ て い る 菩 薩 は 、 自 分 の 病 気 が 真 実 な も し ゅ じ よ う も つ け 加 え ら れ た り 、 取 り 除 か れ た り す べ き で は あ り ま せ ん 。 た だ 、 病 気 が 生 じ る 根 本 を 知 ら せ る た め に 、 彼 ら の で な く 実 在 す る も の で な い の と 同 様 に 、 あ ら ゆ る 衆 生 の 病 気 も ま た 真 実 な も の で な く 実 在 す る も の で な い こ と に 法 が 説 か れ る べ き で あ り ま す 。 病 気 の 根 源 そ の ( 病 の ) 根 本 と は 何 か 。 対 象 を と ら を 観 察 す べ き で す 。 こ の よ う に 観 察 す る と き 、 衆 生 〈 の え る こ と が 根 本 で す 。 対 象 と し て と ら え ら れ た も の が あ 大 悲 心 を 起 こ す こ と が 功 徳 を 目 あ て に す る こ と に は な り る か ぎ り 、 そ の も の が 病 の 根 本 で あ り ま す 。 何 を と ら え ま せ ん 。 外 か ら 偶 然 に 付 加 し て い る 煩 悩 を 断 っ た め に 努 て い る か と い う と 、 全 世 界 ( 三 界 ) を 対 象 と し て と ら え 力 し 、 大 悲 心 を 衆 生 に 対 し て 起 こ す こ と は 、 そ れ ( す な て い る の で す 。 対 象 を と ら え る と い う ( 病 の ) 根 本 を 知 わ ち 功 徳 を 目 あ て と す る も の ) と は 類 を 異 に し ま す 。 そ る と は 何 か 。 そ れ は と ら え な い こ と 、 見 な い こ と で あ り れ は な ぜ で あ ろ う か 。 功 徳 を 限 中 に お い て の 大 悲 心 な ら ば 、 苙 〔 薩 は 生 存 を く ま す 。 見 な い ( 不 可 得 ) と は 対 象 を 取 ら な い こ と で あ り 、 り 返 す こ と に い や け が さ す で あ り ま し う 。 大 悲 心 が 功 何 を 見 な い の か 、 と い え ば 、 そ れ は 内 に あ る ( 主 ) 観 と 外 に あ る ( 客 ) 観 と 、 こ の 二 つ の 観 を 見 な い の で あ 0 て 、 徳 を 眼 中 に お か な い で 起 こ る と き 、 菩 薩 は 生 ま れ か わ る こ と に 疲 れ を 感 じ ま せ ん 。 ( 菩 薩 は 、 功 徳 を 目 あ て と す り ん ね そ れ ゆ え に 見 な い と 言 わ れ る の で す 。 「 ン ジ シ リ ー よ 、 こ の よ う に 病 に か か 0 て い る 苙 〕 薩 る ) 考 え を 起 こ し 、 そ れ を 身 に つ け て 、 ( 輪 廻 の こ の 世 に ) 生 ま れ る の で は な く 、 そ の よ う な 心 を 起 こ す こ と な だ っ は 、 老 病 死 生 を 断 っ た め に 自 分 の 心 を 洞 察 す べ き で あ り ま す 。 「 ン ジ シ リ ー よ 、 諸 菩 薩 の 病 気 は こ の よ う な も し に 生 ま れ か わ る の で あ る か ら 、 そ れ は 解 脱 の ま ま に 生 の で あ 0 て 、 も し も そ う で な い な ら ば 、 ( 彼 の い ま ま で ま れ る こ と 、 解 脱 の ま ま に 起 こ る こ と で あ り ま す 。 解 脱 の ま ま に 生 ま れ 起 こ る か ら 、 衆 生 を 東 縛 し て い る き ず な の ) 努 力 は む だ な も の と な る で し よ う 。 な ん と な れ ば 、 を 解 き ほ ぐ す よ う な 説 法 を 行 な う だ け の 能 力 が あ り ま す 。 あ た か も そ の 敵 に 打 ち 勝 っ か ら 勇 者 と よ ば れ る よ う に 、 老 病 死 の 苦 を し ず め る こ と に よ 0 て 菩 薩 と 名 づ け ら れ る す な わ ち 、 世 尊 は 、 『 自 ら 東 縛 さ れ な が ら 、 他 人 を き ず な か ら 解 放 す る こ と は 不 可 能 で あ る 。 自 ら 解 脱 す る こ と か ら で す 。

世界の名著 2 大乗仏典


『 自 分 は 執 着 を な く し 、 病 気 の 根 本 の 認 識 に 立 と う 』 と 等 性 と は ど う い う こ と か 。 我 の 平 等 性 を は じ め と し て 、 い う よ う に 、 我 に 執 着 す る 観 念 を 断 ち 、 法 の 観 念 を 生 し 涅 槃 の 平 等 性 に 至 る ま で を 言 い ま す 。 な ん と な れ ば 、 自 る べ き な の で す 。 つ ま り 、 こ の 身 体 は 多 く の 法 の 集 ま っ 我 も 涅 槃 も 、 両 者 と も に 空 だ か ら で す 。 こ の 両 者 が い か た も の で あ り 、 身 体 が 生 じ た 場 合 に も 、 実 は 法 が 生 じ る に 空 な の か 。 概 念 的 に 説 か れ た こ の 両 者 が 空 な の で あ り 、 の み で あ り 、 減 し た 場 合 に も 、 法 が 減 し た に ほ か な ら な そ れ ら は い ず れ も 実 体 と し て 完 成 し た も の で は あ り ま せ そ れ ら の 法 は 互 い に 感 受 し 知 覚 す る こ と は な く 、 そ ん 。 こ の よ う に 平 等 性 を 見 る と き 、 彼 は 病 気 と 空 性 と を れ ら の 法 が 生 し た と き に も 、 『 わ れ は 生 じ る 』 と は 考 え 別 の も の と は し ま せ ん ー ー ー 病 気 こ そ は 空 性 な の で す 。 な い し 、 減 す る と き に も 『 わ れ は 減 す 』 と は 考 え ま せ ん 。 か の ( 病 を ) 感 じ る と い う こ と も 、 感 受 な く し て ( 感 し か し 、 か の ( 病 に か か っ て い る 菩 薩 は ま た ) 、 法 の 受 す る の で あ る ) と 知 る べ き で す 。 し た が っ て 、 感 受 が 観 念 を 完 全 に 知 る た め に 、 次 の よ う に 考 え る べ き で す 。 な く な っ た こ と を 忸 り で あ る と 考 え て も な り ま せ ん 。 仏 『 わ た く し が 上 述 の よ う な 法 の 観 念 を も っ と す れ ば 、 こ 法 が 完 成 し た と き に は 、 ( 感 受 す る も の と 感 受 さ れ る も れ ま た 倒 錯 で あ っ て 、 倒 錯 は す な わ ち 大 病 に ほ か な ら ぬ 。 の と の ) 二 種 の 感 受 は 捨 て ら れ ま す 。 し か し 、 か と い っ そ の 病 を わ た く し は は な れ る べ き で あ り 、 病 を 断 っ た め て 、 ( 地 獄 な ど の ) 悪 趣 に 生 ま れ て い る 一 切 衆 生 に 対 し に 精 進 に 励 ま ね ば な ら な い 』 と 。 て 大 慈 悲 心 が 起 こ さ れ な い の で は あ り ま せ ん 。 こ れ ら の そ の 場 合 、 病 を 断 っ と は ど う い う こ と か 。 す な わ ち 、 衆 生 に 対 し て は 、 正 し く 心 を 洞 察 し て 病 気 を 除 く よ う に わ れ あ り と の 考 え 、 わ が も の な り と の 考 え を 断 っ こ と で し む け る べ き で す 。 し か し 、 彼 ら に お い て 、 い か な る 法 す 。 そ れ は ど う い う こ と か と い え ば 、 二 つ の こ と を は な ( 1 ) こ の 問 答 の 問 う 者 と 答 え る 者 は 、 漢 訳 に よ っ て よ 、 、 ー し ま の 場 合 と れ る こ と で す 。 二 つ の こ と を は な れ る と は ど う い う こ と 逆 に な っ て い る も の が あ る 。 か と い え ば 、 す な わ ち 内 に も 外 に も 動 き の な い こ と で す 。 ( 2 ) 「 心 の 洞 察 」 nidhyapti が 以 下 に お い て 話 題 の 中 心 と な る が 、 漢 摩 訳 は 「 調 伏 ー ( 心 の 抑 制 ) と 訳 し て い る 。 右 の サ ン ス ク リ ッ ト 語 に 維 内 に も 外 に も 動 き が 起 こ ら な い と は ど う い う こ と か 。 平 「 調 伏 」 の 意 味 が あ る の か 、 あ る い は 原 語 を niyama な ど と し て 等 性 に 立 つ か ら 、 そ こ に 動 き ゅ ら ぎ 出 る こ と が な い 。 平 考 え る べ き な の か よ く わ か ら な い 。 、 0

世界の名著 2 大乗仏典


に 確 定 さ れ る 。 一 般 に 承 認 さ れ た も の と し て い る と こ ろ に 従 っ て 、 世 尊 熱 さ が 火 の 自 性 で あ る と さ れ る こ と は 、 牛 飼 い や 女 た ( 鬱 も ま た 、 上 述 し た の と 同 様 な 世 俗 的 ( 便 宜 的 ) な 自 ち に も 一 般 に 認 め ら れ て い る こ と で は な い か 、 と 言 う か 体 が こ れ ら ( の 諸 存 在 ) に あ る こ と を 、 ア ビ ダ ル ( 論 も し れ な い 。 し か し 、 そ れ が 一 般 の 人 々 に は 認 め ら れ て 書 ) の 中 で は ( 自 相 と し て ) 設 定 さ れ た 。 し か し 、 他 方 い な い と で も 、 わ れ わ れ が 言 0 た で あ ろ う か 。 わ れ わ れ ま た 、 ( 一 般 の 事 物 に ) 共 通 的 に 見 ら れ る 「 無 常 性 」 な が 語 る こ と は 、 た だ 次 の よ う で あ る 。 「 こ れ は 自 性 で は ど は 、 共 通 相 で あ る と し て 説 か れ た 。 あ り え な い 、 自 性 と し て の 特 徴 を 欠 い て い る か ら ー と 。 む み よ う そ れ に 反 し て 、 無 明 と い う 眼 病 の な い 、 浄 ら か な 知 恵 と こ ろ が 、 無 明 ( じ に よ る 錯 誤 に ま と い っ か れ て い る 世 の 目 の 持 ち 主 が 見 て い る と こ ろ と 関 連 さ せ て 言 う な ら ば 、 間 で は 、 実 際 に は 無 自 性 な も の が 存 在 の 姿 を と 0 て い る 眼 病 の な い 人 々 が 眼 病 者 の 見 る 毛 髪 を 見 な い の と 同 様 に 、 も う そ う の に 、 そ れ を 自 性 を そ な え た も の と し て 理 解 し て い る 。 愚 か 者 の 知 の 妄 想 に よ っ て 生 じ た 産 物 で あ る 自 性 を 見 る た と え ば 、 眼 病 に か か っ た 者 が 、 眼 病 の ゆ え に ( 毛 髪 な よ う な こ と は な い 。 そ れ ゆ え 、 「 こ れ は も の の 自 性 で は ど の 形 が 見 え て く る 場 合 ) 、 実 際 は 毛 髪 な ど の 本 体 は な な い 、 と 、 他 人 を 利 す る た め に 行 動 す る 聖 者 た ち は 明 白 に ゆ う り よ う が き よ う い に も か か わ ら ず 、 そ れ を 自 性 を そ な え た ( 毛 髪 な ど ) に 語 る の で あ る 。 こ の こ と が 聖 な る 『 入 楞 伽 経 』 に 次 の と し て 執 着 す る よ う な も の で あ る 。 そ れ と 同 様 に 、 愚 か よ う に 説 か れ て い る 。 ( 2 ) な 人 々 は 、 知 恵 の 目 が 無 明 と い う 眼 病 に よ っ て 傷 つ け ら あ た か も 眼 病 者 た ち が 、 毛 髪 の 網 ( の 幻 影 ) を 誤 っ れ て い る た め に 、 無 自 性 で あ る 存 在 の あ り か た を 、 有 自 て 知 覚 す る よ う に 、 愚 か な 人 た ち は 、 存 在 に つ い て 性 な も の と し て 執 着 し 、 そ の 執 着 に 応 じ て 「 火 の 自 相 は ( 1 ) ア ビ ダ ル マ abhidharma と は 、 経 と 律 か ら 区 別 さ れ た 「 論 」 こ 熱 さ で あ る 」 と 定 義 づ け を 行 な う 。 ( 熱 さ は ) そ れ ( す で あ る が 、 こ こ で は い わ ゆ る 小 乗 時 代 に 盛 行 を き わ め た 実 在 論 的 な な わ ち 火 ) 以 外 の も の に は 見 ら れ な い か ら ( 他 と ) 共 通 哲 学 の 体 系 を い う 。 そ の も っ と も 発 達 し た 形 は 、 本 巻 に 収 め ら れ た ら 『 存 在 の 分 析 』 に 見 ら れ る 。 「 世 尊 も ま た : : ア ビ ダ ル マ の 中 で は 設 明 性 が な い と い う 点 で 、 自 己 に 固 有 の 特 徴 ( す な わ ち 、 自 定 さ れ た 」 と は 、 そ れ が 原 始 仏 教 に お け る 教 義 で あ る こ と を さ す 。 性 、 自 相 ) で あ る と 考 え る か ら で あ る 。 愚 か 者 た ち が 、 ( 2 ) 四 二 九 ペ ー ジ 注 ( 3 ) 参 照 。

世界の名著 2 大乗仏典


答 え る 、 「 身 体 は 離 脱 し て い ま す か ら 、 身 体 に 関 し た ( 消 減 し た ) と い 0 て ( 慰 間 ) す べ き で は あ り ま せ ん 。 も の で は あ り ま せ ん 。 心 は 幻 の よ う な も の で す か ら 、 心 自 ら 病 む こ と に よ 0 て 、 他 の 人 々 の 病 気 を あ わ れ み 、 前 の 世 の 苦 を 思 い 起 こ し 、 人 々 の 利 益 を は か る こ と を 思 い に あ い 伴 っ た も の で も あ り ま せ ん 」 し よ ら - じ よ う ん ご ん 間 う 、 「 家 長 よ 、 地 の 要 素 、 水 の 要 素 、 火 の 要 素 、 風 出 し 、 善 根 を 積 み 、 本 来 清 浄 で あ り 、 愛 欲 は な く 、 つ も 精 進 に は げ む の で あ る か ら 、 あ ら ゆ る 病 気 を 減 す る の 要 素 ( が 身 体 を 形 成 し て い る が ) 、 こ の 四 つ の 要 素 の 医 王 と な る で あ ろ う ( と い テ よ う に 慰 間 す べ き で す ) 。 中 の ど れ が わ ず ら っ て い る の で す か 」 よ 、 一 切 衆 生 の 要 素 が わ ず 以 上 の よ う に 、 菩 薩 は 菩 薩 の 病 気 を 慰 問 す べ き で す 」 答 え る 、 「 マ ン ジ ュ シ リ ー が 間 う 。 「 良 家 の 子 よ 、 病 気 へ の 洞 察 マ ン ジ シ リ ー ら っ て い る な ら ば 、 そ の よ う な 要 素 が わ た く し の 場 合 に ( 2 ) 病 気 に か か っ て い る 菩 薩 は 、 ど の よ う に 自 分 の 心 を 洞 察 も 病 気 に な っ て い る の で す 。 と こ ろ で 、 マ ン ジ = シ リ ー よ 、 菩 薩 は ど の よ う に し て す る の で し よ う か 」 ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ が 答 え る 。 「 マ ン ジ シ リ ー よ 、 菩 薩 の 病 気 を 慰 間 す べ き で す か ー が 答 え る 。 「 身 体 は 無 常 で あ る ( と 説 病 気 に か か っ て い る 菩 薩 は 次 の よ う に 自 分 の 心 を 洞 察 し マ ン ジ ュ シ リ ー ご う ま す 。 病 は 、 過 去 世 以 来 、 非 実 在 で 倒 錯 し た 業 が 起 こ さ い て 慰 間 す べ き で あ り ま す ) 。 し か し 、 ( そ の 身 体 を ) と い 、 欲 を は な れ る こ と を も 0 て ( 慰 間 ) す べ き で は あ れ て 生 じ る の で あ り 、 ま た 虚 妄 な 分 別 の 熕 悩 に よ 0 て 生 り ま せ ん 。 身 体 は 苦 で あ る 。 し か し 、 涅 の 楽 し み を も じ る の で あ り ま す 。 最 高 の 真 理 か ら す れ ば 、 だ れ そ れ が っ て ( 慰 間 ) す べ き で は あ り ま せ ん 。 身 体 は 無 我 で あ る 。 病 気 に な る と い う よ う な 存 在 者 は 、 何 も こ こ に は 認 め ら し か し 、 人 々 を 成 熟 さ せ る こ と を も 「 て ( 慰 間 ) す べ き れ ま せ ん 。 な ぜ か と い え ば 、 こ の 身 体 は 四 大 元 素 . で す 。 身 体 は 空 寂 で す 。 し か し 、 徹 底 的 な 空 寂 ( い 灰 身 滅 野 ・ ) か ら な る が 、 こ れ ら の 元 素 の 中 に は 、 主 宰 者 も な く 創 造 者 も な い か ら で す 。 こ の 身 体 は 無 我 で あ り 、 執 着 さ ま よ 釥 び を も 0 て ( 慰 間 ) す べ き で は あ り ま せ ん 。 悪 を 行 な 0 た こ と を 洗 い ざ ら い 示 す ( こ と に よ 0 て 慰 れ た 我 以 外 に は 、 病 気 に か か る も の と い う よ う な も の は 、 問 す べ き で す ) 。 し か し 、 ( そ の 罪 が ) う つ り 過 ぎ 去 0 て 最 高 の 真 理 の 立 場 か ら は 認 め ら れ ま せ ん 。 そ れ ゆ え 、 0

世界の名著 2 大乗仏典


生 じ る 。 あ ら ゆ る 悪 を 断 ち 、 あ ら ゆ る 善 を 集 め る こ と か ら 生 じ る 。 ま た 真 実 か ら 生 し 、 正 し さ か ら 生 じ 、 怠 り の な い こ と か ら 生 じ る 。 三 弟 子 た ち 菩 薩 た ち の 病 気 見 舞 い 友 よ 、 如 来 身 は 、 善 が 無 量 に 行 な わ れ た こ と か ら 生 し る の で あ る 。 あ な た が た は 、 こ の よ う な ( 如 来 ) 身 に 対 そ の と き 、 リ ッ チ ャ ヴ ィ ー 族 の ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ は し て 、 信 順 の 気 持 ち を 起 こ す べ き で あ り 、 あ ら ゆ る 人 々 こ の よ う に 考 え た 。 「 わ た く し が 病 気 に な り 、 苦 し ん で あ ら か ん の 煩 悩 の 病 を 断 っ た め に 、 こ の う え な く 正 し く 完 成 し た 病 床 に 寝 て い る の に 、 阿 羅 漢 で あ り 完 全 な 知 の 持 ち 主 で 悟 り に 向 か っ て 発 心 す べ き な の で あ る 。 あ る 如 来 は 、 わ た く し の こ と を 気 に も か け ず 、 同 情 も な こ の よ う に リ ッ チ ャ ヴ ィ 1 族 の ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ が 、 さ ら な い で 、 そ の た め に 病 気 見 舞 い に だ れ も お っ か わ し 病 気 見 舞 い に き た 人 々 に 説 い た と き 、 そ の 結 果 、 八 千 の に な ら な い の だ ろ う か 」 と 。 し や り は っ 多 く の 人 々 が 、 無 上 の 正 し い 悟 り に 対 し て 発 心 し た 。 舎 利 弗 の 座 褝 そ こ で 世 尊 は 、 ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ が こ の よ う に 考 え て い る こ と を 知 っ て 、 長 老 の シ ャ ー リ 。 フ 考 え 及 ば ぬ ほ ど に 方 便 に 巧 み で あ る こ と と い う ( 1 ) pudgala 「 人 」 と も 訳 さ れ 、 「 人 間 」 で あ る が 、 ア ー ト マ ン ( 我 ) 第 二 章 ( 終 わ り ) と 並 ん で 、 個 人 、 人 格 、 輪 廻 の 主 体 と し て 考 え ら れ る 。 ( 2 ) 五 蘊 ・ 六 界 ( ま た は 十 八 界 ) ・ 十 二 処 な ど は 、 い ず れ も 人 間 的 存 在 の 機 構 を 説 明 す る も の と し て 考 え ら れ た 理 論 で あ る 。 本 巻 所 収 の 『 存 在 の 分 析 』 に 、 五 つ の 群 ・ 十 八 の 類 ・ 十 二 の 門 と し て く わ し く 説 明 さ れ て い る 。 次 の 死 刑 執 行 人 以 下 の 比 喩 は 、 こ れ ら の 人 間 的 存 在 に た と え ら れ 、 そ れ か ら の が れ る の が 賢 者 の あ り か た と さ れ る 。 す な わ ち 、 五 人 の 死 刑 執 行 人 と は 五 蘊 で あ る 。 毒 蛇 と は 地 ・ 水 ・ 経 摩 火 ・ 風 の 四 元 素 で あ り 、 空 虚 な 村 と は 眼 処 以 下 の 六 内 処 で あ る 。 ( 3 ) 仏 陀 に は 物 質 的 な 身 体 ( 色 身 ) も あ る が 、 本 来 は 法 そ の も の が 身 体 ( 法 身 ) で あ る と い う 考 え 方 。

世界の名著 2 大乗仏典


ー の 園 林 金 持 ち で 、 ま っ た く 在 家 の 俗 人 に す ぎ な い が 、 す ぐ れ た が 描 き 出 さ れ た も の で あ ろ う 。 ア ー ム ラ 。 ハ ー リ 語 で は ア ン ・ ハ ハ ー リ ー ) と 、 空 の 理 解 と 知 恵 と の 持 ち 主 で あ っ た 。 そ の 彼 が 、 長 年 修 は 、 ア ー ム ラ バ し よ う も ん 行 し た 本 職 の 声 聞 た ち ゃ 菩 薩 た ち を 、 ぎ ゅ う ぎ ゅ う や り う 女 性 の 所 有 で あ る 。 彼 女 は こ の 経 典 に は 登 場 し な い が 、 こ め 、 さ ん ざ ん に か ら か う 。 ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ の み な い わ ゆ る 遊 び 女 の ひ と り で 、 仏 教 に 帰 依 し 、 の ち に 尼 と ら ず 、 天 女 た ち か ら も 、 声 聞 た ち は か ら か わ れ 、 笑 わ れ も な る 。 当 時 の 遊 び 女 は 、 政 府 の 保 護 と 監 督 を 受 け て い る 。 要 す る に 職 業 的 な 修 行 者 や 坊 さ ん は だ め で 、 ほ ん と た が 、 そ の 中 に は 高 い 教 養 の あ る 者 も い た 。 伝 説 で は 、 う の 知 恵 は 彼 ら に は か き く ら ま さ れ て い る と い う 、 大 乗 ア ー ム ラ 。 ハ ー リ ー は 容 姿 の み な ら ず 、 巨 額 の 財 産 と 高 度 の 在 家 主 義 が 徹 底 し て い る 。 修 行 者 へ の 尊 敬 は も ち ろ ん の 知 識 を そ な え 、 町 が 誇 り と す る 貴 婦 人 で も あ っ た 。 仏 け ん し ん 失 わ れ て は 、 よ : 、 、 し か し 小 乗 的 な 形 式 的 な 修 行 へ の 陀 が 死 の 直 前 、 こ の 町 を 通 過 し た 際 に は 、 町 の 顕 紳 か ら さ げ す み が そ こ に は み ら れ る 。 の 招 待 を こ と わ っ て 、 彼 女 の 饗 応 を 受 け て い る 。 ッ チ ャ ヴ ィ ー こ の 経 典 の 舞 台 は ガ ン ガ ー 河 の 北 岸 、 さ て 、 こ の ド ラ マ 『 維 摩 経 』 の テ ー マ は 、 人 の 意 表 を 族 の 首 都 で あ っ た ヴ ァ イ シ ャ ー リ 1 ー 。 こ の 町 の あ と は い つ い て 、 病 気 で あ る 。 金 も う け や 恋 愛 で も な け れ ば 、 死 ま は 寒 村 で あ る が 、 近 年 、 大 規 模 な 発 掘 が 行 な わ れ て 、 の 問 題 で も な い 。 ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ の 人 と な り は 、 第 け ひ ょ う 仏 陀 の 遣 骨 を 最 初 に 分 納 し た と 思 わ れ る ス ト ウ ー 。 、 , の 跡 二 章 に 最 高 の 讃 辞 で 語 ら れ て い る が 、 彼 は 仮 病 を も っ て し ゅ じ よ う が 発 見 さ れ た 。 場 面 は 三 場 。 第 一 場 は 町 の 郊 外 に あ る 床 に 臥 し て い る 。 仮 病 と い う の は 、 「 衆 生 が す べ て 病 気 「 ア ー ム ラ 。 ハ ー の 園 林 」 で あ り 、 こ こ に 仏 陀 が 大 ぜ な の た か ら 、 自 分 も 病 気 と な ら ざ る を え な い 」 の で あ る 。 い の 弟 子 た ち と と も に い る 。 第 二 場 は ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ こ の 病 気 を 仏 陀 の 命 令 で 見 舞 い に 行 っ た 知 恵 第 一 の 文 ほ う じ よ う イ の 病 室 で 方 丈 と 称 せ ら れ る も の 。 こ の 場 面 が ド ラ マ の 殊 菩 薩 と 、 病 床 の ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ と の 間 答 が 、 こ の 中 心 で 、 そ の 間 に は 地 球 以 外 の は る か か な た の 仏 国 土 な 経 典 の 主 要 部 分 で あ る 。 そ れ は 、 「 不 来 の 相 に し て 来 り 、 ま な 羅 什 訳 。 一 二 九 べ と い う 、 意 味 深 長 ど に も 場 面 は 移 動 す る 。 最 後 に 、 第 三 場 は も と の 園 林 に 不 見 の 相 に し て 見 ゅ 」 ( ー ジ 注 ( 1 ) 参 照 か え っ て 、 経 典 は 終 わ る 。 な こ と ば で は じ め ら れ る 。 後 半 の 頂 点 は 第 八 章 の 不 二 に ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ が 実 在 の 人 物 で あ っ た か ど う か は 関 す る 間 答 で 、 そ の 「 維 摩 の 黙 」 に つ い て は 、 す で に 疑 わ し い 。 お そ ら く 仏 教 信 者 の 理 想 像 と し て 架 空 の 人 物 述 べ た ( 」 〈 ) 。 じ ゅ め

世界の名著 2 大乗仏典


も の に す る 者 で す 』 こ の と き 、 か の 城 中 の 貧 賤 の 者 は 、 こ の 神 変 を 見 、 ま 四 病 気 の 慰 間 た こ の 説 法 を 聞 い て 、 無 上 の 正 し い 悟 り に 向 か っ て 発 心 し ま し た 。 世 尊 よ 、 そ れ ゆ え に 、 わ た く し は か の 高 貴 な も ん じ ゅ 文 殊 が 見 舞 い に 行 く そ こ で 、 世 尊 は 、 マ ン ジ 、 シ リ 士 の 病 気 見 舞 い に は ま い れ ま せ ん ー ぼ さ っ ー 王 子 ( 文 殊 師 利 法 皇 子 ) に 仰 せ ら れ た 。 「 マ ン ジ ュ シ リ こ の よ う に し て 、 そ れ ら の 菩 薩 大 士 た ち は す べ て 、 か 丿 ッ チ ャ ヴ ィ ー の ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ の 病 気 を 見 の 高 貴 な 士 と 機 会 る た び に こ と ば を 交 わ し た 、 そ の 話 を 一 つ 一 つ 語 っ て 、 進 ん で ( 見 舞 い に ) 行 こ う と は し な 舞 い に 行 き な さ い 」 。 マ ン ジ = シ リ ー も ま た 申 し 上 げ る 。 「 世 尊 よ 、 ヴ ィ マ ラ キ ー ル テ ィ は っ き 合 い に く い 人 で 、 4 カ ュ / 微 妙 な 理 屈 に 関 し て 弁 説 を ふ る う 人 で す 。 逆 の 表 現 で も 、 満 足 な こ と ば で も 巧 み に 語 り 、 そ の 弁 才 を 邪 魔 し う る も の は あ り ま せ ん 。 ど ん な 人 に 対 し て も 憤 り を い だ か な い 知 恵 の 所 有 者 で 、 菩 薩 の す る こ と は す べ て 完 成 し て お り 、 と 一 」 ろ い っ さ い の 菩 薩 、 い っ さ い の 仏 陀 の 秘 奥 の 処 に ま で は い り こ ん で お り ま す 。 あ ら ゆ る 魔 の 宮 殿 を く つ が え す こ と が 上 手 で 、 大 神 通 を も っ て 遊 政 し 、 方 便 か ら も 知 恵 か ら も 超 越 し て お り ま す 。 無 二 で あ り 純 粋 で あ る 法 界 と い う き よ う か い 最 高 の 境 涯 に 到 達 し 、 一 ( 相 ) を も っ て 飾 ら れ て い る 法 界 を 、 無 量 の 相 を も っ て 飾 る よ う な 説 法 を 巧 み に い た し し ゅ じ よ う ま す 。 各 種 の 衆 生 の 機 根 に 飾 り を 得 さ せ る こ と が 上 手 で 、 う ま い 方 便 を よ く 知 っ て お り 、 質 間 に 対 し て は 決 定 的 な っ こ 。 声 聞 と 菩 薩 に ( 病 気 見 舞 い に ) 行 く こ と が 要 請 さ れ た 第 三 章 ( 終 わ り ) し よ う ん ほ っ か い 126

世界の名著 2 大乗仏典


そ こ に は あ ら ゆ る 不 善 の あ と か た も な く 、 あ ら ゆ る 善 が 法 身 ( 一 〇 一 ・ ( ー ジ 、 ) な の で あ 「 て 、 食 物 で 養 わ れ る 身 体 で そ な わ っ て い ま す 。 病 気 な ど が ど う し て 起 こ り ま し よ う は あ り ま せ ん 。 如 来 に は 世 間 を 越 え た 身 体 が あ り 、 世 間 か 。 苦 痛 が ど う し て あ り え ま し よ う か 。 の あ ら ゆ る 性 質 を 超 越 し て い ま す 。 如 来 の 身 体 に は 痛 苦 そ し ・ は ん の う 大 徳 ア ー ナ ン ダ よ 、 世 尊 を 謗 る よ う な こ と を 言 わ ず 、 は な く 、 煩 悩 の 漏 出 と は ま っ た く 逆 な の で す 。 如 来 の 身 ひ と こ と も 口 を 開 か な い で 、 お 去 り く だ さ い 。 よ そ の 人 体 は 無 為 で あ 0 て 、 す べ て の 作 為 を は な れ て い ま す 。 大 の だ れ に も 、 そ ん な こ と を 言 0 て は な り ま せ ん 。 大 威 徳 徳 よ 、 こ の よ う な と こ ろ に 病 気 が あ る と 考 え る の は 不 合 あ る 天 子 た ち ゃ 、 あ ら ゆ る 仏 国 土 か ら 集 ま っ て き て い る 理 で 、 あ り そ う に も な い こ と で す 』 響 薩 た ち に 、 き っ と 聞 こ え て し ま い ま す 。 こ う 言 わ れ て 、 そ の と き 、 わ た く し は 、 自 分 は 世 尊 の ぜ ん ・ こ ん 大 徳 「 ノ ー ナ ン ダ よ 、 転 輪 王 ( 全 世 界 を 征 服 す る 帝 王 ) で さ え 、 善 根 を こ と ば を ま ち が 0 て 聞 き 、 ま ち が 0 て 理 解 し て い た の で わ ず か で も そ な え て い る な ら ば 、 病 気 に か か る こ と は な も あ ろ う か 、 と い ぶ か り 、 す 0 か り 恥 じ 入 0 て し ま い ま い の に 、 無 量 の 善 根 を そ な え て い る 世 尊 に 、 ど う し て 病 し た 。 す る と 、 わ た く し に は 、 空 中 か ら の 声 が 聞 こ え て 気 な ど が あ り ま し よ う 。 そ ん な 道 理 は あ り え ま せ ん 。 き ま し た 。 大 徳 よ 、 わ れ わ れ に 恥 ず か し い 思 い を さ せ な い で 、 す 『 ア ー ナ ン ダ よ 、 家 長 の 説 い た こ と は 、 そ れ は そ の と お ぐ に ( 黙 っ て ) 行 っ て く だ さ い 。 他 の 異 教 徒 、 行 者 、 遊 り だ 。 し か し 、 世 尊 は 五 ( ← ~ ジ ) の 時 節 に こ の 世 行 者 、 裸 形 の 者 、 ア ー ジ ー ヴ ィ カ な ど が き 0 と 聞 い て し に 出 現 し 、 ( 人 間 と 同 様 な 病 気 な ど の ) 低 級 な 行 為 を 示 ま い ま す 。 彼 ら に 、 「 お や お や 、 こ の 人 た ち の 先 生 は 、 す こ と に よ 0 て 、 人 々 に 訓 練 を 与 え よ う と す る 。 だ か ら 、 自 分 さ え 病 気 か ら ま も れ な い の に 、 人 々 の 病 気 を 救 う こ ア ー ナ ン ダ よ 、 恥 じ る こ と な く 、 ミ ル ク を も ら 0 て か ら と な ど が ど う し て あ り え よ う か 」 な ど と 、 決 し て 思 わ せ ( 1 ) 比 丘 、 出 家 者 と し て 、 完 全 に す べ て の 戒 を 授 け ら れ る こ と 。 経 て は な り ま せ ん 。 大 徳 よ 、 身 を 隠 し 、 人 に 見 ら れ な い よ ( 2 ) 第 十 に 阿 難 、 阿 難 陀 。 釈 尊 の 従 弟 で あ 0 て 、 つ ね に 釈 尊 の 給 仕 を 維 う に し て 行 っ て く だ さ い 。 だ れ か が 聞 い て し ま い ま す 。 し 、 長 年 に わ た っ て も っ と も 多 く 説 法 を 聞 い て い る の で 、 多 聞 第 一 と 称 さ れ る 。 ま た そ れ ゆ え に 、 経 典 編 集 の 主 役 と な っ た 。 大 徳 ア ー ナ ン ダ よ 、 諸 如 来 ( の 身 体 ) と い う も の は 、 ほ っ し ん

世界の名著 2 大乗仏典


も 、 「 知 覚 と は 、 眼 病 、 急 速 な 回 転 、 船 に 乗 っ て 行 く と ( イ ン ド リ ヤ ・ ジ 、 ニ ャ ー ナ ) 、 意 知 覚 ( マ ー ナ サ ) 、 自 己 認 識 き 、 激 し い 打 撃 な ど に よ っ て 起 こ さ れ る 迷 乱 に 影 響 さ れ ( ス ヴ ァ サ ム ヴ ェ ー ダ ナ ) 、 ヨ ー ガ 行 者 の 直 観 ( ヨ ー ギ ・ ジ 、 て い な い 認 識 で あ る 」 と 言 っ て い る の で あ る 。 ニ ャ ー ナ ) と で あ る 。 ( 定 義 ) お う だ ん 黄 疸 に か か っ て い る 人 が 、 白 い 貝 を 見 て 黄 色 い 表 象 を ( 感 官 知 、 す な わ ち ) 感 覚 器 官 に よ る 知 覚 と は 、 眼 を は も っ 知 識 を 得 た り 、 た い ま つ が 旋 回 さ れ て い る の を 見 た じ め と す る 五 種 の 感 覚 器 官 に 依 拠 し て 生 じ 、 外 界 の 色 形 人 が 、 輪 と し て 表 象 さ れ る 知 識 を も っ た り 、 走 行 し て い を は じ め と す る 五 種 の 対 象 を 対 象 と す る ( 認 識 で あ る ) 。 き ゅ う る 船 に 乗 っ て い る 人 が 、 ( 岸 の ) 樹 木 が 走 り 去 る よ う な そ の う ち で 、 視 覚 は 色 形 を 対 象 と し 、 聴 覚 は 音 声 を 、 嗅 迷 乱 し た 知 識 を も っ た り 、 身 体 の 急 所 を 激 し く 打 た れ た 覚 は に お い を 、 味 覚 は 味 を 、 皮 膚 感 覚 は 感 触 を 対 象 と す 人 が 、 杭 が 燃 え て い る よ う に 表 象 さ れ る 知 識 を も っ た り る 。 「 感 覚 器 官 に よ る 知 覚 」 と い う 名 称 は 、 そ の 他 ( の す る 。 こ れ ら は み な 知 覚 と は 言 え な い と 、 ( 上 述 の 定 義 知 覚 ) と 共 通 し な い 独 特 な 原 囚 に も と づ い て 名 づ け ら れ ( 1 ) は ) 言 っ て い る の で あ る 。 て い る の で あ っ て 、 「 太 鼓 の 音 」 と か 「 麦 の 芽 」 と 言 う し か し 、 も し こ れ ら の ( 迷 乱 し た ) 知 識 が 知 覚 で な い と き の よ う に で あ る 。 と す る な ら ば 、 こ の よ う な 知 識 ー こ も と づ い て も 、 人 が と そ し て 、 こ の 知 覚 龕 ) は 、 そ の 内 容 と 一 致 す る 概 念 知 、 に か く そ の 対 象 を 獲 得 し う る の は ど う し て な の か 、 と い ( 1 ) こ の よ う に 誤 っ た 表 象 を も っ た 知 覚 は 、 す で に 概 念 知 の 領 域 に 属 う 疑 問 が 出 よ う 。 し か し 、 対 象 を 獲 得 す る の は 迷 乱 し た し 、 純 粋 な 直 観 と し て の 知 覚 で は な い と も 言 え る 。 だ か ら 、 知 覚 の 定 義 に 、 「 迷 乱 な き ( 認 識 ) 」 と い う こ と を 付 加 す る 必 要 は な い 、 と 知 識 に よ っ て で き る の で は な く 、 そ れ と は 別 な 認 識 に よ ( 2 ) い う 意 見 も あ る 。 っ て 可 能 に な る の で あ る 、 と 一 部 の 仏 教 学 者 は 説 明 す る 。 ( 2 ) 迷 乱 し た 知 識 が た も の は 、 火 の 輪 や 、 走 り 去 っ た 樹 木 で あ る が 、 実 際 に 手 に と っ た た い ま つ は 輪 で は な く 、 近 づ い て み る と 樹 木 は 動 論 と い て は い な い 。 だ か ら 、 そ れ ら の 獲 得 は 迷 乱 し た 知 識 に よ っ て な さ 四 知 覚 の 分 類 ー ー 、 ・ 感 官 知 れ る の で は な い 、 と い う 意 味 。 こ の 問 題 に つ い て は 、 ダ ル マ キ ー ル 認 テ ィ の 注 解 者 の 間 で 議 論 が 多 い が 、 本 書 の 著 者 は 、 そ の 問 題 に 深 く 立 ち 入 っ て い な い 。 こ の 知 覚 は 、 四 種 に 分 類 さ れ る 。 す な わ ち 、 感 官 知