検索 - みる会図書館

検索対象: 全寮制男子校物語![蜜月篇]

全寮制男子校物語![蜜月篇]から 292件ヒットしました。

全寮制男子校物語![蜜月篇]


116 中 条 自 身 は 気 づ い て い な か っ た が 、 た だ で さ え 人 を 惹 き つ け る 何 か を 備 え て い た 中 条 は 、 今 ゆ だ や 奥 深 く 揺 れ る 影 に 身 を 委 ね た た め に 、 さ ら に そ の 色 味 を 増 し て い る 。 国 府 田 は 黙 っ て 中 条 を 寄 り か か ら せ た ま ま で い た が 、 や が て 言 っ た 。 「 あ き ら め る こ と は な い だ ろ う ? 」 「 先 生 」 「 気 づ い て な い よ う だ か ら 一 一 一 口 う が 、 き み は あ き ら め る こ と し か 知 ら な い 。 俺 と 寝 た こ と も き み に と っ て は あ き ら め の 一 環 で し か な い ん だ 」 「 そ ん な こ と 」 中 条 が 否 定 し よ う と 顔 を 上 げ た が 、 国 府 田 は 首 を 振 っ た 。 お く び よ う か じ よ う お さ な 「 い い ん だ 。 き み が 愛 に 臆 病 に な っ て る の は 知 っ て る 。 過 剰 な 愛 が 人 を 滅 ば す の を 幼 い 頃 か ら 目 の 当 た り に し て き た き み に は ム リ も な い 。 そ れ に つ け 込 ん だ の は 俺 だ っ た な 」 「 で も 人 は 変 わ る ん だ 。 変 わ る こ と に は 臆 病 に な る な 、 中 条 国 府 田 は 本 心 か ら そ 、 2 三 ロ っ た 。 自 分 が 本 心 か ら 誰 か を 助 け た い と 願 う な ん て 、 と 心 の 奧 で 苦 笑 い し な が ら 。 「 変 わ る の は 悪 い こ と じ ゃ な い 。 き み は お 父 さ ん と も お 母 さ ん と も 違 う 。 き み は き み の 人 生 を 生 き る た め に 変 わ る こ と が で き る ん だ 。 そ う 、 で き る こ と な ら 俺 が き み を 変 え た か っ た よ 」 ほ ろ

全寮制男子校物語![蜜月篇]


「 う ん : ・ 。 だ け ど レ キ 先 輩 、 病 院 に は 顔 出 し に 来 る 気 が す る 、 俺 「 弟 が 入 院 し て る っ て 病 院 ? マ ス コ ミ に 張 ら れ て る か も し ん ね ー の に ? 」 「 あ の 人 、 弟 を 放 り 出 し て 逃 げ 続 け る な ん て で き な い よ 、 た ぶ ん 。 ま さ か 双 子 と は 思 わ な か っ た け ど さ 」 「 あ あ 」 「 お ま え 知 っ て た の 、 陸 ? 」 「 ま あ な 」 「 そ う か 」 中 条 は レ キ の 家 庭 の 事 情 を 知 っ て い て 自 分 に は 話 さ な か っ た こ と に な る け れ ど 、 責 め た い と は 思 わ な か っ た 。 そ の 人 の プ ラ イ ベ ー ト な 事 実 を 知 り た い な ら 、 自 分 か ら 訊 く べ き だ と 言 っ た の は レ キ だ っ た 。 " 知 恵 、 出 し 惜 し み す ん な 一 理 久 の 頭 の 中 で レ キ の 声 か 響 く 。 あ の と き は 中 条 の 家 庭 の 事 情 を 知 り た く て 、 本 人 じ ゃ な く レ キ に 教 え て も ら お う と し た ん だ っ た と 思 い 出 し た 。 「 お ま え は ? 」 か す ふ い に 中 条 に 訊 か れ る 。 ハ ス キ ー ヴ ォ イ ス が さ ら に 掠 れ て い て 聴 き 取 り に く い

全寮制男子校物語![蜜月篇]


158 空 色 と 白 が 交 互 に な っ た 横 ス ト ラ イ プ ( 幅 広 の や つ だ ) の 綿 シ ャ ツ は 、 ふ わ っ と し て 軽 そ う だ 。 色 素 の 薄 い 中 条 に は な か な か よ く 似 合 っ て い た 。 「 ご め ん 。 噛 み つ い た の は 悪 か っ た っ て 。 で も 、 さ ん ざ ん 起 こ し た の に お ま え 起 き ね ー か ら 。 ひ し だ 今 日 は 病 院 に 行 く ん だ ろ 。 菱 田 が 場 所 教 え た っ て こ と は お ま え の 報 告 待 っ て る っ て こ と だ ぜ 」 「 痛 い 「 : ・ 手 工 下 に た ら し つ ば な し で 寝 て る か ら だ よ 。 あ い か わ ら ず 寝 相 悪 り ー っ た ら 」 リ ク 「 痛 い ん だ 。 陸 」 こ わ ね 理 久 は 自 分 の 声 音 に 、 ね だ る よ う な 命 令 す る よ う な 、 少 し ば か り 強 引 な ト ー ン が 入 り 混 し つ て い る の を 認 め す に は い ら れ な い 中 条 が 困 っ た よ う に 肩 を 動 か し て 、 そ っ と た め 息 を つ い た の も 気 づ い た が 、 始 め て し ま っ た こ と を や め る 気 に は な ら な か っ た 。 最 近 の 中 条 な ら 、 た ぶ ん も う 理 久 の こ の 男 ら し さ を 知 っ て い る 。 同 室 者 の 前 に さ ら け 出 さ れ た 本 当 の 夏 目 理 久 は 、 ス ナ オ で ス ト レ ー ト で 何 も 隠 さ な い 代 わ り に 、 案 外 ガ ン コ で 、 一 度 言 い 出 し た ら 決 し て 後 ろ に は 退 か な い 実 に 男 ら し い タ イ プ だ っ た 。 「 甘 え ん な 、 ば か : 中 条 は も う 一 度 た め 息 を つ く と 、 意 を 決 し た よ う に く る り と 理 久 の ほ う へ 向 き 直 る 。 「 貸 せ よ 」

全寮制男子校物語![蜜月篇]


ば そ っ と 洩 ら さ れ た 菱 田 の 声 が 聞 き 取 れ す 、 理 久 が 顔 を あ げ る 。 だ が 菱 田 は 首 を 横 に 振 っ た だ け だ っ た 。 「 な ん で も な い そ の 後 し ば ら く 無 言 で パ タ バ タ と 上 履 き を 鳴 ら し て 歩 き 、 寮 の あ る 渡 り 廊 下 へ と 続 く 踊 り 場 の あ た り ま で 来 た と こ ろ で 、 ふ た り は そ ろ っ て 大 き な た め 息 を つ い た 。 「 は は 」 乾 い た 笑 い 声 で 気 ま ず さ を ご ま か す 。 古 い 木 の 下 駄 箱 が ギ シ ギ シ と 派 手 な 音 楽 を 奏 で て く れ た の で 、 上 履 き か ら 外 履 き に 履 き 替 え る 間 は 言 葉 な し で 済 ま せ ら れ た 。 だ が 一 歩 外 に 出 れ ば 、 わ ず ら 沈 黙 は ふ た た び 煩 わ し い か さ 、 ぶ た に な る 。 / イ レ ー ツ ・ 1 ア イ 篇 い つ も な ら 菱 田 と は そ う た い し て 言 葉 を 交 わ さ な く て も 済 む 間 柄 だ っ た 。 前 回 の 海 賊 の 日 で 月 は 花 姫 に 選 ば れ た と き か ら 、 菱 田 は レ キ の 気 に 入 り だ っ た 理 久 の ト レ ー ナ ー で あ り 、 理 久 の ほ う に も ま た 、 菱 田 に 弟 子 入 り し て い る よ う な 心 つ も り が あ っ た 。 語 校 し か し 今 は ふ た り と も 、 自 分 た ち の 間 に ひ と つ の 話 題 が 石 こ ろ の よ う に こ ろ が っ て い る こ と 男 を 知 っ て い た 。 そ し て そ の 石 こ ろ に つ い て 口 に し た の は 菱 田 か ら だ っ た 。 寮 「 病 院 で レ キ に キ ス さ れ た っ て ? 」 「 げ 。 な ん で 知 っ て る ん す か ! 」 お や じ 「 レ キ の 親 父 さ ん と 電 話 で 話 し た 」

全寮制男子校物語![蜜月篇]


184 言 わ れ て 理 久 も ロ ビ ー を う ろ つ い て い る 男 た ち に 目 を 走 ら せ て み た が 、 ど れ が 記 者 で ど れ が そ う で な い ん だ か 、 実 は よ く わ か ら な か っ た 。 三 階 分 が 吹 き 抜 け に な っ た ロ ビ ー は 広 く 、 一 面 に ガ ラ ス を は め こ ま れ た 玄 関 側 の 壁 面 か ら は さ ん さ ん 明 る い 日 光 が 燦 々 と 降 り 注 ぎ 、 平 和 な 印 象 し か も た ら さ な い 。 ひ と み 中 条 の 妖 精 の 瞳 は や つ ば り 人 と 違 う よ う に で き て い る ん だ ろ う か 。 い っ た い ど う や っ て 判 別 た ず ク ズ グ ズ し て い る と そ の 記 者 た ち の 注 目 し て い る ん だ ろ う と 思 っ た が 、 そ れ は 尋 ね な か っ た 。 、 を 集 め て し ま う と 中 条 が 言 っ た か ら だ 。 「 ど う す る ? 「 ど う す る こ う す る も 、 こ こ ま で 来 た ら 行 く し か ね ー だ ろ 。 ほ ら 、 受 付 、 あ っ ち 」 中 条 は ど う や ら 病 院 の シ ス テ ム に も 精 通 し て い る ら し か っ た 。 理 久 自 身 は 病 院 な ど 訪 れ る こ と 自 体 久 々 で 、 何 を ど う や っ て い い の か と ま ど っ て し ま っ て い る 。 そ ん な 理 久 に て き ば き と 指 示 を 出 す 中 条 に 、 理 久 は 思 わ ず 訊 い た 。 「 な ん か 、 慣 れ て る ん だ な 。 誰 か 知 り 合 い で 入 院 し て る 人 が い た り す る ? 「 ま あ ね 」 「 例 の 人 ? 画 家 だ っ て い う 」 「 父 さ ん の こ と ? 彼 の こ と を 話 す と き 、 中 条 の 表 情 が 和 ら ぐ の を 理 久 は 知 っ て い る 。

全寮制男子校物語![蜜月篇]


の う り ふ っ と 菱 田 の 脳 裏 を か す め る も の が あ っ た 。 竹 刀 を は し き 飛 ば さ れ 、 負 け た と 知 っ た 瞬 間 の 京 夜 の と ま ど っ た よ う な 表 情 。 も し か し た ら 、 彼 は 、 自 分 で も 自 分 が 何 に 堰 き 止 め ら れ て い る の か わ か ら な い で い る の だ ろ 本 当 は 彼 自 身 、 そ れ を 破 壊 し た い と 願 っ て い る の だ ろ う か 。 菱 田 は 自 分 が 京 夜 の 横 顔 に 心 惹 か れ る 理 由 を 想 っ た 。 視 線 は 遠 く 果 て な く 、 け し て こ ち ら へ 向 け ら れ る こ と は な い 、 横 を 向 い た ま ま の 顔 。 捕 ら え て 欲 し い と 願 い な が ら 、 体 は 同 じ 世 界 に 共 存 で き す 、 煙 の よ う に 薄 れ て 消 え て ゆ く あ わ れ で 、 痛 々 し か っ た 。 ま す い ) 蜜 温 室 の 中 の 湿 っ た 空 気 の 温 度 が 、 ふ い に 二 、 三 度 上 昇 し た よ う に 感 じ る 。 か き 立 て ら れ る 。 語 物 ど 、 つ し よ 、 フ も な く 。 子 こ の 本 能 は 知 っ て い る 。 そ う 。 庇 護 本 能 と い う や つ だ 。 男 贐 菱 田 は そ の と き 、 自 分 に 起 こ っ て い る こ と を 比 較 的 冷 静 に 分 析 し て い た 。 全 菱 田 に は 自 分 が ど う い う 人 間 な の か が あ る 程 度 わ か っ て い る 。 お そ ら く そ の 生 い 立 ち の た め 新 に 、 同 し 年 ご ろ の 少 年 た ち よ り は 、 は る か に 自 分 に 向 き 合 う 時 間 が 長 か っ た 。 ひ ご

全寮制男子校物語![蜜月篇]


夕 食 時 間 の 後 の こ と だ 。 ひ そ か に 寮 の 敷 地 内 ま で 入 っ て き て レ キ の 部 屋 を 撮 ろ う と し て い た も 、 つ げ び 記 者 は そ れ で も あ き ら め ず 、 儲 け 話 だ よ と 恩 を 売 ら ん ば か り の 下 卑 た 笑 顔 を 向 け て く る 。 ふ た た び 男 に 殴 り か か り そ う な 気 配 を み せ た 理 久 の 前 に 、 中 条 が そ の 細 い 体 を す る り と 割 り た て こ ま せ た 。 ま る で 自 分 の 体 を 楯 に す る か よ う に 記 者 と 向 き 合 っ て 、 中 条 は そ れ を 切 り 出 し た 。 「 い い ぜ 。 し ゃ あ 、 そ っ ち が ど の へ ん ま で レ キ の 情 報 つ か ん で る の か 教 え な よ 」 「 中 条 卩 理 久 が 顔 色 を 変 え る 。 だ が 中 条 は 腰 の 後 ろ で ぎ ゅ っ と 理 久 の 手 首 を つ か ん で 離 さ な か っ た 。 金 髪 に 近 い 薄 い 色 の 髪 が 透 け て 、 白 い う な し が 見 え る 。 今 に も 肩 に つ き そ う な 長 さ の 髪 だ 。 最 初 は プ リ ー チ し て い る の か と 思 っ た 理 久 だ っ た が 、 中 条 の 色 素 の 薄 さ は 生 来 の も の で 、 実 の 篇 と こ ろ 、 フ ぶ 毛 ま で 白 っ ぱ ) ひ と み 中 条 は 理 久 の 手 首 を つ か ん だ ま ま 、 そ の 妖 精 の 瞳 に 記 者 を 映 し て 続 け た 。 「 で な き や オ レ だ っ て 、 ど こ ま で あ ん た に 話 し た ら い い か わ か ん ね ー だ ろ ? 物 男 が ニ ッ と 片 目 を つ ぶ っ て み せ て 話 し 始 め る 子 「 話 の わ か る ご 学 友 で 助 か る よ 。 こ っ ち は 後 藤 暦 に 双 子 の 弟 で 槙 っ て の が い る あ た り ま で つ か ほ し な み き 贐 ん で る ん だ 。 そ の ~ ん は 知 っ て る ? こ の 槙 0 て コ が 病 気 で 寝 た き り な ん だ よ ね 。 保 科 美 希 が た ず さ 全 養 育 費 を 出 す だ け で 実 際 の 育 児 に 携 わ ら な か っ た の は 、 実 は こ の 病 気 の 子 ど も が 原 因 な ん じ ゃ な い か と 踏 ん で る ん だ け ど ね 」 ご ロ ま き

全寮制男子校物語![蜜月篇]


126 理 久 が 本 当 は レ キ に 恋 し て い る の を 知 っ て い る 。 自 分 は つ な ぎ に す ぎ な い 。 そ れ で も 落 ち こ ん で い る 理 久 を 見 て い る と 胸 が 詰 ま っ て 、 中 条 は そ っ ぱ 向 い て つ ぶ や い た 。 「 ・ : フ ロ 、 ま だ な ん だ よ 」 「 あ あ そ っ か 。 し ゃ あ 俺 も 一 緒 に 入 : ・ 」 「 や だ ね 。 オ レ と 行 っ た ら 勃 っ ち ま う っ て 言 っ て た の 誰 だ よ ? 「 が ま ん す る よ 」 「 で き る か 、 ば ー か 。 だ い た い 何 回 フ ロ 入 る 気 だ よ 」 中 条 は 理 久 の ま だ 濡 れ て い る 前 髪 を 引 っ ぱ っ て み せ る と 、 中 条 の そ の 手 は パ ッ と っ か ま れ 、 次 の 瞬 間 、 手 首 の 付 け 根 に は 理 久 の く ち び る が 押 し つ け ら れ て い た 。 「 待 っ て る よ 」 「 先 に 寝 て ろ 、 ば か 」 赤 く な っ た ほ お を 隠 し て 、 中 条 は く る り と 背 を 向 け る 。 あ あ し ま っ た 。 中 条 は さ っ さ と 後 毎 し た 。 ま た 相 手 を 興 奮 さ せ る 単 語 を 投 げ つ け て し ま っ た 。 〃 よ 、 : 知 る か 。 こ っ ち ま で 勃 っ て き た 。 こ れ か ら フ ロ だ っ て い う の に ど う し ろ っ て ん だ ?

全寮制男子校物語![蜜月篇]


窓 か ら 見 え る 風 景 が ま ば ゆ い ば か り の 緑 に 切 り 替 わ り 、 そ の 状 態 の ま ま 小 一 時 間 。 ′ 」 と う ま き い な か 後 藤 槙 が 入 院 し て い る と い う 病 院 は 思 っ た 以 上 に 田 舎 に あ っ て 、 こ れ で は マ ス コ ミ も 通 い 詰 め る の は 大 変 だ ろ う な 、 と い う の が 中 条 の 最 初 の 意 見 だ っ た 。 篇 だ が そ の 意 見 に 反 し て 、 中 条 は 病 院 の ロ ビ ー に 入 っ た と た ん 、 記 者 が い る と 理 久 に 耳 打 ち し 月 は な け れ ば な ら な く な る 。 彼 が 一 一 一 一 〔 う に は ざ っ と 十 人 近 く は い る と い う こ と だ っ た 。 「 な ん で わ か る ん だ ? 語 校 中 条 に 言 わ れ て 自 動 販 売 機 で お 見 舞 い 用 の 花 籠 を 購 入 し な が ら 、 理 久 が 訊 く 。 最 近 の 病 院 の 男 ロ ビ ー に は そ ん な も の の 自 動 販 売 機 ま で あ る の か と 驚 か さ れ た が 、 中 条 の ほ う に は 驚 い た 様 子 寮 は な か っ た 。 「 記 者 の 目 っ て の は 特 別 な ん だ 。 あ い つ ら 、 エ サ に 飢 え た ド プ ネ ズ ミ み て ー な 目 し て る ぜ 」 「 へ え 」 そ う し て か わ い ら し く ぶ う た れ た ま ま の 中 条 に は 軽 い ジ ョ ー ク を 返 し て 、 考 え ご と も つ い で に 笑 い 飛 ば し て 終 わ り に す る こ と に し た 。 「 悪 い け ど 病 院 じ や 手 を つ な い で 歩 い た り し な い か ら な 。 怒 る な よ ? 」 は な か ご

全寮制男子校物語![蜜月篇]


278 リ ク 「 陸 ! 「 な ん だ よ 、 中 条 っ て 呼 べ よ 」 結 局 、 呼 ば れ 方 を 一 番 気 に し て い た の は 中 条 だ っ た の だ と そ の と き に な っ て 、 理 久 は 初 め て わ か る 。 あ れ だ け な ん と も な い 顔 を 見 せ て お き な が ら 、 理 久 が ぐ し ぐ し と 気 に か け て い た 以 上 に 中 条 は 気 に し て い た 。 茂 み を か き わ け 、 す た す た 歩 い て い こ う と し て い る 中 条 の 背 中 に 向 か っ て ど な っ た 。 「 待 て よ ! こ の ポ ー カ ー フ ェ イ ス 野 郎 ! 」 そ う だ 、 こ い つ は ポ ー カ ー フ ェ イ ス な ん だ 。 ぜ ん ぜ ん す な お し ゃ な い 。 欲 し く な さ そ う な 顔 を し て 、 実 は 欲 し く て た ま ら な く て 勝 手 に 傷 つ い て い る ほ ん と に す な お じ ゃ な い 。 で も す な お じ ゃ な い の が 中 条 な ら 、 そ れ で い し 理 久 は っ た 。 そ の ま ん ま で い い よ 、 陸 。 俺 、 わ か っ て や る か ら 。 お ま え の こ と 、 も っ と わ か る よ 、 フ に 努 力 す る か ら 。 リ ク 「 陸 ! 「 そ ん な 名 前 の や っ 知 る か よ ! 「 陸 ! 」 リ ク