検索 - みる会図書館

検索対象: 微生物学の一里塚

微生物学の一里塚から 362件ヒットしました。

微生物学の一里塚


第 Ⅱ 部 病 気 の 微 生 物 説 703 れ ば , コ ン タ ジ オ ン を 簡 単 に ま と め る と , 次 の よ う に 定 義 し て よ さ そ う で あ る . す な わ ち , 最 初 に 腐 敗 す る 部 分 と 連 続 し て い て も 離 れ て い て も , あ る も の か ら 他 の も の ヘ , あ る 種 の ま っ た く 同 じ 腐 敗 が 移 る 現 象 で あ る . し か し , こ れ も 厳 密 な 意 味 で の コ ン タ ジ オ ン で は な い . な ぜ な ら ば , 真 の コ ン タ ジ オ ン は 2 つ の 別 の 個 体 に 起 こ る か ら で あ る . し か し , い ろ い ろ な 病 気 の 形 で み ら れ る コ ン タ ジ オ ン は , 直 接 接 触 に よ っ て だ け 起 こ る の で は な い の で , と く に そ の こ と だ け に つ い て 考 え て み る な ら ば , 次 の よ う に 定 義 で き る . 1 つ の も の か ら 他 の も の へ と 移 る ま っ た く 同 様 の 腐 敗 で あ り , そ の 病 原 体 は 大 き な 活 性 を も っ て い る . そ れ ら は 強 い 粘 性 結 合 に よ っ て つ く ら れ て い る . こ の 病 原 体 は , 動 物 界 に 対 し て , 物 質 的 だ け で な く 生 気 的 な 敵 性 さ え も っ て い る . こ の 定 義 は , コ ン タ ジ オ ン に み ら れ る あ ら ゆ る 現 象 を 解 く 手 が か り を 与 え て く れ る で あ ろ う . わ れ わ れ は , こ の 論 文 に よ っ て 感 染 症 の 本 質 を は じ め て 考 え る よ う に な っ た . 読 者 は い く つ か の 点 を は っ き り し て お か ね ば な ら な い . 感 染 性 ( コ ン タ ジ オ ン 性 ) 疾 患 は , 寄 生 体 と 宿 主 の 相 互 作 用 の 結 果 と し て 宿 主 に 生 じ る 過 程 ( 物 で は な い ) で あ る . 病 気 は 寄 生 体 で は な い . 宿 主 か ら 分 離 さ れ る 寄 生 体 は 病 気 で は な く , 単 に 病 気 を 起 こ す 力 を も っ た も の で あ る . 病 気 と は , 寄 生 体 と 宿 主 の 間 の 複 雑 な 相 互 関 係 で あ る . あ る 宿 主 と あ る 寄 生 体 と が 存 在 す る と , 普 通 の 環 境 条 件 の も と で , あ る 病 気 が 起 こ る の は 当 た り 前 の こ と で あ る . あ る 症 状 が 観 察 者 の 目 に は っ き り と 現 れ る の で , 病 人 で あ る と 認 定 さ れ る . す べ て の 場 合 で は な い が , 多 く の 場 合 , 同 種 の 2 つ の 生 体 が 寄 生 体 に 感 染 し た と き , 普 通 は ま っ た く 同 じ 症 状 を 示 す . そ の た め , わ れ わ れ は 数 人 あ る い は 多 く の 宿 主 を み て , 同 じ 病 気 で あ る こ と を 認 め る こ と が で き る . 昔 の 観 察 者 に 役 立 っ た も の は , こ れ ら の 症 状 だ け で あ っ た . 微 生 物 に つ い て の 知 識 は な か っ た し , 宿 主 の 性 質 に つ い て も ほ と ん ど 知 識 が な か っ た の で あ る . し か し , 梅 毒 , ベ ス ト , 結 核 , 痘 瘡 な ど の 多 く の 病 気 は , 通 常 , 特 徴 的 な 症 状 を 示 し た の で , こ れ ら の 病 気 を 個 人 個 人 の 集 団 の 中 で 診 断 す る こ と が で き た . こ の よ う な 観 察 に よ っ て , こ れ ら の 病 気 が 人 か ら 人 へ と 伝 染 す る こ と が 推 論 で ぎ た . し か し , 当 時 は こ の 伝 染 の 病 原 体 因 子 が 不 明 で あ っ た こ と に 注 目 し よ う . た だ 単 に 伝 染 す る と い う こ と だ け が 明 ら か で あ っ た ・

微生物学の一里塚


0 徴 生 物 学 の 一 里 塚 と で あ る . あ る 種 の 眼 病 は そ れ に か か っ て い る 患 者 を み た 人 に 感 染 す る . 感 染 性 熱 病 , 結 核 , そ の 他 多 く の 病 気 は , 患 者 と の 直 接 接 触 が な く て も , 一 緒 に 暮 し て い る 人 に 伝 染 す る こ と は よ く 知 ら れ て い る . こ れ ら の 病 気 の 本 質 , ま た ど の よ う に し て 病 原 体 が 増 殖 す る か は ま っ た く わ か っ て い な い ・ こ の よ う に , わ れ わ れ が 研 究 し て い る 病 気 の 大 部 分 は こ の 種 の も の で あ る の で , こ れ ら の 問 題 に つ い て は 非 常 に 注 意 深 く 調 査 し な け れ ば な ら な い ・ コ ン タ ジ オ ン の 病 原 体 は ど の よ う に し て 離 れ て い る 人 や あ る サ ー ク ル の 人 へ 運 ば れ る の で あ ろ う か コ ン タ ジ オ ン の 病 原 体 は 遠 く へ 運 ば れ , 離 れ た 場 所 の 人 に 及 ぶ こ と は 明 ら か で , 多 く の 人 々 が 驚 い て い る 事 実 で あ る が , こ れ ら が ど の よ う な 動 き に よ っ て 遠 く へ 運 ば れ る の か を , ま ず 最 初 に 調 べ て み よ う . ・ ・ こ の 非 常 に 小 さ い 物 体 の も つ あ ら ゆ る 方 向 へ の 動 き 方 は , 一 部 は そ の 自 力 に よ る も の で , 一 部 は 何 か ほ か の も の に よ っ て 与 え ら れ た カ に よ る も の で あ る . だ れ で も 知 っ て い る よ う に , 気 化 性 の コ ン タ ジ オ ン は 温 か く , 煙 や そ の 他 の も の に み ら れ る よ う に 自 律 的 に 上 へ 昇 る ・ し か し 運 動 性 は 何 か ほ か の も の に よ っ て 引 き 起 こ さ れ る こ と も あ る . 動 き は 横 向 き に な っ た り , あ る い は 下 向 き に な っ た り す る . こ れ に は 主 な 原 因 が 2 つ あ る ・ 第 1 の 原 因 は , 最 初 に 吐 き 出 さ れ た 粒 子 が 落 ち る 場 所 の 空 気 , 床 , そ の 他 の も の の 抵 抗 性 で あ る . こ れ ら の 粒 子 が そ れ 以 上 遠 く へ 運 ば れ な い と き に は , そ れ に 続 い て く る 粒 子 や 他 の 粒 子 が 互 い に 押 し 合 っ て , 周 囲 の 空 間 全 体 に 充 満 す る よ う に な る . 第 2 の 原 因 は , 空 気 そ の も の で あ る . 空 気 は , す べ て の 気 化 性 物 質 を そ れ 以 上 分 別 で き な い 最 小 の 粒 子 に す る の で , 薄 め ら れ て 可 溶 性 に な る . で き る だ け 好 都 合 な 状 態 を 求 め る こ と は , 元 素 と す べ て の 液 体 の 本 質 で あ る . 元 素 が 連 続 し て い る 状 態 , 仮 に 連 続 し て い な い に し て も , お 互 い の 間 の 距 離 が で き る だ け 短 い 場 合 は 好 都 合 な 状 態 と い え る ・ こ の よ う に し て 外 界 の 影 響 を 少 な く し て い る の で あ る . ・ ・ ・ そ れ ゆ え , 空 気 は , も は や そ れ 以 上 に 分 割 で き な い ほ ど の 徴 細 な 部 分 に な る ま で ど こ ま で も 気 化 性 物 質 を 分 割 し 続 け る . そ し て こ の 無 限 の 分 割 が 終 わ っ た と き , ほ と ん ど の 空 気 は , 煙 の 場 合 に 最 も 明 白 に み ら れ る よ う に 周 り 全 体 が 気 化 性 物 質 で 満 た さ れ , 混 ぜ 合 わ さ れ て い る ・ こ の こ と か ら , コ ン タ ジ オ ン の 場 合 に で き た 気 化 性 物 質 が , ど の よ う に し て 周 り に 運 ば れ て 空 気 の 容 積 の 大 部 分 を 占 め る の か そ の 理 由 が 説 明 で き る の で あ る .

微生物学の一里塚


第 Ⅱ 部 病 気 の 徴 生 物 説 1 の よ う に し て , こ れ ら の 病 原 体 は , 患 者 と 一 緒 に 暮 し て い る 人 に 感 染 す る の で あ る . 病 原 体 は , 媒 介 物 に 付 着 し て い る ほ う が 長 い 期 間 生 存 で き る が , 媒 介 物 の な い 空 気 中 で も あ る 期 間 生 存 し て い る こ と が で き る . し か し , そ れ ほ ど 小 さ い 病 原 体 が こ の よ う に 空 気 に さ ら さ れ て も 変 化 し な い の は ど う し て で あ ろ う か . こ れ が 第 1 の 疑 問 で あ る . 粒 子 が そ れ ほ ど 小 さ く , と く に か た さ を も っ て い な い の に , 空 気 中 で か な り 長 期 間 生 存 で き る の は ど の よ う な 強 い 結 合 に よ る た め で あ ろ う か . そ れ ら が 徴 小 で あ る に も か か わ ら ず か た い も の ほ ど 長 く 存 在 で き な い と し て も , な お 長 期 間 生 存 す る こ と が で き る の は , 粘 性 が あ る た め で あ る . か た い 粒 子 が 変 化 に 対 し て 最 も 抵 抗 性 が 強 い の は , 次 の 3 つ の 理 由 に よ る . 第 1 に , 小 さ い 容 積 の 中 に 多 く の 物 質 を 含 ん で い る ・ 第 2 に , 土 の 成 分 で あ る た め 冷 た い . 第 3 に , そ の 密 度 の た め に そ れ ら の 粒 子 は 熱 を 加 え ら れ た と き に 起 こ る よ う に 容 易 に 揮 発 し た り , 希 薄 に な っ た り し な い ・ た く て 粘 性 の あ る 物 体 は , あ る 程 度 の 変 化 か ら 身 を 守 る こ と が で き る . し か し , 激 し い 変 化 に 耐 え る こ と は で き な い . そ の た め , す べ て の コ ン タ ジ オ ン の 病 原 体 は 火 で 焼 け て し ま う し , 非 常 に 冷 た い 水 に よ っ て も 破 壊 さ れ て し ま コ ン タ ジ オ ン の 病 原 体 は こ の よ う な 性 質 の も の で あ る . 粘 性 で あ る が , 本 来 は 急 性 で あ り , 動 物 の 体 温 に よ っ て そ の 結 合 物 が 気 化 さ れ , 同 様 の 粒 子 が 集 ま る と 活 動 的 に な る . こ の 種 の 病 原 体 は , 体 液 に 対 し て も 生 気 に 対 し て も 大 き な 力 を も っ て お り , も し 病 原 体 に 生 気 と 相 似 性 が あ れ ば , 数 時 間 以 内 に 死 ぬ こ と さ え あ る . こ の こ と に 関 し て は も っ と あ と で 述 べ よ う . コ ン タ ジ オ ン の 病 原 体 は , 眼 炎 か ら 他 の 人 の 目 に 向 か っ て 飛 び 出 し て , そ の 人 に ま っ た く 同 じ 感 染 症 を 移 す こ と が で き る . こ れ は 視 覚 像 で は な く 目 の 病 気 で あ る ・ 病 原 体 が 動 物 体 内 に 侵 入 す る 攻 撃 法 を 考 え れ ば , 驚 く べ き こ と で は な い ・ し か も , あ る も の は 非 常 に 速 や か に 攻 撃 し て 小 さ い 孔 か ら 入 り , 静 脈 , 動 脈 を 通 っ て よ り 大 き い 血 管 に 入 り , さ ら に 進 ん で 心 臓 に ま で 達 す る こ と も し ば し ば あ る ・ 侵 入 の 1 つ の 方 法 は 繁 殖 に よ る も の , つ ま り 病 原 体 の 子 孫 に よ る も の で あ る . 病 原 体 と 相 似 性 の あ る 体 液 の 周 り に 付 着 し た 最 初 の 病 原 体 は , 増 殖 し て も と の 病 原 体 と ま っ た く 同 じ も の を 生 む ・ さ ら に 新 し い 病 原 体 が 増 殖 し て , 体 液 全 体 が 病 原 体 で い つ ば い に な る . 第 2 の 侵 入 方 法 は 吸 引 力 で あ る . そ の

微生物学の一里塚


4 黴 生 物 学 の 一 里 塚 第 二 の 主 要 な 発 展 分 野 は 医 学 で あ っ た . 医 学 に お け る 徴 生 物 学 の 立 場 は , 感 染 症 の 性 質 を 考 察 す る こ と か ら 生 じ た . 感 染 症 が 認 め ら れ た の は , た ぶ ん 古 代 に ま で さ か の ぼ る 大 昔 の こ と で あ ろ う . 天 然 痘 が 伝 染 性 で あ る こ と は , 長 い 間 知 ら れ て い た . し か し , 病 原 体 の 性 質 は ほ と ん ど わ か っ て い な か っ た . 病 気 が 人 か ら 人 へ 移 る こ と は わ か っ て い た が , ど の よ う に し て そ れ が 起 こ る の か わ か ら な か っ た . も ち ろ ん , 超 自 然 的 な 力 が 考 え ら れ た . し か し , 考 え を 具 体 化 す る の に 役 立 っ た の は , ョ ー ロ ッ パ に 侵 入 し た 梅 毒 で あ っ た ら し い . こ の 病 気 は 接 触 に よ っ て し か 伝 染 し な い . そ れ は 明 ら か に 伝 染 性 で あ っ た が , 何 が 移 さ れ た の で あ ろ う . 実 験 の デ ー タ が な い た め , 推 測 す る こ と し か で き な か っ た 16 世 紀 に , 梅 毒 に 対 し て syphilis と い う 名 前 を つ け た フ ラ カ ス ト ロ (Fracastoro) が , 実 際 に 病 気 の 微 生 物 説 に 非 常 に 近 い こ と を 考 え 出 し た の は 興 味 深 い こ と で あ る . 彼 の 説 は 中 世 の 用 語 と 論 法 で 述 べ ら れ て い る が , わ れ わ れ は 彼 の 考 え を だ い た い 読 み と る こ と が で き る . こ の 考 え は , 19 世 紀 ま で 多 く の 研 究 者 に 注 目 さ れ た . 顕 徴 鏡 が 開 発 さ れ 改 良 さ れ た と き , 人 々 が 徴 生 物 と 病 気 の 原 因 の 関 係 を 仮 か い せ ん 想 し た の は 当 然 で あ る . 18 世 紀 に は , あ る 種 の 疥 癬 の 原 因 は 顕 徴 鏡 的 な 小 さ い 多 細 胞 動 物 で あ る と 示 さ れ た . こ れ も 生 物 に よ る 病 気 で あ る が , 以 前 は 小 さ す ぎ て み る こ と が で き な か っ た の で あ る . こ の こ と は , 他 の 病 気 も も っ と 小 さ い 生 物 に よ っ て 起 こ る こ と を 意 味 し た で あ ろ う か . 病 気 は 小 さ い 生 物 に よ っ て 起 こ る と 仮 定 さ れ た こ と も あ っ た が , 否 定 さ れ る こ と が 多 か っ た . 19 世 紀 の は じ め に な る と , こ の 問 題 に 対 す る 手 が か り を 求 め は じ め , や っ と 都 合 の よ い 方 法 が 応 用 で き る よ う に な っ た . 1830 年 代 に な っ て , シ ュ ワ ン (Schwann ) と カ ニ ャ ル ・ ド ウ ・ ラ ・ ト ゥ ー ル (Cagniard de La Tour) が , ア ル コ ー ル 発 酵 と 腐 敗 が 生 き た 生 物 に よ っ て 起 こ る こ と を 示 し た . こ の 結 果 は し ば し ば 否 定 さ れ た が , そ れ を 信 じ る 人 も 多 か っ た . も し , 有 機 物 の 分 解 が 生 物 に よ る と い う 考 え を 認 め た な ら ば , い ろ い ろ な 形 で 体 の 組 織 の 分 解 と し て 現 れ る 病 気 が , 生 物 に よ っ て 起 こ る と 理 由 づ け る た め の 1 つ の 段 階 に な る は ず で あ っ た . 16 世 紀 に , フ ラ カ ス ト ロ で さ え , 腐 敗 と 病 気 の 間 の 類 似 性 に 気 づ い て い た . 1840 年 に ヘ ン レ ( Henl の は , さ ら に こ の 類 似 性 に つ い て 述 べ , 発 酵 に 関 す る 新 し い 情 報 を 得 て も っ と 明 解 な 結 論 を 引 き 出 し た . し か し へ ン レ は , こ の 仮 説 に 決 着 を つ け る た め に

微生物学の一里塚


第 Ⅱ 部 病 気 の 微 生 物 説 7 作 用 を 及 ぼ す こ と が で き る の は 増 殖 能 力 が あ る か ら で , 病 原 体 が 生 き て い る こ と を 示 す も う 1 つ の 証 拠 で あ る ・ ③ ミ ア ズ マ ー 接 触 性 疾 患 の 発 病 過 程 が 常 に 同 じ で あ る こ と と , 流 行 経 過 が 似 て い る こ と は , 生 物 が 発 育 す る の と 同 様 に , 病 原 体 が 時 間 の 経 過 と と も に 繁 殖 し て い る こ と を 物 語 っ て い る ・ 病 原 体 の 構 成 病 原 体 は 独 立 し た 生 物 で あ り , 植 物 や 動 物 と 同 様 に 繁 殖 し , 有 機 物 を 同 化 す る こ と に よ っ て 増 殖 し , 病 人 の 体 内 に 寄 生 体 と し て 生 き て い る こ と が 示 さ れ た が , ま だ 疑 問 が 残 さ れ て い る . そ れ は , い ま だ か っ て 観 察 さ れ て い な い が , 非 常 に は っ き り と し た 破 壊 性 を も っ こ の 寄 生 体 が , 一 体 ど の よ う な 構 成 体 で あ る か と い う 点 で あ る . 病 原 体 が 生 き も の で あ る と 考 え る な ら ば , 現 在 の 知 識 に よ れ ば 有 機 物 の 世 界 か ら 生 じ た も の で あ る と 考 え る の が 当 然 の よ う で あ る . し た が っ て , 考 え 方 が も っ と 素 朴 で あ っ た 時 代 の 自 然 科 学 者 ( 現 在 で は そ れ ほ ど 素 朴 な 考 え の 人 は あ ま り い な い ) は , 病 原 体 を 昆 虫 で あ る と 考 え た . そ し て 顕 徴 鏡 的 小 動 物 が 発 見 さ れ た と き , お そ ら く そ れ 相 応 の 理 由 が あ っ て , 滴 虫 類 が 病 原 体 で あ る と さ れ た . こ れ ら の 生 物 は き わ め て 普 遍 的 に 存 在 し , き わ め て 早 く 増 殖 し , 生 き 続 け る と い う こ と に つ い て , よ り 多 く の こ と が わ か っ た 今 日 で は , 病 原 体 は 植 物 性 の も の で あ る と 考 え る の が よ り 適 当 で あ る よ う に 思 わ れ る . ・ ・ 〔 さ ら に , カ イ コ の 病 気 に 関 す る 多 く の 研 究 で , お 。 町 廰 2 と い う 真 菌 が 原 因 で あ る と い う こ と を 示 し た 例 が 引 用 さ れ て い る . 彼 は , こ れ を 植 物 性 生 物 が 病 気 の 原 因 と な る と い う 証 拠 と し て 引 用 し て い る 〕 . 現 在 の わ れ わ れ の 方 法 で 直 接 観 察 す る こ と に よ っ て , 病 原 体 の 性 質 に 関 す る 疑 問 を 解 明 す る こ と が 可 能 で あ る な ら ば , 私 が 進 め て き た 理 論 的 考 察 は 不 必 要 で あ っ た か も し れ な い ・ た と え , 直 接 の 観 察 が 現 在 信 じ ら れ て い る 説 よ り も わ れ わ れ の 仮 説 に 都 合 の よ い も の で あ っ た と し て も , 残 念 な が ら 直 接 観 察 に よ っ て 厳 密 な 証 明 を す る こ と は ま だ 不 可 能 で あ る と い わ ね ば な ら な い ・ ま た , た と え 感 染 症 の 材 料 の 中 に 生 き た 動 く 動 物 ま た は 真 の 植 物 が 検 出 さ れ た と し て も , そ れ ら は そ の 材 料 が 空 気 に さ ら さ れ て い た と き に 偶 然 混 入 し た の か も し れ な い と い う 可 能 性 が あ る . ま た 仮 に , 感 染 物 質 中 に み ら れ る こ の ジ ェ ン ナ ー の 文 献 ( p. 163 ) 参 照 .

微生物学の一里塚


8 微 生 物 学 の 一 里 塚 動 物 や 植 物 が 常 に 体 内 に 見 出 さ れ る と し て も , な お 異 論 の 余 地 が あ る . こ れ ら は 体 液 中 に 現 れ , 病 気 の 診 断 に 意 義 の あ る 一 定 要 素 で あ る と し て も , 原 因 物 質 ま た は 原 因 物 質 の 種 で は な く , 単 な る 寄 生 体 に す ぎ な い と い う 意 見 に 反 対 す る こ と は で き な い . そ れ ら が 真 の 原 因 物 質 で あ る こ と を 証 明 す る た め に は , 動 物 の 種 と 動 物 の 液 , す な わ ち 病 原 体 と 病 原 液 を 分 離 し , 次 に そ れ ら が 病 気 の 原 因 で あ る か ど う か を 調 べ る た め に , と く に そ れ ぞ れ の 起 病 力 を 観 察 す る こ と が 必 要 で あ る ・ し か し , こ れ は 実 行 不 可 能 な 実 験 で あ る . さ ら に 観 察 結 果 が 陰 性 の 場 合 も , わ れ わ れ の 仮 説 を 否 定 す る こ と は で き な い . 病 原 体 が 小 さ す ぎ る た め に わ れ わ れ の 顕 徴 鏡 で み る こ と が で き な い か も し れ な い と い う い い わ け を す る 必 要 は な い ・ し か し , そ れ ら が 運 動 性 の あ る 動 物 で は な く , 卵 あ る い は 下 等 植 物 の 種 の よ う な も の で あ れ ば , そ の 構 造 や 発 育 過 程 に 何 か 独 得 の も の が な い 限 り , そ れ ら と 身 体 の 組 織 や 分 泌 物 の あ ら ゆ る と こ ろ に 存 在 し て い る 体 細 胞 と を 鑑 別 す る 方 法 を 考 え 出 す こ と は で き な 私 は , 下 等 植 物 で あ る 小 さ い 球 状 体 を 顕 徴 鏡 で 調 べ る 一 方 , そ れ を 膿 と 混 ぜ て 膿 中 に 存 在 し て い る 破 壊 さ れ た 物 質 と 比 較 し た が , 今 後 の 研 究 に 役 立 つ よ う な 明 確 な 根 拠 に 基 づ い た 相 違 点 は , 顕 徴 鏡 的 に も 化 学 的 に も 発 見 で き な か っ た . さ ら に , 病 原 体 に 関 す る 第 2 の 仮 説 が あ る . 第 1 の 仮 説 は , 病 原 体 は 下 等 植 物 か 動 物 で あ る と い う も の で あ っ た . 第 2 の 可 能 性 は , 病 原 体 は 動 物 の 成 分 か ら 構 成 さ れ て い て , 患 者 か ら 分 離 , 培 養 で き る も の で , 独 立 し て 生 き る こ と が で き , そ れ で 感 染 が 広 が る と い う 考 え で あ る ・ し か し , 身 体 か ら 離 れ た の ち も 長 く 生 命 の = ネ ル ギ ー を 維 持 で き る も の や , 乾 燥 し た の ち も 生 命 の エ ネ ル ギ ー を 再 び 獲 得 す る こ と が で き る よ う な も の は 知 ら れ て い な い の で , こ の よ う な 説 は 人 や 高 等 動 物 の ミ ア ズ マ ー 接 触 性 疾 患 で は 考 え ら れ な い . の 疑 問 に 答 え る た め に は , 病 原 体 が 最 初 ど の よ う に し て 生 ず る の か を 調 べ る 必 要 が あ る ・ も し , 病 原 体 が 他 の 病 因 に よ っ て 起 こ っ た 病 気 の 患 者 の 体 内 に 最 初 に 生 ず る と す れ ば , そ れ が 自 立 生 活 を 営 む 動 物 ま た は 植 物 で あ る と 考 え る こ と は 不 可 能 で あ る . ・ ・ カ イ コ の 病 気 で オ ー ド ワ ン (Audouin) が 観 察 し た よ う に , 体 外 で 病 原 体 を 培 養 で き る こ と が 証 明 さ れ れ ば , そ れ ら の 病 原 体 は ま だ 知 ら れ て い な い も の で あ っ て も , 植 物 ま た は 動 物 と 考 え る 以 外 に 考 え よ う が な い .

微生物学の一里塚


182 徴 生 物 学 の 一 里 塚 血 球 は , 胞 子 だ け で な く , 生 ぎ た 真 菌 細 胞 も 攻 撃 す る こ と が で き る . 真 菌 細 胞 が 血 球 に よ っ て 破 壊 さ れ る こ と は 事 実 で あ る が , 他 方 , 血 球 も 寄 生 体 に よ っ て 影 響 を 受 け る こ と は 否 定 で き な い . 私 は , 寄 生 体 で い つ ば い に な っ た 血 球 が 破 壊 し , 真 菌 細 胞 が 再 び 遊 出 す る の を 数 回 観 察 し た . 多 く の 真 菌 細 胞 の 近 く の 血 球 が 徐 々 に 溶 解 し , 完 全 に 消 失 す る の も 何 回 か 観 察 し た . こ の こ と は , 真 菌 細 胞 が 血 球 に と っ て 有 害 な 物 質 を 産 生 す る こ と を 意 味 し て い る . 病 気 が 進 行 す る に 従 っ て 溶 解 す る 血 球 が 増 え る の で , ミ ジ ン コ が 無 数 の 成 熟 胞 子 に お か さ れ て い る と き は , 血 球 は わ ず か し か な い か , あ る い は ま っ た く 存 在 し な い . 血 球 の ほ か に 同 様 の 食 作 用 を 演 じ る の は , 遊 離 し た 結 合 織 細 胞 だ け で あ る . そ れ ら は , 血 球 と 同 じ 方 法 で 真 菌 細 胞 を 摂 取 す る . 同 様 に , そ れ ら は 真 菌 細 胞 に よ っ て 溶 解 さ れ る の で , 病 気 の 終 わ り に は 動 物 の 体 の 食 細 胞 は す べ て 消 失 す る . 他 の 組 織 成 分 は そ の よ う な 著 し い 変 化 を 受 け な い . 多 数 の 真 菌 細 胞 が 心 筋 上 で 増 殖 し て い る の を 観 察 す る こ と が あ る が , 心 臓 は 規 則 正 し く 収 縮 し 続 け て い る . ミ ジ ン コ が い っ た ん 病 気 に な り , 真 菌 細 胞 が 体 内 で 増 殖 し は じ め る と , 普 通 は 回 復 で き ず に 死 ん で し ま う . 病 気 が 進 行 す る と 非 常 に 多 く の 胞 子 が 形 成 さ れ , 体 は ミ ル ク の よ う に 白 く な る . 病 気 の 全 過 程 は 2 週 間 で あ る . 胞 子 か ら 真 菌 細 胞 を 形 成 し は じ め た ば か り の 若 い ミ ジ ン コ を 1 匹 分 離 し た が , 16 日 目 に 死 ん だ . 以 上 述 べ た こ と か ら , ミ ジ ン コ の 感 染 と 病 気 は , 2 つ の 生 き た 細 胞 ー 真 菌 と 食 細 胞 と の 間 の 戦 い で あ る と い え る . 真 菌 は 単 細 胞 の 下 等 植 物 で あ り , 食 細 胞 は 最 も 下 等 の 組 織 要 素 で , 簡 単 な 微 生 物 ( ア メ ー パ ) に 非 常 に よ く 似 て い る . 固 型 の 食 物 を と り 込 む と い う 原 始 的 な 性 質 を も っ て い る 食 細 胞 は , 寄 生 体 の 破 壊 者 と し て 働 く . 自 然 の 治 癒 力 が あ る こ と は 長 い 間 知 ら れ て い た が , 食 細 胞 が そ の 役 割 を 果 た し て い る ら し い . こ れ が , ウ イ ル ヒ ョ ウ CVirchow) が は じ め て 組 織 要 素 と し て 認 め た も の で あ る . ミ ジ ン コ の 病 気 の 全 過 程 は , こ の 細 胞 病 理 学 の 大 家 の 基 本 的 考 え と 一 致 し , 主 な 役 割 を 演 じ る の は 独 立 し た 細 胞 で あ る こ と が 発 見 さ れ た . ま さ に ウ イ ル ヒ ョ ウ の 考 え そ の も の で あ る . ミ ジ ン コ の 真 菌 症 は , 高 等 動 物 の 病 理 学 的 変 化 を は じ め に 述 べ た よ う に

微生物学の一里塚


第 Ⅳ 部 ウ イ ル ス 学 207 れ ら は 褐 色 に な っ て 非 常 に も ろ く な る の で , 収 穫 す る 間 に 穴 が 開 い て し ま こ う な る と タ バ コ の 商 品 価 値 が な く な る の で , オ ラ ン ダ の タ バ コ 栽 培 者 は こ の 斑 点 を 恐 れ て い た ア ド ル フ ・ マ イ ヤ ー (Adolf Mayer) は , 1887 年 に こ の 病 気 が 伝 染 性 で あ る こ と を 証 明 し た . 彼 は , 病 気 の 植 物 か ら 液 汁 を し ぼ り , 毛 細 管 に 入 れ て 健 康 な 植 物 に 刺 し た . 2 ~ 3 週 間 後 に は 健 康 な 植 物 は 病 気 に な っ て い た . 1887 年 , 私 は 病 原 体 で あ る と 証 明 で き る よ う な 寄 生 体 が い な い か ど う か を 調 べ た . 顕 微 鏡 検 査 で は 完 全 に 陰 性 で あ っ た の で , 考 え ら れ る の は 直 接 観 察 す る こ と の で き な い 種 類 の 細 菌 だ け で あ っ た . し か し , 健 康 な 植 物 か ら も 病 気 に か か っ た 植 物 か ら も , 培 養 に よ っ て 好 気 性 菌 は ま っ た く 検 出 さ れ な か っ た . そ の 後 , 嫌 気 性 菌 も 存 在 し な い こ と が わ か っ た . こ の よ う に , わ れ わ れ が 今 述 べ て い る 病 気 は 普 通 の 液 性 病 原 体 ( C 。 厩 鰓 襯 ″ 川 ) で は な い 病 原 体 に よ っ て 起 こ る こ と は 確 か な よ う で あ る . こ の こ と に 勇 気 づ け ら れ , 病 原 体 の 性 質 を よ り よ く 知 る た め に 1897 年 と 1898 年 に 新 た な 感 染 実 験 を 行 っ た . こ の 研 究 で 得 た 主 な 結 果 を 簡 単 に 述 べ た い . 最 初 に わ か っ た こ と は , 病 気 の 植 物 か ら し ぼ っ た 液 は , 完 全 に 無 菌 に す る こ と の で き る 目 の 細 か い 素 焼 き の フ ィ ル タ で 瀉 過 し た の ち も , 毒 性 が な く な ら な か っ た こ と で あ る . 実 験 に ま っ た く 異 議 が な い よ う に , 汨 液 中 の 好 気 こ の 瀉 液 を 3 カ 月 間 保 存 し , こ の 間 , 完 全 性 菌 と 嫌 気 性 菌 の 存 在 を 調 べ た . に 無 菌 で あ る こ と を 確 か め た の ち に 植 物 に 接 種 す る と , 同 じ モ ザ イ ク 病 が 起 こ る こ と を く り 返 し 証 明 し た . 瀉 液 の 病 原 性 が ど れ ぐ ら い 長 く 維 持 で き る か は わ か ら な い . ウ イ ル ス を 粒 子 で あ る と 考 え る べ き か , 可 溶 性 の も の で あ る と 考 え る べ き か と い う 疑 問 に 答 え る た め に , 次 の 実 験 を 考 案 し た . 病 気 の 葉 の 組 織 を 粉 砕 し て 厚 い 寒 天 平 板 上 に ば ら ま き , 拡 散 さ せ た . ウ イ ル ス が 粒 子 で あ れ ば , 寒 天 平 板 の 分 子 大 の 孔 を 通 っ て 拡 散 す る こ と は で き な い の で , 寒 天 の 表 面 に と ど ま る で あ ろ う . ゆ え に 毒 性 は 寒 天 層 の 深 部 に は 達 し な い で あ ろ う . し か し , 水 溶 性 で あ れ ば 寒 天 層 の あ る 深 さ ま で 浸 透 で き る は ず で あ る . こ の 実 験 は , 拡 散 後 約 10 日 で 打 ち 切 っ た . こ の 日 数 で ジ ア ス タ ー ゼ と ト リ フ 。 シ ン が か な り 拡 散 す る こ と が わ か っ て い た の で , 十 分 な 長 さ で あ る と 考 え た か ら で あ る . 平 板 表 面 を 最 初 水 で 洗 い , 次 に 強 い 昇 汞 液 で 洗 っ た . こ の の ち , 尖 っ た 白 金 針 で 寒 天 の 一 部 を と り 除 き , 表 面 を か き 乱 さ な

微生物学の一里塚


第 Ⅱ 部 病 気 の 徴 生 物 説 〃 ノ 症 は 解 剖 学 者 や 外 科 医 が 死 体 の 検 査 を し て い る と き に 傷 を 受 け た 場 合 , そ の 傷 口 か ら 死 体 の 腐 敗 性 有 機 物 質 が 入 り 込 ん で か か る 病 気 で あ る と い う 事 実 を 総 合 し て , ゼ ン メ ル ワ イ ス 博 士 は , 産 褥 熱 も ま た 膿 血 症 に 似 た 病 気 を 起 こ す 腐 敗 性 有 機 物 質 が 子 宮 か ら 母 体 の 血 中 に 入 る た め に 起 こ る の で は な い か と 考 え た . 彼 は さ ら に , 第 1 病 棟 に 産 褥 熱 患 者 が 多 く な っ た 原 因 と し て , 死 体 を 解 剖 す る こ と の 多 い 第 1 病 棟 の 助 手 や 学 生 に よ っ て こ の よ う な 腐 敗 性 物 質 が 次 々 と も ち 込 ま れ て い る 可 能 性 , 腐 敗 し た 有 機 物 を 伝 播 す る 経 路 ( た と え ば 腐 敗 し た 胎 盤 か ら の 経 路 ) , お よ び 産 褥 熱 患 者 に 触 れ た 直 後 に 健 康 な 婦 人 に 直 接 触 れ る こ と な ど を あ げ た . こ の 考 え に 従 っ て , ゼ ン メ ル ワ イ ス 博 士 は , 診 察 を す る 学 生 お よ び そ の 他 の す べ て の 人 に , 患 者 を 診 察 し た あ と に 必 ず ク ロ ル 石 灰 で 十 分 に 手 洗 い を す る よ う に さ せ た . こ れ は 手 に つ い て い る 腐 敗 性 有 機 物 を で き る 限 り 破 壊 し , 同 時 に そ れ ら の 臭 気 を 完 全 に と り 去 る た め で あ る . こ の 処 置 は 著 し い 効 果 を も た ら し た . 以 前 8.3 % で あ っ た 第 1 病 棟 の 死 亡 率 は , 手 洗 い 実 行 後 3 年 目 に は 2.3 % に 下 が っ た . こ の 率 は , 他 の 産 科 病 院 や 開 業 医 に お け る 率 と ほ ぼ 同 じ で あ る . こ れ ら の 結 論 は , 助 産 婦 が 受 け も っ 第 2 病 棟 に お い て も , 死 体 検 査 を 行 っ た 助 手 が 介 入 し た と き に 死 亡 率 が 増 加 す る と い う 事 実 に よ っ て 承 認 さ れ た . 一 般 病 院 が 設 立 さ れ , 病 理 解 剖 研 究 の 施 設 が つ く ら れ た 1784 年 以 前 に は 産 褥 熱 の 流 行 は な く , 死 亡 率 は 1 % 1784 ~ 1847 年 5 月 1 日 ま で , す な わ ち ク ロ ル 石 灰 に よ る 手 以 下 で あ っ た . 洗 い が 実 行 さ れ る ま で の 病 理 解 剖 の 研 究 が 盛 ん で あ っ た 間 の 両 病 棟 の 死 亡 率 は 5.7 % で あ っ た . し か し , 手 洗 い が 実 行 さ れ て か ら 今 年 の 4 月 ま で に 死 亡 率 は 2.2 % に 下 が っ た . 産 褥 熱 が 限 ら れ た 流 行 で あ る こ と を 示 す 事 実 と し て , 産 科 病 院 以 外 で は そ れ ほ ど 多 く な い こ と , 季 節 的 な 変 動 が な い こ と , 外 傷 か ら も 起 こ る の で 流 行 病 と は 考 え ら れ な い こ と な ど を あ げ る こ と が で き る . ま た , 動 物 に も 散 発 的 に 生 ず る こ と が あ り , 人 工 的 に か か ら せ る こ と も で き る . こ れ ら の 事 実 か ら 考 え る と , 産 褥 熱 は 伝 染 病 で も 特 殊 な 病 気 で も な く , 患 者 ま た は 死 体 に 由 来 す る 腐 敗 性 の 動 物 性 有 機 物 質 が , 出 産 直 後 の 婦 人 の 血 中 に 入 っ た と き に 起 こ る 病 気 で , 血 液 の 化 膿 性 分 解 を 生 じ , 浸 出 と 転 移 を 伴 う . 汚 染 物 質 は , 診 察 者 の 指 や 汚 染 さ れ た 器 具 に よ っ て 婦 人 の 体 内 に も ち 込 ま れ る . あ る い は , 出 産 後 の 腐 敗 物 質 で 汚 染 さ れ た 空 気 が 子 宮 腔 に 入 る こ と に よ っ て も ち 込 ま れ る . し た が っ て , こ の 病 気 は 手 指 や 器 具 や 空 気 を 清 潔 に す る

微生物学の一里塚


第 Ⅱ 部 病 気 の 徴 生 物 説 お 3 の 実 験 に お い て も , 以 下 の 事 実 が 非 常 に は っ き り し て い た の で , こ の 事 実 は 不 変 の も の で あ る と 認 め ね ば な ら な か っ た . そ れ は 外 傷 性 感 染 症 に は 生 き た 寄 生 体 が 存 在 す る こ と を 肯 定 す る の に 役 立 つ 事 実 で あ り , 最 も 重 要 な 研 究 結 果 で あ る . す な わ ち , 病 原 細 菌 間 に は 相 違 が あ り , そ れ ぞ れ の 性 質 は 不 変 で あ る . そ れ ぞ れ の 病 気 に は そ れ に 相 当 す る 異 な っ た 形 の 細 菌 が 存 在 す る . 病 気 は し ば し ば 動 物 か ら 動 物 へ 移 る が , 菌 の 形 態 は 常 に 一 定 し て い る . さ ら に 化 膿 材 料 を 注 射 し て 同 じ 病 気 を 起 こ し た 場 合 , そ の 病 気 を 特 異 的 に 起 こ す こ と が す で に 知 ら れ て い た 細 菌 し か 存 在 し な い . こ れ ら の 細 菌 間 の 相 違 は 重 要 で あ る . 細 菌 は 大 き さ と 形 だ け で な く . 増 第 状 態 も 異 な っ て い る . ゆ え に , 私 は 個 々 の 細 菌 だ け で は な く , 菌 群 全 体 に つ い て も 観 察 し て い る . た と え ば , あ る 種 の 動 物 か ら と っ た 球 菌 は 塊 状 に 増 殖 す る の に , 同 じ 条 件 で 飼 育 さ れ た 同 じ 種 類 の 動 物 の 別 の 個 体 か ら と っ た 球 菌 は , ば ら ば ら に 増 殖 す る . し か し , 調 査 し た そ れ ぞ れ の 病 気 に は , 生 理 学 的 性 質 , 増 殖 状 態 , 大 き さ , 形 な ど の 特 徴 が 一 定 し た 1 種 の 細 菌 が 存 在 し て い た . そ れ ら の 性 質 は , 病 気 が 動 物 か ら 動 物 へ 移 っ て も 常 に 同 じ で , 決 し て 他 の 形 , た と え ば 球 菌 か ら 桿 菌 に 変 わ っ た り は し な い の で , さ し 当 た っ て こ れ ら 種 々 の 病 原 細 菌 を 別 個 の 不 変 の 種 と み な す べ き で あ る . し か し こ の 考 察 は , こ の 問 題 に 関 係 の 深 い 分 野 の 植 物 学 者 に よ っ て , も っ と 議 論 さ れ な け れ ば な ら な い . ネ ー ゲ リ CNägeli) は , 細 菌 を 種 に 細 分 す る こ と に 反 対 し た 植 物 学 者 の 1 人 で あ る が , 次 の よ う に 書 い て い る . 「 私 は 10 年 間 に 何 千 も の 異 な っ た 形 の 細 菌 を 検 査 し た が , そ れ ら を た と え 2 つ に で も , 別 の 種 に 分 け る べ き 絶 対 的 必 要 性 は 認 め な か っ た . 」 ブ レ フ ェ ル ト CBrefeld) は , 非 常 に 栄 養 に 富 ん だ 培 養 液 中 で 芽 胞 か ら 芽 胞 へ の 発 育 史 を 追 跡 す る と き に , 別 の 種 が 存 在 す る こ と を 認 め て も 差 し 支 え な い と 考 え ら れ る よ う な , 特 殊 な 形 態 が 存 在 す る の が 認 め ら れ る と 主 張 し て い る . ブ レ フ ェ ル ト の 主 張 は 理 論 的 に は 確 か に 正 し い が , 病 原 細 菌 に 関 す る 個 々 の 研 究 に と っ て の 必 須 条 件 と は な り え な い . さ も な け れ ば , 植 物 学 者 は 彼 ら が 培 養 に よ 。 て 芽 胞 か ら 芽 胞 へ の 発 育 史 を 追 跡 す る 途 中 で , 別 の 種 の 細 菌 を 発 見 す る ま で , わ れ わ れ の 感 染 症 の 病 因 に 関 す る 研 究 を 中 断 す る よ う 要 求 す べ ぎ で あ る . 純 培 養 を 得 る た め に い く ら 努 力 し て も , 細 菌 の あ る 形 態 を 観 察