検索 - みる会図書館

検索対象: 新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)から 446件ヒットしました。

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


「 と 申 さ れ る こ と は ? 」 竜 馬 が と ば け た が 、 桂 は ま っ す ぐ に 竜 馬 の 眼 を み つ め た ま ま 、 「 こ ん ど の 山 内 侯 お 招 き に よ る 江 戸 百 人 試 合 に 、 貴 道 場 で は ど な た が 出 ら れ ま す か 」 「 さ あ 」 「 貞 吉 大 先 生 が 出 ら れ ま す か 」 こ れ が 桂 の 知 り た い と こ ろ ら し 、 し 。 が 、 竜 馬 は 手 の う ち は 見 せ ず 、 「 知 り ま せ ん 」 「 貞 吉 大 先 生 は 御 病 気 と う か が っ て い ま す が 」 「 そ れ そ れ 。 医 者 ど の の 話 で は 、 ご 病 気 だ そ う じ ゃ 」 「 医 者 ど の の 話 で な く て も 、 御 病 気 は 御 病 気 で ご ざ ろ う 」 と 、 桂 は 、 あ い ま い な 言 い 方 を 許 さ な い 。 「 さ れ ば 」 桂 一 か い , つ 。 「 若 先 生 の 重 太 郎 ど の が 立 た れ る わ け で す な 」 わ る い こ と に 、 そ こ へ 当 の 千 葉 重 太 郎 が 入 っ て き た 。 は 、 ら げ い 重 太 郎 は 、 絵 こ し か い た よ う な 江 戸 っ 子 侍 だ か ら 、 肚 芸 な ど は 頭 か ら 出 来 っ こ な い 。 「 桂 さ ん 、 お 話 の 途 中 で す が 」 と 、 に こ に こ し て 、

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


の 夜 に な る と 、 月 に む か っ て ひ と り ご と を お っ し や る 、 と か 、 夢 の よ う な 話 が 伝 わ っ て い る だ け で あ る 。 幕 府 を 倒 せ と か 、 人 と 対 座 中 に 掌 の 中 で こ っ そ り 折 り 紙 を 作 っ て し ま う と か 、 そ う い う た ん げ い す べ か ら ざ る と こ ろ が お 田 鶴 さ ま に あ ろ う と は 、 竜 馬 は 夢 に も 知 ら な か っ た 。 む ろ ん 城 下 の た れ も が 知 ら な い だ ろ う 。 「 も , つ ご 病 気 は 」 と 、 竜 馬 は い っ た 。 病 身 の た め に 婚 期 が お く れ て い る と き い て い た か ら で あ る 。 「 よ い の で す か 」 「 え え 、 だ い ぶ 」 「 で は 、 そ ろ そ ろ お 嫁 入 り で あ り ま す な 」 「 そ う で す ね 」 ち ょ っ と 考 え て 、 「 で も 、 お 嫁 入 り を し て し ま う と 好 き な ご 本 も 読 め ま せ ん し 、 こ ん な 我 儘 に く ら し て い る わ け に も 参 り ま せ ん か ら 、 田 鶴 は 一 生 病 気 と い う こ と に す る つ も り で す 。 兄 に は 気 の 変 毒 で す け れ ど 」 大 の 「 そ れ は い け ま せ ん な 。 私 は 若 く て よ く わ か ら ぬ が 、 女 は 嫁 に 行 っ て は じ め て 一 人 前 だ 寅 と い , っ こ と だ 」 「 田 鶴 が 、 こ の ひ と の た め な ら ば 、 と い う ひ と が お り ま せ ぬ 。 そ う い う ひ と が お れ ば 、 わ が ま ま

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


り す ま っ た く 天 馬 ど こ ろ か 、 お 冴 と の 場 合 も 栗 鼠 の よ う に 臆 病 で あ っ た 自 分 が 腹 立 た し い く ら い だ っ た 。 と に か く 女 が こ わ し 女 の ど こ が 。 と い わ れ れ ば 竜 馬 も 返 答 に こ ま る 。 女 に つ い て ま る で 無 智 だ か ら で あ る 。 無 智 だ か ら こ そ 重 苦 し い 圧 迫 が あ り 、 む や み と こ わ い の だ ろ う 。 う ん さ ん む し よ う そ の 圧 迫 と い う の は 、 女 の か ら だ を 知 っ て し ま え ば 雲 散 霧 消 す る に ち が い な い 、 と は 竜 馬 も 知 っ て い る 。 し か し 、 ま さ か 女 の か ら だ を 知 る の に お 田 鶴 さ ま に お 願 い し よ う と は 、 竜 馬 も 思 っ て い な か っ た 。 竜 馬 に と っ て お 田 鶴 さ ま は 、 神 に も っ と も 近 い 女 性 で あ る 。 ( 幸 い じ ゃ 。 今 宵 、 顔 も 知 ら ず 、 名 の み は か ろ う じ て 知 っ て い る お 徳 な る 女 性 を 、 わ し が 一 夜 だ け 頂 戴 す る こ と に し よ う ) す で に 馬 之 助 は 消 え て い る 。 あ の 男 の こ と だ か ら 、 気 を き か せ て 退 散 し た の だ ろ う 。 竜 馬 は 、 露 草 を 踏 ん で 歩 き だ し た 。 そ の こ ろ 、 こ の 岩 本 屋 敷 の 東 の 辻 に あ る 地 蔵 堂 の 前 で 、 数 人 の 若 者 が あ つ ま っ て い た 。 ど の 男 も 、 日 根 野 道 場 の 連 中 で あ っ た 。 「 ど う じ ゃ っ た 、 馬 之 助 」 「 万 々 、 首 尾 は よ し 」 と 馬 之 助 は う な す く 。

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


と あ き れ て し ま い ま し た 。 あ の よ う に き た な ら し い お 人 で あ る と は 、 思 い も か け ま せ ん で し た 」 「 そ う だ な 」 「 ち ゃ ん と お 返 事 し て く だ さ り ま せ 。 お 兄 様 は 、 ど う お 思 い に な り ま す 」 「 あ ま り 、 武 士 と し て 見 上 げ た こ と で は な か っ た よ う だ な 」 重 太 郎 は 重 太 郎 で 、 こ の 男 こ そ は と 思 っ て 畏 敬 し て い た 竜 馬 が 、 遊 女 に 酒 を 飲 み 食 ら わ さ れ て 正 体 を う し な 0 た ば か り か 、 男 子 と も あ ろ う 者 が 婦 女 子 の 噫 の ま ま に 犯 さ れ 、 し か も そ の 覚 え も な い と あ っ て は 、 腑 抜 け も 腑 抜 け 、 武 士 と し て 度 外 れ た 屑 で あ る 、 と お も っ た 。 い い 男 だ が 、 田 舎 の 金 持 郷 士 の 末 子 だ け に ど こ か 甘 え っ た れ で 、 釘 が 一 本 、 ぬ け て い る か も し れ ぬ 。 ひ と っ 今 日 は 道 場 で さ ん ざ ん に 痛 め つ け て や ろ う か 」 「 賛 成 」 さ な 子 は 、 手 を た た い た 。 む ろ ん 空 陽 気 だ ろ う 。 そ の 証 拠 に 眼 だ け は 笑 っ て い な か っ た 。 し か し な ぜ こ の 娘 が 奇 妙 な は ど は し ゃ い で い る の か 、 重 太 郎 に は よ く わ か ら な い 。 、 蕩 そ の と き 、 病 後 の 足 な ら し の つ も り か 庭 を ま わ っ て い た 老 先 生 の 貞 吉 が 縁 側 に ひ っ そ り と 腰 を お ろ し た 。 淫 「 あ 、 こ れ は 父 上 」 縁 側 に 走 り 出 よ う と す る の を 貞 吉 は 手 で 制 し て 、

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


た し か 天 満 の 八 軒 家 で 乗 船 し た と き か ら こ の 男 は 竜 馬 の 横 に す わ っ て い た 。 竜 馬 が い ま あ ら た め て 気 づ い て み る と 、 こ の 男 は 最 初 か ら 席 に す わ っ た き り 、 横 に も な ら ず 、 黙 た ば こ 然 と ひ と 晩 じ ゅ う 莨 を 吸 い つ づ け て き た よ う な 気 が す る 。 「 あ ん た 、 耳 が 、 な い の か ね 」 ひ と な っ と 、 竜 馬 は 、 人 懐 っ こ く 笑 っ て み せ た 。 男 は じ ろ り と 竜 馬 を み て 、 「 あ る さ 」 ぞ ん ざ い な 口 の き き か た で あ っ た 。 さ す が に 竜 馬 も む っ と し て 、 「 こ こ は ど こ か 、 と キ 、 い て い る 」 「 淀 に ち 一 か し 」 ど う や ら 旅 な れ た 江 戸 の 薬 商 人 と い っ た と こ ろ ら し い 話 は そ れ つ き り と ぎ れ た が 、 し ば ら く し て 男 は 不 意 に 微 笑 を し て み せ た 。 「 坂 本 の 旦 那 、 で し た ね 」 こ ん ど は 竜 馬 が だ ま る 番 だ っ た 。 な ぜ 、 名 前 を 知 っ て い る の か 。 「 な ぜ 、 お れ の 名 前 を 知 っ て い る 」

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


か ま ち を あ が る と 、 藤 兵 衛 は い ろ り に 薪 を く す べ て い る 。 「 寒 く な り ま し た ね え 」 「 何 の 用 だ 」 「 用 っ て も ん じ ゃ ね え ん で す が ね 。 一 つ は 旦 那 の お 顔 を 見 た さ と 、 一 つ は 、 旦 那 に そ の お 気 持 さ え あ り や ア 、 頼 み て え こ と が あ る 」 「 こ と わ る よ 。 お 前 の 頼 み と い う の は ろ く な こ と は な い 。 妙 な 女 を 押 し つ け て き た り 」 「 あ あ 、 お 冴 の こ と 。 そ う そ う 」 藤 兵 衛 は 思 い だ し た よ う に 、 「 あ れ ア 、 死 に ま し た よ 」 「 ふ む ? 」 竜 馬 は 、 あ わ て て 鼻 の わ き を 掻 い た 。 ど , っ し た こ と だ 。 病 い か 」 「 へ い 、 例 の コ ロ リ ( コ レ ラ ) で さ 。 去 年 の 夏 、 旦 那 の 留 守 中 の 流 行 で 、 ば っ く り 逝 き ま し た 。 あ っ し は 旅 に 出 て い て 知 ら な か っ た ん だ が 、 帰 っ て き て 大 家 に き く と そ う だ と い 映 う 。 あ の こ ろ 、 引 き と り 手 の ね え 仏 は 薪 の よ う に 積 み あ げ て い っ ぺ ん に 焼 い た と い う か ら 、 の す っ か り 無 縁 に な っ ち ま っ て 骨 が ど こ に あ る か も わ か ら ね え 。 か わ い そ う な も ん で さ 」 戸 江 「 そ , つ か 」 竜 馬 は 、 い た ま し い 顔 を し た 。

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


い に 漁 獲 高 が へ っ て き た 。 た め に 、 か れ ら は 新 漁 場 を も と め て 冒 険 的 な 航 海 を し た が 、 や が て 太 平 洋 、 と く に そ の 北 部 に 鯨 が お び た だ し く 群 棲 し て い る こ と を 知 っ た 。 と こ ろ が 、 港 が な い 。 母 港 を 遠 く は な れ て 太 平 洋 で 活 躍 す る に は 貯 炭 所 が 要 る 。 当 時 の 船 は 蒸 気 船 と は い え 、 積 み こ ん で い る 石 炭 だ け で は 一 週 間 も 走 れ ば か ら に な っ て し ま 結 局 、 寄 港 地 を 日 本 列 島 に も と め た 。 か れ ら は こ の 国 が か た く 鎖 国 し て 港 を ひ ら か な い こ と を 知 っ て い た か ら 、 艦 隊 の 威 容 を み せ る こ と に よ っ て 強 引 に 開 国 を せ ま っ た の で あ る 。 ( こ れ は こ れ は ) そ の と き の 竜 馬 は 、 そ ん な こ と は な に も 知 ら な い 。 ガ ケ つ ぶ ち ま で 這 い す す ん で 、 ( ま る で 鯨 の ば け も の の よ う じ ゃ な あ ) 海 上 に う か ぶ 四 隻 の 黒 船 を 見 お ろ し て 舌 を ま い た 。 ( あ の 船 、 一 隻 で も よ い 。 お れ の も の に な ら ぬ も の か ) 来 無 邪 気 な も の だ 。 子 供 が 、 お も ち や を は し が る 心 境 だ っ た 。 船 ( は て 、 生 け ど り の 法 は な い か ) 黒 た っ た 四 隻 、 艦 砲 八 十 門 で 、 幕 府 が ふ る え あ が っ て い る の で あ る 。 竜 馬 が 黒 船 の 一 隻 ゅ う よ く 盟 も 持 ち 、 内 海 を 遊 弋 し て ま わ れ ば 、 優 に 百 万 石 の 大 名 以 上 の 武 力 は あ り 、 船 長 た る 竜 馬

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


が 、 こ の 闇 の 中 に い る 竜 馬 は ま だ 二 十 歳 で あ る 。 女 も 知 ら な い 。 そ れ を 知 り た い と 思 う の あ ま り 、 つ い つ い 、 お 冴 が 設 け て く れ た わ な に わ ざ わ ざ 入 り こ ん で し ま っ た の だ が 、 実 際 の 竜 馬 は 闇 の 中 で 、 ( 男 子 の 鉄 腸 も 慄 う よ う じ ゃ ) と 必 死 に 歯 が み し て 慄 え を こ ら え て い る の で あ る 。 男 の 初 夜 と い う の は 、 そ う い う も の だ 。 竜 馬 は 、 国 も と に い る こ ろ 、 は じ め て 女 に 接 し た と き の 男 ど も の 滑 稽 譚 を い く つ か 聞 し て い た 。 土 佐 で は 、 初 陣 の と き の 気 持 と 似 イ ち ゅ 。 と い わ れ て い た 。 か っ し や わ 「 甲 子 夜 話 」 と い う そ の こ ろ よ く 読 ま れ た 随 筆 本 ( 平 戸 藩 主 松 浦 静 山 の 著 ) に 、 戦 国 の む か し 、 加 藤 清 正 が そ の 子 に 自 分 の 初 陣 の と き の 気 持 を 語 っ た は な し が 出 て い る 。 清 正 は い う 。 し ず た け お れ が は じ め て 秀 吉 公 に 従 っ て 賤 ヶ 岳 で 一 番 槍 を し た と き の こ と だ 。 坂 を 駈 け の ば る と 、 上 に 敵 が い た 。 そ れ と 夢 中 で 槍 あ わ せ を し た が 、 胸 中 は ど う か と い う に 、 闇 夜 で あ が く よ う に 何 が 何 で あ る か 一 向 に わ か ら な ん だ 。 も は や こ れ ま で と 思 い 、 目 を つ ぶ ふ る

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


「 引 か ん わ い 」 信 夫 は 、 む っ と 黙 っ た 。 や が て 、 「 さ れ ば 斬 る ま で だ 」 声 を 合 図 に 二 人 が す ば や く 竜 馬 の 背 後 に ま わ っ た 。 し ゃ あ っ 、 と 四 本 の 刀 が 鞘 走 っ た 。 竜 馬 に と っ て 運 の い い こ と に 、 月 が 、 雲 に 入 っ て 竜 馬 は 薪 の 山 に そ っ て 三 歩 し り そ き 、 も た れ か か ら ん ば か り に し て 、 そ の 薪 の 山 に 左 肩 を 寄 せ た 。 し か し 、 ま だ 抜 か な い 。 ( 居 合 で 斬 る つ も り だ ) 兄 の と さ な 子 は 、 物 蔭 で 思 っ た 。 が 、 気 が 気 で な か っ た 。 五 平 が 知 ら せ た は す だ が 、 千 葉 重 太 郎 が ま だ 来 な い の で あ る 。 ( ど , っ し ょ , つ か し ら ) 気 丈 な よ う で も 、 娘 で あ る 。 白 刃 を み て 足 が す く み 、 手 が 思 う よ う に 動 か な い 。 ( わ た く し は 、 ど う か し て い る ) そ の く せ 、 頭 だ け は 妙 に 冴 え て い た 。 竜 馬 と 左 馬 之 助 の や り と り の あ い だ に 出 た 深 川 の 冴 と い う 遊 女 の こ と で あ る 。 な じ み ( 坂 本 様 と お 馴 染 か し ら )

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


「 音 外 ・ な こ と じ ゃ っ こ ま 、 オ カ 藩 邸 で は 、 も と も と 坂 本 竜 馬 ち ゅ う 名 前 が 名 簿 か ら 抜 け ち ょ っ た わ い 。 組 頭 ど ん は 、 そ ン な 名 の 奴 、 い る の か 、 と あ ら た め て 驚 い ち ょ っ た 次 第 じ や べ こ の か あ 「 馬 鹿 に し ち よ る 」 こ れ で す ん だ 。 と こ ろ で 竜 馬 は 数 日 藩 邸 を 留 守 に し て い る あ い だ に 、 軽 格 の 連 中 の 空 気 が ひ ど く か わ っ て い る の に お ど ろ い た 。 殺 気 だ っ て い る 。 黒 船 の 人 も な げ な 恫 喝 ぶ り を 見 聞 き し て 、 す っ か り 激 昂 し て し ま っ た ら し い て き う 「 夷 狄 攘 つ べ し 」 「 公 儀 は 、 な ん と 弱 腰 か 」 「 一 戦 し て 日 本 刀 の 斬 れ 味 を み せ て お か ね ば 世 界 中 の 夷 狄 が 日 本 を 馬 鹿 に し お る そ 」 竜 馬 も 、 す っ か り 攘 夷 論 に な っ た 。 後 年 か れ は あ る 時 期 か ら 一 変 し て 開 国 論 者 に な っ た 男 だ が 、 ゝ 力 と い っ て こ の 当 時 、 武 士 に し て 攘 夷 論 を も た な い 者 が あ る と す れ ば 、 そ れ 来 は 、 男 で は な い 、 と さ え い え る 。 船 当 時 の 日 本 人 は 、 き わ め て ま れ な 例 外 を の ぞ い て 、 た れ も 海 外 知 識 を も っ て い な い 。 黒 む ろ ん 、 三 百 年 の 鎖 国 と い う 社 会 の 環 境 が さ せ た こ と で 、 日 本 人 の 無 智 に よ る も の で は な か っ た 。