検索 - みる会図書館

検索対象: 日本会議の正体

日本会議の正体から 260件ヒットしました。

日本会議の正体


こ れ に 性 質 を 与 う る も の は 『 む 』 に ほ か な ら す 。 『 心 』 に 健 康 を 思 え ば 健 康 を 生 し 、 『 心 』 に 病 を 思 え ば 病 を 生 す 〉 〈 物 質 は 無 い わ れ わ れ が 病 気 で あ る と い う の は 、 わ れ わ れ が 病 気 た と い う 観 念 波 動 を 送 り 出 し て い る 状 態 に す ぎ な い 。 た だ あ る の は 『 健 康 の 観 念 』 ま た は 『 病 気 の 観 念 』 ば か り で あ り ま す 〉 そ の 上 で 谷 口 は 、 〈 病 的 思 想 が 無 く な れ ば 病 気 が 無 く な る 。 病 気 が 無 く な れ ば 病 気 の 治 療 に 要 す る 一 切 の 費 用 が な く な る 〉 と 唱 え 、 こ う 訴 え る の で あ る 。 〈 わ が 言 葉 を 読 む も の は 、 生 命 の 実 相 を 知 る が 故 に 一 切 の 病 消 滅 し 、 死 を 超 え て 永 遠 に 生 き ん 〉 つ ま り 、 谷 口 の 著 書 を 熱 心 に 読 む だ け で 病 が 癒 り 、 こ れ こ そ が 奇 蹟 の 神 癒 だ ー ー ー そ う い う " 理 屈 。 で あ り 、 実 際 に 病 が 治 っ た と い う 信 者 が 殺 到 し て 教 勢 は 急 拡 大 し て い っ た と い う の だ が 、 本 書 に お け る 私 の 目 的 は こ う し た 生 長 の 家 の 教 義 を 分 析 し た り 論 評 し た り 批 判

日本会議の正体


言 う ま で も な く 天 皇 と 皇 室 に ま つ わ る 事 柄 は 右 派 の 諸 団 体 に と っ て 最 も 核 心 的 な 運 動 テ ー マ で あ り 、 昭 和 天 皇 の 病 状 悪 化 を 受 け て 全 国 で は 「 御 平 癒 」 を 願 う 署 名 運 動 が 行 わ れ 、 1989 年 1 月 7 日 の 死 去 後 に は さ ま ざ ま な 行 事 が 開 催 さ れ た 。 ま す は な に よ り 昭 和 天 皇 の 死 去 を 悼 む こ と が 目 的 で あ っ た が 、 と 同 時 に 関 連 儀 式 を 「 伝 統 に 則 っ て 」 行 う こ と を 求 め る 声 も 強 か っ た 。 死 去 直 後 の 1 月 幻 日 に は 、 日 本 を 守 る 国 民 会 議 の メ ン バ ー ら が 中 心 に な っ て 「 伝 統 に も と づ く 皇 室 儀 式 を 求 め る 国 民 集 会 」 が 開 か れ 、 た い そ う 参 加 者 は 主 催 者 発 表 で 1500 人 。 「 大 喪 の 礼 」 な ど を ど こ ま で も 「 伝 統 に 則 っ て 」 行 う よ う 訴 え た の で あ る 。 4 月 に 入 る と 、 や は り 日 本 を 守 る 国 民 会 議 な ど が 主 導 し て 「 昭 和 天 皇 奉 悼 式 典 」 も 開 か れ た 。 国 民 会 議 は 同 し 月 、 「 大 嘗 祭 と 日 本 文 化 」 と い う シ ン ポ ジ ウ ム な ど も 開 い て い る 。 跡 の 一 方 、 昭 和 天 皇 の 死 去 を 受 け 、 日 本 社 会 に は メ デ ィ ア も 含 め て 全 国 に 強 烈 な 自 粛 ム ー ド 蝣 が 広 が っ た 。 こ れ に つ い て 椛 島 は 、 『 祖 国 と 青 年 』 誌 で こ う 絶 賛 し 、 一 方 で 現 行 憲 法 の あ 根 り よ う を 批 判 も し て い る 。 の 草 〈 個 人 が 優 先 す る 社 会 と 叫 ば れ て 久 し い 今 日 の 時 代 に 天 皇 陛 下 の 御 病 気 に 配 慮 し て 個 人 や 章 グ ル ー 。 フ の 行 為 を 控 え る こ と を 学 生 が 実 行 し て い る こ と の 意 味 は 大 き い 。 彼 ら は 個 人 優 先 第 社 会 そ の も の だ と 言 わ れ て き た 人 間 で あ る 。 ( 略 ) 177

日本会議の正体


ま し て 生 学 連 出 身 者 た ち が 結 成 し た 日 本 青 年 協 議 会 ・ 日 本 協 議 会 が 現 在 も 日 本 会 議 の 実 務 部 隊 と な っ て い る の だ か ら 、 生 長 の 家 の 出 身 者 が 日 本 会 議 の 中 枢 を 支 え て い る と 断 言 で き る 。 そ れ に し て も い っ た い な ぜ 、 生 長 の 家 に 携 わ っ た 人 び と が こ れ ほ ど 息 長 く 右 派 の 政 治 活 動 を 続 け 、 い ま な お 強 い 影 響 力 を 誇 っ て い る の か 。 な ぜ 日 本 会 議 と い う 現 下 日 本 で 最 大 の 右 派 団 体 と 評 さ れ る ほ ど の 組 織 を 育 て 上 げ る こ と に 成 功 し た の か 。 そ し て 彼 ら は い っ た い 、 何 を 目 指 し て 動 き つ づ け て い る の か 。 そ の 深 層 を 知 る た め に 私 は 、 生 学 連 に 集 っ た 面 々 を よ く 知 る 幾 人 か の 人 物 に 会 い 、 詳 し く 一 一 = 口 を 聞 い た 。 「 自 民 党 が で き な い こ と を や っ て く れ て い る 」 日 本 会 議 の 源 流 と な っ た 生 長 の 家 出 身 の 活 動 家 と 日 本 会 議 と の 具 体 的 な 連 関 性 を 考 え る た め 、 私 が 会 っ て 話 を 聞 い た 人 び と は 数 多 い 。 こ こ で は 、 そ の 中 か ら 幾 人 か へ の イ ン タ ビ ー 内 容 を 紹 介 し た い と 思 う が 、 ま す 最 初 に と り あ げ る の は 、 第 1 章 で も イ ン タ ビ ] 内 容 を 一 部 記 し た 東 京 都 議 の 古 賀 俊 昭 で あ る 。 近 畿 大 法 学 部 を 1971 年 に 卒 業 し た 古 賀 は 、 大 学 時 代 か ら 右 派 の 学 生 運 動 に 飛 び 込 み 、 102

日本会議の正体


宗 教 心 : : : で す か 。 「 言 葉 を 変 え れ ば 『 軸 』 で す ね 。 根 っ こ が ど こ か ら 出 発 し て い る か に よ っ て 、 あ っ ち に 流 さ れ た り 、 こ っ ち に 流 さ れ た り す る 。 一 本 の 道 を す っ と や っ て い け る と い う の は 、 こ れ は 宗 教 心 の す ご い と こ ろ で す 。 私 も 、 小 さ い こ ろ か ら 生 長 の 家 で 育 て ら れ 、 谷 口 雅 春 先 生 の 教 え で 生 き て き た 。 そ れ に 一 片 の 悔 い も な い 。 若 い こ ろ に き っ ち り と 大 元 を 持 っ て し ま っ た ら 、 な か な か 変 え ら れ な い ん で す よ 。 変 え た く て も 変 え ら れ な い 。 良 い か 悪 い か は 別 に し て 、 そ れ が 宗 教 心 の す ご い と こ ろ な ん だ と 思 い ま す 」 失 礼 で す が 、 陳 腐 な 言 葉 で い え ば 「 洗 脳 」 と い え な く も あ り ま せ ん ね 。 「 人 か ら 見 れ ば 、 お 前 ら は 洗 脳 さ れ て い る よ 、 と 思 わ れ る か も し れ ま せ ん が 、 別 に そ れ な ら そ れ で い し そ う い う 鈍 感 さ も あ る か も し れ ま せ ん 。 人 の 評 価 を 気 に し な い 。 価 値 観 の 根 底 が 違 う と こ ろ も あ る 。 そ れ が 宗 教 心 と い う こ と し ゃ な い か と 思 い ま す 」 根 底 に あ る 「 宗 教 心 」 こ う し た 数 々 の 証 言 を つ き あ わ せ 、 取 り ま と め 、 日 本 会 議 と い う 右 派 組 織 の ″ 実 相 。 を 表 現 す る な ら ば 、 次 の よ う に な る だ ろ う と 私 は 考 え る 。 ま す 、 日 本 会 議 の 源 流 が 新 興 宗 教 団 体 ・ 生 長 の 家 に あ る の は も は や 疑 い な い ロ 8

日本会議の正体


し た 大 本 教 の 信 者 だ っ た 。 本 名 は 谷 口 正 治 。 生 ま れ は 1893 年 Ⅱ 月 。 出 身 地 は 兵 庫 県 八 部 郡 烏 原 村 ( 現 ・ 神 戸 市 兵 庫 区 ) 。 地 元 の 中 学 を 経 て 早 稲 田 大 英 文 科 予 科 に 進 ん だ が 、 本 科 に 進 ん で ま も な く 中 退 し 、 紡 績 工 場 勤 務 な ど を 経 て 大 本 教 人 り し た 。 あ お の す え き ち さ い し よ う や そ 早 大 予 科 時 代 に は 直 木 三 十 五 や 青 野 季 吉 、 西 條 八 十 と い っ た 著 名 文 筆 家 と 同 期 で 、 谷 ロ 自 身 、 文 才 に 恵 ま れ て い た ら し く 、 大 本 教 で も 機 関 誌 の 編 集 な ど で 頭 角 を 現 し た 。 だ が 、 ま も な く 大 本 教 か ら 離 脱 し 、 糊 口 を し の ぐ 方 法 と し て 1929 年 に 個 人 誌 『 生 長 の 家 』 を 発 刊 、 「 病 気 の 治 癒 」 や 「 人 生 苦 の 解 決 」 な ど に 効 果 が あ る と 評 判 を 呼 び 、 購 読 者 を 増 や し て 一 挙 に 軌 道 に 乗 せ て い く 。 こ の 経 緯 や 背 景 に つ い て は 評 論 家 の 故 ・ 大 宅 壮 一 が 19 5 5 年 、 『 文 藝 春 秋 』 に 発 表 し た 「 谷 口 雅 春 論 」 が 興 味 深 い 。 大 宅 ら し い 皮 肉 た っ 一 ふ り の 筆 致 で 喝 破 し つ つ 、 谷 口 と い う 人 物 と 生 長 の 家 の 本 質 を 端 的 に 捉 え て い る か ら で あ る 。 一 部 を 引 用 し て み よ う 。 〈 金 を も う け る と い っ て も 、 彼 ( 引 用 者 注 ・ 谷 口 雅 春 の こ と ) と し て は 文 筆 に よ る ほ か は な そ れ も こ れ ま で の 経 験 か ら い っ て 、 た ま に 単 行 本 を 出 す く ら い で は 生 活 が 安 定 し な い 。 個 人 雑 誌 と い う 形 で 好 き な こ と を 書 い て 、 一 定 の フ ァ ン を 獲 得 し 、 こ れ を 少 し す つ で も ふ や し て 行 く こ と を 考 え る の が 、 一 番 確 実 で 永 続 性 の あ る 方 法 だ と 考 え た 〉 〈 彼 が 個 人 雑 誌 を 思 い つ い た の は 、 初 め か ら 手 持 ち の フ ァ ン が 若 干 あ っ た か ら で あ る 。 大 お お も と き よ う こ - 」 う お お や そ う い ち

日本会議の正体


か ら 感 謝 し た い 。 ま た 、 本 書 の 企 画 、 取 材 、 資 料 収 集 な ど に あ た っ て は 、 平 凡 社 の 編 集 者 ・ 金 澤 智 之 君 に 大 い に 助 け て い た だ い た 。 金 澤 君 の 助 力 と 叱 咤 激 励 が な け れ ば 、 本 書 は 決 し て 世 に 出 な か オ に も か か わ ら ず 、 私 の 生 来 の 遅 筆 ゆ え 、 原 稿 の 完 成 が 大 幅 に 遅 れ 、 発 売 予 定 日 を 変 史 さ せ る 負 担 ま で 押 し つ け て し ま っ た 。 こ れ は 読 者 の 方 々 に も 心 よ り お 詫 び し 、 そ し て 根 気 づ よ く 丁 寧 な 金 澤 君 の サ ポ ー ト に は 幾 度 も お 礼 を 中 し 上 げ た い 。 私 と し て は 、 よ う や く 完 成 し た 本 書 が 、 日 本 会 議 と い う 右 派 組 織 の 「 正 体 」 を 知 る と と も に 、 現 下 日 本 の 政 治 や 社 会 状 況 の 問 題 点 を 捉 え な お す た め の 一 助 に な っ て く れ れ ば と 願 な お 、 最 後 に な っ た が 、 本 文 中 は 基 本 的 に 敬 称 、 呼 称 な ど を 一 切 省 略 し た 。 ま た 、 本 文 中 に 直 接 引 用 し た 文 献 類 に 加 え 、 別 頁 に 掲 載 し た 書 籍 、 新 聞 記 事 、 雑 誌 記 事 な ど を さ ま ざ ま な 形 で 参 考 に さ せ て い た だ い た 。 こ れ も 合 わ せ て 謝 辞 を 記 し て お き た い 。 2016 年 6 月 9 日 東 京 都 内 の 仕 事 場 に て 青 木 理 2 5 2

日本会議の正体


運 動 を こ っ こ つ や る の は え ら い で す よ 」 そ う し て 現 在 の 日 本 会 議 に つ な が っ た と 。 「 え え 。 だ か ら 日 本 会 議 と い う の は 表 面 的 に は 神 社 本 庁 と 手 を 組 ん だ わ け で す が 、 あ る 意 味 で は 『 神 社 本 庁 も 手 に 人 れ た 』 と も 考 え ら れ る 。 こ れ ま で も い ろ い ろ な 運 動 団 体 を 取 り こ み 、 合 併 し 、 組 織 を 拡 大 し て き た 。 ま る で & < 、 保 守 の & < で す よ 。 そ し て 大 物 の 言 論 人 や 有 名 人 、 偉 い 人 を 上 ( 組 織 の 役 員 な ど ) に 据 え る 。 ブ リ ヂ ス ト ン サ イ ク ル の 社 長 に な っ た 石 井 公 一 郎 さ ん の よ う な 方 々 を ( 日 本 会 議 な ど の ) 役 員 に す る で し よ う 。 石 井 さ ん と い う の は 結 構 保 守 的 な 方 で 、 日 本 会 議 と い う よ う な 看 板 が あ る と 社 会 的 な 発 言 力 が 増 す 。 お 互 い に 持 ち っ 持 た れ つ で 、 そ う い う 点 で の ″ 営 業 カ ″ と い う の か な 、 そ れ も 大 し た も の だ と 思 い ま す よ ね : : : 」 「 楯 の 会 」 1 期 生 の 証 言 ス 、 一 調 べ て み る と 、 そ の 人 も う ひ と り 、 私 に は ど う し て も 会 っ て 話 を 聞 き た い 人 物 カ し た 。 き 物 は 現 在 、 茨 城 県 内 に 暮 ら し て い た 。 伊 藤 邦 典 。 一 般 に は あ ま り 知 ら れ て い な い か も し れ な い が 、 戦 後 日 本 の 右 派 運 動 に 多 少 で も か か わ っ て い れ ば 、 そ の 名 を 記 憶 に と ど め て い な い 者 は ほ と ん ど い な い は す で あ る 。 1 12

日本会議の正体


そ の 生 長 の 家 の 教 義 を ご く 簡 単 に い え ば 「 万 教 帰 一 」 。 す べ て の 正 し い 宗 教 は 元 来 、 唯 一 の 神 か ら 発 し た も の で あ り 、 時 代 や 地 域 に よ っ て さ ま ざ ま な 宗 教 と し て 真 理 が 唱 え ら れ て き た が 、 根 本 に お い て は 一 つ で あ る ー ー そ ん な 理 屈 の 下 に 仏 教 、 神 道 、 儒 教 、 キ リ ス ト 教 か ら 心 霊 学 、 果 て は 米 国 の ニ ュ ー ソ ー ト や ク リ ス チ ャ ン ・ サ イ エ ン ス 、 フ ロ イ ト の 精 神 分 析 ま で を ご ち ゃ 混 ぜ に 取 り 込 ん で い る と い わ れ て い て 、 大 宅 壮 一 は 前 出 の 「 谷 口 雅 春 論 」 で 生 長 の 家 を 「 カ ク テ ル 宗 教 」 「 宗 教 百 貨 店 . 、 と 揶 揄 し た 。 こ れ に 対 し て 生 長 の 家 や 谷 口 側 は 「 百 貨 店 に は 一 流 の 商 品 が な ら ん で い て 、 市 井 の 小 売 の 店 よ り も 優 良 品 が そ ろ っ て い ま す よ う に 、 そ こ に は 真 理 な る 生 粋 の 優 良 真 理 を 抜 粋 し て 陳 列 し て あ る 」 「 デ パ ー ト に は 良 い 商 品 が 集 ま っ て い る 。 そ の 伝 で い う な ら 、 生 長 の 家 に は 蝣 各 宗 教 の 真 髄 だ け が 結 集 さ れ て い る こ と に な る 」 な ど と 主 張 、 こ れ も 大 宅 に 「 自 ら " 百 貨 店 。 で あ る こ と を 認 め 、 他 の 宗 教 を 専 門 店 、 い や 、 " 市 井 の 小 売 店 。 あ っ か い し て い る っ と 皮 肉 ら れ て い る 。 ま た 、 な ん と い っ て も 「 病 気 の 治 癒 」 や 「 人 生 苦 の 解 決 」 こ そ が 生 長 の 家 の 信 者 獲 得 の 最 大 手 段 で あ っ た 。 そ れ を 支 え た の は 、 谷 口 の 著 書 『 生 命 の 実 相 』 や 『 甘 露 の 法 雨 』 な ど に 記 さ れ た 次 の よ う な 独 特 の " 理 論 。 で あ る 。 第 〈 物 質 は 畢 竟 「 無 」 に し て そ れ 自 身 の 性 質 あ る こ と な し 。

日本会議の正体


で す 。 日 学 同 は 初 代 委 員 長 が 斉 藤 英 俊 、 2 代 目 が フ ジ テ レ ビ の 政 治 部 長 や 解 説 委 員 長 も 務 め た 山 本 之 聞 、 そ し て 僕 が 3 代 目 で し た 。 卒 業 後 は 就 職 し た か ら 、 職 業 右 翼 と は 違 い ま す け れ ど 、 学 生 時 代 は 生 長 の 家 ( の 活 動 家 ) と は 仲 が 良 か っ た で す よ 」 そ ん な 玉 川 さ ん か ら 見 て 、 椛 島 氏 の よ う な 生 長 の 家 の 出 身 者 は ど の よ う に 映 る ん で 「 椛 島 さ ん は 『 三 島 由 紀 夫 研 究 会 』 の 会 員 で も あ る か ら よ く 知 っ て い ま す し 、 い ま も 親 し い 人 は た く さ ん い ま す け れ ど 、 や つ ば り 真 面 目 で す よ 」 ほ と ん ど が 親 の 勧 め で 生 長 の 家 に 人 る く ら い だ か ら 、 や つ ば り 親 孝 行 で 真 面 目 な ん だ と い う 話 を さ れ る 方 が い ま し た 。 「 お っ し や る と お り だ と 思 う 。 彼 ら は 大 半 が ( 生 長 の 家 の 信 徒 の ) 2 世 な ん で す 。 ほ と ん ど み ん な お 父 さ ん や お 母 さ ん が 信 者 だ っ た 。 そ れ が 学 生 の 時 に 学 園 紛 争 が 起 き た か ら 、 そ う い う 政 治 連 動 に の め り 込 ん で い っ た わ け で す 」 つ ま り 、 全 共 闘 運 動 が あ っ た か ら こ そ の 右 派 運 動 た っ た と 。 し か し 、 長 く 運 動 を 続 け 、 日 本 会 議 の 結 成 に ま で こ ぎ つ け る に あ た っ て の 財 政 的 な 基 盤 は ど こ に あ っ た ん で し ょ 「 神 社 本 庁 も ( 資 金 を ) 出 し て る だ ろ う け ど 、 財 政 的 に は そ ん な に 豊 か で は な い と 思 い ま 、 0 1 10

日本会議の正体


の 与 党 で 政 策 立 案 を 取 り 仕 切 り 、 政 権 と 日 本 会 議 、 あ る い は 自 民 党 と 日 本 会 議 の 関 係 に つ い て も 精 通 し て い る 。 し か も 稲 田 は 、 日 本 会 議 の 中 枢 に い る 椛 島 有 三 ら と 同 様 、 生 長 の 家 と の 関 係 が 取 り ざ た さ れ て き た 。 生 長 の 家 の 創 始 者 ・ 谷 口 雅 春 の 思 想 を い ま も 強 固 に 信 奉 す る 者 た ち が 発 行 す る 月 刊 誌 『 谷 口 雅 春 先 生 を 学 ぶ 』 ( 2012 年 7 月 号 ) に 、 稲 田 の 次 の よ う な 講 演 録 が 掲 載 さ れ た こ と も あ る 。 〈 私 は 、 谷 口 雅 春 先 生 の 教 え を 、 す っ と 自 分 の 生 き 方 の 根 本 に お い て 参 り ま し た 。 今 日 、 ポ ロ ポ ロ に な っ た 昭 和 ( 19 3 8 ) 年 発 行 の 『 生 命 の 實 相 』 の 本 を 持 っ て ま い り ま し た 相 が 、 こ れ は 私 の 母 方 の 祖 母 が 読 ん で い た 本 で 、 昭 和 8 ( 19 3 3 ) 年 生 ま れ の 母 も 読 ん で 実 の い た の で す 。 そ 振 大 変 奇 遇 な 事 に 、 昭 和 7 ( 1932 ) 年 生 ま れ の 父 も 、 ま た こ の 『 生 命 の 實 相 』 で 命 が 救 わ れ た の で す 。 父 は す っ と 身 体 が 弱 く て 、 肺 病 で 高 校 を 休 学 し 、 病 床 に 伏 し て お り ま し 政 た 。 そ の 父 が 、 谷 口 雅 春 先 生 の 『 生 命 の 實 相 』 に 出 会 い 、 自 分 は 大 丈 夫 と い う こ と で 、 蒲 安 団 を あ げ て 起 ち 上 が り 、 高 校 に 復 学 し 、 京 都 大 学 に 進 学 し た の で す 。 そ う い う こ と で 、 我 章 が 家 に は す っ と こ の 『 生 命 の 實 相 』 が あ り ま し た 〉 第 本 人 が 生 長 の 家 の 信 者 だ っ た か ど う か は と も か く 、 こ う し た 環 境 で 育 っ た こ と は 、 日 本 227