検索 - みる会図書館

検索対象: 黄金の日々月夜の珈琲館

黄金の日々月夜の珈琲館から 200件ヒットしました。

黄金の日々月夜の珈琲館


「 あ な た は ー ー よ く 、 亨 の 絵 の モ デ ル に な っ て る 人 ね ? ど ん な 関 係 か 知 ら な い け ど 、 余 計 な 口 出 し は し な い で 」 「 そ う い う わ け に は い か な い 。 私 は 医 者 で 、 彼 の 主 治 医 だ 」 「 主 治 医 ? 女 は 顔 を し か め た だ け で 、 引 き 下 が る 様 子 も な い 。 「 だ か ら な ん な の よ ? そ れ と あ た し た ち の こ と と 、 ど う 関 係 が あ る っ て 一 言 う の ? 「 関 係 は あ る 」 動 じ る こ と な く 津 川 は 言 っ た 。 「 彼 は 病 気 で 、 君 が 望 む よ う な 関 係 は 築 け な い 。 で き れ ば こ の ま ま 、 そ っ と し て お い て や っ て ほ し い 」 「 病 気 っ て : : : そ う な の ? 亨 ! 「 え っ : 日 岡 野 は 不 本 意 そ う な 表 情 で 、 津 川 と 女 の 顔 を 交 互 に 見 つ め た 。 金 無 理 も な い 。 誰 だ っ て 自 分 の 病 気 に つ い て は 、 あ ま り 人 に は 知 ら れ た く な い だ ろ う 。 そ ん な 岡 野 の 様 子 に 、 女 は 再 び 津 川 を 睨 ん だ 。 「 ほ ら 、 亨 だ っ て 驚 い て る じ ゃ な い ど う せ 適 当 な こ と 言 っ て る ん で し ょ ? そ ん な こ と お る に ら

黄金の日々月夜の珈琲館


や ま い 「 深 刻 な 病 に 冒 さ れ た 患 者 さ ん や そ の 家 族 に 病 状 説 明 を し た り 、 死 亡 を 告 げ た り す る た び が ん ば に 、 僕 も 同 じ こ と を 感 じ ま す 。 『 手 を 尽 く し ま す 』 と か 『 頑 張 り ま し よ う 』 と か 『 気 を し つ か り 持 っ て く だ さ い 』 っ て 言 い な が ら 、 そ れ が い っ た い ど れ だ け の 役 に 立 つ ん だ ろ う 、 無 責 任 な こ と を 言 っ て る だ け じ ゃ な い か : : : っ て 。 い ざ 大 切 な 人 や 自 分 自 身 が 不 治 の 病 に 冒 さ れ た ら 、 真 っ 先 に そ ん な 一 一 一 一 口 葉 な ん て 否 定 し て し ま い そ う な 自 分 が い る こ と も 知 っ て る 」 「 菊 : 「 で も 、 や つ ば り 言 い 続 け た い で す よ 。 そ ん な こ と し か で き な く て も 、 精 い つ ば い の こ と は し て い き た い 。 な ん の 役 に も 立 た な い よ う に 思 わ れ る こ と で あ っ て も ね 。 青 木 さ ん だ っ て 、 い つ も そ う し て る じ ゃ あ り ま せ ん か 」 「 そ う : : : 力 な ・ ・ 」 日 ぎ こ ち な い 表 情 で 煙 草 を く ゆ ら す 青 木 に 向 か っ て 、 菊 地 は 肯 定 す る よ う に 頷 く と 、 ゆ っ 金 く り と 流 れ て い く 煙 を 目 で 追 い な が ら 呟 い た 。 つ が わ 「 だ け ど ー ー 津 川 さ ん た ち に 比 べ た ら 、 僕 た ち は い っ た い ど れ ほ ど お 互 い を 知 っ て る ん で し よ う ね ・ ・ ・ ・ : 」 つ ぶ や う な ず

黄金の日々月夜の珈琲館


122 青 木 が 岡 と 初 め て 出 会 っ た の は 、 当 時 、 赴 任 し て い た 病 院 の 中 だ っ た 。 同 級 生 だ が 違 つ が わ や す ゆ き う 医 大 に 進 み 、 青 木 よ り 一 年 早 く そ こ で 勤 務 し て い た 外 科 の 津 川 泰 之 を 介 し て の こ と だ 。 い っ し ょ も っ と も 正 確 に は 、 津 川 に 紹 介 さ れ る 少 し 前 に 、 エ レ ベ ー タ ー で 一 緒 に 乗 り 合 わ せ た の が 最 初 だ っ た 。 そ の 日 、 病 棟 で の 仕 事 を あ と わ ず か で 終 え る と い う 時 に な っ て 、 青 木 は 外 来 か ら 呼 び 出 し を く ら っ て い た 。 こ の 日 、 三 度 目 の 急 患 の 知 ら せ だ っ た 。 今 で こ そ 、 患 者 の 病 状 を 聞 い て か ら 外 来 に 降 り る こ と も 、 ま た 、 病 棟 で の 仕 事 を 誰 か に 任 せ る こ と を 考 え る 余 裕 も あ る が 、 ま だ 『 若 い 新 任 』 と 呼 ば れ て い た 青 木 と し て は 、 言 わ れ る ま ま 仕 事 を こ な す し か な い と い う の が 実 情 だ っ た 。 よ う や く 処 置 を 終 え た 頃 に は 、 と っ く に 就 業 時 間 も 過 ぎ て い た 。 そ れ で も 、 病 棟 に は ま

黄金の日々月夜の珈琲館


と で 、 あ た し が 納 得 す る と で も 思 っ て る の ? 」 「 仕 方 が な い な 」 止 め よ う と 声 を か け た も の の 、 視 界 の 隅 で マ ス タ ー が 視 線 を 落 と す の を 見 て 、 青 木 は 顔 を 曇 ら せ た 。 彼 は 岡 野 の 病 気 の こ と を 知 っ て い る の だ ろ う 。 何 度 か こ の 状 況 と 同 じ よ う な 場 面 に 出 く わ し て き た に 違 い な い 。 お そ ら く 津 川 は 、 そ の た び に 事 態 を 切 り 抜 け て き た の か も し れ な い が 、 し か し ど う や っ て ー ー ー と 思 う と 、 青 木 は 不 安 を 感 じ ず に は い ら れ な か っ た 。 き お く し よ う が い 「 彼 に は 記 憶 障 害 が あ る 。 事 故 の せ い で 、 物 事 を 記 憶 し て お く こ と が 難 し い ん だ 。 と て も ね 」 「 な 、 何 よ そ れ 」 「 彼 と 出 会 っ た 頃 と 今 と を 比 べ て み る と い い 。 君 が 彼 に つ い て い ろ ん な こ と を 知 っ て い く の に 比 べ 、 彼 は ど う だ ? 君 の こ と や 君 と の 約 束 事 を 忘 れ る こ と が 多 く な っ て き て は い な い か ? ・ 」 女 は 答 え な か っ た 。 思 い 当 た る こ と が あ る ら し い か い し や く 青 木 に は 、 女 が そ の 事 実 を ど う 解 釈 す れ ば い い の か わ か ら ず に い る 様 子 が 、 理 解 で き す み

黄金の日々月夜の珈琲館


の な の か ? 忘 れ ら れ て も 、 何 度 で も ま た 一 か ら 始 め ら れ る と 「 始 め る よ 。 何 度 で も : : : 繰 り 返 し 出 会 っ て い く 「 そ ん な こ と が : : : 」 「 じ ゃ あ お ま え は 、 相 手 が 自 分 を 認 識 し て く れ な く な っ た ら 、 も う 意 味 が な い の か ? 」 津 川 の 問 い か け に 、 青 木 は 言 葉 を 詰 ま ら せ た 。 「 そ の 時 点 で 、 お ま え が 愛 し た 相 手 じ ゃ な く な る の か ? 」 「 そ れ は : そ ん な こ と は な い 、 と 言 っ て し ま い た か っ た 。 ち ほ う 自 分 の 恋 人 が 痴 呆 な ど の 病 気 に 冒 さ れ た と し て も 、 恋 人 で あ る こ と に は 変 わ り が な い と 思 う し 、 た と え こ ち ら を 認 識 で き な く な っ た と し て も 、 相 手 は 相 手 な の だ と い う こ と も 、 頭 で は 理 解 で き る 。 だ が 、 本 当 に 自 分 が そ れ に 直 面 し た 場 合 、 津 川 の よ う に 受 け 止 め る こ と が 果 た し て 感 情 々 的 に 可 能 な の だ ろ う か と 思 う と 、 青 木 に は 一 一 = ロ 葉 が 見 つ か ら な い 。 の ピ ー ク を 金 「 意 識 す る し な い に 関 係 な く 、 誰 だ っ て 多 か れ 少 な か れ 何 か を 忘 れ て い く 。 過 ぎ た ら 、 脳 細 胞 は 死 滅 す る だ け だ ろ ? チ ラ ッ と 青 木 を 見 て 、 津 川 が 言 っ た 。 口 元 が わ ず か に 上 が っ て い た が 、 皮 肉 に は 聞 こ え

黄金の日々月夜の珈琲館


128 「 ど う も 初 め ま し て 、 岡 野 で す 」 軽 快 に 言 っ て 、 ペ こ り と 頭 を 下 げ た 岡 野 を 前 に 、 ふ ざ け た 津 川 に チ ラ リ と 目 を や っ た 後 え し や く で 、 青 木 も ま た 軽 く 会 釈 し た 。 高 校 時 代 は そ れ ほ ど 話 を し た 仲 で も な か っ た せ い か 、 津 川 に 対 し て 、 青 木 は 知 的 な 印 象 あ ら わ し か な か っ た 。 頭 は 切 れ る が 、 あ ま り 感 情 を 露 に す る こ と は な く 、 い つ も 淡 々 と し て い た ふ 、 つ ぼ う か ら だ 。 ク ー ル で ス マ ー ト な 風 貌 に 反 し て 、 意 外 と 感 情 表 現 が 豊 か な こ と に 気 付 い た の は 、 職 場 を 共 に す る よ う に な っ て か ら で あ る 。 「 ま だ 、 仕 事 だ っ た の か ? 」 少 し だ け 真 顔 に 戻 っ て 、 津 川 が ね て き た 。 「 外 来 か ら 呼 び 出 さ れ た り し て 、 遅 く な っ た 。 お ま え も 今 帰 り か ? つ ら 「 あ あ 、 手 術 の 後 始 末 だ 。 ペ ー ベ ー は 辛 い よ な あ 」 ふ に ん わ か ぞ う 一 年 早 く 赴 任 し て る と は い え 、 医 者 と し て は 津 川 も 青 木 も 、 ま だ ま だ 若 造 と 呼 ば れ て も 仕 方 の な い 立 場 だ っ た 。 病 棟 だ 外 来 だ と 青 木 が 使 い 回 さ れ て い た あ い だ 、 津 川 も ま た 手 術 ほ う ′ 」 う 患 者 の 縫 合 で も さ せ ら れ て い た の だ ろ う 。 「 そ う い え ば 、 さ っ き の 話 の 続 き だ け ど 、 ち ょ う ど お ま え の 話 を し て い た と こ だ っ た ん

黄金の日々月夜の珈琲館


131 黄 金 の 日 々 思 い が け ず 和 ん だ せ い か 、 い つ の 間 に か 仕 事 の 疲 れ も 少 し 取 れ た よ う な 気 が し た 。 エ レ ベ ー タ ー の ド ア が 開 い た の を 機 に 、 玄 関 前 に 車 を 停 め て い た 二 人 と 別 れ る と 、 青 木 は ひ と り 病 院 の 裏 手 に あ る 職 員 駐 車 場 へ と 急 い だ 。 津 川 は 、 い っ た ん 車 を 表 に 回 し て か ら 、 医 局 に 上 が っ て き て い た ら し い ば つ ん と 一 台 だ け 残 っ た 車 に 向 か っ て 歩 き な が ら 、 青 木 は 津 川 の こ と を 考 え て い た 。 彼 は 理 知 的 に 見 え る が 、 か と い っ て 頭 の 中 ま で 堅 く 冷 た い わ け で は な い 。 高 校 時 代 に 、 恋 愛 の 対 象 が 異 性 と は 限 ら な い こ と を 、 隠 し も し な け れ ば 恥 じ た こ と も な か っ た 自 分 を 、 津 川 は な ん の 偏 見 も な く 見 て い た は ず だ 。 の う り 青 木 の 脳 裏 に 、 津 川 を 笑 わ せ て い た 岡 野 の 姿 が 浮 か ん だ 。

黄金の日々月夜の珈琲館


前 々 か ら 、 一 度 は 見 て み た い と 言 っ て い た の を 気 に か け て く れ て い た の だ ろ う 。 津 川 か ら 「 口 約 束 で 、 『 青 木 も 連 れ て い く か ら 、 ち ゃ ん と 会 場 に 来 て お け よ 』 と 言 っ た だ け だ か あ や ら 、 彼 が 覚 え て い る か ど う か は 怪 し い が 」 と 誘 わ れ る ま ま 、 青 木 は 個 展 会 場 を 訪 れ た の 」 っ 一 」 0 あ い だ 相 多 ビ ル と 記 さ れ た 十 階 建 て の ビ ル の 三 階 に 、 岡 野 の 個 展 会 場 は あ っ た 。 入 り 口 で 手 渡 さ れ た パ ン フ レ ッ ト か ら 、 会 場 で は 絵 の 販 売 も 行 っ て い る こ と を 青 木 は 知 っ た 。 見 れ ば 、 そ れ ぞ れ の 絵 の 下 に 金 額 が 表 示 さ れ て い る 。 す で に 、 ほ と ん ど の 作 品 に 、 売 約 済 み の 小 さ な 赤 い 紙 が ら れ て い た 。 せ い き よ う 「 盛 況 だ な 」 か ん た ん 青 木 は 思 わ ず 感 嘆 の 声 を あ げ た 。 日 さ す が に 最 終 日 と あ っ て 、 人 は あ ま り 多 く は な か っ た が 、 か な り の 金 額 の 絵 が 売 れ て い 金 た か ら だ 。 年 老 い た 画 家 な ら と も か く 、 本 人 を 知 っ て い る だ け に 、 あ の 世 間 知 ら ず の よ う な 岡 野 に こ ん な 商 才 が あ る と は 思 わ な か っ た の で あ る 。 め っ た 「 凄 い な 。 こ う い う 所 に は 滅 多 に 来 な い か ら 知 ら な か っ た が 、 絵 っ て こ ん な に 高 い も の な

黄金の日々月夜の珈琲館


126 総 合 病 院 と は い え 、 そ こ で は 終 業 時 刻 を 過 ぎ る と 、 医 局 に は 誰 も 残 っ て は い な い の が 常 だ っ た 。 当 直 医 も 、 こ こ で は 早 々 に 当 直 室 で 待 機 す る 決 ま り に な っ て い る ら し い ひ ま 都 心 部 か ら 離 れ て い る せ い で 比 較 的 暇 と い う こ と も あ る が 、 言 っ て み れ ば 病 院 自 体 の 体 質 だ ろ う 。 勤 務 中 は 熱 心 だ が 、 自 分 の プ ラ イ ベ ー ト も 大 切 。 だ か ら 必 要 以 上 に 他 人 に 干 し よ う ふ ん い き 渉 は し な い 、 と い う 雰 囲 気 が そ こ に は あ っ た 。 し し よ う た だ 、 厳 し い 所 に な る と 関 係 者 以 外 の 入 室 は 固 く 禁 じ て い る の に 比 べ 、 そ こ で は 支 障 が な い 限 り 、 知 り 合 い が 医 局 に 出 入 り す る こ と に も 寛 大 だ っ た 。 か ん さ ん 青 年 と 一 一 度 目 に 会 っ た の は 、 そ ん な 終 業 時 刻 を 過 ぎ た 閑 散 と し た 医 局 の 中 で の こ と だ っ た 。 エ レ ベ ー タ 1 の 一 件 か ら 、 小 一 時 間 ほ ど 後 の こ と で あ る 。 患 者 だ ろ う か ? そ れ と も 、 上 へ 行 く と い う こ と は 、 見 舞 客 か ? そ う こ う 考 え て い る う ち に 、 エ レ ベ ー タ 1 が 病 棟 を 示 し て 停 ま っ た 。 い ろ い ろ と 気 に は な っ た も の の 、 ス ト レ ッ チ ャ ー と 共 に そ こ で 降 り る と 、 青 木 は 残 し て き た 仕 事 へ と 頭 を 切 り 替 え な が ら 病 室 へ と 向 か っ た 。 か ん

黄金の日々月夜の珈琲館


す る と は 思 え な か っ た の で あ る 。 手 術 は ど う だ っ た ん だ ろ う は け ん 遠 く に シ ャ ワ ー の 音 を 聞 き な が ら 、 菊 地 は 数 日 前 か ら 都 内 の 派 遣 病 院 に 出 張 し て い た 青 木 の こ と を 思 っ た 。 珍 し い 症 例 の 手 術 が あ る か ら と 、 教 授 か ら 第 一 一 助 手 と し て 出 向 を 命 じ ら れ て い た の だ 。 派 遣 病 院 と は 、 大 学 の 医 局 と 公 式 の 関 わ り を 持 ち 、 大 学 か ら 医 局 員 を 不 定 の 周 期 で 派 遣 せ ん ご く だ い み よ う し て も ら っ て い る 病 院 を 指 す 。 教 授 を 戦 国 大 名 に た と え る な ら 、 派 遣 病 院 は そ の 勢 力 下 で じ ろ に あ る 出 城 の よ う な も の だ 。 誰 を ど こ の 病 院 に 出 す か は 教 授 が 決 め る 。 そ の せ い か 、 医 者 の 中 に は 大 き な 組 織 の 一 員 と し て 働 く よ り 、 も う 少 し 自 由 に 個 人 の 判 断 で 診 察 か ら 手 術 ま で で き る 派 遣 先 で の 仕 事 を 志 願 す る 者 も 少 な く な い 。 さ ん か 日 関 連 病 院 も ま た 似 た よ う な も の で 、 各 地 の 主 要 な 病 院 は 、 概 し て 皆 ど こ か の 大 学 の 傘 下 金 に あ る の が 常 だ 。 病 院 側 も ま た 、 大 学 と 手 を 組 む こ と で 医 師 の 要 員 確 保 を 保 証 し て も ら っ て い る の を 考 え れ ば 、 教 授 に と っ て そ れ ら 派 遣 先 は 、 自 分 の 息 の か か っ た 支 配 可 能 な テ リ ト リ ー で あ り 、 そ の 数 と 配 分 が 、 そ の ま ま 教 授 、 ひ い て は 大 学 の 勢 力 を 示 す の で あ る 。 一 か か