検索 - みる会図書館

全データから 213966件ヒットしました。

黄金の日々月夜の珈琲館


今 : ・ 青 木 さ ん か ら 聞 き ま し た だ っ た ら 言 っ と く べ き か な 僕 は ね ・ : 彼 に 運 命 的 な 何 か を 感 じ て る ん で す よ そ う : 運 命 的 な も の ? え え ー ー ー そ う で す

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか


物 語 で 読 む 技 術 者 の 倫 理 と 社 会 的 責 任 そ の と き 、 エ ン ジ ニ ア は 何 を す る べ き な の か Alastair S. Gunn 著 藤 本 温 / 松 尾 秀 樹 訳 P. Aarne Vesilind 森 北 出 版 株 式 会 社

意思決定入門


「 何 が し た い の か 」 力 「 何 を な す べ き な の か 」 情 「 現 状 は ど う な っ て い る の か 」 定 「 そ れ は な ぜ な の か 」 思 と い う 質 問 を 投 げ か け て み る こ と で す 。 こ れ を 家 を 建 て る と い う ケ ー ス で 考 え て み ま し よ う 。 「 何 が し た い の か 」 と い う 質 問 か ら は 、 「 家 族 で そ ろ っ て 住 め る 家 が 欲 し い 」 と か 、 「 都 心 の べ き な の か 」 を は っ き り さ せ る こ と で し よ 、 つ 。 「 情 報 収 集 の 目 的 」 と 「 知 る べ き こ と 」 は 別 の も の で す 。 た と え ば 、 受 験 生 な ら 、 情 報 収 集 の 目 的 は 「 〇 〇 大 学 に 合 格 す る こ と 」 で 、 知 り た い こ と は 「 そ の 大 学 の 難 易 度 ・ 偏 差 値 」 「 効 率 的 な 勉 強 法 」 「 そ れ に 向 い た 参 考 書 」 な ど に な っ て く る わ け で す 。 も ち ろ ん 、 情 報 収 集 の 第 一 段 階 か ら 「 知 る べ き こ と 」 の 全 容 が 見 え る こ と は ま れ で す 。 多 く の 場 合 は 「 知 る べ き こ と 」 を 調 べ る と こ ろ か ら 情 報 収 集 は ス タ ー ト し ま す 。 い い か え れ ば 、 情 報 収 集 と は 知 る べ き こ と を 順 を 追 っ て 追 求 し て い く 過 程 と い う こ と で す 。 し い か と い う と 、 意 思 決 定 の た め で は 、 さ し あ た っ て ど こ か ら 「 知 る べ き こ と 」 を 調 べ れ ば ゝ 情 報 収 集 に あ た っ て の 「 知 る べ き こ と 」 は 、 「 意 思 決 定 の 目 的 を 果 た す た め 」 に 、 自 分 は 、

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


た 原 因 の 一 つ に 、 「 何 げ ー と い う 言 葉 の 意 味 が 不 分 明 に な っ て い る こ と が あ り ま す 。 「 何 げ な い ー の 「 何 」 は 、 「 何 と な く ー や 「 何 の 5 も な い 」 の 「 何 ー と 同 様 に 、 〈 そ こ に ふ さ わ し い 何 か 〉 を 指 し ま す 。 そ も そ も 、 「 何 を 持 っ て く る の か ? 」 と い っ た 疑 問 の 用 法 は 、 〈 持 っ て く る も の が あ る 〉 こ と が 前 提 と な っ て 、 そ こ に 当 て は ま る 適 当 な も の が ど れ か わ か ら な い こ と を 表 す の で あ り 、 「 飲 む も の 、 何 か な い ? 」 の 「 何 か 」 が 〈 飲 む に 適 し た し か る べ き も の 〉 を 指 す の と 基 本 は 同 じ で す 。 特 に 問 題 と な る よ う な も の が な い の が 、 「 何 と な く ー 「 何 の 問 題 も な い ー で あ り 、 〈 し か る べ き 意 図 や 考 え 〉 が な い 様 子 が 「 何 げ な い ー で す 。 一 方 で 、 「 な ん か 、 寂 し い ね ー 「 何 か と 忙 し く て ー の よ う に 、 は っ き り と し な い ま た は は っ き り と さ せ な く て も 良 い 状 況 を カ こ の 「 な ん か 」 「 な に か 」 で 表 す 言 い 方 も あ り ま す 。 「 何 げ 、 ゝ と 同 様 に 解 釈 さ れ る と 、 〈 し か る べ き こ と が あ る 状 況 〉 で は な く 、 〈 特 に は っ き り さ せ る こ と も な い 状 況 〉 と い っ た 全 く 逆 の 使 う の は ど っ ち ? 「 彼 は 本 を 読 ま 宀 な ・ な さ 〉 す き る 」 、 ど っ ち ? 「 す ぎ る 」 が 、 動 詞 未 然 形 十 否 定 の 助 動 詞 「 な い 」 に 続 く と き 、 「 5 な す ぎ る 」 と 「 5 な さ す ぎ る 」 の 形 を み か け る ( 「 本 を 読 ま な 過 ぎ る 」 と 書 く 作 家 も あ れ ば 、 「 本 を 読 ま な さ 過 ぎ る 」 と 書 く 作 家 も あ る ) 。 「 さ 」 が 入 る の は 、 助 動 詞 「 な い 」 と 形 容 詞 「 無 い 」 と を 混 同 し た も の で 、 一 般 的 に は 「 5 な す ぎ る 」 。 0 ) 三 ] 24

ソーシャルもうええねん


人 は 、 最 初 、 何 も で き ま せ ん 。 そ し て 、 大 人 に な っ て も 多 く の 分 野 で 無 知 で す 。 何 も で き な い と 、 す べ て が 嫌 い に な り ま す 。 何 で も で き る と 、 す べ て が 大 好 き に な る の か も し の で す が 、 そ う で は な い 人 の ほ し れ ま せ ん 。 若 い と き に 、 大 変 好 き な こ と を 見 つ け た 人 は い 、 う が 圧 倒 的 に 多 い と 思 い ま す 。 そ の た め 、 若 い と き に 、 「 好 き な こ と を や り な さ い 」 と 言 わ れ て も 、 そ も そ も 、 好 き な こ と も 、 で き る こ と も 、 選 択 肢 が 少 な す ぎ る の で す 。 そ し て 、 年 を 取 っ て も 、 案 外 、 で き る こ と も 好 き な こ と も 少 な い で す 。 こ れ は 、 と て も よ く な い こ と で す 。 本 音 を 言 う と 、 僕 は ネ ッ ト の プ ロ グ ラ ム が 大 嫌 い で し た し 、 触 り た く も あ り ま せ ん で し た 。 や っ た こ と は な か っ た の で す が 、 ネ ッ ト の プ ロ グ ラ ム に 長 け た 人 た ち に は 、 頭 が 悪 そ う で 、 159 第 4 章 最 後 に よ か っ た と 思 え る 人 生 を

現代日本の文学 1 二葉亭四迷 樋口一葉 集


た き を 、 何 と し て 何 に と せ ば 松 野 が 心 の 迷 い も 覚 め 、 竹 村 あ か の 君 へ 我 が 潔 白 を も 顕 さ れ ん 、 方 に ま れ 憎 く き 人 一 人 あ ら ば 、 斯 く ま で 胸 は な や ま じ を 、 敢 な の 身 や と う ち 仰 げ ば 空 に 澄 む 月 影 き よ し 、 肘 を 寄 せ た る 丸 窓 の も と に 何 ん の か げ さ さ や お ぎ 囁 き そ 風 に 鳴 る 荻 の 友 ず り 、 我 が 蔭 ご と か 哀 れ は ず か し 、 ま ろ に し き 見 渡 す 花 園 は 夜 る の 錦 を 月 に ほ こ り て 、 転 ぶ 白 玉 の 露 う る わ し し 、 思 え ば 誰 れ も 消 ゆ る 世 な る を 、 我 が 身 一 ツ な き 物 に せ ば 、 何 方 に 何 の 障 り か 有 る べ き 、 我 れ 憂 き 世 の 厭 わ し き は 今 は じ め た る こ と な ら ず 、 捨 て ん は 兼 て よ り の 願 い な く べ き こ と な ら ず と 嫣 然 と 笑 み て 静 か に 取 出 す 料 紙 す す り す み 硯 、 墨 す り 流 し て 筆 先 あ ら た め つ 、 書 き 流 が す 文 誰 れ 誰 れ が 手 に 落 ち て 明 日 は 紀 念 と 見 ん 名 残 の 名 筆 か た み ひ じ か ね

「やり残しゼロ!」の仕事術60


「 や る べ き こ と 」 を 書 い て は い け な い ま ず ひ と つ め 、 「 今 日 、 な さ れ る べ き こ と は 何 か で す 。 「 や り た い こ と 。 で も 、 「 や る べ き こ と 」 で も な く 、 「 な さ れ る べ き こ と 」 と い う の が ポ イ ン ト で す 。 「 や り た い こ と 、 「 や る べ き こ と ー の ど ち ら も 、 「 自 分 が 」 や り た い こ と 、 「 自 分 が ー や る 自 分 を 主 体 に 置 い て し ま う と 、 「 本 当 に や へ き こ と の よ う に 、 主 語 は 自 分 で す 。 し か し 、 ら な い と い け な い こ と 」 が 見 え に く く な っ て し ま い ま す あ り が ち な の は 、 「 自 分 の キ ャ リ ア ア ッ プ の た め に 、 自 分 は 何 を や る べ き か 」 と か 、 「 自 分 の 役 職 や 立 場 を 考 え る と 、 何 を し な い と い け な い か 、 だ っ た り 、 「 上 司 に 文 句 を 言 わ れ な い た め に は 、 何 を し な い と い け な い の か 」 を 考 え て し ま う こ と で す 。 し か し 、 こ れ で は 何 の た め に 仕 事 を し て い る の か 、 わ か ら な く な っ て し ま い ま す 。 part 3 ダ ン ド リ で は 、 こ の ◆ 先 読 み ◆ が 効 い て く る

アヒルと鴨のコインロッカー


麗 子 さ ん が 車 に 乗 り 込 ん だ 。 ド ア が 閉 ま る と 、 動 き 出 す の は 早 く 、 あ っ と い う 間 に 坂 道 を 越 え て 行 っ た 。 僕 た ち は そ れ を 最 後 ま で 見 送 る こ と も な く 、 ア パ ー ト へ と 向 か っ て 歩 き 出 す 。 河 崎 に 何 と 声 を か け る べ き か 、 悩 ん で い た 。 励 ま す べ き な の か 、 麗 子 さ ん 同 様 に 自 首 を 勧 め る べ き な の か 、 そ れ と も 、 「 嘘 だ ろ 」 と 無 力 な 言 葉 を 繰 り 返 す べ き な の か 。 そ う し て い る と 河 崎 の ほ う か ら 、 「 椎 名 、 こ の 後 は 暇 か ? 」 と 言 っ て き た 。 「 今 日 は も う 大 学 に 行 く 気 力 も な い か ら 、 予 定 時 刻 は 、 午 後 の 二 時 半 と い う と こ ろ だ っ た 。 は 何 も な い よ ー と 正 直 に 打 ち 明 け る 。 河 崎 は 照 れ 臭 そ う に 唇 を 曲 け て 、 そ れ か ら こ う 言 っ た 。 「 神 様 を 閉 じ 込 め に 行 か な い か ? 」 は じ め て 会 っ た 時 と 、 ま っ た く 同 じ 印 象 を 受 け た 。 あ 、 こ れ は 悪 魔 の 言 葉 に 違 い な い な 、 と 田 5 っ た 。 ハ ス に 乗 っ て 駅 へ と 向 か う 。 目 的 は 分 か ら な か っ た け れ ど 河 崎 が 、 「 駅 に 行 き た い ん だ 」 と 言 う の で 、 従 う こ と に し た 。 僕 の 役 割 は 「 お 人 好 し ー ら し い の で 、 逆 ら う べ き で は な い 。 ー っ 越 し て き た ば か り の 時 車 内 で は 何 を 話 し て い い の か 分 か ら ず に 、 窓 の 外 を 眺 め て い た リ に は 物 珍 し く 、 未 知 の 風 景 に 思 え た 。 今 は も う 、 ご く 普 通 の あ り き た り の 景 色 と し か 見 え な か 351

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


演 習 問 題 《 解 答 》 【 演 習 問 題 一 】 主 語 ・ 主 部 司 現 代 五 g 訳 ① 申 す べ き の 条 / 申 す べ き で あ る と い う こ と は ② 出 頭 せ ざ る の 条 / 出 頭 し な い と い う こ と は ③ 披 露 せ し む べ き の 条 / 披 露 す る べ き で あ る と い う こ と は ④ 乱 妨 を 致 す べ か ら ざ る の 条 / 乱 暴 を し て は い け な い と い う こ と は ⑤ 無 沙 汰 の 段 / 何 も し な い と い う こ と は ⑥ 仰 せ 出 さ る る の 趣 / 仰 せ 出 さ れ た 内 容 は ⑦ 沙 汰 を 致 す の 篇 / ( 何 か を ) す る と い う こ と は ⑧ 訴 訟 を 申 す の 段 は / 訴 訟 す る と い う こ と は ⑨ こ の 状 の 趣 は / こ の 文 書 の 内 容 は ⑩ 知 行 を 全 う す べ き の 状 / 土 地 の 支 配 を 全 う せ よ と の こ と は ま っ と 演 習 問 題 《 解 答 》 ノ 82

知的生活習慣


も 知 っ て い た が 、 こ う い う 知 的 会 話 の 会 で 食 べ な が ら お し ゃ べ り す る の は 山 海 の 珍 味 に ま さ る か も し れ な い 。 た だ 注 意 し な い と い け な い の は 、 し ゃ べ り な が ら 食 事 を す る ご え ん と 食 べ た も の を の ど に つ ま ら せ や す い 。 誤 嚥 は こ わ い 人 の 名 前 を 出 す と 、 ゴ シ ッ プ や 、 か げ 口 に な り や す い 。 な る べ く 人 の 名 を 出 さ な い 。 で き る だ け 、 あ っ た 話 で は な く 、 未 来 に 向 か っ た 浮 世 ば な れ た こ と を 、 み ん な で つ つ ゞ 、 ま っ 」 り よ / 、 な る き 合 っ て た の し む 。 そ う す る と 、 め い め い の 頭 の は た ら き カ そ う い う 仮 説 の も と に 心 お き な く 、 何 で も 思 っ た こ と を し ゃ べ る 。 お そ ら く 、 こ ん な に ・ 楽 し い こ と は ほ か に あ る ま 、 と 思 わ れ る 。 会 の 日 を そ の 都 度 決 め る の は 面 倒 だ か ら 、 私 は 一 計 を 案 じ た 。 ク か さ ね 会 ク に す る の で あ る 。 一 月 一 日 は 別 格 例 外 と し 、 二 月 二 日 、 三 月 三 日 、 四 月 四 日 と 、 数 字 の 重 な る 日 に き め る と 、 忘 れ る こ と も な く 、 ず っ と さ き ま で 日 が き ま っ て 便 利 で あ る 。 も う 十 年 く ら い 続 い て い る が 、 こ う い う 会 は ひ と つ に 限 る の は 残 念 で あ る 。 毎 月 の 第 三 木 曜 日 を 面 会 日 に し た 人 も あ る か ら 、 第 何 曜 会 な ら い く つ で も で き る 。 第 三 木 曜 の 三 木 会 、 第 一 土 曜 の ク い ち ど 会 ク も こ し ら え た 。 138