検索 - みる会図書館

全データから 212884件ヒットしました。

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


そ の エ グ ゼ ク テ イ プ が 実 践 し て い る 「 話 す 技 法 」 堅 苦 し い 話 し 方 は 行 き す ぎ で す ! 和 香

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


堅 苦 し く な る 原 因 は 4 つ あ り ま す 「 言 葉 づ か い 」 以 外 の 原 因 と は ? 話 し 方 の 印 象 は 「 言 葉 づ か い 」 の ほ か に も 、 「 内 容 」 「 話 の 組 み 立 て 、 「 見 た 目 に よ っ て も 変 わ り ま す 。 行 き す ぎ た 堅 苦 し さ を 生 む 原 因 は 何 な の か 、 大 き く わ け る と 次 の 4 つ が 考 え ら れ ま す 。 原 因 ① 「 内 容 」 ・ : ・ : あ り き た り で 無 難 な 内 容 原 因 ② 「 言 葉 づ か い 」 : : : 敬 語 だ ら け の 過 剰 な 丁 寧 さ 、 面 白 み の な い 表 現 原 因 ③ 「 話 の 組 み 立 て 」 : : : 形 式 ば っ た 話 の 構 成

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


文 末 表 現 し だ い で 信 頼 感 が 増 し ま す 柔 ら か さ を 生 む 「 ロ 語 的 な 表 現 」 と は ? 話 し 方 が 堅 苦 し く な っ た り 、 軽 く な り す ぎ た り し て い る 原 因 は 、 「 書 き 言 葉 」 と 「 話 し 言 葉 ー の 混 同 で す 。 「 書 き 言 葉 、 を そ の ま ま 話 す と 堅 苦 し く な り ま す 。 「 話 し 言 葉 」 を そ の ま ま 書 く と 軽 く な り ま す 。 「 話 し 一 言 葉 」 の 柔 ら か さ で 、 且 つ 、 「 書 き 言 葉 」 の 重 さ で 書 く 。 こ れ が 信 頼 さ れ る た め の 理 想 で す 。 「 話 し 言 葉 」 そ の ま ま で は な く 「 ロ 語 的 な 表 現 ー を 使 う こ と が 話 し 方 に 柔 ら か さ を 生 み 出 す の で す 。

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


は じ め に 「 聞 く ほ ど の 価 値 は な い 」 そ う 感 じ て し ま う の で す 。 人 前 で 話 す 以 上 、 適 度 な 「 重 み ー 「 カ タ さ ー は 必 要 で す が 、 行 き す ぎ た 「 堅 苦 し さ 」 は マ イ ナ ス な の で す 。 せ つ か く 準 備 し て 臨 ん だ ス ピ ー チ を 誰 も 聞 い て く れ な い う え に 、 「 不 慣 れ 」 「 堅 物 」 と 失 笑 を 買 う と い う 事 態 を 招 か な い た め に も 早 急 に 対 策 を じ ま し よ 、 つ 。 カ チ ガ チ の 武 装 を 解 く 方 策 は 何 か ? そ れ が 、 「 崩 す 」 こ と な の で す 。 崩 す と い っ て も 、 す べ て の 言 葉 を や さ し く 言 い 換 え た り 、 話 の 内 容 を 軽 く し た り す る わ け で は あ り ま せ ん 。 あ く ま で も ワ ン ホ イ ン ト だ け 、 さ ら っ と 崩 す の か ミ ソ な の で す あ な た が 、 こ れ ま で 身 に つ け て き た 話 し 方 の す べ て を 変 え る 必 要 は あ り ま せ ん 。 「 こ う あ る べ き 」 と 考 え て い た ス ピ 1 チ の 「 き ち ん と 感 」 を 少 し だ け ほ ぐ し て み る と お 考 え く だ さ い 。 「 正 し い 日 本 語 」 と い う 文 法 の ル ー ル は 守 り な が ら 、 目 の 前 に

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


2 - 堅 苦 し く な る 原 因 は 4 つ あ り ま す ・ 「 言 葉 づ か い 」 以 外 の 原 因 と は ? 3 「 書 き 言 葉 」 の ま ま 話 し て い ま せ ん か ? ・ 「 な が ら 聞 き 」 で も わ か る = = ロ 葉 を 使 い ま し ょ - っ 4 一 語 彙 は 日 常 会 話 で 使 う 1600 語 で 十 分 ・ 「 や さ し い 日 本 語 ニ ュ ー ス 」 サ イ ト は 参 考 に な り ま す ・ 名 詞 と 動 詞 を 減 ら し ま し ょ 一 つ 5 「 し な や か マ ト リ ク ス 」 で 自 己 点 検 を ー ・ 正 統 派 ス ピ ー チ で は 、 「 重 さ 」 に 加 え て 「 柔 軟 性 」 が カ ギ に な る ・ 「 4 つ の ゾ ー ン 」 、 そ れ ぞ れ の 話 し 方 の 特 徴 と は ? い ん ぎ ん ぶ れ い ⅱ >< 「 慇 懃 無 礼 表 現 」 【 軽 い >< カ タ い 】 【 軽 い >< 柔 ら か い 】 =>< 「 ぶ し つ け 表 現 」 =>< 「 堅 苦 し い 表 現 」 ( 場 面 限 定 な ら 〇 ) 【 重 い >< カ タ い 】 【 重 い >< 柔 ら か い 】 〇 「 信 頼 表 現 」 -6 っ ~ 2 っ 4 っ 4 OO っ 】 ContentS

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


ひ と つ 目 の 「 言 い 換 え 」 は 、 さ き ほ ど の 例 で 「 ご 足 労 い た だ き ー を 「 わ ざ わ ざ お 越 し い た だ き 」 と 言 い 換 え た よ う な 例 で す 。 「 言 い 添 え 」 と は 、 言 葉 を 付 け 足 す こ と で す 。 「 話 し 方 が 堅 苦 し い と い う 従 来 の 自 分 の イ メ ー ジ を 払 拭 で き る よ う 努 力 し ま す と 周 り に 宀 旦 一 言 す る と し ま し よ 、 つ 。 こ の 言 い 方 自 体 が 四 角 四 面 な 感 じ が し ま す ね 。 そ こ で 「 言 い 換 え 」 と 「 言 い 添 え 」 を 使 い ま す 。 「 話 し 方 が 堅 苦 し い と い う こ れ ま で の わ た し の イ メ ー ジ を 払 拭 、 取 り 除 く こ と か で き る よ 、 つ 努 め ま す 太 字 の 部 分 が 言 い 換 え 、 言 い 添 え た 例 で す 。

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


第 6 章 も っ と し な や か に 話 せ る ! 万 全 の 「 準 備 」 と は ? 3 身 体 の カ タ さ を 取 り ま し よ 、 つ 正 し い 深 呼 吸 を し て い ま す か ? 人 前 で 話 し て い る 人 を 見 た と き に こ ち ら ま で 息 苦 し く な る 一 番 の 原 因 は 、 話 し て い る 本 人 の 身 体 が ガ チ ガ チ に 固 ま っ て い る こ と で す 。 緊 張 の た め で し よ う 。 右 手 右 足 を 一 緒 に 出 し て 歩 き 、 そ の ま ま 直 立 不 動 で 話 し 始 め る よ う な 方 で す 。 全 身 に 力 が 入 り 肩 が 上 が っ て 、 息 も 浅 い ま ま 話 す の で 、 本 人 も 相 当 苦 し い は ず で す 。 視 覚 か ら 伝 わ る あ な た の 身 体 の カ タ さ は 、 話 し 方 全 体 を 堅 苦 し い も の に し て し ま い ま す 。 こ う し た 方 を 見 る と 側 に 寄 っ て い っ て 、 「 ま ず は 肩 の 力 を 抜 い て 、 大 き く 175

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


第 1 章 そ の 話 し 方 は 、 こ の 「 崩 し 」 で 見 違 え ま す こ ん な ふ う に 、 崩 し 方 の ガ イ ド ラ イ ン を つ く っ て お く と よ い の で す 。 こ れ な ら ス ピ ー チ 原 稿 を 書 く と き も 肩 の 力 が 抜 け ま す し 、 人 前 に 立 ち 、 話 を す る と き に も 、 よ り 気 持 ち が 楽 に な り 、 自 然 体 で ス ピ ー チ を す る こ と が で き ま す 。 こ の 他 に も 、 話 が 堅 苦 し く な る 原 因 は あ り ま す 。 そ こ で 本 書 で は 、 カ タ く な る 原 因 を 探 り 、 そ れ ら を 払 拭 す る た め の 急 所 を お 伝 え し て い き ま す 。 あ く ま で も ガ イ ド ラ イ ン に す ぎ ま せ ん の で 、 最 終 的 に は 、 ご 自 身 の 立 場 や キ ャ ラ ク タ ー 場 の 目 的 に ふ さ わ し い も の に ア レ ン ジ し な が ら お 使 い く だ さ い 人 前 で の 話 を 必 要 以 上 に 窮 屈 に 、 息 苦 し い も の に し な い た め に も 、 一 緒 に 話 し 方 を 改 釜 ロ す る ヒ ン ト を 探 し て 参 り ま し よ 、 つ 。

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


第 1 章 そ の 話 し 方 は 、 こ の 「 崩 し 」 で 見 違 え ま す 「 懸 念 し て い ま す ー 「 左 様 で ご ざ い ま す ー 「 5 し た 次 第 で す ー 実 は こ れ ら は 話 を カ タ く す る 要 因 に な る 言 葉 で す 。 そ れ ぞ れ の 言 葉 を 使 う 上 で の 注 意 点 や 言 い 換 え 例 に つ い て は 別 章 で 説 明 し て い ま す 。 や は り 、 「 話 の 印 象 」 を 大 き く 左 右 す る の が 「 言 葉 づ か い ー で す 。 ま ず は 堅 苦 し さ を と き ほ ぐ す 急 所 で あ る 「 言 葉 づ か い ー を 崩 し て い き ま し よ う 。 繰 り 返 し ま す が 、 「 崩 す 」 と い っ て も 、 く だ け す ぎ れ ば 軽 く な り ま す 。 で す か ら 、 ど こ か 一 部 分 だ け 崩 し て い き ま す 。 た と え ば 、 文 末 に 「 5 し た 次 第 で す 。 を た く さ ん 使 っ て い る 方 は 、 「 5 し た と い う わ け で す 」 や 「 5 と 思 っ た わ け で す 」 と い う 表 現 に す る こ と で 、 文 語 体 の カ タ い 印 象 が や わ ら ぎ ま す 。 自 分 の 考 え を 伝 え る と き は 、 次 の よ う に 言 い 換 え て み る の は い か が で し よ う 。

その堅苦しい話し方は行きすぎです!


第 7 章 話 し 方 を 磨 く 「 指 針 」 を お 持 ち く だ さ い 余 裕 が あ る と き は 、 そ の 様 子 を ビ デ オ で 撮 っ て 自 分 で 「 形 」 を 確 認 し ま す 。 地 道 な 作 業 で す 。 し か し 、 こ う す る こ と で は じ め て 、 会 場 に 行 っ た そ の 場 の 雰 囲 気 に 合 わ せ て 変 更 す る こ と が で き る の で す 。 堅 苦 し い か ら 個 性 的 に 話 そ う と 、 い き な り 型 破 り を 目 指 さ な い で く だ さ い ま ず は あ な た の 話 し 方 の 基 本 の 「 形 」 を つ く り ま し よ う 。 そ の た め に は 、 同 じ テ ー マ で 同 じ 話 を 何 度 も 人 前 で や っ て み る こ と で す 。 ひ た す ら 同 じ こ と を や る こ と で 「 形 」 が 見 え て き ま す 。 同 じ 話 を 何 度 も 聞 い て く れ る 相 手 が い な い 場 合 は 、 ビ デ オ 撮 影 で か ま い ま せ ん 。 自 分 が 客 観 的 に 自 分 の 話 を 聴 く 客 に な り ま し よ う 。 「 形 を 持 つ 人 だ け が 、 形 を 破 れ る ー こ れ が で き た と き に は 、 話 し 方 を 芸 の 域 に ま で 極 め た 美 し さ が 手 に 入 る こ と で 1 ) よ 、 つ 203