検索 - みる会図書館

全データから 215030件ヒットしました。

たった3つのクセを直せば人生がうまくいく


E T P R I N C C C E 人 生 S U た い く T H っ た 3 つ の ク セ を 直 せ は E S E E F U L I P L が H R S S B A S I C う ま く F O R 本 田 直 之 中 経 出 版

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


よ う に な っ た 。 < O が 入 っ て 3 O に な っ た と き に 、 人 気 が あ る ほ か の 3 O ハ ン ド の コ ピ 】 を す る 道 も あ っ た は ず だ 。 か の う せ い し か し オ レ ン ジ レ ン ジ は 、 3 O に な っ た と き に 新 し い 可 能 性 が 広 が っ 芦 一 / 、 じ た こ と を 実 感 し 、 独 自 の 道 を 歩 く こ と に 決 め た の で あ る 。 3 人 が ひ と つ の ボ ー カ ル ・ パ 1 ト を か わ る が わ る 歌 う の で は つ ま ら な い 。 3 人 の 個 性 を 生 か す こ と が で き れ ば 、 他 の バ ン ド に は な い 面 白 い こ と が で き そ う だ 、 と 思 っ た か ら だ 。 や く わ り 実 は 3 O に な っ た と き に 、 3 人 の 役 割 を ど う し よ う か 、 と い う 具 体 的 な 話 し 合 い は な く 、 歌 い や す い と こ ろ を 歌 い た い 人 が 歌 っ て い た ら 、 自 殀 1 ト に 分 か れ て い た の だ と い う 。 ぶ つ か る こ と も な く 、 す ん な り と そ る れ ぞ れ の 持 ち 場 を 見 つ け て い る 。 は っ き り と 計 算 し た わ け で は な い が 、 や 第 3 章 高 校 生 バ ン ド が ん ば る こ せ い

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


318 う な ず 今 ま で 恐 ら く 何 遍 か 、 訊 い た に 違 い な い 事 を 又 繰 返 し た 。 直 子 は 点 頭 い た 。 「 さ あ 、 う ち の 先 生 は 何 と い わ れ た か 知 り ま せ ん が 、 私 に 「 赤 ち ゃ ん は 連 れ て 来 な か っ た の か ? 」 は ど う も は っ き り し た 事 は 言 え ま せ ん よ 。 実 は コ レ ラ か と 「 置 い て 参 り ま し た 」 し り ひ ざ た い ぎ い う 心 配 も あ っ た が 、 そ ん な 事 は な い ら し い 。 腹 と 尻 を 充 大 儀 そ う に 、 開 い た ま ま の 片 手 を 直 子 の 膝 の と こ ろ に 出 に ぎ り し 分 に 温 め 、 強 心 剤 で 持 た し て い れ ば 、 余 病 の 出 な い か ぎ し た の で 、 直 子 は 急 い で 、 そ れ を 両 手 で 握 締 め た が 、 そ の り 、 大 概 直 る と 思 う ん だ が : 手 は 変 に 冷 め た く 、 か さ か さ し て い た 。 う ち な た だ み 「 何 し ろ 家 の 人 が 留 守 な の で 、 留 守 中 そ ん な 事 が あ る と 、 謙 作 は 黙 っ て 、 直 子 の 顔 を 、 眼 で 撫 で ま わ す よ う に 只 視 い ま か つ な に び と 私 も 実 に 困 る ん で す よ 」 て い る 。 そ れ は 直 子 に は 、 未 だ 嘗 て 何 人 に も 見 た 事 の な む こ う ま な ざ し 「 も う 先 方 の 奥 さ ん が 来 た の だ か ら 、 貴 女 は そ う や ぎ も き 、 柔 か な 、 愛 情 に 満 ち た 眼 差 に 思 わ れ た 。 せ ん で も い い で し よ う 」 「 も う 大 丈 夫 よ 」 直 子 は こ う 言 お う と し た が 、 そ れ が 如 何 「 私 は ど う も 様 子 が 悪 い よ う に 思 わ れ て : ・ : こ に も 空 々 し く 響 き そ う な 気 が し て 止 め た 程 、 謙 作 の 様 子 は ひ ど ん と う 「 心 臓 が 甚 く 衰 弱 し て 了 っ た の で 、 私 も 本 統 の 所 、 何 方 と 静 か で 平 和 な も の に 見 え た 。 き の う も 言 え な い ん だ が : ・ : こ 「 お 前 の 手 紙 は 昨 日 届 い た ら し い が 、 熱 が あ っ た の で 、 ま 「 ど う も 様 子 が 悪 い 」 そ う 繰 返 し 、 寺 の 上 さ ん は 大 袈 裟 に だ 見 せ て 呉 れ な い 」 た め い き う な す 溜 息 を つ い た 。 医 者 は 黙 っ て 、 只 烟 草 を 喫 ん で い た 。 直 子 は ロ を 利 く と 、 泣 出 し そ う な の で 、 只 点 頭 い て い と ど ろ な お し ば ら 直 子 は 胸 を 轟 か せ 、 し 外 見 は 出 来 る だ け 冷 静 を 装 う た た 。 謙 作 は 尚 、 直 子 の 顔 を し き り に 眺 め て い た が 、 暫 く す こ う ふ ん つ も り で 入 っ て 行 っ た が 、 矢 彊 り 亢 奮 か ら 、 眼 を 大 き く 見 る と 、 あ お む 開 き 、 見 る か ら に 緊 張 し て い た 。 謙 作 は 仰 向 け に 寝 た ま 「 私 は 今 、 実 に い い 気 持 な の だ よ 」 と 言 っ た 。 お っ し ゃ ま 、 眼 だ け を 向 け 、 そ う い う 直 子 を 見 た 。 直 子 も 亦 、 眼 の 「 い や ! そ ん な 事 を 仰 有 っ ち ゃ あ 」 直 子 は 発 作 的 に 思 わ お ち く ぼ す っ か り 落 窪 ん だ 、 頬 の こ け た 、 顔 色 も 青 黄 色 く な っ た 、 ず 烈 し く 言 っ た が 、 そ し て 全 体 に 一 ト ま わ り 小 さ く な っ た よ う な 謙 作 を 見 て 胸 「 先 生 は 、 な ん に も 心 配 の な い 病 気 だ と 言 っ て い ら っ し ゃ が 痛 く な っ た 。 彼 女 は 黙 っ て 、 枕 元 に 坐 り 、 お 辞 儀 を し る の よ 」 と 言 い 直 し た 。 し や が た 。 謙 作 は 聴 き と り に く い 嗄 れ た 声 で 、 謙 作 は 疲 れ た ら し く 、 手 を 握 ら し た ま ま 眼 を つ む っ て 了 お だ や 「 一 人 で 来 た の か ? ー と 言 っ た 。 っ た 。 穏 か な 顔 だ っ た 。 直 子 は 謙 作 の こ う い う 顔 を 初 め て は お た ば こ の お お け さ ひ ら し ま

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


わ す さ っ た ば そ れ か ら の 3 日 間 、 男 は 食 事 を 取 る こ と も 忘 れ る ほ ど 、 悩 み に 悩 ん だ 。 び っ し り 並 ん だ 札 束 じ ゃ み よ う を 思 い 出 し て は 箱 に 手 を 伸 ば し 、 自 分 の 寿 命 9 年 と ー 00 万 ド ル を 比 べ て は 、 深 い た め 息 を つ い た 。 こ の ま ま の 自 分 の 人 生 に ー 00 万 ド ル の 価 値 は あ る の だ ろ う か ? そ う し て 悩 み 続 け た 最 後 の 夜 、 男 は と う と う 箱 の ふ た に 手 を か け た 。 じ ゅ み よ う 「 家 族 と 暮 ら せ る チ ャ ン ス が あ る な ら 、 9 年 の 寿 命 な ど 惜 し く は な い 。 そ も そ も 家 族 の い な い 人 生 な ど 意 味 が な い で は な い か 」 の う り 脳 裏 を よ ぎ っ た の は 、 も う 半 年 以 上 も 会 っ て い な い 妻 子 の 顔 だ っ た 。 人 生 を や り 直 し て 、 も じ ゅ み よ う う 一 度 家 族 と 一 緒 に 暮 ら せ る な ら 、 田 年 の 寿 命 な ど ど う な っ た っ て 構 わ な い 。 う す ぐ ら か が や 薄 暗 い 電 灯 の 下 で 、 赤 い ボ タ ン は エ デ ン の 園 の リ ン ゴ の よ う に と び き り 美 し く 輝 い て い る 。 か ん し よ く 男 は 「 よ し 」 と 一 つ う な ず く と 、 ボ タ ン を 押 し た 。 ( ホ タ ン は 思 っ た よ り も 軽 い 感 触 だ っ た 。 ほ え み か け た 。 い か が で す か ? 私 は 3 日 後 に 箱 を 取 り に ま い り ま す か ら 、 そ れ ま で に お 心 を 決 め て く だ さ で ん と う さ い し

「もうひとりの自分」を思いどおりに動かす!マーフィーの言葉CDブック


卩 直 観 心 の 底 か ら の 確 信 と は 、 言 葉 で は う ま く 言 い 表 せ ま せ ん し 、 根 拠 を 説 明 す る こ と も で き ま せ ん 。 な ぜ な ら 、 そ れ は 意 識 で は な く 、 無 意 識 と い う 潜 在 意 識 か ら 生 じ て い る か ら で す 。 そ れ は 、 「 直 観 」 と い う 声 を 通 じ て あ な た に 語 り か け て き ま す 。 何 か に 集 中 し て い る と き に 、 過 去 に 経 験 し た り 、 人 か ら 聞 い た り 、 何 か で 読 ん だ わ け で も な い の に 、 ふ と 新 し い 考 え が ひ ら め く こ と が あ り ま す 。 ュ ン グ に よ れ ば 、 こ れ は 潜 在 意 識 に あ る 情 報 が 引 き 出 さ れ た 結 果 で あ り 、 す べ て の 人 は 潜 在 意 識 を 通 し て 、 人 類 共 通 の 集 合 的 無 意 識 と い う 心 の 大 海 に つ な が っ て い る の だ そ う で す 。 い つ も 軽 や か に 、 柔 軟 に 、 常 に 心 を 開 い て い ま し よ う 。 そ れ が 、 直 観 の も た ら す ひ ら め き を 敏 感 に 察 知 す る た め の 絶 対 条 件 で す 。 Track 18 2 倍 速 Track 17 3 倍 速 Track44 4 倍 速 2 0

シナリオ 2016 2月号


事 で す 。 私 は ア ニ メ や 子 ど も ド ラ マ を 五 百 本 ほ ど 書 い て き ま し た 。 初 稿 で 通 っ た の は 数 本 。 あ と は 一 行 一 句 か ら 大 直 し ま で 数 々 あ り ま し た 。 ア ニ メ を 書 い て い た と き 、 プ ロ デ ュ ー サ ー 氏 の 駄 目 だ し が き つ く 、 若 い 女 性 ラ イ タ ー が 三 宅 直 子 泣 き べ そ で 、 「 そ ん な に 言 う な ら 自 分 で 書 け ば い い の に 」 と 言 う の で 、 「 そ 、 つ よ ね 」 と 私 も う な す い た の で す が 、 そ の プ ロ デ ュ ー サ ー 氏 は 、 シ ナ リ オ の 面 白 い と こ ろ は 「 こ こ 面 白 い ね 」 と 言 っ て く れ ま し た 。 こ の コ 1 ナ ー は 通 信 講 座 を 受 講 し て い る 思 う こ と も あ る だ ろ う と 思 っ た の で す 。 過 日 、 第 鬨 回 創 作 テ レ ビ ド ラ マ 大 賞 の 授 賞 一 方 々 に 誌 上 で 補 講 を し て い る も の で す が 、 シ シ ナ リ オ に は 直 し が 付 き も の で す か ら 、 長 式 に 行 っ て き ま し た 。 今 年 は 999 本 の 応 募 ナ リ オ 一 般 の こ と と し て お 話 し て い き ま す 。 年 シ ナ リ オ 業 を や っ て い る と 直 し が あ っ て 当 が あ っ て 、 大 賞 1 編 、 佳 作 1 編 、 奨 励 賞 2 編 一 最 近 、 シ ナ リ オ の 直 し に つ い て 思 う こ と が た り 前 と な っ て い ま す 。 で も 、 直 し に 慣 れ て の 受 賞 で し た 。 私 も 一 一 次 審 査 に 加 わ り ま し た あ り ま し た 。 あ る 講 座 で の こ と 、 私 が 受 講 生 い な い 人 に は 、 何 か 指 摘 さ れ る と シ ョ ッ ク を が 、 そ の 中 に は 受 賞 作 は あ り ま せ ん で し た 。 の ひ と り こ 、 大 賞 は 翌 々 年 の 3 月 に ド ラ マ と な り 、 放 映 。 い く つ か 気 に な る 箇 所 を 指 摘 し 受 け る の で し よ う 。 さ れ ま す 。 ド ラ マ 化 に は 直 し が 入 り ま す 。 た と こ ろ 、 彼 女 が 気 色 ば ん で 、 た と え 、 自 分 の 作 品 が 完 璧 だ と は 思 っ て い な く て も 、 け な さ れ た 、 否 定 さ れ た と 衝 撃 を 大 賞 受 賞 者 に 祝 辞 を 贈 っ た 方 々 が 、 「 先 生 の 一 言 う 通 り に 直 し た ら 、 わ た し の 作 品 受 け る の で は な い で し よ う か 「 直 し に め げ な い で 頑 張 っ て 」 と 、 エ ー ル を で は な く な り ま す 」 と 言 っ た の で す 。 ま た 別 の 文 章 講 座 で も 、 シ ナ リ オ に は 直 し が 付 き も の と い う の は 、 送 っ て い ま し た 。 「 小 説 家 も 編 集 者 の ア ド バ イ ス で 手 を い れ る シ ナ リ オ 作 法 に い ろ い ろ な 技 法 が あ っ て 、 そ ち な み に 、 こ の 創 作 テ レ ビ ド ラ マ の 前 身 は そ う だ 」 と 話 す と 、 れ を い か に 駆 使 す る か が 問 わ れ ま す 。 算 数 の 『 懸 賞 テ レ ピ ド ラ マ 』 コ ン ク ー ル と 言 っ て Z 「 そ れ じ ゃ 、 誰 が 書 い た か 分 か ら な い じ ゃ あ よ う に 答 え は 一 つ で は な く 、 い ろ い ろ の 意 見 の 主 催 で 、 私 は こ の 時 に 応 募 し 大 賞 を い た だ き ま し た 。 1970 年 の こ と で す が 出 て き ま す 。 そ れ を い っ た ん 受 け 入 れ て か り ま せ ん か 」 と 、 す か さ ず 言 う 人 が い ま し た 。 私 は 一 瞬 、 言 葉 に 詰 ま り ま し た 。 が 、 そ 、 つ ら 、 表 現 し て い く の が シ ナ リ オ ラ イ タ ー の 仕 そ の 時 は さ ほ ど の 大 直 し は な か っ た も の の シ ナ ソ オ 皿 シ ナ リ オ 作 家 協 会 通 信 講 座 誌 上 教 室 通 信 講 座 生 と シ ナ リ オ 志 望 者 へ 直 し は 誰 の も の か

たのしく読める世界のすごい歴史人物伝


ル ー 、 ク ラ ッ ス ス ポ ン ペ イ ウ ス な お そ こ で 、 み だ れ た 政 治 を 立 て 直 そ う と 手 む す を 結 ん だ 3 人 の 男 が あ ら わ れ ま し た 。 ク ラ ソ ス ス と ポ ン ペ イ ウ ス 。 そ し て も 、 つ ひ と リ そ の な か で 力 を つ け た の が 、 カ エ サ ル で す 。 か い わ カ エ サ ル は き さ く な せ い か く で 、 会 話 が 上 手 。 戦 も う ま く 民 の 人 気 も 高 か っ た の で 、 ち ゅ う し ん あ っ と い う ま に 政 冶 の 中 心 へ の ぼ リ つ め ま に ) よ 、 つ 亠 9 く 火 一 ち か ら お と こ せ い と か い 生 徒 会 に り つ こ う し ま す ! 学 園 に ′ ・ い や 、 理 事 が み ヒ め る オ し が せ い と か い ち ょ う 生 徒 会 長 に な る ー た す く も 助 け ま す ー

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


ス 、 か な い と い う 表 情 を 浮 か べ て い た 。 政 次 を 睨 み つ け る 者 酒 肴 を 運 ん で き た 正 室 の 祐 が 、 心 配 そ う に 言 っ た 。 も 少 な く は な い 。 祐 は 今 川 家 の 一 門 、 新 野 家 の 出 だ っ た 。 娘 が 一 人 い る だ け そ の 中 で も 、 ひ と き わ 敵 意 の 籠 っ た 視 線 を 向 け て い る の は 、 で 、 男 子 に は 恵 ま れ な か っ た も の の 、 直 盛 は 今 川 家 を 憚 っ て 直 盛 の 従 兄 弟 に 当 た る 肥 後 守 直 親 だ っ た 。 二 十 六 歳 に な る 直 側 室 を 持 た ず に い る 。 親 は 、 男 子 の い な い 直 盛 の 養 子 に な っ て い る 。 「 五 月 に は 出 陣 い た す 。 し ば ら く は 、 忙 し く な る そ 」 直 親 が 小 野 一 族 を 憎 む の も 、 無 理 か ら ぬ 話 だ っ た 。 「 ご 武 運 を お 祈 り い た し て お り ま す 。 井 伊 家 と 今 川 家 の た め 、 直 親 の 父 ・ 彦 次 郎 直 満 は 今 か ら 十 六 年 前 、 小 野 政 直 に よ っ し か と お 働 き く だ さ い ざ ん そ て 今 川 家 へ の 謀 叛 を 企 て て い る と 讒 訴 さ れ た 。 そ れ を 信 じ た 妻 と し て 不 満 は な い が 、 井 伊 家 の 苦 境 を 本 当 に 理 解 し て い 義 元 は 、 彦 次 郎 直 満 と そ の 弟 ・ 平 次 郎 直 義 を 駿 府 へ 呼 び 寄 せ 、 る の か ど う か 。 内 心 に 嘆 息 を 漏 ら し 、 注 が れ た 酒 を 飲 み 干 す 。 そ の 途 上 、 謀 叛 の 咎 に よ り 誅 殺 し た の だ 。 そ し て 、 井 伊 谷 に 「 と こ ろ で 、 お 寅 は 息 災 か ? 」 残 っ て い た 直 親 も 殺 害 せ よ と の 命 を 出 す 。 「 は い 。 た だ 、 相 変 わ ら す の 男 勝 り で 、 剣 の 稽 古 な ど に 励 ん ま だ 幼 か っ た 直 親 は 、 直 盛 の 計 ら い で 信 濃 へ 落 ち 延 び 、 十 で い る よ う で す が 年 に 及 ぶ 雌 伏 を 余 儀 な く さ れ た 。 井 伊 谷 へ 戻 る こ と が で き た 「 そ う か 。 ま っ た く 、 困 っ た も の よ 」 の は 、 政 直 の 死 と 、 直 盛 の 取 り 成 し が あ っ て の こ と だ 。 直 親 十 九 歳 に な る 一 人 娘 の お 寅 は 、 若 く し て 出 家 し 、 井 伊 家 の を 養 子 と す る こ と に 政 次 は 強 く 反 対 し た が 、 他 に 井 伊 家 を 継 菩 提 寺 で あ る 龍 泰 寺 に 入 っ て い た 。 ぐ べ き 男 子 は い な い と 、 直 盛 が 押 し き っ た 形 だ っ た 。 元 々 、 お 寅 は 直 親 を 婿 に 迎 え る は す だ っ た が 、 十 六 年 前 の と は い え 、 義 元 を 後 ろ 盾 と す る 小 野 一 族 の 権 勢 に 対 抗 す る 騒 動 で 直 親 が 井 伊 谷 を 離 れ た た め 、 婚 約 は 解 消 さ れ て い た 。 の は 、 容 易 な こ と で は な い 。 直 盛 が わ す か で も 不 穏 な 動 き を そ し て 六 年 前 に 戻 っ て き た 直 親 は 、 す で に 正 室 を 迎 え 、 子 ま す れ ば 、 義 元 は 井 伊 家 そ の も の を 潰 し に か か る か も し れ な い で 生 し て い た の だ 。 の だ 。 小 野 一 族 と は 互 い に 妥 協 点 を 探 り な が ら 、 波 風 立 て ぬ 代 わ っ て お 寅 の 嫁 ぎ 先 の 候 補 に 挙 が っ た の が 、 小 野 政 次 だ よ う や っ て い く し か な い 。 っ た 。 し か し 、 お 寅 は こ れ を 拒 絶 し て 自 ら 髪 を 下 ろ し 、 直 盛 居 室 に 戻 る と 、 直 盛 は 酒 を 命 じ た 。 と 祐 の 説 得 に も 耳 を 貸 さ す 、 仏 門 に 入 っ て し ま う 。 「 お 疲 れ の よ う に ご ざ い ま す ね 。 ま た 、 戦 だ と 伺 い ま し た そ う し た 激 し い 気 性 ゆ え 、 寺 で 大 人 し く 読 経 に 励 ん で い ら れ る は す も な い 。 お 寅 は い っ た い 何 の つ も り か 、 寺 男 や 若 い カ 13 野 望 の 狭 間

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


ど う し た ? が あ い え ち ょ っ と : な ん か 適 当 っ て 感 じ っ ′ ) つ 、 つ : せ つ か く 一 , だ っ た の に ま た 全 部 道 を 覚 え 直 さ な き や : 1 0 月 21 日 今 日 は 休 憩 所 で 山 本 部 長 に 恥 す か し い 姿 を 、 見 せ て し ま ら た に 3

怨讐の交差点 霊鬼綺談


3 日 か け て 湊 は 人 以 上 の 同 級 生 に 連 絡 を し た 。 学 校 か ら 帰 っ て き て は 部 屋 に 閉 じ こ も り 、 夜 遅 く ま で 電 話 を し て い る 湊 に 、 両 親 は 初 め は 親 友 が 死 ん だ シ ョ ッ ク か ら 立 ち 直 る た め に 仕 方 な い と 思 っ て い た よ う だ っ た が 、 3 日 目 に な る と さ す が に 注 意 し た 。 と っ 「 湊 、 い い 加 減 に し な さ い 。 リ カ コ ち ゃ ん が 亡 く な っ て か ら 、 取 り 憑 か れ た よ う に 電 話 ば か り し て 。 リ カ コ ち ゃ ん の 自 殺 の 原 因 を 探 ろ う と し て い る ん だ ろ う け ど 、 そ ん な こ と し て ど う な る っ て い う の ? 」 メ モ 帳 に 書 き 出 し た 最 後 の 同 級 生 に 電 話 し 終 わ っ た 後 、 母 親 が 部 屋 に 入 っ て き た 。 「 立 ち 聞 き し て た の ? お 母 さ ん 。 そ れ に リ カ コ は 自 殺 な ん か じ ゃ な い わ 」 眉 を 寄 せ て ち ら り と 母 親 を 睨 む と 、 湊 は メ モ 帳 を 眺 め 始 め た 。 点 2 ペ ー ジ に わ た っ て 名 前 と 電 話 番 号 が 書 き 出 し て あ る 。 湊 が 知 り 得 る か ぎ り の リ カ コ と 交 付 き 合 い が あ っ た 同 級 生 た ち だ っ た 。 讐 「 な に 言 っ て る の 、 認 め た く な い の は わ か る け ど 、 リ カ コ ち ゃ ん は 自 殺 だ っ た の よ 」 怨 人 以 上 の 名 前 の 中 で チ ェ ッ ク が つ い て い る の は 3 人 。 湊 以 外 に リ カ コ が 意 味 不 明 の 電 四 = 一 口 を か け た 友 達 だ っ た 。 さ ぐ