検索 - みる会図書館

全データから 213704件ヒットしました。

たのしい室内あそび ③えんぴつ・ものさしあそび


こ の し い 室 内 あ そ び 3 え ん び つ ・ も の さ し あ そ び 井 史 小 峰 書 店

涼宮ハルヒの消失


目 ざ と い 同 級 生 や 俺 の 無 断 エ ス ケ ー プ を 知 る 教 師 ど も に 発 見 さ れ な い う ち に 、 俺 た ち は そ こ 凵 に 行 か ね ば な ら な い 。 つ う し よ う 通 称 旧 館 、 部 室 棟 三 階 に あ る 団 本 拠 地 、 正 式 に は 文 芸 部 の 部 室 へ と 。 と び ら 今 度 の 扉 は ノ ッ ク し て か ら 俺 が 開 い た 。 「 よ う 、 長 門 」 め が ね テ ー ブ ル に 、 ー ド カ バ ー の 図 書 館 本 を 立 て か け て 読 ん で い た 眼 鏡 の 顔 が す っ と 上 が っ た 。 長 門 は 俺 を 見 て 安 堵 し た よ う に 息 を 吐 き 、 続 い て 現 れ た ハ ル ヒ に 目 を 丸 く し 、 そ の ハ ル ヒ に 抱 え 込 ま れ て い る 朝 比 奈 さ ん の 姿 に 口 を 開 け 、 末 尾 を つ と め た 古 泉 の 登 場 に 至 っ て 絶 句 し た 。 ま っ ぴ と 、 つ ほ ん き ょ ち

全寮制男子校物語![蜜月篇]


238 「 菱 田 副 会 長 ! 」 そ の と き 作 戦 司 令 室 に ひ と り の 生 徒 会 役 員 が あ わ て ふ た め い た 調 子 で 飛 び こ ん で き て 、 菱 田 は 京 夜 か ら 目 を 離 し た 。 き の し た 「 な ん だ 、 ど う し た ん だ 木 下 ? 」 ゅ う れ い 「 幽 霊 だ 「 な に ? と っ ぴ ょ う し あ ま り に 突 拍 子 も な い 返 答 に 、 菱 田 も 周 り に い た 役 員 た ち も 笑 っ て い い の か 驚 い た ら い い の か 判 断 を つ け か ね て 、 し ん と な る 。 菱 田 が 木 下 の 痩 せ た 肩 に 手 を 置 い て 、 静 か に 訊 き 直 し た 。 「 木 下 、 落 ち 着 け 。 も う 一 度 言 っ て み ろ 。 ゆ っ く り で い > 「 ご っ 、 ご め ん 。 大 丈 夫 。 あ あ え っ と 、 花 咲 川 の 土 手 の ほ う で 幽 霊 を 見 た っ て さ わ い で る 連 中 が い て 、 ま さ か と 思 っ て 僕 も 行 っ て み た ん だ け ど 」 「 い た の か ? 「 ・ : い や 、 よ く 考 え て み た ら 、 あ れ は た だ の 女 の 人 か も し れ な い 。 で も 着 物 な ん か 着 て た ん で 「 着 物 ? 和 服 の 女 か ? 」 「 う 、 、 つ ん 。 ど う し よ う 。 僕 、 よ く た し か め も し な い で 走 っ て き ち ゃ っ た よ 」

ジャンクソード


112 お 。 そ れ も と ー っ て も 急 い で る ん だ わ 。 強 情 を 張 る の や め て 、 と っ と と 教 え て 下 さ ら な い か し ら あ ? ど こ に 居 る の か 、 知 っ て い る ん で し よ う ? あ な た と あ な た の 娘 さ ん は 彼 の 館 に 入 れ る っ て い う の 、 も う ウ ラ も 取 り 済 み な の よ う 。 だ か ら 、 ね 。 お ・ ね ・ か ・ い 」 「 い つ 見 て も べ っ ぴ ん さ ん や け ど な あ 、 あ ん さ ん 。 勿 体 な い な あ 、 化 粧 濃 す ぎ や で 」 に つ こ り と ほ ほ 笑 ん で い た 女 の 顔 が 、 一 瞬 の う ち に 引 き つ っ た 。 「 は じ め て い い わ ー き び す 短 く 言 い 捨 て 、 彼 女 は く る り と 踵 を 返 し た 。 も っ た い

現代日本の文学 26 尾崎 士郎 坂口 安吾 集


109 人 生 劇 場 い も の は な い 。 門 限 が あ っ て 十 時 に な る と 門 が し ま っ た 瓢 吉 の 存 在 は こ の 寄 宿 舎 の 中 に お い て も 半 日 に し て 変 っ が 、 し か し 、 そ ん な も の を 飛 び 越 す の は わ け の な い こ と だ て い た 。 ゆ え っ た し 、 ( 何 と な れ ば わ れ 等 は 「 自 由 」 で あ る が 故 で あ る ) 「 青 成 が 通 る ぞ 」 「 あ れ が 青 成 だ ー 」 ど っ く り 一 升 館 利 を 机 の そ ば に お い て 、 ち び り ち び り や り な が ら ノ 教 室 の 中 で 彼 の 耳 に ひ び い て ぎ た 同 じ 言 葉 を 彼 は 心 の 内 ー ト の 整 理 を し て い た と こ ろ で 誰 も 文 句 を 言 う も の は な か に も 外 に も 聴 い た 。 っ た 。 ( 何 と な れ ば わ れ 等 は 「 独 立 」 し た 意 志 を 持 っ て い そ の 夜 、 彼 の 同 室 者 で あ る 、 英 文 科 に い る 石 上 は 、 彼 の る か ら で あ る ) た め に こ っ そ り 正 宗 の 一 升 瓶 を は こ ん で き た 。 ( 石 上 は 大 せ が れ そ れ 故 、 古 株 で 、 学 生 仲 間 に 幅 の き い た や つ に な る と 、 阪 在 の 豪 農 の 伜 で 、 そ れ 故 お や じ か ら せ び り と る 学 資 の 大 か ぐ ら ざ か げ い し ゃ 夜 、 鳥 打 帽 を か ぶ り 、 袴 も つ け な い で 、 堂 々 と 入 口 の 半 は 神 楽 坂 の 芸 妓 買 い に つ ぎ こ ま れ て い た ) ち や わ ん 事 務 室 を の そ き こ み な が ら 、 そ の 一 升 瓶 を 机 の 上 に 置 い て 、 茶 碗 で ぐ い ぐ い や り だ し た と こ ろ だ 。 「 お い 、 ち ょ っ と 吉 原 へ 行 っ て く る か ら た の む ぜ 」 大 っ ぴ ら に こ う 宣 言 し て 出 て い っ た 。 こ ん な や つ を 咎 め ( そ こ へ 階 段 を の っ そ り あ が っ て 二 階 の 隅 に あ る 彼 の 部 屋 た と こ ろ で 仕 方 が な か っ た 。 彼 等 は ち ゃ ん と そ れ に 応 ず る の 前 へ 立 っ た 男 が い る ) た め の 言 葉 を 胸 の 底 に 用 意 し て い る か ら で あ る 。 「 青 成 君 、 い る カ ? 」 あ る 晩 、 泥 酔 し て 門 を と び 越 え て か え っ て き た 学 生 を 、 入 っ て き た の は 、 さ っ き 鶴 巻 町 で わ か れ た 新 海 だ っ た 。 き つ も ん 到 頭 若 い 事 務 員 が 見 る に 見 か ね て 詰 問 す る と 、 そ の 男 は 逞 「 ー ー ー う う ん 、 や っ ち よ る な 、 よ か と こ へ 来 た そ 」 し い 腕 で 事 務 員 の 胸 倉 を お さ え 、 ぐ い ぐ 、 し 壁 際 に 押 し て い ( し か し 、 そ う 言 い な が ら も 新 海 も ど こ か で 一 杯 や っ て き っ こ 0 「 余 計 な こ と を 言 う な 、 わ か っ と る ぞ 、 お れ は た と こ ろ ら し い ) 暴 力 団 じ ゃ な く て 学 生 だ 、 規 則 は お れ の 心 の 中 に あ る 。 貴 ぐ す ぐ ず お お く ま 様 等 の 干 渉 は 受 け ん ぞ 、 愚 図 愚 図 ぬ か す な ら 大 隈 の お や じ 五 月 の 夜 空 、 微 風 、 ー ー ・ 月 の か げ が 舎 室 の や ぶ れ 障 子 に 落 に 聴 い て 来 い ! 」 ち て 、 木 犀 の か お り が ど こ か ら と も な く た だ よ っ て く る 。 万 事 が こ ん な 風 だ っ た 。 ( あ あ 、 何 と 調 法 な 「 自 由 」 と 机 の 上 の 一 升 瓶 は ほ と ん ど 空 に な っ て い た 。 酔 う に つ れ 「 独 立 」 ー ) て 、 瓢 吉 の 心 は 今 ま で お さ え て い た 感 情 の 限 界 を ひ と つ ひ さ て 、 と っ と び 越 え て ゆ く 。 ( ま る で 身 体 が 宙 に う く よ う な 気 も と が た く ま び ん す み

たのしく読める世界のすごい歴史人物伝


し ば い 司 馬 懿 ! お ね が 、 い ! 曹 操 の 魏 、 孫 権 の 呉 、 劉 備 の 蜀 。 中 国 で は 後 漢 が ほ ろ び た あ と 、 た た か こ の 三 国 が は げ し い 戦 い を く り ひ ろ げ ま し た 、 こ の 時 代 は 三 国 時 代 と よ ば れ ま す 。 た た か 戦 い の 作 戦 を 立 て る 軍 師 や 、 武 将 が た く さ ん 活 や く し ま し ご 。 ち は う ) 」 く そ - っ そ - っ 司 馬 懿 司 馬 懿 仲 達 179 年 ~ 251 年 そ う そ う つ か 曹 操 に 仕 え た 魏 の 将 ぐ ん し よ く し よ か つ り よ う 軍 。 蜀 の 諸 葛 亮 と は 5 も 戦 っ た ラ イ バ し ば い ち ル 。 そ の 後 、 司 馬 ー ぞ く あ た ら 族 は 新 し い 国 「 晋 」 を つ く り 、 三 国 を ほ ろ ぼ し た 。 さ ん ・ こ く さ く せ ん 三 国 志 の ヒ ー ロ ー た ち さ ん ご く ご か ん さ ん ご く じ だ い そ ん け ん か っ ぐ ん し り ゆ - っ ぴ し ゅ う ゆ 周 瑜 呉 175 年 ~ 210 年 そ ん け ん さ さ 呉 の 孫 権 を 支 え た 軍 師 。 三 国 時 代 て も っ せ き へ き と も 有 名 な 「 赤 壁 の 戦 い 」 て 、 蜀 と と も に 魏 を や ぶ っ た 。 ふ と こ ろ の 深 い 人 物 。 ゆ う め い 最 強 の 国 、 魏 を た お す も ! し ん ぶ つ

中央公論 2016年7月号


す よ ね 。 も ち ろ ん 、 こ れ は 音 楽 の 優 要 で す ね 。 き っ と 興 味 深 い 発 見 が あ う な 感 じ が し な い で も な い で す ね 。 稲 増 私 的 に は ス パ イ ダ ー ス の 「 フ 劣 の 問 題 で は な い の で 、 は っ ぴ い え る と 思 い ま す よ 。 ん ど に は は っ ぴ い え ん ど の 良 さ が あ リ フ リ 」 な ん で す 、 一 九 六 五 年 の 。 亀 渕 さ ん は 、 音 楽 を 武 器 に 深 夜 放 送 た だ あ の こ ろ 、 は ロ ッ ク と い わ る ん で す け ど ね 。 な か っ た 。 は と い う ジ ャ ン 亀 渕 僕 た ち の 悪 い 癖 で 、 何 で も ジ プ ー ム を 巻 き 起 こ す な ど ラ ジ オ 人 気 を ャ ン ル 分 け し ち ゃ う け れ ど も 、 音 楽 牽 引 し 、 一 方 で 、 ニ ッ ポ ン 放 送 の 代 表 ル だ っ た ん で す 。 亀 渕 そ う で す ね 。 カ レ ッ ジ ボ ッ プ と し て 楽 し め れ ば 、 ど う で も い い じ 取 締 役 社 長 と し て 経 営 手 腕 を 発 揮 す る な ど 、 趣 味 人 と し て も 会 社 員 と し て も ゃ な い の と 思 い ま す が ス や カ レ ッ ジ フ ォ ー ク も あ っ た け ど 、 c5()n は Q5()n で し た 。 は っ ぴ い え ん ど 稲 増 そ れ は 正 論 な ん で す け ど 、 た 頂 点 を 極 め た 稀 有 な 存 在 で 、 現 在 は 、 が 知 ら れ る よ う に な っ た の は 、 内 田 だ 、 歴 史 と し て 残 す と き に は そ う し 再 び 好 き 日 楽 の 道 で 活 躍 さ れ て い る 。 次 回 は 、 わ が 国 に お け る 「 ビ ー ト ル 裕 也 さ ん と の 日 本 語 ロ ッ ク 論 争 か ら た 分 類 も 必 要 だ っ た り し ま す し 、 で し た よ ね 。 は こ の ま ま い く と 本 当 に 歴 史 の 中 ズ 論 」 の 先 駆 者 で あ る 元 示 大 学 教 授 の 佐 藤 良 明 さ ん を お 招 き し て 、 論 か ら も 葬 ら れ て し ま い そ う な の で 、 稲 増 何 か 、 は っ ぴ い え ん ど の ほ う が 頭 良 さ そ う で 思 想 性 が あ る と い う 今 、 一 生 縣 大 叩 頑 張 っ て 何 と か し よ う を 語 っ て い た た く 。 と 思 っ て い る ん で す 。 こ と だ っ た ん じ ゃ な い で す か 。 で も 、 は っ ぴ い え ん ど は ロ ッ ク じ ゃ な い と 亀 渕 確 か に そ う で す ね 。 は あ 思 い ま す 。 ロ ッ ク ン ロ ー ル の 元 祖 は れ だ け の 社 会 現 象 だ っ た ん だ か ら 、 音 楽 に と ど ま ら ず 、 そ の 裾 野 の 広 が 単 一 般 に 「 0 , ク ・ ア ラ ウ ン ド ・ ザ ・ り と い う の は も の す ご か っ た と 思 う ン ク ロ ッ ク 」 ( ビ ル ・ ヘ イ リ ー ) と 言 わ 、 『 一 れ = 」 = す 、 そ 0 流 れ ら 」 ら 、 ~ す 。 だ ら 、 今 0 う 、 」 、 そ 0 い 一 む し ろ キ ャ ロ ル の 方 が ロ ッ ク な ん で 体 験 談 を 掘 り 起 こ し て お く こ と は 必 こ の 連 載 に つ い て の ご 意 見 ご 感 想 、 OØ の 思 い 出 な ど を お 寄 せ く だ さ い 。 お 手 紙 は 「 中 央 公 論 OØ 係 」 、 E ・ mail は [email protected] chukO. CO. 一 0 ま で お 知 ら せ 183 グ ル ー プ サ ウ ン ズ 革 命

現代日本の文学 20 堀 辰雄 集


ま だ 三 時 頃 だ と い う の に も う す っ か り 薄 暗 く な っ た 窓 の ヘ さ し か か っ た と 思 う と 、 背 後 に 雑 木 林 を 背 負 い な が ら 、 も み 外 へ 目 を 注 い だ 。 と こ ろ ど こ ろ に 真 っ 黒 な 樅 を ま じ え な が 赤 い 屋 根 を し た 、 い く つ も 側 翼 の あ る 、 大 き な 建 物 が 、 行 か ら ま っ ら 、 葉 の な い 落 葉 松 が 無 数 に 並 び 出 し て い る の に 、 す で に く 手 に 見 え 出 し た 。 す そ 「 あ れ だ な 」 と 、 私 は 車 台 の 傾 き を 身 体 に 感 じ 出 し な が 私 達 は 八 ヶ 岳 の 裾 を 通 っ て い る こ と に 気 が つ い た が 、 ま の は ず あ た り に 見 え る 筈 の 山 ら し い も の は 影 も 形 も 見 え な か つ ら 、 つ ぶ や い た 。 節 子 は ち ょ っ と 顔 を 上 げ 、 い く ぶ ん 心 配 そ う な 目 つ き 汽 車 は 、 い か に も 山 麓 ら し い 、 物 置 小 屋 と 大 し て か わ ら で 、 そ れ を ぼ ん や り と 見 た だ け だ っ た 。 な い 小 さ な 駅 に 停 車 し た 。 駅 に は 、 高 原 療 養 所 の 印 の つ い サ ナ ト リ ウ ム に 着 く と 、 私 達 は 、 そ の 一 番 奥 の 方 の 、 裏 た 法 被 を 着 た 、 年 と っ た 、 小 使 が 一 人 、 私 達 を 迎 え に 来 て ぞ う ぎ ば や し が す ぐ 雑 木 林 に な っ て い る 、 病 棟 の 二 階 の 第 一 号 室 に 入 れ 駅 の 前 に 待 た せ て あ っ た 、 古 い 、 小 さ な 自 動 車 の と こ ろ ら れ た 。 簡 単 な 診 察 後 、 節 子 は す ぐ べ ッ ド に 寝 て い る よ う ま で 、 私 は 節 子 を 腕 で 支 え る よ う に し て 行 っ た 。 私 の 腕 の に 命 じ ら れ た 。 リ ノ リ ウ ム で 床 を 張 っ た 病 室 に は 、 す べ て 中 で 、 彼 女 が す こ し よ ろ め く よ う に な っ た の を 感 じ た が 、 真 っ 白 に 塗 ら れ た べ ッ ド と 卓 と 椅 子 と 、 ー ー ・ そ れ か ら そ の 他 に は 、 い ま し が た 小 使 が 届 け て く れ た ば か り の 数 箇 の ト 私 は そ れ に は 気 づ か な い よ う な ふ り を し た 。 ラ ン ク が あ る き り だ っ た 。 二 人 き り に な る と 、 私 は し ば ら 「 疲 れ た ろ う ね ? 」 く 落 着 か ず に 、 附 添 人 の た め に 宛 て ら れ た 狭 苦 し い 側 室 に 「 そ ん な で も な い わ 。 」 は い ろ う と も し な い で 、 そ ん な む き だ し な 感 じ の す る 室 内 私 達 と 一 緒 に 降 り た 数 人 の 土 地 の 者 ら し い 人 々 が 、 そ う さ さ や い う 私 達 の ま わ り で 何 や ら 囁 き 合 っ て い た よ う で あ っ た を ぼ ん や り と 見 廻 し た り 、 又 、 何 度 も 窓 に 近 づ い て は 、 空 が 、 私 達 が 自 動 車 に 乗 り 込 ん で い る う ち に 、 い つ の ま に か 模 様 ば か り 気 に し て い た 。 風 が 真 っ 黒 な 雲 を 重 た そ う に 引 ち ぎ ず っ て い た 。 そ し て と き お り 裏 の 雑 木 林 か ら 鋭 い 音 を 抗 そ の 人 々 は 他 の 村 人 た ち に 混 っ て 見 分 け に く く な り な が 立 い だ り し た 。 私 は 一 度 寒 そ う な 恰 好 を し て ・ ハ ル コ ン に 出 て 風 ら 、 村 の な か に 消 え て い た 。 私 達 の 自 動 車 が 、 み す ぼ ら し い 小 家 の 一 列 に 続 い て い る 行 っ た 。 ・ ( ル コ ン は 何 ん の 仕 切 り も な し に ず っ と 向 う の 病 村 を 通 り 抜 け た 後 、 そ れ が 見 え な い 八 ヶ 岳 の 尾 根 ま で そ の 室 ま で 続 い て い た 。 そ の 上 に は 全 く 人 け が 絶 え て い た の ま ま 果 て し な く 拡 が っ て い る か と 思 え る 凸 凹 の 多 い 傾 斜 地 で 、 私 は 構 わ ず に 歩 き 出 し な が ら 、 病 室 を 一 つ 一 つ 覗 い て こ 0 は っ ぴ テ エ プ ル

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


238 た 病 じ に が 所 悲 に 隅 鳴 と と 人 っ た き た て 知 ろ が と 間 が あ 室 匂 で さ ~ 人 つ 力 、 は な 獣 で ア 如 が た の 間 か に 段 の 叱 ず っ ぴ の た に 悲 や 声 て 使 れ 下 の ぎ 廊 の さ た 胸 に が よ い う 直 の な な 廊 カ が 能 の れ り 鹿 た き 恐 五 ご で で ん 寄 き 便 い 本 発 た す で に あ で 鳴 た な 。 い げ か 五 て た 義 の あ 耳 っ 抱 し の の る の さ ば 喚 し う が 鈴 し カ 走 の は し 如 鳴 り 叫 い に 。 た る 当 の る か 子 は 如 ら の っ か 。 室 如 に ひ ・ に い ま カ : 哉 か が あ と れ い ん け 狂 し 鈴 ら た い て い そ 鹿 れ 鳥 で 廊 柱 の ぎ そ り が し の 自 哉 し 分 は っ 喚 な げ し を そ な ま っ さ ま お ・ 1 ノ 声 が あ 叫 の る わ た で で わ 。 し 林 た た 、 を っ そ す に ば れ 単 ぎ 敷 突 た め に 用 一 で あ ら ッ ゃ ぎ か と つ に つ ま る し 、 目 リ び ~ 。 あ あ ず 別 っ と と 怖 臓 : あ あ さ る 瞬 糸 屯 し あ り : 男 と 、 あ り 、 哉 ツ に 女 ち か っ や か 如 造 る で 悲 方 鳴 、 あ っ の 声 に え し で の ま り け る の 声 の な で っ 来 の の し 、 く 。 を だ だ 密 、 鹿 る の と 父 の う に 叫 が 女 は 、 間 わ が 。 ま 絶 ん く 茶 と が わ れ う で り 使 の れ 便 い ふ が オ ど い 用 て さ 、 所 石 に 客 の た 便 こ 廊 ら つ 階 石 え は ら を あ 尺 し 。 所 し 、 か て の の 洗 た の つ い よ 叫 篁 う 喚 : 、 0 そ 上 な 太 な た 男 な 鈴 き で こ あ た と あ 。 て 鈴 し つ だ 鹿 ま づ え し 、 必 ば て 将 二 け 度 た 、 と も わ の す の 父 れ 悲 親 る 鳴 う 、 そ あ 下 な つ 。 中 く て も の も き た 声 じ か で と も あ ま っ ナ こ だ し っ う る ・ つ の は 消 い ・ 手 ・ つ る 幅 く い つ は 鳴 に た い を な 、 れ げ た ふ る え り ら の 叫 虎 本 肉 声 な あ 。 る か の い な 下 。 れ た け と 竹 。 れ そ は 声 び 苦 め を を あ 的 骨 。 鈴 げ く る け オ ど ク ) 、 の の 声 あ な は じ 似 か の し た つ 0 汝 ロ と 、 あ る な と 。 的 さ ぎ ッ や ア / 、 つ ′ つ た 奥 数 す を 。 た 何 と 。 事 、 わ 言 い の 鹿 つ の あ か た 便 ら と 縁 。 所 な こ そ は か 奥 の ら の ク ) た な ナ こ 、 間 中 て ナ ば 角 ぬ ろ つ に い 如 。 た 意 叫 キ 哉 通 に 、 あ て つ い て た ら た け し 太 を ナ い 初 も の と 原 し ば 始 み を 人 ナ か 声 え を 能 び 冫 て や し う の い し が 。 容 。 い い っ て っ た 最 声 を だ し . ぎ で き た 黒 っ ま よ 腑 ぶ た た 0 じ こ 殺 。 後 ク ) っ を ら な し 、 こ 声 し し 声 は な が だ た く の ナ こ 後 で ら に あ 四 と 世 。 を . 越 所 め の 便 も 病 が 太 す を 下 か し が 太 子 し よ つ い 供 な う が や 、 な つ ど い ん り 辛 に け す 。 ん カ : 若 ・ 糸 文 、 っ 十 き 話 た 歳 ど 方 室 お き っ き 々 え 叫 そ だ て い う つ 冫 こ . 人 。 世 た っ は の い 強 た う ら だ な で か 十 は あ ら 代 っ 辛 絹 っ 抱 も 0 す 青 る く て も た 庭 し す た 情 た 、 う た 廊 赦 や 太 ー 消 で な 声 て る の な 鈴 絹 れ だ っ 鹿 が る い 目 小 間 に い 如 押 男 し 悲 哉 方 、 悲 の 調 た 目 リ 付 て あ な 四 . る 。 よ 、 を な か な 如 話 カ 、 鳴 が を あ 、 哉 呻 青 か は 。 な た 如 い 母 殺 れ に び ず 病 を 、 室 は 、 瞬 哉 に 切 声 よ が く カ よ 申 3 つ ト い の げ て て は し カ : 、 な あ な き で か 。 は が 、 い 見 庫 く か ね の 出 け 方 て た 裡 り

完訳 日本の古典 第五十四巻 芭蕉句集


265 市 中 は の 巻 ウ く さ む ら わ び ど が ロ に す る 体 で あ る 。 前 句 の 、 灰 う ち た た き な が ら う る め を 食 べ る 侘 し い 生 州 筋 な ど を 見 込 ん だ 付 句 と み る 説 へ き ち が 導 か れ る 。 ま た 一 説 に は 「 飯 代 活 を 、 寒 村 僻 地 の さ ま と み て 、 そ の 不 自 由 な 土 地 の あ り さ ま を 、 銀 貨 な ど 見 た ′ 、 一 く り つ け を 銭 ( 銅 貨 ) で 要 求 さ れ た 旅 人 の 困 こ と も な い 、 と 句 作 し た 付 で あ る 。 「 不 自 由 さ よ 」 は 、 銀 な ど 使 お う と し て も 、 惑 」 を 付 け た も の と い う 。 三 「 フ こ こ で は 通 用 し な い 、 さ て さ て 不 便 き わ ま り な い こ と よ 、 と つ ぶ や く 都 会 人 の ジ ュ 」 ま た は 「 フ ジ ュ ウ 」 と 発 音 す こ と ば で あ ろ う 。 こ こ は 月 の 定 座 だ が 、 発 句 が 月 な の で 雑 に な っ て い る 。 べ き で あ ろ う 。 雑 。 一 と っ ぴ ょ う し ( 突 拍 わ き ざ し 子 ) 。 こ こ は 、 と っ ぴ ょ , っ し 来 た ゞ と ひ や う し に 長 き 脇 指 も な い 、 度 は ず れ た の 意 。 ド ヒ ョ へ ん び ウ シ ・ ド ビ ョ ウ シ と よ む 説 も あ る 全 く 度 は ず れ た 長 い 脇 差 で あ る こ と よ 、 と い っ た 意 で あ ろ う 。 前 句 は 、 辺 鄙 な か た い な か つ け く が 、 根 拠 は 不 明 。 『 猿 み の さ が し 』 片 田 舎 を 嘲 笑 し た よ う な 横 柄 な 口 調 で わ め い て い る さ ま と も よ め る 。 付 句 は 、 は 、 関 西 で は 「 と ひ や う し も な い 」 ゅ う き よ う そ う し た 人 物 を 博 徒 か 遊 侠 の 徒 と 見 定 め 、 そ の 男 の 風 体 に よ っ て そ の 人 柄 を 表 と い う 俗 語 が あ り 、 物 の 法 に は ず と っ ぴ ょ う し れ た こ と を 意 味 し 、 関 東 で 「 と っ し た も の で あ る 。 む ろ ん 、 突 拍 子 も な く 長 い と 眺 め て い る の は 第 三 者 で あ り 、 他 の 人 の 事 と し て 付 け た の で あ る 。 そ こ に 滑 稽 味 も 生 じ て く る 。 前 句 が や や 付 ひ や う じ も な い 」 と い う の は そ の あ し ら い づ け 訛 言 で あ る と い う 。 ニ 脇 差 。 腰 け に く い の で 、 そ の 人 の 持 物 を 配 し た 会 釈 付 の 句 で あ る 。 刀 。 近 世 で は 、 お も に 武 士 以 外 の か は づ 三 者 が 一 本 だ け 腰 に さ し た も の を 呼 ま ち ゃ っ こ が る タ ま ぐ れ 7 草 村 に 蛙 こ は ぶ 。 長 脇 差 は 町 奴 、 博 徒 の 類 の 異 称 と も な っ た 。 な お 一 説 に 、 こ れ を 山 歩 き に 必 要 な も の で 、 辺 鄙 な 夕 刻 、 草 む ら を 歩 い て 行 く う ち に 、 急 に 足 も と か ら 飛 び 出 し た 蛙 に び つ く り し 山 村 に 用 い る 風 習 が あ っ た と い う 。 て 、 こ わ が る さ ま で あ る 。 前 句 の 「 た ゞ と ひ や う し に 長 き 」 と い う と こ ろ に 、 春 ( 蛙 ) 。 一 叢 。 草 の 多 く 茂 虚 勢 を は っ て 強 が っ て い る 男 の 姿 が う か が え る が 、 そ の 本 性 を 臆 病 者 と み た の っ た 所 。 ニ 『 類 船 集 』 『 世 話 で あ る 。 前 句 に は ど こ か 間 の 抜 け た 男 の お ど け が 感 じ ら れ る が 、 そ れ を 蛙 を こ 焼 草 』 に 「 カ ハ ヅ 」 、 『 増 山 の 井 』 は わ が る 滑 稽 感 に 移 し て き た の で あ ろ う 。 「 長 脇 指 」 と 「 草 む ら の 蛙 」 の 取 合 せ 「 か へ る 」 と よ む 。 俗 語 と し て の 「 か へ る 」 が ふ さ わ し い と の 説 も あ に も お か し み が あ り 、 こ の あ た り が 蕉 風 俳 諧 の 笑 い の 世 界 で あ ろ う 。 「 こ は が