検索 - みる会図書館

検索対象: マリー・アントワネットの嘘

マリー・アントワネットの嘘から 173件ヒットしました。

マリー・アントワネットの嘘


第 五 章 マ ン ガ が 、 社 会 を 変 え て い 人 物 の 表 情 の し な や か さ と の バ ラ ン ス が 素 晴 ら し い 。 そ の お か げ で 、 彼 女 の 歴 史 マ ン ガ は 歴 史 家 が 読 ん で も 完 璧 な 上 に 、 一 般 の 人 々 に と っ て も と つ つ き や す い ん で す 。 彼 女 は ボ ル ジ ア や マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト な ど 、 歴 史 上 で は 風 刺 的 に 、 も し く は 象 徴 的 に 語 ら れ る こ と が 多 い 人 物 を 、 と て も 細 や か な ニ ュ ア ン ス で 描 く こ と が で き る 作 家 で す 。 一 般 に は 隠 蔽 さ れ て い る よ う な 史 実 の 詳 細 ま で 探 究 し よ う と い う 意 欲 と 共 に 、 最 新 の デ ー タ に 基 づ い た 作 品 を つ く り 上 げ よ う と す る 彼 女 の 努 力 が 見 え る ん で す 。 ポ ー ジ ャ ン 】 日 本 人 が 描 く ョ 1 ロ ッ パ の 歴 史 に 違 和 感 は あ り ま せ ん で し た か 。 ア ニ ュ 】 日 本 人 は ヨ ー ロ ッ パ 人 よ り も 歴 史 に お け る 「 紋 切 り 型 の イ メ 1 ジ ー か ら 脱 却 す る の が 早 い よ う に 思 い ま す 。 と く に マ ン ガ の 世 界 で は 顕 著 で す ね 。 稲 葉 】 別 の 見 方 を す れ ば 、 あ る 種 の 「 距 離 ー が あ る こ と で 、 日 本 人 が ヨ ー ロ ッ パ の 歴 史 を 描 く こ と を 可 能 に し て い る と も 思 い ま す 。 ヨ ー ロ ッ パ 人 は 歴 史 の 授 業 で 、 ア ン ト ワ ネ ッ ト や チ ェ ー ザ レ の よ う な 歴 史 上 の 人 物 た ち に つ い て 学 び ま す が 、 教 科 書 通 り の 161

マリー・アントワネットの嘘


る の に 、 な ん で 絵 の 方 が い い の か わ た し に は 謎 で し た け ど ( 笑 ) 。 と に か く 「 ど こ ま で 精 緻 に 描 け る か 」 と い う 挑 戦 が 、 自 分 の 一 番 の 興 味 で し た 。 「 描 く 、 こ と で 見 え て く る 真 実 百 科 事 典 の 挿 し 絵 の ご と く 、 正 確 に 物 事 を 描 き 出 す 。 そ の 過 程 で た く さ ん の 謎 に ぶ つ か る と 惣 領 は 言 、 つ 。 文 献 を 読 ん で い て も 、 そ の 光 景 が ま っ た く 相 像 で き な い こ と が 多 い ん で す 。 文 字 情 報 で は 、 事 実 の 半 分 し か 伝 え ら れ て い な い と 思 い ま す 。 「 〇 〇 さ ん は 、 〇 〇 し ま し た 」 と 書 か れ て い た と こ ろ で 、 そ れ が ど ん な 場 所 で 、 ど ん な 状 況 で 行 わ れ た か に よ っ て ま っ た く 意 味 は 変 わ っ て く る 。 で き る だ け 正 確 に 描 き た い か ら 、 や む な く デ ィ テ ー ル ま で 資 料 を 調 べ て も ら う し か な く な る ん で す ね 。 惣 領 の 言 う こ ほ れ 落 ち た 「 半 分 の 事 実 ー と は す べ て の 頭 の 中 で 映 像 と し て 再 現 す る 第 三 章 「 歴 史 美 術 の 職 人 」 と し て 103

マリー・アントワネットの嘘


プ ロ ロ ー グ た く さ ん の 誇 張 表 現 が あ ふ れ 、 何 よ り 彼 の 取 り 扱 っ た エ ピ ソ ー ド は 、 当 時 の ゴ シ ッ プ 紙 の 情 報 を 鵜 呑 み に し た ( あ る い は 、 一 あ え て 引 用 し た ) 資 料 に 基 づ き 書 か れ た も の が 巧 妙 に 入 り 交 じ っ て い た の だ 。 も ち ろ ん 、 ツ ヴ ァ イ ク の 本 業 は あ く ま で 伝 記 作 家 で あ っ て 学 者 で は な い 。 だ が こ の 本 は 大 ヒ ッ ト し 、 そ し て 人 々 は 時 に フ ィ ク シ ョ ン と し て 描 か れ た 物 語 を 歴 史 の 事 実 だ と 思 い 込 む 。 こ う し て ド ラ マ 仕 立 て で 描 か れ た 「 悲 劇 の 王 妃 」 の 物 語 に 、 人 々 は 陶 酔 し 、 ま た は 涙 し 、 そ れ は 歴 史 そ の も の に な っ て し ま っ た の だ 。 し か し 二 十 一 世 紀 に 入 っ て か ら 、 歴 史 研 究 者 た ち の 間 で こ う し た ね じ 曲 が っ て 伝 え ら れ て き た パ プ リ ッ ク イ メ 1 ジ の ど こ ま で が 史 実 だ っ た か を よ り 緻 密 に 調 べ 直 す 動 き 丿 ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト 不 屈 が 出 て き た 。 シ モ ー ヌ ・ ベ ル テ ィ エ ー ル に よ る 伝 記 『 マ 1 の 王 妃 』 と ジ ャ ン Ⅱ ク リ ス チ ャ ン ・ プ テ ィ フ ィ ス に よ る 伝 記 『 ル イ 十 六 世 』 の 二 冊 が ア ン ト ワ そ の 代 表 作 だ 。 そ し て 二 〇 一 六 年 、 こ の 二 冊 を ベ ー ス に 全 く 新 し い マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト と ル イ 十 六 世 の マ ン ガ が 生 ま れ た 。 そ れ が 惣 領 冬 実 に よ る 『 マ リ 1 ・ ネ ッ ト 』 だ 。 史 上 初 め て ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 が マ ン ガ を 監 修 し 、 取 材 、 資 料 提 供 に 全 面 協 力 し た 。

マリー・アントワネットの嘘


イ メ 1 ジ が 染 み 付 く だ け で 、 そ れ 以 上 は 興 味 も 持 た な い と 思 う ん で す 。 と こ ろ が 日 本 人 は 、 先 入 観 が そ れ ほ ど 強 く な い 分 、 自 分 自 身 で 新 た な 物 語 を 発 見 し 、 掘 り 進 め て い く こ と が で き る 。 こ れ が 、 日 本 人 が ヨ ー ロ ッ パ の 歴 史 を 描 く と き 、 ヨ 1 ロ ッ パ 人 以 上 に 面 白 く な る と い う 逆 転 劇 を 引 き 起 こ せ る 秘 訣 だ と 思 い ま す 。 ポ ー ジ ャ ン 】 今 回 の 『 マ リ ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト 』 の よ う に 、 マ ン ガ 家 ・ 惣 領 冬 実 と 日 仏 の 出 版 社 、 そ し て ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の よ う な 美 術 館 と の コ ラ ボ レ ー シ ョ ン は 、 フ ラ ン ス と 日 本 だ け で な く 世 界 の マ ン ガ 業 界 に ど ん な 革 命 を も た ら す と 考 え ま す か ? 稲 葉 【 新 し い 創 作 方 法 を 提 案 で き た か な 、 と 思 っ て い ま す 。 二 カ 国 が 協 力 し 合 っ て 作 品 を つ く り あ げ る と い う 試 み は 過 去 に も あ り ま し た が 、 二 人 の 編 集 者 が 漫 画 家 の 日 常 生 活 に 付 き 添 い 、 ネ ー ム の 監 修 と い う か た ち で 文 献 の 資 料 を 提 供 し 、 歴 史 家 と デ ィ ス カ ッ シ ョ ン を 重 ね な が ら 仕 事 を し た と い う の は 初 め て の こ と で は な い か と 思 い ま す 。 現 在 、 フ ラ ン ス で は 多 く の 出 版 社 が 日 本 語 を 話 せ る ス タ ッ フ を 抱 え て い る の で 、 日 仏 間 の や り と り は 非 常 に や り や す く な っ て い ま す 。 ま た 、 日 本 人 編 集 者 が フ ラ ン ス へ 162

マリー・アントワネットの嘘


「 描 く 」 こ と で 見 え て く る 真 実 ド レ ス へ の 執 着 す べ て の 職 人 に 対 す る リ ス ペ ク ト が あ る 映 画 の よ う に 、 異 国 の 景 色 へ 読 者 を 誘 う 第 四 章 対 談 ・ 萩 尾 望 都 >< 惣 領 冬 実 「 マ ン ガ 、 そ れ は 異 端 者 の た め の 芸 術 」 史 実 へ の ア プ ロ ー チ 妄 想 プ ロ フ ァ イ リ ン グ 衣 装 は 、 時 代 を 反 映 す る 芸 術 「 わ か り や す い 話 」 を 描 か な い 作 家 す で に あ る 「 残 酷 な 」 世 界 を さ ら け だ す い ま 、 歴 史 マ ン ガ を 描 く 理 由 時 代 へ の 「 違 和 感 」 と 「 危 機 感 」 114 112 107 103 145 143 139 135 129 126

マリー・アントワネットの嘘


オ ン を 応 援 し な が ら 眺 め 、 や っ と の こ と で 捕 ま え ら れ そ う に な っ た そ の 瞬 間 に 逃 げ 切 ら れ 、 ま た 孤 独 な 戦 い に 逆 戻 り す る こ と に 同 情 す る の で は な い で し よ う か 。 イ ン パ ラ 目 線 で 見 る と ラ イ オ ン は 残 酷 な 動 物 だ け ど 、 ラ イ オ ン 側 か ら 見 た ら た だ 一 所 懸 命 に 生 き て い る だ け で す 。 歴 史 は 勝 者 に よ っ て 語 ら れ ま す か ら 、 必 然 的 に ヒ ー ロ ー と 悪 役 が で き て し ま う の だ と 思 い ま す 。 で も 、 勧 善 懲 悪 の 、 一 方 だ け が 悪 い 世 界 な ん て 現 実 に は 存 在 し な い の で は な い で し よ う か そ の 意 味 で 、 歴 史 マ ン ガ を 描 く 上 で 最 も 気 を 付 け て い る の は 、 絶 対 に 登 場 す る キ ャ ラ ク タ ー を 都 合 良 く 正 当 化 し な い こ と で す 。 た と え 、 彼 ら の し た 行 為 が ど れ だ け 残 虐 だ っ た り 、 愚 か だ っ た り す る よ う に 見 え て も 、 正 当 化 も 批 判 も せ ず 、 そ こ に 至 っ た 動 機 と 事 実 だ け を 描 き た い と 思 っ て い ま す 。 た だ 物 語 で あ る こ と は 確 か な の で 、 私 な り の 作 品 づ く り は 追 求 し た い と 思 い ま す 。 ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト 』 の 作 中 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 で 暮 ら す 人 々 の 中 で 、 誰 の 言 っ て い る こ と が 本 当 な の か 、 そ れ を 探 し 求 め る マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 姿 が 描 か 『 マ リ 168

マリー・アントワネットの嘘


エ ピ ロ ー グ た ち が 首 を は ね ら れ て い ま す 。 そ れ を 後 の 時 代 の 人 間 が 結 果 論 か ら 無 条 件 に 正 当 化 し て い い も の な の で し よ う か ? そ れ を 許 す こ と は 、 歴 史 を 捏 造 す る こ と と 同 じ で は な し で し ょ 一 つ か 私 た ち は 、 歴 史 か ら 様 々 な こ と を 学 ぶ こ と が で き る 。 マ リ 1 ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 時 代 を 見 て も 、 思 想 の 転 換 期 に 起 き る 新 旧 の 体 制 の 衝 突 、 わ か り や す い イ メ ー ジ を 求 め る 民 衆 と そ れ を 提 供 し よ う と 競 い 合 う メ デ ィ ア 、 な ど 現 代 に 通 じ る 話 で あ る 。 そ し て フ ィ ク シ ョ ン が 大 ヒ ッ ト す れ ば 、 あ た か も そ れ が 歴 史 の 真 実 と し て 定 着 し て し ま う 。 も し か し た ら 作 家 の 意 図 さ え も 超 え て 。 だ か ら こ そ 惣 領 は 物 語 の 深 部 に 大 き な 謎 を 残 そ う と す る の か も し れ な い 。 惣 領 は 登 場 人 物 た ち に 答 え を 出 さ せ な い 。 常 に 読 者 に 問 い か け る の だ 。 本 来 な ら は っ き り し た キ ャ ラ ク タ ー を 打 ち 出 す の は マ ン ガ の 基 本 原 則 み た い な も の で す よ ね 。 だ か ら 、 あ な た の マ ン ガ は わ か り に く い と バ ッ シ ン グ さ れ る こ と も し ば し ば あ り ま す 。 教 科 書 読 み た い わ け じ ゃ な い 、 と 言 わ れ た り 。 171

マリー・アントワネットの嘘


ア ン ト ワ ネ ッ ト は 歴 史 上 最 も 有 名 な 人 物 の 一 人 で あ る 。 当 時 ョ 1 ロ ッ パ で 最 大 国 の フ ラ ン ス 王 妃 で あ り 、 そ の 華 麗 な 容 姿 で 流 行 の 中 心 と し て ロ コ コ 文 化 の 宮 廷 に お い て 栄 華 を 極 め な が ら 、 フ ラ ン ス 革 命 で 民 衆 の 糾 弾 に あ い 、 断 頭 台 の 露 と 消 え た 。 こ の 人 物 に つ い て は 古 今 東 西 、 様 々 な ド ラ マ が 描 か れ て き た 。 有 名 な エ ピ ソ ー ド も 多 く 、 「 キ ャ ラ 付 け す る こ と は 簡 単 だ 。 夜 ご と に 舞 踏 会 に 繰 り 出 し て は 贅 沢 三 昧 に 興 じ 、 つ い に は 愛 人 ま で を は べ ら せ た 悪 女 に も な れ ば 、 不 仲 の 夫 と の 関 係 に 苦 し み 、 報 わ れ ぬ 愛 を 追 い 求 め 続 け た 悲 劇 の ヒ ロ イ ン に も な れ る 。 よ く 知 ら れ る エ ピ ソ 1 ド や 人 物 評 は 、 お お か た 次 の よ う な も の だ 。 ・ オ ー ス ト リ ア の 最 高 権 力 ハ プ ス プ ル ク 家 の 末 娘 と し て 生 ま れ る ・ 国 庫 を 食 い つ ぶ し 、 贅 沢 三 味 に 耽 る ・ 世 間 知 ら ず で 、 読 書 嫌 い ・ 興 味 を 示 す の は 、 享 楽 的 な 仮 面 舞 踏 会 と 賭 博 と フ ァ ッ シ ョ ン の み ・ 不 能 の 夫 と の 結 婚 生 活 は 不 仲 ・ 王 妃 で あ り な が ら 、 愛 人 ( フ ェ ル セ ン ) を 宮 廷 に ま で は べ ら せ る

マリー・アントワネットの嘘


歴 史 探 偵 ・ 惣 領 冬 実 の プ ロ フ ァ イ リ ン グ ・ 「 妄 想 力 」 の な い 作 家 ・ 歴 史 の 海 へ と 漕 ぎ 出 す 二 十 一 世 紀 の 伝 記 作 家 が 見 つ け た 秘 密 の 手 紙 ・ 決 定 的 な 「 嘘 」 を 発 見 し た 瞬 間 ・ 歴 史 を ク リ ー ニ ン グ す る ヴ ェ ル サ イ ユ で 出 会 っ た マ リ ー ・ ア ン ト フ ネ ッ ト ヴ = ル サ イ ユ 宮 殿 の 三 週 間 5 。 ハ リ と ヴ = ル サ イ ユ 、 そ し て ウ ィ ー ン の 夏 5 惣 領 冬 実 の 目 に 映 っ た マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト ・ 許 さ れ た 作 家 の 「 演 出 」 第 三 章 「 歴 史 美 術 の 職 人 , と し て 百 科 事 典 へ の 欲 望 81 77 74 70 66 95 89 82 100

マリー・アントワネットの嘘


第 四 章 対 談 ・ 萩 尾 望 都 >< 惣 領 冬 実 気 持 ち が 少 な か ら ず あ っ て 。 『 』 は そ こ に 切 り 込 ん だ 、 タ ブ 1 の 限 界 へ の 挑 戦 作 で し た 。 た だ ど う し て も 少 女 漫 画 な の で 、 恋 愛 を 軸 に ス イ ー ト な 描 写 も 盛 り 込 ん タ ブ ー だ ら け の も の を 描 い て で は い て 。 そ ん な こ ろ に 、 萩 尾 さ ん は 一 切 容 赦 の な い 、 い ら し て 。 す ご い と 思 い ま し た 。 萩 尾 【 惣 領 さ ん は 、 健 全 な 人 な ど い な い 、 み ん な 変 人 で あ る こ と を 隠 し て い る は ず 、 と お っ し や る 。 今 日 は 惣 領 さ ん の そ の 思 想 に 自 信 を も ら い ま し た 。 い ま 、 歴 史 マ ン ガ を 描 く 理 由 タ ブ ー な も の を 容 赦 な く 描 く 時 代 を 経 て 、 い ま お ふ た り は 奇 し く も 同 時 に 歴 史 漫 画 を 描 か れ て い る わ け で す が 惣 領 【 実 は 、 歴 史 も の は 昔 か ら の 悲 願 だ っ た の で す 。 デ ビ ュ ー 当 時 に 知 り 合 っ た 作 家 さ ん た ち に 「 前 か ら や り た い っ て 言 っ て た よ ね 」 と 言 わ れ る く ら い 。 で も 、 忙 し す ぎ 143