検索 - みる会図書館

検索対象: ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣から 374件ヒットしました。

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ロ マ ン ス で 、 前 作 『 テ ュ ロ ス の 聖 母 ( ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 ① ) 』 で は 、 ハ ミ ル の 父 海 将 メ ム ノ ン と フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 の み が 実 在 の 人 物 で し た 。 し か し 、 実 在 の 人 物 と は い っ て も 、 ハ ル ナ の 書 く も の は す べ て 「 基 本 的 に 」 フ ィ ク シ ョ ン で す か ら 、 ど こ ま で が 本 当 ? と き か れ る と 、 答 え る の が 大 変 難 し い ん で す 。 「 当 時 本 当 に こ ん な 人 が い て 、 本 当 に こ ん な よ う な こ と が あ っ た と し て も 、 お か し く な い ん じ ゃ な い か し ら と い う ス タ ン ス に 立 っ て 書 い て い ま す 。 お わ か り か な ? だ か ら み ん な か ら の 手 紙 に 「 お か げ で 世 界 史 の テ ス ト は ば っ ち り で し た ! 」 な ん て 書 い あ せ て あ る と 、 お い お い ち ょ っ と 待 っ て く れ よ : : と 焦 る わ け で す 。 「 エ リ ザ ベ ス 一 世 は 幼 少 が ん 時 代 に 苦 労 を 重 ね : ー く ら い な ら 史 実 な の で O で す が 、 「 恋 し い セ シ ル が い た か ら 頑 張 れ た : ・ : 」 と い う の は ハ ル ナ の 勝 手 な 想 像 で し か あ り ま せ ん 。 く れ ぐ れ も そ こ ん と こ ろ は よ ろ し く ね 。 で も 、 資 料 は で き る だ け 多 く 読 み た い と 思 っ て い ま す 。 で き れ ば 、 歴 史 の 教 科 書 的 な 、 そ の 国 の 人 が 淡 々 と 事 実 だ け を 並 べ た よ う な 本 だ け に 頼 る よ う に し て 、 小 説 つ ば く 脚 色 し て 書 か れ て い る も の は め っ た に 読 み ま せ ん 。 歴 史 資 料 を 読 ん で い き な が ら 、 ど ん な 人 だ っ た ん だ ろ う 、 ど ん な 環 境 で 育 っ た の か な あ と 、 一 か ら あ れ こ れ 考 え る わ け で す 。 で 、 今 回 ア レ ク サ ン ド ロ ス に つ い て の 資 料 を い ろ い ろ 読 ん で い る う ち に ひ っ か か っ た の は 、 あ の 有 名 な 東 方 遠 征 ( 東 征 ) の か ん じ ん な 意 図 に つ い て 、 歴 史 学 者 が そ れ ぞ れ て ん で

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


377 あ と が き そ う で し た 、 そ う で し た 。 難 波 さ ん が 最 後 に 面 白 い 企 画 を し て く れ ま し た 。 ( 詳 し く は 投 げ こ み チ ラ シ を 見 て ね ) ハ ル ナ も せ っ せ と 図 書 カ ー ド に サ イ ン を し ま す の で 、 み な さ ん ふ る っ て ご 応 募 く だ さ い 。 待 っ て ま す 。 し め き り は 一 九 九 八 年 八 月 末 日 で す 。 キ ャ ラ ク タ 1 人 気 投 票 の 結 果 は 、 『 ア レ ク サ ン ド ロ ス を 年 冬 発 売 予 定 ) の こ の 場 所 か 、 チ ラ シ の 形 で 発 表 で き る と 思 い ま す 。 ど う ぞ お 楽 し み に : ・ : 。 ( 私 も す ご く 楽 し み ) こ の 話 も 基 本 的 に フ ィ ク シ ョ ン で す 。 以 下 の 文 献 等 を 参 考 に し ま し た 。 『 ア レ ク サ ン デ ル 大 王 の 誕 生 と 勝 利 』 芳 賀 重 徳 訳 近 代 文 芸 社 ( こ の 本 は 、 ヘ レ ニ ズ ム 期 に 書 か れ た ア レ ク サ ン ダ ー 伝 奇 の ギ リ シ ア 語 原 典 を 、 十 世 紀 に ナ ポ リ の 首 席 司 祭 レ オ が 中 世 ラ テ ン 語 に 訳 し 、 そ れ を 芳 賀 先 生 が 邦 訳 さ れ た と い う 、 難 波 さ ん が 今 ま で く れ た な か で も 、 一 、 二 を 争 う 興 味 深 い め ず ら し い 資 料 で す 。 い っ た い ど こ で 見 つ け て く る ん だ ろ う : : : で も す ご く 面 白 か っ た の で 、 い ち ば ん よ く 参 考 に さ せ て い た だ き ま し た ) 『 ア レ ク サ ン ダ ー 大 王 』 ピ エ ー ル ・ プ リ ア ン 著 創 元 社 『 西 ア ジ ア 史 』 前 嶋 信 次 編 山 川 出 版 社 『 世 界 の 歴 史 2 ギ リ シ ア と ロ ー マ 』 責 任 編 集 村 川 堅 太 郎 中 央 公 論 社 『 世 界 の 生 活 史 ギ リ シ ア 軍 の 歴 史 』 ア シ ェ ッ ト 版 東 京 書 籍

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


373 あ と が き ま れ 世 界 史 の 中 で 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス は た し か に 天 才 的 で 、 史 上 稀 に 見 る 強 運 の 持 ち 主 で 、 勝 負 強 く 、 た く ま し く 、 相 当 に い い 男 で す 。 ( ポ ン ペ イ の 壁 画 の か っ こ ゝ し い こ と ! ) 間 違 い な く 英 雄 の 一 人 に 数 え ら れ る で し よ う 。 だ け ど 、 私 に は 多 少 屈 折 し て 見 え て き ま し た 。 そ し て さ ら に 資 料 を 読 み 進 め る と 、 お 父 さ ん の フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 が ア レ ク サ ン ド ロ ス を 自 分 の 子 で は な い と 信 じ て い た と か 、 両 親 の 仲 が 決 裂 し て い て 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス は お 母 は ら さ ん の 方 に 肩 入 れ し て た と か 、 お 父 さ ん に は 何 人 も 愛 人 が い て 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス に は 腹 ち が び ぼ う 違 い の お 兄 さ ん も い た と か 、 も と も と 隣 国 の 王 女 だ っ た 美 貌 の お 母 さ ん が 秘 密 宗 教 に 凝 る う わ さ よ う な 強 烈 な 人 で 、 お 父 さ ん の 暗 殺 に お 母 さ ん が 関 与 し た 噂 も あ っ た な ん て 、 か び 臭 く も う れ 嬉 し い 歴 史 資 料 が 、 あ ち こ ち か ら ば ろ り ば ろ り と 出 て き ま す 。 ( 時 代 が 時 代 だ か ら 、 み ん な 、 そ う ら し い と い う レ ベ ル の 話 ば か り で す が : : : ) そ の う ち 、 勝 手 に 一 つ ハ ル ナ が 確 信 し た こ と が あ り ま し た 。 こ れ は 今 回 の 重 大 な ポ イ ン ト に な り ま し た 。 つ ま り 、 「 こ の 人 は 、 両 親 の 期 待 を 一 身 に 受 け て 大 事 に 大 事 に 育 て ら れ た 一 人 息 子 じ ゃ あ な い 」 幸 せ に 育 っ た 総 領 息 子 だ っ た ら 、 も っ と 早 期 に ギ リ シ ア に 引 き 揚 げ て い た よ う な 気 が す る の で す 。 ど う し て か っ て ? そ れ は も う 、 男 の 子 を 複 数 産 み 落 と し て 育 て て い る 母 親 の 勘 と し か 言 い よ う が あ り ま せ ん 。 た だ 実 際 の 異 母 兄 さ ん フ ェ リ プ ・ ア ツ リ デ ウ ス は 、 も と も と あ ま り よ く で き た 方 か ん

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


先 と ワ ー プ ロ の 神 様 だ け が 知 っ て い る こ の 先 行 き は 、 お そ ら く 秋 に は 明 ら か に な る と 思 い う れ ま す の で 、 ま た そ の こ ろ 本 屋 さ ん で お 会 い で き る と 嬉 し い で す 。 さ て 、 こ こ か ら は す こ し し み じ み と 語 り た い と 思 い ま す 。 こ の 一 冊 の 本 が 店 頭 に 並 ぶ ま で に は 、 本 当 に た く さ ん の 人 の 手 が か か っ て い ま す 。 私 も こ う い う 仕 事 を す る ま で は 、 こ れ ほ ど と は 思 っ て い ま せ ん で し た 。 偉 そ う な こ と は 何 も 言 え ま せ ん 。 作 者 一 人 の カ で は な ん に も で き な い の で す 。 い け が み さ き よ う イ ラ ス ト に 関 し て 言 え ば 、 ハ ル ナ は 処 女 作 『 マ リ ア 』 の と き か ら 、 池 上 沙 京 先 生 に イ ラ ス ト を 描 い て も ら え る 幸 せ を し み じ み と か み し め て い ま す 。 先 生 が 最 近 ま す ま す 腕 を 上 げ ら れ 、 ハ ル ナ は も う ひ た す ら 感 動 し て イ ラ ス ト に 見 惚 れ ま す 。 事 前 に 注 文 な ん か つ け ま は る せ ん 。 い っ さ い 先 生 に お 任 せ で す 。 な の に い つ も 遥 か に イ メ ー ジ 以 上 の も の が で き あ が り び っ た り ! と い う 声 ば か り で 、 ハ ル ナ ま す 。 み ん な か ら の 手 紙 も 、 イ ラ ス ト が い い ー は つ く づ く 果 報 者 だ と 思 っ て い ま す 。 池 上 先 生 本 当 に い つ も ど う も あ り が と う 。 な ん ば そ も そ も 最 初 に 『 マ リ ア 』 を 読 ん だ 編 集 担 当 の 難 波 さ ん が 、 「 池 上 先 生 と い う 歴 史 物 に 強 い す ば ら し い イ ラ ス ト を 描 か れ る 方 が い る か ら お 願 い し て み る 」 と 言 っ て く れ た の が 先 し い と こ ろ の 作 者 の 長 編 を 先 生 が 読 ん で く だ さ っ て 、 イ 生 と の 出 会 い で し た 。 駆 け 出 し も ゝ ラ ス ト を 描 く こ と を 愧 識 し て く れ た お か げ で 、 今 日 の ハ ル ナ が い る わ け で す 。

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


370 た く さ ん の 励 ま し の お 手 紙 、 い つ も あ り が と う 。 一 通 残 ら ず す み か ら す み ま で 、 大 切 に じ っ く り と 読 ま せ て い た だ い て ま す 。 み ん な か ら う れ の 手 紙 を 読 む の が 、 い ち ば ん 幸 せ な 嬉 し い 時 間 で す 。 し み じ み 読 ん で は 、 ま た が ん ば っ て 書 か な き ゃ な あ と 気 合 い を 入 れ な お し て ま す 。 ど ん な ビ タ ミ ン 剤 よ り 効 く っ て 感 じ 。 本 当 に 感 謝 し て ま す 。 お 手 紙 の 中 で 、 ど こ ま で が 本 当 の 話 な の ? と い う 質 問 が よ く 寄 せ ら れ ま す 。 い ち が い 作 品 に よ っ て ち が う の で 一 概 に は い え ま せ ん 。 誰 が 実 在 の 人 物 か 、 と い う こ と な ら 『 マ リ ア 』 で は 選 帝 公 一 人 で す が 、 『 リ ー ズ 』 で は プ リ マ ス 関 係 以 外 は 、 ほ ば す べ て 実 在 の 人 物 。 『 プ ロ ア 物 語 』 で は フ ィ リ ッ プ と リ チ ャ ー ド だ け で 、 月 刊 に の せ た マ リ ア の 外 伝 で は 一 人 も い ま せ ん で し た 。 ( あ の 外 伝 と 、 プ ラ ン の 話 は ご 要 望 が 多 い の で 、 た ぶ ん こ の シ リ ー ズ の あ と に 話 を ふ く ら ま せ て か ら 、 文 庫 の 仲 間 入 り す る ん じ ゃ な い か な と 思 わ れ ま す : : : が 、 あ く ま で も 予 定 ) あ と が き は げ

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


そ の 日 の 午 後 。 王 宮 の 大 広 間 に 、 王 の 命 を 受 け た マ ケ ド ニ ア の 主 立 っ た 上 級 貴 族 た ち 二 十 人 ほ ど が ず ら り と 顔 を そ ろ え た 。 代 々 マ ケ ド ニ ア 王 家 に 仕 え る 武 勇 の 家 系 は も ち ろ ん 、 フ ィ リ ッ ポ ス 一 一 世 が 才 能 を 見 込 ん で 外 国 の 名 家 か ら 積 極 的 に 引 き 抜 い て き た 若 手 ら も 加 わ り 、 い ず れ も の ち に 世 界 史 に 名 を 残 す こ と に な る 、 そ う そ う た る 顔 触 れ で あ る 。 大 広 間 は 、 美 し く 整 え ら れ た 庭 園 に 向 か っ て 大 き く 扉 が 開 か れ て い る 。 し き た り と し て 、 王 が 着 席 す る ま で は 、 誰 も 席 に 着 く こ と は で き な い 。 だ か ら 彼 ら は 思 い 思 い の 場 所 に 立 ち 、 庭 園 を 眺 め た り あ る い は 庭 園 に お り な が ら 、 王 が 現 れ る ま で 当 た り 障 り の な い 話 題 に 花 を 咲 か せ て い た 。 天 気 の お か げ も あ っ て 、 一 見 し た と こ ろ と て も な ご や か な 雰 囲 気 で あ る 。 だ が 、 目 に 見 え な い 一 本 の 線 が 、 こ の 典 雅 な 集 ま り を 真 っ 二 つ に 分 け て い た 。 一 方 は エ ピ ル ス 王 家 と 関 係 の 深 い 貴 族 が 多 い 王 妃 オ リ ム ピ ア ス 派 で 、 王 子 ア レ ク サ ン ド ロ ス を 正 統 な 王 位 継 承 者 と み な す 一 派 。 ハ ン ガ イ オ ン 金 鉱 を 一 手 に 押 さ え て い る 彼 ら は 、 事 実 上 マ ケ ド ニ ア の 経 済 的 基 盤 を 握 っ さ わ

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


し お り 品 い 瞳 時 代 を こ え 、 胸 を 打 つ 感 動 の 歴 史 ロ マ ン ! ! イ ラ ス ト / 池 E 少 京 す る ま で の 少 女 の 物 語 。 こ が し な が ら も 、 イ ギ リ ス 王 朝 の 頂 点 に 君 臨 出 会 い 、 飛 翔 を 始 め る 。 身 分 違 い の 恋 に 身 を い た 。 し か し 王 女 の 運 命 は 、 護 衛 官 セ シ ル に ス ー 世 の 少 女 時 代 は 、 孤 独 の 闇 に 閉 ざ さ れ て 艦 隊 を 破 り 、 大 英 帝 国 の 母 と な っ た エ リ サ べ 言 葉 を 失 っ て い た 少 女 。 の ち に ス ペ イ ン 無 敵 三 歳 で 母 を 処 刑 さ れ 、 異 母 姉 の 虐 待 に よ り 、 海 恋 賊 が さ 少 え 女 魅 を 処 ? ェ 女 リ 王 ロ ロ

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


た し か に 罪 深 い 悪 女 だ っ た が 、 こ う し て 自 分 を 気 づ か っ て く れ る 母 の 存 在 は 、 ア レ ク ス の 高 ぶ っ た 心 を 温 か く 溶 か し た 。 無 理 も な い 。 彼 は 父 親 な し で 、 母 の 偏 愛 だ け を 頼 り に 、 こ こ ま で 育 っ て き た の だ 。 「 い っ た い ど う な さ れ た の で す 」 聞 き な じ ん だ 母 の 声 に 、 窓 辺 に 立 っ た ア レ ク ス は ば ろ り と つ ぶ や い た 。 「 死 ぬ か と 、 思 い ま し た ア レ ク ス は 顔 を 伏 せ た 。 男 ら し く な い 言 葉 を こ ば す 自 分 を 恥 じ た 。 だ が 、 母 の 前 で 弱 音 を 吐 く く ら い 許 さ れ る べ き で は な い か 。 戦 場 は 、 本 当 に 恐 ろ し い と こ ろ だ っ た 。 で き る こ と な ら 、 も う 一 一 度 と あ ん な 血 な ま ぐ さ い 場 所 に は 行 き た く な い 。 と こ ろ が 、 王 妃 は 自 信 に 満 ち て 言 っ た 。 「 お 前 は 死 に ま せ ぬ よ 」 眠 き ア レ ク ス は 母 を 見 た 。 ま ま え 母 は 微 笑 ん で い る 。 工 「 安 心 す る 力 し し 、 ゝ ゝ ゝ 。 お 前 は 、 戦 場 で は 絶 対 に 死 に ま せ ぬ お 前 は ギ リ シ ア を 統 一 し て ベ ル シ ア を 滅 ば し 、 さ ら に エ ジ プ ト を も 征 服 し 、 歴 史 に 残 る 一 大 世 界 帝 国 を ス 運 命 の 申 し 子 で す 。 安 心 し て 戦 地 に お も む き 、 存 分 に 戦 う が い い 。 た と え 何 万 回 敵 と 刃 を ま じ え へ ん あ い

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 ミ エ ザ の 架 き 眠 り ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 2 榛 名 し お り ・ イ ラ ス ト / 池 上 沙 京 辺 境 マ ケ ド ニ ア の 王 子 ア レ ク ス 、 聖 母 に 出 会 う ! ノ ヾ ニ ー ・ ボ ー イ 終 わ ら な い 週 末 有 馬 さ つ き ・ イ ラ ス ト / 藤 崎 理 子 ニ 人 で い ら れ れ ば 、 ほ か に 何 も い ら な い ! ! 封 印 さ れ た 夢 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 ・ イ ラ ス ト / 四 位 広 猫 夜 ご と 、 闇 の 底 に 恐 怖 が 目 覚 め る ! 高 雅 に し て 感 傷 的 な レ ッ 仙 道 は る か ・ イ ラ ス ト / 沢 路 き え あ ん た と 俺 は 、 住 む 世 界 が 違 う ん だ よ 。 ホ ワ イ ト ハ ー ト ・ 来 月 の 予 定 ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。 幻 月 奇 談 黄 昏 に 鬼 が 囁 ぐ 海 の 存 キ ス を も う 一 度 ・ ・ ・ ・ 椹 野 道 流 ・ 新 田 一 実 ・ ・ 岡 野 麻 里 安 ・ 和 泉 桂

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


275 彼 女 は 素 人 娘 の よ う に 赤 面 し た こ と を 照 れ て 笑 っ た 。 「 い え 、 た し か に 大 変 な お 席 も ご ざ い ま す が 、 町 の 噂 を 聞 い て 憧 れ て お り ま す 高 名 な 恥 御 に 、 こ の よ う に 間 近 で お 目 に か か る 幸 せ も ご ざ い ま す : : : 今 夜 は 私 ど も の ほ う こ そ 、 大 変 楽 し い 時 間 を 過 ご さ せ て い た だ き ま し た 。 楽 し す ぎ て 、 ち ょ っ と 申 し わ け な い く ら い う ふ っ と 白 い 肩 を す く め て み せ た の に は 、 さ す が の リ ュ シ ア ス も ぞ く っ と き た 。 い い 女 う れ だ 。 こ ん な 夜 に は う っ て つ け の 話 し 相 手 を 得 ら れ て 、 リ ュ シ ア ス は 嬉 し か っ た 。 今 夜 は 彼 女 と 語 り 明 か そ う 。 「 お れ が 町 の 噂 に な っ て い る の か ? 「 え え 。 そ れ は も う 大 変 な 」 「 ど ん な 」 り 「 も ち ろ ん 、 よ い 噂 ば か り で ご ざ い ま す と も 。 お 聞 き に な り た い ? 」 「 町 の 噂 が ど ん な に い い 加 減 な も の だ か 、 こ の 耳 で 確 か め た い ー 深 ・ : リ ュ シ ア ス 様 は こ の 二 年 の 間 、 世 界 の い 「 な る ほ ど 、 そ れ で は お 聞 か せ し ま し よ う か : ミ た る と こ ろ で 七 つ の 大 冒 険 を な さ い ま し た 」 リ ュ シ ア ス は 笑 っ た 。 「 な る ほ ど 。 七 つ や 八 つ は し た に 違 い な い し ろ う と