検索 - みる会図書館

検索対象: 図書館の学校 2013年 秋号

図書館の学校 2013年 秋号から 52件ヒットしました。

図書館の学校 2013年 秋号


っ て い る 単 . ・ 料 ー の を 一 に は 物 っ と 大 を 0 ・ ・ 第 を を る . ま す じ ・ ・ を 物 00 を ・ ・ が ・ な マ て 、 ら . ・ マ た も の を 物 っ て 《 る な ど ま れ て し 一 う 第 れ も あ も . さ 、 に こ の 一 う 0 や り 物 を 物 第 す を た ・ 翁 ー ー ・ 一 と し て ′ ・ ・ な さ な ( な る し 、 を し て や ・ ・ の 第 め 込 み ′ ・ に 第 ・ き れ る と い う . 本 ・ ・ を し な 第 、 に ・ い 第 を き れ て し ま う 4 ・ 物 も あ 0. を ケ ら あ ー り ・ な . 、 ま と は 第 太 な ー 、 そ し て ・ 物 の ・ ・ ・ ・ ・ ・ で ロ に ・ る ・ だ が , 学 ・ 第 を も と 物 ー る こ と を つ リ と ・ わ 0 の を を ご と に ・ 物 ・ を 物 し た 物 挙 す ッ と 物 ′ 第 る . つ 一 0 を 一 マ ご と て ′ 第 は あ ー 0 物 ・ と も 第 な 、 、 を ′ 日 事 と い う 、 0 ・ を 第 に け を ・ を ・ 0 と し た ー っ の ・ ・ 一 ・ ・ を で 興 り と ・ で ・ て れ て い も と い う 一 ・ 一 ノ あ も が 一 第 は - ・ な ど と の ・ ヤ ・ い 第 ら い ツ の ・ ぐ 駅 し て 一 を 「 は な く ■ 人 の 第 人 り は ・ ト っ た . を た し " ・ 物 ・ に も 、 第 人 や ア す 、 は れ ろ い ・ の ・ 人 ・ ・ を ′ ・ ・ も 物 ん で い た . 今 の 0 本 と う の は そ う い ・ ・ た ・ 内 に ん で い た み た も ・ 5 を 第 ・ し ・ 物 を ・ は し て 第 ・ あ が ) た と い う こ と を 第 第 す 、 き だ . を ・ ら " ・ 人 と は 一 " ・ ・ 一 ・ 第 の 第 に あ 0 み ・ と 第 ・ さ れ 0 い し た 挙 1 て こ の よ う な ー た ・ ・ 強 ・ ・ と い ) が , ま ロ ・ ・ に 第 ・ し て 一 人 の 申 に を ・ エ ー に も ・ わ っ て 、 、 た 人 も い を し . た ど こ の 第 - : も し な ー ・ に 一 ・ を 一 学 い た こ と ・ れ て は な ら ・ ・ を 物 る ・ に ま す ど ′ ・ 第 ・ を 第 こ れ ・ ら の ・ に 画 い て い る か を ・ る . ・ ・ ・ ・ ・ ・ 物 ・ ′ ・ を ・ を - は ・ め 込 み ー ・ を と し て 第 物 さ れ て い 0 - で を ま を 阜 、 大 の ・ り 行 き を ・ ・ ′ き る を ま で 第 あ 0. ま を ・ ・ の ・ 第 ・ 物 ・ 一 の ・ ・ を め を す ・ ・ 強 - ・ ま ・ ・ ・ は 一 ・ ・ 《 0 ・ を 学 、 る 第 て - と 第 う 第 ・ リ ト ・ あ も . し を し そ の ・ 物 ー を な り よ ー で は な い ト と 物 て い こ れ ら の ・ ・ を ・ を え て . 0 物 は ・ 料 学 ・ が ・ し て い 0 ・ 第 、 物 ・ ・ の ・ ・ を め ぎ す 人 ・ ・ ・ - ・ ・ を ・ と い う 物 ・ に ・ ま す 0. し を し の さ ら に つ け 、 0 と し た ら - ・ を を 学 ふ こ と で ・ ・ を お ・ 0 を 0 ・ 第 つ め る の っ ー り ・ ・ 第 ・ 一 ・ の を ・ て る 第 行 ・ を ・ に ・ 、 ・ に な っ た こ ど ′ は 第 る ・ を の ・ 料 ・ に 第 い て ど う し て を ・ ・ を の を ・ 挙 人 っ て し 一 う の は や む を 0 な い こ と を 第 っ た . 第 を 一 ・ 第 ど を ・ て ・ ・ し た ・ を を ・ 鋼 ・ も す り ・ 料 ・ と し て ・ 増 ・ し を 第 ・ 0 い こ と を ・ ら を と な つ に . で 第 史 の ・ ・ ・ に 第 い て ・ ・ ・ を ・ し た ・ り ・ は ど ろ あ 0 き を 、 う ・ . 0 を ・ 慶 ・ を 「 0 ・ し て い る の エ ・ ・ 一 第 し て ま ・ 学 ・ を 日 、 し て い る も の の . 0 か な ・ ・ を さ れ て い な い ・ ・ 一 第 ・ ・ の を ・ を め を す 人 第 ・ ・ - ・ を ・ ・ ・ か ら 物 し 第 ・ し た ・ 物 ・ を ・ カ の ・ を ・ を ・ ・ で 第 ふ こ と よ っ て を の 力 を ・ 0 と い う こ と を . ー ・ を 、 0 と 今 の ・ 料 ・ の 製 ・ 4 タ イ ル は イ 第 0 第 一 、 を ・ し す ′ た あ ま り . ・ 物 に な っ て し 一 つ て い る . し 第 し そ の ・ で - や ・ ・ ・ の を ・ ら 今 の ・ 彙 ′ ・ ・ を 第 て み る と ・ の 夏 を ・ り を け い な く - つ に 載 っ て い 0 よ う な ・ ・ ・ 強 け る . 物 ・ ・ が ・ を を 第 を と い う よ う 0 ・ こ を ろ う . を ・ ー っ を ~ っ て も ・ ・ ・ ・ ら 第 た こ と と 、 ・ ・ ・ ら 第 を こ ~ ・ す し 物 ・ し て い る と 0 第 ら な ー 、 ・ ・ ・ 第 ら 量 た こ と は を な ・ も ・ 一 、 し を し 当 ・ ・ の 第 を を 第 第 し 一 ・ 第 を ・ 0 こ と は 第 た し て ・ の ・ に 当 に ・ つ て 口 い な い と 0 は 第 ・ す る . を の ・ ・ は ・ ・ 一 学 当 ・ ・ の ・ ・ を 《 み ・ つ て い る と 物 え な 、 ら だ . ・ 一 ・ 創 そ し て こ の ・ 載 ′ ・ を の 第 第 を ・ し す 第 を ・ ま 第 ・ ・ に 物 し て ど の よ う な ・ ・ 第 あ り ど の よ う 0 第 イ ン ト 第 あ っ た の 第 と い ) : と を ・ え さ を る こ ~ 単 一 ・ を れ に ・ 第 ・ ・ 一 、 の 誰 で も 納 得 で き る 歴 史 の 教 科 書 と は 何 か ? 渋 谷 教 育 学 園 渋 谷 高 等 学 校 13 期 生 黒 田 健 一 ( 2 年 E 組 6 番 ) 一 審 査 員 の 講 評 か ら 自 分 が き ち ん と し た 歴 史 を 学 び た い と い う 思 い か ら 、 実 に 様 々 な 文 献 ・ 資 料 を 渉 猟 し て い ま す 。 そ れ だ け に と ど ま ら 自 分 な り の 教 科 書 を 考 え 、 レ イ ア ウ ト ま で 考 案 し て お り 、 そ こ か ら 結 論 に ま と め て い る こ と が 評 価 さ れ ま し た 。 労 作 ・ カ 作 で す 。 ( 中 ) 歴 史 教 科 書 の あ り 方 の 方 向 性 、 叙 述 ス タ イ ル を 検 討 ( 左 ) 日 露 戦 争 の 部 分 を オ リ ジ ナ ル の レ イ ア ウ ト で 表 現 と 受 つ 」 で 書 旦 寸 斗 / イ 不 高 の 」 豊 学 諏 歴 何 可 歴 史 が 大 好 き な の に 、 学 校 の 歴 史 の 授 業 に 満 足 で き な か っ た 黒 田 く ん 。 そ の 理 由 は 歴 史 教 科 書 に あ り ま し た 。 他 の 教 科 書 や 文 献 を 読 ん で い く う ち に 、 多 く の 歴 史 の 見 方 に 触 れ 、 歴 史 と は ひ と つ の 面 か ら だ け で は な く 、 複 数 の 面 か ら 見 な く て は な ら な い こ と を 実 感 し ま す 。 そ し て 、 歴 史 教 科 書 の 目 的 は 、 論 理 的 思 考 力 を 育 て る こ と だ と 思 い 至 り ま す 。 明 治 以 来 の 歴 史 教 科 書 や 歴 史 教 育 の 変 遷 の 分 析 か ら 、 現 在 の 歴 史 教 科 書 の 問 題 や 利 点 を 明 ら か に 。 論 理 的 思 考 と 教 養 の 習 得 を 目 的 に 、 歴 史 教 科 書 を 試 作 し 、 提 示 し ま す 。 優 秀 賞 ・ 図 書 館 振 興 財 団 賞 『 学 術 の 動 向 』 201 1 年 9 月 号 日 本 学 術 協 力 財 団 201 1 日 本 や 世 界 の あ ら ゆ る 分 野 の 科 学 の 動 向 を 掲 載 す る 学 術 情 報 誌 。 こ の 号 の 特 集 は 、 「 新 し い 高 校 地 理 ・ 歴 史 科 教 育 の 創 造 - ー グ ロ ー ノ ヾ ル 化 時 代 を 生 き 抜 く た め に 『 叙 述 の ス タ イ ル と 歴 史 教 育 』 渡 辺 雅 子 編 著 三 元 社 2003 歴 史 は い か に 語 ら れ る か 。 歴 史 の 叙 述 と 理 解 の 枠 組 み を 教 科 書 と 教 授 法 の 国 際 比 較 か ら 分 析 す る 。 戦 後 か ら 現 在 ま で の 歴 史 教 育 の 区 分 は 大 き く 3 つ に 分 か れ て い る と い う 。 学 術 の 動 向 の 叙 述 の ス 歴 史 言 周 べ る の に イ も た 本 ノ . 21

図書館の学校 2013年 秋号


利 用 促 進 事 業 ぐ 物 か い 嶽 式 つ ん ゝ マ 浦 を し 人 ど 魵 仁 ・ は れ 第 い ん ド 洋 ァ ? い 。 ト メ ? 戸 ユ 古 ) 、 悩 を 5 ツ そ ー は イ ! な て 一 を を 、 0 し ~ ? が ~ ン 円 身 「 = し 1 宿 式 を も 代 ー ・ ウ ル 体 を も え 第 う の ? 盟 な づ 数 い 甎 ん ( ・ い ↓ 灯 キ 駐 、 臼 ギ ケ を す う . ' 製 ド ヴ ィ け “ 洋 を メ な 地 を 心 「 仕 中 に リ を の , ・ ト 早 : 安 刀 選 55 ま 、 七 メ ド 、 物 ” 門 を 巧 よ ) 明 、 れ マ 野 し っ 獗 を に る っ ー 1- を し 児 に 物 励 、 な . 、 ? 第 な く 能 ′ ひ vti 竑 礼 生 ” け い ツ 第 州 物 た : 融 声 考 の 0 け - 審 査 員 の 講 評 か ら す べ て の 審 査 員 が 上 位 に 評 価 し ま し た 。 「 寿 命 」 と い う 難 し い 題 材 で は あ り ま す が 、 動 機 が 読 み 手 を 強 く 惹 き つ け る も の で 、 研 究 の プ ロ セ ス の 核 と な っ て い ま す 。 小 学 生 ー な り の 方 法 で 調 べ を 進 め 、 自 分 の 視 点 で 考 え を ま と め ま ー し た 。 た だ 、 内 容 が や や 網 羅 的 に な っ て し ま い ま し た 。 少 ー し 焦 点 を 絞 っ て も よ か っ た か も し れ ま せ ん 。 5 年 ま こ ( 中 ) 犬 や 猫 は 10 年 以 上 生 き る の に 、 な ぜ ウ サ ギ の 寿 命 は 短 い の ? 長 生 き し て ほ し か っ た ボ コ の た め に 調 べ ま し た ( 左 ) 人 間 と ウ ニ は 遺 伝 子 数 が 同 じ で も 、 体 の 構 造 は ま っ た く ち が い ま す な を 調 、 あ 震 . に 、 1 の 冫 に に ′ 餮 い よ を 4 朝 ・ し た 、 第 ン 夫 物 は 買 ィ ま 第 い く コ 山 扣 の ケ 気 7 第 満 物 び - ラ 、 ラ ナ の - な こ い ク の 寿 イ る , 第 1 写 第 う 10 ン こ ・ 物 ア た ロ 7 は れ 気 い み バ か す ・ 0 第 い ( 口 ま ダ な 第 第 1 ど お を : の を す 、 ら を 功 汚 イ 車 リ 7 す が キ を 阜 を - ・ を . 名 ま ん は 小 4 き し マ ュ は 第 い 7 予 ・ た 第 タ こ を ユ イ ハ 富 : ・ を ド お . に イ ン ツ 畍 る 可 こ 04- t 第 タ 生 、 ↓ 生 き う れ な 、 ? ヾ 。 め ・ 新 。 愉 を 第 命 な 第 は な ゼ 第 - ド ろ 歳 , ド の ネ の : の は せ ん 上 、 卩 ル - 、 遥 い , は せ 礒 ぉ ? 第 は ま イ - デ 戸 下 切 な ん や ・ 生 1 朝 し い 予 し ・ ~ も 1 し 1 宿 し た 靂 ア 予 : い 調 響 7 わ こ ぞ は し 0 灯 の 一 ト 命 位 第 こ 優 秀 賞 ・ 図 書 館 振 興 財 団 賞 の カ 方 賞 受 年 LO の 校 す な だ ? 髜 て れ て の 命 諷 し , ら っ た 寿 ん 一 ) っ 当 」 ム 叩 め こ 麾 生 寿 決 平 飼 っ て い た 大 好 き な ウ サ ギ の ボ コ が 亡 く な っ た こ と を き っ か け に 、 生 き 物 に は な せ 寿 命 が あ る の か 、 寿 命 を の ば す こ と が で き る の か 、 と い う 大 き な テ ー マ に 取 組 み ま し た 。 体 の 大 き さ と 心 拍 数 の 関 係 、 遺 伝 子 の 仕 組 み か ら 、 寿 命 を 決 定 す る 要 素 に つ い て 予 想 を 立 て 、 テ レ ビ で 見 た 「 200 年 生 き る ゥ ニ 」 の 情 報 を 手 が か り に 、 そ の 生 態 に 長 生 き の 鍵 を 探 り ま す 。 理 科 が 専 門 の 校 長 先 生 や 市 立 図 書 館 の 司 書 の 方 の ア ド バ イ ス を 受 け な が ら 、 動 物 学 や 細 胞 遺 伝 学 の 本 か ら 長 寿 食 に 関 す る 歴 史 書 ま で 、 広 く 文 献 に あ た る う ち 、 た く さ ん の 知 識 が つ な が っ て い く の か 嬉 し か っ た と い う ま こ さ ん 。 生 き る こ と の 意 味 を 深 く 考 え る 研 究 に な り ま し た 。 『 遺 伝 子 が 語 る 「 命 の 物 語 」 』 村 上 和 雄 著 く も ん 出 版 2008 バ イ オ テ ク ノ ロ ジ ー の 権 威 、 村 上 先 生 の 本 は ど れ も 読 み や す く て お も し ろ か っ た そ う 。 最 新 の 生 命 科 学 の 成 果 に お い て ま だ 解 明 さ れ て い な い こ と を 含 め 、 命 の 謎 と 不 思 議 に つ い て 、 分 か り や す く 解 説 し て い ま す 。 生 『 生 命 に 仕 組 ま れ た 遺 伝 子 の ー 経 い た ず ら 』 イ ム 0 石 浦 章 ー 著 羊 土 社 2006 - 子 死 は 細 胞 の 老 化 が 原 因 と い し 、 ま す 。 で は い た ず ら 老 化 は な ぜ 起 き る の ? 細 胞 の 再 生 能 力 と 分 裂 回 数 に は 生 き 物 の 種 類 に よ っ て 限 界 が あ る こ と 、 カ ロ リ ー 制 限 が 寿 命 を 延 ば す と い う 記 述 に 興 味 を 持 ち ま す 。 言 凬 べ る の に イ も 本

図書館の学校 2013年 秋号


振 興 助 成 事 業 2 0 1 1 年 ー LOVE SAGA ! ~ 佐 賀 の 歴 史 ・ 文 化 の 創 造 と 発 信 ~ 佐 賀 県 立 図 書 館 佐 賀 の 歴 史 資 料 を 整 備 し 、 デ ー タ ベ ー ス の 作 成 等 を 行 い ま し た 。 ① 古 文 書 ・ 古 地 図 ・ 絵 図 ・ 人 名 ・ 葉 隠 な ど 13 種 類 の デ ー タ ベ ー ス ( 「 佐 賀 県 立 図 書 館 デ ー タ ベ ー ス 」 ) を 201 1 年 度 か ら 公 開 。 ( 公 開 ~ 2013 年 6 月 の 総 ア ク セ ス 数 は 41 , 992 件 ) ② 古 文 書 の 読 み 方 を 学 ぶ 「 く す ク ス く ん の web 版 古 文 書 入 門 」 を 2011 年 度 か ら 公 開 ( 公 開 ~ 2013 年 6 月 の 総 ア ク セ ス 数 は 18 , 737 件 ) 。 多 く の 利 用 が な さ れ 、 た く さ ん の 方 に 佐 賀 の 歴 史 ・ 文 化 へ の 関 心 を も っ て い た だ き ま し た 。 3 2 0 1 1 年 「 子 ど も 読 書 の 街 づ く り 」 推 進 事 業 矢 祭 町 「 子 ど も 読 書 の 街 づ く り 」 委 員 会 矢 祭 も っ た い な い 図 ー ′ 書 館 を 拠 点 と し て 読 書 ニ / ~ 活 動 の 機 運 を 高 め 、 読 書 好 き の 子 ど も た ち を 増 や す べ く 「 子 ど も 読 書 の 街 」 づ く り 推 進 事 業 に 助 成 を い た だ き ま し た 。 な か で も 、 矢 祭 子 ど も 司 書 講 座 は 全 国 で 初 め て の 取 り 組 み と し て 注 目 を 集 め 、 本 や 図 書 館 の 役 割 に つ い て 学 ん だ 子 ど も た ち が 、 読 書 推 進 リ ー ダ ー と な っ て 活 躍 し て い ま す 。 ま た 手 づ く り 絵 本 コ ン ク ー ル で は 、 夢 と 希 望 に あ ふ れ た 作 品 が 全 国 よ り 応 募 さ れ て い ま す 。 2 0 1 0 年 越 後 佐 渡 デ ジ タ ル ラ イ プ ラ リ ー 第 2 次 事 業 新 潟 県 立 図 書 館 併 設 の 文 書 館 と 共 同 で 運 営 し て い る 「 越 後 佐 渡 デ ジ タ ル ラ イ プ ラ リ ー 」 は 、 公 開 当 初 、 両 館 所 蔵 資 料 の デ ジ タ ル 画 像 と 、 電 子 書 籍 化 し た 『 新 潟 県 の あ ゆ み 』 の み の 構 成 で し た 。 助 成 事 業 に よ り 「 新 潟 県 年 表 」 な ど 2 点 の 資 料 を 新 た に 電 子 書 籍 化 し 、 挿 絵 の よ う に デ ジ タ ル 資 料 を 閲 覧 す る こ と が で き る よ う に な り ま し た 。 さ ら に 、 当 館 以 外 の 県 内 市 町 村 資 料 の デ ジ タ ル 化 を 行 い 、 県 内 の 歴 史 資 料 の 保 存 と 公 開 に 寄 与 す る こ と が で き ま し た 。 「 : 03 ・ 上 .0 お い 挙 2 0 1 1 年 2 0 1 1 年 「 デ ジ タ ル ラ イ プ ラ リ ー い わ て 」 推 進 事 業 岩 手 県 立 図 書 館 当 館 で 所 蔵 し て い る 岩 手 に 関 す る 歴 史 資 料 を デ ジ タ 丿 レ 化 し 「 デ ジ タ ル ラ イ プ ラ リ ー い わ て 」 と し て イ ン タ ー ネ ッ ト 上 で 公 開 。 こ れ ま で は 来 館 し な く て は 見 ら れ な か っ た 貴 重 資 料 や 閲 覧 が 困 難 だ っ た 大 判 の 古 地 図 な ど が 、 利 用 し や す く な り ま し た 。 三 陸 沿 岸 古 地 図 を 中 心 に 、 利 用 の 問 い 合 わ せ も 増 え て い ま す 。 長 野 県 市 町 村 史 誌 等 目 次 情 報 デ ー タ ベ ー ス 事 業 長 野 県 図 書 館 協 会 長 野 県 史 と 長 野 県 下 の 市 町 村 史 誌 の 目 次 情 報 を 、 ウ エ プ 上 で 横 断 検 索 す る こ と が で き る よ う に な り 、 県 民 の 地 域 研 究 支 援 の た め の 有 効 な ツ ー ル を 構 築 す る こ と 長 野 第 市 町 村 史 等 目 次 情 報 第 一 身 、 一 ス が で き ま し た 。 長 野 県 00 , ・ 旧 2 設 を 震 庭 ま 下 の 全 図 書 館 が 事 業 に 参 加 し た こ と に よ り 、 司 書 が 地 域 史 料 に 精 通 す る 機 会 に も な り ま し た 。 長 野 県 市 町 対 史 目 次 構 報 デ ー タ ベ ー ス misuzu—mokuji. net 8

図書館の学校 2013年 秋号


館 は 市 民 参 加 型 、 情 報 開 示 型 に な っ て い ま せ ん 」 宮 田 さ ん の 鋭 い 指 摘 は ま だ ま だ 続 き ま す 「 今 は 週 に 最 低 1 回 は 通 っ て い ま す か 、 そ れ で も 図 書 館 に よ っ て は 、 ま だ 、 そ の 敷 居 か 高 い 気 が し ま す 。 ど こ か 『 タ ダ で 貸 し て や っ て い る 』 『 教 え て や っ て い る 』 と い っ た 上 か ら 目 線 を 感 じ る ん で す 。 ま た 、 み な そ う だ と は い え ま せ ん か 、 絵 本 や 児 童 文 学 の こ と は よ く ご 存 じ で あ る 一 方 、 大 人 の 本 の 情 報 に つ い て は ど れ だ け 関 心 を お 持 ち な の か 、 書 評 情 報 を 活 か こ い を 0 宮 田 昇 1928 年 東 京 生 ま れ 。 元 編 集 者 、 元 海 外 著 作 権 工 ー ジ ェ ン ト 。 「 翻 訳 権 の 戦 後 史 』 ( み す す 書 房 、 2001 年 第 21 回 日 本 出 版 学 会 賞 受 賞 ) 、 「 敗 戦 三 十 三 回 忌 - ー ー 予 科 練 の 過 去 を 歩 ぐ な ど 著 書 多 数 。 予 戦 『 敗 戦 三 十 三 回 忌 予 科 練 の 過 去 を 歩 く 』 忌 み す ず 書 房 ( 201 1 年 ) 敗 戦 33 年 目 、 姉 の 三 十 三 回 忌 に 、 か っ て 志 願 し た 予 科 練 の 足 跡 を た ど る 旅 に 出 る 。 そ れ そ れ の 場 所 で 出 く わ す 当 時 の 痕 跡 や よ み が え る 記 憶 と の 対 話 。 戦 後 翻 訳 風 雲 録 し て い る の か 疑 わ し く 田 5 う と き も あ り ま す 。 そ れ に 子 ど も の 本 だ か ら と い っ て 、 価 値 判 断 を 強 い て よ い の か と い う 疑 問 が あ り ま す 。 本 来 、 司 書 さ ん の 役 割 は 、 『 こ れ を 読 め 』 と 読 書 指 導 す る こ と で は な く 、 で き る だ け 情 報 を 提 供 し 、 利 用 者 の 便 を は か る こ と に あ る の で は な い で し よ う か 」 言 葉 の 端 々 か ら は 、 本 に 対 す る 深 い 愛 情 が 伝 わ っ て き ま す 。 厳 し く 聞 こ え る の も そ れ ゆ え の こ と 。 「 デ ジ タ ル 時 代 の 図 書 館 は 、 今 ま で の よ う に 本 を 図 書 館 側 が 選 ん で 利 用 者 に 読 ま せ る と い う の で は 限 界 い か に 情 報 の 発 信 が あ り ま す 。 今 後 問 わ れ る の は 、 基 地 に な る か と い う こ と 。 そ の た め に も 、 著 者 も 出 版 社 も 図 書 館 を 敵 視 し て は い け ま せ ん 。 出 版 社 は 図 書 館 に 、 図 書 館 は 利 用 者 に き め 細 か い 情 報 を 提 供 し て 、 し く こ と か 大 事 で す 。 そ , っ す る こ と で そ れ ぞ れ か 録 あ ト 出 て 雲 で ン や っ 活 字 離 れ を 防 ぐ 努 力 を し て ほ し い と 思 い ま す 。 風 者 者 拾 訳 7 訳 シ 訳 を そ れ か ら 図 書 館 に は 地 域 市 民 の 文 化 活 動 の 拠 点 に 後 に て の が の 友 も な っ て ほ し い で す ね 。 市 民 同 士 が 出 会 い 、 対 話 を 戦 房 亠 権 者 と 交 書 , 訳 著 ち た 編 ず 者 萍 た た め す る 場 に な る こ と で 、 人 は ま す ま す 図 書 館 に 集 い す 集 、 つ 人 と 新 み 編 り だ 版 ま こ れ か ら の 図 書 そ こ か ら 本 に 触 れ て し 館 の 姿 が あ る と 思 い ま す 」 読 書 に は 想 像 力 を か き た て る も の が あ り 、 何 度 で も 繰 り 返 し 読 め る こ と で 人 の 喜 び も 悲 し み も 痛 み も 、 深 / 、 知 る こ と か で 当 」 る : 。 肪 年 の 人 生 を 通 し て 紡 が れ る 宮 田 さ ん の 熱 い 思 い を ど う 受 け 止 め 、 ど う 改 革 に つ な げ て い く の か 問 わ れ て い る の は 図 書 館 だ け で な く 、 私 た ち 自 身 の 姿 勢 で も あ る の で す み す ず 書 房 一 ゞ

図書館の学校 2013年 秋号


図 書 館 の 読 書 の 秋 を 迎 え た 。 運 営 委 員 長 佐 藤 潔 図 書 館 総 合 展 運 営 委 員 会 「 本 」 の 力 を 信 じ よ う ! 31 『 ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー 』 に よ り 冒 険 へ の あ こ か か れ た リ ン ゴ 箱 の 中 か ら 取 り 出 し て 夢 中 で 読 ん だ 思 え ば 、 小 学 校 の 給 食 の 時 間 、 教 室 の 隅 に 置 さ れ な く て は な ら な い と 感 じ て い る 。 形 を も っ 本 」 そ の も の の 魅 力 が も っ と も っ と 見 直 淋 し さ を 感 じ つ つ 、 ま た 、 だ か ら こ そ 「 昔 な が ら の っ て い る 身 と し て は 、 一 連 の 動 き に 若 干 の 不 安 と を 受 け 、 最 先 端 の 電 子 機 器 の 類 を 敬 遠 し て し ま し ま う の だ ろ う か 。 団 塊 の 世 代 よ り や や 手 前 に 生 「 本 」 と い う も の は 、 ど ん ど ん 形 を 変 え て い っ て 展 開 も 予 想 さ れ る 。 科 書 の 導 入 と い っ た デ ジ タ ル 化 へ の 急 ヒ 。 ッ チ な 及 し つ つ あ る 。 学 校 教 育 で の 電 子 黒 板 、 電 子 教 子 書 籍 の コ ン テ ン ツ は 増 え 、 電 子 書 籍 端 末 も 普 の 「 電 子 出 版 権 」 を 付 与 す る 方 針 を 決 め た 。 電 れ た 。 ま た 、 文 化 庁 は 出 版 社 に 紙 の 出 版 物 同 様 向 け に 電 子 書 籍 を 配 信 す る 事 業 構 想 が 発 表 さ 紀 伊 國 屋 書 店 の 三 社 共 同 に よ る 、 公 共 図 書 館 し て い る 。 折 し も 先 般 、 KADOKAWA 、 講 談 社 、 そ も そ も 、 出 版 や 読 書 を 巡 る 風 景 が 変 わ ろ う と 0 よ り 一 層 、 結 び 付 け て ゆ く こ と 」 を 企 画 テ ー マ と し 中 心 に 開 催 す る 。 今 年 は 「 図 書 館 界 と 出 版 界 を ( 月 ) ~ 11 月 1 日 ( 金 ) の 5 日 間 、 パ シ フ ィ コ 横 浜 を 第 15 回 図 書 館 総 合 展 を 読 書 週 間 の 10 月 28 日 館 種 を 越 え 、 図 書 館 界 の 活 性 化 を 目 指 し て 、 図 書 館 の 現 状 や 未 来 な ど に つ い て 、 読 者 の 皆 様 に 、 ご 思 見 を 発 表 し て い た だ く べ ー ジ で す 。 れ を 抱 き 、 布 団 の 中 に 入 っ て 眠 る こ と を 忘 れ て 読 み 耽 っ た 『 朝 日 年 鑑 』 な ど に よ っ て 世 界 へ の 扉 が 開 か れ た 。 中 学 校 時 代 は 『 チ ボ ー 家 の 人 々 』 、 姉 の 書 棚 か ら は 『 人 間 の 条 件 』 を 引 っ 張 り 出 し 、 隠 れ て 読 ん だ 。 主 人 公 の 生 き 方 な ど 大 い に 影 響 を 受 け た 。 本 の 持 つ 「 カ 」 は 大 き か っ た の た 。 だ か ら 現 在 に お い て も 、 図 書 館 は 「 本 」 を 信 じ 、 「 読 書 」 を 支 援 し 続 け る 。 乳 児 へ 絵 本 を 提 供 す る 「 ブ ッ ク ス タ ー ト 」 事 業 、 幼 児 や 小 学 生 を 対 象 と し た 「 読 み 聞 か せ 」 、 就 活 や 起 業 を 目 指 す 人 々 向 け の 「 ビ ジ ネ ス 支 援 」 運 動 な ど 、 「 本 の 持 つ 力 」 と 「 図 書 館 の 機 能 」 を 併 せ 持 っ た 動 き は 、 私 た ち の 文 化 の 希 望 で あ る 。 図 書 館 総 合 展 で も 、 今 回 、 日 本 書 籍 出 版 協 会 、 人 文 会 、 大 学 出 版 部 協 会 と い っ た 出 版 諸 団 体 か ら の 応 援 を 得 る こ と が で き た 。 フ ォ ー ラ ム の 開 催 や 「 図 書 館 へ の お す す め 本 」 企 画 を 通 し て も っ と も っ と 出 版 界 と 図 書 館 界 が 近 し い も の で あ っ て ほ し い と 願 っ て い る 。 ま た 、 「 東 日 本 大 震 災 ー 『 本 の カ 』 特 別 展 」 も 同 時 開 催 す る 。 こ れ は 、 東 日 本 大 震 災 の 全 出 版 記 録 と し て 、 全 国 の 出 版 社 か ら 寄 せ ら れ た 震 災 ・ 原 発 関 連 の 記 録 、 写 真 集 、 絵 本 な ど 2 , 000 冊 を 一 堂 に 集 め た 展 示 で あ る 。 ま さ に 「 本 」 が 語 り か け 、 被 災 地 に 心 を 寄 せ る こ と を 目 的 と し て い る 。 ぜ ひ 多 く の 方 々 に ご 参 加 い た だ き た い と 願 っ て い る 。

図書館の学校 2013年 秋号


利 用 促 進 事 業 宿 代 で 一 を 一 と い う と 第 、 物 ー る を は 第 ・ 画 ・ で ト ろ う 的 ・ つ て の 日 本 で は 一 を 一 を の を は う つ 物 に け な い を づ も に わ 物 を に ト 0 な め を し 一 に ( 十 ・ 物 第 一 ・ の を は レ な し 《 を あ 物 て し ・ つ ・ の を ・ ・ 第 っ て い た ・ に . - の 物 第 を す っ か を ・ ま て し 一 つ を . を を て い る こ ト ′ ・ ・ い を し て い を に . び さ 第 た の を の ど ・ ・ の 日 に し づ : : ろ な ( を の ・ 0 ら む ・ ・ ・ お ・ の を は の ど ・ 、 し 工 い 0 ・ の 物 で あ 0 の に . ど う し て を も つ い た を な 、 第 の を ・ ・ る の だ ろ 、 . を を ふ ・ ′ 編 の な で 、 る 物 ( も の は わ ・ を な 第 ・ 0 議 ・ ま ・ 、 の を を ・ つ て ・ ら す ・ ′ 、 ・ は . 、 の 一 う に を ・ ・ 物 、 0 乳 0 つ は を で な ( . 第 に を 0 ・ ( も ′ : の わ ・ な の だ つ を : れ は 、 人 - 物 の ヤ の を を な ・ で あ る 第 、 : れ ら の 一 、 に 一 な な ー 解 ー さ ( を 物 を よ 、 に な っ た ′ 第 ま ・ ・ い ら あ っ ー ロ に ・ を い っ て 、 ・ ・ 物 ・ を 第 み ー ・ ・ な ど ・ ・ な ・ ・ 第 あ る 第 . ・ 代 0 い 本 人 を ・ 第 に す も ・ 0 ・ ・ 、 ー は 第 イ 、 ン ′ 0 ぐ あ ろ 、 . ー ・ な 学 0 ・ よ う な い を ′ ・ れ ・ 、 は ソ メ イ ・ ン ノ で 、 0 と い う を も あ る . : れ は き す ・ に 一 い ・ を の よ 、 ′ 県 ・ ・ 第 ・ は 「 第 を ・ ま 」 の な 第 で 、 い ( ′ 、 ・ ・ を ・ し た ) え で . ・ ・ 物 ′ ・ 第 で は ・ ・ ■ ・ ・ の ・ ・ 第 で は ・ ・ 第 ・ 以 外 て は 1 ・ ぐ ら い で は な い か を ・ 、 て い る . ・ 日 本 人 は 何 故 儚 い も の に 美 し さ を 感 じ る の か ・ な に 一 、 ・ 一 を ・ ・ に ・ し め た の は を れ 、 一 、 を ・ 第 ぐ あ る . ・ 第 き れ た と を に す ぐ に 一 地 、 て い る を 、 ・ 、 を カ と さ れ て い 0 の は ア ド ル ア ・ ア ル ト グ . ン タ ー に よ る 物 ・ を 第 に し を を ・ で 、 製 審 査 員 の 講 評 か ら 140 点 を 超 え る 、 非 常 に た く さ ん の 文 献 を 読 み 込 み 、 日 一 本 人 の 美 意 識 を 精 査 し 、 よ く ま と め て い ま す 。 テ ー マ と 自 分 の 感 性 を う ま く つ な げ ま し た 。 「 日 本 人 の 美 意 識 」 と い う テ ー マ で す が 、 「 日 本 人 」 の 定 義 が 課 題 と な り ま す 。 ま た 、 少 々 読 み 手 に 不 親 切 な 「 注 」 の 記 述 が 見 受 け ら れ 一 ま し た 。 関 西 学 院 高 等 部 3 年 を 組 れ 番 山 物 第 希 ( 中 ) 和 歌 や 俳 句 、 文 学 な ど か ら 日 本 人 と 桜 の 関 係 を 考 察 ( 左 ) ミ ロ の ヴ ィ ー ナ ス の 美 し さ は 、 両 腕 が な い か ら こ そ と 言 え る の だ ろ う 力 、 ? 故 し 受 イ 司 よ こ カ っ 0 ロ 高 の の く 立 ロ も る き 希 院 と 生 し き 亠 、 ロ 「 儚 感 ~ 盟 高 校 2 年 の 国 語 の 教 科 書 に 載 っ て い た 、 清 岡 卓 行 の 『 手 の 変 幻 』 と の 出 会 い を き っ か け に 、 「 美 し い 」 の 定 義 は 何 な の か 、 客 観 的 な 「 美 」 は 存 在 す る の だ ろ う か と 疑 問 が 膨 ら み ま す 。 テ ー マ と し た 「 日 本 人 は 何 故 儚 い も の に 美 し さ を 感 じ る の か 」 を 論 す る た め 、 「 儚 い 」 の 意 味 を 定 義 。 日 本 人 と 桜 の 関 係 か ら そ の 美 意 識 を 探 っ て い き ま す 。 美 学 、 心 理 学 、 歴 史 学 、 文 学 な ど 様 々 な 視 点 か ら 日 本 人 の 美 意 識 に つ い て 考 察 し ま す 。 自 分 の 思 考 が ど ん ど ん ま と ま っ て い く 感 覚 が 楽 し く 、 「 こ れ 以 上 の 論 文 を 自 分 は 書 0 け な い だ ろ う 」 と 思 っ た と い う カ 作 で す 優 秀 賞 ・ 読 売 新 聞 社 賞 『 手 の 変 幻 』 / " ー 、 清 岡 卓 行 著 講 談 社 文 芸 文 庫 1 990 著 者 の ミ ロ の ヴ ィ ー ナ ス へ の 愛 情 に 共 感 し な が ら も 、 ミ ロ の ヴ ィ ー ナ ス は 「 腕 」 が 欠 け て い た か ら こ そ 美 し い 、 と い う 結 論 に 納 得 で き ま せ ん で し た 。 今 回 の テ ー マ の き っ か け と な っ た 作 品 で す 。 清 岡 卓 行 鍵 の か か る 部 屋 「 美 神 」 ( 『 鍵 の か か る 部 屋 』 所 収 ) 三 島 由 紀 夫 著 新 潮 文 庫 1980 自 ら 発 掘 し た ア フ ロ デ ィ テ 像 の 魅 惑 の と ( ) 島 山 紀 り こ と な り 、 死 の 床 ま で 、 あ る 「 秘 密 」 を 隠 し て い た R 博 士 の 告 白 か ら 、 儚 い も の に 対 す る 美 に は 、 人 間 の 独 占 欲 の 発 露 が 働 い て い る こ と を 見 出 し ま す 。 言 凬 べ る の に 24

図書館の学校 2013年 秋号


・ シ 年 の 甲 ・ の す 中 イ ゴ ド 公 べ { の の 中 国 生 を の ・ ト ! 、 の を . お K 色 応 の キ キ い わ 気 い ↑ 甲 . れ む わ い カ 3 噌 0 、 、 の ・ 第 の 中 ・ リ い し つ の 申 ・ え い お ト ↑ ヂ 国 へ 、 は ” . が 7- い ・ 中 自 宿 の な : ア 第 な そ ⑤ 替 に 一 ま - へ 亠 な 人 - ー す ん 芝 , ー ら き き ) じ 早 こ ぢ 寺 , て じ こ カ 当 カ ヾ う の ? ー 、 ん む 才 ー た - い 「 ( 、 ル ( , 、 ( し じ ろ う 人 び し 弋 ャ い の し せ い を ム し 二 三 を さ て さ 、 ニ し ( ( 2 回 は く / を 工 支 す 。 な 毛 - れ 4 こ い ま す 。 - 言 ん ノ い 学 イ 戔 2 弁 よ く お か さ ぎ ( 上 ) 仕 上 げ に 、 表 紙 に 切 り 絵 を あ し ら っ て 作 品 が 完 成 ! ( 中 ) 本 で 調 べ た と お り の 作 法 で 、 神 社 を お 参 り し ま す ( 左 ) 地 元 小 石 川 の 七 福 神 を め ぐ り 、 表 に ま と め ま し た 。 日 本 生 ま れ は 意 外 に も 恵 比 寿 様 だ け だ そ う イ い ー て い を え 審 査 員 の 講 評 か ら 家 族 の 体 が 早 く 治 る よ う に と 近 所 の お 寺 に お 参 り を し た 時 の 経 験 か ら 、 身 近 な 疑 問 を 見 つ け ま し た 。 本 で 一 つ ひ と つ 答 え を 整 理 し て 自 分 の 目 で 確 か め て い く 様 子 に ー 調 べ る 学 習 の 楽 し さ が 伝 わ っ て き ま す 。 地 域 に 目 を 向 け ー た こ と も 良 い 研 究 に な り ま し た 。 絵 と 文 章 を て い ね い に 分 か り や す く 書 い て い て 、 構 成 も 上 手 に ま と め て い ま す 。 「 こ こ は お 寺 さ ん だ か ら 、 ハ 、 ノ 、 ( し な い の よ 」 ー ー ー お じ い ち ゃ ん の 腰 が 良 く な る よ う に と お 参 り に 行 っ た 時 、 お 母 さ ん に 一 言 わ れ た ひ と 言 か ら 、 お 寺 と 神 社 の 違 い に つ い て 調 べ て み よ , っ と 決 め ま し た 。 ど ち ら も 神 聖 な 場 所 。 感 謝 し な が ら 勉 強 す る よ う に 気 を つ け て 、 神 様 と 仏 様 の こ と 、 参 拝 の 仕 方 、 建 物 の 形 な ど を 比 較 し ま し た 。 最 後 に 改 め て 正 し い 方 法 で お 参 り し よ う と 、 区 内 の 寺 社 を 訪 ね ま す 。 ビ ル の 町 な の に 古 い 神 社 や お 寺 が た く さ ん あ る こ と に び っ / ) り し 4 に 」 い , っ 実 咲 さ ん 。 そ こ が 昔 か ら 人 々 の 生 活 の 中 で 大 切 な 存 在 だ っ た こ と を 知 り ま す 。 お 参 り も 自 信 を 持 っ て で き る よ , つ に な り 、 「 調 べ て よ か っ た 」 と 結 び ま し た 。 優 秀 賞 ・ 図 書 館 振 興 財 団 賞 小 学 生 の 部 ( 低 学 年 ) 財 申 じ ゃ と お 寺 っ て ど こ が ち が う の ? 」 ふ く お か み さ き 福 岡 実 咲 さ ん 東 京 都 文 京 区 立 誠 之 小 学 校 2 年 ( 受 賞 時 ) 『 神 社 と お 寺 が わ か る 事 典 』 理 、 『 お 寺 さ ん 入 門 』 ど こ が 、 ど う ち が う ? り し !. ド 5 渋 谷 申 博 ほ か 著 洋 泉 社 2010 神 社 と お 寺 が 井 上 智 勝 監 修 PHP 研 究 所 2009 わ か る 事 典 は を 谷 申 近 所 の 図 書 館 で 参 考 文 献 を 探 し ま す が 、 , イ 神 社 は 神 様 を 、 お 寺 は 仏 様 を ま つ る 場 ぐ む ず か し そ う な 歴 史 や 宗 教 の 本 ば か り 。 所 。 お 寺 に 納 め ら れ て い る 4 種 類 の 仏 像 レ フ ァ レ ン ス カ ウ ン タ ー で 尋 ね る と 、 小 学 ( 如 来 ・ 菩 薩 ・ 明 王 ・ 天 部 ) の 特 徴 と 役 生 に も 分 か り や す い 事 典 を 探 し て す ぐ に 割 を 本 で 確 認 し ま し た 。 例 え ば 、 千 手 観 音 は IOOO 本 の 手 で 「 こ の 世 の 人 を も ら 取 り 寄 せ て く れ ま し た 。 実 咲 さ ん は ぐ っ と や る 気 が 出 て き ま す 。 ( 品 切 れ 重 版 未 定 ) さ ず 救 う 」 菩 薩 様 で す 。 周 べ る の に イ も 本 第 か ら 行 ま ・ 参 の け 方 ま て 15

図書館の学校 2013年 秋号


振 興 助 成 事 業 「 堺 市 史 」 フ ル テ キ ス ト ( 全 文 ) デ ジ タ ル イ ヒ に よ る 一 般 公 開 シ ス テ ム 事 業 堺 市 ( 大 阪 府 ) 検 索 閲 覧 シ ス テ ム TRC-ADEAC に 搭 載 【 助 成 期 間 】 【 助 成 金 額 】 昭 和 5 年 ( 1 9 3 0) 発 行 の 『 堺 市 史 』 第 7 巻 ( 別 編 ) 201 2 年 9 月 ~ 2013 年 3 月 6 , 91 2,000 円 物 を を 行 【 事 業 目 的 ・ 内 容 】 昭 和 5 年 ( 1 930 ) に 刊 行 さ れ た 『 堺 市 史 』 は 、 『 大 阪 市 史 』 や 『 長 崎 市 史 』 と な ら ん で 日 本 三 大 市 史 の ひ と っ と し て 学 術 的 に 高 く 評 価 さ れ て い ま す 。 し か し な が ら 、 約 80 年 前 に 出 版 さ れ た も の の た め 、 索 引 な ど が 不 十 分 で あ り 、 現 在 で は 必 ず し も 使 い や す い 資 料 と は 言 え ま せ ん で し た 。 『 堺 市 史 』 を フ ル テ キ ス ト ( 全 文 ) デ ジ タ ル 化 し 、 検 索 閲 覧 シ ス テ ム を 構 築 す る こ と に よ り 、 本 文 を さ ま ざ ま な 観 点 で 自 由 に 検 索 す る こ と が 可 能 と な り 、 新 し い 堺 に 関 す る 研 究 が 期 待 で き ま す 。 な お 、 本 事 業 で は 、 以 下 の 業 務 を 実 施 し ま し た 。 ・ 『 堺 市 史 』 第 7 巻 ( 別 編 ) ( 本 文 897 頁 ) の 版 面 デ ジ タ ル 化 ( フ ル テ キ ス ト 化 ・ PDF 化 ) ・ 掲 載 図 版 等 の 元 写 真 か ら の デ ジ タ ル 化 ・ 電 子 書 籍 化 ・ 史 資 料 の 画 像 処 理 ・ 目 録 デ ー タ の 作 成 平 成 2 2 年 ( 2 0 1 0 ) に 『 堺 市 史 』 刊 行 80 堺 市 刊 行 80 年 記 念 資 料 展 年 を 記 念 し て 、 堺 市 立 中 央 図 書 館 に お い て 資 料 展 と 講 演 会 を 開 催 し ま し た 10 月 9 日 ( 土 ) ~ 28 日 ( 木 ) 体 載 日 16 日 ・ 25 日 ( 月 劃 堺 市 立 中 央 図 書 館 橋 ロ ビ ー 版 面 の PDF 化 と テ キ ス ト 化 の み で な く 、 掲 載 図 版 を 堺 市 立 中 央 図 書 館 で 所 蔵 し て い る オ リ ジ ナ ル の 印 画 紙 写 真 よ り デ ジ タ ル 化 し 、 拡 大 し て 精 細 な 画 像 を 閲 覧 し て い た だ く こ と が で き ま す 利 用 し た オ リ ジ ナ ル 写 真 の 例 ー ト 【 事 業 成 果 】 ・ 『 堺 市 史 』 を 広 く 公 開 す る こ と に よ り 、 豊 か な 歴 史 ・ 文 化 資 源 を 貴 重 な ま ち の 資 産 と し て 、 市 民 が 共 有 す る こ と が で き 、 あ わ せ て 全 国 に 堺 の 魅 力 を 発 信 で き ま す 。 ・ 『 堺 市 史 』 掲 載 の 人 物 肖 像 や 絵 図 な ど は 学 習 教 材 と し て も 幅 広 く 利 用 で き 、 各 学 校 等 で 地 域 の 学 習 を 行 う 際 に も イ ン タ ー ネ ッ ト を 通 じ て 簡 単 に 閲 覧 が で き ま す 。 IRCACEAC• ロ 譱 体 」 い ナ 、 1 料 朝 シ ス ノ ム 第 ′ を 第 キ - つ - ト ・ 声 ^ ル プ 第 一 編 人 物 誌 第 一 章 第 明 期 ( 堺 の 第 よ り 南 北 朝 第 代 之 ) 0 ク イ ン 【 課 題 と 将 来 計 画 】 行 基 は 和 泉 ・ 大 第 ■ 第 第 の 人 . 一 日 本 第 興 紀 に 、 後 ・ カ 人 に 作 る 一 ( ー 第 山 家 第 寺 物 起 . 元 学 宿 ・ 日 本 僅 生 物 第 記 ー 第 挫 高 志 氏 . 大 ☆ ・ の t 年 生 ま る . ( ー 物 山 第 第 寺 起 元 事 物 ・ ) 十 石 歳 出 第 し ( 法 行 と し 、 一 一 ・ 山 第 第 寺 物 & ) 大 和 の ・ 解 を に 入 り . 新 望 の 第 ■ ・ に 就 い て . 環 強 . 宿 第 等 を 学 び . ( 元 宿 ・ ) 名 を 行 第 と 改 め 、 ( - 集 山 第 第 寺 星 ) 通 紹 - 第 、 義 第 に 従 っ て 物 ■ 第 を め 、 第 第 元 年 の 物 当 の 第 め に 第 県 の 第 宅 を 彦 し て 物 み と し 、 ( ー 第 山 第 第 青 起 . 行 年 第 ) 目 ら 大 わ 生 第 山 に ・ 第 し て 、 老 田 に 学 第 を 第 く し た が . 田 0 . 出 で て 四 ろ に ん で ま 工 を 化 物 し た . ( 行 第 大 ・ 行 記 . 行 基 年 第 ) 第 都 る 慮 、 物 依 追 従 す る も び 物 十 人 に 第 し . 第 を 元 年 四 月 に は ・ に 行 基 及 び 員 徒 を 蔵 す る に っ た . 新 く し ( 第 ・ を ・ し て 行 化 に カ め 、 ・ ね て _t 本 を 興 し て 民 料 を 一 つ た . 次 い で 天 平 十 石 年 一 * 第 ・ 第 第 物 物 の 本 ・ を を し た ま ふ に 富 り . 効 を し て 勢 に 難 き . 太 物 宮 の 物 託 を 第 ひ . ( ・ 大 寺 を ) 望 近 江 の 第 物 第 宮 に ・ し て . ・ を 第 物 ・ 造 の ・ め . 始 め て 寺 地 を 開 か る 、 に 方 り . 第 第 子 を 第 の て 攣 菱 を 動 物 し た . ( 第 日 事 紀 ) 切 を 以 て 十 年 物 し て 行 ・ 『 堺 市 史 』 第 1 巻 ~ 第 3 巻 ( 本 編 ) 、 第 4 巻 ~ 第 6 巻 ( 資 料 編 ) の デ ジ タ ル 化 ・ 本 市 図 書 館 情 報 シ ス テ ム と の 連 携

図書館の学校 2013年 秋号


館 2013 年 秋 号 目 次 2 。 12 年 度 図 書 館 振 興 助 成 事 業 報 告 ② ー 地 域 の 絆 保 存 プ ロ ジ ェ ク ト 東 松 島 市 図 書 館 ( 宮 城 県 ) ラ イ プ ラ リ ア ン 育 成 事 業 名 古 屋 大 学 附 属 図 書 館 ( 愛 知 県 ) 「 堺 市 史 」 フ ル テ キ ス ト デ ジ タ ル 化 に よ る 一 般 公 開 シ ス テ ム 事 業 ( 大 阪 府 ) 読 書 の ち か ら ま ち を 元 気 に す る 北 海 道 恵 庭 市 読 書 の 条 例 制 定 ー 第 回 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 」 入 賞 作 品 紹 介 ! 用 煢 ー 優 秀 賞 ・ 図 書 館 振 興 財 団 賞 ほ か 肥 作 品 調 べ て 学 ぶ 喜 び を 知 っ て い る か ら こ そ , ~ 多 く の 人 に 伝 え た い 可 進 ー 『 世 界 を 救 う キ ャ ッ プ 』 ( 第 川 回 ) と 『 火 山 の お い た ち 』 ( 第 回 ) で コ ン ク ー ル 入 賞 し た 仲 濱 佳 穗 さ ん の 今 地 域 コ ン ク ー ル レ ポ ー ト 長 野 県 茅 野 市 の 取 り 組 み 可 用 事 : ・ こ れ ま で 6 回 の 「 地 域 コ ン ク ー ル 」 を 開 催 し 、 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 」 活 動 賞 を 受 賞 〔 特 集 〕 図 書 館 振 興 財 団 助 成 事 業 の ス ス メ 助 成 申 請 か ら 決 定 ま で / こ れ ま で の 助 成 事 業 一 覧 表 紙 の 写 真 函 南 町 立 図 書 館 撮 影 小 林 キ ュ ウ 2

図書館の学校 2013年 秋号


〔 連 載 〕 私 と 図 書 館 第 2 回 び っ た り の 言 葉 ア ー サ ー ・ ビ ナ ー ド 図 書 館 の 昨 今 ⑤ 「 本 」 の 力 を 信 じ よ う ー 図 書 館 総 合 展 運 営 委 員 会 運 営 委 員 長 佐 藤 潔 図 書 館 が 生 ま れ た : 表 紙 の 図 書 館 ・ 函 南 町 立 図 書 館 / 日 立 市 立 南 部 図 書 館 / 箕 面 市 立 小 野 原 図 書 館 / 津 野 町 立 図 書 館 か わ う そ 館 宇 部 市 学 び の 森 く す の き / ま ん の う 町 立 図 書 館 / 高 槻 市 立 服 部 図 書 館 / 飯 能 市 立 図 書 館 注 目 の ラ イ プ ラ リ ー サ ー ビ ス は じ め て の カ ー リ ル タ ッ チ ! 埼 玉 県 飯 能 市 立 図 書 館 気 分 は い つ も 新 発 見 ! ② 今 夜 は 草 む ら コ ン サ ー ト 谷 本 雄 治 読 書 の た の し み 、 た の し み の 読 書 第 5 回 松 浦 弥 太 郎 日 本 の 図 書 館 文 化 を 支 え る 人 々 第 1 回 銭 谷 眞 美 さ ん 東 京 国 立 博 物 館 長 世 界 の 図 圭 日 館 第 6 回 バ ン レ ー セ 文 化 セ ン タ ー ( デ ン マ ー ク ) 今 、 一 市 民 と し て 、 街 の 図 書 館 に 通 う 日 々 思 う こ と は ・ イ ン タ ビ ュ ー 宮 田 昇 さ ん 事 務 局 ニ ュ ー ス ・ 世 界 図 書 館 情 報 会 議 シ ン ガ ポ ー ル 大 会 に 参 加 し て 国 立 国 会 図 書 館 国 際 子 ど も 図 書 館 飛 田 由 美 44 43 38 48 46