検索 - みる会図書館

検索対象: 小説推理 2016年 12月号

小説推理 2016年 12月号から 409件ヒットしました。

小説推理 2016年 12月号


し 、 ソ 返 し に リ う し た 訂 の ? ・ 由 た く し ず ・ う と 、 ) ろ 見 な い よ う に し 气 さ い ) ・ つ ル シ し ろ と 9 つ に ま ら ー す る よ ヘ ロ ド ト ス ( BC484 ~ BC425 年 ) 古 代 ギ リ シ ア の 歴 史 家 。 伝 承 さ れ マ い る 世 界 最 朷 の 歴 史 書 『 歴 史 』 に よ り " 歴 史 の 父 ” と 呼 は わ る 。 、 」 一 つ し 7 ソ ル の 友 」 し し ン い や ー グ ′ さ ′ ま 1 さ

小説推理 2016年 12月号


れ つ き デ ィ オ ド ロ ス は 紀 元 一 世 起 こ ろ の ギ リ シ ャ 「 卑 弥 呼 は 西 暦 一 一 百 年 頃 の 人 物 で す 。 亡 く な 「 ア マ ゾ ネ ス は 伝 説 だ が マ ヤ 文 明 は 歴 と し 叫 の 歴 史 家 だ 。 っ た の が 西 暦 一 一 百 一 一 一 十 九 年 で す か ら 。 一 一 世 紀 た 史 実 だ 。 人 類 学 博 士 の 青 山 和 夫 先 生 は マ ヤ 「 近 年 、 こ の 地 域 の 女 性 の 墓 か ら 剣 や 弓 な ど か ら 一 一 一 世 紀 に か け て の 人 物 で す ね 」 文 明 を 世 界 六 大 文 明 の 一 つ に 数 え て い る ほ ど の 武 具 が 多 数 、 出 土 し て い ま す ー 村 木 老 人 は 、 そ ん な ミ サ キ さ ん に も 親 切 丁 だ 」 「 だ っ た ら 伝 説 は 史 実 だ っ た 可 能 性 が 高 い で 寧 に 教 え て い る 。 「 世 界 六 大 文 明 ? ー す ね 」 「 そ う な ん で す か ー 「 旧 大 陸 の 四 大 文 明 に マ ヤ 文 明 を は じ め と す 「 そ う な ん で す , ミ サ キ さ ん も 悪 び れ ず に 素 直 に 感 心 し て い る メ ソ ア メ リ カ 文 明 と 南 米 の ア ン デ ス 文 明 を ミ サ キ さ ん の ア シ ス ト に 村 木 老 人 は 嬉 し そ る 。 こ の 一 一 人 の 辞 書 に は " 悪 び れ る ~ と い う 足 し て 六 大 文 明 と い う わ け だ 」 , つ に 答 え る 。 文 字 は な い ら し い メ ソ ア メ リ カ と い う の は メ キ シ コ の 大 部 分 「 い ず れ に し ろ 、 時 代 が ま る つ き り 逆 で し ょ 「 ア マ ゾ ン 国 は ギ リ シ ャ 神 話 の 世 界 の 話 。 ト と 中 央 ア メ リ カ 北 部 あ た り の 呼 称 だ 。 ま た 旧 う 」 ロ イ ア 戦 争 に 参 加 し た ア マ ゾ ン 国 は 紀 一 匹 則 十 大 陸 の 四 大 文 明 と は 、 も ち ろ ん メ ソ ボ タ ミ ア 「 逆 ? 四 世 紀 だ と さ っ き 言 っ た で し よ う 。 そ の 時 点 文 明 、 エ ジ プ ト 文 明 、 イ ン ダ ス 文 明 、 黄 河 文 ミ サ キ さ ん が 喜 多 川 先 生 に 訊 き 返 す 。 で 論 が 破 綻 し て い る ー 明 を 指 す 。 「 そ う 。 村 木 先 生 は " ア マ ゾ ネ ス は 卑 弥 呼 の 「 と こ ろ が 」 「 青 山 氏 の 一 一 = ロ う 通 り 、 そ の 六 つ の 文 明 は 、 も 末 商 た ~ つ ま り " 卑 弥 呼 が ア マ ゾ ネ ス に な っ 村 木 老 人 が 嬉 し そ う な 顔 を 喜 多 川 先 生 に 向 と も と 何 も な い と こ ろ か ら 独 自 に 生 ま れ た 一 た ~ と 仰 っ た が 、 ア マ ゾ ネ ス の 方 が 卑 弥 呼 よ け る 。 向 け ら れ た 喜 多 川 先 生 も 迷 惑 だ ろ う 。 次 文 明 だ か ら 、 六 大 文 明 と 規 定 す る の が 正 し り 遙 か に 古 い 。 根 本 的 な 問 題 だ 」 「 マ ヤ 文 明 を 減 ほ し た ス ペ イ ン の 入 植 者 た ち い の か も し れ な い 」 村 木 説 、 い き な り 崩 壊 。 お か し さ を 通 り 越 が ア マ ゾ ン 川 流 域 で ア マ ゾ ネ ス に 遭 遇 し た と 「 勉 強 に な り ま す 」 し て こ の 老 人 が 哀 れ に な っ て き た 。 ミ サ キ さ い う 記 録 が 残 っ て る ん で す よ ー 素 直 が 一 番 。 ん も 目 が 覚 め る だ ろ う 。 「 マ ヤ 文 明 : 「 そ も そ も マ ヤ 文 明 っ て 何 な ん で す か ? 教 「 卑 弥 呼 っ て 、 い つ ぐ ら い の 時 代 の 人 な ん で 「 あ 、 知 っ て ま す 。 終 末 予 言 で 有 名 な 文 明 で え て く れ ま す ? ー す か ? 」 す よ ね 。 『 2012 』 っ て い う 映 画 で 観 ま し ム ッ と し た 。 喜 多 川 先 生 は 歴 史 学 者 だ 。 歴 日 本 の 古 代 女 王 の 時 代 を 知 ら な い な ん て 。 た 」 史 の 専 門 家 だ 。 違 う 言 葉 で 言 え ば プ ロ だ 。 そ

小説推理 2016年 12月号


瀬 名 秀 明 の 本 を 手 に す る と 、 今 度 は ど ん な 物 語 か と ワ ク ス テ リ ー の 手 法 で 描 か れ た フ ァ ン タ ジ ー と で も い お う か 。 ワ ク し て し ま う 。 理 由 は 簡 単 。 ホ ラ ー 『 パ ラ サ イ ト ・ イ 早 季 子 の 周 囲 の 謎 で 読 者 の 興 味 を 引 っ 張 り な が ら 、 作 者 は ヴ 』 で デ ビ ュ ー し た 作 者 は 、 以 後 、 フ ァ ン タ ジ ー 、 ミ ス テ 予 想 外 の 着 地 点 を 用 意 す る 。 そ れ が 何 か を 、 こ こ で 説 明 す リ ー 、 冒 険 、 ホ ラ ー 等 、 さ ま ざ ま な ジ ャ ン ル を 横 断 し 、 結 る の は 野 暮 だ ろ う 。 是 非 と も 本 書 を 読 ん で 、 早 希 子 に 訪 れ 綏 【 び つ け た 作 品 を 発 表 し て き た か ら だ 。 多 彩 な 作 風 を 誇 る 作 た 小 さ な 奇 跡 を 、 彼 女 と 共 有 し て ほ し い 。 日 家 が 繰 り 出 す 、 予 測 不 能 の ス ト ー リ ー た だ し だ 。 ジ ャ ン ル ・ ミ ッ ク ス は 、 ミ ス テ リ ー と フ ァ ン 期 待 が 高 ま ろ う と し う も の だ 。 そ し て そ の 期 待 は 、 今 回 も 充 分 に 満 た さ れ た タ ジ ー だ け で は 終 わ ら な い 。 続 く 第 二 章 「 い ま を 歩 み 行 く 」 で 、 早 季 子 の 友 人 の 寺 田 泉 に 襲 い か か る 悲 劇 や 、 意 外 撲 瀬 高 校 生 の 藤 枝 早 季 子 は 、 古 い 歴 史 を 持 っ 町 に あ る 和 紙 店 な 人 物 の 登 場 で 、 さ ら に リ ー ダ ビ リ テ ィ を 強 め た 作 者 は 、 《 藤 枝 》 の 娘 だ 。 か っ て は 早 季 子 の 祖 父 に よ り 、 折 り 紙 教 第 三 章 「 明 日 を つ つ み 抱 く 」 で 、 爆 弾 を 投 入 。 第 一 章 で 店 高 校 生 の 藤 枝 早 季 子 の 周 囲 で 起 き る 、 不 思 議 な 出 来 新 円 製 繝 杜 売 事 。 そ こ に 秘 め ら れ た 人 々 の 想 い が 、 彼 女 を 未 来 に 第 本 ( 好 室 の 開 か れ て い た 店 だ が 、 今 は 祖 父 も 父 親 も 亡 く し 、 母 親 を 訪 れ た 、 謎 の 女 性 の 正 体 が 明 ら か に な る と 同 時 に 、 早 季 が ひ と り で 切 り 盛 り を し て い る 。 そ ん な 早 季 子 の 周 囲 で 、 子 が 体 験 し た 奇 跡 が 、 フ ァ ン タ ジ ー か ら 新 し い 世 界 へ と 変 容 す る の で あ る 。 そ し て 死 ん だ 者 た ち の 想 い と 、 生 き て い て 不 思 議 な 出 来 事 が 続 い た 。 差 出 人 不 明 の 何 も 書 か れ て い な い 葉 書 が 、 家 と 学 校 に 届 い た の だ 。 ま た 、 店 に 訪 れ た 女 性 る 人 の 想 い が 重 な り 合 い 、 感 動 的 な ク ラ イ マ ッ ク ス へ と 向 ( 2 か っ て い く の だ 。 か ら 、 奇 妙 な こ と も い わ れ た 。 ど う や ら 原 因 は 、 十 ヶ 月 前 に 病 死 し た 同 級 生 の 望 月 和 志 に あ る ら し い 。 和 志 の 死 か ら だ か ら 本 書 は 、 藤 枝 早 希 子 と い う 、 ひ と り の 少 女 の 青 春 主 月 顔 を 背 け て い た 早 季 子 だ が 、 し だ い に 自 分 の 心 を 見 つ め 、 と 成 長 の 物 語 で も あ る 。 そ し て 何 よ り も 、 さ さ や か な 奇 跡 前 向 き に な っ て い く 。 そ し て あ る 一 夜 、 彼 女 に 奇 跡 が 訪 れ を 描 い た 、 優 し く 爽 や か な ス ト ー リ ー と な っ て い る の だ 。 予 測 不 能 な 瀬 名 秀 明 の 世 界 。 今 回 も 存 分 に 、 堪 能 し て し ま 一 」 る の で あ っ た 。 っ た の で あ る 。 と い う の が 、 第 一 章 「 過 去 を 繋 ぎ 留 め る 」 の 粗 筋 だ 。 ミ 細 谷 正 充 、 , 双 葉 社 注 目 の 新 刊

小説推理 2016年 12月号


今 月 の ベ ス ト ・ ブ ッ ク ミ 【 虹 を 待 つ 彼 女 逸 木 裕 著 KADOKAWA 本 体 1600 円 + 税 香 山 ニ 三 郎 画 を ← ′ い 、 を 装 幀 鈴 木 久 美 装 画 Ⅱ loundraw キ ツ ネ 様 の お 告 げ で 行 っ て 参 り ま し た 、 を そ な え た 中 戸 川 と い う 異 色 の コ ン ビ の 捜 査 B 畄 T, 東 京 ド ー ム 公 演 へ 。 そ れ で 何 か 行 が 主 軸 と な る 。 捜 査 も の と し て は オ ー ソ ド 御 利 益 が あ っ た の か と い え ば 、 折 り か ら の 台 ッ ク ス な 展 開 だ が 、 主 役 ふ た り の 掛 け 合 い で 風 で ず ぶ 濡 れ に な っ た だ け 。 御 利 益 が あ っ た ま ず は 読 ま せ る 。 久 井 の キ ャ ラ は 奇 天 烈 か と の は 何 故 か ド ー ム に 程 近 い 角 川 書 店 だ っ た よ 思 い き や 、 ち ょ っ と 屈 折 し た 硬 派 刑 事 と い う う で 、 今 月 の ベ ス ト ミ ス テ リ 1 候 補 は す べ て 鬼 刑 事 キ ャ ラ ク タ ー の 伝 統 を 守 っ て お り 、 相 KADOKAWA 刊 な の で あ っ た 。 棒 も の と し て は こ の ほ う が 長 持 ち し そ う な 感 候 補 作 は 三 作 で 、 ま ず 長 崎 尚 志 「 ハ イ ル ド じ 。 ま た 事 件 の べ ー ス に な っ て い る の が 一 一 〇 ラ イ バ ー 』 は 横 浜 で 起 き た 猟 奇 殺 人 事 件 の 捜 〇 〇 年 暮 に 起 き た 世 田 谷 一 家 殺 人 事 件 で 、 そ 査 の 行 方 を 追 っ た 警 察 小 説 。 一 〇 月 半 ば 、 金 れ が ど う 加 工 さ れ て い る の か と い う 点 も 読 み 沢 区 の 住 宅 街 で 一 家 一 一 一 人 が 惨 殺 死 体 で 発 見 さ 逃 せ な い 。 実 に 意 外 な 展 開 を 見 せ ま す 。 著 者 れ る 。 神 奈 川 県 警 捜 査 一 課 の 中 戸 川 俊 介 は 家 は 『 闇 の 伴 走 者 』 等 、 漫 画 原 作 者 ・ 編 集 者 と 業 を 継 ぐ た め 退 職 を 決 意 し て い た が 、 捜 査 に い う 本 業 を 生 か し た 業 界 も の ミ ス テ リ ー で 気 駆 り 出 さ れ そ れ ど こ ろ で は な く な る 。 し か も を 吐 い て い る が 、 本 書 で プ チ プ レ イ ク か 。 並 外 れ た 長 身 で パ イ ル ド ラ イ バ ー の 異 名 を 持 二 作 目 は 、 白 井 智 之 『 お や す み 人 面 瘡 』 。 っ 退 職 刑 事 、 久 井 重 吾 の 面 倒 を 見 る 羽 目 に 。 著 者 は 第 三 四 回 横 溝 正 史 ミ ス テ リ 大 賞 の 最 終 一 家 三 人 殺 し は 一 五 年 前 、 同 じ 金 沢 区 内 で 起 候 補 作 『 人 間 の 顔 は 食 べ づ ら い 』 が 出 版 の 運 き た 一 家 三 人 殺 し と 酷 似 し て い た 。 一 五 年 前 び と な り プ ロ デ ビ ュ ー 。 生 物 災 害 の 影 響 で 食 の 事 件 は 迷 宮 入 り 状 態 だ っ た が 、 そ の 捜 査 に 用 の 人 間 ク ロ ー ン が 飼 育 さ れ る よ う に な っ た 当 た っ た の が 久 井 だ っ た の で あ る 。 別 世 界 の 日 本 を 舞 台 に し た 異 色 の 本 格 も の 物 語 は 引 退 後 も 野 性 の 勘 を 失 っ て い な い 捜 で 、 一 一 作 目 の 『 東 京 結 合 人 間 』 の 舞 台 も 男 女 査 の 鬼 ・ 久 井 と 、 凡 人 だ が や は り あ る 種 の 勘 が 結 合 し て 生 殖 す る と い う 別 世 界 。 そ の 特 殊 220

小説推理 2016年 12月号


言 葉 が ー ー ー コ 兀 の 姿 が 残 っ て い る 限 り 、 ど れ ビ が 活 躍 す る 連 作 五 編 か ら 成 っ て い ま す 。 ゆ く と い う の が 五 編 の 内 容 。 あ っ け に と ら ほ ど 機 械 や 道 具 で 感 覚 を 拡 張 し て も 、 私 た ち 誰 も が 青 木 雄 一 一 の マ ン ガ 『 ナ ニ ワ 金 融 道 』 れ 、 大 笑 い し な が ら 、 未 来 の お カ ネ の 意 味 は 広 い 意 味 で は 人 間 の ま ま な の 。 で も 、 こ の を 連 想 す る と 思 い ま す が 、 こ ち ら は 人 間 の 裏 や 、 人 間 と ア ン ド ロ イ ド の 違 い な ど を ち ょ こ 根 本 が 崩 れ た ら ? 」 。 側 で は な く 、 ア ン ド ロ イ ド や 人 工 生 命 の 気 の っ と 考 え て し ま う 傑 作 。 達 者 だ な あ 。 こ れ ら は 知 性 や 人 間 の 本 質 に 対 す る 問 い か 毒 な 立 場 を さ ら に 突 き 崩 し て ゆ く 宇 宙 。 紙 数 が あ ま り あ り ま せ ん が 、 こ こ で 、 こ の け で す ね 。 こ う し た 問 い か け を 、 の 形 で 舞 台 は 、 人 類 が 最 初 に 移 住 に 成 功 し た 太 陽 と こ ろ 続 々 と 出 て い る シ ョ ー ト シ ョ ー ト 集 を 発 し て い る の が 、 上 田 早 タ 里 と い う 作 家 だ と 系 外 惑 星 〈 二 番 街 〉 。 こ こ に 支 店 を 構 え る 消 ま と め て 紹 介 し て お き ま し よ う 。 い え る か も し れ な い 。 本 書 に 収 め ら れ た 十 の 費 者 金 融 「 新 星 金 融 ー の た っ た 二 人 の 社 員 ま ず は 、 今 回 の シ ョ ー ト シ ョ ー ト プ ー ム の 短 編 に は 、 問 い か け だ け を ま と め た よ う な 物 ュ ー セ フ と 「 ぼ く 」 が 主 な 登 場 人 物 で あ 牽 引 役 ・ 田 丸 雅 智 の 作 品 集 か ら 。 こ こ 半 年 ば 語 も あ る が 、 そ れ ら は い ず れ 長 編 と し て 追 究 る 。 会 社 は 何 に で も 融 資 す る 。 ア ン ド ロ イ ド か り で 『 シ ョ ー ト シ ョ ー ト 診 療 所 』 ( キ ノ ブ さ れ る か も し れ ま せ ん 。 重 厚 な 歴 史 小 説 の 形 が 多 い が 、 バ ク テ リ ア で も エ イ リ ア ン で も 客 ッ ク ス ) 、 『 シ ョ ー ト シ ョ ー ト 千 夜 一 夜 』 ( 小 態 で 並 行 宇 宙 が 描 か れ る 「 上 海 フ ラ ン ス 租 界 は 選 ば な い 。 そ の か わ り 社 員 は ど こ へ で も 取 学 館 ) 、 『 w 高 生 の 奇 妙 な 日 常 』 ( 角 川 春 樹 事 祁 斉 路 三 一 一 〇 号 」 や 、 民 俗 的 な 伝 奇 「 眼 り 立 て に 行 か ね ば な ら な い 。 「 宇 宙 だ ろ う と 務 所 ) の 三 冊 を 上 梓 。 名 作 シ ョ ー ト シ ョ ー ト 神 . な ど を 見 る と 、 こ の 先 、 上 田 さ ん が 多 彩 深 海 だ ろ う と 、 核 融 合 炉 内 た ろ う と 零 下 一 九 の ア ン ソ ロ ジ ー 『 シ ョ ー ト シ ョ ー ト の 缶 詰 』 な 形 で こ う し た 問 い か け を 発 展 さ せ て ゆ く だ 〇 度 の 惑 星 だ ろ う と 取 り 立 て る 」 と い う の ( キ ノ ブ ッ ク ス ) に は 、 稲 垣 足 穂 か ら 藤 井 太 ろ う と 思 わ ざ る を 得 ま せ ん 。 が 、 モ ッ ト ー だ 。 酷 い 取 り 立 て に 当 た る の 洋 ま で の 新 旧 一 一 四 編 を 収 録 。 『 盤 上 の 夜 』 や 『 ヨ ハ ネ ス プ ル グ の 天 使 た は 、 も つ ば ら 「 ぼ く で 、 ム ス リ ム ( 敬 虔 と 一 方 、 田 丸 さ ん の 先 輩 に あ た る 江 坂 遊 は 、 ち 』 、 あ る い は 『 ア メ リ カ 最 後 の 実 験 』 な ど は い え な い ) の 上 司 ュ ー セ フ は 、 こ と あ る ご 『 花 火 』 と 『 無 用 の 店 』 を 自 作 〈 シ ョ ー ト シ で 重 厚 か っ シ リ ア ス な c-•oc-u を 披 露 し て き た 宮 と に 「 ぼ く 」 を 張 り 倒 そ う と す る 。 ヨ ー ト セ レ ク シ ョ ン — ・ Ⅱ 〉 と し て 光 文 社 文 ス 内 悠 介 が 、 一 転 、 軽 妙 な 筆 致 を 発 揮 し て い る こ の 設 定 の も と 、 毎 回 、 「 あ な た は お カ ネ 庫 か ら 。 ま た 、 内 外 の 極 め 付 け 超 短 編 を 選 ん の 月 今 の が 『 ス ペ ー ス 金 融 道 』 ( 河 出 書 房 新 社 ) 。 を ど う 使 っ た ん で す か ? 」 と 訊 き た い よ う な だ 『 の 神 品 シ ョ ー ト シ ョ ー ト 傑 作 選 』 貸 金 取 り 立 て の た め に は 手 段 を 選 ば な い コ ン ア ン ド ロ イ ド や 人 工 生 命 の 借 金 を 取 り 立 て に ( 扶 桑 社 文 庫 ) も 送 り 出 し て い ま す 。 必 読 。 223

小説推理 2016年 12月号


な 背 景 作 り は 本 書 で も 踏 襲 さ れ て い て 、 今 回 罪 小 説 つ ぼ い 展 開 で 、 そ の グ ロ い タ ッ チ に 辟 れ 、 プ ロ ト タ イ プ の 候 補 に 、 六 年 前 ド ロ ー ン は 全 身 に " 脳 瘤 ~ と 呼 ば れ る 顔 が 発 症 す る 奇 易 す る 向 き も 少 な く な い か も 。 だ が 、 や が て を 使 っ て 異 様 な 自 殺 を 遂 げ た 美 貌 の ゲ ー ム ク 病 " 人 瘤 病 。 が 蔓 延 し た 日 本 が 舞 台 だ 。 殺 人 事 件 が 起 き 、 そ れ を 推 理 す る 段 に な る リ エ イ タ ー ・ 水 科 晴 の 名 前 が 挙 が る 。 物 語 は ふ た つ の 筋 が 交 互 に 展 開 し て い く 。 と 、 ウ ル ト ラ 級 離 れ 業 の つ る べ 打 ち 。 異 様 な か く し て 工 藤 は 何 か と 伝 説 の 多 い 晴 の 素 顔 一 方 の 主 役 は 、 人 瘤 病 に 罹 っ た 女 「 す ー ・ ー ″ 人 設 定 の す べ て が 推 理 に 収 れ ん さ れ て い く く だ を 探 る た め z を 使 っ て 情 報 収 集 を 始 め 間 ~ を 集 め た 仙 台 市 の フ ァ ッ シ ョ ン ヘ ル ス に り は ま さ に 悪 魔 的 所 業 と 呼 ぶ ほ か な い ! 唯 る 。 晴 に は " 雨 ~ と 呼 ば れ る 特 別 な 存 在 が い 勤 め る 青 年 カ プ 。 醜 悪 極 ま る 性 フ ー ゾ ク だ 一 無 一 一 の 異 才 が 炸 裂 し た 、 本 格 ミ ス テ リ ー と た ら し い が 、 や が て 「 」 を 名 乗 る 者 か が 、 客 が 起 こ し た 火 事 が 原 因 で 店 は 閉 鎖 。 一 し て も 読 み 応 え 充 分 の 傑 作 で あ る 。 ら 、 晴 の こ と を 嗅 ぎ 回 る な ら 殺 し て や ろ う 年 後 に 営 業 再 開 す る も の の 風 俗 嬢 が 不 足 し て 三 作 目 も 横 溝 正 史 ミ ス テ リ 大 賞 も の 、 第 一 一 一 か 、 と い う 脅 迫 メ ー ル が 送 ら れ て く る が : い た 。 そ ん な 折 り 、 後 輩 の ジ ン タ が 自 分 の 出 六 回 の 同 賞 受 賞 作 、 逸 木 裕 『 虹 を 待 っ 彼 謎 の 中 心 は 自 殺 事 件 も さ る こ と な が ら 、 水 身 地 ・ 海 晴 市 で 警 察 の 駐 在 所 に 勤 め る 兄 か ら 女 』 。 こ ち ら は グ ロ テ ス ク な 世 界 か ら 一 転 、 科 晴 と い う 女 性 そ の も の 。 家 庭 に 恵 ま れ ず 、 人 間 の 女 を 買 い 取 っ て 欲 し い と 連 絡 を 受 け た 都 会 派 の サ ス ペ ン ス で あ る が 、 東 京 ・ 渋 谷 で 人 付 き 合 い も 下 手 で 、 異 性 と の 交 流 も 乱 れ て と い う こ と で 、 ふ た り は 海 晴 市 に 向 か う 。 ド ロ ー ン と オ ン ラ イ ン ゲ ー ム を 連 携 さ せ た 自 い た 。 そ の 隠 さ れ た 秘 密 と は 。 著 者 は し か も う 一 方 の 主 役 は 、 そ の 海 晴 市 の 中 学 校 の 殺 事 件 が 起 き る プ ロ ロ ー グ は や は り 調 。 し 、 人 工 知 能 と 対 決 す る 囲 碁 棋 士 や 反 人 工 知 女 生 徒 サ ラ 。 新 担 任 の ハ ヤ シ 先 生 が 就 任 し て 一 一 〇 一 一 〇 年 、 人 工 知 能 の 研 究 者 ・ 工 藤 賢 は 能 キ ャ ン ペ 1 ン を 立 ち 上 げ る ク レ ー マ ー も 絡 一 テ 荒 れ た 教 室 が 落 ち 着 い た の も 束 の 間 、 親 友 の 開 発 に 限 界 を 感 じ ( 日 常 生 活 に も 飽 き つ つ あ ま せ 、 ス ト ー リ ー の 先 読 み を 許 さ な い 。 ス ッ ム ギ に 妊 娠 疑 惑 が 発 生 、 そ れ を き っ か け に っ た 。 そ ん な と き 、 彼 が 籍 を 置 く 会 社 で 、 彼 主 人 公 の 工 藤 は 優 等 生 に あ り が ち な 「 小 賢 ミ ハ ヤ シ の ど す 黒 い 正 体 が 明 か さ れ る : の 作 っ た 人 工 知 能 と 会 話 の 出 来 る ア プ リ に 対 し く 自 己 防 衛 に 長 け た 嫌 ら し さ 」 ( ◎ 恩 田 国 帯 の あ ら す じ に は 、 や が て 海 晴 市 の 墓 地 の す る ク レ ー ム が 問 題 に な る 。 そ の ア プ リ で は 陸 ) 丸 出 し の ヤ ツ だ が 、 晴 を 知 る こ と で ま っ ス 管 理 施 設 で 殺 人 事 件 が 起 き る と あ る が 、 そ れ 恋 愛 も 可 能 で 、 そ れ に ハ マ っ て 人 間 関 係 を 損 と う な 人 間 ら し さ を 取 り 戻 し て い く 。 恋 愛 小 の は 後 半 に 入 っ て か ら 。 『 東 京 結 合 人 間 』 と 同 な う 者 が 出 て き た の だ 。 そ の 打 開 策 に 、 死 者 説 と し て も お 奨 め な の だ 。 本 欄 独 自 の 新 人 優 今 様 、 前 半 は デ ィ ス ト ピ ア を 舞 台 に し た 猟 奇 犯 を 人 工 知 能 と し て 蘇 ら せ る サ ー ビ ス が 提 案 さ 先 則 も プ ラ ス し て 、 今 月 は こ れ に て 決 定 。 2 2

小説推理 2016年 12月号


小 池 真 理 子 男 を 車 で 撥 ね て 死 な せ て し ま っ た 女 は 、 記 憶 喪 失 の ホ ー ム レ ス を 男 の 身 代 わ り に 仕 立 て る そ の 先 に 待 ち 受 け る の は 、 成 功 か 破 滅 か ・ [ 長 編 サ ス ペ ン ス 本 体 704 円 + 税 小 池 自 理 子 冖 の カ ル - る ト 一 荻 原 浩 奧 様 は 元 暗 殺 者 家 族 の 平 和 を 守 る た め 、 マ マ は 再 び - を 銃 を 手 に す る ー ー 新 直 木 賞 作 家 が ハ ー ド ボ イ ル ド と ホ ー ム ド ラ マ の 融 合 に 挑 ん だ 異 色 の 傑 作 冖 長 編 ハ ー ド ア ク 、 ン ヨ ン 〕 本 体 648 円 + 税 矢 月 秀 作 妻 子 を 殺 し た 凶 悪 犯 を 追 い 続 け " 狂 犬 〃 と 恐 れ ら れ る 刑 事 ・ 神 条 つ い に 潜 伏 先 を 楓 む も 、 そ れ は さ ら な る 血 の 雨 の 前 触 れ だ っ た 超 ド 級 の 快 作 ! 山 本 甲 士 日 〔 心 温 ま る 痛 快 小 説 〕 本 体 667 円 ~ 税 物 、 う ち の ば あ ち ゃ ん 、 一 体 何 者 奇 跡 の よ う に 事 態 を 好 転 さ せ て い く そ の 武 器 は 、 優 し い う そ と 素 朴 で 美 味 し い 料 理 読 め ば 見 習 い た く な る ス ー バ ー お ば あ ち ゃ ん 小 説 ! 巨 匠 ・ 清 張 の ジ ャ ン ル 別 作 品 集 の 第 四 弾 は 法 廷 ミ ス テ リ 法 廷 に お け る ド ラ マ は も と よ り 、 事 件 の 背 景 に あ る 人 間 心 理 に 焦 点 を あ て る ! 松 本 清 張 死 松 尾 由 美 自 分 を 殺 し た 人 を 捜 し て ほ し い と い う 彼 女 に 、 い っ し か 恋 を : ・ 奇 跡 の ラ ブ ス ト ー リ ー や お よ ろ す 仲 野 ワ タ リ 祖 父 か ら 譲 り 受 け た 古 民 家 で 、 外 国 人 旅 行 者 向 け の ゲ ス ト ハ ウ ス を 開 業 し た 安 堂 美 香 そ ん な 彼 女 と 様 々 な 外 国 人 ゲ ス ト た ち が 織 り な す ド タ バ タ な 毎 日 と は 冖 文 庫 オ リ ジ ナ ル ノ ベ ラ イ ズ 〕 ー プ 本 体 565 円 + 税 こ う の 史 代 負 蒔 田 陽 平 数 々 の 漫 画 賞 を 受 賞 し た 原 作 コ ミ ッ ク 、 待 望 の 劇 場 ア ニ メ 化 戦 時 下 の 広 島 ・ 呉 を 生 き る す ず の 日 常 と 軌 跡 を 描 く 物 語 、 ノ ベ ラ イ ズ 版 に @こ う の 史 代 ・ 双 葉 社 / 「 こ の 世 界 の 片 隅 に 」 製 作 委 員 会 メ 片 日 開 〔 長 編 禁 断 ェ ロ ス 〕 日 活 >< 早 瀬 真 人 本 体 611 円 + 税 の 秬 公 場 界 国 末 廣 圭 劇 世 全 霧 原 一 輝 中 島 要 黒 船 来 襲 で 揺 れ る 幕 末 の 江 戸 呑 気 に 生 き て き た 甘 え ん 坊 侍 に も 、 次 々 と 試 練 が 襲 い か か る 若 様 は 時 代 の 荒 波 を 乗 り き れ る の か ) 」 し ゆ き ゅ う せ ん り よ う 強 敵 轡 田 と の 死 闘 で 負 っ た 傷 の た め 、 養 生 を 余 儀 な く さ れ た 左 門 身 動 き が と れ ぬ 中 、 数 々 の 難 事 件 に 挑 ん で い く 人 気 シ リ ー ズ 第 六 弾 冖 時 代 小 説 〕 本 体 620 円 + 税 旗 本 本 田 家 周 辺 を 嗅 ぎ 回 る 浪 人 榎 本 平 四 郎 無 外 流 の 遣 い 手 で も あ る 平 四 郎 の 狙 い は 一 体 何 な の か ? 盗 賊 眠 り 猫 の 勘 兵 衛 が 動 き 出 す 人 気 シ リ ー ズ ニ カ 月 連 続 刊 行 ! マ マ の 狙 撃 銃 新 装 版 一 狙 撃 銃 狂 大 松 本 清 張 ジ ャ ン ル 別 作 品 集 ④ 法 廷 ミ ス テ リ 雨 の 日 の き み に 恋 を し て ケ ス ト ハ ウ ス 八 百 万 ヘ よ う - ) そ 荻 原 浩 、 の 妻 た ち の 性 体 験 夫 の 眼 の 前 で 、 今 ・ 魔 性 の 女 ト ラ ッ カ ー 恋 唄 か り ん と ・ つ 侍 二 ・ じ 御 家 人 無 頼 蹴 飛 は し 左 門 御 首 級 千 両 日 溜 り 勘 兵 衛 極 意 帖 冬 の 螢 冖 ハ ー ド ボ イ ル ド & ホ ー ム ド ラ マ 〕 本 体 667 円 + 税 / ペ ラ イ ズ ノ ベ ラ イ ズ こ の 世 界 の 片 隅 に 書 き 下 ろ し オ リ ジ ナ ル 双 葉 文 庫 初 登 場 書 き 下 ろ し 小 月 の 新 刊 書 き 下 ろ し 書 き 下 ろ し 双 葉 文 庫 初 登 場 好 評 発 、 0 文 庫 庫 読 書 は コ コ ロ の 身 だ し な み www.futabasha.co.JP ◆ ご 注 文 は お 近 く の 書 店 ま た は ブ ッ ク サ ー ビ ス ( 0120-29-9625 ) へ 。 2 双 葉 社

小説推理 2016年 12月号


「 奥 松 島 で 、 ホ テ ル に な っ て い た 客 船 が 、 津 十 津 川 は 、 大 田 黒 に 礼 を い い 、 引 き あ げ る こ に つ い て 触 れ よ う と し な い 。 十 津 川 も 、 意 地 に な っ て 、 一 一 人 の 男 の こ と 波 で 沈 ん だ が 、 最 近 、 よ う や く 、 引 き 揚 げ ら と に し た 。 れ 、 そ の 客 室 の な か で 、 一 一 億 円 相 当 の プ ラ チ 捜 査 本 部 に 戻 る と 、 十 津 川 は 、 刑 事 た ち は 、 質 問 し な い こ と に し た 。 ナ が 見 つ か っ て 、 ち ょ っ と し た 騒 ぎ に な っ て に 、 大 田 黒 に つ い て 調 べ る こ と を 指 示 し た 。 「 五 年 前 で す か ? 」 「 特 に 、 例 の 五 人 と の 関 係 を 調 べ て ほ し い 」 い る ん で す が 、 ご 存 じ で す か ? ー 「 そ う で す 。 五 年 前 の 一 月 で す 」 と 、 十 津 川 は い い 、 大 田 黒 と 話 し た こ と 「 確 か 、 五 年 前 と い う と 、 東 日 本 大 震 災 が 起 「 あ あ 、 そ れ な ら 、 新 聞 で 読 み ま し た よ 。 い っ こ う に 、 持 ち 主 が 現 れ な い そ う で 、 世 の 中 を 、 刑 事 た ち に 説 明 し た 。 き た 年 で す ね , 「 そ う で し た か ね 。 あ あ 、 そ う で す 。 五 年 前 に は 、 欲 の な い 人 が い る ん だ な と 、 思 い ま し 「 最 後 ま で 大 田 黒 は 、 写 真 に 写 っ て い る 一 一 人 の 日 本 人 に つ い て 、 ひ と 言 も 話 さ な い ん だ 。 の 三 月 十 一 日 に 、 東 日 本 大 震 災 が あ り ま し た た ね 」 そ の 写 真 に つ い て 、 き い た り 答 え た り し て い と 、 い っ た 。 ね 」 こ 「 あ の 写 真 で す が 、 モ ン ゴ ル の ど の あ た り に る の に だ 。 大 田 黒 と 一 緒 に 写 っ て い る 一 一 人 の と 、 大 田 黒 は 、 少 し だ け 、 あ わ て た 口 調 。 日 本 人 は 、 間 違 い な く 、 例 の 五 人 の な か の 一 一 い か れ た ん で す か ? な っ た 。 「 普 通 は 、 ウ ラ ン バ ー ト ル と か 、 ダ ル ハ ン 、 人 だ よ 」 「 先 生 は 、 確 か 、 東 北 の お 生 ま れ じ ゃ な か っ 「 そ の 一 一 人 が 、 大 田 黒 と 、 モ ン ゴ ル に 旅 行 し エ ル デ ネ ト と い っ た 都 会 に 、 い く ん で す が 、 た で す か ? , 「 仙 台 の 生 ま れ で す が 、 東 日 本 大 震 災 の 時 に 私 は 、 そ ん な 都 市 よ り も 、 高 原 の 景 色 が 好 き て い る と い う の は 、 気 に な り ま す ね 。 モ ン ゴ は 、 京 都 に い っ て い た の で 、 助 か り ま し た 」 な の で 、 モ ン ゴ ル の 東 部 の モ ン ゴ ル 高 原 を 旅 ル と い え ば 、 戦 争 中 の 満 蒙 の 蒙 古 の ほ う で し 行 し て 回 り ま し た よ 。 だ か ら 、 も つ ば ら 車 で よ う 」 「 今 は 、 東 京 に 、 お 住 ま い で す ね ? 」 「 場 所 と し て は 、 だ い た い 同 じ だ 。 大 田 黒 件 「 勤 め て い る 大 学 が 、 東 京 で す か ら 。 仙 台 に の 旅 行 で し た 。 あ の 国 は 、 鉄 道 が 発 達 し て い は 、 モ ン ゴ ル の 歴 史 の 研 究 に 一 年 に 一 回 い く ま せ ん か ら 」 は 、 遠 い 親 戚 が 住 ん で い ま す 」 の だ と い っ て い る が 、 別 の 目 的 で 、 例 の 五 人 と 、 い , つ 。 「 奥 松 島 に い か れ た こ と が あ り ま す か ? 」 石 仙 「 い や 。 松 島 海 岸 に は 、 何 回 か い っ て い ま す 大 田 黒 も 、 な ぜ か 、 写 真 に 写 っ て い る 一 一 人 と 一 緒 に い っ て い る の か も し れ な い か ら ね 」 と 、 十 津 川 は 、 い っ た 。 tN が 、 石 巻 の ぼ う に は 、 い っ た こ と は あ り ま せ の 日 本 人 に つ い て 、 話 そ う と し な か っ た 。 ( つ づ く ) 内 心 ( 意 地 に な っ て い る ) と 思 い な が ら 、 ん ー

小説推理 2016年 12月号


今 宵 、 美 酒 と と も に 新 説 を 歴 史 は バ ー で 作 ら れ る 第 三 話 ・ マ ヤ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 恐 ろ し い 文 明 ! い ち ろ う 鯨 統 一 郎 っ し き れ く じ ら Minoru = 画 ・ 登 場 人 物 ・ ・ 喜 多 川 猛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 帝 桜 大 学 で 教 鞭 を と る 、 新 進 気 鋭 の 歴 史 学 者 。 体 格 の よ い 35 歳 。 ・ 安 田 学 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 喜 多 川 の も と で 学 ぶ 、 帝 桜 大 学 史 学 科 三 年 生 。 小 柄 で 童 顔 。 ・ ミ サ キ ・ ・ ・ ・ ・ ・ く シ ベ ー ル 〉 の バ ー テ ン ダ ー 。 若 く て か な り の 美 人 。 ・ 村 木 春 造 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 市 井 の 歴 史 学 者 。 く シ ベ ー ル 〉 の 常 連 で 、 老 人 な の に ミ サ キ と の 間 に 何 か あ る の で は な い か と 学 は う た ぐ っ て い る 。 僕 は 喜 多 川 先 生 に 自 説 を 披 露 し て い た 。 日 曜 日 。 〈 シ ベ ー ル 〉 に 向 か う 道 中 で あ る 。 今 回 は 三 回 目 だ 。 「 絶 対 に あ の 一 一 人 、 男 女 の 仲 で す よ , 「 そ ん な 事 あ る わ け な い だ ろ う 」 喜 多 川 先 生 は 一 笑 に 付 し た 。 「 若 い 女 性 と 、 あ ん な 年 寄 り が ー ミ サ キ さ ん と 村 木 老 人 の こ と だ 。 〈 シ ベ ー ル 〉 の バ ー テ ン ダ ー は 村 木 春 造 さ ん か ら " ミ サ キ さ ん 。 と 呼 ば れ て い た け ど 、 そ れ が 名 字 な の か 下 の 名 前 な の か は 判 ら な い 。 年 齢 は 一 一 十 代 半 ば で は な い だ ろ う か 。 村 木 春 造 さ ん は 七 十 代 後 半 、 下 手 を す る と 八 十 代 に 突 入 し て い る か も し れ な い 。 常 識 的 に 考 え れ ば 年 齢 的 に 釣 り あ わ な い か ら 喜 多 川 先 生 が 一 笑 に 付 す の も 、 も っ と も な の だ け れ ど : 僕 は 見 て し ま っ た の だ 。 初 め て 〈 シ ベ ー ル 〉 を 訪 れ た と き 一 一 人 が キ ス し て い る と こ ろ を 。 も っ と も 見 た の は ド ア を 開 け た と き の 、 ほ ん の 一 曖 た っ た の で 見 間 違 い と い う 可 能 性 も あ る 。 だ け ど : 。 一 一 人 が カ ウ ン タ 1 越 し に お 互 い に 顔 を 近 づ け て い た こ と は 確 か な の だ 。 「 証 明 し て み せ ま し よ う か ? ー 〈 シ ベ ー ル 〉 の 看 板 が 見 え て き た と こ ろ で 僕 は 言 っ た 。 「 ど う や っ て ? 「 と っ ぜ ん ド ア を 開 け る ん で す , そ う 一 言 う と 僕 は 足 音 を 忍 ば せ て 店 に 近 づ き ド ア を 開 け た 。 立 っ て 298

小説推理 2016年 12月号


西 暦 一 一 百 年 代 。 文 明 は 滅 亡 す る 」 「 そ れ だ け で も 卑 弥 呼 ↓ ア マ ゾ ネ ス と い う 時 「 ア マ ゾ ネ ス が マ ヤ 人 で あ る な ど 荒 唐 無 稽 も 「 ア ス テ カ 文 明 や イ ン カ 文 明 が 栄 え た の は マ 間 軸 は 成 り た た な い 」 い い と こ ろ だ 」 ャ 低 地 南 部 文 明 が 滅 ん だ 後 な ん で す ね 。 定 説 「 そ れ は 象 徴 で す 「 ど う し て で す か ? ー は な い ん で す か ? マ ヤ 文 明 が 滅 ん だ 理 由 一 一 コ ッ と し た 顔 で 言 う も の だ か ら 逆 ギ レ し ミ サ キ さ ん が キ ョ ト ン と し た 顔 で 訊 く 。 こ の た よ う に は 聞 こ え な い と こ ろ が せ め て も の 救 っ ち が キ ョ ト ン だ 。 「 そ れ が あ れ ば マ ヤ 文 明 の 謎 な ん て 言 わ れ て し カ 「 そ ん な 説 、 聞 い た こ と が な い し 」 い な い だ ろ う ね 」 「 村 木 先 生 は 何 も 卑 弥 呼 個 人 が ア マ ゾ ネ ス に こ ん な 自 明 の こ と を 喜 多 川 先 生 に 説 明 さ せ 「 あ 、 そ う か 」 な っ た と 仰 っ て る ん じ ゃ な い と 思 う ん で す 。 る の も 忍 び な い の で 僕 が 説 明 役 を 買 っ て 出 「 マ ヤ 文 明 が 滅 ん だ 理 由 は 解 明 さ れ て い な " 卑 弥 呼 ″ は 日 本 人 女 性 、 ひ い て は ア ジ ア 人 る 。 い 。 だ が 定 説 と ま で は い か な く て も 、 い く っ 女 性 の 象 徴 と し て 使 っ た 言 葉 だ と 思 う ん で 「 ア マ ゾ ネ ス は 元 は マ ヤ 人 だ っ た っ て 説 は 、 か の 説 を よ 過 去 の 学 者 た ち に よ っ て 唱 え ら れ て す 。 で す よ ね ? 」 今 ま で 誰 も 唱 え た こ と が な い ん で す か ? 」 い る 」 村 木 老 人 は 頷 く 。 「 な い ね 」 「 そ れ を 聞 き た か っ た ん で す よ ー 「 卑 弥 呼 は ア ジ ア の モ ン ゴ ロ イ ド 女 性 の 象 徴 今 度 は 喜 多 川 先 生 が 答 え た 。 な ん と な く 棘 の あ る 言 い 方 に 聞 こ え る の は な ん で す 。 卑 弥 呼 個 人 の 事 じ ゃ な く て 、 ア ジ 「 村 木 先 生 、 や り ま し た ね 。 新 説 認 定 で す , 気 の せ い だ ろ う か ? ア の モ ン ゴ ロ イ ド が 南 米 ま で 移 動 し て マ ヤ 人 「 真 実 じ ゃ な い か ら 唱 え た 人 が い な い だ け で 「 ど う し て 、 あ ん な に 栄 え た マ ヤ 文 明 は 突 と な っ た 。 そ し て マ ヤ 人 の 一 部 が ア マ ゾ ネ ス す よ 」 然 、 世 界 の 歴 史 か ら 忽 然 と 姿 を 消 し た の か し と な っ た 。 そ う い う 事 で す よ ね ? 」 「 発 掘 さ れ た 人 骨 な ど か ら 、 南 北 ア メ リ カ の ら ? 」 村 木 老 人 が 頷 く 。 ネ イ テ イ プ は モ ン ゴ ロ イ ド で 問 題 な い で し ょ 僕 は ま た 溜 息 を つ か な く て は い け な く な っ こ 0 「 だ か ら マ ヤ 人 Ⅱ ア マ ゾ ネ ス を 証 明 す れ ま 、 ( し う 。 す な わ ち マ ヤ 人 も モ ン ゴ ロ イ ド で す ー い ん で す 。 順 序 立 て て 慎 重 に 検 討 し て ゆ き ま そ れ は い い と し よ う 。 「 あ の ね え 。 マ ヤ 文 明 は 忽 然 と 消 え た わ け で し ょ , つ 」 「 基 本 的 事 実 を 確 認 す る た め に マ ヤ の 歴 史 に は な い の 」 こ の 店 で は 普 通 に お 酒 を 飲 め な い の だ ろ う 戻 る が 、 紀 元 九 世 起 こ ろ に マ ヤ の 低 地 南 部 の 「 え ? 」 310