検索 - みる会図書館

検索対象: 日本書紀の読み方

日本書紀の読み方から 273件ヒットしました。

日本書紀の読み方


実 在 の 初 代 天 皇 だ っ た わ け て は な い の て あ る 。 そ れ に も 拘 わ ら ず 、 崇 神 を 実 在 の 初 代 天 皇 と 見 な す 言 説 は 、 絶 え 間 な く 流 れ る 地 下 水 脈 の ご し J ′ 、 、 い ま だ に 唱 え ら れ て い る と い う の が 現 状 て あ る 。 そ れ に し て も 疑 間 な の は 、 鉄 剣 銘 文 の 分 析 か ら 日 本 書 紀 な ど に 見 え る 崇 神 を め ぐ る 伝 承 が 五 世 紀 後 半 に は 成 立 し て い た と 慎 重 に 述 べ な が ら 、 崇 神 が 実 在 し た 可 能 性 を 示 唆 す る 研 究 者 が 少 な く な い こ と だ 。 二 一 ⅱ 一 一 、 刀 「 し づ ー 、 0 ノ そ れ は や は り 、 伝 承 の 成 立 と 伝 承 の 主 人 公 の 実 在 と を 明 確 に 分 け て 考 え る 忍 識 、 、 。 め て は な い か 、 と 思 わ ざ る を え な い 。 歴 史 研 究 者 は 良 質 の 史 料 を え ら び 出 し 、 そ こ か ら 確 か な 歴 史 的 事 実 を 探 り 出 す こ と を 基 本 的 な 手 法 に し て き た 。 そ の た め 、 日 本 書 紀 を あ く ま て も 史 料 と し て 読 み 込 も う と す る 時 、 そ の 記 述 内 容 が 事 実 か 否 か 、 そ し て 、 も し 歴 史 的 事 実 と は 考 え ら れ な い に せ よ 、 そ こ に 何 ら か の 事 実 の 反 映 が み と め ら れ る の て は な い か 、 と い う 追 究 に こ だ わ り す ぎ た こ と は 否 定 て き な い 。 日 本 書 紀 と い う 書 物 は 、 個 々 の 事 実 確 定 の も と に な っ た 資 料 ( 原 資 科 ) を わ れ わ れ に 一 切 示 す こ と な く 、 す て に 確 定 さ れ た 厖 大 な 事 実 を 整 然 と 並 べ 立 て 、 そ こ に 確 固 た る 「 歴 史 像 」 を 呈 示 し て い る の だ 。 事 実 の 当 否 を 詮 議 す る こ と も 必 要 だ が 、 一 個 一 個 の 事 実 を 積 み 上 げ て ど の よ う な 「 歴 史 像 」 を 構 築 し よ う と し て い る の か を 見 定 め る こ と も 肝 要 て あ る 。 日 本 書 紀 は 、 古 代 律 令 制 国 家 を 作 っ た 人 び と に と っ て の 〈 古 代 〉 ( か れ ら に と っ て 歴 史

日本書紀の読み方


申 舌 と は 、 神 々 に よ る 世 界 創 造 の 物 語 日 ト 畧 峯 て ぞ あ る 。 も ち ろ ん 、 そ れ は 歴 史 的 な 事 実 の 記 録 て は な い 。 さ り と て 虹 ~ か ら 創 作 さ れ た 虚 構 の 物 語 て も な い 。 神 話 が 信 仰 に も 裏 打 ち さ れ 、 真 実 の 物 語 と 信 じ ら れ て い し た 古 代 に は 、 現 実 の 社 会 を 秩 序 づ け る 宗 易 支 葷 え も あ 斤 書 本 を 写 教 的 な 規 範 て あ り 、 自 分 自 身 を 含 め た あ 勃 浙 集 譽 え と 物 本 な 宝 祖 重 ら ゆ る 存 在 に 意 味 を え る 機 能 を 持 っ て 于 時 え 邑 ャ わ 犬 十 宮 の 貴 神 系 る 熱 家 て 神 舌 は 、 人 間 と 文 化 の 起 源 を 神 々 に 託 財 ト 残 ヒ た を し て 語 る こ と て 、 世 界 の 始 ま り と 現 実 の 刻 え 体 要 伝 古 社 会 の あ り よ う を 説 明 し 、 人 々 の 思 考 ・ 重 認 識 を 基 礎 づ け て い た の て あ る 。 私 た ち 薯 亦 0 を 呼 一 定 ・ 紀 社 傍 は 神 話 を 通 し て 、 古 代 の 人 々 の 精 神 世 日 少 界 、 宗 教 観 や 世 界 観 を う か が う こ と が て 田 倉 謬 0 当 」 る ス サ ノ ラ 神 話 を 読 み 解 く

日本書紀の読み方


誌 』 町 ー 川 ) な ど も 、 こ う し た 廁 に 対 す る 伝 統 的 な 宗 教 的 観 念 に 由 来 す る 。 古 代 に は 、 便 所 や 糞 尿 を 不 浄 、 汚 穢 と す る 観 念 は 必 ず し も 支 配 的 て は な く 、 汚 穢 観 ぞ は 理 解 し が た い 一 面 が 存 在 し た 。 と く に 廁 て の 神 婚 伝 承 は 、 廁 が こ の 世 と あ の 世 を つ な ぐ 境 界 、 異 界 と の 通 路 と 考 え ら れ て い た こ と を 示 し て い る ( 飯 島 吉 晴 『 竈 神 と 厠 神 』 人 文 書 院 ) 。 ひ ア マ テ ラ ス が 梭 て 陰 部 を 突 く こ と が 、 丹 塗 矢 や 箸 の 場 合 と 同 様 な 儀 礼 的 性 交 を 示 唆 し て い る こ と に 照 応 し て 、 そ の 場 へ の ス サ ノ ラ の 屎 ま り に も 儀 礼 的 な 意 味 が あ っ た と 考 え ら れ る 。 本 来 そ れ は 、 儀 場 を 汚 し ア マ テ ラ ス を 困 ら せ る と い っ た 単 純 な 動 機 に よ る も の て は な く て 、 新 嘗 の 儀 場 を 日 常 的 世 界 と 隔 絶 さ せ る た め の 儀 礼 的 行 為 ぞ は な か っ た か 。 先 に も 述 べ た よ う に 、 古 代 人 の 世 界 観 に よ れ ば 、 神 が 棲 み 死 者 が 逝 く あ の 世 は 、 現 実 と 論 理 の 逆 転 し た 世 界 て あ っ た 。 あ の 世 に 移 行 す る に は 、 日 常 性 か ら 脱 す る こ と が 必 要 て 、 も の い み そ の た め に は 物 忌 の よ う な 静 的 な 方 法 の ほ か に 、 日 常 の 規 範 を 否 定 し 、 逆 転 さ せ る 破 壊 行 為 も 有 効 と 考 え ら れ た の だ ( 薗 田 稔 『 講 座 日 本 の 神 話 四 』 有 精 堂 / 山 内 昶 『 「 食 」 の 歴 史 人 類 学 』 さ か 人 文 書 院 ) 。 日 常 の 秩 序 が 否 定 ・ 破 壊 さ れ て 逆 し ま な あ の 世 が 現 出 す る の て あ り 、 反 対 に あ の 世 か ら こ の 世 に も ど す の に も 禊 ・ 祓 な ど の 儀 礼 が 必 要 と さ れ た 。 ス サ ノ ラ の 屎 ま り は 、 あ の 世 へ 移 行 す る た め の 日 常 的 秩 序 の 破 壊 と い う 儀 礼 行 為 て あ り 、 祭 儀 の 場 て し か 行 え な い 禁 忌 だ っ た と 考 え ら れ る 。 屎 戸 は 、 日 常 世 界 か ら 祭 儀 時 空 へ ス サ ノ ヲ 神 話 を 読 み 解 く

日本書紀の読み方


出 雲 神 話 ー ー ・ オ ホ ア ナ ム チ の 「 国 造 り 」 と 「 国 床 り 」 〈 巻 一 神 代 紀 上 ・ 巻 ニ 神 代 紀 下 〉 ひ 高 天 原 を 追 放 さ れ 出 雲 に 天 降 っ た ス サ ノ ヲ は 、 ク シ イ ナ ダ ヒ メ を 犠 牲 に 要 求 す る 斐 伊 川 の 精 く さ な ぎ の つ る ぎ ヤ マ タ ノ ヲ ロ チ を 退 治 し 、 そ の 尾 か ら 霊 剣 草 薙 剣 を 入 手 す る 。 ス サ ノ ラ と ク シ イ ナ ダ ヒ メ お お く に ぬ し お お も の ぬ し は 結 ば れ 、 オ ホ ア ナ ム チ ノ カ ミ ( 大 己 貴 神 。 ま た は 大 国 主 神 、 大 物 主 神 ) を は じ め 多 く の 神 を 生 む 。 オ ホ ア ナ ム チ は 、 ガ ガ イ モ の 舟 に 乗 り ミ ソ サ ザ イ の 羽 を 着 て や っ て 来 た 小 さ な 神 ス ク ナ ビ コ あ し は ら の な か っ く に ナ と 協 力 し て 国 造 り を 進 め 、 地 上 世 界 の 葦 原 中 国 に 君 臨 す る ( 第 八 段 一 書 第 六 ) 。 こ こ ぞ 書 紀 の 記 述 は 巻 一 一 神 代 紀 下 に 入 る 。 ア マ テ ラ ス は 、 葦 原 中 国 の 邪 神 を 平 定 し 統 治 権 を 天 孫 に 移 譲 さ せ る た め 、 地 上 界 に 使 者 を 送 る 。 ま ず 出 雲 臣 氏 ら の 祖 神 ア マ ノ ホ ヒ を 、 続 い て ア メ ワ カ ヒ コ を 派 遣 す る が 、 い ず れ も オ ホ ア ナ ム チ に へ つ ら い 失 敗 。 そ こ て 強 力 な 武 神 タ ケ ミ カ ヅ チ が 派 遣 さ れ 、 交 渉 の す え 、 オ ホ ク ニ ヌ シ は 子 の コ ト シ ロ ヌ シ ら と 相 談 し て 統 治 権 を 献 上 、 す な わ ち 国 譲 り を 決 め る こ う し て 天 孫 の 降 臨 が 可 能 と な る が 、 国 譲 り が 出 雲 と い う 具 体 的 な 地 域 を 舞 台 と す る こ と か ら 、 こ の 神 話 に 何 ら か の 歴 史 事 象 の 反 映 を 認 め る か 否 か て 、 賛 否 両 論 が あ る 。 神 話 は 、 一 定 の 歴 史 的 条 件 の 中 て 生 ま れ 語 り 伝 え ら れ て い く わ け だ か ら 、 そ の 中 て 歴 史 的 あ 0 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ー ①

日本書紀の読み方


◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ う ー ⑨ ◆ 応 神 紀 5 安 閑 ・ 宣 化 紀 ・ : 応 神 朝 と 渡 来 人 〈 巻 + 応 神 紀 〉 あ ち き ゅ づ き の き み は た 日 本 書 紀 に よ れ ば 、 応 神 朝 に は 弓 月 君 ( 秦 氏 の 祖 ) ・ 阿 直 岐 ( 阿 直 岐 氏 の 祖 ) ・ 王 仁 ( 西 文 氏 の あ ち の お み つ か の お み や ま と の あ や 祖 ) ・ 阿 知 使 主 と 都 加 使 主 ( 東 漢 氏 の 祖 ) ら 多 く の 渡 来 人 が 移 住 し て き た 。 移 住 は 応 神 朝 と 雄 略 朝 に 集 中 す る 傾 向 が み ら れ る が 、 そ れ が 直 ち に 史 実 を 意 味 す る わ け て は な い 。 た し か に 四 世 紀 末 ー 五 世 紀 初 め ( 応 神 朝 ) と 五 世 紀 後 半 、 末 ( 雄 略 朝 ) は 、 朝 鮮 半 島 か ら の 移 住 が ピ ー ク に 達 し た 時 期 て あ る 。 し か し 移 住 そ の も の は 長 期 に わ た っ て 継 続 的 に 行 わ れ て い る 。 古 代 人 は 応 神 朝 と 雄 略 朝 を 大 和 政 権 の 内 政 ・ 外 交 両 面 の 歴 史 的 画 期 と し て 認 識 し て お こ わ た り し ま き り 、 渡 来 人 の 移 住 の 起 源 も こ の 両 時 期 を 基 準 に 、 「 古 渡 」 ( 旧 来 の 渡 来 人 ) と 「 今 来 」 ( 新 参 の 渡 来 人 ) に 区 分 し て 考 え て い た よ う て あ る 。 そ の 結 果 、 渡 来 系 の 諸 氏 は 、 始 祖 と 伝 え る 人 物 の 移 住 期 を 応 神 朝 と 雄 略 朝 に か け る よ う に な っ た と 思 わ れ る 。 し か し 一 方 て 、 こ れ ら の 渡 来 伝 承 は ま っ た く の 作 り 話 て は な く 、 後 裔 氏 族 の 性 格 や 王 権 へ の ひ つ ぎ の み こ う じ の 職 務 奉 仕 の 実 態 が 反 映 さ れ て い る 場 合 が 少 な く な い 。 応 神 朝 に 百 済 か ら 渡 来 し 、 太 子 の 菟 道 稚 郎 子 の 師 と な っ て 諸 典 籍 を 講 じ た と さ れ る 「 博 士 」 の 王 仁 は 、 渡 来 系 の 有 識 者 か ら 成 る フ ミ ヒ ト を 率 い て 、 朝 廷 の 文 筆 ・ 記 録 の 任 に あ た っ た 西 文 氏 の 活 動 を 伝 承 化 し た 人 物 に ほ か な ら な わ き い ら っ こ ・ 加 藤 謙 吉 か わ ち の ふ み 日 本 書 紀 の 読 み ど こ み ー —O 145

日本書紀の読み方


二 人 は 、 の ち に 不 比 等 の も と て 大 宝 律 令 の 撰 定 に 従 事 し た 人 物 て あ る 。 さ ら に 同 条 ( 天 智 ど う け ん に ほ ん せ い き 紀 八 年 十 月 条 ) は 、 分 注 と し て 鎌 足 と 親 密 て あ っ た 高 句 麗 僧 道 顕 の 『 日 本 世 記 』 ( 本 章 4 「 日 し の ひ ご と し の 本 書 紀 と 外 交 資 料 」 参 照 ) を 引 用 し 、 鎌 足 へ の 誄 ( 故 人 を 偲 ん て 述 べ る 言 葉 ) を 掲 げ て い る が 、 日 本 書 紀 が こ の 書 を 引 く 場 合 は い ず れ も 外 交 関 係 の 記 事 に 限 ら れ て お り 、 こ の 条 だ け が 唯 一 の 例 外 を な す 。 要 す る に 天 智 紀 八 年 十 月 条 に は 、 天 智 天 皇 と 鎌 足 の 間 に 培 わ れ た 信 頼 関 係 を 前 提 と し て 、 天 皇 の 格 別 の 恩 寵 と 、 最 後 ま て 私 情 を 捨 て て 国 家 に 尽 く そ う と す る 鎌 足 の 応 答 が 、 種 々 の 工 夫 を 凝 ら し て 描 き 出 さ れ て い る 。 素 材 と し て 原 鎌 足 伝 が 用 い ら れ た 形 跡 が う か か - ん る し 」 し 」 に 、 鎌 足 よ り 始 ま る 「 功 臣 」 藤 原 氏 の 政 治 的 地 位 を 際 立 た せ よ う と す る 配 慮 カ 彳 間 か ら 明 瞭 に 読 み 取 れ る の だ 。 じ ゅ だ い 不 比 等 は 宮 子 の 入 内 、 首 親 王 の 誕 生 を 通 し て 、 天 皇 家 の ミ ウ チ と し て の 立 場 を 築 く こ と に 成 功 す る が 、 将 来 に わ た っ て 藤 原 氏 の 政 治 的 権 威 を 確 保 す る た め に は 、 国 史 の な か て 他 氏 に 優 越 す る 自 ら の 歴 史 的 立 場 を 明 記 す る こ と が 不 可 欠 て あ っ た 。 鎌 足 の 功 績 を 称 え 、 最 大 限 の 評 価 を 与 え る こ と は 、 そ の 布 石 と し て の 意 味 を も つ 。 不 比 等 が 国 史 の 編 纂 に 積 極 的 に 関 与 し た の は 、 こ の よ う な 趣 旨 に も と づ く と み ら れ る が 、 日 本 書 紀 の 撰 修 事 業 に は 、 渡 来 系 の 知 識 人 を 中 心 に 、 彼 の 息 の か か っ た 官 人 た ち が 、 日 本 書 紀 を つ く っ た の は 誰 か 2 51

日本書紀の読み方


古 事 記 は 「 読 み 物 」 「 文 学 作 品 」 と し て 読 み や す く 、 面 白 い け れ ど も 、 日 本 書 紀 は そ う ー し 力 な い 、 と い う 声 を よ く 耳 に し ま す 。 現 に 古 事 記 は 何 と な く 堅 く て 取 っ つ き に く 、 近 年 、 三 浦 佑 之 氏 の 名 訳 ( 『 ロ 語 訳 古 事 記 〔 完 全 版 〕 』 文 藝 春 秋 ) が 世 に 出 て 、 実 に 多 く の 読 者 を 獲 得 し て い る の に 、 日 本 書 紀 の ほ う は さ つ ば り て す 。 日 本 書 紀 は 難 し い 。 た し か に 一 般 の 読 者 だ け て な く 、 専 門 の 研 究 者 に と っ て も 日 本 書 紀 は 難 物 中 の 難 物 と い っ て 過 一 言 て は な い て し よ う 。 そ れ は ひ と え に 、 日 本 書 紀 が 編 纂 物 ・ 編 纂 史 料 て あ る こ と に よ る よ う て す 。 編 纂 物 て す か ら 、 そ こ に は す て に 確 固 た る 「 歴 史 像 」 さ ん い っ が 呈 示 さ れ て い ま す 。 し か し 、 編 纂 に 採 用 さ れ た 原 資 料 も 採 用 さ れ な か っ た 原 資 料 も 散 佚 し て い て 実 見 て き ず 、 記 述 の 「 事 実 性 」 を 検 証 す る こ と が て き な い わ け て す 。 り つ こ く し せ き が く か っ て 日 本 古 代 史 の 碩 学 、 坂 本 太 郎 さ ん は 「 日 本 書 紀 を 初 め と す る 六 国 史 を 使 っ て 古 代 く ら も い る が 、 六 国 史 そ の も の を 研 究 し よ う と す る 人 は 少 な い 史 の 研 究 を す る 人 は い し よ く に ほ ん ぎ に ほ ん こ う き し よ く に ほ ん ・ 」 う き に ほ ん も ん と く て ん の う じ っ い っ て 警 鐘 を 鳴 ら し ま し た ( 六 国 史 Ⅱ 日 本 書 紀 ・ 続 日 本 紀 ・ 日 本 後 紀 ・ 続 日 本 後 紀 ・ 日 本 文 徳 天 皇 実 ろ く に ほ ん さ ん だ い じ つ ろ く 録 ・ 日 本 三 代 実 録 ) 。 と こ ろ ぞ 昨 今 は と い え ば 、 日 本 書 紀 を 史 料 と し て 用 い て 古 代 史 の 研 究 は し め に は じ め に

日本書紀の読み方


崇 神 の 名 前 、 ミ マ キ イ リ ヒ コ イ ニ ヱ は 何 と な く 古 め か し い の て 、 気 の 遠 く な る よ う な 長 い 長 い 年 月 、 ロ 承 に よ っ て 語 り 伝 え ら れ て き た 実 在 の 王 の 名 前 の よ う に 見 え る 。 ご 、 、 、 の よ う に 分 解 し 、 そ の 語 意 を 考 え る と 、 そ の 名 は 実 在 性 に 乏 し く 、 造 作 さ れ た 疑 い が 濃 厚 と い え よ う 。 そ れ は あ た か も 、 「 崇 神 紀 」 の キ イ ワ ー ド を 羅 列 し た か の よ う だ 。 : と い っ た 歴 代 天 皇 神 武 ・ 綏 靖 ・ 安 寧 ・ 懿 徳 ・ 孝 昭 ・ 孝 安 ・ 孝 霊 ・ 孝 元 ・ 開 化 ・ 崇 神 : お う み の み ふ ね か ん ぶ う し ご う の 漢 風 諡 号 は 、 奈 良 時 代 の 半 ば 過 ぎ 頃 、 淡 海 三 船 が 歴 代 天 皇 の 事 績 や キ ャ ラ ク タ ー を 考 慮 し て 、 そ れ に 即 応 す る 熟 語 を 漢 籍 か ら え ら ん て い っ た と い わ れ る が 、 崇 神 を 初 め と し た 初 期 天 皇 の 趾 在 の ・ 名 前 ( い わ ゆ る 国 風 諡 号 ) も 、 ほ ば 同 様 に 造 作 さ れ た 可 能 性 が 大 き い 。 歴 代 の 天 皇 の 事 績 や 個 生 を 語 る エ ピ ソ ー ド が 先 に あ り き て 、 そ れ に 見 合 っ た 名 前 が 後 に な っ て 考 案 さ れ た こ と に な る 。 「 名 は 体 を あ ら わ す 」 て は な く 、 「 名 は 体 に よ っ て 作 ら れ る 」 と い 崇 神 が 「 ハ ッ ク ニ シ ラ ス 天 皇 」 と よ ば れ て い る か ら と い っ て 、 実 在 最 初 の 天 皇 だ っ た と ま た 、 「 崇 神 紀 」 に 見 え る 物 語 の 内 容 や 崇 神 自 身 の 名 前 な ど か ら い っ て は 考 え ら れ な い 。 も 、 彼 を 実 在 の 人 物 と 考 え る こ と は 不 可 能 て あ る 。 こ の 章 て は 、 そ の こ と を 述 べ た 。 最 後 に い い た い の は 、 「 崇 神 紀 」 は 、 そ の な か に 史 実 の 断 片 を 発 見 し よ う と 腕 ま く り し 、 ー や そ れ を 生 急 に 読 む べ き も の て は な い と い う こ と だ 。 「 崇 神 紀 」 と そ の 前 後 の ス ト ー リ 崇 神 天 皇 は 実 在 し た か ? 「 崇 神 紀 」 の 読 み 方 9

日本書紀の読み方


② 天 皇 が ヤ マ ト を 軍 事 的 に 平 定 ( 神 武 東 征 ) ③ 天 皇 が ヤ マ ト を 宗 教 的 に 平 定 ( 欠 史 八 代 の 聖 婚 、 崇 神 に よ る ヤ マ ト の 有 力 神 の 祭 祀 な ど ) ④ 天 皇 が 葦 原 中 国 を 宗 教 的 に 平 定 ( 四 道 将 軍 、 神 宝 献 上 な ど ) ② ↓ ③ ↓ ① ↓ ④ と い う 展 開 が 現 実 的 に は 最 も あ り え そ う な 話 だ が 、 日 本 書 紀 て は そ の よ う に な っ て い な い の が 興 味 深 い て は な い か 。 し た が っ て 四 道 将 軍 の 物 語 と い う の は 、 実 際 に あ る 時 期 、 特 定 の 地 方 に 向 け て 将 軍 が 派 遣 さ れ た こ と が あ り 、 そ の 事 実 が 長 い 年 月 を か そ れ は 、 こ の 物 語 が 高 天 原 に よ る 葦 原 中 国 平 け て 伝 承 さ れ た 結 品 体 な ど て は あ り え な い 定 と い う 「 国 譲 り 」 神 話 を 起 点 に 、 そ の 延 長 線 上 て 語 ら れ て い る こ と か ら も 明 ら か と い え る 、 、 ご ろ - フ ミ マ キ イ リ ヒ コ イ ニ ヱ の 正 体 が 見 え た 以 上 見 て き た よ う に 、 崇 神 に よ る 祭 祀 の 創 始 も 、 ま た 四 道 将 軍 の 派 遣 も 、 い ず れ も 歴 史 的 事 実 を 伝 え て い る と は 到 底 考 え ら れ す 、 そ れ こ そ 天 孫 降 臨 を 初 め と し た 神 代 の 物 語 か ら ひ と こ ま 一 貫 す る ス ト ー リ ー の 一 齣 て あ り 、 そ の 不 可 欠 の 構 成 要 素 だ っ た の て あ る 。 「 崇 申 己 ′ 4 ↑ ↑ 」 、 刀 描 く 天 皇 の 事 績 、 そ の 時 代 の 出 来 事 な ど か ら 崇 神 の 実 在 を 確 認 す る こ と は て き な い と い っ 0 崇 神 天 皇 は 実 在 し た か ? 方 み 読 の 紀 神

日本書紀の読み方


第 二 に 、 書 紀 て は 天 皇 の た め に 「 丈 六 の 仏 像 及 び 寺 を 造 り 奉 ら む 」 と 言 っ た の は 鞍 部 多 須 奈 て あ っ た 。 推 古 や 厩 戸 が 天 皇 か ら 召 さ れ 後 生 を 託 さ れ た と す る 記 述 が な い 。 す な わ ち 、 薬 師 如 来 光 背 銘 文 は こ の 仏 像 が 造 ら れ た 七 世 紀 後 半 期 の も の て 、 書 紀 の 記 述 ま た は 坂 田 寺 縁 起 の 伝 記 を 参 照 し な が ら 造 作 さ れ た 疑 い が 濃 い 。 疑 間 の 第 三 は 、 用 明 天 皇 が 造 ろ う と し た 寺 と は 何 か と い う 間 題 だ 。 王 立 寺 院 の 最 初 の も の は 舒 明 天 皇 の 百 済 大 寺 と さ れ て い る が 、 用 明 天 皇 は ど こ に ど う い う 寺 を 造 営 し よ う と し た の か が ま っ た く 不 明 な の て あ り 、 先 ほ ど 指 摘 し た よ う に 銘 文 の 記 述 が 坂 田 寺 縁 起 に 依 拠 し て い る と す る と 、 銘 文 自 体 が 歴 史 的 事 実 を 反 映 し て い な い こ と に な る 。 銘 文 は 推 古 十 五 年 に 悲 願 を 達 成 し た よ う に 記 し て い る が 、 書 紀 は こ の 前 年 、 す な わ ち 推 古 十 四 年 に 金 剛 寺 ( 坂 田 尼 寺 ) の 竣 工 の こ と を 記 す 。 し か も そ れ は 「 天 皇 の 為 に 」 と あ り 、 ほ か な ら ぬ 推 古 女 帝 の た め に 坂 田 寺 が 造 営 さ れ た と 明 記 し て い る の て 、 銘 文 の 記 述 は ま す ま す 怪 し く な る の て あ る 。 第 四 の 疑 間 は 、 銘 文 に 登 場 す る 三 人 の 人 物 の 称 号 に は 天 武 朝 以 降 て な い と 出 現 し な い も の が 出 揃 っ て い る こ と だ 。 「 天 皇 」 「 東 宮 」 が そ れ て あ り 、 東 宮 聖 王 と い う 厩 戸 皇 子 に 対 す る 尊 称 が 推 古 朝 の 厩 戸 在 世 時 に す て に 存 在 し た と す る こ と 自 体 に 疑 間 が あ る 。 く と も 天 武 朝 以 後 に 書 か れ た も の と 考 え ら れ る の だ 。 こ う し て み る と 、 こ の 銘 文 は 早 み た め 「 飛 鳥 仏 教 史 」 を 読 み 直 す 171